コンパクトで小回りがきくため、赤ちゃんとのお出かけに便利な「B型ベビーカー」。軽量で持ち運びやすいモデルが多く、電車やバスを利用する機会が多い方にも適しています。

そこで、今回はB型ベビーカーの選び方やおすすめの製品をご紹介。おすすめブランドについてもあわせて解説しているので、B型ベビーカーの購入を予定している方はぜひチェックしてみてください。

B型ベビーカーとは?

By: amazon.co.jp

B型ベビーカーとは、生後7ヶ月〜最長48ヶ月までの乳幼児が対象のベビーカーのことです。コンパクトで機動性に優れ、軽くて持ち運びやすいのが魅力。電車やバスに乗ってお出かけする機会が多い方に適しています。

B型ベビーカーの注意点は、対象月齢を満たしていても一人座りができなければ使えないこと。首や腰がすわらない赤ちゃんを乗せてしまうと、体に大きな負担をかけてしまいます。月齢は目安に過ぎないので、赤ちゃんの成長の様子を見て購入するようにしましょう。

A型ベビーカーとの違い

A型ベビーカーとは、生後1ヶ月〜最長48ヶ月までの乳幼児を対象とするベビーカーのこと。首や腰がすわらない赤ちゃんも使用するため、リクライニング機能が基本的に搭載されています。

また、A型ベビーカーは赤ちゃんに負担をかけないよう頑丈に作られているのもポイント。クッションや骨組みなどがしっかりとしているので、B型ベビーカーよりも重くて大きな製品が多くラインナップされています。

A型ベビーカーについて詳しく知りたい方はこちら

B型ベビーカーのメリット

By: amazon.co.jp

B型ベビーカーの最大の魅力は、機動力に優れていること。曲がりくねったり幅が狭かったりする道もスムーズに進めるので、走行時のストレスを感じにくいのが魅力です。

また、折りたたみ機能を搭載したモノも多くラインナップされています。玄関先や車のトランクなどにすっきりと収納できるため、保管スペースが限られている方におすすめ。片手でも簡単に持てるので、階段の上り下りや電車に乗るときもスムーズです。

B型ベビーカーの選び方

タイプをチェック

軽量タイプ

By: kk-endoh.co.jp

階段・電車・バスをよく利用する方は、軽量タイプがおすすめです。また、A型ベビーカーから乗りかえて、セカンドカーとして使用したい方にも適しています。

子供を抱っこしていても片手で持ちやすいため、階段を利用するときでも便利。車に出し入れすることが多い方にもおすすめです。サイズもコンパクトなモノが多く、電車やバスに乗るときにも適しています。ただし、赤ちゃんの乗り心地や走行性能は、多機能タイプよりも劣る場合もあります。

多機能タイプ

By: amazon.co.jp

赤ちゃんの乗り心地や押しやすさを優先したい方は、多機能タイプがぴったり。快適な広さを持つシートや振動を軽減できるモノ、安定走行をサポートするサスペンションなど、多彩な機能を持つモデルが揃っています。

フレームが丈夫なモデルも多いため、車体が不安定になりにくいのもポイントです。また、少しの段差でも力をかけやすいのもメリット。ただし、本体重量が重くなりやすいのがデメリットです。

シートの高さをチェック

By: amazon.co.jp

赤ちゃんの快適さと安全性を考慮するなら、シートの高さも重要なポイントです。ベビーカーに乗った赤ちゃんは、地面からの熱やホコリ、排気ガスなどさまざまなモノにさらされています。赤ちゃんの健康を守るためにも、なるべくシートが高いモノをチェックしてみてください。

B型ベビーカーのシートにはさまざまな高さがありますが、おすすめは50cm以上の高さがあるモノ。赤ちゃんが受ける熱などの影響を和らげるだけでなく、赤ちゃんの乗せ降ろしもスムーズにできます。

