おしゃれなデザインが特徴的な「三輪ベビーカー」。見た目だけでなく、走行性や機能性にも優れているのが特徴で、さまざまなモデルがラインナップされています。

そこで今回は、三輪ベビーカーのメリットやデメリットを詳しく解説。おすすめの製品もご紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

三輪ベビーカーのメリット・デメリット

メリット

By: rakuten.co.jp

三輪ベビーカーのメリットは、四輪ベビーカーに比べて走行性が安定していること。ひとつひとつのタイヤが大きいので、ちょっとした段差やデコボコ道でもスイスイと進みます。また、小回りがきくため、曲がりくねった道でもスムーズに走行可能です。

加えて、三輪ベビーカーは走行時の振動が少ないのもポイント。三輪ベビーカーのほとんどはエアタイヤを採用しており、走行時に発生する地面からの振動を吸収します。振動による赤ちゃんへの心身の負担が気になる方にもおすすめです。

さらに、一般的な三輪ベビーカーはシートの下にカゴが付いており、たくさんの荷物を収納可能。赤ちゃんのお世話グッズを入れたり、スーパーの買い物袋を入れたりと、さまざまな使い方ができます。

デメリット

By: amazon.co.jp

三輪ベビーカーのデメリットは、サイズが大きいために場所をとってしまうこと。そのため、狭い道などの場合、幅をとってしまうこともあるので注意が必要です。

また、赤ちゃんと向き合って走行できる「対面式タイプ」の製品がほとんどないのもデメリット。対面式タイプのモノを探している場合は、四輪ベビーカーから選ぶのがおすすめです。

三輪ベビーカーの選び方

サイズや重量で選ぶ

By: amazon.co.jp

一般的な三輪ベビーカーの高さは約100~110cm、幅は約53~61cmほど。日本の自動改札機の幅は55~60cmが一般的なので、電車での移動が多い方は三輪ベビーカーを購入する前にサイズをしっかり確認しておきましょう。

三輪ベビーカーの重さは、約8~10kgほどが目安。安定感がある分、四輪ベビーカーと比較して重い傾向にあります。行動範囲内にスロープやエレベーターなどの設備が整っていれば、重さはあまり気になりません。しかし、そうした設備がない場合は、少しでも軽いモノを選ぶのがおすすめです。

車での移動が多い方や、保管場所が限られている方は、折りたたみ時のサイズも重要。折り畳むと幅が半分ほどになるモノもあれば、3分の2程度にしかならないモノもあります。あらかじめ保管場所のサイズを測り、適切なタイプを選んでみてください。

タイヤの種類で選ぶ

By: rakuten.co.jp

三輪ベビーカーには大きく分けて3種類のタイヤがあります。まず、最も一般的なのが「エアタイヤ」。必要に応じて空気を充填する必要はありますが、砂利道やデコボコ道などの悪路でもスムーズに走行可能です。

「メンテナンスフリータイヤ」も要チェック。パンクの心配がないことから、「パンクレスタイヤ」とも呼ばれます。エアタイヤと同じ素材を採用していますが、なかにスポンジのようなモノが含まれているのが特徴。走行性に優れており、空気を入れる必要がありません。

また、四輪ベビーカーに多い「ノンエアタイヤ」は、サスペンションと呼ばれる衝撃を吸収する機構が組み込まれているのが特徴。タイヤを大きくすることで、走行性をカバーしています。なお、タイヤの回転が悪くなった場合、油を差す必要があるので留意しておきましょう。

安全性で選ぶ

By: aprica.jp

製品の安全性を判断するには、SGマークの有無を確認しましょう。SGマークは、製品安全協会が設定した認定基準に合格しなければ付けられません。また、海外の製品のなかには、SGマークより厳しいとされる欧州統一安全規格をクリアしているモノもラインナップされています。

くわえて、思わぬ事故を防ぐためにも、ブレーキの有無も要チェック。三輪ベビーカーは重量があるので、下り坂を走行するときは強い力で支える必要があります。ブレーキが付いているモノを選べば、傾斜のある道でも安全に走行可能です。

そのほかのチェックポイント

By: airbuggy.com

赤ちゃんが座るシートも要チェックポイントに挙げられます。赤ちゃんが小さいうちは、ミルクやヨダレなど、何かと汚れがついてしまうもの。シートを外して洗えるモノを選べば、衛生的に長く使えるので安心です。

さらに、赤ちゃんの快適さにこだわりたいなら、立体クッション型のシートや厚みがしっかりあるモノがおすすめ。体をきちんと固定できるため、振動や衝撃などから赤ちゃんをしっかりと守ります。

