赤ちゃんを連れて出かける際に欠かせないベビーカー。ひとくちにベビーカーといってもさまざまなタイプがあります。対応可能な月齢・年齢の目安にくわえて、背面式・両対面式など使い勝手が異なるモデルも。はじめて購入する際は迷ってしまうケースも少なくありません。

そこで今回は、おすすめのベビーカーを厳選して紹介。あわせて選び方も解説するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

ベビーカーのA型とB型の違い

A型ベビーカー

By: amazon.co.jp

生後1ヶ月から3歳くらいまでを目安として使用できるのがA型のベビーカーです。多機能なモデルが多く発売されており、優れたリクライニング機能を搭載。背もたれをフラットに近い状態に倒せるタイプもあり、赤ちゃんが寝てしまったときに重宝します。

安定感があって乗り心地も快適で、生後間もない赤ちゃんを安心して乗せられるのが特徴。ただし、多機能なぶん高価格なモデルが多いのがデメリットです。本体が重く、公共交通機関で移動する際に持ち運びにくい場合がある点にも留意しておきましょう。

B型ベビーカー

By: amazon.co.jp

生後7ヶ月から3歳くらいまで使用できるのがB型のベビーカーです。A型と比べてシンプルな機能性をもつタイプで、軽量なのが特徴。コンパクトに折りたためて持ち運びやすく、公共交通機関で移動したいときや車に積み込むシーンなどで重宝します。買い求めやすい安価なモデルが多いのも魅力です。

使いやすい手軽さから、セカンドベビーカーとして使用されるケースが多いのが特徴。成長して活発に動きはじめる子供にぴったりです。ただし、リクライニング機能を搭載していない場合も。リクライニング機能搭載でもフラットにはできず、寝た時に顔が傾いてしまうのが気になる場合があります。

AB型ベビーカー

By: amazon.co.jp

A型とB型のメリットを兼ね備えたタイプがAB型のベビーカーです。モデルによって生後1~3か月から3~4歳頃まで使えるのが特徴。比較的長く使用でき、首がすわる前から乗せられます。リクライニング機能を搭載しているのも便利です。

一般的なA型モデルよりは、軽く扱いやすいモデルが多いのも魅力。コンパクトに折りたためて持ち運びしやすいモデルも発売されています。SG基準ではA型に属しており、AB型=A型として扱われるケースが多く、AB型と表示されているモデルを探しにくい点にも留意しておきましょう。

ベビーカーの選び方

子供の月齢・年齢で選ぶ

By: pigeon-htravel.com

ベビーカーはモデルによって、対応可能な子供の月齢・年齢の目安が表示されています。生後間もない頃から使えるのがA型のベビーカー。生後1ヶ月から使用できるモデルが発売されています。生後7ヶ月頃から対応可能なのがB型のベビーカー。首がすわった頃からがおおよその目安です。

成長に合わせてA型からB型へ切り替えるのがベストなものの、費用を抑えたいなら長く使えるAB型もチェックしてみましょう。また、7ヶ月頃までは抱っこ紐で対応し、B型に乗せられる年齢になってから購入する方法もあります。

本体の重量をチェック

By: pigeon-htravel.com

持ち運びやすさを重視したい場合には、本体の重量をチェックしておきましょう。エレベーターのないアパートなど、階段で移動しなければならないケースでは軽いモデルがおすすめ。とくに力に自信のない方や女性の場合、子供を抱っこしたまま片手で持ち運ぶのは大変です。

軽量モデルの目安としては重量5kg前後。4kg以下の軽量コンパクトなモデルも多く発売されており、収納・保管に場所をほとんどとりません。子供の成長に合わせて、大型のA型から軽量コンパクトなB型に買い替えるのも方法のひとつです。ただし、軽量なモデルは搭載している機能が少なく使いにくい場合も。また、耐久性や走行性が大型タイプより劣る場合がある点にも留意して選びましょう。

