ノートパソコンでゲームや映像編集など処理の重い動作を行う際に便利なのが、ノートパソコン用の「冷却台」。重たいデータを処理するときの負荷によって発する熱を下げ、熱ごもりや内部温度の上昇を避けられます。

そこで今回は、おすすめの冷却台をご紹介。メリットや冷却方式の違いについても解説しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

冷却台とは?

冷却台とは、付属するファンによって空気を送り込み、パソコン本体の温度を下げる装置のこと。特に、扇風機で通気性を向上させるタイプはラインナップが豊富です。

なかには、ファンの風量などをコントロールできるモノや冷却台の角度を調節できるアイテムもあります。人間工学を取り入れた設計の製品などもあるので、チェックしてみてください。

ノートパソコン用の冷却台は必要?

By: rakuten.co.jp

ノートパソコンはCPUやGPUなど、動作する際に熱を発するパーツを搭載しています。デスクトップパソコンと異なりコンパクトなので、内部の空間が狭く熱がこもってしまうことも。フリーズやエラーを引き起こす熱暴走の原因になるだけでなく、故障にも繋がるため冷却は重要です。

冷却台を使えば、夏場など温度が上がりやすい環境でもノートパソコンの放熱・冷却が可能。熱対策を重視する方は検討してみてください。

ノートパソコンの冷却台の選び方

ノートパソコンのサイズに対応しているかチェック

By: amazon.co.jp

十分な冷却効果を得るためには、ノートパソコンのサイズに対応した冷却台を選ぶことが大切。特に17インチ以上など、サイズの大きなノートパソコンほど、対応している冷却台は少数です。どうしてもサイズに対応した冷却台がない場合は、できるだけ大きめのモデルをチェックしてみてください。

また、サイズの大きい冷却台ほど安定しますが、大きい分広い設置場所が必要。外出先などでも使いたい場合は、持ち運びやすさなども考慮してみてください。

ファンの数や位置がノートパソコンに合っているかチェック

冷却が必要な吸気口の位置や数は、ノートパソコンによって異なります。より効率よく冷却するためにも、ファンの配置や数に注目して選びましょう。ノートパソコン用冷却台には1〜2つほどのファンを搭載したモデルが多くありますが、なかには3つ以上のファンを搭載した冷却台も存在します。

冷却台の風量は、「CFM」などの単位で表されるのが特徴。CFMの数値ができるだけ大きな冷却台を選ぶのがおすすめです。また、適した場所へ送風するために、ノートパソコンの底面を見て、吸気口の配置や数を確認しておきましょう。

複数台のノートパソコンを置き換えて使う場合は、吸気口の配置が異なるので、ファンの位置が移動できる冷却台を選んでみてください。

ファンの動作を調節できるかチェック

By: amazon.co.jp

年間を通して使う場合は、気温の変化に合わせてファンの動作を調節できる冷却台がおすすめです。ファンの回転数を操作できるモデルや、特定のファンの動作だけオンオフできるモデルがあります。

特にファンの回転数を調節できる冷却台は、運転音を抑えたいときにも便利。静かなカフェやオフィスなどでの使用にもぴったりです。

一方、特定のファンの動作をオンオフできる冷却台は、パソコンの一部だけが非常に熱くなる場合に便利。より省エネで効率的に冷却したいときにも役立ちます。

冷却効率の高い素材や構造かチェック

By: amazon.co.jp

ノートパソコン底面の熱をしっかりと逃がすためには、ファンの風量とあわせて冷却台本体の素材にも注目。例えば、アルミ素材など熱伝導率の高い素材を使っているモノがおすすめです。熱を伝えやすい素材なら、より効率よく冷やせます。

さらに冷却効率を高めたい場合は、メッシュ構造の冷却台を選びましょう。通気性に優れているためファンの風がより届きやすく、ノートパソコンの熱を素早く逃がせます。

静音性をチェック

By: amazon.co.jp

オフィスやコワーキングスペースなどの外出先で使う場合は、冷却台の静音性にも注目しましょう。自宅用として使う方も、より作業に集中したいなら静音性に優れた冷却台のほうが便利です。

