万年筆のメリットは、好きなインクを選んで書けること。多くのメーカーが色味の異なるインクを販売しているため、お気に入りの1品を選ぶ楽しさがあります。しかし、万年筆インクは種類がたくさんあり、どれを選べばよいかわからないことも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめ万年筆インクをご紹介。おすすめの製品だけでなく、種類や形状といった選ぶ際のポイントを解説します。

万年筆インクの選び方

インクの種類で選ぶ

染料インク

By: rakuten.co.jp

染料インクは、現在ラインナップしている万年筆インクのなかでもとくに製品数が多いモノ。手軽に使えて豊富なカラーバリエーションを楽しめるのが魅力です。

大きな特徴は、水に溶けやすいこと。そのため、万年筆の先にインクが詰まっても簡単に取り除けます。なお、水に溶けやすいという性質上、書いた文字がにじみやすく褪せやすいというデメリットもあるため注意が必要です。

時間が経つと文字が劣化してしまう可能性があるので、公的書類にサインするといったビジネスシーンには向きません。メモや日記などに使用するのがおすすめです。

顔料インク

By: rakuten.co.jp

顔料インクは染料インクより販売数は少ないですが、劣化しにくいアイテムです。水や色褪せに強いため、公的書類など長期間保管が必要なモノに文字を書くときに活躍します。また、染料インクよりも濃くはっきりとした文字を書けるので、力強い筆記をしたい方におすすめです。

一方、カラーバリエーションは染料より少なく、黒やブルーブラックがメイン。さらに、水に溶けにくい性質により、ペン先が詰まってしまうとメンテナンスが難しいデメリットがあります。こまめにお手入れをして、使いやすさを保つことが大切です。

没食子インク

By: rakuten.co.jp

販売されている製品数は少ないですが、昔ながらの万年筆インクとして知られているのが没食子インク。時間の経過とともにインクの色が変化し、風合いを楽しめるのが魅力です。

また、耐水性や耐光性がほかのインクよりも優れているため、長期間保管する書類にも問題なく使えるというメリットがあります。一方、こまめにメンテナンスをしないと万年筆の先が腐食してしまい、使えなくなることもあるので注意が必要です。

色で選ぶ

ブラックインク

By: amazon.co.jp

ブラックインクはクッキリ見やすく、汎用性に優れているのが特徴。日常のちょっとしたメモ書きからビジネスシーンの重要書類まで、あらゆる用途に活用できます。万年筆インクを1色だけ購入する場合は、ブラックインクがおすすめです。

なお、一口にブラックインクといっても微妙なトーンはメーカーやブランドによって異なるので、留意しておきましょう。

ブルーブラックインク

By: amazon.co.jp

ブルーブラックインクも、ブラックインク同様に定番カラー。乾くと黒よりもやや彩度が高い「濃紺色」になり、公的書類にも活用可能です。ブルーブラックインクは柔らかく洗練された印象を与えるほか、ハネやはらいなどの筆跡をより美しく見せられます。 万年筆ファンにも愛用者が多いカラーです。

カラーインク

By: amazon.co.jp

カラーインクは、カラフルなイラストを描いたり、メモや日記をおしゃれに書いたりしたい方におすすめ。赤や青、緑、黄色などさまざまな色合いのモノがラインナップされており、お気に入りの1色を見つけ出すまでの過程も楽しめます。

形状で選ぶ

ボトルタイプ

By: amazon.co.jp

インクがガラス瓶に入っているのがボトルタイプです。インク吸入器であるコンバーターを活用し、ボトル内からインクを吸い上げて使用します。ボトルタイプの魅力は、豊富なカラーバリエ―ション。また、調合用のインクを選べば、複数の色を混ぜ合わせてオリジナルカラーが作れるのもポイントです。

なお、万年筆インクは、インク内に含まれる水分が蒸発することにより徐々に色味が濃くなっていくもの。ボトル内でも色味の変化は起きるので、色味変化を防ぎたい方や万年筆の使用頻度が低い方は、通常サイズよりも小さなミニボトルタイプを選んでおくのがおすすめです。

カートリッジタイプ

By: amazon.co.jp

カートリッジタイプは、インクカートリッジを万年筆に直接装着することでインク補充を行うタイプです。手が汚れることもなく楽に補充できるほか、持ち運びしやすいのが魅力。万年筆をボールペン感覚で、家でも外でも気軽に使いたい方におすすめです。

しかし、カートリッジタイプは互換性が低く、基本的には万年筆と同じメーカーの製品を選ぶ必要があります。そのため、必然的に選択肢が大きく狭まってしまう点には留意しておきましょう。

