高級品なイメージが強いですが、いつかは手にしてみたい「万年筆」。一生モノとして長く愛用できるモデルはもちろん、1000円未満の手軽に使えるモデルもあります。

そこで今回は、おすすめの万年筆を価格帯別にご紹介。選び方のポイントと人気メーカーについても解説しているので参考にしてみてください。

万年筆の選び方

ペン先の素材や太さをチェック

By: amazon.co.jp

万年筆は、ペン先の素材や太さで書き味が異なるため重要視したい項目です。素材は主に「金」か「ステンレス」。金は、14k・18k・24kが使用されインクがかすれにくく、なめらかな書き味が特徵です。やわらかいため使用していると擦り減りますが、自分の癖に合わせた形になるので使うほど書きやすくなります。

ステンレスは、硬くカリカリとした書き心地です。素材自体が安価なため、リーズナブル価格で手に入る製品が多くあります。しかし、酸に弱く、インクが酸性のため腐食しやすいのが弱点です。対して金は酸に強いため耐久性に優れていますが、素材が高価なので万年筆の価格が上がります。

また、ペン先の太さは極細~極太までありアルファベットで表記されています。EFまたはXFが極細・Fが細・Mが中太・BまたはLが太・BBまたはXLが極太です。中太字は汎用性が高く実用的なため幅広く使用できます。狭い範囲や細かい書き込みが多いのであれば、極細または細字がおすすめです。

ペン軸をチェック

By: amazon.co.jp

快適な筆記を行うためにはペン軸の太さにもこだわりましょう。ペン軸は主に細軸と太軸に分けられます。太軸のほうが疲れにくく長時間の使用に適しているといわれていますが、手帳への書き込みやメモなど断続的に使用する場合は向きません。

細軸は、握るときに力が入りやすいため疲れやすく、長時間の使用には不向きですが、携帯性に優れておりペンフォルダーに収まりもよいので日常使いには適しています。

インクの補充方式をチェック

吸入式

By: rakuten.co.jp

吸入式は万年筆の開発当初から用いられている伝統的なインク補充方式です。ペン先をインクボトルに浸して尻軸を回転させるとピストンが上下し、インクを吸い上げ胴軸の中にインクが貯められます。吸入方式にも種類がありましたが、現在は回転吸入方式が主流です。

吸入式はほかの方式に比べ容量が大きく、一度に多くのインクが補充でき長く使えるためコスパにも優れています。インクボトルの種類が豊富で好みのインクが選べるのもポイントです。

カートリッジ式

By: amazon.co.jp

カートリッジ式はインクが入ったカートリッジを差し込むと補充できます。簡単にインク交換が行え、手が汚れにくく携帯しやすいのがメリットです。外出先でインクを切らしてしまっても、カートリッジを交換すればすぐに使えます。

しかし、容量が少なく頻繁に交換を行うため、ほかの方式に比べて費用がかさみますが、手軽に使用できるので万年筆に慣れていない初心者の方におすすめです。

両用式(コンバーター式)

By: amazon.co.jp

両用式は、インク吸入器「コンバーター」を用いて補充する方法と、カートリッジによるインクの補充が可能。コンバーターの費用はかかりますがインクのコストが低いためコスパは良好です。

コンバーター式の吸入方式は、吸入ノブを回してインクを吸い上げる「回転式」、プレートを押してインクを吸入する「板バネ式」、ノブを数回プッシュしてインクを吸い上げる「プッシュ式」の3種類あります。両用式の万年筆を選ぶ際はコンバーターの吸入方式もチェックしておきましょう。

デザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

万年筆はデザイン性の高さも魅力のひとつ。カラフルで個性的なデザインのモノから、落ち着いたデザインのモノまでさまざまです。自身の好みや利用シーンなどを考慮して、適したデザインのモノを選びましょう。

価格で選ぶ

万年筆の価格は、1000円以下から数万円まで幅広くあります。価格が高い万年筆は、それだけ品質がよいモノも多いのですが、予算を考慮して選ぶようにしましょう。

また、価格が安いからといって、使いにくい万年筆であるとは限りません。それぞれの価格帯ごとに、使いやすくデザイン性の高い製品もあります。1000円以下で気軽に使えるモノ、高いけれど長く使えるモノなど目的に応じて価格を選びましょう。

