筆記具としてはもちろん、その気品あるイメージから嗜むアイテムと目される万年筆。デジタル機器があふれる現代社会においては、持っていると男の格が上がる逸品です。そこで、今回はおすすめの万年筆をご紹介。自分へのご褒美や大切な人への贈り物を検討されている方は要チェックです。

万年筆とボールペンの違い

万年筆の特徴とメリット

万年筆を使えば、ボールペンでは味わえないような珠玉の"書き味"を堪能できます。筆圧の強さやペン先の角度によって線の表情が大きく変わるのは、万年筆ならではです。強弱を付けて書けば、それだけでいつもより文字が凛々しく見えます。

"コレクター欲を満たしてくれる"というのも万年筆の大きなポイント。万年筆はその美しさから芸術品としても映えるアイテムです。軸やペン先の素材、カラーバリエーションがとても豊富なので、収集する価値のあるアイテムです。

万年筆は、ボールペンと比べるとインクを補充したり、定期的にメンテナンスが必要だったりと若干の手間があります。しかし、耐久性が高いため、コストパフォーマンスは良好。また、世話をするごとに愛着が湧いてくるのでおすすめです。

ボールペンの特徴とメリット

ペン先のボールを回転させて、軸内からインクを出すボールペン。特別なメンテナンスは不要です。万年筆にはない"手軽さ"がポイント。筆圧や角度にあまり左右されないため、決してハードルの高い文房具ではなく、誰でも簡単に文字を書けるのが魅力です。

また、ボールペンは"入手のしやすさ"も大きなメリット。コンビニやスーパーなどで気軽に購入することができ、価格もリーズナブルです。ただし消耗品でもあるので、長期的に使い続ける場合は万年筆の方がかえって愛着が湧き、手放せない存在になります。

万年筆の種類

ひと口に「万年筆」と言っても、その種類はさまざま。どんなペン先を装着しているのか、どんなペン軸を採用しているのかによって、万年筆の書き味は大きく変わります。

種類が多くて選ぶときに悩んでしまうかもしれませんが、根気よくじっくりと選ぶことで自分に合う万年筆が見つけるという楽しみもあります。

万年筆の選び方

ペン先で選ぶ

万年筆を選ぶ上で最も重視したいのはペン先。例えば、漢字のように複雑な文字を書くことが多ければ細字の万年筆がおすすめ。アルファベットを書くことが多ければ太字の万年筆だと見栄えがよくなります。

また、自分の筆圧も考慮しましょう。普段から強く文字を書く方なら、力を入れても字が潰れにくい細字がベストです。筆圧の弱い方は、少しの力でも力強く書ける太字の万年筆を選べば間違いありません。

ペン軸で選ぶ

長時間、執筆にふける方はペン軸にもこだわりましょう。ボディが細い万年筆だと、握るときに力が入りやすくなるため、長時間の執筆には向いていません。丸みのある万年筆を選べば、軽い力で握れるのがポイント。あまり手に負担がかからず、おすすめです。

ペン軸の素材も、書き心地を左右する点なのでチェックしたいところ。オーソドックスな樹脂軸の万年筆を選ぶのが無難ですが、経年変化を楽しみたいなら木軸も捨てがたいです。そのほか、金属軸やセルロイド軸などさまざまな種類があるため、お気に入りのペン軸を見つけましょう。

人気の万年筆おすすめブランドランキング
第1位 パイロット(PILOT)

パイロット(PILOT) カスタム74 FKK1000RB-FM

軸が太くて握り心地のよい万年筆。パイロットを代表するスタンダードモデルです。黒いボディにゴールドのパーツがよく映えてダンディ。懐からサッと取り出せば大人の男を演出できます。

ペン先はやや硬め。使い勝手のよい中細字タイプで、ノートや手帳などに向いています。筆圧が弱い方から強い方まで幅広く対応しているため、初めて万年筆を購入される方にもおすすめです。