万年筆インクのおすすめメーカー

パイロット(PILOT)

By: pilot.co.jp

手帳やペンなどの筆記具を手掛ける「パイロット」。万年筆の国内3大メーカーに数えられ、豊富な製品展開と優れた品質で高い評価を得ています。万年筆インクの種類も幅広く、通常タイプから製図用や証券用までラインナップ。また、比較的リーズナブルな価格設定のアイテムが多く、コスパに優れているのもメリットです。

ラミー(LAMY)

By: amazon.co.jp

ドイツに本社を構える筆記具メーカー「ラミー」。同ブランドの万年筆は革新的かつ機能的なデザインで知られており、万年筆インクも同様の特徴を有しています。特にボトルインクは、インクを最後まで吸い取れるように設計されていたり、ペン先清掃用のペーパークロスが付いていたりと実用性に優れているのがポイント。

また、ターコイズやバイオレッドなど、日本ではあまり見かけることのない美しいカラーバリエーションも魅力です。

セーラー(SAILOR)

By: amazon.co.jp

パイロットと並び、万年筆の国内三大メーカーとして知られる「セーラー」。同ブランドの万年筆インクも、製品が豊富にラインナップされています。

なかでも、ブランドが独自開発した「超微粒子顔料」を使用しているインクは要チェック。水や色褪せに強い「顔料インク」と目詰まりがしにくい「染料インク」のメリットをどちらも兼ね備えており、万年筆ユーザーから高い人気を集めています。

万年筆インクのおすすめ|ブラックインク

パイロット(PILOT) インキ350ml INK-350

350mlの大容量が魅力の万年筆インクです。たっぷりと使えるため、万年筆の使用頻度が多い方や大人数で小分けして使いたい方におすすめ。大容量ながら価格帯はリーズナブルで、コスパに優れています。

また、ブラックのほかに、ブルーブラックやレッドもラインナップ。できるだけ容量の大きいモノを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ラミー(LAMY) ボトルインク ブラック LT52BK

優れた実用性が魅力の万年筆インクです。ボトル中央の底が凹んでいるため、インク残量が少なくても最後までしっかりと吸い取ることが可能。また、ボトル側面の下部には「ペーパークロス」を配置しており、ペン先がインクで汚れたりインク漏れが起きてしまっても簡単に拭き取れます。

ボトル容量は50mlと、程よい大きさ。さらに、さらりと伸びる快適な書き心地を楽しめるのもポイントです。なお、ブラックのほかにターコイズやグリーン、レッドなどのカラフルな色調も展開しています。

モンブラン(MONTBLANC) インクボトル ミステリーブラック MB105190

ラグジュアリーな色合いが魅力のブラックインクです。書いた直後は青みがかった黒ですが、乾くと赤紫色が混ざったあたたかみのある黒に変化します。また、インクフローがよい染料インクなので、サラサラと書きやすくペン先のお手入れにも手間が掛かりません。

さらに、ユニークな靴型のボトルデザインも特徴のひとつ。インクタンクが大小2つに分かれており、ボトルを傾けることで最後まできっちりとインクを使いきれます。高級感のあるガラス製で、机上をおしゃれに演出したい方にもおすすめ。クラシカルで上品な筆記に仕上げたい方は要チェックです。

カランダッシュ(Caran d’Ache) ボトルインク クロマティクス 8011-009

六角形のプリズム型ボトルがおしゃれな万年筆インクです。ボトル全体が斜めに傾いているため、簡単にインクを補充できるのが特徴。見た目がおしゃれなアイテムを探している方におすすめです。

また、顔料インクなので水や色褪せに強く、長期間文字がキレイに保てるのも魅力。デザイン性・実用性ともに優れた万年筆インクです。

セーラー(SAILOR) 顔料カートリッジインク 極黒 13-0604-120

セーラー独自開発の「超微粒子顔料」を使った万年筆インクです。超微粒子顔料は、通常の顔料よりも粒子が小さいことから顔料インク・染料インクのメリットを兼ね備えているのが特徴。優れた耐水性・耐光性を誇りながらも、インク詰まりを起こしにくく、サラサラとなめらかな書き味を楽しめます。

また、クッキリと濃い文字を書ける「極黒」ながら、文字の滲みや裏抜けが起こりにくいのもメリット。速乾性にも優れているので、メモ書きや宛名書き、公文書への署名など、幅広いシーンで活躍します。

