赤ちゃんとお出かけする際に必要な「ベビーカー」。モデルによって機能が多岐にわたるので選ぶ楽しみもありますが、たくさんありすぎて悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はベビーカーのおすすめモデルをご紹介。持ち運びやすさやたたみやすさはもちろん、日差しや風から赤ちゃんを守るホロやサンシェード、シートの高さなどにも違いがあるので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

ベビーカーの種類

A型ベビーカー

By: amazon.co.jp

「A型ベビーカー」は生後1ヶ月ごろから使えるタイプ。首が座っていない赤ちゃんを乗せるときは寝かせた状態で使うのが基本です。体重上限は15kgほどのモデルが多く、3歳ぐらいまで使えます。

A型ベビーカーには「背面タイプ」と「両対面タイプ」があるのが特徴。背面タイプは前を向いた状態で子供を乗せます。構造がシンプルなのに加え、軽量なので取り回しが簡単なのがメリットです。両対面タイプは背面に加えて対面式として使えるので、子供の顔を見ながら押せます。

B型ベビーカー

By: amazon.co.jp

「B型ベビーカー」はお座りができるようになる生後約7ヶ月ごろから使えるタイプ。子供を座らせた状態で使うのが一般的で、A型ベビーカーと比べて機動性を重視した軽量でコンパクトなモデルが多いのが特徴です。

ラインナップには取り扱いがラクな重量3kg台の軽量モデルがあるのもポイント。体重上限は15kgほどのモデルが多く、3歳くらいまで使用可能です。

三輪ベビーカー

By: airbuggy.com

「三輪ベビーカー」は押しやすく、快適な走行が特徴。空気を入れて使うエアタイヤを採用しているモデルが一般的です。路面からの振動や衝撃が軽減されるとともに小回りしやすいのもポイント。ガタガタした道や坂道などでもスムーズに対応できるベビーカーです。

ただし、重さが10kgあるモデルが主流なので、取り回しが不便な場合があります。そのため、折りたたんで持ち運びやすいモデルかどうかを事前に確認しておきましょう。

ベビーカーの選び方

安全性をチェック

By: aprica.jp

大切な赤ちゃんを乗せるベビーカーは確かな安全性を備えたモノを選ぶことが重要です。目安のひとつとしてSGマークがあるかどうかをチェックしましょう。SGマークを取得している製品は、製品安全協会が設けた認定基準を満たしているため、折りたたみ時に指を挟みにくい構造であったり、走行時の衝撃や振動が軽減されていたりします。

SGマークの有無に加えて、落下対策のためのシートベルトがあるかどうかや、走行時に安定感があるかどうかなどを確認しましょう。

折りたたんだときのサイズをチェック

By: aprica.jp

ベビーカーを選ぶ際には折りたたみ時のサイズを確認することも大切です。玄関などの収納スペースや、自家用車の後部座席やトランクの幅や高さに合っているかなど、収納場所をしっかりイメージして確認しておきましょう。

また、日常の移動手段に公共交通機関を使うことが多いのなら、軽量で持ち運びしやすいモノが便利。それぞれのライフスタイルに合わせて扱いやすいサイズのベビーカーを選ぶのがおすすめです。

日除けの有無をチェック

By: amazon.co.jp

ベビーカーのなかには、赤ちゃんを直射日光や紫外線から守る日除けが付いたモノもあります。日除けの大きさによって、頭部だけを覆うモノや足元まで体全体を覆うモノなどがあるので、移動距離や移動する時間帯などを考慮して選びましょう。

大きな日除けは風通しが悪くなる可能性もあるため、通気性のよい素材で作られた日除けがおすすめ。赤ちゃんの様子が見えにくいというデメリットを解消するために、日除けに小窓が付いたタイプもあるのでチェックしてみてください。

ベビーカーのおすすめブランド

コンビ(combi)

