筆圧やインクによって、書いた文字の味わいが変わる「万年筆」。一度は使ってみたいとあこがれているものの、種類やメーカーもさまざまなので、どれを選んだらいいのか迷う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの万年筆を価格帯別にご紹介。1,000円未満の手軽に使えるモデルもあるため、参考にしてみてください。

万年筆の選び方

ペン先の素材や太さをチェック

By: amazon.co.jp

万年筆は、ペン先の素材や太さで書き味が異なるため、ペン先の素材は選ぶ際の重要なポイントです。素材は主に金かステンレス。金は14K・18K・24Kが使用されており、インクがかすれにくく滑らかな書き味が特徵です。やわらかいため使用していると擦り減りますが、自分の癖に合わせた形に変化するので、使うほど書きやすくなります。

ステンレスは、硬くカリカリとした書き心地が特徴です。素材自体が安価なため、リーズナブルな価格で手に入るのが魅力。しかし、酸に弱く、インクが酸性だと腐食しやすいのが難点です。

また、ペン先の太さは極細~極太まであり、アルファベットで表記されています。EFまたはXFが極細、Fが細、Mが中太、BまたはLが太、BBまたはXLが極太です。中太字は汎用性が高く実用的なため、幅広く使用できます。狭い範囲や細かい書き込みが多いのであれば、極細または細字がおすすめです。

ペン軸をチェック

By: amazon.co.jp

快適な筆記のために、ペン軸の太さにもこだわりましょう。ペン軸は主に細軸と太軸に分けられます。太軸は疲れにくく長時間の使用に適しているといわれていますが、ペンホルダーなどに入らず、持ち運びしにくいのが難点です。

細軸は握るときに力が入りやすいため疲れやすく、長時間の使用には不向き。しかし、携帯性に優れており、ペンホルダーへの収まりもよいので、日常使いには適しています。

インクの補充方式をチェック

吸入式

By: sailor.co.jp

吸入式は、万年筆の開発当初から用いられている伝統的なインク補充方式です。ペン先をインクボトルに浸して尻軸を回転させると、ピストンが上下しインクを吸い上げて、胴軸のなかにインクが貯まります。

吸入式はほかの方式に比べインク容量が大きく、一度に多くのインクが補充できて長く使えるのが魅力。インクボトルは種類が豊富で、好みのインクが選べるのもポイントです。

カートリッジ式

By: amazon.co.jp

カートリッジ式は、インクが入ったカートリッジを差し込むと補充できます。簡単にインク交換が行え、手が汚れにくく携帯しやすいのがメリットです。外出先でインクを切らしてしまっても、カートリッジを交換すればすぐに使えます。

カートリッジを差し込むだけで手軽に使用できるため、万年筆に慣れていない初心者の方におすすめです。しかし、容量が少なく、頻繁にカートリッジの交換が必要な点については留意しておきましょう。

両用式(コンバーター式)

By: amazon.co.jp

両用式は、インク吸入器「コンバーター」を用いた補充と、カートリッジでのインクの補充が可能なタイプ。カートリッジインクも、インクボトルも楽しみたい方におすすめです。

コンバーター式の吸入方式は、吸入ノブを回してインクを吸い上げる「回転式」、プレートを押してインクを吸入する「板バネ式」、ノブを数回プッシュしてインクを吸い上げる「プッシュ式」の3種類があります。両用式の万年筆を選ぶ際は、コンバーターの吸入方式もチェックしておきましょう。

価格で選ぶ

万年筆の価格は、1,000円以下から数十万円まで幅広いのが特徴。価格が高い万年筆は、それだけ品質がよいモノも多くありますが、予算を考慮して選ぶようにしましょう。

また、価格が安いからといって、使いにくい万年筆であるとは限りません。それぞれの価格帯ごとに、使いやすくデザイン性の高い製品もあります。1,000円以下で気軽に使えるモノ、高いけれど長く使えるモノなど目的に応じて選んでみてください。

