文字を書くときの道具にこだわりたい方におすすめなのが「万年筆」。なめらかな書き心地が魅力で、使っているだけで大人の雰囲気を醸し出せます。高級な製品も多く揃っているので、プレゼントにもおすすめです。

しかし、価格・種類・文字幅の太さなど製品によって特徴が大きく異なるため、どの万年筆を選んだらよいのかわからない方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、万年筆のおすすめアイテムを、選び方のポイントとともにご紹介します。

万年筆とは?ボールペンとの違いは?

By: amazon.co.jp

万年筆は、ペン先が紙に触れると中のインクが出てくる筆記具です。ペン先・ペン芯・首軸・軸・キャップから作られています。

筆記具として一般的なボールペンは、安く購入できるので、普段使いに便利なアイテム。一方で、万年筆には高級感があり、贈り物やお祝いの品として適しています。また、インクを繰り返し補充することで、長く愛用できるのも特徴です。

万年筆の魅力

By: amazon.co.jp

万年筆の魅力は、高級感がありスタイリッシュな雰囲気を醸し出している点。特別な筆記具が欲しい方や、プレゼントとして選びたい方にもおすすめです。メーカーによってデザインも豊富にあるため、好みに合わせて選べます。

紙の上をスムーズに動かせるので、なめらかに書けるのもメリット。筆圧によってインクの濃淡を調節可能で、「とめ」や「はらい」もきれいに表現できます。書き心地のよさにこだわりたい方にもぴったりです。

万年筆の相場・予算はどれくらい?

万年筆は、千円以下で買える製品から数十万円以上するモノまで、製品によって大きく価格が異なります。そのため、自分の予算に合った万年筆をチェックすることが大切です。

初めて万年筆を使う方は、数千円程度で手に入るモデルが適しています。慣れていなくても手軽に万年筆を使い始められるのがメリット。一方、一生使える製品が欲しい方は、数十万円する高級ブランドをチェックするのがおすすめです。

万年筆の選び方

ペン先の素材をチェック

価格が安くカリカリとした書き心地の「ステンレス」

By: amazon.co.jp

ペン先がステンレス製の製品は、価格の安さが魅力。なるべくリーズナブルな万年筆を選びたい方にぴったりです。腐食に強く錆びにくいため、長く愛用できます。

また、カリカリとした書き心地も特徴。一定の太さの線を安定して書けるのがメリットです。価格重視の方や、カリカリとした書き心地が好みの方は、ぜひチェックしてみてください。

滑らかな書き心地の「金」

By: amazon.co.jp

金で作られたペン先は、価格の高い製品に使われているのが特徴。高級な万年筆が欲しい方におすすめです。また、インクに含まれる硫酸や塩酸などに強いので、腐食しにくいのも魅力です。

14金・18金・21金などの種類があり、金の含有量が高いほどペン先が柔らかいのがポイント。筆圧によって文字の太さに抑揚を付けられます。万年筆独特の書き心地を楽しみたい方に適しています。

インクの補充方法で選ぶ

昔ながらの「吸入式」

By: amazon.co.jp

吸入式は、インクの入った瓶に万年筆を入れて吸い上げるのが特徴です。昔ながらの方法で、ほかのペンにはない万年筆らしさを味わえます。好きなインクを使えるので、色や質感にこだわりたい方におすすめです。

ペン先からインクを補充するため、ペン芯とペン先の通りがよいのもメリット。ペン先をお手入れする手間が省けます。一方で、インクボトルを別途用意する必要があり、持ち運びにくい点には注意。家や職場に置いて使う方に適しています。

手軽で初心者の方にもおすすめの「カートリッジ式」

By: amazon.co.jp

できるだけ簡単にインクを入れたい方は、カートリッジ式がおすすめ。使い捨てのインクタンクを交換するだけで、すぐにインクを補充できます。カートリッジ自体もコンパクトのため、万年筆を持ち運んで使いたい方におすすめです。

インクを補充するときに、周りに飛び散る心配が少ないのもメリット。初心者の方でも安心して万年筆を使用できます。

一方、カートリッジ式は、製品に合ったモノを使う必要があるので、吸入式よりもインクの選択肢が少ない点には注意しましょう。決まったインクを繰り返し使いたい方にぴったりです。

