赤ちゃんがコップ飲みできるようになるまでの大切なトレーニングアイテムとして活躍する「ストローマグ」。赤ちゃんとお出かけする際の水分補給にも便利に使えます。しかし、一口にストローマグといっても種類が豊富で、どれを選べばよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ストローマグの選び方とおすすめのアイテムをご紹介。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

ストローマグはいつから使える?

By: amazon.co.jp

ストローマグの開始時期に明確な決まりはありませんが、離乳食初期の生後5~6ヵ月頃から使い始める方が多いといわれています。

最初は、哺乳瓶の乳首に似た形状をしており、赤ちゃんが吸い付きやすいスパウトから始めるのがおすすめ。その後、生後7~8ヵ月を目安にストロー、続いてコップの練習をするなど、赤ちゃんの発達に合わせて徐々にステップアップしてみてください。

ストローマグの選び方

素材の特徴で選ぶ

軽量で持ちやすいプラスチック素材

By: amazon.co.jp

プラスチック素材のストローマグは非常に軽く、赤ちゃんでも持ちやすいのが魅力。万が一落としても割れにくく、安心して使用できます。ボトルが透明なため、中身の残量が一目でわかるのもポイント。ただし、保冷効果がないので、長時間のお出かけなどには適していません。

なお、プラスチック製のストローマグは、製品によって耐熱温度が異なります。衛生面が気になる方は、煮沸や電子レンジなどによる消毒が可能なモノを選ぶのがおすすめです。

保冷効果を長時間キープできるステンレス素材

By: amazon.co.jp

ステンレス素材のストローマグは保冷効果が高く、長時間の外出でも冷たさをキープできるのがメリット。プラスチック素材に比べて劣化が少ないうえ、耐久性に優れているため、 長く愛用できます。

ただし、重量があるので、月齢の低い赤ちゃんには適していません。また、プラスチック素材と比較すると価格が高い傾向があります。使用環境や予算に合わせて検討してみてください。

赤ちゃんの飲む量や持ちやすさを考慮して容量を決める

By: amazon.co.jp

ストローマグを選ぶ際は、赤ちゃんの月齢や用途に合わせて容量を決めましょう。力の弱い低月齢の赤ちゃんには、容量が少なく持ちやすいモノが適しています。自宅用でも150~200mlの容量があれば十分です。

月齢が上がって飲む量が増えたり、外出先で使う機会が多くなったりした際は、300ml以上のモノを目安に選んでみてください。

中身が漏れにくいかをチェック

By: amazon.co.jp

赤ちゃんは好奇心旺盛なため、面白がってストローマグを落としたり倒したりすることがあります。また、ストローマグは外出時の水分補給に便利なので、持ち歩く機会も多いアイテムです。

そのため、漏れにくい形状や構造であるかをチェックするのが大切。逆さにしても中身が漏れにくいモノを選ぶと安心です。

お手入れのしやすさを確認

By: amazon.co.jp

ストローマグは、赤ちゃんが直接口を付けてドリンクを飲むので、できるだけ清潔に保ちたいもの。そのため、パーツ数が少なく、分解してすみずみまで洗えるモノを選ぶのがおすすめです。

また、煮沸や薬液、電子レンジなどの消毒が可能かどうかも重要なポイント。劣化した際に交換できるよう、パーツが別売りされているかも確認しておくと、より安心です。

ストローマグのおすすめ

コンビ(Combi) ラクマグ はじめてストロー

スパウトを経由せず、生後4ヵ月頃からストローにチャレンジできるトレーニングマグです。くわえるだけで飲み物が出る構造になっているのが特徴。ストロー飲みをなるべく早く練習させたい方におすすめのアイテムです。

マグを傾けられない赤ちゃんでも飲みやすいように、ハンドルをななめに設置。キャップがしっかり締まる「Wラクピタ構造」に加え、飲み口とパッキンを一体形状にすることで、パーツの付け忘れやズレによる漏れを防ぎます。