シートの高さをチェック

By: amazon.co.jp

座る位置から地面までのシートの高さも重要です。シートの高さが低いと、コンクリートからの熱や日光の照り返しの影響を強く受ける場合も。とくに、夏場は熱中症に注意しなければなりません。

また、シートが地面に近いほどホコリや有害物質、車の排気ガスなどもネック。子供が快適に過ごしやすい高さを確保できているのかをチェックしておきましょう。さらに、シートの高さが低いと持ち手も下になり、かがんだような窮屈な体勢になる場合も。押す際に腰へ負担をかけ続けてしまう心配もあります。

対面・背面の切り替えができるか

By: amazon.co.jp

ベビーカーには赤ちゃんと向き合う対面式と、進行方向に向いている背面式があります。対面式はA型に採用されているタイプで、赤ちゃんの様子を確認しながら使えるのがメリット。また、背面でも使える両対面式が主流であり、シーンに合わせて切り替えながら使用できて便利です。ただし、背面式と比較してやや高価格でサイズも大きく、持ち運びにくいデメリットがあります。

背面式はおもにB型で採用されているタイプ。機能を簡素化して軽量なモデルが多いのが特徴です。折りたたむとコンパクトになって持ち運びやすく、操作性にも優れています。ただし、赤ちゃんの様子を確認しにくいほか、首がすわった頃でないと使えないのがデメリットです。

折りたたみできるモデルは収納や車移動にも便利

By: amazon.co.jp

ベビーカーのなかには、コンパクトに折りたためるモデルが発売されています。折りたためると自宅の玄関で保管する際や移動時に便利。とくに、公共交通機関では折りたたんだほうがよいケースがあり、電車やバスで移動する機会が多い方は要チェックです。

折りたたみできるモデルを選ぶ際は、折りたたみ方法も確認。片手でワンタッチに開閉できるモデルなら、すばやくストレスなく収納できます。折りたたんだ際に自立するかも重要。赤ちゃんを抱っこする際や保管時に重宝します。また、車に積み込んで移動するなら、荷室に難なく収められるか折りたたみ時サイズをチェックしておきましょう。

荷物入れやカゴの容量をチェック

By: pigeon-htravel.com

赤ちゃんを連れて買い物や散歩に出かける機会が多いなら、荷物入れの有無を確認しておきましょう。シート下にバスケットを搭載しているモデルなら、授乳グッズやおもちゃなどかさばりやすい荷物を収納可能。容量によっては買い物した荷物を入れられます。

なかには、座面下以外に手元部にバスケットを装着できるモデルも。ペットボトルやスマホなどの小物をサッと出し入れしやすく便利です。

サンシェードがあれば熱中症対策に

By: amazon.co.jp

赤ちゃんを強い紫外線や気になる日差しから守るのに役立つのがサンシェードです。なかには、生地にUVカット加工を施しているモデルもあり、熱中症対策におすすめ。撥水加工を施しているサンシェードなら、突然雨が降ってきても安心です。

サンシェードが大きいほど紫外線をカットする効果が高いものの、風通しが悪くなる場合も。通気性に優れた生地を採用したモデルもあるので、チェックしておきましょう。また、窓付きで赤ちゃんの様子を確認できるサンシェードもあります。

SGマークを取得したモデルがおすすめ

By: amazon.co.jp

ベビーカーを選ぶ際は、赤ちゃんをしっかりと保護できる安全性の高さが重要です。とくに、製品の安全基準・製品認証・賠償制度が一体になった製品安全協会の認定基準「SGマーク」を取得しているモデルがおすすめ。日本国内の安全基準であり、安全性を重視しながら実用性も考慮しています。

SGマークを取得している製品なのかをチェックする際は、緑色の「S」のロゴが入っているマークで確認可能。海外メーカーや聞いたことない無名メーカーのモデルの場合、SGマークが添付されていないケースもあるため留意しておきましょう。

ベビーカーのおすすめブランド

コンビ(combi)

