Microsoftが本気を出してきた。

MicrosoftはWindows 10発表イベントにて3Dホログラムに対応したヘッドマウントディスプレイ Microsoft HoloLens (ホロレンズ)を発表しました。百聞は一見に如かず、ということでまずは動画をご覧下さい。

Microsoft HoloLensは、現実世界に3Dホログラム技術で作られた物体を出現させることのできるヘッドマウントディスプレイ。エンターテイメントやゲームはもちろん、クリエイティブワークでの利用も想定されているようです。

例えば3Dモデリング中のデザインを立体的に確認できたり、

それを現実の物体と重ね合わせて表示したりすることも可能です。

こんな感じでゼロから立体的なデザインをすることもできます。

立体を組み合わせて、スプレーで色を塗ったりすることも。

家の中に月を再現することだってできちゃいます。

まだプロトタイプの段階ではありますが、市販の予定もしているようなので、ワクワクしながら発売を待ちたいと思います。