コンビ(Combi) テテオ マグストロー バルーン Neo

ななめに傾いた飲み口とハンドルで飲みやすいストローマグ。マグを傾けたり、顔を上に向けたりせずに飲むことが可能です。

コンビ独自の「ラクピタ構造」により、中身が漏れにくいのも魅力。また、煮沸・電子レンジ・薬液による消毒が可能で、清潔な状態で使えます。持ち運びに便利なストラップが付属しているのもポイント。容量300mlで長時間のお出かけにも活躍します。

リッチェル(Richell) アクリア いきなりストローマグセットR

生後6ヵ月からストロー飲みの練習ができる「コップでマグ」と、外出時の水分補給に便利な「おでかけストローマグ」のセット。両方とも同じ飲み口形状をしており、違和感なくステップアップできます。

コップでマグは、フタを押すとストローから中身が出てくるのが特徴。使い始めは大人がサポートできるため、初めてのストロートレーニングに適しています。

おでかけストローマグは、カチっと閉まるフタにより、中身が漏れにくいのが魅力。パーツが少ないシンプル形状で、お手入れも簡単です。ハンドルが取り外せるので、バッグなどに入れて持ち運ぶ際に便利。煮沸消毒や電子レンジ消毒、薬液消毒ができるため、衛生面を重視する方にもおすすめです。

リッチェル(Richell) ミッフィー おでかけストローマグ

ミッフィーデザインがおしゃれなストローマグ。パステルカラーのやさしい配色も魅力です。容量は、200mlと320mlから月齢に合ったサイズを選べます。

また、本製品には独自の圧抜き弁構造を採用。密閉性の高いフタで、中身が漏れるのを防ぎます。ボトル部分の素材は、軽くて丈夫なBPAフリーのトライタン樹脂。透明なので、中身の残量を一目で確認できます。

さらに、食器洗い乾燥機や煮沸消毒にも対応可能。デザイン性と機能性を兼ね備えたおすすめのストローマグです。

リッチェル(Richell) トライ ストローマグ

同じボトルにスパウト・ストロー・コップのパーツを付け替えられるマグ。子供の成長過程や利用シーンに合わせてパーツを付け替えることで、長く愛用できます。

全パーツが食洗機に対応しているほか、煮沸消毒もできるので衛生面に気を付けたい方にぴったり。また、汚れがたまりにくいシンプルな形状で、分解や組み立ても簡単です。

かわいいボトルのデザインも魅力。イエローとピンクがラインナップされているので、好みのカラーを選んでみてください。

リッチェル(Richell) マイ ファースト ポケモン おでかけストローマグ

ポケモンが大好きな赤ちゃんにおすすめのストローマグ。蓋が全開位置で固定できて飲みやすいほか、圧抜き弁構造により、漏れにくいのが特徴です。

ボトルは、軽くて丈夫なトライタン素材なので、落としても安心。容量は使い勝手のよい200mlを採用しています。シンプルな構造でパーツが少なく、お手入れが簡単なのも嬉しいポイントです。ハンドルは取り外しが可能なので、大きくなっても長く愛用できます。

サーモス(THERMOS) まほうびんのベビーストローマグ FHV-250DS

ディズニーの人気キャラクターが描かれたストローマグ。保冷効果が高い魔法びん構造で、長時間冷たさを保ちます。ワンタッチで簡単に開閉できるキャップユニットが特徴。フタを開けた際に水滴が飛び散りにくい設計になっており、安心して使用できます。

ハンドルは、成長に合わせて取り外しが可能。柔らかいシリコン製の飲み口で、赤ちゃんの口にやさしくフィットします。交換に便利なスペアストロー付きで、長く愛用できるのも魅力です。

サーモス(THERMOS) 真空断熱ベビーストローマグ

ステンレス魔法びんの構造を採用したストローマグ。飲み物を冷たいまま持ち運べるので、暑い季節におすすめです。

開閉しやすいワンタッチ式の蓋を採用しているほか、シリコン製のボディグリップで滑りにくく持ちやすいのもポイント。中身が漏れにくく、かばんの中に入れて持ち歩いても安心です。

丸洗いできるので、衛生的に使用できるのもポイント。容量は290mlで、お出かけ時に重宝します。

ピジョン(Pigeon) ぷちストローボトル

ハンドルをたたんでコンパクトに持ち運べるストローマグ。ジェリービーンズを彷彿とさせる、ポップなカラー展開も魅力です。

使い方はストローフードを開閉するだけと簡単。中身が漏れにくい設計で、持ち運びにも便利です。煮沸・電子レンジ・薬液消毒が可能なのもポイント。リーズナブルな価格で購入できるお出かけ用のストローマグを探している方におすすめです。