By: amazon.co.jp

ベビー用品を中心に製品を展開している日本国内メーカーです。ベビーカーにおいてはA型やB型など豊富なラインナップが魅力。快適さと使いやすさにこだわって設計されたモデルは高い人気を得ています。

なかでも、衝撃吸収材「エッグショック」を搭載したモデルに注目。クッション性に優れているのが特徴です。

アップリカ(Aprica)

By: amazon.co.jp

チャイルドシートやベビーベッドなど、さまざまなベビー用品を展開している日本国内メーカーです。ベビーカーにおいては、多機能な両対面タイプから軽量な背面タイプまで幅広くラインナップ。快適な乗り心地にこだわって開発されたモデルが多いのも魅力です。

なかでも、フルリクライニング機能で平らな状態で寝かせられるモデルに注目。生後間もない頃の赤ちゃんを安心して乗せられます。

ピジョン(Pigeon)

By: amazon.co.jp

ベビー用品全般を扱っている日本国内メーカーです。ベビーカーにおいては、独自のシングルタイヤを搭載しているモデルをラインナップ。押しやすく、改札など狭いスペースや凹凸のある道でもスイスイ進むと謳われています。赤ちゃんの衝撃をやわらげるスイング式サスペンションを搭載したモデルにも注目です。

大容量のバスケットが付属しているモデルも便利。前後のどちらからも出し入れしやすく工夫しており、多くの荷物を持ち運びたいシーンで役立ちます。

ベビーカーのおすすめモデル|A型

コンビ(combi) ベビーカー AttO type-S

独自の「クイックアクションフレーム」を採用したベビーカーです。18cm大型フロントタイヤとの組み合わせにより、片手で簡単に小回りできる操作性を実現。段差もスイスイ乗り越えられるなど、快適に移動しやすいモデルを求めている方におすすめです。

シート全面に10mm厚の衝撃吸収材「エッグショック」を搭載しており、赤ちゃんを包み込むように保護。地面からの高さ61cmのハイシートにより、地面からの熱やホコリから赤ちゃんを守ります。ハンドル横のボタンを押すだけで角度を調節できる「ハンドルアジャスター」も便利です。サンシェードにはUVカット加工を施しており、紫外線から肌を守ります。

コンビ(combi) ベビーカー メチャライト NH

A型ながら重さ4.6kgの軽量化を実現しているベビーカーです。スムーズに押しやすいほか、片手でワンタッチに開閉可能。コンパクトに折りたためて自立もできるなど、扱いやすく置き場所にも困りにくいおすすめモデルです。段差の乗り越えも楽々な4輪ソフトサスペンションを搭載しています。

ゆったり快適に過ごせるワイドシートも採用。125~170°で無段階に角度を調節できるリクライニングを搭載しています。シートは洗濯機で丸洗いでき、常に清潔な状態をキープしたい方にもぴったりです。荷物を持ち運びたいときに役立つ大型カゴを備えているのも魅力。出し入れしやすく、耐荷重5kgで荷物の多い外出時に重宝します。

コンビ(combi) ベビーカー ラベリタ エッグショック AL

生後1ヶ月から36ヶ月までが使用の目安のベビーカーです。地面から高さ62cmのハイシートタイプで乗せ降ろしやすいのが特徴。地面からの熱やホコリ、車の排気ガスからも赤ちゃんを守れるおすすめモデルです。対面と背面の両方に対応しています。

固定されたフレームで押す力を逃がす点にも注目。18cm大型フロントタイヤと精密ボールベアリングの搭載により、段差や凹凸のある道でもスムーズに押せます。大きな幌「マルチビッグサンシェードα」を備えているのも魅力。紫外線カットや撥水性に優れた素材を採用しており、さまざま天候に対応できる快適な空間作りに役立ちます。

アップリカ(Aprica) ベビーカー オプティアクッション グレイス

独自の衝撃吸収構造「オメガクッション」搭載のベビーカーです。揺れに応じて座面を上下させて衝撃を吸収するのが特徴。振動を軽減させる2種類のサスペンション搭載により、やさしい乗り心地を実現しているおすすめモデルです。凹凸のある道での振動を軽減すべく、溶接で剛性を高めた「がっちりフレーム」を採用しています。