パイロット(PILOT) カスタム74 FKK1000RB-FM

線種:中字
インクの補充方式:カートリッジ・コンバーター両用式

パイロット(PILOT) レグノ FLE-12SK-DRF

温かみが感じられる木軸の万年筆。素材にコムプライト(積層強化木)を採用していて、木の美しさを保ちながらも水分の吸収を防いでくれます。また、一般的な木材よりも堅く頑丈に作られているので、長く愛用できるのもポイントです。

ペン先は細字タイプ。やや硬めで潰れにくいため、筆圧が中〜強程度の方におすすめです。寝かせるように持つよりも、少し立たせるように持った方が上手く書けます。

パイロット(PILOT) レグノ FLE-12SK-DRF

線種:細字
インクの補充方式:カートリッジ・コンバーター両用式

人気の万年筆おすすめブランドランキング
第2位 セーラー万年筆(SAILOR)

セーラー万年筆(SAILOR) プロフィットスタンダード 11-1219-220

セーラー万年筆の代表作「プロフィットシリーズ」の原点とも言えるスタンダードモデル。クラシックなデザインは、フォーマルな場に最適です。程よい丸みを帯びているのが特徴で、手にしっかり馴染みます。重量が約17gと軽いため、長時間の使用でも疲れにくいモデルです。

ペン先は細字タイプ。手帳など、細かい文字を書くときに向いています。しなやかな書き味を試したい方は要チェックです。

セーラー万年筆(SAILOR) プロフィットスタンダード 11-1219-220

線種:細字
インクの補充方式:カートリッジ・コンバーター両用式

セーラー万年筆(SAILOR) プロムナード シルバートリム 11-1033-320

"大人への船出"をコンセプトに掲げている「プロムナードシリーズ」の万年筆。そのコンセプトにちなんで、キャップのクリップ部分には船のイカリマークを刻印しています。金属パーツにはシルバーを採用。高級感というよりも"おしゃれ感"を主張できるアイテムです。

ペン先は中細タイプ。力の入れ具合で太さの調節がしやすいため、筆圧の強弱を問わず幅広い方におすすめしたい万年筆です。

セーラー万年筆(SAILOR) プロムナード シルバートリム 11-1033-320

線種:中細字
インクの補充方式:カートリッジ・コンバーター両用式

人気の万年筆おすすめブランドランキング
第3位 プラチナ万年筆(PLATINUM)

プラチナ万年筆(PLATINUM) #3776 センチェリー PNB-10000#1-3

プラチナ万年筆の伝統と技術を結集した「#3776シリーズ」。日本文字を美しく書けるように設計された万年筆です。"日本最高峰の品質を目指す"という思いのもと、富士山の標高にちなんで「3776」という数字が付けられました。大人っぽい漆黒のボディと14金ペン先の組み合わせが、同ブランドらしい気品が感じられます。

本製品の最大の特長と言えるのが、「スリップシール機構」を組み込んだ完全気密構造のキャップ。これにより最長約2年間、インクの乾燥を防いでくれるため、気兼ねなく美しい文字が書けます。

ペン先は中字タイプ。バランスがよく書きやすいので、万年筆初心者の方はもちろん、買い替えを考えている方にもおすすめです。

プラチナ万年筆(PLATINUM) #3776 センチェリー PNB-10000#1-3

線種:中字
インクの補充方式:カートリッジ・コンバーター両用式

プラチナ万年筆(PLATINUM) プレジール PGB-1000#56-2

リーズナブルな万年筆を求めている方におすすめの1本。リーズナブルな価格帯ながら、他の万年筆に劣らない滑らかな字が書けます。磨耗に強いペン先を採用しているため、ハードに使っても安心。本体にパール加工を施していて擦り傷に強く、美しさと耐久性を兼ね備えています。普段使いの万年筆としておすすめです。