また、音の大きさは「dB」という単位で表されます。目安としては20〜30dBほどの静音性を備えたモノがおすすめ。木の葉がすれ合う程度や、深夜の郊外程度の静かな音で使用できます。

厚みや角度調節機能をチェック

冷却台の厚みは、主な使用目的に合わせて選ぶのがおすすめです。冷却力重視の場合は、厚さ4cm程度のモデルがぴったり。より効率よく放熱できます。

ただし、厚みがある冷却台はその分幅や重さも大きくなるので、持ち運びやすさや使いやすさ重視の方は薄型モデルも検討しましょう。薄型のモデルなら、デスクとの高低差が気になる場合にも便利です。

薄型の冷却台を選ぶ際は、冷却効率を維持するために角度を付けられるモノがおすすめ。冷却台の下に空間を作ることで通気性を確保し、薄型でもある程度の冷却力を維持できます。

USBポートの有無をチェック

By: sanwa.co.jp

複数の周辺機器を利用する方の場合、USBポートを搭載している冷却台がおすすめです。ほとんどのモデルが電源にUSBバスパワー方式を採用しており、ノートパソコンのUSBポートから給電するのが一般的な使い方。ただでさえ少ないポートを使用してしまうと、必要な周辺機器が繋げられないといった事態も考えられます。

冷却台を選ぶ際には、USBポートの有無についてもしっかりとチェックしてみてください。

ノートパソコン用冷却台のおすすめ

エレコム(ELECOM) ノートPC用クーラー SX-CL22L


静音性にも優れた、おすすめのノートパソコン用冷却台。熱伝導率に優れたアルミパネルを全体に採用しており、効率的な冷却を実現しています。高級感もあるシンプルなデザインなので、自宅だけではなくオフィスでも気兼ねなく使用可能です。

対応しているノートパソコンのサイズは、15.4~17インチ。スリップ防止用ラバーパーツも付属しています。ラバーパーツは本体背面に収納できるため、紛失してしまうリスクを軽減可能です。

角度調節に対応しているのもポイント。4段階で角度を変えられるので、動画を見たりタイピングしたりなど、用途に合わせて楽な姿勢でノートパソコンを使用できます。

搭載されているファンは20cmと大型。プッシュスイッチが搭載されており、強・弱の2段階の風量調節が可能です。

エレコム(ELECOM) ノートPC用クーラー SX-CL21


操作性に優れた、おすすめのノートパソコン用冷却台。側面に電源をオン・オフできるプッシュ式のボタンが搭載されています。また、動作確認用のLEDも備えており、駆動中はライトが点灯するので、動作を一目で把握可能です。

20cmの大型ファンを搭載しているのもポイント。さらに、ダイヤル式の風量調節機能を採用しており、ノートパソコンの発熱具合に応じた使い方ができます。

対応しているノートパソコンは、約12.1~14インチ。底面には4ヶ所にラバーパーツが取り付けられているため滑りにくく、安定した操作が可能です。電源にはUSBバスパワーを採用。ノートパソコンのUSBポートに接続するだけで簡単に使用できます。

エレコム(ELECOM) ノートPC用クーラー SX-CL20


コンパクトで使いやすい、おすすめのノートパソコン用冷却台。本体が約幅6×奥行き6×高さ1cmと、コンパクトかつ薄型に設計されています。使わないときは立てた状態で収納できるので、デスク上のスペースが限られている場合でも無理なく使用可能です。

本体はコンパクトながら、12.1~17インチと幅広いサイズのノートパソコンに対応。USBバスパワーで動作するため、ノートパソコンのUSBポートに接続するだけで使えます。

ダブルファンの搭載による、パワフルな冷却性能も魅力。風量を調節できるダイヤルも搭載されているので、発熱の程度に合わせて柔軟な使い方ができます。また、吸気口を底面、排気口を前面に搭載した構造により、上部からホコリが入りにくい点も特徴です。

エレコム(ELECOM) ノートPC用クーラー SX-CL23L

パワフルに送風できるおすすめのノートパソコン用冷却台。本体には放熱性に優れたアルミニウム素材を採用しています。堅牢性にも優れているので大型のノートパソコンを設置してもたわみにくく、見た目に高級感があるのも魅力です。