シートをフラットに調節できるフルリクライニング機能で生後間もない赤ちゃんを乗せる際も安心。従来モデルと比較して20%大きくなった「くつろぎサンシェード」により、紫外線や強い日差しから赤ちゃんを守ります。快適な姿勢をとりやすいW台形シートを採用しているのも魅力です。

自動で前輪のロックが解除されるオート4輪により、押しやすいのもポイント。赤ちゃんを抱っこしたまま片手で開閉できるほか、折りたたんだ状態で自立するのも便利です。

アップリカ(Aprica) ベビーカー ルンルン

たっぷり荷物を収納できる「らくらくWバスケット」を備えたベビーカーです。座面下に方向を問わず出し入れできる「360度BIGバスケット」と、手元に装着してペットボトルやスマホを収納できる「ハンモック式MINIバスケット」を搭載。赤ちゃんと散歩や買い物へ出かける際に多くの荷物を持ち運べる、使い勝手のよさを求めている方におすすめです。

重さ4.9kgの軽量モデルながら、2種類のサスペンションや高剛性なフレームによる振動吸収設計で快適な乗り心地を実現。赤ちゃんの柔らかい頭と首をしっかり守る「メディカル成長マモール」を搭載し、振動時に姿勢が崩れにくく設計されています。

ベビーカーを閉じた際に、フロントガードを持って移動できるのも便利。また、大きな幌「カプエルマルチフード」で紫外線から赤ちゃんを守ります。洗えるメッシュシートを採用して洗濯機で丸洗いできるなど、お手入れも簡単です。

ピジョン(Pigeon) ベビーカー nautR NB0

押しやすさにこだわったシングルタイヤを搭載したベビーカーです。タイヤのブレやがたつきが少なく、静かな走行音でなめらかに進むのが特徴。コイルとゴムの2つのサスペンションによって凹凸のある道での衝撃を吸収するなど、快適な乗り心地を実現するおすすめモデルです。シートには、通気性と透湿性に優れた3層構造の「トリプルスルーシート」を採用しています。

長さと角度を調節できるハンドルを搭載し、身長に合わせやすいのもポイント。ワンタッチでコンパクトに収納できるほか自立でき、置き場所に困りにくいのも魅力です。25Lの大容量カゴを備えており、授乳グッズやおもちゃなどかさばりやすい荷物を持ち運びたいときに重宝します。

ジョイー(Joie) ベビーカー スマバギ4WDドリフト フレックス

手元のボタンで左右と斜めにスライドできるドリフト機能を搭載したベビーカーです。スッと真横にスライド移動できる使い勝手のよさが魅力。人混みや狭い道、エレベーターに乗るときなどに便利なおすすめモデルです。座ってひと休みする際にも役立ちます。

シート下に搭載したスプリングサスペンションによって振動を軽減。背面から対面に切り替えるときに前輪が自在に動く「4WDシステム」を搭載し、シーン問わずスムーズな走行をサポートします。UPF50+のキャノピー搭載で紫外線の強い日でも安心。メッシュ窓を設けており、押しながら赤ちゃんの様子を確認できます。

ベビーカーのおすすめモデル|B型

コンビ(combi) ベビーカー Acbee JM

重さ3.6kgの軽量なB型ベビーカーです。コンパクト設計ながら充実した機能性が魅力。16cm前輪ダブルタイヤとソフトサスペンションの組み合わせにより、小さな段差や凹凸のある道でスムーズな走行を実現するおすすめモデルです。

自然に足が届きやすい「乗り越えステップ」により、大きな段差の乗り越えも楽々。片手で簡単に開閉できる自立タイプで、玄関など狭いスペースで保管したいときに役立ちます。付け外しの楽な側面一体のシートを採用しているのもポイント。洗濯機で丸洗いできるフルウォッシャブルシートで、常に清潔な状態を保ちたい方にぴったりです。