万年筆のおすすめメーカー

国産メーカー

品質のよさから世界的にも評価の高い国産メーカーの万年筆。字幅が細めに仕上がっているため、日本語を書くのに適しています。また、多くのメーカーで万年筆の製造・販売を行っており種類が豊富です。

パイロット(PILOT)

By: amazon.co.jp

2018年で創業100周年を迎えた「パイロット」は国産万年筆一流メーカーとして名高く、初心者から愛好家まで人気を集めています。品質の高さは海外からも注目され、エルメスの「ノーチラス」コレクションの製造なども手掛けました。

パイロットの万年筆は「書く」ことにこだわって開発されているため、文字の「トメ・ハネ」がしやすく日本語を書くのに適しています。種類が豊富ながら品質に個体差が少なく安定しているので、万年筆選びに困ったらパイロットを選ぶのがおすすめです。

セーラー万年筆

By: amazon.co.jp

パイロット、プラチナ万年筆に並び国内三大万年筆メーカーのひとつ「セーラー」。国内で初めて先が2つに割れた金ペンを製造したメーカーです。創業当時から継承される手作業にこだわり、国内での製造を徹底しています。

また、初心者向けの「プロムナード」や代表モデル「プロフィット」「プロフェッショナルギア」を中心に、女性向けのポップな万年筆「キャンディ」や有田焼や蒔絵など日本の伝統工芸を採用した高級万年筆など豊富にライナップ。限定モデルが多いのも特徵です。

海外メーカー

世界を代表する憧れの万年筆が顔を揃える海外メーカー。国産にはない独特な書き味が特徵です。品質とデザイン性を両立し一生モノの万年筆として選ばれています。

モンブラン(MONTBLANC)

By: rakuten.co.jp

モンブランは万年筆の代名詞といわれる「マイスターシュテュック」が有名な、ドイツの高級筆記用具メーカーです。世界中で広く知られています。ペン先にモンブラン山の標高「4810」を刻印し、トップには山頂の雪を再現した「ホワイトスター」と呼ばれるトレードマークのロゴが入っているのが特徵です。

太さ・重さ・長さ・重心を開示しているため、自分に合った万年筆が選びやすく、修理・交換などアフターサービスも充実しています。一生モノの万年筆を探している方におすすめのメーカーです。

ペリカン(Pelikan)

By: amazon.co.jp

170年以上の歴史を持つ老舗高級筆記具メーカー「ペリカン」。胴軸の縦縞模様がシンボルの「スーベレーン」を代表モデルに持ち、モンブランの万年筆に並ぶ名品です。2つの異なるギアでインクを吸入し、ハンドルをより速く回転して上下する「ディファレンシャル・ピストン・メカニズム」を世界で最初に発表しました。

ペリカンは吸入式にこだわりカートリッジ式の約3倍のインク補充が可能。また、吸入式であることでペン先の洗浄ができメンテナンスしやすいのも魅力です。実用性を重視した万年筆づくりと豊富なライナップで大人はもちろん子どもにもおすすめ。クリップはペリカンのくちばしをモチーフにしています。

パーカー(PARKER)

By: amazon.co.jp

「世界で最も愛されるペン」の称号を持つ「パーカー」は、イギリス王室御用達の老舗筆記具メーカー。世界で最も信頼が厚いともいわれており、創業者の「よりよいペンを作れ」の方針を継承し続け、業界最先端の技術を惜しみなく注ぎ込んでいます。

ビッグレッドの愛称で親しまれているフラッグシップモデル「デュオフォールド」はパーカー渾身の万年筆。卓越した熟練の技術と先進的かつ革新的なデザインで、「ソネット」や「IM」など、さまざまな名品を生み出しています。

万年筆のおすすめモデル|1000円前後

パイロット(PILOT) カクノ FKA-1SR

パイロット(PILOT) カクノ FKA-1SR

本製品は、初心者用万年筆として開発され、書き心地と使いやすさに優れているのが魅力。筆と同じ感覚で握れる六角形の軸や三角形のグリップ、開けやすいキャップ形状など、子どもでも安心して使える工夫が集約されています。

