小さな子供と出かける際に役立つ「ベビーバギー」。B型をさらに軽量化したベビーカーであり、歩きはじめた子供を乗せるのに適しています。ただし、さまざまな機能を備えたモデルが発売されており、はじめて購入する際は迷ってしまうケースも少なくありません。

そこで今回は、おすすめのベビーバギーをピックアップ。あわせて選び方も解説するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

ベビーバギーとは?

ベビーカーには大きく分けてA型・B型・ベビーバギーの3種類があります。新生児から成長してしっかり座れるようになるとA型からB型に乗り換えるのが一般的ですが、B型をさらに軽量コンパクト化したタイプがベビーバギーです。

小さく折りたためて軽く、持ち運びやすいのが最大の特徴。子供が歩きはじめるようなって、常時座りっぱなしにならなくなった頃に重宝します。とくに、ベビーカーから降りて歩きたがる機会が増えると便利。片手で持てる程度のモデルも発売されており、公共交通機関での移動や車への積み下ろしの際に活躍します。

くわえて、ベビーカーのなかでも比較的手頃な価格帯のモデルが多いのも魅力です。ただし、B型として発売されているモデルと絶対的な違いがなく、定義にあいまいな部分がある点に留意しておきましょう。

ベビーバギーの選び方

持ち運びやすさをチェック

By: amazon.co.jp

子供が歩きたがるようになると、簡単に持ち運びやすいベビーバギーが便利です。子供と手をつないだまま片手で持つようなシチュエーションに備えて、まずは重さをチェックしておきましょう。3~4kg前後の軽量モデルなら、駅の階段で子供を抱えて上り下りする機会が多い場合などに役立ちます。

コンパクトに収納して持ち運べるかも重要。公共交通機関では邪魔になるケースもあり、なるべくコンパクトに収納できるモデルがおすすめです。傘のように細長い状態で収納できるスティックタイプなら、邪魔になりにくく保管時も重宝します。

なかには、ショルダーストラップ付きで肩掛けできる便利なモデルも発売されているのでチェックしてみてください。

開閉のしやすさをチェック

By: amazon.co.jp

子供が歩きたがったり、長距離を移動したりする場合には開閉しやすいベビーバギーがおすすめです。なかでも、ボタンを押してワンタッチで開閉できるモデルに注目。子供を抱えたままでも開閉しやすく、子供が急にくずって下ろさなければならないようなシーンで役立ちます。電車やバス内が混雑しているときに、さっとすばやく折りたためると便利です。

ベビーバギーを閉じた際に自立できるかも要チェック。外出先で手を離せないようなシーンで簡単に開閉しやすく、少しの間その場所に置いておきたい場合にも重宝します。

対応年齢と耐荷重をチェック

ベビーバギーを安心して使い続けるためにも、何歳ぐらいまで使用できるのか対応年齢をチェックしておきましょう。子供はある程度成長してもベビーカーに座りたがる場合があり、長く使用できるモデルが便利。お出かけで1日中歩き回ったときなどにも役立ちます。

ただし、子供の成長度合いには個人差があり、年齢だけを目安にするのは危険です。推奨している最高体重も確認しておきましょう。また、大きく成長した子供を安心して乗せるためには耐荷重も要チェック。耐荷重に優れたモデルなら、子供を乗せたまま荷物も一緒に運びたい場合にも活躍します。

安全性をチェック

By: amazon.co.jp

ベビーバギーを選ぶ際には子供を安心して乗せられるか、安全性をチェックしておきましょう。

シートベルトやフロントガードなど、急停止時に子供が飛び出さない機能を備えているかをチェック。停止した坂道で突然発進してしまわないよう、タイヤにロックをかけられるのかも重要です。また、すばやくロックをかけられるか、解除しやすいかも確認してみてください。

一般社団法人製品安全協会の認証を受けた証しである「SGマーク」の表示があるかも要チェック。SGマークが付いていれば安全基準に適合したモデルであると判断でき、安心して子供を乗せられます。

機能性をチェック

リクライニング機能

By: amazon.co.jp

背もたれの角度を調節できるリクライニング機能を搭載したベビーバギーが販売されています。リクライニングできないと、子供が寝るときに首が大きく前方向に曲がった体勢になってしまう場合も。子供が快適に眠れる状態を重視したいならば、チェックしておきましょう。

とくに、月齢年齢の低い子供の場合は、リクライニング機能付きモデルがおすすめ。なるべく調節できる角度の範囲が大きいほうが、子供の成長に合わせやすく便利です。ただし、安価なモデルのなかにはリクライニング機能を搭載していないモノもあります。