三輪ベビーカーの対象年齢は、生後3ヶ月から36ヶ月ほどが一般的。ただし、製品によっては5歳くらいまで使えるモノもあります。対象年齢ではなく適正体重が定められているモノもあるので、使用前にきちんと確認しておきましょう。

三輪ベビーカーのおすすめブランド

アップリカ(Aprica)

By: aprica.jp

1947年、育児器具製品の開発及び販売会社としてスタートした「アップリカ」。ベビーカーをはじめ、チャイルドシートや抱っこひもなど、育児に関わる便利な製品を生み出している会社です。

「赤ちゃんが気持ちよく、楽しくいられる環境づくりのお手伝いをしたい」といった思いから、赤ちゃん医学や育児工学の知識や技術を活用。赤ちゃんの未熟な身体に配慮した製品を開発しています。

ジョイー(Joie)

By: joiebaby.com

イギリスのベビーブランド「ジョイー」。品質がよいのはもちろん、使いやすいシンプルな作りとスマートなデザインが特徴で、スタイリッシュに使えるベビー用品をお探しの方におすすめのブランドです。

親子が心地よく過ごせるよう、ユーザーの声を反映した製品を作ることにこだわっているのもポイント。また、環境保全への取り組みにも力を入れているのも魅力です。

エアバギー(AirBuggy)

By: amazon.co.jp

2002年に、株式会社GMPインターナショナルにより作られたブランド「エアバギー」。おしゃれなデザインと優れた操作性・耐久性から、多くの方に愛用されています。

三輪ベビーカーとしてだけでなく、ペット用のカートやショッピングカートなど、さまざまな形で使用できるのもエアバギーの大きな特徴。ライフスタイルの変化に合わせて、長く愛用できるモノをラインナップしています。

三輪ベビーカーのおすすめモデル

アップリカ(Aprica) 三輪ベビーカー スムーヴ プレミアム AB 2084491

赤ちゃんの頭と首を安定させ、自然な姿勢を保つ「メディカル成長マモール」を搭載した三輪ベビーカー。赤ちゃんの身体に負担がかかりにくい製品を探している方におすすめの製品です。

1か月~3歳ごろまで使用可能。座面高58cmのハイシートで、赤ちゃんが地面からの照り返しやホコリの影響を受けにくいのもポイントです。シートは汚れたら気軽に手洗いできるため、いつでも清潔に使用できます。

タイヤには、空気入れを必要としないメンテナンスフリータイヤを採用。衝撃を吸収するベアリングが搭載されているので、凹凸のある道や段差もスムーズに走行できます。

シート下には30Lの大容量バスケットつきで、たくさんの荷物を持ち歩く方にもおすすめ。簡単に折りたためるうえ、自立するので玄関などにも収納しやすい三輪ベビーカーです。

アップリカ(Aprica) イージー・バギー 2079004

コンパクトカーにもラクに載せられる三輪ベビーカーです。本体サイズは54.3×93.3×108.6cmで、折りたたみ時は54.3×36.3×59.2cm。折りたためば、玄関先に収納しても邪魔になりにくいのが魅力です。

タイヤには空気入れなどの手間がかからず、パンクの心配もないメンテナンスフリータイヤを採用。足もとにはフットブレーキがついており、足でワンプッシュするだけで安全にベビーカーを固定できます。

手もとには小物を入れられるサコッシュ、シート下には大きなカゴが付属。たくさんの荷物も効率よく収納できるのもポイントです。

重量は6.9kgと三輪ベビーカーのなかでは軽く、持ち運びやすいのもポイント。安全基準合格の証であるSGマークつきで、安心して使用できる三輪ベビーカーです。

ジョイー(Joie) 三輪ベビーカー ライトトラックス 41775

座面と背もたれの間にあるボタンを押し、折りたたみハンドルをひっぱるだけで簡単に折りたためる三輪ベビーカーです。折りたたみ時のサイズは54×30×81cm。わずか2秒で折りたためるので、利便性に優れています。

生後1か月~3歳ごろまで使用可能。背もたれは無段階でリクライニングできるため、赤ちゃんの月齢やシーンに合わせて調節できます。シート下には大容量のかごがついており、たくさんの荷物を持ち運ぶ方にもおすすめです。

後輪が24.5cmと大きく、安定感のある使い心地を楽しめるのもポイント。また、後輪にはリンクブレーキがついており、足で踏むだけで手軽にベビーカーを固定できるので安全です。

