第1作目が発売されてから30年以上が経つ現在でも世界中のスニーカーファンを魅了してやまない「エアジョーダン」。特にストリートファッションにおける人気は絶大で、おしゃれなファッションアイテムとして広く認知されています。

今回は、エアジョーダンのおすすめアイテムをピックアップ。今なお人気が衰えることのない歴代モデルから、注目の派生モデルまで一挙にご紹介するのでぜひチェックしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

エアジョーダンとは?

By: nike.com

エアジョーダンは、今や世界的なスポーツブランドとして知られるナイキと、NBAのレジェンド「マイケル・ジョーダン」との契約によって生まれたバスケットボールシューズ。ナイキのエアクッショニング技術と、滞空時間の長いダンクシュートを放つマイケル・ジョーダンのニックネーム「エア」をかけ合わせてエアジョーダンと名付けられました。

第1作目が発売された1985年当時は、高性能な競技用のバスケットボールシューズとして注目されていましたが、現在ではファッションアイテムとしても広く定着。男性、女性問わず多くのファッショニスタがコーディネートに取り入れ、おしゃれな着こなしを楽しんでいます。

エアジョーダンの選び方

カットの形状をチェック

ローカット

By: nike.com

エアジョーダンはバスケットボールシューズがベースなので、足をしっかりと固定できるハイカットのアイテムが多数を占めますが、モデルによってはローカットタイプもあります。ローカットのエアジョーダンはボリュームが抑えられている分コーデに取り入れやすく、ボトムスの種類を選ばず合わせられるのが魅力です。

ミッドカット

By: nike.com

ローカットとハイカットの中間に位置するミッドカットモデルは、軽量性と安定感のバランスがよいのがメリット。明確な定義はないものの、足首を覆うくらいの高さがあるスニーカーがミッドカットに分類されます。ほどよいボリューム感で、コーデのアクセントにぴったりです。

ハイカット

By: nike.com

エアジョーダンならではの魅力を存分に堪能したい方におすすめなのがハイカットタイプ。足元で存在感を発揮し、コーディネートの主役として活躍します。

ストリートコーデやスポーツミックススタイルとは特に好相性。ボリューム感がある分コーデに取り入れるハードルはやや高めですが、ジョガーパンツのように裾が絞られているボトムスや細身パンツと合わせるとバランスよくまとまります。

サイズをチェック

エアジョーダンを含め、ナイキのシューズはやや小さめの作りのモノが多い傾向にあります。そのため、初めて購入する方はいつも履いているスニーカーのハーフサイズアップで検討するのがおすすめです。また、幅広足の方や、余裕のあるサイズ感でゆったりめに履きこなしたい方はワンサイズアップを検討してみましょう。

エアジョーダンのおすすめモデル

ナイキ(NIKE) エア ジョーダン 1 LOW SE

ナイキ(NIKE) エア ジョーダン 1 LOW SE
快適な履き心地でさまざまな路面に対応できる

エアジョーダンのなかでも定番モデルであり、長く愛されているアイテムを、現代的にアレンジしたスニーカーです。 上質な天然皮革を使用しており、耐久性と構造が強化されています。

弾力があるAir-Soleユニットが、軽量で快適な履き心地を実現。さまざまな路面に対応できるソリッドラバーアウトソールを採用しているため、幅広いシーンで活躍します。ローカットでコーディネートもしやすい、おすすめのエアジョーダンです。

ナイキ(NIKE) エア ジョーダン 1 LOW

ナイキ(NIKE) エア ジョーダン 1 LOW
天然皮革で高級感のあるクラシックなデザイン

シンプルなローカットのエアジョーダンです。1985年に登場したオリジナルモデルを、すっきりとクラシックに仕上げました。アッパーは天然皮革で高級感があり、スポーティーなスタイルはもちろん、きれいめにも履きこなせます。

フィット感を高めるラバーカップソールやソックライナーと、軽く低衝撃性のAir-Soleユニットが、快適な履き心地を実現。一日中歩き回る日にもおすすめです。カラーバリエーションも豊富で、ファッショナブルなエアジョーダンです。