サンシェード

By: amazon.co.jp

日中に出かける機会が多いならば、強い日差しや紫外線から子供を守るサンシェードを搭載しているのかをチェックしておきましょう。とくに、春先から秋にかけて紫外線が多い季節には必須です。

サンシェードの大きさはモデルによってさまざま。1日中屋外にいる場合には、身体全体をカバーできる大きめのサンシェードを搭載したモデルがおすすめです。なかには、通気性を確保すべく窓付きやメッシュ素材を採用したモデルもあり、快適に過ごせます。

ハイシートタイプ

By: amazon.co.jp

通常のベビーバギーと比べて座面の高いハイシートタイプも発売されています。座っている子供の位置が地面から遠くなり、照り返しによる暑さを軽減できるのが特徴。地面から舞い上がる細かいホコリや、車の排気ガスを吸い込むのを軽減する効果もあります。

また、高くなるぶん親との目線が近くなり、子供が安心して座りやすくなるメリットも。通常の高さより乗せ降ろしもしやすく、膝を屈めて子供を抱きかかえる体勢がつらい場合にも重宝します。

メッシュ素材シート

By: combi.co.jp

快適に過ごしやすいモデルを求めているなら、シートにメッシュ素材を採用したベビーバギーがおすすめです。長時間座りっぱなしだと汗をかいてしまいます。とくに、暑い季節は少しの間座っているだけでも汗をかきやすく、快適性が損ないやすいため注意が必要です。

通気性に優れたメッシュ素材シートを採用したモデルなら、快適な座り心地を実現します。

デザインをチェック

By: amazon.co.jp

ベビーバギーにはさまざまなデザインのモデルが発売されています。ベビーバギーに乗りたがらない活発な子供でも、かわいらしいデザインに惹かれて気分よく乗ってくれる場合も。小さな子供が好みやすいモデルを探しているなら、人気キャラクターやかわいらしい動物などをあしらったデザインがおすすめです。

シックなデザインが好みの方に適したカラーリングのモデルも発売されています。なかには、豊富なカラーラインナップから選べるモデルもあるのでチェックしてみてください。

ベビーバギーのおすすめ

アップリカ(Aprica) マジカルエアー AF 213663

地面から座面までの高さが50cmのベビーバギーです。地面からの照り返しによる熱やホコリが舞い上がるのが気になる方におすすめ。重さ3.2kgの軽量モデルで、移動時の持ち運びも楽に行えます。

「がっちりフレーム」と「やわらかサスペンション」搭載の振動吸収設計により、子供をしっかりと守りやすいのもポイント。日差しや紫外線をさえぎるビッグキャノピーも搭載しています。シートを簡単に脱着できるのも便利。手洗いできるため、常に清潔な状態を保てます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) おでかけバギー 88-10

フレームにアルミニウムを採用したベビーバギーです。重さ3.8kgの軽量モデルで持ち運びが楽々。小回りが利きやすい直径約15cmのタイヤを搭載しているなど、スムーズな移動を実現するおすすめモデルです。コンパクトに収納できるのもポイント。前輪を持ち上げるだけで折りたためます。

子供の顔が見えるメッシュ窓付きの大きなホロを備えており、日差しや紫外線の強い日でも安心。小物を入れるのに便利なバスケットも付属しています。3カラーを展開しているのもポイントです。フロントガードに衝撃を吸収するウレタンを採用しているなど、安全性にも工夫をこらしています。

サイベックス(cybex) gb POCKIT ALL-TERRAIN

生後6ヶ月から4歳頃、体重22kgまでが目安のベビーバギーです。サッと折りたためる「コンパクトフォールド」と、2段で折りたためる「ウルトラコンパクトフォールド」の2通りで折りたためるのが特徴。子供を連れて電車やバスなど公共交通機関を利用する機会が多い方や、玄関の狭いスペースで保管したい場合におすすめのモデルです。

「ウルトラコンパクトフォールド」でサイズ30×18×35cm。安全規格のひとつ「欧州安全規格EN1888」に準拠しており、高い安全性も魅力です。

サイベックス(cybex) ジービーポキットプラス オールテレイン

コンパクトに折りたためるベビーバギーです。折りたたみ時サイズは、35×21×42cmとコンパクトなのが魅力。電車やバスなど公共交通機関を利用するときや車のトランクへ積み込む際に、持ち運びしやすいモデルを求めている方におすすめです。

耐荷重22kgで、6ヶ月頃から4歳くらいまでが使用可能な目安。長く愛用したい方にも適しています。乗り心地を快適にするリクライニング機能を搭載しているのもポイント。角度を約130°~150°の範囲で調節でき、子供が寝た場合にも使いやすいのも魅力です。