頭上からだけでなく、側面からの日差しもガードする大型キャノピーつき。幅54cmと、改札も通れるサイズで使い勝手のよい三輪ベビーカーです。

エアバギー(AirBuggy) エアバギー ココ ブレーキEX フロムバース ABFB1007

直径約20cmの大きなタイヤを採用した三輪ベビーカー。エアタイヤは振動や衝撃を和らげるため、段差のある道でもなめらかな走行が可能です。

シートが低めの位置にあるので安定感があり、押し心地がよいのもポイント。また、9.5kgとやや重めですがその分耐久性に優れており、長時間使用してもきしんだりガタついたりすることなく快適に使用できます。

シートには、厚みがあり座り心地のよいコンフォートクッションを採用。背もたれは115°~155°の間で自由にリクライニングできるので、赤ちゃんの月齢やシーンに合わせて使用できます。

上部には足もとまですっぽりと覆える大型キャノピーつき。欧州統一安全規格をクリアしており、安全性にも配慮されたおすすめアイテムです。

コンビ(combi) スルーラー エッグショック LH

片手で開閉ができる三輪ベビーカー。ワンタッチで開閉できるうえ、精密ボールベアリングが搭載されているため片手でも運転しやすく、赤ちゃんを連れていてもスムーズに操作できるのが魅力です。

シートの頭部には、衝撃吸収性に優れた「エッグショック」を使用しており、未熟な赤ちゃんの頭をしっかり守ります。ワイドシートで4歳ごろまで長く愛用できるのもポイントです。

タイヤには直径22cmの大型メンテナンスフリータイヤを採用。また、衝撃や振動を吸収するエッグサスペンションを搭載しているので、凹凸のある道もスムーズに走行できます。また、カラーはシルバーグレーとマンダリンオレンジの2種類。幅55cmで改札などのすき間も通り抜けやすく、使いやすさに配慮された三輪ベビーカーです。

ピジョン(Pigeon) 三輪ベビーカー パルスキップ

ワンタッチ操作でコンパクトに折りたためる三輪ベビーカー。折りたたんだ状態でフロントガードを肩にかけたり、キャリーバッグのように引いたりできるので、持ち運びにも適しています。

タイヤには直径約20cmの大型エアタイヤを使用。太く安定感があり、クッション性に優れているので段差や凹凸のある道もスムーズに走行できます。

生後1ヶ月~3歳ごろまで使用可能。摩擦を減らすボールベアリングを搭載しているため、赤ちゃんが成長して重くなってもスイスイ押せるのも嬉しい点です。

シートの横揺れを防ぐ背もたれパイプや、折りたたんだまま自立する安定自立設計など、機能性に優れているのも魅力。カラーはオリビアネイビー・バネッサレッド・グレイシーグレーの3種類を展開しています。

グレコ(GRACO) 三輪ベビーカー シティトレック 67069

前輪がダブルタイヤになっており、安定感のある使い心地が味わえる三輪ベビーカー。タイヤにはサスペンションつきの大型エアタイヤを採用しており、凹凸のある道や芝生でもスムーズに進めます。

上部には赤ちゃんをすっぽり覆える幌つき。幌の後ろには窓がついており、中の赤ちゃんの様子がチェックできるので安心です。少々の雨なら対応できる撥水加工や、紫外線から赤ちゃんを守るUV加工が施されています。

シートは取り外し可能で汚れたら手洗いできるため衛生的。赤ちゃんの頭と首をサポートするヘッドサポートつきで、まだ首の座らない生後1ヶ月の赤ちゃんから使用できる三輪ベビーカーです。

ハウク(HAUCK) ラピッド3

ドイツのメーカー「ハウク」の三輪ベビーカー。クールなデザインが印象的で、スタイリッシュな三輪ベビーカーを探している方におすすめの製品です。ドイツの安全基準に加え、厳しい独自の安全基準をクリアしているのもポイント。また、新生児~5歳まで、長期間にわたって使用できるのも魅力です。

リリースハンドルをひっぱるだけで折りたためる「ワンハンド・オペレーション」も魅力。スピーディに折りたためるので、電車やバスを頻繁に利用する方にもおすすめです。

ドイツの安全規格をクリアしているのもポイント。また、タイヤにはパンクの心配がないノンエアタイヤを採用しています。UV加工を施したキャノピーや、高さ調節ができるハンドルなど、親子ともに快適に使用できる三輪ベビーカーです。

三輪ベビーカーのAmazonランキングをチェック

三輪ベビーカーのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。