赤ちゃんのいる生活は、常に赤ちゃんと過ごしながら買い物、家事などをこなすこともよくあります。とくに新生児は目を離せないので、外出するのが大変だと感じている方も多いのではないでしょうか。

A型ベビーカーは生後1ヶ月から使用でき、首の据わっていない赤ちゃんも安心して乗せられます。そこで今回は、おすすめのA型ベビーカーをご紹介。あわせて選び方も解説するので、気になる方はチェックしてみてください。

A型ベビーカーとは?

By: amazon.co.jp

A型ベビーカーは生後1ヶ月から2歳ごろまで、場合によっては4歳ごろまで使用できるベビーカーのことを指します。また、シートがフルフラットに対応しているのも特徴です。

首の据わっていない時期でも安心して使用でき、段階的にリクライニングで座面姿勢に調節することもできます。さらに、赤ちゃんと対面するように座面が作られているので、お互いの顔が見えて安心感を得やすいのもA型ベビーカーの特徴です。

また、なかにはキャノピーは雨風を防ぐだけでなく、UVカット機能なども備えているので、赤ちゃんが快適に過ごせる工夫を施しているタイプもラインナップされています。

B型ベビーカーとの違い

By: combi.co.jp

日本のベビーカーは安全性を認証する「SG基準」によって、A型とB型に分類されています。A型は生後1カ月から2歳程度、最長48カ月まで使用できるベビーカーです。一方、B型は生後7カ月~最長48カ月程度と、赤ちゃんが座れる状態になってから使用します。

また、A型とB型では背もたれの角度が異なるため注意が必要。A型はもっとも立てた状態で角度100°以上、倒した状態で150°以上リクライニングできるタイプです。対して、B型はもっとも立てた状態ではA型同様100°程度ながら、リクライニングできないタイプが多いのが特徴。寝かせる状態にできないため、座ることができない赤ちゃんを乗せるには向いていません。

A型ベビーカーの選び方

重さをチェック

ベビーカーを選ぶ際には、重さをチェックしましょう。赤ちゃんとの外出をすると、ベビーカーを押しながら公共の交通機関を使用したり、エレベーターのない階段での移動が必要な場面に遭遇したりすることもあります。

赤ちゃんを抱いたまま片手でベビーカーを持ち運ぶというシチュエーションも考えられるので、外出の機会が多い方は、折りたためるモデルを選ぶのがおすすめです。

A型ベビーカーは多機能ながら3〜5kgの軽量なモデルが多くラインナップされています。最近では片手で折りたためるモノもあり、持ち運びに便利なモデルが増えているのでチェックしておきましょう。

走行性能をチェック

By: rakuten.co.jp

ベビーカーは赤ちゃんを乗せるため、走行性能もチェックしましょう。大きいタイヤほど路面の段差に引っかかりにくく安定性が増すものの、小回りがきかないのが難点です。

また、タイヤが小さすぎると小さな段差でも引っかかり、振動がダイレクトに車体へ響くため、注意する必要があります。後輪を大きく、前輪をやや小さくしたモデルであれば、安定性・旋回性が良好なのでおすすめです。

また、日常的に狭い通路を通るという方やショッピングに利用したいという方は、進行方向に合わせて車輪が旋回して小回りが効く「4キャス」タイプも要チェック。普段の利用シーンや、利用する交通手段に合ったモノを選ぶようにしましょう。

乗り心地をチェック

By: rakuten.co.jp

赤ちゃんは非常に敏感なため、ベビーカーの乗り心地も重要です。最近のA型ベビーカーはシートに通気性をもたせて蒸れを防いだモデルや、頭部を揺れから守るために高性能な衝撃吸収素材「エッグショック」を使用したモデルが存在します。

また、夏場などは紫外線の影響も考慮してUVカット機能つきのタイプを選ぶのもおすすめです。路面からの照り返しを避けたい場合は、50cm以上路面から離れるよう高さ調節できるモノを選びましょう。

なお、いくらクッション性が優れていても、通気性が悪かったり強い日差しが入り込んだりするタイプは乗り心地がきわめて悪いため、赤ちゃんにあまりよくありません。快適な空間で過ごしてもらうためにも、クッション性以外の乗り心地についても考慮するようにしましょう。