両方の補充方法が使える「コンバーター式(両用式)」

By: amazon.co.jp

より便利な万年筆を探している方は、コンバーター式をチェック。両用式とも呼ばれ、吸入式とカートリッジ式のどちらにも対応しているのが特徴です。

カートリッジ式にないインクを使いたいときは吸入式で、外出先ですぐに使いたいときはカートリッジ式など、シーンに応じて使い分けられるのが魅力。どちらの補充方法がよいか迷っている方にもおすすめです。

用途に合った文字の太さで選ぶ

By: amazon.co.jp

万年筆は、文字の太さによってペン先が変わります。用途や好みに合わせて適切な太さの製品を選びましょう。仕事などさまざまな用途で使いやすいのは、中字。0.34~0.44mmの太さで、ペン先の滑りもよく文字を書きやすいのがメリットです。

原稿や宛名を書くときに使いたい方は、太さが0.44~0.54mmの太字をチェック。一方、ノートに細かい文字を書きたい場合は、0.28~0.34mmの細字を選ぶのがおすすめです。

軸の太さをチェック

By: amazon.co.jp

万年筆は、文字だけでなく、軸の太さも製品によって異なります。目的によって使い分けるのがおすすめです。外出先でさっと取り出して手帳などに書きたい場合は、細めの軸のモデルがぴったり。コンパクトサイズでカバンにも入れやすいので、持ち運びやすいのもメリットです。

長時間使用するときに使いたい場合は、太めの軸が適しています。握り続けていても疲れにくく、安定して書けるのが魅力です。

万年筆のおすすめブランド・メーカー|国産

パイロット(PILOT)

By: amazon.co.jp

パイロットの万年筆は、製品の選択肢が多いのがメリット。キャップの有無やデザインなど、こだわってチェックできます。さらに、数千円で手に入る製品もあるので、初心者の方にもおすすめのメーカーです。

インクやコンバーターの種類も豊富に揃っています。使用目的や欲しい色に合わせて選びやすいのがメリット。万年筆に必要なアイテムを同じメーカーで集められるのも便利です。

セーラー万年筆

By: amazon.co.jp

セーラー万年筆は、落ち着いた大人の雰囲気がある製品を多く扱っているのが特徴。プロフィットや四季織など、さまざまなシリーズを展開しています。高級感のある見た目なので、プレゼントにもおすすめです。

伝統工芸を取り入れた製品を揃えているのもポイント。日本らしさを感じる万年筆が欲しい方や、デザイン性の高い万年筆が欲しい方にも適しています。

万年筆のおすすめブランド・メーカー|海外産

モンブラン(MONTBLANC)

By: amazon.co.jp

モンブランは、ドイツ発祥の筆記具メーカー。アルプス最高峰であるモンブラン山の冠雪をイメージした、ホワイトスターのロゴが象徴です。

スタイリッシュかつ上品なデザインが多いので、ビジネスシーンにもぴったり。特別な1本として長く愛用したい方に適しています。

10万円以上の高級なモデルも豊富に揃えているのも魅力。上質な万年筆が欲しい方や、プレゼントしたい方にもおすすめのブランドです。

パーカー(PARKER)

By: amazon.co.jp

パーカーは、1888年に創業したイギリスの高級筆記具ブランドです。英国王室御用達で、質の高い万年筆を作り続けています。素材や品質などにこだわって選びたい方にぴったりです。

パーカーを代表するソネットシリーズなど、上質な製品を多く取り揃えているのがメリット。ブランドの象徴である矢羽クリップには、「輝かしい未来を願う」というメッセージが込められているため、大切な方への贈り物としてもおすすめです。

ウォーターマン(WATERMAN)

By: amazon.co.jp

フランスの高級筆記具ブランドであるウォーターマンは、1883年に創業して以来、130年以上エレガンスな製品を追求し続けているのが魅力。上品で美しいデザインの万年筆が欲しい方におすすめです。