インクの補充は、カートリッジとコンバーターの両用式。初めのうちはカートリッジで、使い方に慣れてきたらコンバーターにもチャレンジしてみましょう。ペン先のかわいらしい笑顔マークも、書くことへの楽しさを導いてくれる大切なポイント。子どもから大人まで、万年筆を初めて使う方におすすめです。

セーラー万年筆 ハイエースネオ 11-0116-230

セーラー万年筆 ハイエースネオ 11-0116-230

ステンレス製のペン先を採用することで、鋭い書き味が楽しめる本格万年筆。軸を樹脂製、キャップをアルミ製にすることで軽量化を実現しています。細めのペン先で繊細な線も描きやすく、スケジュール帳への書き込みやイラスト描きにも最適です。

カートリッジのほか、コンバーターを装着してインクを吸入できるため、シーンによって使い分けできるのも嬉しいポイント。気軽に携帯して使える万年筆を探している方におすすめです。

セーラー万年筆 ふでDEまんねん 11-0127-740

セーラー万年筆 ふでDEまんねん 11-0127-740

特殊なペン先を有する本製品は、本物の筆を使わなくても簡単にきれいな筆文字が書けます。ペン先には上向きに40°の角度がついており、ペン先を立てたり寝かせたりして角度を変えながら書くことで、自由に文字の太さを調節できるのが特徴。

軽量で扱いやすいうえ、書道技法の基本となる「永字八法」も美しく再現できると好評です。線の太さに変化をつけやすく繊細な表現が可能なことから、文字だけではなく描画用としてもおすすめ。大切な方への手紙や表書き用に、1本は持っておきたい万年筆です。

プラチナ万年筆 プレピー PPQ-200

プラチナ万年筆 プレピー PPQ-200

プラチナ万年筆のなかでも、最も安価で誰でも気軽に使える万年筆として登場した「プレピー」シリーズ。普段万年筆を使い慣れていない学生や女性でも親しみやすい、おしゃれなスケルトンボディが人気の理由です。

本シリーズにはインクが乾きずらいキャップを搭載。ペン先を完全気密にすることで、長期間未使用でもインクの乾燥を防ぎ、すぐになめらかな書き味が復活します。

採用されているステンレス合金のペン先は、ノートや手帳への書き込みなどハードに使っても消耗しにくいのがメリットです。カートリッジ式で、インクの補充がしやすく手が汚れにくいのも魅力。身近な筆記具として楽しめるおすすめの万年筆です。

プラチナ万年筆 プレジール PGB-1000

プラチナ万年筆 プレジール PGB-1000

リーズナブルなうえ、本格的な書き心地が味わえる万年筆。ペン先には消耗しにくいステンレスを採用し、どんなに使用しても心地よい書き味が長続きします。安価であるとは感じさせない、高級感漂うなめらかなフォルムも魅力。パール加工を施してあるため、傷がつきにくく長く美しさを保ちます。

キャップには本メーカーが独自に開発した「スリップシール機構」が搭載され、インクの蒸発やこびりつきを防止。1年経ってもインクが乾燥せず、メンテナンスに手間取りません。豊富なカラーバリエーションのなかから、お気に入りの色を選んでみてください。

オート(OHTO) 万年筆 タッシェ FF-10T

オート(OHTO) 万年筆 タッシェ FF-10T

本モデルは、長さが約10cmまでコンパクトに収納できるうえ、キャップを本体に取り付ければ筆記しやすい長さまで調節できるのが特徴。ジャケットの胸ポケットに入れたりペンフォルダーに収めたりと、携帯性に優れた万年筆です。

細字タイプで、手帳に細かくメモしたり画数の多い漢字を書いたりするときにも便利。しなりの少ないペン先で細かい字に適したシャープな線が描けます。カートリッジ式なので、外出先での急なインク切れにも慌てず対応できるのもポイント。利便性の高い万年筆を探している方におすすめです。

万年筆のおすすめモデル|1万円未満

パイロット(PILOT) コクーン FCO-3SR

パイロット(PILOT) コクーン FCO-3SR

英語で“繭”を意味する「コクーン」は、柔らかで美しいフォルムが魅力の万年筆です。やや太めに設計された軸とほどよい重さが手になじみやすく、長時間の筆記でも疲れにくいのがポイント。耐久性に優れたステンレス製のペン先は、文字の書きグセがつきにくく、万年筆の使い方に慣れていない方にもおすすめです。

