高級品のイメージが強く、敷居の高さを感じる万年筆。憧れはあるけれど、なかなか手に取れない方も多いのではないでしょうか。いつも使っているペンを万年筆に変えるだけで、「デキる男」を演出してくれます。

そこで今回は、選び方のポイントと人気メーカーについて解説し、おすすめの万年筆を価格帯別にご紹介。モデルによっては一生モノとなる万年筆もあるので、ぜひ参考にしていただき比較してみてください。

万年筆の選び方

ペン先をチェック

By: amazon.co.jp

万年筆はペン先で書き味が異なるため重要視したい項目です。素材は主に「金」か「ステンレス」。金は14k・18k・24kが使用されインクがかすれにくく、滑らかな書き味が特徵です。柔らかく使用していると擦り減りますが、自分の癖に合わせた形になるため使うほど書きやすくなります。

ステンレスは素材が安価なため万年筆の価格はリーズナブルで、硬くカリカリとした書き心地です。酸に弱く、インクが酸性のため腐食しやすいのが弱点です。対して金は酸に強いため耐久性に優れていますが、素材が高価なため万年筆の価格が上がります。

また、ペン先の太さは極細~極太までありアルファベットで表記されています。EFまたはXFが極細・Fが細・Mが中太・BまたはLが太・BBまたはXLが極太です。中太字は汎用性が高く実用的なため幅広く使用できます。狭い範囲や細かい書き込みが多いのであれば、極細または細字がおすすめです。

ペン軸をチェック

By: amazon.co.jp

快適な執筆を行うためにはペン軸の太さにもこだわりましょう。ペン軸は主に細軸と太軸に分けられます。太軸のほうが疲れにくく長時間の使用に適しているといわれていますが、手帳への書き込みやメモなど断続的に使用する場合は向きません。

細軸は握るときに力が入りやすいため疲れやすく長時間の使用には不向きですが、携帯性に優れておりペンフォルダーに収まりもよいので日常使いには適しています。ですが、何より大切なのは握ってみて自分の手にしっくりくるかどうかです。手の大きさにもよるので自分の手に合ったモノを選びましょう。

インクの補充方式をチェック

By: amazon.co.jp

万年筆のインク補充方式は「吸入式」「カートリッジ式」「コンバーター式」の3種類。インクを補充するのは万年筆の醍醐味です。使いやすさや好みが分かれる部分でもあるので、チェックしておきましょう。

吸入式

吸入式は万年筆の開発当初から用いられている伝統的なインク補充方式です。ペン先をインクボトルに浸して尻軸を回転させるとピストンが上下し、インクを吸い上げ胴軸の中にインクが貯められます。吸入方式にも種類がありましたが、現在は回転吸入方式が主流です。

吸入式は他の方式に比べ容量が大きく、一度に多くのインクが補充でき長く使えるためコスパにも優れています。インクボトルの種類が豊富で好みのインクが選べるのもポイントです。

カートリッジ式

カートリッジ式はインクが入ったカートリッジを差し込むと補充できます。簡単にインク交換が行え、手が汚れにくく携帯しやすいのがメリットです。外出先でインクを切らしてしまっても、カートリッジを交換すればすぐに使えます。

しかし、容量が少なく頻繁に交換を行うため他の方式に比べて費用がかさみますが、手軽に使用できるので万年筆に慣れていない初心者の方におすすめです。

両用式(コンバーター式)

両用式はインク吸入器「コンバーター」を用いて補充する方法と、カートリッジによるインクの補充が可能。最近では両用式を採用した万年筆が人気を集め主流になっています。コンバーターの費用はかかりますがインクのコストが低いためコスパは良好です。

コンバーター式の吸入方式は、吸入ノブを回してインクを吸い上げる「回転式」、プレートを押してインクを吸入する「板バネ式」、ノブを数回プッシュしてインクを吸い上げる「プッシュ式」の3種類あります。両用式の万年筆を選ぶ際はコンバーターの吸入方式もチェックしておきましょう。

万年筆のおすすめメーカー

国産メーカー

品質のよさから世界的にも評価の高い国産メーカーの万年筆。字幅が細めに仕上がっているため、日本語を書くのに適しています。また、多くのメーカーで万年筆の製造・販売を行っており種類が豊富です。

パイロット(PILOT)

By: amazon.co.jp

2018年で創業100周年を迎えた「パイロット」は国産万年筆一流メーカーとして名高く、初心者から愛好家まで人気を集めています。品質の高さは海外からも注目され、エルメスの「ノーチラス」コレクションの製造なども手掛けました。

