双子の赤ちゃんがいる家庭には欠かせない「双子用ベビーカー」。国内外のブランドから数多くの双子用ベビーカーが販売されていますが、製品によってデザインやサイズ、機能性などが大きく異なるため、どれを購入すればよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、双子用ベビーカーのおすすめモデルをご紹介。双子用ならではの選び方もあわせて解説するので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

双子用ベビーカーの種類

縦型

By: amazon.co.jp

縦型は赤ちゃん2人を前後に並べて座らせるので、車幅が一般的なベビーカーと同等で狭い通路も楽に通れます。駅の改札もスムーズに通りやすいため、電車などの公共交通機関を多用する方におすすめ。1人だけベビーカーに乗せてもう1人と手をつないで歩くことも可能です。

ただし、縦型は長さがあり目線の先が見えにくいため、注意深く移動させる必要があります。細い道の急な曲がり角を通れないこともあるので、購入前に自宅周りをチェックしておきましょう。また、後部座席は視界が狭いため、赤ちゃんがどちらに座るかでもめることもあります。交代で座るように言い聞かせるなどの工夫が必要です。

横型

By: amazon.co.jp

横型は赤ちゃん2人が並んで座るタイプ。上から覗くと2人の表情が見えるので、目が離せない新生児期におすすめです。正面から2人同時に汗を拭いたりドリンクを飲ませたりしやすいのもメリット。座面下の荷物カゴも大きく、ミルクや紙オムツがたっぷり入ります。シートごとにリクライニングできるモノは、1人だけ寝てしまったときに便利です。

デメリットは、横幅が広く狭い道や通路を通りにくい点。狭いスーパーやコンビニなどに入るとほかの方の邪魔になることもあるため、大型店を利用する際の使用に限られる可能性があります。また、本体重量が9~15kg前後と縦型よりもやや重いので、留意しておきましょう。

双子用ベビーカーの選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

縦型タイプは奥行きを、横型タイプは横幅のサイズを確認しましょう。縦型タイプの場合には、奥行き100cm以下のモデルがおすすめです。前の座席に座っている赤ちゃんの様子が見えやすいのに加え、小さなエレベーターの中などにも車体が入る場合が多くあります。

横型タイプを購入する場合には、自宅の玄関やマンションの通路、エレベーターなどの幅をあらかじめチェックしておくことが大切です。玄関ドアの幅は79cm、エレベーターの幅は80cm、駅の改札の幅は55~60cmが一般的なので、これよりもややスリムな幅のモノを選んでおけばスムーズに通り抜けられます。

また、折りたたみ時のサイズもあわせて確認しましょう。コンパクトに折りたためるモノは玄関先に置いても邪魔になりにくく、持ち運びや収納にも便利です。

重量で選ぶ

By: amazon.co.jp

双子用ベビーカーはサイズが大きいため、重量も重くなりがち。しかし、あまりにも重いモノは取り扱いに苦労するため、重量も忘れずに確認しておきましょう。縦型タイプと横型タイプでは重量が異なり、縦型は9〜15kg前後が一般的です。

横型の場合は、5〜14kg程度と製品によって大きく差がありますが、基本的には縦型よりも軽量なモノが多いといえます。なお、重量は本体の安定性や操作性にも関係してくるため、安全性も考慮して選んでみてください。

安定性で選ぶ

By: amazon.co.jp

ベビーカーでのお出かけを安全に楽しむためには、赤ちゃんの乗せ降ろしや走行時の安定性も要チェックです。どのようなタイヤを搭載しているかにより、ベビーカーの安定性は大きく左右されます。

大径が15cm前後の大型タイヤを選んでおくと、ベビーカー本体がぐらつきにくいので安心。また、小型タイヤでも衝撃吸収性に優れていたり、地面との接地点が多い「ダブルタイヤ」を採用していたりするモノも販売されています。安定性を重視したい方は、タイヤの大きさや数、種類などをしっかりと確認しておきましょう。

双子用ベビーカーのおすすめブランド

コンビ(Combi)

By: amazon.co.jp

「赤ちゃんを育てることが、楽しく幸せだと思える社会をつくる」をブランドビジョンとして、さまざまなベビー用品を開発・販売している「コンビ」。赤ちゃんの命を守るため念入りな安全確認を行っており、高い安全性と品質を保っているのが魅力です。

コンビのベビーカーは、タイヤにサスペンションが搭載されているなど、子供への安全性や乗り心地を重視しているのが特徴。赤ちゃんに負担のかかりにくいベビーカーを探している方におすすめのメーカーです。

