カジュアルからキレイめなコーデまで、幅広いテイストのファッションアイテムに使える「レザースニーカー」。天然皮革を使用した重厚感のあるモノや、フェイクレザーでカジュアルに仕上げたモノなど、種類によってさまざまな印象を与えられます。

そこで今回は、レザースニーカーのおすすめブランドと製品をご紹介。レザースニーカーにあうコーディネートと一緒にチェックしてみてください。

レザースニーカーの選び方

レザーの種類で選ぶ

天然皮革

By: amazon.co.jp

天然皮革とは、動物の皮を使用した素材のことです。動物の皮が原料のため、シワや傷などにより同じ種類の製品でも仕上がりが異なります。

また、使い続けることで味わいが生まれる経年変化を楽しめるのも魅力。さらに、劣化しにくく長持ちするので、長年使える製品を探している方におすすめです。

人工皮革

By: amazon.co.jp

人工皮革は、繊維を織らずに絡みあわせた不織物をベースに作られています。そのため、構造が密度の高い天然皮革と似ており、やわらかい質感や耐久性のあるところが特徴。また、フィット性や通気性にも優れているので、合成皮革と比べるとやや価格の高いモノがラインナップされています。

合成皮革

By: amazon.co.jp

一般的な合成皮革には、基材のベースに織編物が使用されています。人為的に作られた天然皮革のようなシワが特徴。天然皮革とは異なり、厚みや伸縮性などを調節しやすいため、デザインなどのバリエーションが多いところも魅力です。

カットの形状で選ぶ

ローカット

By: amazon.co.jp

ローカットタイプのスニーカーは、あわせられるボトムスの幅が広く、コーディネートしやすいのがメリット。シンプルなデザインのモノなら主張がさほど強くないため、コーデの主役アイテムを引き立てる脇役として活躍します。汎用性を重視する方におすすめです。

ミッドカット

By: amazon.co.jp

ローカット・ハイカットの中間に位置するミッドカットスニーカーは、ほどよいボリューム感が魅力。高さについて明確な定義はないものの、一般的にくるぶしにかかる高さのモノをミッドカットスニーカーと呼びます。バスケットボールやスケートボード用スニーカーによく見られるカットの形状です。

ハイカット

By: amazon.co.jp

足首がすべて隠れるほどの高さを持つのがハイカットスニーカー。圧倒的な存在感を放つアイテムで、足元に華やかさをプラスしてくれます。コーディネートの際は、ハイカットスニーカーの存在感が際立つようほかの部分をシンプルにまとめるのがおすすめ。足首をしっかり固定してくれるため、激しいスポーツ時に履くスニーカーとしても人気です。

ホールド部分の形状で選ぶ

By: amazon.co.jp

スニーカーのホールド部分の作りは、大きくレースアップ・ベルクロ・スリッポンの3つに分類されます。もっともスタンダードなのは、靴紐を結んで足を固定するレースアップ。靴紐を変えて印象の変化を楽しめるアイテムです。

面ファスナーでホールドするベルクロはカジュアルな印象で、レースアップに比べてスムーズに着脱できるのが魅力。留める位置により、フィット感の調節も可能です。

また、靴紐や留め具が一切ないモノをスリッポンスニーカーと呼びます。履き口に伸縮性を備えており、手間をかけずに着脱できるのがメリットです。

ライナーの素材をチェック

By: rakuten.co.jp

ライナーとは、アッパーの内側部分のこと。アッパーと同じくレザーを用いたモノもあれば、メッシュやボアなどの別素材を採用しているモノもあります。

上質な革のライナーは、履き込むほど足に馴染んでいくのが特徴。メッシュ素材であれば、汗をかいたときにもサラリとした履き心地が持続します。秋冬用スニーカーとして購入するなら、ボアライナー製のアイテムもおすすめです。

ソールの素材をチェック

By: amazon.co.jp

スニーカーに用いられることの多いソールとして挙げられるのが、ラバーソールとスポンジソール。ゴムを原料として作られるラバーソールは、耐久性に優れているため長く愛用できます。また、滑りにくく、雨の日でも安心して歩けるのもメリットです。