パイロットの万年筆は「書く」ことにこだわって開発されているため、文字の「トメ・ハネ」がしやすく日本語を書くのに適しています。種類が豊富ながら品質に個体差が少なく安定しているので、万年筆選びに困ったらパイロット選ぶのがおすすめです。

セーラー万年筆

By: rakuten.co.jp

パイロット、プラチナ万年筆に並び国内三大万年筆メーカーの1つ「セーラー」。国内で初めて先が2つに割れた金ペンを製造したメーカーです。創業当時から継承される手作業にこだわり、国内での製造を徹底しています。

また、初心者向けの「プロムナード」や代表モデル「プロフィット」「プロフェッショナルギア」を中心に、女性向けのポップな万年筆「キャンディ」や有田焼や蒔絵など日本の伝統工芸を採用した高級万年筆など豊富にライナップ。限定モデルが多いのも特徵です。

海外メーカー

世界を代表する憧れの万年筆が顔を揃える海外メーカー。国産にはない独特な書き味が特徵です。品質とデザイン性を両立し一生モノの万年筆として選ばれています。

モンブラン(MONTBLANC)

By: amazon.co.jp

モンブランは万年筆の代名詞といわれる「マイスターシュテュック」が有名な、ドイツの高級筆記用具メーカーです。世界中で広く知られています。ペン先にモンブラン山の標高「4810」を刻印し、トップには山頂の雪を再現した「ホワイトスター」と呼ばれるトレードマークのロゴが入っているのが特徵です。

太さ・重さ・長さ・重心を開示しているため、自分に合った万年筆が選びやすく、修理・交換などアフターサービスも充実しています。一生モノの万年筆を探している方におすすめのメーカーです。

ペリカン(Pelikan)

By: amazon.co.jp

170年以上の歴史を持つ老舗高級筆記具メーカー「ペリカン」。胴軸の縦縞模様がシンボルの「スーベーレーン」を代表モデルに持ち、モンブランの万年筆に並ぶ名品です。2つの異なるギアでインク吸入ハンドルをより速く回転して上下する、「ディファレンシャル・ピストン・メカニズム」を世界で最初に発表しました。

ペリカンは吸入式にこだわりカートリッジ式の約3倍のインク補充が可能。また、吸入式であることでペン先の洗浄ができメンテナンスしやすいのも魅力です。実用性を重視した万年筆づくりと豊富なライナップで大人はもちろん子どもにもおすすめ。クリップはペリカンのくちばしをモチーフにしています。

パーカー(PARKER)

By: amazon.co.jp

「世界で最も愛されるペン」の称号を持つ「パーカー」は、イギリス王室御用達の老舗筆記具メーカー。世界で最も信頼が厚いともいわれており、創業者の「よりよいペンを作れ」の方針を継承し続け、業界最先端の技術を惜しみなく注ぎ込んでいます。

ビッグレッドの愛称で親しまれているフラッグシップモデル「デュオフォールド」はパーカー渾身の万年筆。卓越した熟練の技術と先進的かつ革新的なデザインで、「ソネット」や「IM」など、さまざまな名品を生み出しています。

万年筆のおすすめモデル|1000円未満

パイロット(PILOT) カクノ FKA-1SR-NC

グッドデザイン賞とキッズデザイン賞を受賞した本モデルは、子どもでも使いやすい万年筆を実現。転がりにくい六角形の胴軸や3本の指でも持ちやすい三角形のグリップ、キャップを開けやすいように尻軸に窪みを作るなど、さまざまな工夫を凝らしています。

インク補充方式はカートリッジとコンバーターの便利な両用式。ノンカラーでスケルトンになっているのでインクの残量が確認できるのも便利です。ペン先のかわいい笑顔マークがポイント。子どもはもちろん初心者の入門用としてもおすすめの万年筆です。

プラチナ万年筆 万年筆 プレジール

パイロット・セーラーに並ぶ国内三代万年筆メーカーの1つ「プラチナ万年筆」。安価ながらシンプルで上品なデザインが特徴です。ステンレス製のペン先は磨耗に強く、胴軸はパール加工により傷が付きにくくなっています。

ネジ式キャップの内部にはプラチナ万年筆が開発した「スリップシール機構」が搭載されており、キャップを閉めると加圧され高い気密性を保。インク詰まりを解消し、乾燥やキャップを開けた際の吹き出しなどを防ぐのが特徵です。

常に滑らかな書き味を実現し、乾燥による減りがないためコスパに優れています。子どもから大人まで手軽に使用できるおすすめの万年筆です。

セーラー万年筆 ふでDEまんねん(紺)