価格をチェック

生後1ヶ月から長くて4歳程度まで長期間使用できるのがA型ベビーカーの長所なので、なるべくよいモノを選びたいものです。A型ベビーカーの値段はさまざまで、1万円程度から10万円を超えるものまで多様なモデルが存在します。

安価なモノは軽量なモデルが多いため、短期間の利用を目的とした場合におすすめです。ただし、耐久性や快適性に乏しい場合があるので注意しましょう。

また、高価なモノは高性能なサスペンションや高い耐久性を備えている場合が多く、重量があるモデルが多い傾向にあります。多機能で快適性に優れていますが、公共交通機関をよく利用する場合はかえって不便に感じる場合があるので、利用するシーンをきちんと想定して購入しましょう。

その他機能をチェック

折りたたみ機能

By: rakuten.co.jp

ベビーカーはさまざまなシーンでの利用が考えられるため、場合によってはコンパクトに持ち運び、収納する必要も出てきます。

赤ちゃんを抱いたまま片手で折りたたみ可能なモノを選べば、両手を自由に使えないシーンでも重宝するのでおすすめです。

また、折りたたんだベビーカーを収納する専用バッグが付属している製品もあります。リュックサックやハンドバッグのような感覚で持ち運べるので、3〜4歳程度のお子さんを歩かせて散歩を楽しむ際にも便利です。

トラベルシステム

「トラベルシステム」とは、場面に応じてベビーカーやキャリーシート、チャイルドシートなどを使い分けられる機能です。たとえば、ベビーカーのシートをそのままチャイルドシートとして使用できるほか、赤ちゃんを起こさず車へ乗せかえられるなどのメリットがあります。

また、シートをそのまま床へ置くとゆらゆら揺れてゆりかごのような使い方も可能。さらに、外出に限らず炊事や洗濯など家事の最中でも、赤ちゃんを見守れるため、何かと忙しい育児に便利な機能です。

リクライニング機能

By: amazon.co.jp

生後間もない赤ちゃんにベビーカーを使用する場合は、身体をベッドのようなフルフラットなシートを使用します。その後月齢を重ね、首が据わって来たら徐々に着座姿勢移行していくため、リクライニング機能は重要なポイントです。

A型ベビーカーはほぼすべての機種がリクライニングに対応しています。ただし、その角度に規定はないため、製品によって設定可能な角度はさまざまです。

たとえば、角度が130°以上のリクライニングだとおしりがずり落ちやすく座りにくくなってしまう場合もあります。長期間の使用を考慮した場合、なるべく直角に近い鋭角までリクライニングを調節できるモデルを選びましょう。

A型ベビーカーのおすすめメーカー

アップリカ(Aprica)

By: amazon.co.jp

アップリカは、1947年に創業した大阪府に本社を置くベビー用品総合メーカー。はじめてママになる方が安心して育児に励むことができるよう、安全で快適な製品づくりを続けています。

同社のA型ベビーカーのなかには、赤ちゃんの頭部を保護し、シート全体でも衝撃をやわらげる「ゆれぐらガード」を搭載しているモデルもラインナップされています。デリケートな赤ちゃんの身体でも安心して使用できる製品を数多く製造しているおすすめメーカーです。

コンビ(Combi)

By: amazon.co.jp

コンビは、東京都に本社を置くベビー用品・乳幼児玩具などを手がけるメーカー。育児に関わる人たちの環境の向上をテーマに製品を開発しています。

同社のA型ベビーカー「アンブレッタ」の特徴は、傘のように大きな「アンブレラシェード」を備えている点。シートをすっぽりと覆い、紫外線や雨から赤ちゃんを守ってくれます。

そのほか、高性能な衝撃吸収素材「エッグショック」を搭載したベビーカーもラインナップされており、バリエーションも豊富。365日いつでも安心して赤ちゃんと外出できるA型ベビーカーをラインナップしています。

ピジョン(PIGEON)

By: amazon.co.jp

ピジョンは、東京都に本社を置く、育児・マタニティケア・ホームヘルスケアなどの事業を手がけるメーカーです。

同社を代表するA型ベビーカー「ランフィ」は16.5cmの大きな車輪を搭載しています。日本の街なかに多く存在する2cm程度の段差を簡単に乗り越えられる人気モデルです。

また、同社のベビーカーは、方向転換が自在な「シングルタイヤ」を採用し、小回りが効いてくスイスイ進められるのも特徴。使い心地が良好なことから、多くのユーザーに支持されています。