タイヤのタイプをチェック

シングルタイヤ

By: cybex-online.com

シングルタイヤは、操作性に優れています。車輪が1つなので地面との接地面が少なく、押した方向にタイヤが方向転換しやすいのが特徴。改札やショップ内などの狭い道でも、スムーズに移動できます。

また、凸凹道でも大きな音がしにくいのもポイント。タイヤの走行音を抑えてくれます。サイベックスやピジョンは、シングルタイヤのラインナップを豊富に採用しているメーカー。なめらかな走行性能を求めている方はチェックしてみてください。

ダブルタイヤ

ダブルタイヤは、安定感に優れています。車輪が2つあるので地面との接地点が多く、小石がある路面でも安定走行が可能。赤ちゃんにとっても揺れが少なく、乗り心地がよいのが特徴です。

道路のすき間に、はまりにくいのもポイント。石畳の道路でもすき間にはまりにくく、はまってしまっても車体が大きく傾いたりしにくいので安心です。アップリカやコンビなどのメーカーは、ダブルタイヤを多くのベビーカーに採用しています。安心・安全性に配慮されたベビーカーを探している方におすすめです。

リクライニング機能の有無をチェック

リクライニング機能の有無もしっかりと確認しておきたいところ。リクライニング機能を備えたモノであれば、赤ちゃんもより快適に過ごしやすいのでおすすめです。

なお、A型とは異なり、B型ベビーカーにはリクライニングが付いていない製品もあるため注意が必要。また、リクライニング角度も製品によって異なるのでしっかりチェックしておきましょう。

シート下にあるカゴの容量をチェック

By: amzas.shop

赤ちゃんとのお出かけには、オムツや着替え、ミルクなど、たくさんのアイテムが必要になります。大量の荷物をベビーカー内に収納できると、手荷物が少なくなるので便利です。

そこでチェックしたいのが、シート下にあるカゴの容量。一般的なB型ベビーカーはA型よりもカゴが小さめですが、なかには20〜30Lの大容量タイプもあります。ベビーカーを選ぶ際は、収納容量も確認してみてください。

子供を守る機能があると安心

熱中症対策のサンシェード

By: amazon.co.jp

体温をうまく調節できない赤ちゃんは、大人よりも熱中症になりやすいといわれています。そこでチェックしたいのが、サンシェードの機能。日差しの向きに合わせて角度が調節できたり、紫外線カット加工が施されたりしているモノだと、より涼しく過ごしやすいのでおすすめです。

また、天面にのぞき窓があるかどうかも要チェック。ベビーカーを押しながら赤ちゃんの様子を確認できるため便利です。

衝撃吸収素材

By: cybex-online.com

地面からの衝撃を緩和するためには、タイヤにサスペンションが搭載されているモノがおすすめ。タイヤに内蔵されたコイルスプリングが衝撃を吸収し、赤ちゃんに伝わる振動を軽減します。

また、ベビーカーにクッションが内蔵されているかどうかも確認しておきたいところ。クッションが衝撃を吸収するだけでなく、体全体を支えて快適な姿勢をサポートします。

デザインをチェック

By: amazon.co.jp

形や色柄など好みのデザインで、ベビーカーを選ぶのもおすすめです。ベビーカーは種類が豊富で、さまざまなタイプがあるため、自分好みのモノを選ぶ楽しさがあります。シートカラーが豊富な製品もあるので、合わせてチェックしてみてください。

また、海外メーカー製もシンプルなモノからカラフルなモノまで、デザイン性に優れた製品が豊富です。住環境やお出かけスタイルに合うデザインのベビーカーを選んでみてください。

安全性をチェック

赤ちゃんの安全を重視したい方は、SGマークが付いているベビーカーがおすすめ。SGマークとは、製品の安全基準・製品認証・賠償制度が一体になった製品安全協会の認定基準をクリアした製品に付けられている認証マークです。

日本ではA型・B型問わず、すべてのベビーカーの安全性能について、厳しい基準を定めています。合格したベビーカーにはSGマークが付いているため、購入する際に確認しましょう。