まるで筆のような本モデルは、筆の扱いが苦手な方でも簡単に筆文字が書けます。特殊なペン先は40°の角度がついており軸を立てるとより細字に、軸を寝かせれば太字と角度によって線に強弱がつけられるのが特徵です。

筆ならではの「トメ・ハネ・はらい」もしっかりと再現。軸も筆のように長めで握りやすく書きやすいと人気を集めています。線の太さが自在なので文字だけでなく、絵の描線にも最適。手紙や絵日記などにおすすめの万年筆です。

万年筆のおすすめモデル|1万円未満

ラミー(LAMY) サファリ イエロー L18

1980年の発売以降ロングセラーとなっているラミーの定番シリーズ「サファリ」。プチプラ万年筆の代表ともいえる製品です。万年筆には珍しくカジュアルなデザインが若年層から絶大な人気を集めています。大きなワイヤー製のクリップが特徵で、ポケットに入れても違和感を与えずファッションによく馴染むのも魅力です。

スチール製のペン先と樹脂製のボディの軽量タイプ。安価な万年筆はインク漏れや乾燥しやすいのが難点ですが、サファリは気密性が高いのがポイント。正しく握れるようグリップに窪みが付いているため、子どもから大人まで使いやすい設計です。

パイロット(PILOT) コクーン ブルー FCO-3SR-L

2013年にグッドデザイン賞を受賞した美しいカーブが特徵の万年筆です。金属製の軸はリーズナブルな価格ながら高級感があるためビジネスシーンにも最適。やや太めの軸と程よい重量感でバランスがよく、手にフィットし力を入れずに書けるので長時間の執筆も疲れにくいのが魅力です。

スチール製のペン先で書き心地は硬め。「コクーン」は20~30代をターゲットに、感性をダイレクトに刺激するデザインで展開しています。品のあるシンプルなデザインなので就職祝いや昇進祝いにおすすめの万年筆です。

パイロット(PILOT) カスタム74 ブラック FKK-1000R-B

パイロット社創業74周年に作られ定番モデルとなった万年筆です。独自の機構を持つペン芯でインク漏れを防ぎ、かすれのないインクフローが快適な筆記を実現。アクリル樹脂のボディは握りやすい太めの軸で、使うほど味が出ます。

ペン先は14金を採用しており細字・中太など基本的な字幅に加え、毛筆のような書き心地の「フォルカン」や楽譜・デザインに最適な「ミュージック」など種類も豊富です。1万円以下で金ペンが手に入れられるのは大きなポイント。安価で長く使える万年筆なので初めての万年筆におすすめです。

パーカー(PARKER) アーバン ブラックキャブCT

1世紀以上に渡り継承し続けたパーカーの伝統を進化させた個性的な万年筆です。握りやすいようにゆるやかなカーブを描いた細身の胴軸と、ブランドアイコンの矢羽をモチーフにしたクリップが特徵です。

ペン先はステンレスですが柔らかい書き味で、インクフローもよく紙の上を滑るようにスムーズに書けます。細字のため細かい文字が書きやすく、ノートや手帳などの書き込みに最適。ブラックにシルバーをあしらったモダンでスタイリッシュなフォルムは、派手すぎず男を引き立てます。

万年筆のおすすめモデル|5万円未満

パイロット(PILOT) キャップレスデシモ ダークグレーマイカ FCT-15SR-GY

1963年に発売されキャップレス10代目のモデル。ボールペン感覚で使用できるノック式のスマートな万年筆です。軽量・スリムなため女性の手にもしっかりと馴染みます。

キャップレスで気になるのがインク漏れや乾燥ですが、気密性の高いシャッター機構を採用しているため安心です。サッと取り出して書けるスマートさはビジネスシーンで大活躍。手軽に使える万年筆が欲しい方におすすめです。

パーカー(PARKER) ソネット レッドGT

お祝いや記念日など贈り物として選ばれることが多いソネット。機能性とデザイン性のバランスがよく、高耐久であることからコスパがよいと支持を得ています。ペン先は18金を採用しており、柔らかく滑らかな書き心地が特徴です。

真鍮素材のスリムな胴軸は手の小さな方でも握りやすく、程よい重みで安定した筆記が可能。細い線が引きやすく漢字を書くのに適しています。女性へのプレゼントにおすすめの万年筆です。

ウォーターマン(Waterman) カレン デラックス コンテンポラリー ホワイト-ST

世界で初めてインク漏れしにくい万年筆を開発したウォーターマン。「カレン」はフランス語で「船」を意味しており「漕ぎ進む船の舳先」をコンセプトに誕生しました。ウォーターマンの先駆者精神をよく表したモデルです。