A型ベビーカーのおすすめモデル

アップリカ(Aprica) ナノスマート プラス

アップリカ(Aprica) ナノスマート プラス

折りたたみ時サイズ幅49.7×奥行30×高さ53cmと、コンパクトに収納できるA型ベビーカーです。折りたたんだ状態で自立して足元に置きやすいほか、キャリーストラップつきで持ち運びも簡単。電車やバスなど公共交通機関を利用することが多い方におすすめです。

ぐらつきや段差が気にならない「ゆれぐらガード」を採用しているのも特徴。独自の基準で溶接された高剛性フレームと、振動を吸収するサスペンションの採用により、快適な乗り心地を実現しています。さらに、赤ちゃんの頭を安定させる「頭マモールパッド」や、ワンタッチガードを搭載しているなど、快適性を重視して設計されているモデルです。

アップリカ(Aprica) カルーンエアーab

アップリカ(Aprica) カルーンエアーab

重さわずか3.9kgと、最軽量クラスのA型ベビーカー。赤ちゃんを抱きかかえて片手で立ったまま開閉できるため、段差が気になるバスや電車、エスカレーターを利用する際におすすめです。シートには通気性に優れた「シルキーエア素材」を採用。熱がたまりやすい背中部分の空気が通りやすくなっているのが魅力です。

シートは丸洗いできるのもポイント。洗濯ネットに入れれば洗濯機で洗えるため、衛生的に使えます。紫外線を抑制する「マルチカプセルフード」に撥水加工も施されているなど、天候の良し悪しに関わらず使用できるモデルです。

アップリカ(Aprica) イージー・バギー

アップリカ(Aprica) イージー・バギー

対象年齢1~36カ月に対応したA型ベビーカーです。メンテナンスフリータイヤを搭載しており、パンクせず空気入れも不要。3輪タイプで小回りが効くため、狭い場所や混雑したスーパーで買い物をする際におすすめのモデルです。

片手で簡単に折りたたんで持ち運べるほか、コンパクトなのも特徴。車の荷室に載せる際や自宅で狭い場所に収納したいときに便利です。小物入れに便利なサコッシュや座面下にバスケットを備えているなど、使い勝手にも優れています。

ピジョン(PIGEON) ランフィ RA9

ピジョン(PIGEON) ランフィ RA9

押した方向にスムーズについてくる「シングルタイヤ」を搭載したA型ベビーカー。狭い場所で方向転換しやすく、駅の改札やスーパーでの買い物時などにおすすめのモデルです。安定性に優れているため、凸凹の多い場所での快適な乗り心地も特徴。従来モデルと比較して約3倍もの安定性を実現しています。

シートには透湿性と通気性に優れた素材「エルク」を採用。寝具にも使用されている高性能クッション材で、空気や水蒸気を効率的に通して快適さを保ちます。くわえて、3層シートの採用でさらに高い通気性を実現。一番下はメッシュになっており、赤ちゃんの汗によるムレを防止します。

ピジョン(PIGEON) フィーノ

ピジョン(PIGEON) フィーノ

赤ちゃんを抱っこするような心地よい乗り心地を実現した、両対面式のA型ベビーカーです。座面下の前後左右4カ所に独自のサスペンションを配置。タイヤのサスペンションで吸収しきれない衝撃をやわらげます。

さらに、大径シングルタイヤを採用しているほか、すべてのタイヤにスイング式サスペンションを搭載。段差をスムーズに乗り越えられるため、赤ちゃんの乗り心地を重視したい方におすすめのモデルです。片手でコンパクトに折りたためるほか、たたんだ状態で自立するのもポイント。電車やバスで移動する際に便利です。

コンビ(Combi) ホワイトレーベル スゴカル α 4キャス Compac

コンビ(Combi) ホワイトレーベル スゴカル α 4キャス Compac

進行方向に対して前輪キャスターが自動で回転する「オート4キャス」を搭載したA型ベビーカー。小回りが効いて移動しやすいため、狭い場所や混雑した場所へ出かけることが多い方におすすめのモデルです。

赤ちゃんを抱っこしたまま片手で持ちやすい「持ちカルグリップ」を搭載しており、階段の上り下りや電車の乗り降りも楽々。車に積み込む際も手軽に乗せられるため便利です。シート部には頭部を守る「エッグショック」や、全身を支える「全面エッグショックシート」を採用しているなど、安全性にも優れています。