また、ベビーカーには振動を抑える機能や頭や首を無理なく安定させるシート構造など、赤ちゃんを守るさまざまな安全性能が搭載されたモノもあります。気になる方は、赤ちゃんに安心な機能もチェックしてみてください。

B型ベビーカーのおすすめブランド

サイベックス(cybex)

サイベックスはベビーカーのほかにも、都市のライフスタイルに適応するカーシート・ベビーキャリア・子供用家具を提供している人気のブランドです。品質・デザイン・機能性に優れた商品開発に取り組んでいます。

ベビーカーはシングルタイヤを採用した製品が多く、小さく折りたためて便利な機能「ウルトラコンパクト」や、赤ちゃんの快適性を守る機能が充実しています。利便性だけでなく、デザイン性や高級感のあるベビーカーを探している方におすすめです。

アップリカ(Aprica)

アップリカは、ベビー用品を製造・販売するメーカーとして1947年に大阪で創業。創業当時から小児科医などの専門家と連携をとり「赤ちゃんのための育成器具づくり」を目指しています。

アップリカのベビーカーの特徴は、赤ちゃんを守るための安全機能が充実していること。振動を軽減する「すくすくッション設計」や、ハイシート仕様の製品が充実しています。使いやすさだけでなく、赤ちゃんの健康にも留意したい方はチェックしてみてください。

ピジョン(PIGEON)

By: pigeon.co.jp

1957年に哺乳器の製造・販売を行う会社として誕生したメーカー。赤ちゃんの成長メカニズムを長年にわたり研究し、膨大なデータを有しているのが強みです。現在では、哺乳器のみならずベビーフードやスキンケア用品など、さまざまなアイテムを取り扱っています。

ベビーカーに関しては、スムーズに進みやすいシングルタイヤ製品や、3kg台の軽量ベビーカーなどをラインナップ。使い勝手のよさにこだわりたい方におすすめです。

コンビ(Combi)

コンビは、アップリカ・ピジョンと並ぶ国内大手ベビー用品ブランド。試験や研究を繰り返し、赤ちゃんが安全に使える高品質な製品を生み出しています。

コンビのB型ベビーカーは、機能性はもちろん、折りたたみやすさやコンパクトさなど使い勝手に配慮されているのが特徴。赤ちゃんだけでなく、保護者も快適に使えるアイテムを探している方におすすめです。

B型ベビーカーのおすすめモデル|軽量・コンパクト

アップリカ(Aprica) マジカルエアー AG

重さ3.2kgの軽量タイプのB型ベビーカーです。軽くてコンパクトなため、持ち運びやすいのが特徴。製品安全協会B形SG基準に合格しています。

つなぎ目を溶接してぐらつきを抑えた「がっちりフレーム」と4つの車輪すべてに搭載した「やわらかサスペンション」を採用。ぐらつきにくく振動を吸収するため、ベビーカーを押しやすいのが魅力です。

日差しから赤ちゃんを守る大きなサンシェードを備えているのもポイント。サンシェードとシートの間には赤ちゃんが見えるメッシュウィンドウを採用しているため、ベビーカーを押しながら子供の様子を確認できます。

リクライニングの角度は124~150°まで調節が可能。前からも出し入れできる24.7Lのカゴも備えており、シートは簡単に取り外して洗えます。赤ちゃんにやさしい機能を豊富に備えたB型ベビーカーを探している方におすすめです。

アップリカ(Aprica) マジカルエアークッション AD

重さ3.8kgの軽量でコンパクトなB型ベビーカーです。片手でワンタッチ開閉ができるのが特徴。いつでも簡単に素早く準備ができます。ベルトはスピーディーに着脱しやすいマグネット式を採用。いつでも簡単に装着できるので重宝します。

タイヤは溝にはまりにくく安定感に優れるダブルタイヤ。直径が約14cmと大きめなサイズのため、段差を乗り越えやすいのが魅力です。また、座面の下にスプリングのようなクッションを搭載。赤ちゃんに伝わる振動を吸収するとされています。

