高重量のバーベルやダンベルなどを持ち上げる際は、手のひらや手首を痛めやすいのが難点。ケガを未然に防ぎ、快適に筋トレするには「リストストラップ」が役立ちます。
 
そこで今回は、リストストラップのおすすめをご紹介。選ぶうえで大切な素材の種類や長さ、便利な機能などもあわせて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

リストストラップとは?

By: amazon.co.jp

リストストラップとは、ダンベルやバーベルなどを持ち上げるときに、グリップを補助してくれるトレーニンググッズ。手首とバーに巻きつけて使うことによりグリップの安定感が増し、握力が疲弊しにくくなるので、鍛えたい部位をしっかり追い込めるのがポイントです。

また、100〜200kgを超える高負荷なトレーニングでも、比較的ラクに持ち上げたり、引いたりしやすくなるのがメリット。特に、ベントオーバーローイングやダンベルローイング、ラットプルダウン、懸垂などのローイング系やプル系の種目を行うときに活躍します。

さらに、2周ほどしっかり巻きつければ手のひらを保護しやすく、皮膚が剥けて痛めてしまう心配を軽減できるのが特徴。比較的低価格なモノが多いですが、耐久性は高く、長期間使用できます。

リストラップとの違い

By: rakuten.co.jp

リストストラップと名前が似たトレーニンググッズに「リストラップ」があります。リストラップは、リストストラップと違い握力をサポートするモノではなく、手首を保護しケガするのを防ぐモノです。手首に巻きつけることで、重量に耐え切れず手首が反ってしまうのを軽減できます。

リストラップは主に、ベンチプレスやショルダープレスなどのプレス系の筋トレで使用するアイテムです。はじめて購入する方は、リストストラップとリストラップを間違えないよう注意して選んでみてください。

リストストラップの選び方

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

革素材を採用したリストストラップは、バーに巻きつけたときに滑りにくく、グリップが安定しやすいのが特徴です。高負荷のトレーニングを行う方で、パフォーマンスを向上させたい場合に適しています。耐久性が高く、長期間使い続けられるのもメリットです。

ただし、天然皮革を使っているモノは丸洗いできないので、汚れや臭いが気になりやすいのがデメリット。使用後はしっかり汗を拭いておきましょう。また、乾燥すると柔軟性がなくなる傾向にあるため、必要に応じて革用オイルなどで手入れするのがベストです。

ナイロン

By: amazon.co.jp

ナイロン製のリストストラップは、軽く耐久性があります。丸洗いできる素材なので、定期的に手洗いして清潔に使い続けられるのもポイント。価格は比較的安いモノが多く展開されているため、はじめて購入する方にもおすすめです。

ただし、製品によって滑りやすいモノもあり、手になじむまでは使いにくいと感じることもあります。また、静電気が起きやすいので、その点も留意しておきましょう。

コットン

By: amazon.co.jp

コットン素材のリストストラップは、手になじみやすいのが特徴です。また、耐久性が高いため、高負荷なトレーニングにも使用できます。

さらに、吸水性に優れているので、トレーニング中に汗をかいてもしっかりと吸い取ってくれるのが魅力。ただし、水分を吸収すると繊維が縮まり感触が変わる場合もあります。そのため、使用後や洗濯後はしっかり乾かすようにしましょう。

長さで選ぶ

By: amazon.co.jp

リストストラップを選ぶときは、ストラップの長さも確認してみてください。標準的な長さは約50〜60cm。このくらいの長さであればシャフトやバーに2〜3周巻きつけられ、快適なトレーニングが可能です。

製品によっては50cm未満の短めのモノや、60cmを超える長めのモノも展開されています。短すぎるとリストストラップの端が手のひらにぶつかったり、長すぎると余って邪魔であったりするので、選ぶときには注意しましょう。

使いやすい機能で選ぶ

パッド付き

By: amazon.co.jp

リストストラップは、手首に巻きつける部分にパッドが搭載されているモノを選びましょう。なぜなら、高重量のトレーニングになればなるほど、生地が皮膚に擦れて、手首に痛みを感じやすくなる可能性があるからです。