By: amazon.co.jp

「コンビ」はベビーカーをはじめ、ベビーチェアやほ乳瓶など幅広いベビーグッズを製造・販売する国内のベビー用品メーカーです。社名は「お母さんと赤ちゃんというコンビを応援する企業でありたい」との願いから付けられています。コンビのベビーカーは、お母さんが赤ちゃんとのお出かけを楽しめるよう、持ち運びやすさや快適な乗り心地にこだわっているのが特徴です。

多くのモデルに搭載されている「エッグショック素材」がほかのメーカーと差が付くポイントで、上から卵を落としても割れない高性能な衝撃吸収素材により赤ちゃんの頭を走行時の衝撃から守ります。シンプルな超軽量モデルから多機能タイプまでラインナップも豊富です。

アップリカ(Aprica)

By: aprica.jp

国内ベビー用品メーカー大手の「アップリカ」は1947年創業の老舗ブランドです。早くからベビーカーを手がけており、開発は1949年からスタート。赤ちゃん医学や育児工学について深く研究し、最適なベビーカーの構造を導き出して製品作りに生かしています。

ベビーカーのバリエーションが豊富にあるのが特徴で、トラベルシステム対応タイプや双子タイプなどのラインナップもあり、個人のライフスタイルや好みに合わせてぴったりのモノが選べます。軽量モデルのB型ベビーカー「マジカルエアー」シリーズや、操作性が高い三輪型ベビーカー「スムーヴ」シリーズなどが人気の製品です。

マクラーレン(Maclaren)

By: amazon.co.jp

1965年、イギリスで創業された大手ベビー用品メーカーです。創業者であるオーエン・マクラーレン氏が世界で初めて折りたたみ式のベビーカーを発明しました。現在では世界50ヵ国以上で販売されており、スタイリッシュで洗練されたデザインは英国王室をはじめ、世界中のセレブに愛されています。

また、ヨーロッパの厳しい安全基準をクリアしていることも人気の理由。全製品に5点式安全ベルトを搭載し、赤ちゃんが立ち上がる危険性をなくすためにフロントバーを付けていません。子供の安全を第一に考えるパパやママにとって心強いブランドです。

ピジョン(Pigeon)

By: pigeon.co.jp

ベビー用品全般を扱う日本の育児用品メーカーです。1949年、母乳を与えることが難しいお母さんのためのほ乳瓶を開発したところからスタートしました。現在の事業は、ベビー用品からマタニティ、サプリメント、介護用品まで多岐にわたっています。

「愛」を経営理念に掲げている同社は、子育て支援事業なども積極的に行っているのが特徴です。真摯な取り組みが評価され、国内でさまざまな賞を獲得しています。

スムーズな走行性や、小回りのよさなどママにとって使い勝手のよいベビーカーが豊富にラインナップ。段差を乗り越えやすいように大きめのシングルタイヤやサスペンション、力が伝わりやすいフレームなどを採用しているのがポイントです。

ベビーカーのおすすめモデル|A型

アップリカ(Aprica) カルーンエアーAB

丈夫で軽いフレームとタイヤ回りのサスペンションにより、走行中のベビーカーのぐらつきを抑えた両対面式ベビーカーです。ワンタッチ操作により片手で折りたためるので、電車やバスでもストレスなく持ち運べます。

通気性の高いシートは丸洗いが可能で、こまめに洗濯が可能。大きな日除けは、紫外線を約98%カットすると謳われているうえに撥水加工が施されているので、直射日光や突然の雨から赤ちゃんを守れます。

ダブルタイヤは走行性が高く、小回りがききやすいのがメリットです。地面から52cmほどの高さがあるハイシートの下部には大容量のビッグバスケットを搭載し、荷物が増えやすい乳幼児期のお出かけをサポートします。

マクラーレン(Maclaren) テクノXT

マクラーレン(Maclaren) テクノXT

マクラーレンベビーカーのなかでもトップクラスの操作性と走行性で人気の背面式ベビーカーです。片手で操作できるリクライニングシートにより新生児から25kgまで対応できるため、体格が大きい子供でも安心して使用できます。

人間工学に基づいてデザインされたハンドルは持ちやすく、子供の身長に合わせて高さを調節することも可能。車体にある程度の重量を持たせることで安定感があり、前輪をシングルホイール、後輪をダブルホイールにすることで小回りと安定性を兼ね備えた作りになっています。

