おしゃれなデザインが特徴的な「三輪ベビーカー」。見た目だけでなく、走行性や機能性にも優れているのが特徴で、さまざまなモデルがラインナップされています。

そこで今回は、三輪ベビーカーのメリットやデメリットを詳しく解説。おすすめの製品もご紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

三輪ベビーカーのメリット・デメリット

メリット

By: gracobaby.jp

三輪ベビーカーのメリットは、四輪ベビーカーに比べて走行性が安定していること。ひとつひとつのタイヤが大きいので、ちょっとした段差やデコボコ道でもスイスイと進みます。また、小回りがきくため、曲がりくねった道でもスムーズに走行可能です。

加えて、三輪ベビーカーは走行時の振動が少ないのもポイント。三輪ベビーカーのほとんどはエアタイヤを採用しており、走行時に発生する地面からの振動を吸収します。振動による赤ちゃんへの負担が気になる方にもおすすめです。

さらに、一般的な三輪ベビーカーはシートの下にカゴが付いており、たくさんの荷物を収納可能。赤ちゃんのお世話グッズを入れたり、スーパーの買い物袋を入れたりと、さまざまな使い方ができます。

デメリット

By: amazon.co.jp

三輪ベビーカーのデメリットは、サイズが大きいために場所をとってしまうこと。狭い道などの場合、幅を取ることもあるので注意が必要です。

また、赤ちゃんと向き合って走行できる「対面式タイプ」の製品がほとんどないのもデメリット。対面式タイプのモノを探している場合は、四輪ベビーカーから選ぶのがおすすめです。

三輪ベビーカーの選び方

サイズや重量で選ぶ

By: amazon.co.jp

一般的な三輪ベビーカーの高さは約100~110cm、幅は53~61cmほど。日本の自動改札機の幅は55~60cmが一般的なので、電車での移動が多い方は三輪ベビーカーを購入する前にサイズをしっかり確認しておきましょう。

三輪ベビーカーの重さは、8~10kgほどが目安。安定感がある分、四輪ベビーカーと比較して重い傾向があります。行動範囲内にスロープやエレベーターなどの設備が整っていない場合は、少しでも軽いモノを選ぶのがおすすめです。

車での移動が多い方や、保管場所が限られている方は、折りたたみ時のサイズも重要。折りたたむと幅が半分ほどになるモノもあれば、3分の2程度のモノもあります。あらかじめ保管場所のサイズを測り、適切なタイプを選んでみてください。

タイヤの種類で選ぶ

By: rakuten.co.jp

三輪ベビーカーには大きく分けて2種類のタイヤがあります。まず、最も一般的なのが「エアタイヤ」。場合に応じて空気を充填する必要はありますが、砂利道やデコボコ道などの悪路でもスムーズに走行可能です。

「メンテナンスフリータイヤ」も要チェック。パンクの心配がないことから、「パンクレスタイヤ」とも呼ばれます。エアタイヤと同じ素材を採用していますが、中にスポンジのようなモノが含まれているのが特徴。走行性に優れており、空気を入れる必要がありません。

ブレーキの有無をチェック

By: smooove.jp

重量がある三輪ベビーカーは、ブレーキの有無も重要なチェックポイントのひとつ。特にスピードが出やすい坂道などは、ハンドルブレーキ付きの三輪ベビーカーを選ぶとスピードが調節できるため安心です。

また、動かないように固定するフットブレーキ付きの三輪ベビーカーも多数販売されています。片足で簡単にブレーキをかけられるアイテムは、荷物を持っているときでも操作がしやすいところがポイントです。

ブレーキが付いていないモノもあるため、購入前にしっかりと確認しておきましょう。

手入れのしやすさをチェック

By: amazon.co.jp

衛生面で気になる方には、シートを取り外して洗えるタイプがおすすめです。飲み物などをこぼした際も洗えるため、安心して使用できます。洗濯機で丸洗いできるシートを採用している三輪ベビーカーを選べば、さらに手入れがしやすくおすすめです。

また、シートに防水や防汚加工が施されたモノも販売されています。水分などが付着した際もシートに染み込みにくい仕様であれば、サッと拭き取れるので、清潔に保つことが可能です。

SGマークの有無をチェック

By: amazon.co.jp

SGマークは、日本国内の「一般財団法人製品安全協会」の安全基準を満たしているモノに付けられます。万が一、製品の欠陥などによる事故が発生した場合には、賠償措置を実施することが可能です。

また、ヨーロッパではEN1888が安全性を確認する際の目安として用いられています。より高い安全性を重視する場合は、SGマークや海外の安全基準を満たした三輪ベビーカーを選びましょう。

使用可能な月齢をチェック

By: amazon.co.jp

製品によって使用できる月齢が異なるため、三輪ベビーカーを購入する際は事前に使用可能な月齢を確認しておくことが重要です。生後1ヶ月から使用可能な三輪ベビーカーがほとんどですが、新生児から利用できるモノも販売されています。