地面からシートまでの高さは51cmあるので、熱やホコリから赤ちゃんを守りやすいのも魅力のひとつ。大容量26.7Lのカゴも付属しているため、荷物をたくさん収納できるB型ベビーカーを探している方にもおすすめです。

サイベックス(cybex) リベル

コンパクトに折りたためるB型ベビーカーです。折りたたんだ状態のサイズは、幅32×奥行き20×高さ48cm。高さも幅もコンパクトになるため、持ち運びやすいのが特徴です。折りたたんだ状態で自立するのもポイントです。

前輪にはサスペンションを搭載。振動を吸収し段差も乗り越えやすいため、赤ちゃんへの負担が軽減します。シート幅と背もたれの高さは、体重22kgまで使える快適なサイズ。子供が成長しても無理なく使えます。

リクライニングの角度は、110~130°まで調節可能。足をサポートするためのレッグレストも備えています。カラーバリエーションは、ビーチブルー・ムーンブラック・ラバグレーなど豊富なラインナップ。収納時のコンパクト性やおしゃれなベビーカーを選びたい方におすすめのB型ベビーカーです。

ピジョン(Pigeon) ピジョン ビングル BB2

片手で折りたためるB型ベビーカーです。3.9kgと軽量なため、移動中の電車やバスでも素早くコンパクトにできるのが特徴。折りたたんでも自立するため、玄関や車のトランクに収納するときにも便利です。

溝やすき間にはまりにくく、段差も乗り越えやすい太くて大型のシングルタイヤを採用。サスペンションと精密なボールベアリングを搭載しているため、振動を緩和しスムーズな走行を実現します。

インナーシートを取り外して、メッシュシートのみで乗れるのもポイント。通気性がアップするので、蒸し暑い時期でも快適です。インナーシートは丸洗いができるため、いつでも清潔に保てます。

シートは地面から53cmの高さにあるハイポジション設計。熱やホコリから赤ちゃんを守り、乗せ降ろしも楽にできます。SG基準にも適合しているおすすめのB型ベビーカーです。

コンビネクスト(Combi) Acbee JM

シートを取り外して丸ごと洗えるB型ベビーカーです。ホコリがたまりやすいシート側面も一体化しているため、汚れても安心。付け外しもしやすく、乾きやすさにこだわったフルウォッシャブルシートです。

直径16cmの大きな前輪ダブルタイヤとソフトサスペンションを採用しているのもポイント。段差や凸凹の多い道でも、衝撃を吸収してスムーズに走行できます。

5点式シートベルトや容量20.8Lの大型バスケットも搭載。50cmのハイシートは、赤ちゃんを地熱やホコリから遠ざけます。3.6kgの軽量ボディも魅力のひとつ。機能が豊富なうえ、シートを丸ごと洗えるB型ベビーカーです。

西松屋チェーン バギーfanロングプラス

2016年にグッドデザイン賞を受賞したB型ベビーカーです。背面パイプをカーブさせた「指はさみ防止フレーム」を搭載。折りたたむときに指をはさまないように配慮されています。蒸れやすいシート部分には、着脱ができるメッシュシートを採用。通気性がよいため、暑い時期でも快適に乗れます。

本体下部には、後ろから出し入れしやすい最大積載量5kgの収納カゴを付属。大きく広がるサンシェードも付いているため、紫外線から赤ちゃんを守ります。コストパフォーマンスがよいB型ベビーカーを探している方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) アルミバギー

本体の重さが約3.8kgの軽量B型ベビーカーです。前輪を持ち上げるだけで折りたためる仕様。後輪をロックすれば壁に立てかけられるため、玄関先でもコンパクトに収納できます。

取り外せる大きなサンシェードが付いているのもポイント。サンシェードの天面にはメッシュ窓が施されているので、ベビーカーを押しながら赤ちゃんの様子を確認できます。

肩・腰・股を固定して転落を防止する5点式のシートベルトを採用。ベルトの長さは調節できるため、成長に合わせて使用できます。手軽に使えるセカンドカーを探している方におすすめのB型ベビーカーです。