インクの補充はコンバーター式で、カートリッジインクも使えるのが魅力。カラーバリエーションも豊富で、人とは違った万年筆を使いたいという方にも最適です。初めての万年筆として、入学祝いや就職祝いにも喜ばれます。

パイロット(PILOT) カスタム74 FKK-1000R

パイロット(PILOT) カスタム74 FKK-1000R

パイロットの万年筆を代表する「カスタム」シリーズ。なかでも本製品は、握りやすい太めの軸と優れた書き味が楽しめる、汎用性の高いスタンダードモデルです。純国産にこだわり、最終仕上げまで一貫製造することで高い品質を誇っています。

魅力はなんといっても、その優れた書き心地。日本語特有の「とめ・跳ね・払い」といった微妙なニュアンスを美しく表現できるよう、ペン先には腐食に強く適度なしなりを持つ14Kを使用しています。

また、ペンの書き味を左右する「ペンポイント」は、1本1本手作業で研磨。細字や中字のほか、楽譜の作成にも適した「ミュージック」など、全11種類のペン先から最適な1本を選べるのも大きな魅力です。1万円以下で本格仕様の万年筆を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

プラチナ万年筆 #3776 センチュリー PNB-13000

プラチナ万年筆 #3776 センチュリー PNB-13000

日本一の品質を目指し、富士山の標高にたとえ名付けられた「#3776」シリーズは、プラチナ万年筆の伝統と優れた技術を集約させた逸品です。キャップには、万年筆の欠点ともいえるインク詰まりを解消する「スリップシール機構」を搭載。乾燥して固まりやすい顔料インクも安心して使用できます。

14Kの大きなペン先は、ほどよい弾力としなりで、ダイナミックに文字を表現したい方にぴったり。中央部を飾る、エッジング加工されたリングの刻印も高級感を引き立てるポイントです。格式高い上質な万年筆を、手頃な価格で使ってみたいという方におすすめです。

セーラー万年筆 プロムナード 11-1031

セーラー万年筆 プロムナード 11-1031

万年筆が初めてという方も、比較的手が届きやすい価格が魅力的なモデル。初心者用と銘打っているものの、14Kのペン先を採用するなど、万年筆愛好家も納得の本格的な書き心地が味わえます。クリップとペン先には、セーラー万年筆の象徴である「錨」マークをさりげなく刻印。

ボディにはキラキラと輝くラメを施し、傷が目立ちにくいものポイントです。カートリッジインクのほか、別売りのコンバーターを使用すれば、好みのカラーインクで楽しむことも可能。アクセサリー感覚でおしゃれに持ち歩きたい方におすすめの万年筆です。

パーカー(PARKER) IM ロイヤルブルーCT 1975597

パーカー(PARKER) IM ロイヤルブルーCT 1975597

スマートで洗練されたデザインと優れた機能性をあわせ持つ、日常使いに適した万年筆。握りやすさにこだわったシンプルなフォルムで、使う人を選ばない汎用性が魅力です。耐久性に優れたステンレス製のペン先は、カリカリとした硬い書き心地が好みの方におすすめ。

ツヤを抑えたマットな風合いと上質なクローム使いが派手すぎず、ビジネスシーンにも違和感なくなじみます。普段着を着るように、さらりと万年筆を使いこなしたい方にぴったりな1本です。

ラミー(LAMY) サファリ L16

ラミー(LAMY) サファリ L16

ポップなカラーが人気の「サファリ」は、ラミー社の定番シリーズ。発売から40年あまり経った今でも、世界中の筆記具ファンを魅了し続けています。軽量で耐久性の高いABS樹脂を用いたボディや大胆なワイヤークリップ使いなど、ほかに類を見ないカジュアル感が魅力です。

正しい位置でペンが握れるグリップ形状や、インクの残量がひと目でわかる小窓など、機能面においても見逃せないポイント。カートリッジのほかコンバーターも使用できるため、絶妙な色合いのカラーインクも楽しめます。シーンに合わせて好みのカラーをチョイスしてみてください。