プラチナ万年筆の代名詞とも言える「スリップシール機構」キャップも採用されています。カートリッジを差し込んだままでも、1年程度であればインクが乾燥しません。コストパフォーマンス良好のおすすめアイテムです。

プラチナ万年筆(PLATINUM) プレジール PGB-1000#56-2

線種:細字
インクの補充方式:カートリッジ式

人気の万年筆おすすめブランドランキング
第4位 ペリカン(Pelikan)

ペリカン(Pelikan) マーブルグリーン クラシック M200

ボディを彩るマーブルグリーンが特徴的な万年筆。ペン軸は太すぎず細すぎずと握りやすいサイズのため、長時間の筆記作業をしても疲れにくいモデルです。また、クリップが滑らかな丸みを帯びているのもポイントで、スーツなどの胸ポケットに挟んでも生地を痛めないので、ビジネスシーンに適した万年筆です。ペン先は手帳にも最適な細字タイプ。スリムで美しい文字が書けます。筆圧が中〜強程度の方におすすめです。

ペリカン(Pelikan) マーブルグリーン クラシック M200

線種:細字
インクの補充方式:吸入式

ペリカン(Pelikan) ツイスト

万年筆らしくない奇抜な見た目が印象的なアイテム。「ツイスト」という名の通り、ボディをひねったようなフォルムに仕上がっています。一見すると持ちにくそうですが、この独特の“ひねり”は人間工学に基づいて設計されています。握ってみるとしっかりと手になじみます。老舗の海外ブランドでありながら価格もリーズナブル。何気ないシーンでも使えるおすすめの万年筆です。

ペリカン(Pelikan) ツイスト

線種:中字
インクの補充方式:カートリッジ・コンバーター両用式

人気の万年筆おすすめブランドランキング
第5位 ラミー(LAMY)

ラミー(LAMY) サファリ L18-EF

ラミーの定番シリーズ「サファリ」の万年筆。1980年に登場して以降、ドイツの若者を中心に世界的な人気があります。耐久性の高いABS樹脂をペン軸に採用しているのが特徴的。破損を気にせずラフに使えて安心です。また、誰でも正しい握り方で持てるように、グリップ部分には"くぼみ"を設けています。

キャップに装備されている大型クリップは、デニムなど厚手のポケットにも気兼ねなく差せて便利。とことん使い倒せるアイテムです。

カラーバリエーションはイエロー・シャイニーブラック・スケルトン・ホワイトなど豊富。どの色もおしゃれですが、スケルトンはインクの残量がひと目で把握できるのもポイントです。

ラミー(LAMY) サファリ L18-EF

線種:極細字
インクの補充方式:カートリッジ・コンバーター両用式

 

ラミー(LAMY) アルスター L29DP-EF

人気シリーズ「サファリ」の樹脂製ボディを、アルミ製にチェンジした「アルスター」。金属製の鈍い光沢がスタイリッシュな万年筆です。サファリと比べてペン軸が少し太めにアレンジされているので、手が大きい方にもしっかりとフィットします。ビジネスはもちろん、日常生活でも使えるモデルです。

スチール製のペン先を採用していて、滑らかでありながら、紙に引っかかりにくいシャープな書き味。早く書いてしまうクセのある方や、忙しいビジネスマンにおすすめです。

ラミー(LAMY) アルスター L29DP-EF

線種:極細字
インクの補充方式:カートリッジ・コンバーター両用式

人気の万年筆おすすめブランドランキング
第6位 パーカー(Parker)

パーカー(Parker) アーバン S1137152

世界的に有名な筆記具ブランド「パーカー」の万年筆。矢羽を模したクリップが特徴的です。ボールペンのようなスマートなフォルムなので、普段使っているペンケースにも違和感なく収納できます。ボディは指のかかる部分が細いカーブを描いており、握りやすい太さになっています。

