腹筋運動などのトレーニングをする際に活躍する「シットアップベンチ」。なかには、腹筋運動以外にも、背筋や腹斜筋などのトレーニングをサポートしてくれるモデルもあります。

そこで今回は、おすすめのシットアップベンチをご紹介。角度調節ができるモノなど、トレーニングのパフォーマンスアップをサポートしてくれるモデルをピックアップしました。

シットアップベンチとは?

By: amazon.co.jp

腹筋運動をする際に脚を固定するバーや、傾斜角度を調節できるシートが付いているトレーニング機器です。機器や人の手を借りずに腹筋運動をすると、脚を固定する場所を確保する必要があるなど、手間がかかるもの。また、床に敷くマットがないと背中が痛く、トレーニングに集中できないこともあります。

そこでおすすめなのが、背中を支えるシートが柔らかく、脚の固定ができるシットアップベンチです。また、腹筋運動だけでなく、背筋運動や腹斜筋運動などができるのもポイント。自宅でのトレーニングをサポートしてくれるおすすめのトレーニングアイテムです。

シットアップベンチの選び方

シートの種類や角度調節の可否で選ぶ

腹筋運動以外のトレーニングを行うならフラットタイプ

By: amazon.co.jp

シートが平らなフラットタイプは、角度調節を行うことでダンベル運動などを行う通常のベンチとしても使えます。できるエクササイズの幅が広がるため、腹筋運動以外のトレーニングをしたい方におすすめです。

また、角度を何段階で調節できるのかをチェックすることも大切。角度調節が多くできるモデルほど、個人のレベルに合ったトレーニングがしやすくなります。

腹筋運動を強化したいならアーチタイプ

By: amazon.co.jp

アーチタイプのシットアップベンチは、腹筋運動時の背中にフィットするようにシートが湾曲しているため、とにかく腹筋を鍛えたいという方におすすめです。

ただし、ダンベルを持ち上げるなど、そのほかのトレーニングは難しいので、さまざまなエクササイズを考えている方は注意してください。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

シットアップベンチを選ぶ際は、本体サイズはもちろん、シートのサイズや折りたたみ時のサイズを確認するのも大切。家庭で使用する場合は、できるだけコンパクトに折りたためるモノだと収納時に便利です。トレーニング室やシットアップベンチを収納する部屋などの大きさを考慮して選ぶようにしましょう。

耐荷重で選ぶ

By: amazon.co.jp

一般的なシットアップベンチの対荷重は約80〜150kgですが、アーチタイプかフラットタイプかによってもトレーニングに必要な対荷重は異なります。特にフラットタイプの場合は、シート上でダンベルを使うこともあるので、余裕をみて選ぶのがベター。なかには、300kg程度と強固なタイプもあるので、ぜひチェックしてみてください。

シットアップベンチのおすすめ

アルインコ(ALINCO) シットアップベンチ コンパクト 折りたたみタイプ EX130

凹凸のある波型シートが特徴的なシットアップベンチ。体にフィットしやすいため、ズレが少ない安定したトレーニングを行えます。傾斜角度は約15・18・20°の3段階で筋力レベルに応じて調節可能です。

収納バンドが付属しており、使用後は折りたたみ収納も可能。本体サイズは約340×1365×660mm、折りたたみ時のサイズは約340×990×290mmで、重量は約9kgです。

適応耐荷重は約90kg。収納バンドが付属します。腹筋運動はもちろん、背筋、下腹部、わき腹、腰などのトレーニングを行えるおすすめのシットアップベンチです。

アルインコ(ALINCO) パンチングシットアップベンチ 腹筋 EX140

パンチングボールが付属したシットアップベンチ。腹筋運動をしながらボクシングエクササイズができます。また、エクササイズバンドが付いているのもポイント。エクササイズバンドを使用することで、腕を左右に振るなど、腕回りや肩回りのトレーニングも可能です。

傾斜角度は3段階で調節可能。サイズは約1290×415×820mm、折りたたみ時は約170×415×260mmで、本体重量は約12.5kgです。荷重は90kg。腹筋の強化や引き締め、下背部の強化や引き締めなどをサポートしてくれるおすすめのシットアップベンチです。

東急スポーツオアシス シェイプアップベンチ

3段階の高さ調節ができるアーチ型のシットアップベンチです。腹筋はもちろん、胸や腕、二の腕、太ももなどのトレーニングにおすすめ。3段階の角度調節のほか、レベルに応じて強・中・弱の3段階で負荷調節も可能。初心者から上級者まで活用できます。

サイズは約590×850×470mm、折りたたみ時のサイズは約590×780×210mmです。重量は約5kg、耐荷重は100kg。全身のトレーニングにおすすめのシットアップベンチです。

山善(YAMAZEN) ホームシットアップベンチ FT1046-3

腹筋運動に注力したい方におすすめのフラットなシットアップベンチ。高さは4段階で調節でき、しっかりとした角度で腹筋運動できます。本体サイズは約320×1360×620mm、折りたたみ時は約320×1230×200mmで、背部サイズは約260×1003mmです。

また、リーズナブルな価格も魅力。安いシットアップベンチを探している方におすすめのモデルです。

アイロテック(IROTEC) シットアップベンチ

デザイン性の高さが魅力のシットアップベンチです。角度の調節やパッド位置の調節できます。サイズは約340×1230×64mm、本体重量は約7kgです。

フラットタイプなので、腹筋運動に注力したい方に最適。デザインを重視したい方にもおすすめのシットアップベンチです。

ユーテン(YouTen) マルチシットアップベンチ

耐荷重300kgと耐久性の高さが魅力のシットアップベンチです。サイズは約490mm×1175×785mm、重量は約12kg。横向きのほか、縦向きにもハンドルが付いているのも特徴です。

高さは8段階で調節できます。シート幅は27cmと理想の大きさ。幅広いトレーニングのサポートをしてくれるおすすめのシットアップベンチです。

ファイティングロード Co., Ltd. (FIGHTINGROAD Co., Ltd.) シットアップベンチ

5段階の角度調節ができるシットアップベンチです。シート角度は28~36°で、2°ずつ調節可能。フラットタイプなので、腹筋運動に力を入れたい方におすすめです。

本体サイズは約520×1280~1400×570~740mm、折りたたみ時は約520×170×1380mm、重量は10kg、耐荷重は100kgです。

鉄人倶楽部(IRONMAN CLUB) シットアップ ベンチ IMC-84N

シットアップベンチとフラットベンチの2種類の使い方ができるモデルです。高さは4段階で変えられるため、自分に合った負荷をかけることが可能。高さはフラット時で約485・535・585・630mm、ベンチ時で約465・505・545・580mmで調節できます。

耐荷重は約80kgです。折りたたみ時の大きさは約715×335×265mmとコンパクトに収納できるのも魅力。腹筋運動はもちろん、ダンベルを持ち上げるトレーニングなどでも活躍するおすすめのシットアップベンチです。