シングルモルトウイスキーの原点ともいわれている「ザ・グレンリベット」 。スコットランドにあるウイスキー蒸留所で、世界中で売れているシングルモルトとして知られています。

「すべてのシングルモルトはここから始まった」という謳い文句も頷ける伝統のある銘柄。ザ・グレンリベットを飲んでみようという方は、ぜひ今回ご紹介する銘柄を参考にしてじっくりと味わってみてください。

ザ・グレンリベットとは?

By: amazon.co.jp

ザ・グレンリベットはウイスキー愛好家から初心者まで、幅広い層に人気のあるウイスキーです。なめらかな口当たりにほんのりとしたやさしい甘みを感じるのが特徴で、全体的にバランスが取れた味わいから、初心者にも飲みやすいと高い評価を得ています。

果実やフローラルな華やかさのあるアロマを楽しめるうえ、クセのない味わいなのでストレートで飲むのがおすすめ。ウイスキーが苦手な方にも受け入れやすい香味をもつ、まさにスコッチウイスキーを代表する銘柄です。

ザ・グレンリベットの製造場所

By: theglenlivet.jp

「グレンリベット」はアイルランドやスコットランドで話されるゲール語で、「静かな谷」や「リベット谷」という意味です。その名の通りグレンリベット蒸留所は、スコットランドのスペイサイド地方にあるリベット川の谷に位置しています。

リベット川の渓谷はミネラル分に富む良質な地下水が豊富で、気温と湿度が1年を通じて一定に保たれることからウイスキー造りに最適な場所として有名です。

ザ・グレンリベットの歴史

By: theglenlivet.jp

グレンリベット蒸留所は1824年にジョージ・スミスによって創立されました。それまでウイスキーは密造酒でしたが、国王であるジョージ4世にジョージ・スミスが造るウイスキーの評判が伝わります。そのことがきっかけで政府公認の蒸溜所第1号としてウイスキー造りの最初のライセンスを取得し、グレンリベット蒸溜所を創業しました。

なお、ジョージ・スミスはほかの密業者から裏切り者扱いを受け、命の危険にもさらされたともいわれています。しかし、グレンリベットが国から正式に認められたあと、密造酒の時代は終わりを告げスコッチウイスキーの新たな幕が開かれました。その後ザ・グレンリベットは確固たる地位を築き上げ、スコッチウイスキーの歴史を作った蒸留所として歴史に名を刻みます。

ザ・グレンリベットの製法

By: theglenlivet.jp

ザ・グレンリベットは、地下約200mの水脈を源泉とするジョージの湧水を使用しているのが特徴。ミネラル分を豊富に含む硬水は、ザ・グレンリベット特有の香りやフルーティーな味わいを引き出すといわれています。

蒸留用のポットスチルは、胴体とパイプ部分にくびれがあるランタン型を使用。長く細い首の形をした釜の幅が広いユニークな形のポットスチルによって、すっきりとした独特の味わいを引き出します。熟成するための樽はヨーロピアンオークとアメリカン・オークの樽を組み合わせ、しっかりと熟成。150年以上守られてきたこだわりの製法と情熱が、現在も受け継がれています。

ザ・グレンリベットの種類

ザ・グレンリベット 12年

ザ・グレンリベット 12年

ザ・グレンリベットのスタンダードボトルで、ウイスキー初心者にもおすすめの1本です。セカンドフィル以降のアメリカンオーク樽とバーボン樽で、最低12年以上熟成させた原酒をブレンド。レモンやオレンジなどの柑橘類系の爽やかなアロマが香り、青りんごの爽やかさやはちみつのようなやさしい甘みが余韻として残ります。

芳醇な香りと、気品を感じるエレガントな口当たりを楽しめるのが魅力。ウイスキー好きの方はストレートで、初心者の方は水割りやハイボールで飲むのがおすすめです。

ザ・グレンリベット 15年

ザ・グレンリベット 15年

アメリカンオークのバーボン樽とヨーロピアンオークのシェリー樽という2種類の樽で、最低15年以上熟成させた原酒をブレンドし、フレンチオークの新樽に入れて熟成させた銘柄。コニャックの熟成に使用されるフレンチオークの樽を使用し、新しい味わいを生み出しました。

ひと口飲むとドライフルーツやマンゴーなどの甘さに、シナモンのようなスパイシーさを感じクリーミーな余韻が長く残るのが特徴。なめらかな口当たりに、リッチな味わいを楽しめる1本に仕上がっています。

ザ・グレンリベット 18年

ザ・グレンリベット 18年

ファーストフィルのアメリカンオーク樽とバーボン樽、セカンドフィルのアメリカンオーク樽とバーボン樽、ヨーロピアンオークのシェリー樽という3種類の樽を使用。最低18年以上熟成させた原酒をブレンドしており、マンダリンオレンジのようなフレッシュなアロマが香ります。ひと口飲むとりんごのような爽やかさと酸味、蜜のような甘みを感じられるのが特徴です。

3種類の樽から来るそれぞれの味わいが見事に重なり合い、奥行きのある味わいを出しています。しっかりとしたオーク香と風味豊かな味わいを楽しめるので、まずはストレートでじっくりと味わいたい1本です。