さらに、カートリッジタイプなので簡単にインク交換ができ、持ち運びも簡単。12本入りながら価格帯もリーズナブルで、コスパに優れたおすすめの万年筆インクです。

プラチナ万年筆 万年筆カートリッジインク ブラック 10本 SPSQ-400#1

世界で初めてカートリッジ式インクを発売したことで知られる「プラチナ万年筆」の万年筆インクです。染料インクなので、インクフローがよく目詰まりの解消も簡単。また、インクにブランド独自の特殊樹脂を配合することで、優れた耐水性・耐光性も実現しています。

さらに、カートリッジ内にステンレス製の小さなボールを配置しているのもポイント。万年筆本体を振るとボールがインクを程よくかき混ぜるため、文字がかすれてしまうこともなく滑らかに筆記できます。10本入りながら安い価格帯で購入できる、おすすめの万年筆インクです。

プラチナ万年筆 カートリッジインク ブラック SPN-100A 4280019

万年筆のみならず、人気のフェルトペン「プレピー マーキングペン」にも使えるカートリッジインクです。シーンに応じて、万年筆とフェルトペンを使い分けたい方にぴったり。出先でも簡単にインク補充ができ、持ち運びにも困りません。

さらに、染料インクなのでインクフローもなめらかで、ペン先のインク詰まりも手間なく取り除けます。価格帯もリーズナブルなため、まとめ買いにもおすすめです。なお、ブラックのほかブルーやブラウンもラインナップしています。

万年筆インクのおすすめ|ブルーブラックインク

パーカー(PARKER) ボトルインク クインク ブルーブラック 1950378

イギリス生まれの高級筆記具ブランド「パーカー」の万年筆インクです。本製品は、染料インクながら速乾性に優れているのが特徴。素早く筆記しても文字の滲みや擦れが起きにくいため、メモやノートをとる際などに重宝します。

ボトルの容量は57ml。また、同ブランドのブルーブラックは、視覚的に優しい色調で読みやすいのもメリットです。乾くにつれて青みの強い濃紺色に変化していくので、白い紙はもちろん、ややセピアがかった便箋やノートなどの筆記に使うとおしゃれな雰囲気を演出できます。

ペリカン(Pelikan) ボトルインク 4001/76 ブルーブラック

安定したインクフローと力強い書き味が特徴的な万年筆インクです。深みを感じさせる鮮やかな濃紺色が特徴。没食子インクなので耐水性・耐光性にも優れており、長期間保管する書類などにも安心して使用可能です。

また、時間の経過とともに文字の色合いや風合いが変化していくのも魅力。どこか懐かしさを覚えるレトロなボトルデザインで、机上をおしゃれに演出できるおすすめアイテムです。

ペリカン(Pelikan) 万年筆 ボトルインク エーデルシュタイン タンザナイト

それぞれのカラーに宝石の名前がつけられた万年筆インク。上品で落ち着きのあるブルーブラック「タンザナイト」をはじめ、「オニキス」「サファイヤ」「アヴェンチュリン」などの多彩なカラーがラインナップしています。

ボトルの容量は50mlと程よい大きさ。また、濃淡や発色も美しく、ペン先の仕様やタッチの変化によってさまざまなニュアンスを楽しめます。さらに、ディテールまでこだわりを感じるかわいらしいボトルデザインもポイント。重厚感と柔らかな曲線美を備えており、プレゼントにもおすすめです。

プラチナ万年筆 万年筆用 瓶インク インクリザーバー付き ブルーブラック INK-1200#3

ボトル内に「インクビン吸入補助具(リザーバー)」を設けている万年筆インク。ボトル本体を一度ひっくり返すだけで適量のインクがリザーバー内に溜まるため、簡単にコンバーターで吸い上げることが可能です。

また、 染料インクなのでインクフローもよく、さらさらと快適に書けるのもポイント。ペン先のインク詰まりも、手間なく取り除けます。カラーは、ブルーブラックのほかに定番の黒・赤も展開。インク補充が苦手な方におすすめの万年筆インクです。

ウォーターマン(WATERMAN) ボトルインク ミステリアスブルー S0110790

日記やメモ書き、イラスト描きなどのカジュアルなシーンにおすすめのブルーブラックインクです。色名「ミステリアスブルー」のとおり、個性的で鮮やかな色合いが特徴。書いた直後の紺に近い青から徐々に緑がかった青に変化していき、やがてターコイズに近い青緑色へと落ち着きます。

また、機能美に優れたボトルデザインも魅力。側面に独特のカットが施されていることからボトル本体を傾けられるため、インク残量が少なくなっても最後まできっちりと吸入できるおすすめアイテムです。

シュナイダー(Schneider) 万年筆 インクカートリッジ ミッドナイトブルー BS6723

欧州共通規格の万年筆インクです。透明な容器内にインクカートリッジが30本も詰められており、コスパに優れているのが特徴。容器はシンプルながらおしゃれなデザインなので、中のカートリッジをすべて使い切ったあとは小物入れとして活用可能です。