ナイキ(NIKE) エア ジョーダン レガシー 312 LOW


ナイキ(NIKE) エア ジョーダン レガシー 312 LOW
3種のスニーカーからインスパイアされたアイテム

エアジョーダン3、エアジョーダン1、アルファフォースという3種のスニーカーからインスパイアされた、エアジョーダンです。「312」とは、シカゴの市外局番。マイケル・ジョーダンが所属していたシカゴ・ブルズにちなんだネーミングです。

レザーや合成素材を使用したアッパーと甲の中央に配置されたストラップで、しっかりと足にフィットするのが特徴。ストラップには、力強くナイキのロゴが刻まれています。ヒール部分からAir-Soleユニットが見えるのも嬉しい、おすすめのエアジョーダンです。

ナイキ(NIKE) エア ジョーダン 1 レトロ LOW OG


ナイキ(NIKE) エア ジョーダン 1 レトロ LOW OG

ローカットで普段履きしやすいエアジョーダンです。黒をベースに、白やグレー、赤でカラーリングしているので、合わせるファッションを選びません。また、ソリッドラバーアウトソールはさまざまな路面と相性がよいため、街歩きにもおすすめです。

すっきりとしたデザインながら、Air-Soleユニットを内蔵しているので、クッション性も良好。また、アッパーは快適かつ質感を両立した素材を使用しています。つま先部分に設けられた通気孔で蒸れにくい、おすすめのエアジョーダンです。

ナイキ(NIKE) エア ジョーダン 11 レトロ LOW IE

ナイキ(NIKE) エア ジョーダン 11 レトロ LOW IE

凝ったパーツが印象的な、おしゃれなエアジョーダンです。エアジョーダンシリーズのなかでも人気の高いエアジョーダン11のローカットモデルで、ファッション性の高い一足。ホワイトやグレー、ベージュを組み合わせたやさしげなカラーは、幅広いコーデにマッチします。

機能性も十分で、軽量で通気性にも優れた素材を使用しています。 さらに、弾力性に優れAir-Soleユニットが底面全体を覆い、やわらかな歩き心地を実現。刺繍による大きく立体的なジャンプマンロゴもおしゃれな、おすすめのエアジョーダンです。

ナイキ(NIKE) ジョーダン エア 200E


ナイキ(NIKE) ジョーダン エア 200E

スタイリッシュで、街歩きにもぴったりなエアジョーダンです。軽くスポーティーなウーブン素材・スエード・メッシュを組み合わせています。大胆に角度の付いたMax Airクッショニングが衝撃を吸収し、足を保護。全体的にはローカットなシルエットで軽やかな印象です。

さらに、アウトソールのかかと部分はヘリンボーンパターンで、優れた滑り止め効果を発揮します。ヒールパネルにはアイコニックなジャンプマンロゴを配置した、おすすめのエアジョーダンです。

ナイキ(NIKE) エア ジョーダン 5 レトロ LOW PSG

ナイキ(NIKE) エア ジョーダン 5 レトロ LOW PSG

ジョーダンとパリ・サンジェルマンがコラボレーションしたモデル。上品なベージュのレザーにトリコロールが映えます。ローカットのエアジョーダン5をベースにした、洗練されたデザインのー足です。

シューレースはトグル仕様で留めやすいのがポイント。また、ヒール内のAirユニットが歩行時の衝撃を吸収します。パリ・サンジェルマンが好きな方はもちろん、普段履きできるエアジョーダンを探している方にもおすすめです。

ナイキ(NIKE) エア ジョーダン 1 MID

ナイキ(NIKE) エア ジョーダン 1 MID

ハリのあるレザーとやや個性的なカラーが面白い、ミッドカットのエアジョーダン。オリジナルモデルのアイコニックなスタイルや快適な履き心地は活かしつつ、ファッション性も高めたアイテムです。

フォームミッドソールとNike Airクッショニングが、衝撃を吸収します。ラバーアウトソールにはピボットサークルが刻まれているなど、バスケットボールシューズらしいディテールを楽しめるおすすめのエアジョーダンです。

ナイキ(NIKE) エア ジョーダン 1 MID SE


ナイキ(NIKE) エア ジョーダン 1 MID SE

美しいグレインレザーが特徴のエアジョーダンです。シュータンには、エアジョーダンシリーズの象徴ともいえるジャンプマンのロゴを配置。カラーはオリジナリティーあふれる2色展開で、単調でない明るさがあります。