サイベックス(cybex) ベビーバギー LIBELLE

たった2アクションでコンパクトに折りたためるベビーバギーです。飛行機内に持ち込めると謳われており、コンパクトな状態に折りたため、電車やバスなど公共交通機関を利用する機会が多い方におすすめ。自宅で保管場所のスペースに困っている場合にも重宝します。

耐荷重22kgで4歳頃まで長く愛用できるのもポイント。前輪部に衝撃を吸収するサスペンションを搭載しており、段差を乗り越えやすく快適な乗り心地を実現します。別売りのカーシートアダプターを用意すればベビーシートのセットが可能です。

コンビ(Combi) ベビーカー F2 Limited AF

美しさと押しやすさを兼ね備えた、おすすめのベビーバギーです。古来から日本の寺社建築などで採用されている「白銀比」を参考に、ハンドルから前輪まで一直線につながったストレートフレームを採用。デザイン性と押しやすさのバランスに優れたおすすめモデルです。

地面からの高さ51cmのハイシートタイプで、子供を地熱やホコリから守りやすいのもポイント。狭い場所や人混みでも片手で操作しやすいワンハンドグリップを搭載しています。メッシュシートを採用しており、通気性に優れているのも魅力。使用シーンに合わせて取り外せる完全着脱式ガードを搭載しています。

コンビ(Combi) ベビーカー Acbee JM

一体型シートで取り外しの簡単なベビーバギーです。汚れやすいガードカバーや肩・腰ベルトも一緒に洗えるのがポイント。シートのすき間も洗えるうえ乾きやすいなど、こまめにお手入れしたい方におすすめのモデルです。

直径16cmの前輪を搭載し、小さな段差なら楽々乗り越えられるのもポイント。サスペンション搭載により、快適な乗り心地を実現しています。重さ3.6kgの軽量コンパクト設計で持ち運びも簡単。自立タイプで手が離せないときや保管時に便利です。

ピジョン(Pigeon) ベビーカー Bingle BB1

地面からの高さ53cmのハイシートタイプベビーバギーです。地熱やホコリから子供を遠ざけられるほか、目線が合わせやすいおすすめモデル。乗せ降ろしの際に楽な体勢を取りやすいのもポイントです。通気性に優れたメッシュ素材で快適に過ごせるのも魅力。弾力性の高い高性能クッション材「エルク」を採用しています。

超精密ボールベアリング内蔵のシングルタイヤ搭載で、小回りが利きやすい点にも注目。スイング式サスペンションにより、凹凸のある道でもスムーズに進めます。中空構造タイヤ採用で衝撃を吸収して快適な乗り心地を実現しているほか、前後から出し入れできる大容量カゴを備えているのも便利です。

スマートエンジェル(SmartAngel) バギーfanネオD

子供用品専門店「西松屋」のプライベートブランドのベビーバギーです。7~24ヶ月、体重12kg以内の子供が使用可能な目安。簡単に折りたためて、持ち運びや保管に便利なおすすめのモデルです。大きなサンシェードを備えており、強い日差しから子供を守ります。

背面パイプをカーブさせた独自の指はさみ防止フレームを採用。折りたたむ際に指をはさんでしまうトラブルを防ぎやすいのが特徴です。腰ベルトと股ベルト、肩ベルトで子供をしっかりと固定可能。比較的リーズナブルな価格も魅力の1台です。

スマートエンジェル(SmartAngel) バギーfanロングプラスG

大きなサンシェードを備えたベビーバギーです。2段階で大きく広がり、前方や横からの日差しをしっかりカット。通気性に優れたメッシュシートで夏場でも涼しく過ごせるなど、天気のよい日に安心して外出できるおすすめモデルです。

生後36ヶ月、約15kgまで使える目安のゆったりサイズながら、アルミフレーム採用で軽量化を実現。安定した走行をサポートする大きなタイヤを備えています。下部に収納カゴを備えており、小物を入れておけるのも便利です。未使用時にはコンパクトに折りたたみ可能。「指はさみ防止フレーム」を採用しているのもポイントです。

エンドー COOL KIDS CKバギー BKシリーズ プラス

アルミフレームを採用した重さ3.5kgの軽量なベビーバギーです。簡単に折りたたみできるほか、ショルダーストラップが付属しているのがポイント。持ち運びや保管に便利なモデルを探している方におすすめです。

大型サンシェードにより、強い日差しから子供を守れるのも魅力。ベルトを使用して120~135°の範囲でリクライニングを調節でき、子供が眠って前に頭が下がりそうなときに役立ちます。