ザ・グレンリベット 21年

アメリカンオークのバーボン樽、ヨーロピアンオークのシェリー樽という2種類の樽で、21年以上熟成させたモルト原酒をブレンドして造られているボトル。銅を思わせる琥珀色が美しく、深く複雑な味わいをじっくりと楽しめます。ドライフルーツ、レーズン、トフィーなどの甘いアロマが特徴で、シナモンやジンジャーなどのスパイシーさとのバランスが絶妙です。

長期熟成されたウッディなアロマの余韻が長く続き、エレガントでリッチな味わいを堪能できる1本。そのまま飲むのはもちろん、甘めのデザートと合わせて飲むのもおすすめです。

ザ・グレンリベット 25年

ザ・グレンリベット 25年

極上のウイスキーを味わいたい方におすすめのボトル。ヨーロピアンオークのオロロソシェリー樽で、最低25年以上熟成させた原酒で造られています。シルキーでエレガントな口当たりが素晴らしく、レーズンやチョコレートのような濃厚で上品な甘さが特徴です。

ナッツやシナモンなどのスパイス感をほのかに感じ、長期熟成によるウッディな余韻に長く浸れる1本。リッチでバランスの取れた味わいで、贅沢なひとときを楽しめます。

ザ・グレンリベット ファウンダーズリザーブ

ザ・グレンリベット ファウンダーズリザーブ

コストパフォーマンスの高いザ・グレンリベットを飲みたい方におすすめのボトル。熟成年数にこだわらずブレンドしているため年数の表記がありませんが、スムースな口当たりでウイスキー初心者向けに仕上がっています。

ひと口飲むとシトラスやオレンジの爽やかなアロマとバニラの甘みが広がり、厚みのあるクリーミーさを楽しめるのもポイント。なめらかな仕上がりながら、ほのかに感じるビターな余韻が長く続き、力強さも感じられる味わいが魅力です。

ザ・グレンリベット ナデューラオロロソ

ザ・グレンリベット ナデューラオロロソ

ファーストフィルのオロロソシェリー樽で熟成させ、冷却濾過をしないノン・チルフィルタード製法で造られたノンエイジボトル。香りをかぐと最初にチョコレートとマーマレードの香りがきて、ドライフルーツやシナモンなどのスパイシーなアロマを感じます。

オロロソシェリー樽からくるスパイス感が特徴で、ドライな余韻に浸れる1本。水割りにするとまろやかな味わいを楽しめるほか、ハイボールにするとアルコールの強さを抑えられるのでおすすめです。

ザ・グレンリベット ナデューラ ファーストフィルセレクション

ザ・グレンリベット ナデューラ ファーストフィルセレクション

ファーストフィルのアメリカンホワイトオーク樽を使用した原酒を使い、冷却濾過をしないノン・チルフィルタード製法で造られています。バニラファッジや熟したバナナなど、甘い香りを強く感じるのが特徴です。

青りんごや洋梨のような爽やかなアロマや、パイナップルのようなトロピカルなフレーバーがバランスよく融合しています。芳醇な香りを楽しめさっぱりとしたフィニッシュが心地よく、ナチュラルな余韻に浸れる1本です。

ザ・グレンリベット ナデューラ ピーテッド

ザ・グレンリベット ナデューラ ピーテッド

ピート香の強いウイスキーを一度熟成させた樽で後熟させたグレンリベット。ひと口飲むと赤りんごやシトラスの爽やかなアロマとフルーティーなフレーバーが広がり、バニラやトフィー、マーマレードのような甘みが残ります。

まろやかな口当たりが飲みやすく、スモーキーさとウイスキー本来の甘さのバランスが絶妙。複雑な味わいをじっくりと楽しめるボトルで、長く続く余韻を楽しめます。

ザ・グレンリベット シングルカスク 2019

ザ・グレンリベット シングルカスク 2019

日本限定シングルカスクの第4弾として発売されたボトル。セカンドフィルのシェリー樽で21年以上熟成させ、冷却濾過や加水を行わず、樽から直接瓶詰めした貴重なボトル。洋梨やはちみつなどのやさしい香りと共に、ジンジャーやナツメグといったスパイシーなアロマが香ります。

芳醇な香りと豊かなフレーバーが絶妙に重なり合い、ほどよいオーク香とフルーティーな余韻が長く続くのが特徴です。やわらかで上品な味わいを楽しめる、贅沢な逸品に仕上がっています。

ザ・グレンリベット コード

ザ・グレンリベット コード

熟成樽の種類、熟成年数、色、香り、味わいなどに関する情報が非公開の状態で発売された限定品。味わいを謎のまま販売し、味わった人の感性に任せるコンセプトが話題になっています。

最高蒸留責任者であるアラン・ウィンチェスター氏が樽選びをした貴重な逸品で、液体の色が外から分からないシックなデザインのブラックボトルも話題。ぜひミステリアスなボトルを味わって、自分なりのアロマやフレーバーの答えを出して楽しみたい1本です。