折りたたむと自立しませんが、フレームに持ち手が付いているので持ち運びに便利です。長く使えるシンプルでおしゃれなベビーカーを探している方におすすめします。

ピジョン(Pigeon) A形ベビーカー フィーノ

ピジョン(Pigeon) A形ベビーカー フィーノ

「ママだっこサスペンション」を採用することによって、衝撃を和らげ、抱っこのような揺らぎを再現しているベビーカー。3層のシートを使うことで、赤ちゃんを優しく包み込むのが魅力です。各シートは簡単に着脱可能。洗濯機で洗えるため、ラクにお手入れできます。

スイング式サスペンション付きの大径シングルタイヤを使用しており、段差をスムーズに乗り越えられるのも特徴。たたむと自立するため、収納時も場所をあまり取らず安心です。

グレコ(GRACO) シティライトRアップ

グレコはアメリカの大手ベビー用品メーカーです。本製品は4.8kgの軽量モデルながら、ハイシートで大容量カゴを備えていることが特徴。両対面式なので月齢や天候に応じて使い分けでき、ワンタッチ開閉が可能でしっかり自立します。シリーズ累計30万台を超えるロングセラー製品です。

シートの下に足カバーが収納されているので、必要時に取り出して防寒や雨よけにできるのがポイント。自由な角度でリクライニング調節ができるうえに、大きな日除けには2つの窓が付いており、対面時も背面時も赤ちゃんの様子が確認しやすくなっています。

シートやカゴのフチを彩るラインや日除けに付いたロゴワッペンがスタイリッシュでおしゃれ。かさばる荷物が気になる方におすすめのベビーカーです。

コンビ(combi) メチャカル ハンディ エッグショック MG

コンビ(combi) メチャカル ハンディ エッグショック MG

約4.4kgの超軽量ベビーカー。階段の上り下りや車の乗せ下ろしの場合に、赤ちゃんを片手で抱きながら軽々持ち運べます。ベビーカーの座面に持ち手を付けているため、しっかり安定して脇に抱えられるのもポイント。

頭部と座部に卵を落としても割れない衝撃吸収に優れた「エッグショック」を採用し、振動などから赤ちゃんを守ってくれるのが特徴です。シートは約55cmと高めに設計されており、地面の熱やほこりを遠ざけてくれるのも魅力。

サンシェードは足元まで包み込むため、紫外線や日差しを防ぎやすく熱中症対策にもなります。機能性に優れたモノを探している方におすすめの1台です。

ジョイー(Joie) スマバギ

ジョイー(Joie) スマバギ

ジョイーはイギリス生まれのベビー用品メーカーです。さまざまな走行テストや耐久性の実験など行い、安全性の高い製品を製造しています。本製品は生後1ヶ月から36ヶ月頃の赤ちゃんに使用できる両対面ベビーシート。対面と背面は、ハンドルを回して簡単に切り替えられます。

チャイルドシートのインナークッションを改良したソフトパッドを搭載しているので、走行中の衝撃や振動から赤ちゃんを守ります。ソフトパッドは、取り外して丸洗いできるため、清潔に保てるのもポイントです。

シートは125〜160°の間で無段階リクライニングでき、好きな位置で固定できます。シートの下には大容量のカゴが付いているため、おむつや着替えなどもすっきり収納でき便利です。

ベビーカーのおすすめモデル|B型

ピジョン(Pigeon) ビングル

お座りできるようになった赤ちゃんを乗せるベビーカーのポイントとなる、走行性と携行性にこだわったベビーカーです。スイング式サスペンションを備えたシングルタイヤを搭載し、路面の凹凸に左右されないなめらかで快適な走行性を実現。

3.6kgと軽量なうえにワンタッチで折りたためるので、階段や公共交通機関での持ち運びのストレスを軽減でき、赤ちゃんとのお出かけをサポートします。UVカット機能付きの日除けには、クリアなビニール製の小窓が付いているので赤ちゃんの様子が確認できて安心です。