18金ロジウムプレート仕上げのニブは船の舳先をイメージした個性的なデザインで、紙当たりがよくインクのにじみやスレがありません。尻軸にキャップをはめて筆記をしてもブレにくく、重心バランスがよく安定感があります。

白いボディに黒いグリップ、装飾を施したガンメタルPVD仕上げのキャップなど、個性あふれるデザインで、おしゃれ度がアップするおすすめの万年筆です。

セーラー万年筆 キングプロフィットST

従来のプロフィットの伝統とスタンダードさを変えずに、超大型万年筆として誕生したモデル。ペン先はプロフィット21と比較して約1.5倍の大きさで、柔らかいのが特徵です。

太く長いボディとのバランスは絶妙で、迫力と存在感があります。刻印されている「SAILOR THE KING OF PEN 1911」は最高級品の証です。ペン先は貴金属メッキのロジウムと21金のバイカラー仕上げ。手の大きな男性に適したおすすめ万年筆です。

ペリカン(Pelikan) スーベレーン M400

ひと目でペリカンの万年筆であることがわかる、胴軸の縦縞模様が特徵。「スーベレーン」はドイツ語で「優れモノ」を意味しており、初心者・愛好家問わず高い評価を得ています。スーベレーンシリーズの中でもスタンダードなモデルで、長さ・太さ・重さのバランスがよく一般的です。

ペン先のロジウム装飾は14金を採用しており、しなりと柔らかさを兼ね備えフワフワとした毛筆のような書き味。初めての本格的な万年筆として最適で、小さな手にも馴染みやすいので女性へのプレゼントや自分へのご褒美などにもおすすめです。

ペリカン(Pelikan) スーベレーン M800

重厚感を求めるのであれば本モデルがおすすめ。万年筆の最高峰といわれる「マイスターシュテュック」に並ぶ人気のモデルです。M400よりも太軸でしっかりとした重さがあり、筆圧を掛けなくてもペンの重みだけで滑るようにスラスラと書けます。

軽い力で書きたい方やペンを強く握りがちな方におすすめ。疲れにくいので長文を執筆する方にも最適です。18金のペン先はしなりますが適度な弾力もあり、慣れない方は跳ね返りを感じる場合があります。インクフローは潤沢ではあるもののインク残りやにじみがありません。一生モノとしておすすめの万年筆です。

万年筆のおすすめモデル|5万円以上

アウロラ(AURORA) オプティマ No.996-B

1930年代にベストセラーとなったモデルの復刻版ですが、最先端を行く技術とデザインの万年筆。素材にアウロラ製のアウロロイド樹脂を使用し、リングには古代ローマ時代の「グレカ・パターン」、ボディにはアウロラ創業当初の社名を刻印するなど徹底したこだわりを見せています。

また、内部機構は「リザーブタンク付ピストン吸入式」を採用しており、筆記中にインク切れしても尻軸を回してピストンを押し上げると、リザーブ(予備)タンクから自動でインクが供給される仕組みです。ペン先の字幅などにもよりますが、A4用紙1~2枚程度書き続けられます。

気品を感じさせる青い軸と金のトリムの組み合わせはインテリア性も良好。ひと味違うおしゃれな万年筆を探している方におすすめです。

モンブラン(MONTBLANC) マイスターシュテュック ゴールドコーティング ル・グラン 146

万年筆の代名詞とも言えるモンブランの万年筆。本モデルはシリーズの中でも定番のモデルで実用性があり、スリムなボディは握りやすく手にフィットします。

14金プラチナ装飾のペン先はやや柔らかめの書き心地と、太さ・重さ・重心など快適な筆記に必要な要素を計算しつくしたバランスが魅力です。日記やノートなどの文字書きに適しています。一生付き合える万年筆を探している方や就職祝いのプレゼントにおすすめです。

モンブラン(MONTBLANC) マイスターシュテュック ゴールドコーティング 149

「万年筆の王様」とも称されている、最高峰の万年筆。各界の著名人に愛用され、世界の重要な調印式でも使用されています。天然素材のモンブラン樹脂「プレシャンスレジン」を採用しており、使うほど手に馴染むのが特徵です。

18金のペン先はかすれがなくスムーズなインクフローで安定して書けますが、146よりもペン先が硬く跳ね返りが強いため、万年筆に慣れていない初心者の方は書きにくさを感じる場合があります。

自分へのご褒美や重厚感を求める上級者におすすめ。持っているだけで自慢できる一生モノの万年筆です。