一つひとつ職人の手によって組み立てられるのがポイント。さらに、品質検査も手作業で行われているため、上質な万年筆を選びたい方にもぴったりです。

万年筆のおすすめ|初心者向け

パイロット(PILOT) キャップレス FC-18SR

ノック式の製品が欲しい方におすすめの万年筆。キャップレスのため、使いたいときにワンノックで芯を取り出せるのがメリットです。また、使わないときはペン先をシャッター機構により収納できるので、インクの蒸発を防げます。

ゴールドがアクセントの光沢感のあるモデルだけでなく、黒一色のマットなデザインもラインナップ。ボールペンと似たような見た目で、場所を問わず使いやすいのが魅力です。日常で使える製品が欲しい方に適しています。

セーラー万年筆 プロフェッショナルギア スリム 11-1222

装飾にこだわったデザインが特徴の万年筆。カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色で、シックな見た目の製品が欲しい方に適しています。

プロフェッショナルギアシリーズのなかでもスリムタイプは、胴部分の細さがポイント。軽量性に優れているので簡単に扱えます。仕事やプライベートなど、常に万年筆を身に付けておきたい方にもおすすめです。

クロス(CROSS) タウンゼント N576

歴代のアメリカ大統領に選ばれたとして有名な、ダウンゼントシリーズの万年筆。ダウンゼントは、クロス創業者の長男の名前を冠しているのが特徴です。重厚感のある見た目なので、ビジネスシーンでの使用にもおすすめです。

黒地にゴールドのアクセントがおしゃれ。ペン先は金で作られており、高級感を演出しています。デザインにこだわって選びたい方にもぴったりです。また、万年筆のほかにボールペンとセレクチップローラーボールも扱っています。

ラミー(LAMY) AL-star graphite L26

使いやすさにこだわっているのが嬉しい万年筆。軸が太めに設計されているだけでなく、くぼみがあることで大人でも握りやすいのが特徴です。さらに、キャップにクリップが付いているので、スーツのポケットや手帳に挟んで持ち運びできます。

ペン先はスチール製なのがポイント。また、インクの補充方法はカートリッジとコンバーターの両用タイプのため、好みに合わせて使い分けられます。

フォンテ(Fonte) 万年筆 1805

初めて万年筆を選ぶ方におすすめの製品です。ボディが透明のため、中のインクが見えるのがおしゃれ。また、ペン先の太さは細字タイプなので、シーンを問わず書きやすいのがメリットです。

キャップとインクの色をカスタマイズできるのも魅力。好きな組み合わせを選ぶことで、より万年筆を楽しく使えます。見た目にこだわって選びたい方にも適しています。

アウロラ(AURORA) イプシロン B10-OF

多くの万年筆を揃えるアウロラのなかでも、イプシロンシリーズは書きやすさと曲線美が特徴です。丸いキャップを押すと芯が出てくるノック式のため、すぐに書き始められるのもメリット。日常的に万年筆を使いたい方におすすめです。

カラーバリエーションが豊富にあるのもポイント。さらに、クリップやペン先の色も異なるので、より好みのデザインをチェックできるのが魅力です。

シュナイダー(Schneider) 書き始め用 ベースキッド BSKID 2017

カラフルな色味と軸のデザインが特徴の万年筆です。カラーバリエーションはピンクとブルーの2色。また、右利き用と左利き用の製品を揃えており、グリップ部分に利き手に合わせたくぼみがあるため持ちやすいのがポイントです。

軸は長さの違う2種類をセットで付属しています。手の大きさによって使い分けられるため、子供から大人まで幅広い世代が使えるのが便利です。

山なみにカーブしているキャップは、ペン置きとして使用可能。一時的に使わないときでもすぐに置けるのが便利です。

シュナイダー(Schneider) レイ Fountain pen Ray

色のコントラストが印象的な万年筆です。光沢のあるプラスチック素材とマットなゴム素材を使用しており、スタイリッシュなデザイン。ブルー×ライトグレー・ホワイト×グレーなど、豊富な色展開もメリットです。

人間工学に基づいた書き心地もポイント。グリップはラバー加工が施されているため滑りにくいのが便利です。さらに、くぼみに指を合わせるだけで正しい持ち方を身に付けられます。長時間使用したい方にもおすすめです。