エアバギー(AIRBUGGY)

By: buggybuggy.jp

大きなタイヤの3輪ベビーカーでおなじみのエアバギー。株式会社GMPインターナショナルによって作られた日本発のベビーカーブランドです。

振動を吸収するエアチューブタイヤや、安定感のある三角構造など、子供にとっても親にとっても使い心地のよい製品を開発しているのがエアバギーの魅力。安全に長く愛用できるベビーカーを探している方におすすめのメーカーです。

双子用ベビーカーのおすすめ|縦型

カトージ(KATOJI) ベビーカー 二人でゴーDX 41000

低月齢から長く愛用できるのが特徴の双子用ベビーカー。前席は4か月から体重18kgまで使用可能で、後席は1か月から体重20kgまで対応可能です。小さな子供2人を連れてのお出かけが楽になります。

後席の背もたれシートは取り外せるので、座って使用するタンデムモード以外に、立って使用するスタンディングモードや、乗り降りしやすいキッズシートモードでも使用可能。子供の成長に合わせて便利に使えます。

前席は2段階、後席は無段階でのリクライニングが可能。後席はほぼフラットまで倒せるため、子供が眠くなったときにも重宝します。安定感のあるダブルタイヤで、全輪にサスペンションがついているので子供に振動が伝わりにくいのも嬉しいポイントです。

下部にはお出かけ時に必要なモノがたくさん入れられる大容量の荷物入れつき。ハンドル部分にも、小物入れやドリンクホルダーなどがついており、便利に使える双子用ベビーカーです。

ジョイー(Joie) 二人乗りベビーカー エヴァライトデュオ 41942

幅57cmとスリムで、改札や玄関ドアなど狭いすき間も通りやすい双子用ベビーカー。フレームにはアルミを使用しているため、10.1kgと比較的軽量で扱いやすいのも嬉しいポイントです。

前席は6か月~3歳頃まで、後席は1か月~3歳頃まで使用可能。また、前席は3段階、後席は無段階でリクライニングできるので、子供の様子に合わせて調節できます。

後席に対応しているベビーシートをドッキングできるトラベルシステムを搭載しているのも特徴。赤ちゃんが車で寝てしまっても、そのままベビーカーに乗せられるので旅行や移動の際に重宝します。

前輪は18cm、後輪は20.5cmと大きなシングルタイヤを使用しており、取り回しやすいのも魅力。大きな収納カゴもついており、使い勝手のよい双子用ベビーカーです。

besrey 2人乗りベビーカー

前席は7か月~3歳まで、後席は1か月~3歳まで使用できる双子用ベビーカー。強い日差しから赤ちゃんを守る大きな幌がついています。なお、幌は3段階で開き具合を調節できるうえ、不要なときには取り外せるのも魅力です。

前輪には安定感に優れたダブルタイヤを使用。さらに、360°回転するので小回りが利き、取り回しやすいのもポイントです。ブレーキは連動ブレーキを搭載しているため、簡単に片足で操作できます。

ハンドルにはボトルラックがついていたり、下部にはオムツや着替えなどお出かけ時に必要なモノがたくさん入れられる大容量の収納カゴがついていたりと、便利に使える双子用ベビーカーです。

日本育児 kinderwagon DUOシティHOPII

小回りが利きやすい双子用ベビーカーです。幅52×奥行92cmとコンパクトなサイズ感。改札などの狭いすき間を通ったり、角を曲がったりといった操作がスムーズにできるのが魅力です。

前席は6か月~3歳、後席は3か月~3歳まで使用可能。後席の位置が高くなっているため、後ろの子供も景色がよく見えるのがポイントです。幌も高い位置についており、後ろの子供の視界を妨げにくいように工夫されています。

安定感のある使い心地が味わえるダブルタイヤを使用。ふらつきにくく、細い溝なども乗り越えやすいので比較的安心して使えます。折りたたむとコンパクトになり、収納しやすいうえ車のトランクにも積みやすいのがポイントです。

カラーはグレーデニムやブラックなどを展開。下部には容量12.5Lの収納カゴがついており、お出かけ時にも重宝する双子用ベビーカーです。

HSRG ベビーカー 双子用

赤ちゃんを向かい合わせに乗せられる、ユニークな双子用ベビーカー。どちらの席もフラットにリクライニングできるため、赤ちゃんが眠くなったときにもゆったりと寝かせられるのが特徴です。

