赤ちゃんのいる生活は、常に赤ちゃんと過ごしながら買い物、家事などをこなすこともよくあります。とくに新生児は目を離せないので、外出するのが大変だと感じている方も多いのではないでしょうか。

A型ベビーカーは生後1ヶ月から使用でき、首の据わっていない赤ちゃんも安心して乗せられます。そこで今回は、おすすめのA型ベビーカーをご紹介。あわせて選び方も解説するので、気になる方はチェックしてみてください。

A型ベビーカーとは?

By: amazon.co.jp

A型ベビーカーは生後1ヶ月から2歳ごろまで、場合によっては4歳ごろまで使用できるベビーカーのことを指します。また、シートがフルフラットに対応しているのも特徴です。

首の据わっていない時期でも安心して使用でき、段階的にリクライニングで座面姿勢に調節することもできます。さらに、赤ちゃんと対面するように座面が造られているので、お互いの顔が見えて安心感を得やすいのもA型ベビーカーの特徴です。

また、なかにはキャノピーは雨風を防ぐだけでなく、UVカット機能なども備えているので、赤ちゃんが快適に過ごせる工夫を施しているタイプもラインナップされています。

A型ベビーカーの選び方

重さをチェック

ベビーカーを選ぶ際には、重さをチェックしましょう。赤ちゃんとの外出をすると、ベビーカーを押しながら公共の交通機関を使用したり、エレベーターのない階段での移動が必要な場面に遭遇したりすることもあります。

赤ちゃんを抱いたまま片手でベビーカーを持ち運ぶというシチュエーションも考えられるので、外出の機会が多い方は、折りたためるモデルを選ぶのがおすすめです。

A型ベビーカーは多機能ながら3〜5kgの軽量なモデルが多くラインナップされています。最近では片手で折りたためるものもあり、持ち運びに便利なモデルが増えているのでチェックしておきましょう。

走行性能をチェック

By: rakuten.co.jp

ベビーカーは赤ちゃんを乗せるため、走行性能もチェックしましょう。大きいタイヤほど路面の段差に引っかかりづらく安定性が増すものの、小回りがきかないのが難点です。

また、タイヤが小さすぎると小さな段差でも引っかかり、振動がダイレクトに車体へ響くため、注意する必要があります。後輪を大きく、前輪をやや小さくしたモデルであれば、安定性・旋回性が良好なのでおすすめです。

また、日常的に狭い通路を通るという方やショッピングに利用したいという方は、進行方向に合わせて車輪が旋回して小回りがきく「4キャス」タイプも要チェック。普段の利用シーンや、利用する交通手段に合ったものを選ぶようにしましょう。

乗り心地をチェック

By: rakuten.co.jp

赤ちゃんはとても敏感なため、ベビーカーの乗り心地も重要です。最近のA型ベビーカーはシートに通気性をもたせて蒸れを防いだモデルや、頭部を揺れから守るために高性能な衝撃吸収素材「エッグショック」を使用したモデルが存在します。

また、夏場などは紫外線の影響も考慮してUVカット機能つきのタイプを選ぶのもおすすめです。路面からの照り返しを避けたい場合は、50cm以上路面から離れるよう高さ調節できるものを選びましょう。

なお、いくらクッション性が優れていても、通気性が悪かったり強い日差しが入り込んだりするタイプは乗り心地がきわめて悪いため、赤ちゃんにあまりよくありません。快適な空間で過ごしてもらうためにも、クッション性以外の乗り心地についても考慮するようにしましょう。

価格をチェック

生後1ヶ月から長くて4歳程度まで長期間使用できるのがA型ベビーカーの長所なので、なるべくよいものを選びたいものです。A型ベビーカーの値段はさまざまで、1万円程度から10万円を超えるものまで多様なモデルが存在します。

安価なものは軽量なモデルが多いため、短期間の利用を目的とした場合におすすめです。ただし、耐久性や快適性に乏しい場合があるので注意しましょう。

また、高価なものは高性能なサスペンションや高い耐久性を備えているものが多く、重量があるモデルが多い傾向にあります。多機能で快適性に優れていますが、公共交通機関をよく利用する場合はかえって不便に感じる場合があるので、利用するシーンをきちんと想定して購入しましょう。

その他機能をチェック

折りたたみ機能

By: rakuten.co.jp

ベビーカーはさまざまなシーンでの利用が考えられるため、場合によってはコンパクトに持ち運び、収納する必要も出てきます。

赤ちゃんを抱いたまま片手で折りたたみ可能なモノを選べば、両手を自由に使えないシーンでも重宝するのでおすすめです。

また、折りたたんだベビーカーを収納する専用バッグが付属している製品もあります。リュックサックやハンドバッグのような感覚で持ち運べるので、3〜4歳程度のお子さんを歩かせて散歩を楽しむ際にも便利です。

トラベルシステム

「トラベルシステム」とは、場面に応じてベビーカーやキャリーシート、チャイルドシートなどを使い分けられる機能です。たとえば、ベビーカーのシートをそのままチャイルドシートとして使用できるほか、赤ちゃんを起こさず車へ乗せかえられるなどのメリットがあります。