両用式のため、目的やシーンに応じて使用可能。機能性とデザイン性どちらにもこだわりたい方に適しています。

万年筆のおすすめ|おしゃれ

セーラー万年筆 Classic Ko 蒔絵文房万年筆 10-3547-210

白地におしゃれな模様がデザインされた万年筆。蒔絵ジュエリーブランドである「Classic Ko」とのコラボレーションアイテムです。繊細かつモダンな風合いを楽しめます。

デザインのバリエーションは、バンブーメッシュとフローレットドットの2種類。バンブーメッシュは、1本の竹ひごで織り込まれている竹かごをイメージしたデザインです。

一方、フローレットドットは4つの花弁を描いているのが特徴。幸福の象徴ともされてきた花弁模様は、上品な雰囲気を演出しています。銀蒔絵の中心に螺鈿が施されているため、キラリと輝きを放つのもポイントです。

セーラー万年筆 樺細工 10-3013-480

秋田県の代表的な伝統工芸である、樺細工の万年筆です。山桜の樹皮を使用しているため、桜皮細工とも呼ばれるのが特徴。樹皮の模様をそのまま活かしており、木製の製品が欲しい方に適しています。

ペン先の細さは中字タイプで、手軽に使えるのがメリット。さらに、インクの補充はコンバーターとカートリッジどちらでも可能で、好みに合わせて使えます。

プラチナ万年筆(PLATINUM PEN) #3776 センチュリー PNB-15000

キャップに「スリップシール機構」を搭載しているのが特徴の万年筆。キャップの中を完全気密状態に保てるのがポイントです。インクの蒸発やかすれを防げるため、常にフレッシュな状態のインクが使えます。

カラーバリエーションは、ブラックインブラック・シュノンソーホワイト・ローレルグリーン・シャルトルブルー・ブルゴーニュの5色。世代を問わず使いやすい落ち着いた色味なので、初心者の方でも気軽に使用可能です。

ツイスビー(TWSBI) DIAMOND 580 スタンダード Clear

グリップとピストン部分にポリカーボネートを使用した万年筆。透明でキラキラとした質感を楽しめます。スケルトンタイプの製品が欲しい方におすすめです。

万年筆の中が透けて見えることで、インクの色を問わず手軽に使えるほかインクの残量が分かりやすいのがメリットです。さらに、インクの補充方法は吸引式で、ペン詰まりを防止できます。

アウロラ(AURORA) オプティマ 996-CBM

オプティマシリーズは、1930年代にベストセラーになったモデルの復刻版。リング部分には、細かな模様が特徴のグレカパターンを装飾しています。さらに、ボディにはアウロラの創業当時の社名が刻印されているなど、歴史を感じられるデザインが魅力です。

また、ボディの色にも注目。ブラックを意味するネオだけでなく、アウロラ独自の樹脂であるアウロロイドタイプもあります。石のような独特のデザインで、一つひとつ細かく模様が異なるのがポイントです。

ペリカン(Perikan) スーベレーンM400 985812

鮮やかな色味と、ペリカン独特の縦縞模様が特徴の万年筆です。樹脂とセルロースを何層も重ねて作られているのがポイント。さらに、キャップのトップにはペリカンの母子像を刻印しています。デザインにこだわって選びたい方におすすめです。

少し小さめのサイズも魅力。性別問わず手に馴染みやすいので、初心者の方でも手軽に扱えます。また、サイズだけでなく、重さや太さもバランスよく設計されているのがメリットです。

万年筆のおすすめ|かわいい

パイロット(PILOT) カクノ FKA-1SR

軸とキャップが六角形になっているのが特徴の万年筆です。鉛筆と同じ形状で持ちやすいだけでなく、机の上に置いても転がりにくいのがメリット。また、グリップはなだらかな三角形のため、正しい持ち方で握れます。