万年筆のおすすめモデル|5万円未満

パイロット(PILOT) キャップレス FC-18SR

パイロット(PILOT) キャップレス FC-18SR

1963年の販売以来、ロングセラーを保持し続けているノック式万年筆。ボールペンのようにノックするだけで、サッと書き込みができるスマートさは、アクティブなビジネスシーンにぴったりです。

キャップには、気密性の高い「シャッター機構」を採用することで、インクの漏れや乾きを解消。ペン先には弾力のある18Kを使用し、すべるようになめらかな書き味が楽しめます。デイリーユースでスタイリッシュに使いこなしたい方におすすめの万年筆です。

セーラー万年筆 プロフェッショナルギアΣ 11-3527

セーラー万年筆 プロフェッショナルギアΣ 11-3527

本メーカーのフラッグシップモデル「プロフェッショナルギア」のなめらかな書き心地はそのままに、さらにワンランク上のラグジュアリー感を高めたモデル。ポッティング加工で浮き上がるように仕上げた「錨」マークや、洗練されたクリップデザインがプレミアムなひと品です。

ほどよい重量感に加え、従来の「プロフェッショナルギア」の優れた書き味は健在。14Kのペン先には、ロジウムメッキのバイカラーを施すなど、パーツひとつひとつにこだわりが感じられます。コンバーターのインク吸入量も約2倍に増え、インク切れが気になるヘビーユーザー派にもおすすめです。

ペリカン(Pelikan) スーベレーン M400

ペリカン(Pelikan) スーベレーン M400

ペリカンの代表傑作ともいえる「スーベレーン」シリーズ。本シリーズの特徴でもある胴軸のストライプ模様は、独自の製法でひとつひとつ手作業で仕上げられています。なかでも本モデルは、重心のバランスが絶妙であるほか、女性の手のひらにもフィットしやすいコンパクトサイズ。

ペン先には14Kを使用し、コシが強くカリカリとした文字が書けるので、にじみやすい薄手の原稿用紙にも最適です。インク補充は伝統的な吸入式。一度にたくさんのインクが補充でき長く書き続けられます。初心者用からステップアップしたいという方におすすめの万年筆です。

パーカー(PARKER) ソネット プレミアム ブラウンPGT

パーカー(PARKER) ソネット プレミアム ブラウンPGT

ベーシックなフォルムと使いやすさで人気の「ソネット」。パーカーのシンボルでもある矢羽クリップと、ボディ全体に配した「シズレパターン」が、どこから見てもパーカーだとわかるアイコニックな1本です。安価ながら18Kのペン先が使われるなど、コスパのよさにも定評があります。

細身の胴軸は携帯性に優れ、手帳のペンフォルダーにも収納しやすく学生やビジネスパーソンにも人気です。適度な重みにより力を入れなくても筆が進むため、長時間使用で疲れにくいのも魅力。人とかぶらない個性的な万年筆を探している方におすすめです。

クロス(CROSS) センチュリーⅡ 3309-F

クロス(CROSS) センチュリーⅡ 3309-F

クロス社の創業100周年を記念して誕生した本モデルは、細身で流れるようなフォルムが人気のロングセラー。「コニカルトップ」と呼ばれる円すい形のキャップもこのモデルから生まれ、クロス社製品のシンボルとなっています。

細身ながら重心バランスに優れ、安定した筆記ができるのも魅力です。ペン先にはしなやかな23Kのゴールドプレートを使用し、細い線も描きやすく画数の多い漢字を書くときや描画用にも最適。男女ともに長く愛用できる、おすすめの万年筆です。

万年筆のおすすめモデル|5万円以上

パイロット(PILOT) カスタム845 FKV5MRBM

パイロット(PILOT) カスタム845 FKV5MRBM

本製品は、「ラッカナイト」と呼ばれるパイロット独自の塗装技法を受け継いだモデルです。樹脂であるエボナイトに丹念に漆を塗り重ね、和漆器のようなしっとりとした艶に仕上げています。

大型のペン先はほどよいしなりを持ち、ダイナミックな文字を書けると好評。持ち主のクセに合わせて、使うほどに書き味がなじんでくるのも醍醐味です。しっかりと重みのある本体は安定した筆記が可能。大切な方への贈り物にも喜ばれる、おすすめの万年筆です。

