ボクシングのトレーニングなどに用いられる「パンチングボール」。自宅でトレーニングしたい方だけでなく、気軽にエクササイズしたい方や、ストレス解消に役立てたい方にも最適です。

そこで今回は、パンチングボールのおすすめアイテムをご紹介します。設置タイプやボールの形状、サイズなど、購入するうえでチェックしたいポイントもあわせて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

パンチングボールの選び方

設置タイプをチェック

吊り下げ式

By: amazon.co.jp

吊り下げ式のパンチングボールは、天井に取り付けたフックや、専用スタンドなどに吊り下げて使用するタイプ。頑丈に設置できるので激しく打ち込んでもズレにくく、ボクシングの自主練習などハードなトレーニングを行いたい方におすすめです。

ただし、フックを取り付けるために天井を改造したり、大型な専用スタンドを搬入したりする必要があるので要注意。そのため、賃貸物件の場合は使用できない場合もあります。購入する前は、自宅に設置できるかしっかり確認しておきましょう。

自立式

By: amazon.co.jp

自立式のパンチングボールは、柔軟性があるポールの上にボールが付いているタイプです。比較的コンパクトなサイズのモノが多く、設置場所を広く確保できない場合にも重宝します。また、使用後は部屋の隅や、クローゼットなどに収納できるのもポイントです。

ただし、力強く打ち込むとポールが大きく傾くモノもあるので、周りにモノや人がいないか確認してから使用しましょう。土台は転倒しないように、厚みがあり、水などを加えて重さを加えられる安定感があるモノがおすすめです。軽いエクササイズやストレス解消など気軽に体を動かしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

携帯式

By: amazon.co.jp

携帯式のパンチングボールは、バンドを頭部に固定し、ゴム状の紐でつながったボールを打つタイプです。非常にコンパクトなサイズなので、持ち運んで出張先や旅行先などでも使用できます。ジムになどに通えないときも気軽にトレーニングしたい方におすすめです。

ボールのサイズは小さめのモノが多く、連続で打ち返すのに慣れるまで時間がかかる場合もあります。しかし、動体視力やフットワークの強化につながる効果を期待できるのが魅力。トレーニングのバリエーションを増やしたい場合にも適しています。

ボールの素材をチェック

By: amazon.co.jp

パンチングボールの素材は、ビニールや布、革などが採用されています。ビニール製や布製は、手頃な価格なモノが多いのが特徴です。

一方、革製はしなやかなため、パンチしたときのダメージが少ないのがポイント。ハードなトレーニングを行う方やパンチ力が高い方におすすめです。また、耐久性も高いので長い間使い続けられます。

ボールの形状をチェック

By: amazon.co.jp

パンチングボールの形状は、丸型としずく型の2タイプがあります。丸型はどの方向や角度からも打ち込みやすく、ボクシングだけでなく、野球や剣道などの打撃練習でも使用可能です。幅広いトレーニングに使いたい方や、はじめて使用する方に適しています。

一方、しずく型は丸型よりもリズミカルに動く傾向にあるので、フットワークを強化したい方におすすめです。

ボールのサイズをチェック

By: amazon.co.jp

パンチングボールを選ぶうえで、サイズを確認するのも重要です。サイズは大きいほど動きの予測がつけやすく、的も大きいため打ち込みやすいのが特徴。ボクシング初心者や気軽なエクササイズ用で使用したい方におすすめです。

サイズが小さなモノは、動きが軽快でパンチを当てるのが難しく、より俊敏性を鍛える効果が期待できます。トレーニングに慣れてきた中級者や、レベルの高いトレーニングを増やしたい上級者に最適です。自分のレベルに応じたサイズのモノを選んでみてください。

ボールの中身をチェック

By: amazon.co.jp

パンチングボールの中身は、空気または柔らかな発泡ゴムが多い傾向にあります。あらかじめ空気が充填されているモノや発泡ゴムが詰められたモノは、すぐ使用できるのがメリットです。

自分でボールを膨らませるモノは、使用後に空気を抜いてコンパクトに収納できるのがポイント。空気を入れるときは付属されているポンプを使用するか、自転車のタイヤ空気入れを代用してみてください。

高さ調節できるかチェック

By: amazon.co.jp

身長や体格によってボールのヒットポイントは異なります。そのため、吊るすロープや支えるポールの高さを調節できるモノを選んでみてください。特に、家族で共有する場合は、大人と子供で高さを変えることで快適にトレーニングできます。

また、子供の成長にあわせて高さを変更できるので、長期間使用できるのもメリット。さらに、高さを下げることで、パンチだけでなくキック練習が行いやすいのも魅力です。

付属品があるかチェック

よりトレーニングを充実させたい方は、付属品もチェックしておきましょう。別途で揃える手間がかからず、コスパがよいのもメリットです。例えば、ボールを膨らませる空気ポンプが付いていれば、すぐ充填してスムーズにトレーニングを始められます。

グローブが付属されている場合は、手を保護できるため、長時間パンチしても手を痛めにくいのがポイントです。そのほかにも、サンドバッグやレフレックスバーが搭載されているモノもあり、バリエーション豊かなトレーニングができます。