ペン先にデザインされている笑顔のマークもポイント。マークが見えるように持つことで、正しい向きで万年筆を使えます。

キャップは上部にくぼみを作ることで、指がかけられるのが便利。滑ることなく簡単に開けられます。

パイロット(PILOT) プレラ 色彩逢い FPRN-350R

軸がスケルトンタイプの万年筆です。ショートサイズなので、カバンに入れやすい製品を探している方にもおすすめ。インクの色によって、見た目を変えられるのがかわいいポイントです。

頭冠と尾栓のみ色を付けているのもメリット。カラーバリエーションは、透明ブラック・透明レッド・透明ピンク・透明オレンジ・透明ライトグリーン・透明ライトブルー・透明ブルーの7色です。

さまざまなシーンで使える細字や中字以外にも、カリグラフィ用のペン先があります。ペンポイントがないのが特徴で、縦線は太く横線は細く書けるのが魅力です。

セーラー万年筆 SHIKIORI 四季織 雨音 11-3059

日本の四季を感じられる四季織シリーズのなかでも、雨をイメージした万年筆です。バリエーションは春雨・翠雨・霧雨・凍雨の4種類。淡くて繊細な色味に、ゴールドがアクセントでおしゃれな雰囲気を醸し出しています。

ペン先は中細字の太さなので、書きやすいのがポイント。素材には21金を使用しており、柔らかいのが特徴です。

ウォーターマン(WATER MAN) エンブレム S2157261

パリにインスピレーションを受けて作られた万年筆。パリ独特の鉛色をした屋上をイメージしているのが特徴です。さらに、ペン先にはエッフェル塔のモチーフをアクセントとして刻印しています。

メタルキャップを採用しており、シックかつエレガントな雰囲気を演出しているのもポイント。カラーバリエーションが豊富なのもメリットです。

カランダッシュ(Caran d’Ache) エクリドール アベニュー 0958-397

スイス西部にある都市、ジュネーブの歩道をイメージした万年筆。コブルストーンと呼ばれる石を繊細なギロシェパターンでデザインしているのが特徴。さらに、マットな質感に仕上げていることで、モダンな雰囲気を醸し出しています。

独特な見た目ですがシルバーだけのシンプルな色味なので、いつでも手軽に使用できるのがメリット。また、ペン先はM・B・Fの3種類が用意されているため、シーンに合わせて使い分けられます。

ミドリ(MIDORI) MD 万年筆 38079006

クリーム色の優しい雰囲気が印象的な万年筆。シンプルなデザインのため、世代や性別を問わず気軽に選べるのがメリット。また、グリップによって滑りにくい加工が施されており、持ちやすいのも魅力です。

ペン先にはMD用紙のロゴを刻印しており、おしゃれに万年筆を楽しめます。さらに、カーブしていることで角度の自由度が高いのもポイント。中字の太さなので、さまざまな場面で手軽に使えます。

カヴェコ(KAWECO) スカイラインスポーツ 万年筆(M) KAWECO-SSFP-FO

マットな質感と豊富なカラーバリエーションが魅力の万年筆。ブラック・ミント・マキアート・フォックス・ホワイト・グレーの6色展開です。落ち着いた色から明るい色まで揃っています。

ペン先・インプリント・キャップのロゴはシルバーで統一。スチール製のペン先を使用しているため、扱いやすいのがメリットです。

万年筆のおすすめ|高級・プレゼント向け

パイロット(PILOT) キャップレス 螺鈿 FCN-5MP

高級なキャップレスタイプの万年筆が欲しい方におすすめの製品。漆の上に貝殻をちりばめる螺鈿と呼ばれる技法を用いており、独特の光沢感のある繊細な模様を楽しめます。また、貝殻の上にさらに漆を塗り重ねているため、手触りが滑らかなのも特徴です。

デザインのバリエーションは、螺鈿水面・螺鈿ストライプ・螺鈿ブラックの3種類。落ち着いた雰囲気がありながらも、ほかにはないデザインが魅力です。美しさを感じられる万年筆が欲しい方に適しています。

モンブラン(MONTBLANC) マイスターシュテュック ゴールドコーティング 149 MB115383

上質な万年筆が欲しい方におすすめの製品。華やかなゴールドをアクセントとしてデザインしているほか、キャップにはモンブランのシンボルがあるなど、細部にまでこだわりを感じられます。