ペン先は細字タイプ。こまかい文字を書くのに便利な、筆記作業の多い人にもおすすめです。老舗ブランドでありながら、手の届きやすいロープライス。書く楽しみを身近に感じられる1本です。

パーカー(Parker) アーバン S1137152

線種:細字
インクの補充方式:カートリッジ・コンバーター両用式

パーカー(Parker) ソネット オリジナル S11130122

レッドのボディとゴールドパーツが美しいクラシカルな万年筆。ジャケットの胸ポケットに差しておけば、ポケットチーフのような差し色効果があっておしゃれです。ペン先は細字タイプと中字タイプの2種類。筆圧や好みに合わせて好きな方を選びましょう。ペン先の素材は18金を採用。ステンレスなどの鉄素材と比べて書き味が柔らかく、味のある文字が書ける万年筆です。

パーカー(Parker) ソネット オリジナル S11130122

線種:細字
インクの補充方式:カートリッジ・コンバーター両用式

人気の万年筆おすすめブランドランキング
第7位 ウォーターマン(WATERMAN)

ウォーターマン(WATERMAN) メトロポリタン エッセンシャル S2259192

メタリックなデザインが美しいメトロポリタン。細身のフォルムが特徴的なモデルで、時代を超えて愛されています。ウォーターマンは世界で初めて「毛細管現象」によるペン先を開発したブランドだけあって、その品質は折り紙つき。長時間の使用でも疲れにくいのもポイントです。ペン先にはステンレススチールを採用。サラサラとしたスムーズな書き心地です。

上部の留め具やグリップ部分など、細かいところにも装飾が施されているのも特徴。カラーバリエーションも落ち着いたものが多く、フォーマルなシーンにも映える万年筆を探している方におすすめです。

ウォーターマン(WATERMAN) メトロポリタン エッセンシャル S2259192

線種:細字
インクの補充方式:カートリッジ・コンバーター両用式

ウォーターマン(WATERMAN) エキスパート デラックス 1904586AS

ボーダー調のキャップが特徴的な万年筆。エキスパートは、ビジネスシーンで使えるシックなデザインに、パリの小粋なセンスを加えた人気モデルです。ふくよかなボディで握り心地がよいため、手に負担があまり掛からずスラスラ書けます。少し大きめのペン先を採用していて、安定感抜群。筆圧が強い方だけでなく、弱い方でも美しく執筆できるおすすめの万年筆です。

ウォーターマン(WATERMAN) エキスパート デラックス 1904586AS

線種:細字
インクの補充方式:カートリッジ・コンバーター両用式

人気の万年筆おすすめブランドランキング
第8位 モンブラン(Montblanc)

モンブラン(Montblanc) マイスターシュティック 145bk

高級ブランド「モンブラン」の万年筆。ボディには天然素材から作られる「プレシャスレジン樹脂」という独自の硬化素材を採用していて、上品な色合いに仕上がっています。手に馴染みやすく、長時間安定して書きたい方におすすめです。

重量は約21gとズッシリとしていますが、その重さがモンブランらしい高級感と風格をまとっています。ペン先は14金プラチナ装飾が施された細字タイプ。シャープな書き味ながら、細すぎないのでさまざまな筆記スタイルに対応しています。末長く使い続けられる一生モノの万年筆です。

モンブラン(Montblanc) マイスターシュティック 145bk

線種:細字
インクの補充方式:カートリッジ・コンバーター両用式

モンブラン(Montblanc) スターウォーカー レジンライン 8482

独自の素材「モンブラン樹脂」による黒の美しさと、プラチナ仕上げの金属パーツがバランスよく調和している万年筆。同ブランドの代名詞とも言える「マイスターシュティック」と比べて少しカジュアル寄りのシリーズです。

柔らさと温かみのある優しい文字が書ける中字タイプで、上品さよりもボリューム感を重視する方におすすめです。

モンブラン(Montblanc) スターウォーカー レジンライン 8482

線種:中字
インクの補充方式:カートリッジ式