家に数多くある電源コンセント。ここにはいつも100Vの電圧が来ているわけですが、もし赤ちゃんが金属を持ってコンセントに突っ込んでしまったら?

また、好奇心旺盛なかわいいペットが、スプーンをくわえて電源コンセントに触れてしまったら?

毎年数多くの感電事故が報告されていますが、ご自宅の電源コンセントをBrioにすれば、これらの心配はもう要りません。

By: kickstarter

Brioは、通常モードでは常にコンセントは0V(ボルト)に保たれています。たとえ赤ちゃんやペットがいたずらしてしまっても電流は流れません。

電気製品の抵抗値ではない、ということをBrioが自分で判断して、電流を流さない仕組みなんです。

▼動画はこちら。