万年筆のおすすめ国産メーカー

パイロット(PILOT)

By: pilot-custom.jp

2018年で創業100周年を迎えた「パイロット」は、一流の国産万年筆メーカーとして名高く、初心者から愛好家まで人気を集めています。品質の高さは海外からも注目され、エルメスの「ノーチラス」コレクションの製造なども手掛けました。

パイロットの万年筆は「書く」ことにこだわって開発されているため、文字の「トメ・ハネ」がしやすく、日本語を書くのに適しています。種類が豊富ながら品質に個体差が少なく安定しているので、万年筆選びに困ったらパイロットを選ぶのがおすすめです。

セーラー万年筆

By: amazon.co.jp

パイロット・プラチナ万年筆に並び、国内三大万年筆メーカーのひとつである「セーラー」。国内ではじめて先がふたつに割れた金ペンを製造したメーカーです。創業当時から継承される手作業にこだわり、国内での製造を徹底しています。

初心者向けの「プロムナード」や代表モデル「プロフィット」をはじめ、女性向けのポップな万年筆「キャンディ」も人気。有田焼や蒔絵などといった日本の伝統工芸を採用している高級万年筆などを、豊富にラインナップしています。限定モデルが多いのも特徵です。

プラチナ万年筆

By: platinum-pen.co.jp

創業から100年が経過する日本の老舗メーカー「プラチナ万年筆」。ボールペン・シャープペン・マーカー・筆ペン・製図ペンなど、多くの筆記用具を扱うメーカーで、万年筆のラインナップも豊富です。また、万年筆用のインクやカートリッジも多数製造しています。

和を感じさせるような特徴的なデザインのモノから、シンプルでビジネスシーンでも使いやすい製品まで幅広く扱っているので、好みのモデルを探しやすいのがメリット。リーズナブルな価格で購入できるモデルもあるため、はじめて万年筆を買う方にもおすすめのメーカーです。

万年筆のおすすめ海外メーカー

モンブラン(MONTBLANC)

「モンブラン」はドイツの高級筆記用具メーカー。万年筆の代名詞として有名な「マイスターシュテュック」で知られています。ペン先にモンブラン山の標高「4810」を刻印し、トップには山頂の雪を再現した「ホワイトスター」と呼ばれるトレードマークのロゴが入っているのが特徵です。

太さ・重さ・長さ・重心を明記しているため、自分に合った万年筆が選びやすいのが魅力。修理・交換などアフターサービスも充実しています。一生モノの万年筆を探している方におすすめのメーカーです。

ペリカン(Pelikan)

By: amazon.co.jp

170年以上の歴史を持つ老舗高級筆記具メーカー「ペリカン」。ふたつの異なるギアでインクを吸入し、ハンドルをより速く回転して上下する「ディファレンシャル・ピストン・メカニズム」を世界に先駆けて発表しました。

ペリカンは吸入式にこだわり、カートリッジ式の約3倍のインク補充が可能。また、吸入式であるため、ペン先の洗浄などのメンテナンスがしやすいのも魅力です。実用性を重視した万年筆づくりと豊富なラインナップで、大人はもちろん子供にもおすすめ。胴軸の縦縞模様がシンボルの「スーベレーン」は、同メーカーの代表モデルです。クリップはペリカンのくちばしをモチーフにしています。

パーカー(PARKER)

By: amazon.co.jp

イギリス王室御用達の老舗筆記具メーカーである「パーカー」。創業者の「よりよいペンを作れ」の方針を継承し続け、業界最先端の技術を惜しみなく注ぎ込んでいます。

ビッグレッドの愛称で親しまれているフラッグシップモデル「デュオフォールド」は、同メーカー渾身の万年筆。卓越した熟練の技術と先進的かつ革新的なデザインで、「ソネット」や「IM」など、さまざまな名品を生み出しています。