一方、スポンジソールは、軽量性とクッション性に優れているのが特徴。長時間歩き続ける際も足への負担がかかりにくく、グリップ力に優れています。

レザースニーカーのおすすめブランド

ナイキ(NIKE)

ギリシャ神話に登場する勝利の女神「ニケ」をブランド名の由来にし、1964年に設立したブランド。現在では、世界一のスポーツブランドといっても過言ではない人気を博しており、スウィッシュと呼ばれるロゴは日本でもお馴染みです。

最新技術を活かした製品は、トップアスリートたちから絶大な支持を得ています。また、ファッションシーンにも多大な影響力を持っており、おしゃれでクールなブランドとしても人気です。

ナイキ(NIKE) クラシック コルテッツ

ナイキ(NIKE) クラシック コルテッツ

1972年の発売以来、ナイキの永遠の定番スニーカーとして支持され続けているモデル。コルテッツは、ナイキが初めて発売したスニーカーでもあります。

レトロな見た目と丸みのあるフォルムが特徴。また、カジュアルな見た目ながらアッパーに合成皮革を採用することで、大人な印象に仕上がっています。

ソールにはラバーソールを採用。また、もともとはランニングシューズとして開発されているため、クッション性やフィット感にも優れています。カジュアルコーデでもストリートコーデでも、ほどよいカッコよさとカジュアル感を演出できるおすすめアイテムです。

ナイキ(NIKE) AIR FORCE 1 MID ’07

ナイキ(NIKE) AIR FORCE 1 MID '07

ナイキのロングセラーモデル。アッパーからソールまですべてを白でまとめた、存在感のあるスニーカーです。

バッシュとして開発されたモデルのため、ほどよいボリューム感とバッシュらしいデザインが魅力。上質なレザーと白色の清潔感により、品のよさと高級感も与えます。

とくにストリートシーンやB-Boyたちから人気があり、太いパンツなどオーバーサイズでのコーディネートと相性抜群。ラフなスタイルのコーディネートも品よくまとめてくれます。流行に左右されないデザインで、時代を問わず輝き続けるレザースニーカーです。

アディダス(adidas)

1948年、ドイツ生まれのアドルフ・ダスラー氏により創業。兄のルドルフ・ダスラー氏はプーマを創業しており、世界的なスポーツブランドを創業した兄弟として知られています。

クラシックなデザインと機能性の高いスニーカー作りに定評があり、ブランドの看板である三本ラインのスリーストライプロゴを配したデザインはお馴染み。創業以来、スニーカー業界を代表する人気モデルを展開し続けています。

アディダス(adidas) CAMPUS

アディダス(adidas) CAMPUS

1983年に発売され、今なお愛用者が多いアディダスの名作スニーカー。アディダスの象徴であるスリーストライプと、スエード素材を採用したアッパーが特徴です。

スエード素材の印象により、シックで落ち着いた雰囲気に仕上がっています。また、アーティストに愛用者が多く、z1これまでビースティーボーイズやジャミロクワイなど、名だたるアーティストに愛されてきたモデルです。

シンプルで飾りすぎないデザインなので、どんなコーディネートやスタイルにもあわせることが可能。カジュアルコーデにあわせればラフなスタイルに、スケーターコーデにあわせれば程よく落ち着いたスタイルに見せられます。

コンバース(CONVERSE)

1908年、アメリカ・マサチューセッツ州で創立された世界的スニーカーブランド。ナイキやアディダスなどの最新技術を採用したスニーカーとは対照的に、普遍的で流行や時代に左右されないローテクスニーカーを製造し続けているのが特徴。シンプルで飽きのこないデザインは、スタイルや世代、性別を問わず愛されるスニーカーです。

コンバース(CONVERSE) ジャックパーセル LEA

コンバース(CONVERSE) ジャックパーセル LEA

「ヒゲ」「スマイル」の愛称で知られる、コンバースを代表するスニーカー。キャンバス生地を採用したモデルが一般的ですが、アッパーにレザー素材を使用しているのが特徴です。