モンブラン(MONTBLANC) マイスターシュテュック ル・グラン 146

モンブラン(MONTBLANC) マイスターシュテュック ル・グラン 146

万年筆の王道ブランドとして名高いモンブラン。本モデルは「マイスターシュテュック」シリーズのなかでも、手頃なサイズで汎用性に優れた定番の万年筆です。モンブランのシンボルでもある、キャップトップの「ホワイトスター」やロゴが刻印された3連のキャップリングなど、モンブランの魅力をあますことなく堪能できます。

美しい装飾が施された14Kのペン先は、磨耗しやすいものの書けば書くほど使いやすくなるのも魅力です。柔らかな書き心地で、手紙や日記などの筆記に適しています。長く愛用できる万年筆を探している方は必見です。

モンブラン(MONTBLANC) マイスターシュテュック149

モンブラン(MONTBLANC) マイスターシュテュック149

万年筆の最高峰とされる「マイスターシュティック149」は、圧倒的存在感で世界中の愛好家を魅了し続けている銘品です。世界各国の重要な調印式などにも使用されるなど、格式の高さもうかがえます。

しっとりとしたツヤのあるボディには「プレシャスレジン」と呼ばれる、モンブラン独自の樹脂を採用。手にフィットしやすく長時間使用しても疲れを感じさせません。

18Kを採用したペン先は、適度な跳ね返りが感じられ、弱い筆圧でもストレスなくなめらかな書き味が楽しめます。大人のステイタスアイテムとして、所有する喜びを思う存分堪能できる、一生モノの万年筆です。

カランダッシュ(Caran d’Ache) 万年筆 レマン 4799-168

カランダッシュ(Caran d’Ache) 万年筆 レマン 4799-168

スイスのジュネーブにあるレマン湖からインスピレーションを受け誕生した「レマン」は、カランダッシュの高級ライン万年筆。時とともに刻々と変化するレマン湖の水面を、美しいカラーリングやパターンで表現した繊細なひと品です。

流れるように柔らかなフォルムで、手にしっかりとなじみやすく、ストレスを感じさせないスムーズな書き心地が魅力。カランダッシュのシンボル「六角形」のマークもしっかりとキャップトップに配置されています。エレガントさを演出したい方は、ぜひともチェックしておきたい万年筆です。

アウロラ(AURORA) オプティマ 996-VE

アウロラ(AURORA) オプティマ 996-VE

1930年代にベストセラーとして一世をふうびした復刻モデル。ボディには、アウロラ独自の「アウロロイド樹脂」を使用し、光の当たり具合によってさまざまな表情をのぞかせてくれる美しい万年筆です。

高いデザイン性ばかりでなく技術力も突出しています。本モデルの内部機構には、予備タンクを装備したアウロラ独自の「リザーブタンク付きピストン吸入方式」を採用。これは、筆記途中でインクが切れてしまった場合でも、尻軸を回転させることでインクをスピーディーに供給できるというモノです。

ラグジュアリーな重厚感とは裏腹に、ふわりとした軽さも魅力。握りやすいほどよい太さの胴軸で、長時間筆記を続けても手が疲れにくいのも大きなポイントです。古代ローマ時代を彷彿とさせるリングの「グレコ・パターン」も魅力。個性的なアイテムを探している方に、ぜひおすすめしたい万年筆です。

ペリカン(Pelikan) トレド M900 ビックトレド

ペリカン(Pelikan) トレド M900 ビックトレド

かつてヨーロッパを中心に人気を博していた「トレド」の復刻版モデル。彫刻の街として有名な古都「トレド」から名を受けた本モデルは、100を超える工程に1ヶ月以上を費やし制作された、芸術品でもあります。

胴軸が太くペン先も大きいため、手の大きな男性にもおすすめです。良質なスターリングシルバー製の胴軸に施されたペリカン柄の彫刻は、卓越した職人たちがひとつひとつ手彫りしたモノ。きらびやかな装飾はすべて24K塗装で仕上げるというこだわりの高さもうかがえます。

インク補充は伝統的な吸入方式。吸入式に慣れない方は多少使いにくさを感じることがありますが、一度に多くのインクを補充できるため、毎日万年筆を愛用するという方ならコスパよく使用できます。筆記具としてはもちろん、コレクションアイテムとしても楽しめる、上級者におすすめの万年筆です。