コンビ(combi) ベビーカー F2 Limited AF

生後7ヶ月から36ヶ月までが目安のB型ベビーカーです。片手でも押しやすい「ワンハンドグリップ」を搭載。狭い場所や人混み、駅の改札口などで小回りの利くモデルを探している方におすすめです。

ハンドルから前輪まで一直線につながった、ストレートフレーム採用のスタイリッシュなデザインも魅力。押しやすい理想的な車体バランスも実現しています。地面からシートまでの高さは51cmで、地熱やホコリから赤ちゃんを守りやすいのも特徴。サイズを細かく調節できるビッグサンシェードを搭載し、強い紫外線や気になる日差しを防げます。

アップリカ(Aprica) ベビーカー マジカルエアー クッション AC

快適な乗り心地にこだわって設計されているベビーカーです。座面下にスプリングのようなクッション性を発揮する「オメガクッション」を搭載。高剛性な「がっちりフレーム」や衝撃吸収性に優れたサスペンションも搭載しているなど、不快な振動や衝撃を抑えたい方におすすめのモデルです。

マグネットの力で脱着しやすい「イージーベルト」も採用しており、急いでいるときに便利。従来モデルと比較してリクライニング角度が大きくなって、より快適な姿勢で過ごしやすくなりました。洗えるシートでお手入れも楽々。前からも出し入れできる「フロントイン・ビッグバスケット」を備えており、多くの荷物を持ち運びたいシーンで活躍します。

アップリカ(Aprica) ベビーカー マジカルエアー AF

重さ3.2kgの超軽量なB型ベビーカーです。コンパクトに折りたためて、持ち運びしやすいモデルを求めている方におすすめ。車体のぐらつきを抑える「がっちりフレーム」や4つの車輪に搭載した「やわらかサスペンション」により、不快な振動を軽減します。

大きなサンシェード「ビッグキャノピー」を搭載し、強い紫外線や気になる日差しから赤ちゃんの肌を守れるのもポイント。赤ちゃんの様子を確認できるメッシュウィンドウを設けています。片手で簡単に開閉できるほか「持てるフロントガード」で持ち運びも楽々です。

ピジョン(Pigeon) ベビーカー Bingle BB0

生後7ヶ月から使える目安のB型ベビーカーです。持ち運びやすさと押しやすさを両立させており、扱いやすいモデルを探している方におすすめ。重さ3.8kgでコンパクトに折りたためるなど、赤ちゃんとの外出をサポートします。

独自のシングルタイヤを搭載しているのもポイント。スイング式サスペンションとベアリング内蔵により、軽快な押し心地を実現しています。握りやすさを重視して設計されたウレタンハンドルを搭載。滑りにくいように溝を設けているなど、工夫をこらしているのもポイントです。

24Lの大容量バスケットが付属しているのも便利。前と後ろのどちらからでも出し入れしやすい設計で、多くの荷物を持ち運びたいときに重宝します。

Jeep ベビーカー J is for Jeep アドベンチャー

人目を引く配色が印象的なベビーカーです。同社の4WD車をほうふつとさせるクラス最大級の大型タイヤを搭載。前輪に路面の振動を吸収する3Dサスペンションを搭載しているなど、快適な乗り心地を実現するおすすめモデルです。

ボディのジョイント部に指を挟むトラブル防止する機能も搭載しています。折りたためばコンパクトな状態で収納できるのも魅力。肩にかけて持ち運びできるショルダーストラップが付属しています。

ベビーカーのおすすめモデル|AB型

コンビ(combi) ベビーカー スゴカル Switch エッグショック AN

安定した乗り心地と持ち運びやすさを両立しているベビーカーです。高さ18cmの大型ダブルタイヤを搭載し、段差や凹凸のある道を難なく乗り越える走行性能を発揮。小回りの利くシングルタイヤとの組み合わせにより、快適な操作性も実現しているおすすめモデルです。