一方、生後6カ月ほど経過してから使用可能な三輪ベビーカーもあるため注意しましょう。また、対象年齢が広いベビーカーを選べば、長く活用できます。

三輪ベビーカーのおすすめブランド

アップリカ(Aprica)

By: aprica.jp

1947年、育児器具の開発および販売会社としてスタートした「アップリカ」。ベビーカーをはじめ、チャイルドシートや抱っこひもなど、育児に関わる便利な製品を生み出している会社です。

「赤ちゃんが気持ちよく、楽しくいられる環境づくりのお手伝いをしたい」といった思いから、赤ちゃん医学や育児工学の知識や技術を活用。赤ちゃんの未熟な身体に配慮した製品を開発しています。

ジョイー(Joie)

By: joiebaby.com

イギリスのベビーブランド「ジョイー」。品質がよいのはもちろん、使いやすいシンプルな作りとスマートなデザインが特徴で、スタイリッシュに使えるベビー用品を探している方におすすめのブランドです。

親子が心地よく過ごせるよう、ユーザーの声を反映した製品を作ることにこだわっているのもポイント。また、環境保全への取り組みにも力を入れているのも魅力です。

エアバギー(AirBuggy)

By: amazon.co.jp

2002年に、株式会社GMPインターナショナルにより作られたブランド「エアバギー」。おしゃれなデザインと優れた操作性・耐久性から、多くの方に愛用されています。

三輪ベビーカーとしてだけでなく、ペット用のカートやショッピングカートなど、さまざまな形で使用できるのもエアバギーの大きな特徴。ライフスタイルの変化に合わせて、長く愛用できるモノをラインナップしています。

三輪ベビーカーのおすすめモデル

アップリカ(Aprica) スムーヴ スマートブレーキ AC 三輪ベビーカー 2112193

自動安心ブレーキが搭載された三輪ベビーカーです。生後1ヶ月から使用可能。日本の安全基準を合格したSGマーク付きです。

ハンドルと一体化した操作バーから手が離れると、自動的に車輪がロックされる仕様。ベビーカーが勝手に動き出すのを防ぎます。また、スイッチひとつで自動安心ブレーキモードを解除。通常の三輪ベビーカーと同じ走行モードに切り替えられるところもポイントです。

シートは特許取得の「メディカル成長マモール」を採用しているのもポイント。赤ちゃんの頭と首を安定させ、成長に応じて自然な姿勢を保てます。汚れたら取り外して手洗いができるシートも魅力です。

また、日除けフードは紫外線を99%カットすると謳われるほか、花粉が付きにくい仕様。メンテナンスフリータイヤを採用しており、パンクの心配がなく空気チェックも必要ありません。安定感があり、快適な走行を実現する三輪ベビーカーです。

アップリカ(Aprica) イージー・バギー AB 三輪ベビーカー 2112105

6.9kgと三輪ベビーカーとしては比較的軽量なアイテム。コンパクトに折りたため、収納時に邪魔になりにくいところがポイントです。折りたたんだ際にグリップハンドルが出てくるため、持ち運びもラクに行えます。

また、メンテナンスフリータイヤを採用しており、パンクもせず空気入れの必要がないところも魅力。タイヤには、片方のストッパーを踏むだけで両輪のブレーキがかかるフットブレーキ付きです。

シートには「メディカル成長マモール」を搭載。赤ちゃんを自然な姿勢に保ち、安定した座り心地を実現します。また、窓は大型のホロ付きで、赤ちゃんを見守ることが可能です。

買い物で荷物が多くなってもたっぷり収納できるビッグバスケット付き。さらに、小物を入れるポケットやボトルホルダーが付属しているため、小物の出し入れも簡単にできます。生後1ヶ月から使用できる、軽量な三輪ベビーカーを求める方におすすめです。

ジョイー(Joie) ライトトラックス 3ホイールベビーカー 41775

ワンタッチでサッと折りたためる三輪ベビーカー。イギリスブランドのモノですが、日本の電車や改札も通れる幅約54cmのスリムな設計です。

パンクレスタイヤを採用。さらに、タイヤにサスペンションが付いているため、デコボコ道でも赤ちゃんに振動が伝わりにくいのも嬉しいポイントです。タイヤの後輪にはリンクブレーキが付属しており、ワンステップで両輪のタイヤにブレーキがかかります。

日差しから赤ちゃんを守る大きめのフードもポイントです。厚みのあるシートと無段階リクライニングで、快適な座り心地を実現。また、片手で押せるため、ラクに移動できます。

大容量の収納カゴ付きで、買い物時にも重宝するおすすめのアイテムです。

エアバギー(AirBuggy) ココ ブレーキ フロムバース 三輪ベビーカー

デザイン性を求める方におすすめの三輪ベビーカー。新生児から使用できるアイテムです。路面からの振動や騒音を吸収するエアタイヤを採用しており、段差のある道もスムーズに走行できます。