クールキッズ(COOL KIDS) CKバギーBKシリーズ

本体の重さが2.85kgと軽量タイプのB型ベビーカーです。ショルダーストラップが付いているのが特徴。ワンタッチで折りたたんだ後は、肩にかけて持ち運べます。

3点式シートベルトではなく、5点式を採用。体にかかる負担を分散し、転落を防止するので安心です。サンシェードは取り外し可能。前輪サスペンションや後輪ストッパーも備えているので、軽量かつ安心して使えるB型ベビーカーです。

日本トイザらス ベビーバギー レッドスター

リーズナブルな価格が魅力のB型ベビーカーです。大きなサンシェードが日差しを広い範囲でカット。また、5点式のシートベルトや開閉時の指はさみを防止する機能も備え付けられています。

タイヤはダブルタイヤで、直径12.5cm×幅3cm。安定感があると謳われています。ハンドルに柔らかい素材を使用しているのも魅力のひとつ。価格が安く、使いやすさに配慮されたB型ベビーカーを探している方にぴったりです。

ヤトミ(YATOMI) スムースバギー

シンプルでスタイリッシュなデザインが魅力のB型ベビーカーです。専用のシートマットは取り外し可能。メッシュ生地を使用しているため、通気性がよく蒸れにくいのがポイントです。

カラーは、バイオレット・ナイトブルー・グレーの3つをラインナップ。後輪にロック機能が付いているので、折りたたんだ状態で壁に立てかけられます。シンプルで使い勝手のよいB型ベビーカーを探している方におすすめです。

花岡商店(Hanaoka) ココロン コンパクト

ワンタッチで折りたためるコンパクトなB型ベビーカーです。簡単に開閉ができる自立設計。車のトランクにも手軽に収納できます。ショルダーベルトが付いているため、持ち運びやすいのもうれしいポイント。移動が多い方にぴったりです。

5点式のシートベルトも採用。シート下には、荷物を収納できるバスケットも付属されています。スムーズに収納したり、持ち運んだりできるB型ベビーカーを探している方におすすめです。

B型ベビーカーのおすすめモデル|多機能

サイベックス(cybex) Eezy S B2

片手でリクライニングの角度を調節できるB型ベビーカーです。角度は121~136°まで調節可能。リクライニング以外に、レッグレストの角度調節もできます。

三つ折りにして収納できるのもポイントです。折りたたみサイズは、幅45×奥行35×高さ59cm。自立も可能なため、自宅や外出先でも収納しやすいのが魅力です。

ホイールに搭載された「オールホイールサスペンション」により、走行時の振動を吸収。快適な乗り心地を実現しています。実用性の高い機能を豊富に備えているB型ベビーカーを探している方にぴったりです。

リッチェル(Richell) カルガルー CT

ハイシートで重さが2.8kgの、軽量B型ベビーカーです。幅と奥行きが広いシートを採用しているため、赤ちゃんが疲れにくいと謳われています。シートの位置は地面から51cm。熱やホコリから赤ちゃんを守るとされています。

リクライニング角度は、110~130°の間で無段階調節が可能。肩・腰・股を固定できる5点式シートベルトも搭載しており、ワンプッシュで素早く取り外せるのがポイントです。また、片手で押せる一体型ハンドルも魅力のひとつ。ハンドルに付いているボタンを押すだけで開閉ができるうえ、開閉時は自動でロックされます。

容量18Lのバスケット付きで、間口が広く荷物の出し入れがしやすいのも特徴。赤ちゃんの様子が確認できる天面のメッシュ窓も搭載しており、安心して使える機能と快適さを併せ持つB型ベビーカーを探している方におすすめです。

リッチェル(Richell) リベラルーチェ

容量30Lのワイドバスケットが付いたB型ベビーカーです。間口が広いため、荷物の出し入れがしやすいのが特徴。シートは4歳ごろまで使用できるワイドシートを採用しています。全ての車輪に振動を和らげるサスペンション付き。前輪の旋回ロック機能により、安定した直進走行が可能です。