ピジョン(Pigeon) マグマグ ストロー

赤ちゃんの発育に合わせて飲み口を交換できる、マグマグシリーズのストローマグ。中身が漏れにくいスライド式のフタを採用したモデルです。

パーツは分解が可能なうえ、シンプル形状で洗いやすく、組み立てもラクラク行えます。ゆるやかなカーブを描く楕円状のストローが、赤ちゃんの口にフィット。生後8ヵ月頃からのストロー飲みトレーニングにおすすめのストローマグです。

ピジョン(Pigeon) ストローボトル トール

容量330mlのたっぷりサイズのストローマグ。中身をつぎ足す必要がないので、赤ちゃんとのお出かけ時におすすめです。

水分がたっぷり入るため、水分を多く飲むようになっても長く愛用できるのが嬉しいポイント。ハンドルが取り外せるので、ストローマグを卒業したら水筒の代わりとしても愛用できます。

簡単に開閉でき、中身がこぼれにくいスライド式のフタを採用。また、部品が大きくて洗いやすく、煮沸・薬液・電子レンジでの消毒も可能です。大容量で洗いやすいストローマグを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

キントー(KINTO) BONBO ストローカップ

食洗機に対応しているストローマグです。割れにくい素材を採用しているため、赤ちゃんが落としてしまっても安心。蓋にはシリコンパッキンが付いているので、倒しても中身が大量にこぼれにくいのが嬉しいポイントです。

柔らかいシリコン素材のストローは、上から引っ張っても抜けにくく、先端は飲み物を吸いやすいように設計されています。容量は200mlと、使い勝手のよいサイズ。おしゃれなストローマグを探している方におすすめです。

オクソー(OXO) オクソートット グロウハンドル付ストローカップ

低月齢の赤ちゃんでも飲みやすい、アーモンド型の飲み口が特徴のストローマグ。対象年齢は生後8ヵ月頃からとされています。両手でつかめるハンドル付きで、力の弱い赤ちゃんでも快適に使えるおすすめモデルです。

透明のボトルで中身の残量が確認しやすいのも魅力。飲み口キャップはしっかりと閉じられる構造になっており、中身が漏れにくく、安心して持ち運びできます。

マンチキン(munchkin) クリック・ウェイトストローマグ FDMU10912

ストローの先端に上下左右に動く重りが付いており、吸い込む際に空気が入りにくく、さまざまな角度から飲みやすいストローマグ。パッキンをなくしたシンプル構造で、簡単にお手入れできます。

ストローの内側を洗う専用ブラシが付属しているのもポイント。ジュースやミルクを入れた際も、きれいに洗えます。カラーバリエーションが3種類あるので、プレゼントにもおすすめのアイテムです。

スキップホップ(SKIP HOP) アニマル・ストローボトル ビー FDSH252305

カラフルでかわいらしいデザインが人気のストローマグ。スライド式のキャップで飲み口が汚れにくく、安心して使えます。 ベビーカーのフレームなどに取り付けられるストラップ付きで持ち運びにも便利。容量350mlで長時間の外出にも活躍します。

さらに、洗い替えやストローが劣化した際に便利な交換用ストローが付属するのも魅力。ただし、薬液消毒のみ対応可能で、煮沸や電子レンジによる消毒はできないため、留意しておきましょう。

ビーボックス(b.box) シッピーカップ

ストローに重りが付いており、どんな姿勢でも最後まで飲み切りやすいストローマグです。ストローにはスリットが入っているので、逆流を防止するのもポイント。ひっくり返したり、横にしたりしてもこぼれにくい設計です。

握りやすいグリップ形状のほか、飲み口は開閉しやすいスライド式のため、使い勝手も良好。すべてのパーツを簡単に外すことが可能で、食洗機にも対応しています。赤ちゃんが飲みやすく、扱いやすいストローマグを探している方におすすめです。

ストローマグのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ストローマグのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。