14cmの大型ファンを2台搭載。最高回転数が約1300RPM、最大風量が約58CFMのパワフルなファンにより冷却します。底面から効率的に吸気できる構造も採用されているほか、パソコンごとに風の向きを切り替えながら使用できるのもポイントです。

風量調節機能の搭載も魅力のひとつ。ダイヤルを回転させると風量を調節できるため、発熱状況に合わせて使用可能です。また、一気にファンの回転数を最大レベルまで引き上げる「爆風モード」も搭載されています。

電源ケーブルが本体に直付けされている点も特徴。ケーブルの紛失を心配せずに使用できます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) アルミノートパソコンクーラー 400-CLN031

広範囲に送風できるおすすめのノートパソコン用冷却台。15.6インチまでのノートパソコンに対応しています。落下を防ぐストッパーの搭載もポイント。ノートパソコンだけでなく、タブレットを乗せても使用できます。

8段階の角度調節に対応している点も魅力のひとつ。使いやすい角度に調節できるのはもちろん、Webカメラの位置などを合わせる際にも活用可能です。静音性にも優れているため、オンライン会議も快適に行えます。

本体には、熱伝導性に優れたアルミ素材を採用。大型ファンによる送風との組み合わせにより、ノートパソコンを効率的に冷却できます。風量は無段階で調節できるので、シーンに合わせた使い方が可能です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ノート用クーラーパッド TK-CLN22U

ファンの位置調節に対応したおすすめのノートパソコン用冷却台。12.1~15.6インチのノートパソコンに対応しています。角度を3段階で調節できるため、タイピングしやすい角度や動画を見やすい角度など、用途に合わせた使い方が可能です。

12cmのファンを1基搭載。風量調節のダイヤルが搭載されているので、発熱具合に応じてコントロールできます。また、ファンの位置を左右に移動できるため、熱くなりやすい位置にピンポイントで送風可能です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ノートパソコンクーラー 400-CLN030

おしゃれなライティングも楽しめる、おすすめのノートパソコン用冷却台。ファン部分やサイドにカラフルなLEDが搭載されています。点灯パターンの変更にも対応しているので、好みに合わせておしゃれな空間を演出可能です。

大型のファンを2基搭載している点が特徴のひとつ。風量は6段階で調節できるため、発熱量に適した風量にコントロール可能です。本体には液晶ディスプレイが搭載されており、現在の風量を目視で確認できます。

スタンド部分は、5段階の角度調節にも対応。姿勢や体格に合わせ、使いやすい角度に設定できます。また、側面にはスマートフォン用のスタンドも格納されているので、必要に応じて活用可能です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ノートパソコンクーラー 400-CLN025

自宅だけではなくオフィスでも使いやすい、おすすめのノートパソコン用冷却台。使用中の騒音値が約25dBまで抑えられているため、周囲に人がいる場合や、ビデオチャット中に使いやすいのが魅力です。

冷却面には、放熱性に優れたメッシュ状のメタルパネルを採用。内部には、直径7cmのファン4つと直径12cmのファンを1つ搭載しています。背面のダイヤルを回せば風量調節もできるので、発熱量に合わせて柔軟に対応可能です。

電源はUSBバスパワー。本体には給電用とは別にUSBポートが1基設けられているため、マウスやキーボードなどを接続できます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ノートパソコンクーラー 400-CLN026

スリムで扱いやすいおすすめのノートパソコン用冷却台。厚さが約1.5cmの薄型設計を採用しているため、圧迫感を抑えて使用可能です。最大15.6インチまでのノートパソコンに対応しています。

内部には4つのファンを搭載。冷却面にはメッシュ状のメタル素材が採用されています。また、駆動時の騒音値が約25dBまで抑えられている点も魅力です。

さらに、給電用USBケーブルのコネクタ部分にUSBポートが搭載されているので、ノートパソコンの限られたUSBポートを塞がずに使用できます。

IETS ノートパソコン冷却パッド GT300

2つのファンを搭載した、おすすめのノートパソコン用冷却台。底面のスタンド部分は7段階の角度調節に対応しているので、体格や姿勢に合わせて使いやすい角度に設定可能です。手前には、ノートパソコンが滑り落ちるのを防止するストッパーも備えています。