優しく深みのある濃紺色で、筆記に柔らかな印象をもたせたい方にぴったり。また、速乾性に優れているため、走り書きをしても手が汚れにくいのも魅力です。退色にも強いので、保存したい文章の筆記にも適しています。

万年筆インクのおすすめ|カラーインク

パイロット(PILOT) iroshizuku mini 3色セット

本製品は、好みの3色を選べるセットモデル。雲ひとつない青空を表現した「紺碧」や燃えるような夕焼け空を彷彿とさせる「夕焼け」、山荘に咲き乱れるコスモスの花をイメージした「秋桜」など、彩り豊かな計24色から好きな色を選べます。

15mlのミニボトルタイプのため、少しずつさまざまな色を試したい方におすすめ。また、専用ケース入りなのでプレゼントにも適しています。色合いにこだわりたい方は、ぜひチェックしてみてください。

セーラー(SAILOR) 四季織 十六夜の夢 若鶯 13-1008-211

豊富なカラーラインナップが特徴的な万年筆インクです。本製品は「若鶯」というグリーン系の色を採用していますが、そのほかピンク系の「桜森」やブルー系の「蒼天」などもラインナップしています。

ボトル容量は20mlと小さいため、使用頻度が少ない方や複数揃えてカラーコレクションを楽しみたい方におすすめです。パッケージには、繊細な色合いを引き立てるシンプルなデザインを採用しています。日記をおしゃれに彩ったり、季節によって色を使い分けたりとさまざまな使い方が可能です。

セーラー(SAILOR) ストーリア 万年筆用顔料ボトルインク 20ml 13-1006

多彩なカラーを展開している顔料インクです。カラーラインナップは、レッドやパープル、グリーン、イエローなどの計8色。ボトル容量は20mlと小さいため、手軽にさまざまな色を試せます。

粒子の小さい「超微粒子顔料」を採用しているのもポイント。水や色褪せに強く、かつ裏抜けのしにくい「顔料インク」のメリットはそのままに、染料インクのようにさらさらと快適な書き心地を実現しています。絵具やペンと合わせて、日記やイラスト描きに活用したい方にもおすすめです。

エルバン(J.HERBIN) トラディショナルインク カランクブルー hb11514

パリで生まれた老舗ブランド「エルバン」の万年筆インクです。本製品は明るいブルーを採用していますが、黒や茶色などのスタンダードな色をはじめ、ミントグリーンやカシスなど個性的な色も展開しています。

ボトル容量は約10mlとかなり小さいため、万年筆の使用頻度が低い方にもおすすめ。複数揃えて、気軽にカラーコレクションを楽しめるアイテムです。

プラチナ万年筆 クラシックインク(CLASSIC INK) カシスブラック INKK-2000

耐水性や耐光性に優れた没食子インクです。長期間保管する書類にも安心して使用できるのに加え、時間の経過とともに筆跡が黒色へ変化していくのが特徴。また、万年筆ならではの色の濃淡がハッキリと出ているため、味わい深い筆記を楽しみたい方にぴったりです。

ボトル容量は60ml。カラーは、カシスブラックをはじめ、カーキブラックやシトラスブラック、フォレストブラックなどの計6色を展開しています。さらに、飾っておくだけでインテリアの一部になるレトロでおしゃれなデザインも魅力。ちょっとしたプレゼントにもおすすめの万年筆インクです。

プラチナ万年筆 ミクサブルインク(MIXABLE INK) ミニ サニーイエロー INKM-1000-30

色調にこだわりたい方へおすすめの万年筆インクです。同シリーズのインク同士を混ぜ合わせることで、オリジナルカラーを創り出すことが可能。カラーラインナップはサニーイエローほか、フレイムレッドやオーロラブルーなど計9色です。

ボトルの容量は20mlと小さいため、気軽にさまざまな色の調合にチャレンジ可能。なお、調合する場合は別売りの「調合キット」が必要になるので留意しておきましょう。

神戸INK物語 青系 kobeink-bl

「神戸INK物語」は、美しい街並みと自然に恵まれた「神戸」の街をイメージして作られたカラーインクシリーズ。染料インクなのでインクフローがよく、美しい濃淡を楽しめるのもポイント。また、ペン先のインク詰まりも簡単に取り除けます。

ボトル容量は50ml。さらに、ブルー系だけでも19色と豊富に揃っているため、複数揃えて微妙な色調の違いを楽しみたい方はチェックしてみてください。

万年筆について知りたい方は、以下の記事もあわせてチェックしてみてください。