また、自立スタンドが付いており壁がなくても折りたたんで立てられます。ショルダーストラップが備え付けられているので、荷物が多いときでも両手が使えるのも魅力です。シートカバーを外すとメッシュシートになり、可動式の大きなサンシェードや50cmのハイシートも搭載。使いやすさと機能性に優れたB型ベビーカーです。

花岡商店(Hanaoka) ココロン セカンド

ベルトを引っ張るだけで、簡単に折りたためるB型ベビーカーです。折りたたみ時のサイズは、奥行26×幅52×高さ76cm。コンパクトで自立も可能なため、持ち運びや収納に優れています。日差しが入りにくい大型サンシェードも魅力のひとつです。

また、5点式シートベルトや130°のリクライニングを採用しているのもポイント。5kgまで荷物を収納できるカゴも付いており、荷物が多い方にぴったりです。約4才ごろまで使用可能とされており、使いやすさにこだわった長く使えるB型ベビーカーを選びたい方におすすめです。

B型ベビーカーのおすすめモデル|おしゃれ

コンビネクスト(Combi) F2 Limited AF

人混みや狭い場所でも片手で操作しやすい「ワンハンドグリップ」を採用したB型ベビーカーです。ハンドルから前輪まで一直線につながったフレーム設計が特徴。押しやすさとスタイリッシュなデザインを実現しています。

51cmのハイシートは地熱やホコリから赤ちゃんを守るとされています。また、高い位置にあるハンドルもポイント。前屈みにならずに背筋を伸ばして使用できます。また、タイヤには足で踏むだけでブレーキをオンオフできる「左右連動ブレーキ」を搭載。サスペンションもすべての車輪に備えているため、振動を抑えてスムーズに走行できます。

シンプルなデザインのホイールキャップも付いているほか、脱着可能なシートライナーはメッシュシートにもなるので、暑い時期にも適しています。おしゃれなデザインと快適機能に優れたB型ベビーカーを探している方におすすめです。

ジープ(Jeep) アドベンチャー

4WD車の代表格と謳われるJEEPブランドのB型ベビーカーです。大型タイヤを使用しており、前輪には「ロック機能」や「3Dサスペンション」を搭載。路面の振動を吸収するとされています。また、折りたたみ時はA4サイズのスペースに自立できるのもポイントです。

ショルダーストラップ付きなので持ち運びが多い方にぴったり。5点式シートベルトや容量9Lのバスケットも付属しています。人目を引くおしゃれなデザインと安定した走行が魅力のB型ベビーカーです。

ジープ(Jeep) アドベンチャープラス

自動車メーカーならではの安定性のある大きなタイヤが魅力の、海外製B型ベビーカーです。本体は、指はさみ防止機能が付いた安心設計。前輪には直進走行をサポートするロック機能が付いており、凸凹道や踏切でも安定した走行が可能と謳われています。

使用時のサイズは奥行85×幅47×高さ104cm、折りたたみ時のサイズは奥行31×幅25×高さ111cmでショルダーストラップ付きです。カラーバリエーションは、ブラック・ホワイト・レッド・ゴビの4種類。人気自動車メーカーが手掛ける、特別感のあるB型ベビーカーを使用したい方におすすめです。

クイニー(Quinny) YEZZ ジャズ

個性的なデザインとコンパクトさが魅力のB型ベビーカーです。フレームは軽量でありながら、剛性を兼ね揃えた「強化プラスチック」を採用。高性能ベアリングを搭載したスケーターウィールで、滑らかな走り心地を実現しています。飲み物などをこぼしても汚れにくい、防水・防汚シートも魅力のひとつです。

ハンドルのボタンを押して、足でレバーを押すだけで折りたためるのもポイント。シートカラーは、ボールドブルー・ネオンフロスト・グレーロード・ボールドベリーのラインナップがあります。めずらしいデザインと使いやすさを重視したい方におすすめのB型ベビーカーです。