芳醇な香りと深い味わいが魅力のシングルモルトウイスキー「バルヴェニー」。まろやかな口当たりで飲みやすく、ウイスキー初心者の方でも楽しみやすい味わいが魅力のお酒です。また、バルヴェニーは高級感もあるので、プレゼントとしても喜ばれやすいのがポイント。お世話になっている方への贈り物として選ぶのもおすすめです。

そこで今回は、バルヴェニーの種類とその特徴をご紹介。用途にあわせて最高の1本を見つけてみてください。

バルヴェニーとは?

By: amazon.co.jp

バルヴェニーは、スコットランドのスペイサイド地方で造られたシングルモルトウイスキー。ゲール語で「山の麓の集落」という意味の古城に由来して名付けられています。

製造元は、シングルモルトウイスキーの先駆けともされる「グレンフィディック蒸溜所」と同敷地内に存在しているバルヴェニー蒸溜所。また、バルヴェニーはグレンフィディックよりも、甘味と麦の芳醇な香りが強いのが特徴です。

そして現在、日本国内ではサントリーがバルヴェニーを販売しています。シングルモルトの醍醐味のひとつでもある、麦の風味を堪能したい方におすすめのウイスキーです。

バルヴェニーの発祥や製造場所

By: amazon.co.jp

バルヴェニーの発祥は、スペイサイド地方のダフタウン地区にて13世紀に建てられ、その後廃城となった「バルヴェニー城」。その後、1892年にグレンフィディックの創業者であるウィリアム・グラントが麓の跡地を購入し、ウイスキーの蒸溜所が建てられました。

また、ダフタウン地区は別名「ウイスキータウン」とも呼ばれ、有名な蒸溜所が7つ存在しているのも特徴のひとつ。そのため、ウイスキーファンにとっては憧れの町といわれています。

バルヴェニーの歴史

By: amazon.co.jp

グレンフィディック蒸溜所の設立後、5年経った1892年に、ウィリアム・グラントによって設立されたバルヴェニー蒸溜所。もともとは、グレンフィディックの第2工場として建てられました。年間500万L以上ものウイスキーを出荷できる、優れた生産能力を有しているのが特徴です。

設立以来、グラント一族の家族経営で操業され、現在まで経営を続けているのもポイント。現在ではスコットランドの蒸溜業者「ウィリアム・グラント&サンズ」が経営権を有し、日本ではサントリーが販売しています。

バルヴェニーの製法

By: amazon.co.jp

バルヴェニーは、グレンフィディックと同じ大麦と酵母を使用して造られています。しかし、敷地内の湧水を使用するグレンフィディックに対し、バルヴェニーは別の水源を仕込水に使用しているのが特徴です。

また、職人の手で行う伝統の製法「フロアモルティング」を今も守り続けており、原料のかくはん作業以外はすべて手作業で行われているのもポイント。さらに、麦芽の乾燥などの工程をひとつひとつ大事に行い、ステンレス製の糖化槽で60時間ほど発酵させたあと、ポットスチル(蒸溜器)へ移します。

使用しているポットスチルは「バルヴェニーボール」と呼ばれ、グレンフィディックのよりも少しネックが長いモノを使用。蒸溜後の原酒の熟成には、バーボンやシェリー、ポートワイン、ラムなど、さまざまな樽を使用しているのも特徴です。

バルヴェニーの種類

バルヴェニー 12年 ダブルウッド

バルヴェニー 12年 ダブルウッド

バーボン樽とシェリー樽を使用して原酒を12年熟成させた、バルヴェニーのスタンダードボトルともいえる1本。バーボン樽に由来する洋梨やメロンのようなフルーティーな爽やかさを堪能できます。

また、シェリー樽からくる芳醇な甘味もポイント。バーボン樽とシェリー樽の風味がバランスよく調和し、バニラの香りと奥深いコクと豊かな余韻を味わえます。

しっかりとした飲み心地がある、上質なウイスキーを試してみたい方は要チェックの1本です。

バルヴェニー 12年 トリプルカスク

バルヴェニー 12年 トリプルカスク

骨太な味わいの「オロロソシェリー」の樽と、一度バーボンを詰めた「ファーストフィル」と呼ばれるバーボン樽を使用。さらに、ピート感のある「トラディショナルカスク」との組み合わせで造られている「トリプルカスク」モデルです。