メイン素材には天然皮革を採用。丸みがありカジュアルなフォルムが特徴的なスニーカーですが、レザー素材により大人っぽい印象に仕上がっています。カジュアルな印象が強いキャンバス生地のジャックパーセルは苦手、といった大人の男性におすすめです。

「スマイル」を作っているように見えるトゥー部分、背後から見た際「ヒゲ」のように見えるヒールパッチなど、特徴的なデザインもジャックパーセルの大きな魅力。休日のジャケットスタイルにもあわせられるレザースニーカーです。

バンズ(VANS)

1966年カリフォルニア・アナハイムで、ポール・ヴァン・ドーレン氏が3人のパートナーとともに設立したブランド。スケーターを中心にストリートシーンにおいて支持を集めています。

バンズのファーストモデルとして販売された「エラ」を、カリフォルニアのスケーターたちが愛用し始めたことから世界的な流行を起こし、一気に世界的な人気と知名度を獲得しました。「エラ」「オールドスクール」「スリッポン」など、人気モデルを多数展開しています。

シンプルでラフなデザインがバンズスニーカーの魅力。スケーターシーンやファッションシーンはもちろん、サーフシーンやパンクカルチャーなど、あらゆるジャンルで人気のブランドです。

バンズ(VANS) OLD SKOOL

バンズ(VANS) OLD SKOOL

通称「ジャズ」と呼ばれる、バンズでもとくに人気の高いロングセラーモデル。ストリートシーンを中心に、あらゆるシーン・スタイルのメンズたちから愛用されています。

アッパーに採用したスエード素材、パッチワークに採用したレザー素材により、カジュアル過ぎない落ち着いた印象を与えているのもポイント。ソールにはガムソールを採用しており、レザー素材を使用したアッパーとは対照的なソールがスケーターテイストを加えています。

シャープでスタイリッシュなフォルムなので、細身のパンツや9分丈のパンツとのコーディネートがおすすめ。上品な赤色のスエード素材は、コーディネートの差し色としても活躍します。

プーマ(PUMA)

1948年、アディダスを創業したアドルフ・ダスラー氏の兄である、ルドルフ・ダスラー氏によって設立されたスポーツブランド。現在は、アディダスとともに世界的なブランドとして活躍しています。

両サイドに配されるフォームストライプと呼ばれる流線型のデザインがプーマスニーカーの代名詞。「スエード」「クライド」など、ブランドを代表する人気モデルにはほとんどデザインされています。

ジル・サンダーやミハラヤスヒロなど、名だたるファッションブランドとコラボを行っているのも特徴。スポーツシーンやスニーカーシーンだけでなく、ファッションシーンでも活躍するおすすめのブランドです。

プーマ(PUMA) SUEDE

プーマ(PUMA) SUEDE

プーマ不朽の名作として人気を集めているモデル。天然皮革のスエード素材を採用したアッパーが最大の特徴で、時代を問わず履き続けられるクラシックなスニーカーです。

プーマの代名詞であるフォームストライプと呼ばれる流線型のデザインが大胆に施された、シンプルなデザイン。ほどよいボリューム感もあり、夏場でも冬場でも活躍してくれます。

バスケットボールシューズとして開発されたモデルのためクッション性が高く、厚みのあるソールも魅力のひとつ。また、高いグリップ力も兼ね備えています。

ニューバランス(new balance)

アメリカ・ボストンにて1906年に創業されたスニーカーブランド。もともとは扁平足を直す矯正靴メーカーとして創業しました。ブランド名には、「履いた人に今までにない新しいバランスを」という想いが込められています。

1970年代頃からランニングシューズを製造開始。履き心地と機能性が話題を呼び、世界的な人気を獲得し始めました。現在でも、ほかのスニーカーブランドとは一線を画す機能性の高さが評判です。

