ノートパソコンの発熱を抑えられる「冷却スタンド」。熱を持った状態が続くとパフォーマンスが低下するだけでなく、場合によってはパソコンの寿命が短くなる恐れがあるので、パソコンで長時間作業するときに役立つアイテムです。

そこで今回は、人気のノートパソコン「Macbook」に対応する製品に焦点を当て、おすすめアイテムをご紹介。さらにスタンドの必要性についても解説します。

冷却スタンドって必要?

By: amazon.co.jp

パソコンはCPUや記録媒体に負荷がかかると熱を発します。通常は本体の冷却ファンで対応するものですが、より強い負荷がかかると冷却が追い付かなくなって、フリーズやシャットダウンしてしまいます。HDDやSSD内のデータ破損リスクが高まるだけでなく、最悪の場合はパソコンそのものが壊れてしまうケースもあるので、懸念すべき問題です。

そこで、おすすめなのが冷却スタンド。パソコンをセットするだけで効率よく熱を発散させることが可能です。パソコンを長時間使用する方には必須のアイテムといえるでしょう。

なお、冷却とまでは言えないものの、通常のPCスタンドも選択肢としてはアリ。ノートパソコンをデスクに密着させずに、空気が流れるスペースを設けることで、熱がこもるのを避けることができます。

Macbook用冷却スタンド

エレコム(Elecom) ノートパソコン冷却台 SX-CL22LSV

20cmの大口径ファンを搭載し、最大で約10度程度の冷却効果が期待できると謳う冷却台。放熱性に優れているのが特長です。

静音性も高く、ファンの稼働サウンドが気になる方も安心して使えるのもポイント。弱と強の2段階の風量コントロールや4段階の角度調節も可能なので、使い勝手のよいアイテムを探している方におすすめです。

ベステック(BESTEK) ノートパソコン冷却台 BTCPN2BK

11.6~17インチのノートパソコンに対応する冷却台。騒音レベルが24~30.3dBという静音ファンが2基搭載されています。冷却性は高いものの、騒音は気にならないレベルなので使用感は良好です。

冷却台の傾斜角度は6段階に調節が可能。さらに、パソコン内部の温度によって風量が調整できるスイッチがついているのもポイントです。

Foneso 6超静音ファンクーラー

「できるだけ軽量で持ち運びもしやすいものを探している」という方におすすめの製品。本体は830gと軽く、脚を折りたためばコンパクトに収納でき、手軽に持ち運ぶことができます。

コンパクトなわりに機能は充実しており、静音性に優れた大型ファン6基と放熱性に優れたメタルメッシュパネルを採用。本体内部の温度によって風量を調節することも可能なほか、USBポートもふたつ付いているので、外出先でも使いやすいモデルです。

praise supply 冷却スタンド

パソコンの下部に空間を設けることで自然に熱を発散させるスタンド。滑り止めのゴムが4か所にあるので安定感があるのがポイントです。また、素材にはアルミを採用。MacBookとの統一感も抜群です。

高さは16cm。人体工学に基づいた高さで、目や肩への負担を軽減してくれます。長時間MacBookを使用する方におすすめしたいアイテムです。

spinido TI-Combination MacBook&iPhone

ノートパソコンを置く台に加えて、スマホを置く台も搭載している製品。スマホの台はスライド式を採用。お気に入りの長さに調整できるので、使い勝手も良好です。

本体後ろの丸い穴に、パソコンやスマホのケーブルをまとめて通せば、配線もスッキリとまとまります。デスクまわりを整理整頓したい方にもおすすめです。

koolertron 木製ノートパソコン用冷却台

MacBookにフィットする木製デザインのスタンド。金属製のスタンドと比べると冷却効率はやや下がりますが、高級感のあるデザインが魅力です。MacBook Pro、MacBook Airともに15インチまで対応。プライベートシーンはもちろん、ビジネスシーンにもおすすめです。

Whaleship DNK-61-550

冷却機能だけではなく、タイピングのしやすさにもこだわったスタンド。緩く傾斜しているで、タイピングがしやすいのがポイントです。素材にはアルミ合金を採用。シンプルなMacbook用スタンドを探している方におすすめです。

monofive MF-STALST

小さな2つのドーム型スタンド。接触面はラバーになっているので、滑りにくいのがポイントです。スタンドはそれぞれ独立しているので、パソコンのサイズを選びません。1ピースはわずか25g。持ち運びにも便利です。