万年筆のおすすめモデル|1,000円前後

パイロット(PILOT) カクノ EF極細字

シンプルでかわいらしいデザインが人気の万年筆です。転がりにくく持ちやすい六角形の軸と、3本の指にしっかりとフィットするなだらかな三角形のグリップを採用。ペン先には笑顔のマークが入っており、書くのが楽しくなるように工夫されています。また、キャップが開けやすいように、指をかけるくぼみがついているのも特徴です。

カートリッジ式ですが、コンバーターを挿して使うことも可能。手軽に使えるので、初めて万年筆を購入する方にもおすすめです。カラーラインナップも豊富に用意されています。

セーラー万年筆 ふでDEまんねん 若竹

特殊なペン先を採用したカートリッジ式万年筆です。筆の扱いが苦手な方でも、簡単に筆文字をかけるのが特徴。ペン先を立てれば細字、寝かせれば太字と、筆記角度によって文字の太さを調節できるのがメリットです。

実際の筆よりも握りやすく書きやすい点が人気の理由。「若竹」は、ペン先の角度が55°なので、ペンを立てて書く方に特におすすめの製品です。

セーラー万年筆 ハイエース ネオ万年筆

万年筆初心者におすすめの気軽に使える製品です。アルミと樹脂を使用した軽量なボディに、しっかりとした書き味が得られるステンレス製のペン先を採用しています。

リーズナブルな価格で購入できるのがポイント。カートリッジインクのほか、コンバーターを使ってインクボトルからの補充も楽しめる両用式です。デザインがシンプルなので、ビジネスシーンで使用したい方にも適しています。

プラチナ万年筆 PLAISIR プレジール PGB-1000

リーズナブルな価格ながら、高級感ある外観を有している万年筆です。金属製のボディには擦り傷に強い加工が施されており、長く使いたい方におすすめ。ペン先はステンレス製で、カリカリとした書き心地が魅力です。

キャップを閉めた状態であれば、1年間使わなくてもインクが乾かない「スリップシール機構」を採用。使いたい時にさらりと書き出せるのがうれしいポイントです。

プラチナ万年筆 Preppy プレピー SQC-400

透明なボディを採用したコスパに優れた万年筆です。使用しているインクの色が目で見て確認できるのが特徴。ボディやキャップの素材にはポリカーボネートが使われており、軽量なのもメリットです。

また、「スリップシール機構」が採用されているのもポイント。キャップを閉めていれば、長期間インクが乾きにくいのが魅力のおすすめ製品です。ペン先の太さは細字なので、細かい書きこみにもぴったり。リーズナブルなため、常用ペンとして気軽に使えます。

ペリカン(Pelikan) ペリカーノJr

子供向けに製造されたカートリッジ式万年筆です。本体の素材にはプラスチックを採用しており、軽くて使いやすいのが特徴。キャップを万年筆のお尻に取り付ければ、重量感が出るので書きやすさも向上します。

文字の太さは、滑らかで書きやすい中字。お子さんの万年筆デビューや、入学祝いとしてもおすすめです。本製品にはブルーのインクが付属していますが、替えのカートリッジを利用すれば、ほかの色も楽しめます。

ペリカン(Pelikan) ツイスト

人間工学に基づいて設計された万年筆です。ペン軸にツイストを施したことにより、持ちやすく書きやすいのが特徴。長時間の筆記作業時に、手や指にかかる負担を軽減できるので、常用ペンとしてもおすすめです。

キャップを閉めるとよりポップなデザインになる見た目もおしゃれ。カラーラインナップも豊富かつ、リーズナブルな価格で購入できるので、色違いで揃えるのもおすすめです。

ラミー(LAMY) safari L17

ラミーのロングセラーモデル「サファリ」。軽量で丈夫な樹脂素材を採用した万年筆です。ボディには、正しい筆記姿勢を保ちやすいようにくぼみを搭載。大型のワイヤー製クリップによって、厚手のポケットにも挟みやすいのが魅力です。