12年以上熟成させた原酒の円熟した味わいあり、バーボン樽由来の豊かな甘味と芳醇な甘い香りも魅力。また、シェリー由来のウエハースやバニラ、プラムなどのような、フルーティーで甘い風味と余韻も堪能できます。

バルヴェニー 14年 カリビアンカスク

バルヴェニー 14年 カリビアンカスク

原酒をバーボン樽で熟成させたあと、製菓用にも使われる「ダークラム」の樽で追加熟成させて造られる「カリビアンカスク」。深いコクがあり、トロピカルフルーツやマンゴーのようなまろやかさが楽しめる、フルーティーな風味が特徴の1本です。

また、香りも芳醇で、ラムレーズンやバニラ、カラメルなどの重厚な甘さと、ラムのニュアンスが絶妙に共存しています。味わいも甘過ぎず、芳醇な香りとちょうどよいバランスを保っているのもポイントです。

また、カリビアンカスクは、スムースでキレのよい、まろやかな余韻が続くのも魅力。フルーティーなバルヴェニーを堪能したい方に向いています。

バルヴェニー 16年 トリプルカスク

バルヴェニー 16年 トリプルカスク

3つの異なる樽で16年間熟成されたバルヴェニー原酒を、モルトマスターのデイビッド・スチュワード氏が厳選しブレンド。トリプルカスク12年よりも角がとれて円熟感が増し、より深みのあるコクを実現しています。

また、原料のモルトに由来する旨味とのバランスもよく、高級感をいっそう感じられるのも魅力のひとつ。ロックで少しずつ味の変化を楽しむのもおすすめです。完成度の高いバルヴェニーなので、贈り物としても向いています。

バルヴェニー 17年 ダブルウッド

バルヴェニー 17年 ダブルウッド

バーボン樽で熟成させた原酒をシェリー樽で追加熟成させる「ダブルウッド」。12年に比べ、スパイシーさとチョコレートやオレンジピールのようなほのかな甘さが感じられ、より重厚な味わいが特徴です。

また、長期熟成による樽香が強く、ナッツの芳ばしさと蜂蜜のような甘い香りも堪能できます。そして、口当たりがなめらかで高級感もあり、ストレートやロックで奥深いコクをじっくり楽しむのもおすすめです。

バルヴェニー 21年 ポートウッド

バルヴェニー 21年 ポートウッド

シェリー樽で21年以上熟成させた原酒をブレンドし、ポートワイン樽追加熟成させている「ポートウッド21年」。タンニンのほどよい渋味とシェリー樽に由来するふくよかな甘味があり、極上ともいえる贅沢な味わいが魅力のウイスキーです。

また、濃厚でまろやかな口当たりをもち、バランスのよい酸味と甘味をワインのようにじっくり堪能できるのが魅力。バルヴェニー特有のピート感、バニラや蜂蜜の濃厚な甘い風味が共存しており、味わいの深みを出しているのもポイントです。

そのほか、白ブドウや青リンゴなどのフレッシュなフルーティーさを有しているのも魅力のひとつ。複雑でバランスのとれた、完成度の高い1本です。

バルヴェニー 25年 トリプルカスク

バルヴェニー 25年 トリプルカスク

3種類の樽で熟成させて造る「トリプルカスク」の長期熟成ボトル。絹のようになめらかでクリーミーな口当たりが特徴で、長期熟成ならではの円熟感があり、リッチで贅沢な味わいが楽しめます。

また、アプリコットや青リンゴ、洋梨などのフルーティーさと、ハチミツ、トフィー、ウエハースなどの重厚な甘い香りも共存しているのもポイント。複雑にバランスよく絡み合っている、完成度の高さも魅力です。

そのほか、芳ばしいモルトの風味もあり、甘くフルーティーな余韻を堪能できます。高級ウイスキーの味わいを楽しみたい方は要チェック。最高級品のバルヴェニーを試してみてください。

バルヴェニーのおすすめの飲み方

By: amazon.co.jp

フルーティーな甘さと、芳ばしい香りをもつバルヴェニー。薄めずにそのままグラスに注いで飲む「ストレート」で味わうと、バルヴェニーそのものの芳醇な味わいを堪能できます。チェイサーを用意することでより長く、じっくり楽しめるのでおすすめです。

また、冷えたグラスに大きめの氷を入れてバルヴェニーを注ぐ「ロック」も、おすすめの飲み方のひとつ。氷が徐々に溶け、バルヴェニーの深いコクや香りの変化を楽しめます。