手作業で付けられるペン先には、18金ゴールドを使用。さらに、グリップにシリアルナンバーが入っているのも魅力です。名入れ可能で特別感を演出できるため、プレゼントで選びたい方にも適しています。

パーカー(PARKER) ソネット プレミアム 2119784

クラシカルな雰囲気のあるデザインが特徴の万年筆です。カラーバリエーションはレッド・ブラック・ブルー・グレー・シルバーの5色。色によってデザインが細かく異なるのも魅力です。

ペン先は18金ソリッドゴールドを採用しており、思い通りの筆跡で書けるのがメリット。書きやすさにもこだわって万年筆を選びたい方におすすめです。

パーカー(PERKER) デュオフォールド クラシック 1931381

1921年に誕生しパーカーの伝統を詰め込んでいるのが特徴の万年筆。クラシカルな雰囲気を感じられるのがメリットです。ボディ・キャップ・ペン先を太めに設計しており、しっかりと握れる製品が欲しい方におすすめです。

カラーバリエーションはブラック・ブルーシェブロン・ビッグレッドの3種類。さらに、ペン先の太さは細字と中字の2種類を展開しています。

ウォーターマン(WATER MAN) エクセプション スリム デラックス S0637090

スリムサイズでスタイリッシュなデザインがおしゃれな万年筆です。ボディの輪郭がスクエア型で、先端に近づくにつれて丸みを帯びつつ細くなるのが特徴。心地よく握れるため、使いやすいのがメリットです。

カラーバリエーションはブラックとブルーの2色。光沢感がありシックな雰囲気を醸し出しています。ビジネスシーンで使いやすい万年筆を探している方にもおすすめです。

カランダッシュ(Caran d’Ache) レマン バイカラー ブラック シルバープレート&ロジウムコート M-4799.289

レマンシリーズの製品は、スイスとフランスにまたがるレマン湖からインスピレーションを得てデザインしています。シックで高級感あふれる見た目がメリット。上質な万年筆が欲しい方にもおすすめです。

ペン先は、細字・中字・太字・極太字の4種類があります。使用目的や書き心地の好みで選びやすいのが魅力。さらに、吸入式とカートリッジ式どちらにも対応しているのも便利なポイントです。

万年筆のおすすめ|安い

パイロット(PILOT) コクーン FCO-3SR

20〜30代向けに作られている万年筆です。握りやすさを考えて軸を太めに設計しており、手のひらに馴染みやすいのが特徴。さらに、程よい重量感もあるため持ちやすいのも魅力です。

繭をイメージした曲線が美しいフォルムがポイント。カラーバリエーションは、ブラック・ホワイト・シルバー・ブルー・ボルドー・チタン・メタリックグレーなどを展開しています。シンプルなデザインが好きな方にもおすすめです。

パイロット (PILOT) ライティブ FLT-2SR

使いやすさにこだわった製品が欲しい方におすすめの万年筆。軽量性に優れているため、カバンやペンケースに入れて持ち運びやすいのが便利です。外出先で手軽に使える製品が欲しい方に適しています。

インナーキャップの仕組みで、高い気密性を保っているのもメリット。インクの乾燥を防ぐため、文字が霞む心配を軽減できます。

カラーバリエーションは、アクティブイエロー・アクティブネイビー・アクティブレッド・アクティブブラック・アクティブホワイト・ノンカラーなどを展開。落ち着いた色からポップな色まで揃っているのも魅力です。

セーラー万年筆 プロフィット カジュアル ゴールドトリム 11-0570

シンプルかつクラシカルなデザインが特徴の万年筆です。手軽に手に取りやすいのがメリット。カラーはブラックとレッドの2色あるため、色違いで揃えるのもおすすめです。

ペン先はステンレス製で、筆圧の影響を受けにくいのがメリット。一定して同じ太さで書きやすいのが魅力です。

文字幅は極細字・細字・中細・中字・太字・ズーム・ミュージックの7種類に対応。同じデザインで複数の太さの製品を選びたい方にも適しています。

プラチナ万年筆(PLATINUM PEN) プロシオン PNS-5000

カラフルな色味が印象的な万年筆。独自の「スリップシール機構」を採用しており、いつでもインクのかすれを気にすることなくすぐに書き出せます。機能性に優れた製品が欲しい方にもぴったりです。