2つのファンと3パターンの風速モードの搭載により、効率的な冷却が可能です。また、USBポートを2つ搭載しているのもポイント。冷却中もノートパソコンのUSBポートを占領する心配がありません。

LiANGSTAR ノートパソコン冷却スタンド U3-2

シンプルかつスタイリッシュなおすすめのノートパソコン用冷却台。底面に回転台が搭載されている点が特徴です。好きな方向に回転できるので、自由な向きで使えます。

14cmの冷却ファンを内蔵。放熱性の高いメタル製のメッシュパネルとあわせ、ノートパソコンを冷却します。静音性に優れているのも特徴です。

ノートパソコンの下にスペースを作れるのもポイント。不使用時はキーボードなどの周辺機器を空いたスペースに収納できるため、空間を有効活用しデスクを広く使えます。

E-PRANCE ノートPCクーラー

青色のLEDがスタイリッシュなノートパソコン用冷却台。大型のファンを4つ搭載しています。風量を調節するダイヤルが2つ搭載されており、上のファン2基と下のファン2基の風量を別々にコントロール可能です。ノートパソコンの発熱しやすい部分に合わせて、柔軟に使用できます。

静音設計もポイント。駆動音が約26dbに抑えられているため、周囲に人がいる環境でも使いやすい点が魅力です。また、USBポートも2基用意されているので、キーボードなどの周辺機器も接続できます。

本体にはUSBケーブルを保管できるスペースを搭載。ケーブルの紛失を防げるほか、使いたいときにスムーズに取り出せます。

Lamore ノートPCクーラー A325

冷却性能と静音性を両立した、おすすめのノートパソコン用冷却台。5段階の高さ調節に対応しているほか、手前には落下防止のストッパーも搭載されています。底面には滑り止めのゴムが取り付けられているので、安定した操作が可能です。

サイズの異なるファンを2基ずつ、合計4基搭載。動作するファンの数が異なる3つのモードに対応しているほか、ファンの回転速度も6段階で調節可能です。手前にはディスプレイが搭載されています。

熱効率に優れた、ハニカム形状のメッシュもポイント。また、駆動音は約17dbまで抑えられているので、さまざまなシーンで使用可能です。対応しているノートパソコンのサイズは、およそ12〜17インチ。周辺機器を接続できるように、USBポートは2基用意されています。

KLIM Cyclone ラップトップ 最大冷却 PC冷却パッド

11〜16インチのノートパソコンに対応している冷却台。8段階で角度を調節できるのが特徴です。傾斜をつけた際にノートパソコンが滑らないよう、ストッパーを配置しています。

冷却台全体に5つのファンを搭載しており、ノートパソコン全体を冷却できるのが魅力。また、2つのUSBポートを備えているので、周辺機器を複数接続して利用可能です。

ノートパソコンだけでなく、PS4やXbox Oneで利用できるのもおすすめポイント。パソコン作業からゲームまで幅広いシーンで利用したい方にぴったりです。

キーナイス(KEYNICE) 冷却ファン KN-K1738

広い範囲を冷却しやすい、おすすめのノートパソコン用冷却台。独立した6つのファンが配置されており、スタンド上の広範囲に送風が可能です。

ノートパソコンを乗せる部分には、通気性と熱伝導性に優れた金属メッシュを採用。モード切替や風量調節にも対応しているので、ゲームや動画編集、ウェブサイトの閲覧など作業内容に合わせた使い方ができます。

背面にUSBポートが2つ搭載されているのも魅力。手前にはスマートフォン用のスタンドも搭載しています。多機能で便利なおすすめのノートパソコン用冷却台です。

AOYATEC 冷却ファン F5

約17インチまでのノートパソコンに対応した、おすすめの冷却台。金属素材のメッシュパネルを採用しており、高い放熱性を備えています。7段階の角度調節にも対応しているので、タイピングしやすい角度で使用可能です。

側面にはUSBポートを2基搭載。1基は給電用として使用し、空いたポートはマウスやキーボードなどの周辺機器を接続可能です。また、スマートフォン用のスタンドも付属しています。