ハイシートのため、座面下のカゴは大容量なのもポイント。前からも後ろからも出し入れしやすい設計で、赤ちゃんのぐずりなど不測の事態にもスムーズに対応できます。狭い道や凹凸のある道などでの押しやすさを重視する方におすすめのベビーカーです。

コンビ(combi) F2plus AF

コンビ(combi) F2plus AF

片手でも操作できる利便性が魅力の背面式ベビーカーです。人間工学を参考にした、握りやすく疲れにくいワンハンドグリップを採用。ワンタッチで開閉でき、片手で持ち運べるため、階段などでも困りません。

フレームはハンドルから前輪までが一直線につながる構造で、小さな力で押してもラクに動かせるのが特徴。前輪が後輪よりも小さく小回りがきき、狭い曲がり角でも安心して使えます。

背もたれはフラットに近いポジションまで角度を調節できるフルリクライニング仕様。また、角度調節が簡単なビッグサンシェードなども搭載し、ベビーカーに乗る子供が快適に過ごせる工夫が詰め込まれています。生後1か月の赤ちゃんから遊びたい盛りの子供まで、長く使えるベビーカーを探している方におすすめです。

アップリカ(Aprica) マジカルエアー AE

持ち運びも開閉時も楽に取り扱える3.2kgの軽さが魅力のベビーカー。大きな日除けで約97%の紫外線をカットすると謳われるアイテムです。50cmのハイシート設計や通気性の高いメッシュシートと合わせて、赤ちゃんを日焼けや熱中症から守ります。

ダブルタイヤと独自の「ゆれぐらガード」で走行時の振動を軽減。リクライニング機能が付いているので、赤ちゃんが寝てしまったら楽な角度まで倒してあげることも可能です。大容量のバスケットは後ろに大きく突き出たデザインのため、赤ちゃんが使う小物も簡単に出し入れできます。

ポップなデザインやカラー展開のなかから好みのモノが選べるのもポイント。赤ちゃんの成長や厚着する季節まで考慮した座席の広々設計も魅力です。階段を上り下りするシーンが多い方や小柄な方など、ベビーカーの軽さを重視する方におすすめします。

リッチェル(Richell) リベラ ルーチェ

リッチェル(Richell) リベラ ルーチェ

リッチェルは富山県に本社を構えるプラスチック製品の総合メーカー。ほ乳瓶や食器などベビー用品も多数取り扱っています。

本製品はワイドシートを採用しており、4歳ごろまで使える仕様なのがポイント。50cmの高さに設置されたハイシートと可動式の大きな日よけが、暑さやホコリから赤ちゃんを守ります。

30L入る大容量のワイドバスケット付きで、荷物が多いお母さんにも人気。ベビーカーを片手で折りたためたり、肩にかけて持ち運べるショルダーストラップがついていたりと利便性も良好。赤ちゃんはもちろん、お母さんにも優しいおすすめのベビーカーです。

エンドー クールキッズ CKバギー

エンドーは愛知県にあるベビー・介護用品の問屋で、本製品はオリジナルブランドのベビーカーです。アルミフレーム製で重さ2.8kgほどと軽く、付属のショルダーベルトで肩に掛けて持ち運びできます。

価格が安いので2台目のベビーカーの購入を迷っている方にもおすすめ。座面幅を2つに折りたたむことでスリムになるため、外出時にも手軽に持ち運べます。ダブルホイールで安定感があり、5点式のシートベルト付きで安全面も確保されたおすすめのベビーカーです。

J is for Jeep ジープ スポーツ スタンダード

足置きやシート、日除けなどに施されたJeepのロゴがスタイリッシュなベビーカーです。折りたたむと床面積でA4サイズに収まるコンパクトさがポイント。玄関収納や車に積む際にも便利で、付属のスタンドで自立する仕組みです。

大きくタフなタイヤを採用したことで走行に安定感があり、前輪のソフトサスペンションで衝撃を吸収できます。シャープでおしゃれなベビーカーがお手頃な価格で手に入るのも魅力。安定した走行性やおしゃれなフォルム、収納時のコンパクトさを重視する方におすすめです。