サファリシリーズはカラーラインナップが豊富で、ファッションと合わせやすいのもポイント。特別カラーの限定モデルも登場しており、世界中の筆記用具ファンからも注目される人気シリーズとなっています。価格も安く、日常使いにおすすめの万年筆です。

万年筆のおすすめモデル|1万円未満

パイロット(PILOT) コクーン

美しい曲線で構成されたボディが特徴の万年筆です。一筆で書いたようなフォルムは、シンプルながらもおしゃれなデザイン。やや太めの軸径を採用しており、握りやすいのもメリットです。使用する際は、手の平にほどよい重量感が感じられ、しっくりと馴染みます。

カートリッジや専用ギフトケースも付属しており、万年筆初心者へのプレゼントとしてもおすすめです。

セーラー万年筆 クリアーキャンディ

セーラー万年筆の創立100周年を記念して作られたカートリッジ式万年筆です。ボディが透明なので、インク残量の確認が可能。シンプルでおしゃれなデザインが人気の製品です。

ペン先の太さは中細を採用。中太と同じく汎用性が高いので、常用ペンとしてもおすすめです。

セーラー万年筆 プロムナード

シックで高級感のあるデザインながら、リーズナブルな価格で購入できるモデルです。オールブラックのボディにゴールドを配したシンプルな外観は、ビジネスシーンにもおすすめ。シンボルマークである「イカリマーク」もクリップにしっかりと刻印されています。

ペン先は14K製で、滑らかに筆記できるのが魅力。ペン先の太さは中字と、さまざまなシーンで活躍するおすすめの製品です。

プラチナ万年筆 プロシオン

一等星のひとつである、こいぬ座の恒星「プロキオン」に由来する名称を持つ万年筆です。「ビジネスシーンや生活シーンで、アクセントとして輝く万年筆」がコンセプト。鮮やかなカラー展開のボディがおしゃれです。

「スリップシール機構」を搭載。インナーキャップでペン先を完全機密し、乾燥を防止します。フレッシュなインクの状態で筆記できるのがメリットです。

インク吸引方法は両用式。コンバーターでインクを吸入する際、グリップまで浸す必要がない新設計ペン芯により、残量の少ないインク瓶からも補充できます。また、滑らかな書き味が魅力の「五角絞り大型ペン先」を採用しているのもポイントです。

パーカー(PARKER) パーカー・IM

高い品質とコスパのよさが人気の万年筆です。滑らかな書き味の「ツイストアクションメカ二ズム」を採用。比較的リーズナブルな価格で購入できるエントリーモデルながら、持ちやすさとモダンなデザインを両立しています。プレゼントとしてもおすすめです。

インクの補充には両用式タイプ。コンバーターが付属している点も魅力です。

ラミー(LAMY) AL-star 万年筆

おしゃれなデザインのラミー「サファリ」のボディをアルミ製にした万年筆です。くぼみがついたグリップやワイヤー式のクリップなど、個性的なデザインが人気。カラーラインナップも豊富で、男女問わず幅広い層の支持を集めています。

インクの補充には両用式を採用。コンバーターは別売りですが、ブルーのカートリッジが1本付属しています。価格は定番モデルのサファリの方が安いですが、高級感あるデザインの製品を探している方におすすめです。

ウォーターマン(WATERMAN) エキスパート エッセンシャル GT万年筆

上質な素材を使用した万年筆です。ふっくらと丸みのある葉巻のようなデザインが特徴。深みのあるブラックと光り輝くゴールドを基調としたシンプルなデザインですが、洗練されたスタイリッシュな美しさを感じさせます。

ペン先には23Kゴールドで仕上げたステンレススチールを採用。シンボルマークである「W」のレタリングが施されているのもポイントです。ペン先の太さはEFと細いため、手帳などに筆記する際に活躍します。

カヴェコ(Kaweco) スカイラインスポーツ 万年筆

おしゃれなデザインが人気の万年筆です。本体サイズは約13×2×2cmとコンパクト。ポケットに収まる大きさですが、使用する際にはキャップをお尻部分に差し込んで充分な長さを確保できます。