パッドが付いていれば、手首への食い込みを防げます。特に、高負荷な筋トレを集中して行いたい中級者や上級者の方におすすめです。

リストラップ一体型

By: amazon.co.jp

リストラップと一体になっているモノであれば、しっかり手首を固定できます。手首が反ってしまうのを防ぎ、ケガの恐れを減らせるのが特徴です。また、手首が痛みにくいのでトレーニングに集中できます。

さらに、手首が安定するため、正しいフォームを保ちやすく効率的に筋トレできるのもメリットです。トレーニングを始めたばかりで姿勢が安定しにくい初心者はもちろん、高負荷なトレーニングを行う中級者や上級者の方にも適しています。

リストストラップのおすすめ

ゴールドジム(GOLD’S GYM) リストストラップ G3500

ゴールドジム(GOLD'S GYM) リストストラップ G3500

アメリカ発のフィットネスクラブ「ゴールドジム」のリストストラップ。コットン素材なので、水洗いでき清潔に保てるのが特徴です。

長さは約51cmと標準的で、初心者でも使いこなしやすいのもポイント。トレーニング中に汗をかいても滑りにくく、しっかりバーを握れます。

また、前腕の力を適度に抜けるため、腕の力に頼りすぎることなく本来鍛えたい部位にフォーカスしやすくなるのもメリット。高重量を扱いやすくなるので、ハードな筋トレが可能です。

RDX リストストラップ

RDX リストストラップ

さまざまな武道やスポーツ用品を展開しているイギリスのメーカー「RDX」のリストストラップ。素材は高品質なコットンを採用しており、吸汗発散性に優れています。また、内側に耐久性を強化するためのステッチが縫製されているので、高負荷なトレーニングでも耐えられるのもポイントです。

ストラップの中央には滑り止めのゴムグリップが搭載されているため、腕をしっかりと固定できます。さらに、ゲルクッションを用いているので、快適に装着できるのも魅力のひとつです。

本製品にはRDX独特のロゴが施されており、スタイリッシュな印象を与えます。カラーはレッド・ピンク・ブラック・ブルーの4色展開のため、好みのモノを選んでみてください。

ハービンジャー(Harbinger) トレーニング用ストラップ

ハービンジャー(Harbinger) トレーニング用ストラップ

一流アスリートと共に高品質なトレーニング用品を開発している「ハービンジャー」のリストストラップです。ストラップの長さは約55cmで、バーに巻きつけやすいのが特徴。また、幅は約3.8cmで、手のひらをカバーし握りやすいのもポイントです。

手首に巻きつける部分には、「NeoTek製パッド」を採用しているため、快適なつけ心地。手首の不快感が少ないので、集中してトレーニングできるのがメリットです。ストラップの両端は、ダブルステッチ仕様のため耐久性に優れています。

素材はコットンを使用しているので、汗や汚れが気になってきたら、中性洗剤を用いて手洗い可能。洗濯後は、水ですすいでからタオルなどで水分を吸収し、平置きで陰干しするようにしましょう。

ライノ(RHYNO) リストストラップ

ライノ(RHYNO) リストストラップ

スポーツ・フィットネス・アウトドア用品ブランド「ライノ」のリストストラップ。素材はコットンを採用しており、トレーニング中に汗をかいても吸い取ってくれます。長さは約54cmで標準的です。

手首に巻きつける部分には約4mmの柔らかなパッドを搭載しているため、手首を痛めにくいのがポイント。集中しやすく、デッドリフトやラットプルダウン、ベントオーバーローなどの種目を追い込んでトレーニングできます。

カラーはシンプルなブラックから、カラフルなカモフラージュ柄まで幅広く展開されているのも魅力。デザイン性にこだわりたい方にもおすすめです。

1DOT2 リストストラップ

1DOT2 リストストラップ

手首部分に柔らかな「SBRクッションパッド」を搭載したリストストラップ。食い込みが緩和されるため、痛くなりにくくフォームが雑になってしまうのを防ぎます。素材はコットンを使っているので、耐摩耗性や耐久性に優れているのが特徴です。

ストラップの両面には滑り止めゴムを採用。握力のサポートがさらに強化され、トレーニング効率を上げられるのも魅力です。長さは約57.5cmで、手首だけでなくバーにも十分に巻きつけられます。正しく安定したフォームを維持して効率的に筋トレしたい方におすすめです。