5点式シートベルトでしっかりと子供をホールド。後輪ストッパー搭載で、固定したい場合に安心です。快適な乗り心地を実現する前輪サスペンション機能も搭載しています。

エンドー COOL KIDS CKバギー

アルミ製軽量ベビーバギーです。着脱式丸ホロを備えており、日差しや紫外線から子供を守りやすいおすすめモデル。過ごしやすい日は取り外せるのが便利です。折りたたみ時24×22×104cmと、コンパクトに折りたためるのもポイント。公共交通機関での移動時や保管時に重宝します。

持ち運びに便利なショルダーストラップが付属しているのも魅力。5点式シートベルト搭載で子供を安心して座らせられます。対象は7~24ヶ月で、カラーラインナップが充実しているのも魅力です。

リッチェル(Richell) B型ベビーカー リベラ ルーチェ

生後7~48ヶ月が目安のベビーバギーです。ワイドシート採用で子供がゆったりと座れるのが特徴。50cmのハイシートタイプで、地熱やホコリから子供を遠ざけられるモデルを探している方におすすめです。通気性に優れたシートカバーを採用しており、簡単に脱着して丸洗いできます。

コンパクトに折りたためるのもポイント。「オート自立スタンド」により、手で支えたり立てかけたりする必要がありません。たたむと自動でロックされるオートフックを搭載しているのも便利です。安全性に配慮した関節部を採用しています。

大きなサンシェードを備えて強い日差しをブロック。「ドア挟み検知設計」によって電車やエレベーターでも安心して使えるほか、子供をしっかりと支える5点式シートベルトを搭載しています。

JTC ベビーバギー MA-o

重さ3.8kgの軽量コンパクトなベビーバギーです。29×22×104cmとコンパクトに収納できるうえ、折りたたみも簡単。公共交通機関での移動時はもちろん、自宅の狭いスペースに保管したい場合にも役立つおすすめモデルです。

5点式シートベルト搭載で子供をしっかりとホールド。バックルで簡単に脱着できるほか、ベルトは子供の成長に合わせて調節可能です。強い日差しを防ぐ折りたたみ式サンシェードを搭載。360°回転する前輪キャスターにより、小回りが利いて移動も楽に行えます。

JTC ベビーバギー MA-G

ポップでかわいらしいカラーリングが印象的なベビーバギーです。丸ホロを備えており、日差しが気になる方にもおすすめ。コンパクトモデルで小回りが利きやすく、幅41.5cmで狭いスペースを通過しやすいのも魅力です。

5点式シートベルトでしっかりとホールド。ワンタッチで着脱できるセーフティガードも搭載しています。後輪にはストッパーが付属しており、固定したい場合に便利です。

COSCO Character Umbrella Stroller US124AFS

キャラクターをデザインに採用したベビーバギーです。背もたれにキャラクターが大きくプリントされており、ベビーカーに乗りたがらない子供を乗せたい場合におすすめ。適応体重18kgまでに対応しています。

ホロを備えており、強い日差しから子供を守れるのもポイント。ボタン式で取り外せるため、天気やシチュエーションに合わせて使い分け可能です。買い求めやすいリーズナブルな価格も魅力。コンパクトに折りたためるのもポイントです。

ニューオックス(Newox) 背面ベビーカー

4ステップでコンパクトに折りたためるベビーバギーです。機内持ち込みに対応可能と謳われており、コンパクトなので持ち運びに便利。折りたたんだまま自立できるなど、公共交通機関を利用する機会が多い場合に重宝するおすすめモデルです。

サンシェードを備えており、日差しの強い日でも安心。角度を3段階でシチュエーションに合わせて調節できるのもポイントです。背面のファスナーを開閉すると背もたれの角度も調節可能。コンパクトで使いやすいおすすめのベビーバギーです。

ジープ(Jeep) J is for Jeep スポーツ リミテッド ベビーカー

おしゃれなロゴが特徴的なおすすめのベビーバギーです。大きめのタイヤを搭載しているのが特徴。前輪を直線走行に固定できるロック機能を備えているなど、安定した走行性を実現しているモデルです。

コンパクトに折りたたんで収納できるのも魅力。持ち運びに便利なショルダーストラップも付属しています。ボディに指を挟むのを防ぎやすい機能を搭載しているのもポイント。路面の振動を吸収する3Dソフトサスペンションを搭載しているなど、乗り心地にも配慮されています。

グランチョイス ベビーカー Suku Suku Easy

収納時サイズ24×24×62cmのベビーバギーです。コンパクトに折りたためて移動時や保管に便利なモデルを求めている方におすすめ。玄関やクローゼットの狭いスペースに保管したい場合にも重宝します。

ショルダーストラップが付属しているのもポイント。荷物を入れられる収納カゴを備えています。一般社団法人製品安全協会の「SGマーク」に適合しており、安心して使える安全性の高さも魅力です。対象7~36ヶ月が使用できる目安で長い間愛用できます。