また、ファッション性の高さも人気の理由のひとつ。おしゃれなレザースニーカーを探している方はチェックしてみてください。

ニューバランス(new balance) M990 MADE IN U.S.A

ニューバランス(new balance) M990 MADE IN U.S.A

1982年に発売されたモデル。高い機能性とスタイリッシュなデザイン性を兼ね備えており、世界中で支持されているニューバランスの定番スニーカーです。

ソールには耐久性に優れた「ENCAP」機能を搭載しており、履き心地のよさを実感できるのが特徴。ハイグレードなスニーカーで、タウンユースとしてもおすすめです。

ニューバランス(new balance) MW363

ニューバランス(new balance) MW363

人工皮革を使ったニューバランスのレザースニーカー。サイドにジッパーが搭載されているため、着脱が素早くできます。クッション性に優れたミッドソールと安定性が高いアウトソールにより、歩きやすいのもポイントです。

カラーはブラック・ネイビー・ブラウンの3色展開。どのカラーも落ち着いているので、幅広いファッションにマッチします。

リーボック(Reebok)

1900年、イングランド中部のボルトンにある「J・W・フォスター社」を前身に設立されたスポーツブランドです。リーボックのスニーカーの最大の特徴は、先進的な技術と先鋭的なデザイン性。ほかのスニーカーにはない機能性とデザイン性は、ハイテクスニーカーの代表ブランドとして知られています。

ファッションにアクセントを与えてくれるスニーカーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

リーボック(Reebok) クラシックレザー

リーボック(Reebok) クラシックレザー

1983年に発売され、30年以上リーボックの定番スニーカーとして愛されているモデルです。スニーカーながら高級感のある質感で、大人のメンズにもおすすめ。高級天然皮革を使用しているため、フィット感も優れています。

厚みのあるソールはクッション性が高く、履き心地のよさも魅力。カジュアルコーデに高級感や大人っぽさをプラスできるスニーカーとして活躍します。

メゾン・マルジェラ(Maison Margiela)

1988年に世界的な知名度を持つデザイナー、マルタン・マルジェラ氏が設立したパリのファッションブランド。設立当初は「メゾン マルタン マルジェラ」というブランド名でしたが、2015年からメゾン・マルジェラに変更しています。数字のみが記された非常にシンプルなタグ「カレンダータグ」が有名です。

流行や時代に左右されないオリジナルなスタイルとデザインを提案することでも知られており、ハイセンスなデザイナーブランドとして人気。日本でも、感度の高いファッション好きから高い支持を集めています。

メゾン・マルジェラ(Maison Margiela) ジャーマントレーナーシューズ REPLICA

メゾン・マルジェラ(Maison Margiela) ジャーマントレーナーシューズ REPLICA

1970年代のオーストリアン・スポーツシューズを再現したマルジェラの定番スニーカー。普遍的で時代を問わない軍モノのスニーカーながら、マルジェラらしい品のよさを有しているのが最大の特徴です。

アッパーには、上質なスエードレザーを採用。ソールはクラシックなラバーソールを採用しているため、履き心地も良好です。

フィリップモデル(PHILIPPE MODEL)

イタリア人で元クリスチャンルブタンのデザイナーであるパオロ・ガンバート氏と、フランスを代表するデザイナー・フィリップモデル氏により設立されたブランド。現在では、海外セレブ達にも愛用されているおすすめのブランドです。

フィリップモデル最大の特徴は、職人の手作業によって丁寧に作られていること。また、上質なレザーを採用し、イタリアブランドらしいラグジュアリーな雰囲気に仕上げているのもポイント。大人の男性から人気を得ているおすすめのブランドです。

フィリップモデル(PHILIPPE MODEL) Classic HIGH

フィリップモデル(PHILIPPE MODEL) Classic HIGH

フィリップモデルの名作モデルとして人気のクラシックのハイカットスニーカー。ハイカットならではのボリューム感とハイセンスなデザインで、見た目の存在感は抜群です。

厳選された上質なレザーを採用したアッパーは、白のカラーと相まって高級感やラグジュアリーな雰囲気を演出。履き込むことで足に馴染むレザーのため、経年変化も楽しむことも可能です。

キレイめスタイルはもちろん、カジュアルスタイルをイタリアンテストでエレガントな印象に引き上げてくれます。

スペルガ(SUPERGA)