Nike Airテクノロジーが弾力を発揮し、履き心地も良好。また、つま先には通気孔が設けられているので、蒸れにくく快適です。靴ひものカラーなど細部までこだわり抜いた、コーデの主役にもなるおすすめのスニーカーです。

ナイキ(NIKE) エア ジョーダン 1 MID SE クラフト


ナイキ(NIKE) エア ジョーダン 1 MID SE クラフト

繊細なデザインが魅力のエアジョーダン。外側のスウッシュロゴに配された小さなステッチや、丁寧に組み合わせられた素材やカラーの異なるパーツがハイセンスです。履き口はあえて断面を露出させ、エッジの効いたデザインに仕上げています。

エアジョーダンらしく、履き心地も良好。ラバーソールは耐久性に優れているほか、Air-Soleユニットとフォームミッドソールが歩行時の衝撃を吸収します。普段使いにぴったりのおしゃれなエアジョーダンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ナイキ(NIKE) エア ジョーダン 1 HI フライイーズ


ナイキ(NIKE) エア ジョーダン 1 HI フライイーズ

片手で簡単に着脱しやすいエアジョーダンです。靴ひもを結ぶ必要がなく、背面が開くジッパーと2本のストラップですばやくフィット感を調節できます。

デザインは、長年愛されてきたエアジョーダン1を継承。Airクッショニングを内蔵しているほか、履き口のストラップには立体的なエンボス加工のWingsロゴを配置しています。着脱しやすいハイカットスニーカーを探している方は、チェックしてみてください。

ナイキ(NIKE) エア ジョーダン 1 ズーム コンフォート

ナイキ(NIKE) エア ジョーダン 1 ズーム コンフォート

パッド入りのミッドカットによりヒールと足首周りが安定するエアジョーダンです。天然皮革・合成皮革・テキスタイルを組み合わせたアッパーは耐久性が良好。高いデザイン性も魅力です。

Zoom Airユニットを採用しており、軽やかで弾むようなクッショニングを実現。落ち着いたカラーリングで使いやすい、おすすめのエアジョーダンです。

ナイキ(NIKE) エア ジョーダン 5 レトロ

ナイキ(NIKE) エア ジョーダン 5 レトロ

シュータンとかかと部分、さらにアウトソールに大きくジャンプマンロゴが配されているエアジョーダン。パープルがアクセントの、ややレトロでおしゃれなカラーリングも魅力です。

また、クッショニングに優れているのもポイント。エアジョーダンらしい、快適な履き心地の一足です。シンプルながらもおしゃれなエアジョーダンを探している方は、チェックしてみてください。

ナイキ(NIKE) エア ジョーダン 3 レトロ SE

ナイキ(NIKE) エア ジョーダン 3 レトロ SE

落ち着いた色味のレザーと、丈夫なテキスタイルをふんだんに使用した上品なエアジョーダン。つま先とかかと部分には、オリジナルモデルをリスペクトした刺繍をあしらっています。また、履き口にはフリースを使用しており、足首にやさしくフィットします。

Air-Soleユニットを配しているため、軽やかでクッション性に優れた履き心地です。アウトソールはソリッドラバーで、滑り止め効果も良好。雨の日も履けるエアジョーダンを探している方は、チェックしてみてください。

ナイキ(NIKE) エア ジョーダン 14 RETRO

ナイキ(NIKE) エア ジョーダン 14 RETRO

近未来的なデザインがひときわ目を惹くエアジョーダン。マイケル・ジョーダンが履いていたゲームシューズをもとにデザインされており、キルト加工のオーバーレイや立体感のあるミッドソールなど、見た目にも楽しい一足です。

かかと部分に配されたグリーンのホログラフィックアイは、マイケルジョーダンの背番号とジャンプマンロゴが見える精巧なつくり。また、前足部とヒールにはZoom Airユニットを内蔵しています。柔軟性に優れているほか、ファッションアイテムとしても活躍するエアジョーダンです。

エアジョーダンの売れ筋ランキングをチェック

エアジョーダンのランキングをチェックしたい方はこちら。