VEROMAN リストストラップ

VEROMAN リストストラップ

リストラップと一体型になったリストストラップ。手首をしっかり固定して安定させるリストラップと、握力を補助し高重量を持ち上げやすくするリストストラップの双方のメリットを有しています。

本製品は、ダンベルローイングやラットプルダウンなどの筋トレ種目に向いているのがポイント。また、ストラップを手首に巻き込めば、リストラップだけの使い方ができます。そのため、ストラップが邪魔になることなく、ベンチプレスなどのプッシュ系種目も快適にトレーニング可能です。

中性洗剤を使用して手洗いできるので、いつでも清潔に使えるのもメリット。幅広いトレーニングのパフォーマンスを向上させたい方は、ぜひチェックしてみてください。

ナーブス(NURBS) レザーリストストラップ

ナーブス(NURBS) レザーリストストラップ

柔らかく耐久性に優れた本革を採用したリストストラップ。わずかに伸縮性があるので、手首とグリップをしっかりと固定できます。また、一般的なトレーニンググローブよりも厚めの素材を採用しているのもポイント。手のひらを保護し、皮が剥けたり豆ができたりするのを防ぎます。

手首に巻きつける部分には、大型のウレタンスポンジを搭載。食い込みにくく、痛みを軽減できます。そのため、高重量を扱うトレーニングでも快適です。

本製品は6本のステッチを施しているので、長期間使用していても一気に裂けることが少なく、安全性も高いのが特徴。長さは約61cmとやや長めのため、手首が太めの方におすすめです。

Nof. High Quality Supporter リストストラップ

Nof. High Quality Supporter リストストラップ

植物タンニンでなめした「栃木レザー」を使用したリストストラップ。高級感のある光沢が美しく、使い込むほどに革の風合いが増します。また、吸水性や通気性に優れているのも特徴。厚みは約3mmあるため、耐久性が高く長期間使用できます。

長さは約55cmで、バーシャフトに2周半ほど巻きつけが可能。実用性とスタイリッシュなデザインを兼ね備えているモノを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

シーク(Schiek) レザーリフティングストラップ

シーク(Schiek) レザーリフティングストラップ

25年以上の歴史があるアメリカのウエイトトレーニング用品メーカー、「シーク」のリストストラップ。素材はしなやかな天然皮革を採用しているため、手にしっかり密着し、グリップしやすいのが特徴です。

また、生地が硬くないので、擦れや手首への食い込みによる痛みが軽減されます。長さは約55cmで、一般的なバーベルに2周ほど巻きつけられるのもポイント。握ったときに手のひらをカバーし擦れにくいため、集中してトレーニングに打ち込めます。

シーク(Schiek) パワーリフティングストラップ 1000PLS

シーク(Schiek) パワーリフティングストラップ 1000PLS

耐久性の高いナイロンを使用したリストストラップ。長さは約30cmと短めなので、素早くバーに巻きつけてトレーニングを始められます。手首に巻きつける部分には、厚さ約6.3mmの「ネオプレーンパッド」を採用。優しくフィットするのも特徴です。

また、ステンレス製のバックルとベルクロが搭載されているため、しっかりと締めつけて手首を固定できます。リストラップとしても使用でき、トレーニングの幅が広がるのもポイントです。

使用後はベルクロ部分を貼り合わせたまま、中性洗剤を用いて手洗いできます。手入れが簡単で、いつでも清潔に使えるモノを探している方におすすめです。

番外編:リストストラップの使い方

By: amazon.co.jp

リストストラップは正しい巻き方と使い方をしなければ、効果が弱まるだけでなく、手首を痛めるなどケガにつながる恐れもあります。購入後は、トレーニング前にしっかりと巻き方と使い方を確認しておきましょう。

まずは、リストストラップの輪の部分に手首を通し、しっかり手首が固定されるように締めます。ただし、締めつけすぎて逆に手首を痛めないよう注意してください。

次に、ストラップ部分をバーに2〜3周巻きつけます。巻きつける方向は、手の握りとは逆方向です。つまり、ストラップの端が手のひらの内側に向かうように巻きつけます。

最後に、巻きつけたストラップの上からグリップしましょう。そのとき、握った方向と反対に絞り込むと、ストラップの緩みがなくなります。トレーニング種目や自分の好みにあわせて絞りを調節すれば完了です。