1911年に設立されたスニーカーブランド。1951年からは、イタリアを代表するタイヤメーカー「ピレリ社」の傘下のもと、スペルガの販売を行っています。

アッパーにキャンバス生地を採用しているモデルが多く、カジュアルでシンプルなデザインのローテクスニーカーを製造していることで有名。1925年には発売したモデル「2750」が人気を集め、ヨーロッパを中心に愛用されています。

スペルガ(SUPERGA) 2750-SUEU

スペルガ(SUPERGA) 2750-SUEU

スペルガはもちろん、キャンバススニーカーの代表的な存在として知られる「2750」のスエードモデル。メイン素材には上質なスエードを採用しており、カジュアルさと上品さを兼ね備えています。

スペルガ独特のゴムソールは、やわらかくクッション製に優れているのが特徴。また、アウトソールに「SUPERGA」の文字が刻印されているなど、細かいディティールにもこだわりを感じられます。

カラー展開も豊富で、自分好みのモノを見つけやすいのもポイント。コーディネートに取り入れることで、小慣れた大人カジュアルにまとめられます。

リーガル(REGAL)

1961年にアメリカのブラウン社と締結して誕生した日本の紳士靴ブランド。ビジネスシーンで活躍する上品な革靴から、カジュアルさを取り入れたレザースニーカーなど幅広く展開しています。

2005年には、16種類のデザイン、25種類の甲革、2種類のトゥシェイプを自由に組みあわせられる「REGAL Built to order system」を開始しました。世界にひとつだけの靴をオーダーできるのが魅力です。

リーガル(REGAL) スニーカー 57RR

リーガル(REGAL) スニーカー 57RR

ツヤのあるレザーをアッパー部分に採用したレザースニーカー。軽量性と屈曲性に優れたアウトソールを採用しているため、歩き疲れにくいのが特徴です。

長めにつけられたシューホールや細い靴紐などが、60年代のシューズを彷彿とさせます。クラシカルな雰囲気のモノを探している方におすすめです。

大人カジュアルにもよく馴染み、上品なコーデに仕上がるのも魅力のひとつ。ネイビー・ブラック・ブラウンの3色展開なので、好みのカラーを選んでみてください。

リーガル(REGAL) スニーカー 66MR

リーガル(REGAL) スニーカー 66MR

レトロな印象を与えてくれるレザースニーカー。レザーは、スムースタイプとスエードタイプを組みあわせているのが特徴。さらに、カラーステッチを加えることで、おしゃれな雰囲気に仕上がっています。カラーは、ホワイト・ネイビー・オレンジの3色展開です。

ライニングには吸湿性に優れた素材を使っているため、スニーカーの蒸れを防いでくれるのもポイント。ボリュームの少ない薄底タイプなので、細めのボトムスにもよくマッチします。

パンサー(Panther)

1964年に生まれたスポーツシューズブランド。黒豹を彷彿とさせるスマートなフォルムが特徴です。1970年代には優れた機能性や耐久性が高く評価され、全国の学校指定靴として採用されました。

2016年にはカジュアルスニーカーブランドとして復活。レトロなデザインを保ちながら、軽量性やクッション性なども兼ね備えているのが魅力です。往年のファンだけでなく、若者からも人気を集めています。

パンサー(Panther) PANTHER GT DELUXE

パンサー(Panther) PANTHER GT DELUXE

パンサーのアイコンとして存在感を放つ「PANTHER GT DELUXE」。ライトグレーのスエードを使ったクラシカルな囲気のスニーカーです。スポンジソールを採用しているため、軽量性と耐摩耗性に優れています。

湿気を逃すインソールを採用しており、通気性がよいのも魅力。デザイン性と機能性をあわせ持つモノを探している方におすすめです。

レザースニーカーのメンズコーデ

好感度高めのキレイめ大人カジュアル

By: wear.jp

カジュアルとキレイめのバランスが絶妙な秋冬コーディネート。ロング丈のコートはキレイめ要素の強いアイテムですが、ほどよいカジュアル度のダッフルコートをチョイスすることでレザースニーカーとも調和しています。