新設計のペン先によって、ペン先の肩口あたりまで浸せばインクを補充できるのがメリット。スピーディーにインクを入れられるだけでなく、残量が少ないインク瓶からも補充しやすいのが便利です。

プラチナ万年筆(PLATINUM PEN) プレジール PGB-1000B

メタリックな光沢感が特徴の万年筆。金属製のボディには傷が付きにくい加工を施しているため、きれいな状態をキープしやすいのがメリットです。万年筆本体に耐久性があるだけでなく、カートリッジ式で何度もインクを補充できるため、長く愛用できます。

1年間使わなくてもインクが乾かない「スリップシール機構」しているのも魅力。インクのカスレや蒸発を気にすることなく手軽に書き始められます。

ペリカン(Pelikan) ペリカーノJr GTP/5

ドイツのブランドであるペリカンの万年筆。子供達のペンの持ち方を矯正するために開発されたのが特徴です。自然に正しい握り方ができるよう設計されているため、初めて万年筆使う方にも適しています。

カラーバリエーションは、ブルー・レッド・ピンク・バイオレット・ターコイズの5色で、鮮やかな色味が魅力。また、カートリッジ式のため、手軽にインクを補充できるのがメリットです。

オート(OHTO) セルサス FF-20C

カートリッジ式の万年筆が欲しい方におすすめの製品。いつでも手軽にインクを補充できるため、持ち運んで使いたい方にもおすすめです。さらに、グリッパーが付いていることで持ちやすいのが魅力です。

色はブラック・シルバー・ワイン・ブルーなどを用意。細身で光沢感のあるデザインもポイントです。初心者の方でも手軽に扱える万年筆です。

シュナイダー(Schneider) シオッドシャイニー CDF168649M

エレガントな雰囲気のあるメタリック仕上げの万年筆。人間工学に基づいたラバー加工のグリップを採用し、書き心地にもこだわっています。さらに、くぼみに合わせて握ると、正しい持ち方を身に付けられるのも魅力です。

キャップを除いた重さが10gと、軽量性に優れているのも魅力。長時間使っても手が疲れにくく、快適に書き続けられます。また、両利きタイプなので利き手に関係なく使用できるのも便利です。

オート(AUTO) タッシェ 4971516531332

使わないときはコンパクトサイズにできるのが嬉しい製品です。ポケットにも入れやすいので、移動先で万年筆を使うことが多い方におすすめ。また、軸とキャップはアルミニウム製で、軽量性に優れているのも便利です。

軸の中にカートリッジを入れられるのがメリット。使いたいときは、中から取り出した後尖った方を上にします。そして、ペン先の軸を上から下に差し込むとセット完了。長さが変わって書きやすいサイズで使用できます。

ブラック・ブルー・ピンクの3色をラインナップ。シンプルなデザインのため、シーンを問わず手軽に扱えるのが魅力です。

万年筆のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

万年筆のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

番外編:万年筆の使い方・お手入れ方法

By: amazon.co.jp

万年筆は、正しい向きで使用するのが大切。刻印のある方を表向きにしてボールペンを使用するときよりも寝かせた状態で使います。さらに、力を入れなくても滑らかに書けるため、力を抜いて使用しましょう。

使わないときはキャップを必ず閉めておくことが重要。ペン先を保護するだけでなくインクの蒸発を防ぐのが理由です。また、キャップは回しながら外すタイプと真っ直ぐに引き抜くタイプがあるので、使いやすい方を選びましょう。

万年筆は、水洗いでお手入れするのが基本です。カートリッジ式の場合は、カートリッジを引き抜いた後ペン先ごとコップに入れます。一方、コンバーター式はインクを吸入するときのように水を出し入れするのがポイントです。

水を使ってお手入れした後はやわらかい布で水分を拭き取り、乾かしましょう。キャップの内側など細かい部分は綿棒を使うのがおすすめです。