コンビ(Combi) ホワイトレーベル アンブレッタ 4キャス プレミアム UJ SG

コンビ(Combi) ホワイトレーベル アンブレッタ 4キャス プレミアム UJ SG

雨傘と同等の撥水性を備えているA型ベビーカー。耐水性に優れた素材を採用した新設計の「アンブレラシェード」で、雨風の強い日でも赤ちゃんの全身をしっかりとカバーします。また、UPF50+仕様で紫外線をカット。日差しの強いでも使いやすいなど、天候に左右されないモデルを探している方におすすめです。

卵を落としても割れないほどの超衝撃吸収素材「エッグショック」をシート部に内蔵しているのも特徴。シート厚は20mmあり、赤ちゃんの頭部や背中、座面部をしっかりと守ります。タイヤには180mm大型ダブルタイプを採用しているほか、ソフトエアサスペンションを搭載。振動を吸収してスムーズな走行を実現しています。

コンビ(Combi) ホワイトレーベル クロスゴー 4キャス エッグショック JJ

コンビ(Combi) ホワイトレーベル クロスゴー 4キャス エッグショック JJ

足元まですっぽり包み込む「マルチビッグサンシェードα」を搭載しており、広々した快適空間を確保しているA型ベビーカーです。UVカット率が高く、直射日光や紫外線から赤ちゃんを守れるのが魅力です。

シートの綿は従来モデルより2倍の量を使用。ふわふわなクッション性で快適な乗り心地を実現しています。また、42L大型バスケットを搭載しているのもポイント。かさばる荷物も収納できるため、買い物時に安心して使えるモデルを探している方におすすめです。

コンビ(Combi) ベビーカー AttO

コンビ(Combi) ベビーカー AttO

赤ちゃんを徹底的に守る発想で開発されたA型ベビーカー。コンビのモデルでは高さのある61cmハイシートを搭載しており、地熱やホコリから赤ちゃんを守ります。シートには、やわらかい頭を守る「エッグショック」を内蔵した「ダッコシートα」を採用。抱っこされているような安心感を与えます。

18cm大型フロントタイヤとクイックアクションフレームの新構造により、段差を吸収して乗り心地も良好。片手でも操作しやすい独自のハンドル形状「ワンハンドルグリップ」や、荷物を取り出しやすい「フロントオープンバスケット」を搭載しているなど、使い勝手に優れたおすすめのモデルです。

ジョイー(Joie) スマバギ4WD

ジョイー(Joie) スマバギ4WD

リクライニング角度約125~170°で調節できるA型ベビーカー。フルフラットに近い状態にできるため、赤ちゃんが寝てしまったときでも安心です。一般的なモデルと異なり、対面・背面の切り替え時に連動してタイヤの駆動部が切り替わるのが特徴。対面でも背面でも取り回しやすく、スムーズに移動できるモデルを探している方におすすめです。

重さ5.6kg、横幅45cmと軽量コンパクト設計なのもポイント。持ち運びしやすく、駅の改札など狭い場所を通る際に便利です。

グレコ(GRACO) 軽量ハイシートベビーカー シティライトRアップ

グレコ(GRACO) 軽量ハイシートベビーカー シティライトRアップ

対面と背面スタイルに対応したA型ベビーカー。ハンドルの位置を替えることで、対面・背面を簡単に切り替えられます。ワイドで大きめのタイヤの搭載で凸凹や衝撃を吸収。さらに、坂道ではロックして直進のみで走行できるなど、操作性に優れたモデルを探している方におすすめです。

さらに、フルカバーできる日よけを搭載しているのもポイント。強い日差しや紫外線から赤ちゃんを守れる、おすすめのモデルです。

Newox 両対面ベビーカー

Newox 両対面ベビーカー

完全フラットになる180°リクライニング機能を搭載したA型ベビーカー。対象年齢0~36カ月と新生児にも対応しています。高さ57cmのハイシートを採用しており、赤ちゃんの乗り降ろしがしやすいのも特徴。地面からの熱やホコリ、車の排気ガスなどから赤ちゃんを守ります。

5点式シートベルトや後輪ブレーキの搭載で高い安全性を確保しているなど、リーズナブルな価格で機能性に優れたモデルを探している方におすすめです。