また、シートをそのまま床へ置くとゆらゆら揺れてゆりかごのような使い方も可能。さらに、外出に限らず炊事や洗濯など家事の最中でも、そ赤ちゃんを見守れるため、何かと忙しい育児に便利な機能です。

リクライニング機能

By: amazon.co.jp

生後間もない据わっていない赤ちゃんにベビーカーを使用する場合は身体をベッドのようなフルフラットなシートを使用します。その後月齢を重ね、首が据わって来たら徐々にへ着座姿勢移行していくため、リクライニング機能は重要なポイントです。

A型ベビーカーはほぼ全ての機種がリクライニングに対応しています。ただし、その角度に規定はないため、製品によって設定可能な角度はさまざまです。

たとえば、角度が130°以上のリクライニングだとおしりがずり落ちやすく座りづらくなってしまう場合もあります。長期間の使用を考慮した場合、なるべく直角に近い鋭角までリクライニングを調節できるモデルを選びましょう。

A型ベビーカーのおすすめメーカー

アップリカ(Aprica)

By: amazon.co.jp

アップリカは、1947年に創業した大阪府に本社を置くベビー用品総合メーカー。はじめてママになる方が安心して育児に励むことができるよう、安全で快適な製品づくりを続けています。

同社のA型ベビーカーのなかには、赤ちゃんの頭部を保護し、シート全体でも衝撃を和らげる「ゆれぐらガード」を搭載しているモデルもラインナップされています。デリケートな赤ちゃんの身体でも安心して使用できる製品を数多く製造しているおすすめメーカーです。

ピジョン(PIGEON)

By: amazon.co.jp

ピジョンは、東京都に本社を置く、育児・マタニティケア・ホームヘルスケアなどの事業を手がけるメーカーです。

同社を代表するA型ベビーカー「ランフィ」は16.5cmの大きな車輪を搭載しています。日本の街なかに多く存在する2cm程度の段差を簡単に乗り越えられる人気モデルです。

また、同社のベビーカーは、方向転換が自在な「シングルタイヤ」を採用し、小回りが効いてくスイスイ進めるのも特徴。使い心地が良好なことから、多くのユーザーに支持されています。

コンビ(Combi)

By: amazon.co.jp

コンビは、東京都に本社を置くベビー用品・乳幼児玩具などを手がけるメーカー。育児に関わる人たちの環境の向上をテーマに、製品を開発しています。

同社のA型ベビーカー「アンブレッタ」の特徴は、その名の通り、傘のように大きな「アンブレラシェード」をもつ点。シートをすっぽりと覆い、紫外線や雨から赤ちゃんを守ってくれます。

そのほか、高性能な衝撃吸収素材「エッグショック」を搭載したベビーカーもラインナップされており、バリエーションも豊富。365日いつでも安心して赤ちゃんと外出できるA型ベビーカーが揃っています。

A型ベビーカーのおすすめモデル

アップリカ(Aprica) ナノスマート プラス

アップリカ(Aprica) ナノスマート プラス

サッとスピーディにおりたため、収納時サイズ約50cmときわめてコンパクトなA型ベビーカー。持ち運びに便利なので、電車やバスなどの移動が多い場面におすすめです。また、ハンドル部分がレザーのように仕上げになっており、高級感があります。やわらかいグリップで操作しやすく、お手入れもしやすいのが特徴です。

さらに、赤ちゃんが受ける衝撃を和らげる「ゆれぐらガード」と「頭マモールパッド」を搭載しているのもポイント。安心して使用できます。そのほか、荷物を収納できる「ビッグバスケット」を搭載しているため、街なかでの買い物シーンにも重宝するA型ベビーカーです。

アップリカ(Aprica) カルーンエアーab

アップリカ(Aprica) カルーンエアーab

重量わずか3.9kgと超軽量で、折りたたむことによって片手で持ち運べるA型ベビーカーです。本製品の特徴は、「Wサーモメディカルシステム」を搭載している点。路面から52cmのハイシート構造を採用しているほか、背面には通気性を持たせて熱をカットして路面からの熱を反射させられます。

また、高い撥水性と紫外線遮断能力をもつ「カプセルマルチフード」によって、晴天・雨天のどちらからも、赤ちゃんを守れるのもポイント。そのほか、赤ちゃんを守るための「ゆれぐらガード」や、本体下部には荷物を収納できる「ビッグバスケット」を搭載しているのも魅力です。街なかで赤ちゃんを連れて買い物に出かけるときなどに重宝します。

ピジョン(PIGEON) ランフィ RA9

ピジョン(PIGEON) ランフィ RA9

なめらかで軽快な走行性が特徴のA型ベビーカーです。本製品は前後の車輪の大きさをわずかに変化させており、軽く押すだけでらくに段差を乗り越えられます。

また、自在に方向転換ができ、操作性に優れた「シングルタイヤ」を搭載しているのも魅力のひとつ。内臓のボールベアリングで摩擦を減らすので、押しやすい構造になっています。