ベビーカーのおすすめモデル|三輪型

ジョイー(Joie) ライトトラックス

前輪がダブルホイールで360°回転し、後輪が大型ホイールなので安定感や走行性に優れたアイテムです。

座面のボタンを押しながらハンドルを引き上げるだけで簡単に折りたためます。海外製ですが、ベビーカーの幅は日本の改札をスムーズに通れるように設計されているのもうれしいポイント。

大きな日除けで紫外線を遮断し、メッシュ窓で赤ちゃんの様子も確認できます。背面式で生後1カ月から使用でき、厚いシートは乗り心地も快適。雨の日に便利なレインカバーも付いています。低月齢から使える多機能でおしゃれな三輪型ベビーカーを探している方におすすめです。

エアバギー(AirBuggy) ココ ブレーキ エクストラ

エアバギーは赤ちゃんと家族の理想を追求したモノづくりを目指す国内メーカー。本製品は操作性と安定感に優れた生後3カ月から使用できる背面式ベビーカーで、どっしりとした重量感と頑丈なフォルムが印象的です。ドリンクホルダー・ハンドル・フロントバーを美しい合皮素材で統一しており、高級感が漂います。

ハンドル部分に付いたブレーキが最大の特徴。手元でスピード調節ができるので、坂道が多い地域に住んでいる方や砂利道を走行する機会が多い方などには特におすすめです。エアタイヤによって振動を吸収し、スムーズな走行が可能なので、三輪型ベビーカーのメリットである小回りをスムーズにサポートできます。

レバー式で簡単に折りたため、自立スタンドで自宅や外出先でもコンパクトに収納が可能です。窓付きの大きな日除けがあり、レインカバーも標準搭載しています。軽い力で押せる走行性を重視したベビーカーを探している方におすすめです。

アップリカ(Aprica) スムーヴ スマートブレーキ

170°のリクライニングシートを搭載し、生後1か月から使える背面式ベビーカーです。空気入れが不要でパンクもしないメンテナンスフリータイヤを使用。でこぼこした路面でも衝撃を吸収して、赤ちゃんに負担を掛けることなく走行可能です。

手元のハンドルブレーキには手が離れると車輪がロックされる自動安心ブレーキが搭載されており、不意にベビーカーが動き出してヒヤリとする危険性を回避します。さらに、スイッチひとつで通常モードに切り替えることも可能です。

座面に付いたベルトを引っ張るだけで簡単に折りたたみでき、自立するので外出先でも困りません。安定した走行性と小回りのきく操作性、そしてなによりブレーキによる安全性の面でおすすめのベビーカーです。

グレコ(GRACO) シティトレック

グレコ(GRACO) シティトレック

生後1ヶ月から3歳頃まで長く使える3輪ベビーカー。大型エアタイヤにサスペンションを搭載しており、乗り心地に優れているのがポイントです。前輪には安定性が高いダブルタイヤを採用。3輪タイプに慣れていない方も、片手で簡単に操作できます。

また、収納性が高いのも魅力。ベビーカー下部の収納スペースが広めに設計されており、お出かけ時にも荷物をたくさん積めます。バーを下げれば、スーパーの買い物かごを搭載することも可能です。

ワンタッチで簡単にたためて、自立にも対応。玄関などの限られたスペースにも置いておけます。デザインがおしゃれなだけでなく、操作性や機能性にも長けたおすすめのベビーカーです。

クイニー(QUINNY) ザップ エクスプレス

クイニー(QUINNY) ザップ エクスプレス

オランダに本社を置く「クイニー」の三輪型ベビーカー。シート背面に用意されたファスナーを開くことで、座面がリクライニング仕様になるのが特徴です。

使用時のサイズは58×108×83cmで、折りたたみ時のサイズは37.5×30×73cmとコンパクトなのもポイント。耐荷重は15kgと十分なスペックを要しているのも魅力です。使い勝手のよい製品を求めている方はぜひチェックしておきましょう。