コンパクトに折りたためるほか、持ちやすい「持ちカルグリップ」搭載で持ち運びやすさをサポート。独自の衝撃吸収材「エッグショック」にくわえて座面下に厚み約3cmの「振動吸収パッド」も備えており、赤ちゃんをしっかりと保護します。SGマークを取得している安全性の高さも魅力です。

コンビ(combi) ベビーカー スゴカル ハンディ エッグショック ML

対面と背面を切り替えて使える両対面式のベビーカーです。両対面式ながら重さ3.9kgの超軽量化を実現。抱っこしたまま片手で楽々持ち運べる「持ちカルグリップ」を搭載しているなど、階段や電車で乗り降りしやすいモデルを探している方におすすめです。

多層メッシュ構造の「エアスルーシート」を採用しているのもポイント。優れた通気性を備えており、体温調節の苦手な赤ちゃんが快適に過ごすのをサポートします。卵を落としても割れないと謳われている、超・衝撃吸収材「エッグショック」をヘッドサポートに内蔵。生後間もない赤ちゃんも安心して乗せられます。

アップリカ(Aprica) ベビーカー ラクーナ クッション AD

座面下に振動を吸収する「オメガクッション」を搭載したベビーカーです。走行中の揺れに応じて座面がやさしく上下するのが特徴。「がっちりフレーム」と「やわらかサスペンション」で構成された衝撃吸収設計とあいまって、快適な乗り心地を実現するおすすめモデルです。

赤ちゃんの頭と腰を安定させる「メディカル成長マモール」により、負担の少ない姿勢を保てるのもポイント。背面と対面を切り替えられる両対面式で、対面でもスイスイ進むオート4輪を搭載しています。赤ちゃんをすっぽり覆える「カプエルマルチフード」を備えており、強い紫外線や気になる日差しをブロックできるのも魅力です。

ピジョン(Pigeon) ベビーカー ランフィ RB1

溶接止めで強化した「ショックレスボディ」採用のベビーカーです。がたつきにくく、衝撃を抑えながら軽快な走行性を実現。押しやすさにこだわった独自のシングルタイヤとの組み合わせにより、快適な走行をサポートするおすすめモデルです。

進化したスイング式サスペンションを搭載し、段差や凹凸のある道での振動や衝撃を吸収。クラス最高レベルの段差乗り越え性能を発揮すると謳っています。地面からシートまでの高さ54.5cmで地熱やホコリから守りやすいのもポイント。紫外線カットや撥水性に優れた大きなサンシェードを備えているのも魅力です。

レカロ(Recaro) ベビーカー イージーライフ エリート2

車のスポーツシートで知られているレカロのベビーカーです。折りたたみ時の高さ59cmのコンパクトモデルながら、105~151°の範囲で角度を調節できるリクライニング機能を搭載。新生児から3歳頃まで長く使用できるコンパクトモデルを探している方におすすめです。

ベビーキャリア部を取り外して移動できるトラベルシステムに対応。寝ている赤ちゃんを起こしにくい状態で移動できて便利です。レインカバーと着脱式ガードが付属しているのもポイント。雨の日や寒い日の外出時に役立ちます。着脱式ガードはワンタッチで取り外せる仕様で、乗せ降ろしも楽々です。

サイベックス(cybex) 両対面ベビーカー ミオス

ドイツの育児用品ブランド「サイベックス」のベビーカーです。海外メーカーながら日本ユーザーの要望を開発に反映しているのが特徴。通気性に優れた「エアスルーメッシュシート」を採用しているなど、日本の生活環境に適した機能を搭載しているおすすめモデルです。

大きなシングルホイールとサスペンションの組み合わせにより、衝撃を吸収しながら快適な乗り心地をサポート。片手でサッと折りたためて自立するなど、収納や保管も楽々です。背面と対面の両方で使える両対面式で、1ヶ月から4歳頃までが目安と長く使えるのも魅力です。

ベビーカーの楽天市場ランキングをチェック

ベビーカーの楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。