パンチングボールのおすすめ

Wolon パンチングボール

Wolon パンチングボール

高品質なPUレザーを採用している吊り下げ式のパンチングボール。リーズナブルな価格ながら耐久性に優れています。ボールの形状は、両サイドがすぼまっているダブルエンドしずく型。ボールのサイズは直径20×長さ30cmで、初心者でもパンチングしやすいのが特徴です。

搭載されている2つのゴムバンジーコードは丈夫な作りで、高さ調節もできます。身長にあわせやすく、快適にトレーニングできるのもポイントです。

ファイティングロード Co., Ltd. (FIGHTINGROAD Co., Ltd.) パンチングボール

ファイティングロード Co., Ltd. (FIGHTINGROAD Co., Ltd.) パンチングボール

ボールの形状が丸型の吊り下げ式パンチングボール。どの方向からでも打ち込みやすいのが特徴です。吊り下げる部分の上部は紐で、下部はゴムを使用しています。

本製品には空気を入れるポンプが付属しているため、届いたらすぐ空気を入れてトレーニングを始められるのもポイント。また、しばらく使用して空気が抜けても、素早く充填できます。価格が安いので、はじめて使用する方にもおすすめです。

IRONMAN CLUB(鉄人倶楽部) パンチングボール KW-812

IRONMAN CLUB(鉄人倶楽部) パンチングボール KW-812

ブラックカラーがスタイリッシュな自立式のパンチングボール。素材はポリウレタンを採用しており、空気が抜けにくいのが特徴です。高さは約125〜155cmの間で調節できるため、自分にあったトレーニングメニューをこなせます。

土台には水や砂などを入れて重さを増やせるので、力強くパンチしても転倒しにくいのがポイント。また、パンチするたびにポールが返ってくるため、ストレートやフックなどの攻撃だけでなく、防御などのトレーニングも手軽にできます。ボクシングの自主練や、ダイエット目的の有酸素運動などで活用したい方におすすめです。

IRONMAN CLUB(鉄人倶楽部) パンチングボール IMC-88

IRONMAN CLUB(鉄人倶楽部) パンチングボール IMC-88

高さ調節ができる自立式のパンチングボール。高さは約118〜142cmの間で変更できるため、家族で共有してトレーニングできます。素材はポリ塩化ビニルを採用しており、価格がリーズナブルなのも魅力です。

土台は水を入れたとき重量が約15.6kgに増えるので、安定性が高まります。そのため、転倒によるケガの恐れを軽減できるのがポイント。本製品のポールにはバネが搭載されているため、パンチしたあとは反動で元の位置に戻ります。ストレス発散からエクササイズまで、幅広い目的で使用したい方はチェックしてみてください。

Cinsey パンチングボール

Cinsey パンチングボール

2種類のボールが付属している携帯式のパンチングボール。ブラックボールの重さは約23gで初心者用、レッドボールの重さは約85gで中級者や上級者用です。自分のレベルにあわせてボールを変えてトレーニングしてみてください。

サイズはポケットにも入れられるほどコンパクトなので、持ち運びに便利です。出張先や旅行先でもトレーニングできるのがメリット。また、ヘッドバンドは弾力性のあるシリカゲルを採用し、大きさも調節しやすいため快適に装着できます。俊敏性や反射神経を向上させる効果が期待できるので、本格的なボクシング練習をしたい方におすすめです。

TOCO FREIDO ボクシングボール

TOCO FREIDO ボクシングボール

吊り下げ式と携帯式がセットになったパンチングボール。自宅用と外出先用で使い分けできるのがメリットです。また、吊り下げ式はパンチの精度や力を向上させる効果、携帯式は反射神経や動体視射力を鍛える効果が期待できます。

携帯式のヘッドバンドの先端には溝がある構造のため、汗が目に入りにくいのもポイント。長時間のハードな練習でも集中できます。本格的な個人練習をしたい方におすすめのセットです。         

Kalolary パンチングボール

Kalolary パンチングボール

設置が簡単な吸盤式のパンチングポール。吸盤がしっかりと固定される場所であれば、卓上だけでなく、壁や天井などにも設置できます。さまざまな体勢でパンチできるので、自分好みのトレーニングをこなせるのがポイントです。

本製品はバネが搭載されているため、パンチしたらすぐ起き上がります。エクササイズだけでなく、ストレス発散の目的でも使用したい方はチェックしてみてください。

Health appliances ボクシング サンドバッグ パンチバッグ

Health appliances ボクシング サンドバッグ パンチバッグ

サンドバッグとレフレックスバーが搭載されているパンチングボール。高さは約165~183cmの間で調節できます。パンチだけでなく、ハイキックやミドルキックなどのメニューをこなせるのが特徴です。

素材は弾力性に優れた発泡ポリウレタンなどを採用しているため、手や脚の負担を軽減できるのもポイント。本製品には、半指のボクシンググローブやナックルガード、腕とかかとのサポーターが付属しており、安全に練習できます。

土台には12個の強力な吸盤が付いているので、しっかりと床に固定され安定性も良好。価格は高いですが、充実したトレーニングを行いたい方にぴったりです。