足元に白を入れて抜け感を出すのは、秋冬コーデの重さを払拭するおすすめのテクニック。とくにどんなボトムスにもあわせやすいローカットスニーカーなら、幅広いコーディネートで使えます。

ベルクロスニーカーなら快適かつクールなコーデに

By: wear.jp

ブラックを軸に構成した、クールなカジュアルコーディネート。パーカー、スタジャン、レザースニーカーはいずれもカジュアル度の高いアイテムですが、ブラックで統一することで落ち着いた印象にまとまっています。

レザースニーカーは大きめロゴを配した個性派デザインのモノを選び、コーデにパンチをプラス。着脱が容易なベルクロタイプで、スタイリッシュな外観と快適さを両立させています。

レザースニーカーでストリートコーデを大人顔に

By: wear.jp

パーカーとブルゾン、ライン入りパンツを組みあわせたリラックス感のあるストリートコーデです。色味はモノトーンで統一し、インナーと靴下の白で抜け感をプラスしています。

足元にはあえて革靴のようなキレイのレザースニーカーをあわせ、子供っぽくなりがちなストリートコーデを大人顔に仕上げているのもポイント。カジュアルなスタイリングをレザースニーカーでグッと引き締めるテクニックをぜひ参考にしてみてください。

ロールアップでレザースニーカーの存在感をアップ

By: wear.jp

ユニークなデザインのアイテムを上手に取り入れた、個性的なスタイリング。一見レトロな雰囲気ですが、ボアベストやワイドパンツなど旬なアイテムをさりげなく組み込んでいます。

全体のボリューム感に負けない、厚めソールのレザースニーカーも目を引くポイント。ワイドパンツの裾をロールアップしているため、よりレザースニーカーの存在感が増しています。

カラースニーカーで作るこなれカジュアル

By: wear.jp

優しい色味のスウェットとデニムパンツの組みあわせは、リラックス感があり夏にぴったりです。オーソドックスなキャンバス地のスニーカーだと無難におさまってしまうところですが、鮮やかなカラーのレザースニーカーならグッとおしゃれな印象を与えます。

あえて思い切りスポーティーなデザインのレザースニーカーをチョイスしているのもポイント。意外性のあるアイテムを投入し、新鮮なコーデに仕上げた好例です。

カラーをリンクさせてまとまりのあるコーデに

By: wear.jp

ロックテイストが香る、大人のカジュアルコーディネートです。無骨なライダースジャケット以上に目を引くのが、赤のハイカットスニーカー。レザーならではの光沢を放ち、足元で圧倒的な存在感を示しています。

インパクトのあるカラーアイテムは、コーデのなかに同じカラーのアイテムを入れるのが違和感なく取り入れるコツ。ほかの部分を落ち着いた色味でまとめると、より好バランスに仕上がります。

ビジネススタイルにはシンプルなレザースニーカーをあわせて

By: wear.jp

最近は、ビジネススタイルにもスニーカーをあわせるコーデが増えています。とくに、レザースニーカーは上品なモノも多いため相性がよいのが特徴。ビジネスシーンでは清潔感などが重要なので、カラーや形状選びには注意してみてください。

カラーはホワイトやブラックなどの無地、形状はローカットやミッドカットを選ぶと上手くまとまります。移動時間が多い方におすすめのスタイリングです。

番外編|レザースニーカーのお手入れ方法

レザースニーカーをキレイな状態で長く履くためには、日々しっかりとお手入れすることが重要。汚れが沈着していない初期の頃から、こまめなケアを心がけましょう。ここでは、日常的にできる簡易的なお手入れ方法をご紹介します。

最初に、靴用ブラシかやわらかい布でホコリや泥など軽い汚れを除去。次にスニーカー専用クリーナーを使い、染みついた汚れを落とします。とくに頑固な汚れは、古い歯ブラシでこするのがおすすめ。最後に清潔な乾いた布でクリーナーと汚れを拭き取れば、お手入れ完了です。

また、普段からシューキーパーで型崩れを防ぎ、防水スプレーをこまめにかけておくのも大切。ぜひ実践してみてください。