また、全てのタイヤに緩衝性に優れた「スイングサスペンション」を搭載しているのもポイント。赤ちゃんを振動から守り、安心して使用できるA型ベビーカーです。

コンビ(Combi) ホワイトレーベル スゴカル4キャス エッグショック

コンビ(Combi) ホワイトレーベル スゴカル4キャス エッグショック

安全性と快適さを追求した高品質なA型ベビーカーです。本製品のシートは多重構造となっており、頭部と座面シートは優れた緩衝素材「エッグショック」を搭載。また、快適さを保つため広範囲にメッシュ生地を使用した「エアスルーシート」を備えています。

さらに、折りたたんだ時に手を伸ばしたまま本体を持ち上げられる「持ちカルグリップ」を搭載。本体重量は約5kgと軽量なため、赤ちゃんを抱えたママ階段の上り下りも可能です。

そのほか、赤ちゃんを紫外線や花粉から守る「マルチビッグサンシェードα」を備えているので、さまざまな天候にも安心して使用できます。本体の向きにかかわらずスムーズに方向転換できる「オート4キャス」を搭載。小回りがきくためショッピングシーンにもおすすめです。

コンビ(Combi) ホワイトレーベル アンブレッタ 4キャス エッグショック

コンビ(Combi) ホワイトレーベル アンブレッタ 4キャス エッグショック

赤ちゃんの足元まですっぽりカバーする「アンブレラシェード」が特徴のA型ベビーカー。赤ちゃんを雨や風だけでなく、紫外線や花粉、ほこりからも守れると謳われています。

シートには高い緩衝性を有する「エッグショック」を搭載。赤ちゃんをしっかりと衝撃から守ります。また、シートはすべて洗濯機で丸洗いが可能なので清潔さを保ちやすいのもポイント。

そのほか、全方向への移動がスムーズな「オート4キャス」を備えており、小回りが必要な駅やショッピングセンターでもスムーズな移動が可能です。本体下部には42Lの大容量カゴを備え、荷物が多いときの移動にも役立ちます。

ジョイー(Joie) エアスキップ メッシュ

ジョイー(Joie) エアスキップ メッシュ

一般的な改札口を通過できる、横幅46cmのスリムさが魅力のA型ベビーカーです。本製品は重量が4.3kgと軽量なため、外出先での階段の昇り降りの際にも折りたたんでらくに持ち運べます。

また、リクライニングが130〜170°と深めの造りになっているため、まだ首が据わっていない赤ちゃんにおすすめです。さらに、背もたれ部分はメッシュシートを備えているため蒸れにくく、赤ちゃんの快適さを維持できます。そのほか、ガード部分が取り外し可能なため、赤ちゃんの乗せおろしもスムーズです。

ジョイー(Joie) マイトラックス

ジョイー(Joie) マイトラックス

大きめのタイヤで優れた緩衝性を有し、大きめの段差もらくに超えられるA型ベビーカーです。本製品は後輪の大きなエアタイヤと、小さめのノーパンクタイヤを前輪に組み合わせて旋回性を確保。また、小回りがきくため操作性も良好です。

構造がシンプルなので片手で折りたたみが可能なのもポイント。折りたたんだ本体はそのまま自立するため、混雑時の電車などでもスムーズに利用しやすいのがメリットです。

そのほか、115〜155°の4段階でリクライニングできるため、生後1ヶ月から3歳までの長期間に渡って使用できます。さらに、ハンドルも5段階の高さ調節が可能なので、片手での操作もしやすくなっています。

日本育児(Nihonikuji) スマートスティック

日本育児(Nihonikuji) スマートスティック

「スマートトラベルシステム」を搭載したA型ベビーカーです。使用場面に応じて、新生児から乳児までを抱き起こさずに移動できるほか、首の据わっていない月齢の時はA型ベビーカーとして使用し、一人で座れるようになったらB型ベビーカーとして使用できます。

また、シートを取り外してゆりかごのように使用する「スマートキャリー」システムを備えているので、車で寝てしまった赤ちゃんをシートごと家に持ち運ぶことも可能です。

さらに、コンパクトに折りたたんで自立させられるため、人混みの中や電車での移動もスムーズ。大型バスケットも備えているため買い物にも便利です。

そのほか、メッシュウィンドウを備えているためキャノピーを閉じていても赤ちゃんの様子を確認しやすくなっているのも魅力。便利な機能が詰まったおすすめのA型ベビーカーです。

サイベックス(cybex) ミオス

サイベックス(cybex) ミオス

使用する環境に合わせてカスタマイズ可能な「4in1トラベルシステム」を搭載した多機能なA型ベビーカーです。

本製品は通気性のよいメッシュ生地を使用しているので、夏場も蒸れなく快適に過ごせます。さらに、簡単に装着できるクッション素材「コンフォートインレイ」を使用することで冬も暖かさを保ち、オールシーズンに対応可能です。

また、本体重量は約9kgなので、抜群の安定感を誇ります。すべての車輪は機動性に優れた「シングルホイール」を採用。サスペンションも搭載しているので、赤ちゃんを衝撃から守って快適な乗り心地を提供できます。

そのほか、フラットな姿勢から着座姿勢まで4段階のリクライニングに対応。生後1ヶ月から体重17kg(4歳程度)までの長期間使用できます。