フレームには耐久性に優れ、水やサビにも強いステンレスを使用。シートの間にはフードトレイやドリンクホルダーをつけられるため、移動中におやつを食べたり水分補給をしたりするのにも重宝します。

本製品には赤ちゃんを日差しやホコリから守る大きな幌つき。さらに、下部には大容量の収納カゴがついており、たくさんの荷物を入れておけます。使用しないときにはベビーカーをコンパクトに折りたためるため、収納に場所をとりにくいのもポイントです。

双子用ベビーカーのおすすめ|横型

コンビ(Combi) ベビーカー ツインスピンGC

赤ちゃんの視野が広がるうえ、乗せたり下ろしたりしやすいハイシートタイプの双子用ベビーカー。フレーム構造がしっかりしており、段差がある道でもスムーズに操作できるのが魅力です。

安定性や振動吸収性に優れた大型車輪を使用しているのも特徴。6輪すべてにソフトサスペンションが搭載されており、赤ちゃんに振動が伝わりにくいため安心して使用できます。

1か月~3歳ごろまで使用可能。シートはそれぞれ独立しており、それぞれ好きな角度にリクライニングできるため子供に合わせて角度を調節できます。

使わないときにはコンパクトに収納できる3つ折りタイプ。収納スペースをとりにくいので、玄関先のスペースがあまり広くない方にもおすすめの製品です。

エアバギー(AIRBUGGY) ココ ダブル エクストラ フロムバース ABFB5005

直径約20cmの大きなタイヤで安定感のある使い心地が味わえる双子用ベビーカー。空気が中に入っているエアチューブタイヤなので振動を吸収するうえ、ベアリングが入っているので小回りが利きやすく便利です。

新生児から4歳頃まで長く愛用できるため、途中で買い替える必要がないのも特徴。シートは独立しているので、子供一人一人に合わせて角度を調節できます。

大きなフードがついているため、赤ちゃんを紫外線やホコリから守れるのもポイント。後ろのカバーを開けるとメッシュになっており、心地よい風が通り抜けるため汗かきの赤ちゃんも比較的快適に過ごせます。

シート部分には柔らかなエアメッシュクッションを使用。汚れたら取り外して洗濯もできるため、いつも清潔に使用できます。

グレコ(GRACO) デュオスポーツ 67048

子供を抱っこしていても、片手と片足でスムーズに折りたたみができる双子用ベビーカー。下部には容量35Lの収納カゴがあり、買い物カゴと同じくらいにたくさんの荷物を入れられるのが特徴です。

1か月から3歳ごろまで使用可能。シートは独立しているため、背もたれの角度を自由に調節できます。幅3.5×直径15cmの大きなタイヤを使用しており、安定感のある使い心地もポイントです。

しっかりした構造のアルミフレームで操作しやすいのもメリット。左右連動式のストッパーもついており、使い勝手のよいアイテムです。

ジョイー(Joie) ベビーカー エアツイン 41116

インナークッションが2色のリバーシブルになっているのが特徴の双子用ベビーカー。好きな色で統一したり、ツートンカラーにしたりと気分に合わせて使用できます。なお、汚れたら簡単に取り外して洗えるので、いつも清潔に使えるのが魅力です。

1か月~3歳頃まで使用可能。シートは独立しており、それぞれ背もたれを好きな角度に調節できるので、子供一人一人に合わせた使い方ができるのも嬉しいポイントです。

使用しないときには片手で簡単に折りたためるのも特徴。キャノピーの上部には赤ちゃんの様子が見えやすい窓がついていたり、足もとには操作しやすいフットブレーキがついていたりと使い勝手のよい製品です。

エンドー COOL KIDS CKバギーツイン

重量4.95kgと軽いのが魅力の双子用ベビーカー。7か月~2歳頃まで使用可能で、取り回しやすいベビーカーを探している方におすすめです。折りたたむとコンパクトになるため狭い玄関でも収納しやすく、車のトランクにも積み込めます。

前輪にはサスペンションがついており、子供に振動が伝わりにくいのもポイント。子供をしっかりとホールドする5点式ベルトやタイヤロックがついており、比較的安全に使用できます。

持ちやすいソフトグリップや、持ち運びに便利なショルダーベルトがついているのも便利。カラーはレッドとブラックの2種類展開です。

双子用ベビーカーの売れ筋ランキングをチェック

双子用ベビーカーのランキングをチェックしたい方はこちら。