ペン先・インプリント・キャップのロゴは、シルバーで統一。スポーティでポップなデザインながら、上品さも感じられます。ボディはプラスチック製のため軽量。リーズナブルな価格で、気軽に使用できるおすすめモデルです。

インクの補充は両用式を採用。予備のカートリッジと一緒に携帯すれば、インクが切れても交換してすぐに使えます。

万年筆のおすすめモデル|5万円未満

セーラー万年筆 プロフィット21 万年筆

きめ細かさと力強さが融合したデザインの万年筆です。美しいボディフォルムは、手の平に優しくフィットする形状。しっかりとした握り心地と重量感が得られるので、長時間の筆記作業にも適しています。

ペン先には21Kを採用。より滑らかな書き心地が味わえるだけでなく、高級感ある輝きも楽しめます。万年筆独特の線の強弱やインクの濃淡を楽しみたい方におすすめの製品です。

プラチナ万年筆 セルロイド Platinum#3776

美しい発色が魅力的な万年筆です。セルロイドをスライスして板状にしたモノを1本1本巻いてパイプ状に成型。半年かけて丁寧に製造されています。

赤と白が基調の「キンギョ」と呼ばれるカラーのほか、個性的なデザインが豊富にラインナップしているのも特徴。かわいらしい万年筆を探している方におすすめです。

ペリカン(Pelikan) Souveran 万年筆 M400

ペリカンを代表する吸入式の万年筆。素材に14Kを採用したペン先には、同社のモチーフである「ペリカンの母子像」があしらわれています。

縞模様が美しいボディは、デザインだけでなく、長さ・太さ・重心のバランスにも優れています。ドイツ語で「卓越した」「優れモノ」などを意味する「スーベレーン」の名を冠した本製品は、高級感と機能性を高度に融合させた万年筆としておすすめです。

パーカー(PARKER) ソネット プレミアム

スタイリッシュなデザインの万年筆です。手に持った際の重量感やバランスに優れているのが特徴。長時間の筆記作業にも適しています。ペン先には18Kを採用。滑らかな書き味が楽しめます。

コンバーターが付属しており、インクボトルからインクの補充が可能。カートリッジインクにも対応します。ビジネスシーンからフォーマルまで、幅広く活躍する万年筆としておすすめです。

ラミー(LAMY) LAMY 2000 万年筆

1966年に発表されたラミーの原点ともいえる万年筆です。「西暦2000年になっても色褪せないデザイン」というコンセプトでデザインされており、シンプルながらスタイリッシュな見た目が魅力。ボディは磨き上げられた樹脂表面に繊細なヘアライン加工が施されています。

ペン先には、プラチナコーティング仕上げの14Kを採用し滑らかな書き心地が特徴。インクの補充方式は、吸入式です。

シェーファー(SHEAFFER) プレリュード 万年筆

クラシックなディテールと現代的なデザインを両立した万年筆。ビジネスシーンからフォーマルまで幅広く使用できるのが特徴です。ペン先には14Kを採用。軽く滑らかな書き味が楽しめます。

カラーバリエーションの豊富も魅力。上品かつシンプルな見た目のため、プレゼントとしてもおすすめです。

クロス(CROSS) タウンゼント 万年筆 N576

クロス創業者の長男である発明家「アロンゾ・タウンゼント・クロス」の名を冠した万年筆。アールデコ調の美しいラインと、重厚感のあるボディデザインが特徴です。

ペン先には18Kを採用。滑らかな書き心地が魅力です。ブラックとゴールドを基調としたスタンダードデザインのほか、豊富なカラーバリエーションも用意されています。

万年筆のおすすめモデル|5万円以上

パイロット(PILOT) カスタム 845

光沢を持つ「エボナイト」を使用した万年筆です。強度に優れたエボナイトを削り出し、漆で仕上げた美しいボディが特徴。艶が楽しめるだけでなく、手にしっとりと馴染む感触も得られます。