赤ちゃんが心地よく座れるよう、計算されたシートを搭載。無段階リクライニングで、赤ちゃんの状態に合わせて自由に角度が調節できるのもポイントです。また、幅53.5cmとスリムに設計されているので、改札やエレベーターなど場所を問わず使用できます。

簡単に折りたためて自立するので、収納時も邪魔になりにくい仕様。また、ヨーロッパの厳格な安全基準EN1888-2に適合しているのもポイントです。バスケットが付属しているので、買い物時に重宝します。片手で簡単に押せるため、ラクに移動できるおすすめの三輪ベビーカーです。

グレコ(GRACO) シティトレック 三輪ベビーカー 67068

大型のエアタイヤとサスペンション仕様で、安定感のある走行が可能な三輪ベビーカー。ヨーロッパの安全基準であるEN1888をクリアしています。

ワンタッチで折りたためて自立するため、玄関や収納スペースに置くことが可能。荷物の収納に重宝するカゴのバーを下げれば、買い物カゴごと積み込みできるところもポイントです。

また、フードは雨の日でも安心な撥水・UVカット加工がされています。赤ちゃんの様子が見える窓付きで、専用のレインカバーが付いているのも嬉しいポイント。お出かけが楽しくなるよう設計された三輪ベビーカーです。

コンビ(Combi) スルーラー エッグショック LH 三輪ベビーカー

衝撃吸収素材の「エッグショック」を搭載した三輪ベビーカーです。頭部には卵を落としても割れないと謳われている素材を採用しており、赤ちゃんの頭をしっかりと守ります。

振動を軽減させる「エッグサスペンション」を搭載した大型タイヤで、段差やデコボコ道などでも安定した走行を実現。メンテナンスフリータイヤを採用しているため、空気入れの必要やパンクの心配がないのもポイントです。

広々としたワイドシートにより、4歳ごろまで活用可能。シートは洗濯機で丸洗いできるため、清潔に保てます。また、高性能ながら、7.8kgの軽量設計。ラクに移動しやすい三輪ベビーカーを探している方におすすめです。

ハウク(HAUCK) ラピッド3R 三輪ベビーカー

ドイツの老舗ブランド「ハウク」の三輪ベビーカー。海外仕様の洗練されたデザインが魅力です。

片手で簡単に折りたため、車や玄関への収納に便利。また、ファスナー開閉で2段階展張のフードを、後方部にシースルーウィンドウを採用しているため、走行時も赤ちゃんの様子を確認できます。

新生児から使用できるのも嬉しいポイント。厳しい社内規格のほか、ドイツの安全規格にも合格しており、安全面にこだわって作られています。デザイン性と機能性を持ち合わせたおすすめのアイテムです。

ブリタックスレーマー(Britax Romer) B-AGILE3 三輪ベビーカー

片手で引くだけで簡単に折りたためる三輪ベビーカーです。新生児から4歳頃まで使用可能なため、長く愛用できます。

重量は7.8kgで、軽量のアルミ製フレームを採用。三輪ベビーカーのなかでも比較的軽量なため、持ち運びやすいのが特徴です。シートはリクライニング可能で、月齢の低い赤ちゃんもゆったりと眠れるよう設計されています。

強い日差しに対応できる、UVカット加工されたフードを採用。サンシェード後部は、通気性のよいメッシュ素材なため、赤ちゃんの様子を確認できます。

ネビオ(Nebio) TRILE 三輪ベビーカー BO81085xx

片手で押しやすい三輪ベビーカーです。タイヤが360°回転するので、曲がり角や狭い場所でもターンや移動がラクにできます。前輪は回転ロック、後輪は1ヶ所のストッパーで左右ともにブレーキがかけられる仕様です。

また、シート部分は、最大180°まで倒せる無段階リクライニング仕様。足のせシートは4段階の調節ができ、快適な寝心地を実現します。

安定感がありながら、55cm幅とスリムなので公共の場所でも使いやすいアイテム。2ステップで簡単に折りたためるため、電車などでもスムーズに移動できます。小回りがきき、使いやすい三輪ベビーカーを求める方におすすめです。

クイニー(Quinny) ジャズ 三輪ベビーカー

軽量性とコンパクトさを追求した三輪ベビーカーです。新素材の強化プラスティック「IXEF」を使用しているため、超軽量ながらも耐久性が高いアイテム。セカンドベビーカーとしてもおすすめです。

スムーズな走行が可能なスケーターウィールを採用。また、コンパクトに折りたためて自立するため、収納しやすいのもポイントです。折りたたんだときにサッと肩に掛けられるよう、便利なキャリーストラップも付属しています。

飲み物をこぼした際も汚れが付きにくい、防水防汚加工されたシートを採用。汚れにも強く、軽やかな走行が魅力の三輪ベビーカーです。

三輪ベビーカーのAmazonランキングをチェック

三輪ベビーカーのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。