さらに、カラフルなRGBライトも特徴のひとつ。ノートパソコンを冷却しながら、おしゃれなライティングも楽しめます。静音性に優れているのもポイント。ファンを回転させても稼働音を25dB程度に抑えられるので、夜中でも使いやすい仕様です。

Tuayoo ノートパソコン冷却パッド K5

風量を柔軟に調節できる、おすすめのノートパソコン用冷却台。スタンド部分は、最大30°まで5段階の角度調節に対応しています。動画を見るときやタイピングをするときなど、用途に合わせて楽な角度でノートパソコンを使用可能です。

7cmのファンを6つ搭載。側面に搭載されたダイヤルを操作すると、風量を無段階で調節可能です。また、ノートパソコンを乗せる部分には、放熱性に優れた金属メッシュを採用。効率的にノートパソコンを冷却します。

重量が822gと軽量なのも魅力のひとつ。気軽に持ち運んで使用できます。

Jacess ノートパソコン 冷却パッド 冷却台

2口のUSBポートを搭載しており、複数の機器を接続可能なノートパソコン用冷却台。放熱性に優れたメタルメッシュパネルと6つの大型ファンにより、ノートパソコンの熱を効率よく冷却できます。

ファンの風速は、サイドについているボタンを操作して調節可能。駆動音の大きさが20〜30dBほどの静音ファンなので、音が気になりにくく作業に集中できるのが魅力です。

7〜17インチと幅広いサイズのノートパソコンに対応しています。折り畳んだときのサイズは、35.5×25.7×3.5cmで重量が928g。ノートパソコンと一緒にカバンに入れて持ち運ぶのにぴったりです。

冷却台の角度は、5段階で調節可能。自分の目線と画面をそろえることで、首や肩への負担を軽減できるのもおすすめポイントです。

LiANGSTAR ノートパソコン冷却パッド

7段階で高さを調節できるノートパソコン用の冷却パッド。自分の姿勢に合わせて、画面の位置を微調整できます。スマホスタンドが搭載されているので、ノートパソコンとスマホをセットで利用する機会が多い方におすすめです。

6つのファンにより、ノートパソコンの熱を冷却できるのも魅力。風量は、利用環境やノートパソコンの状態に合わせて調節できます。また、USBポートは2口搭載されているので、周辺機器との接続も可能です。

最大17.3インチまでのノートパソコンに対応。そのほか、ファンの運転音が最大時で25dBと静音なのもおすすめポイントです。

積極的に冷却したいパーツは?

CPU

パソコンの頭脳であるCPUは、専用のCPUクーラーで冷却が行われますが、供給される空気の温度が高いと冷却効果は低くなります。冷却台から効果的にCPUに空気を送り込み、温度上昇による熱暴走が発生しないようにすることが大切なポイントです。

VRM(Voltage Regulator Module)

VRMとはCPU用電源安定化回路のこと。CPUに電源供給を行っています。クアッドコア以上のCPUではより多くの電力を使用することから、VRMを冷却することは非常に重要です。

メモリ

メモリが高速になるほど、冷却の重要度は高まります。特に、メモリは近接配置されていることが多く、エアフローが悪くなる傾向があるのは留意点。冷却台を活用してパソコンの状態を安定させましょう。

電源

一般的なノートパソコンの電源部には吸気用のファンが備わっていますが、電源の配置状態によっては十分な冷却効果が得られない場合もあります。例えば、筐体の上部に電源を配置している場合、パソコン筐体内で溜まった熱気が電源ファンに取り込まれ、冷却効率が低くなってしまうので注意が必要です。

GPU

CPU以上にGPU(グラフィックボード)は発熱が大きく、動画編集やゲームなど負荷のかかるソフトの起動や作業をするほど発熱量は上がってしまいます。

GPUをしっかり冷却できないと映像がカクついたり、パソコンの電源が落ちてしまったりする恐れもあるので、動画編集やゲームをする場合は特に注意しましょう。また、ノートパソコンのモデルによってはCPUにGPUを内蔵しているモノと、グラフィックボードを別に搭載しているモノがあります。

ハードディスク

ハードディスクは熱に弱く、高温状態が続くと熱暴走の原因になります。また、パソコンの寿命にも大きく影響するので、ハードディスクを効率的に稼動させるには、エアフローや冷却させる仕組みで対策することが重要です。