大型のペン先は18Kを採用。安定性に優れており、滑らかでスムーズな書き味を楽しめます。先端には合金が溶接されているので、摩耗にも強いのがポイントです。

モンブラン(MONTBLANC) マイスターシュテュック レッドゴールドコーティング クラシック 万年筆

エレガントなデザインが魅力の吸引式万年筆です。ボディとキャップには「ディープブラックプレシャスレジン」を採用。シンボルマークである「ホワイトスター」も美しく、高級感ただよう外観が特徴です。

ペン先には、14Kのレッドゴールドを使用。滑らかな書き味が楽しめます。筆記具を超えたラグジュアリーアイテムとしてもおすすめです。

パーカー(PARKER) デュオフォールド クラシック センテニアル 万年筆

熟練職人の手作業によって組み立てられた万年筆です。18Kのペン先には、フラッグシップモデルの証である「エース」デザインを刻印。ロジウムでハイライトを施した美しいデザインも魅力的です。

高品質な樹脂製のボディは、持ちやすく手に馴染みやすい形状。ブランドの象徴である「矢羽クリップ」も採用されており、品位を感じるデザインです。

ヴィスコンティ(VISCONTI) 万年筆 ホモサピエンス

ボディ素材に玄武溶岩を採用した万年筆。イタリア「エトナ火山」で採取した、硬質で耐久性に優れた溶岩素材を、ヴィスコンティ独自の技術で成型しているのが特徴です。

ハンマーでたたいても損傷しないほどの硬さを持ち、高熱にも強い素材は、ひんやりとした独特の手触りも魅力。汗などの水分も吸収するので、夏場でも快適に使用できます。個性的な万年筆を探している方におすすめです。

アウロラ(AURORA) オプティマ No.996 万年筆

1930年代のベストセラー万年筆を復刻したモデル。ボディには、「アウロロイド樹脂」を採用しており、リングには古代ローマ時代の「グレカ・パターン」が刻印されています。

インクの補充方式は、アウロラ独自の「リザーブ付ピストン吸入式」。使用中にインクが切れた場合でも、尻軸を回してピストンを押し上げれば、リザーブタンクから予備のインクが供給できます。手帳用など持ち歩いて使いたい方におすすめです。

カランダッシュ(Caran d’Ache) レマン スリム万年筆

スイスとフランスにまたがる「レマン湖」の色彩や美しさを表現したデザインの万年筆です。細身でエレガントなボディを採用。持ちやすく手にフィットしやすいのが特徴です。キャップトップにはカランダッシュのシンボルマークがついており、リング部にはロゴが刻印されています。

ペン先はロジウムコートを施した18Kが採用されており、繊細で軽やかな書き味を実現しています。あたたかみのあるホワイトラッカーとローズゴールドのコンビネーションがかわいらしく、プレゼントにもおすすめです。

ファーバーカステル(FABER-CASTELL) クラシックコレクション エボニー 万年筆

ボディにウッド素材を採用した万年筆です。あたたかみのあるナチュラルなボディに、エレガントなプラチナコーティングを融合。落ちつきのあるおしゃれなデザインが魅力です。

ペン先には18Kを採用。100以上にわたる工程を職人の手作業で行っており、品質の高さも魅力です。

万年筆の楽天市場ランキングをチェック

万年筆の楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

ライターからヒトコト

万年筆は、ビジネスシーンに使いやすいスタイリッシュなモデルやプライベートにぴったりのかわいらしいモノなど、シーンに合わせて選ぶのがおすすめです。また、お祝いや記念日の贈り物としても適しています。記事を参考に、自分にぴったりの万年筆を見つけてみてください。

記事内容について連絡
  • この記事が気に入ったらいいね!しよう
  • この記事が気に入ったら
    「いいね!」しよう
  • Twitterで最新情報をチェックしよう