小さな文字も読みやすく、快適に読書が楽しめる「読書灯」。読書以外にも、デスクワークや学習、工作など幅広い用途で使えます。しかし、読書灯にはさまざまなタイプがあるため、目的にあったモノを選ぶのは難しいところです。

そこで今回は、読書灯の選び方とおすすめの製品をご紹介。アウトドアでも使えるモノや、コンパクトに畳めるモノなどもピックアップしています。購入予定のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

読書灯の選び方

種類で選ぶ

スタンド式

By: amazon.co.jp

倒れにくく安定感のある読書灯を探している方におすすめなのがスタンド式。平らな場所であればどこにでも設置でき、安定した光源が確保できます。さまざまなデザインがあるため、インテリアとしても楽しめるのが魅力です。

スタンド式には2種類あり、書斎や寝室で使用する場合はコンパクトなデスクスタンド、リビングのソファや椅子で使用する場合は、広範囲を照らせるフロアスタンドが適しています。

クリップ式

By: amazon.co.jp

平らな設置スペースがなくても使えるのが、クリップ式の読書灯。机の縁や手すり、ノートパソコンなど、クリップを挟める幅であれば、どこにでも設置できます。持ち運びやすく、省スペースで利用できるので、場所を選ばず読書灯を使いたい方におすすめです。

クリップの大きさが合わないと本体がうまく設置できず、ずれたり落下したりする可能性があります。設置したい箇所の幅を、あらかじめ確認したうえで購入しましょう。

首かけ式

By: rakuten.co.jp

ネックレスのように本体を首にかけて使えるのが、首かけ式の読書灯です。首かけ式の魅力は、スタンド式やクリップ式とは異なり、設置スペースがなくとも使えること。読書だけでなく、ウォーキングや釣りなどアウトドアにも役立ちます。

体の動きに合わせて光が揺れやすいため、安定した光源が欲しい方にはおすすめできません。また、重みのあるモノを選ぶと首に負担がかかることがあるので、重さも併せてチェックしておきましょう。

電源で選ぶ

コード式

使用中に光が小さくなったり消えたりせず、安定した電力を供給できるのがコード式の特徴。本体を充電したり、乾電池を入れ換えたりする手間がかかりません。いつも同じ場所で読書灯を使う方は、コード式を選ぶのがおすすめです。

コード式の難点は、電源を確保できないと読書灯が使用できないこと。コンセントまでの位置が遠い場合、延長ケーブルが必要になることがあります。購入前に、あらかじめ読書灯を設置したい場所の近くにコンセントがあるのか、確認しておくのがおすすめです。

充電式

コンセントの位置を気にせずに使えるのが、充電式のメリットです。1度フル充電しておけば、場所を選ばずにどこでも使用可能。USB対応の製品なら、ノートパソコンやモバイルバッテリーを使い外出先でも充電できます。

充電式の難点は、コード式のように長時間の連続使用ができないこと。光の明るさや機種にもよりますが、一度の充電で使えるのは10~20時間ほどが目安です。

電池式

充電式と同じように、場所を選ばず使えるのが電池式の読書灯です。外出先で電池が切れても、コンビニやスーパーなどで簡単に新しいモノを購入できるのも魅力。普段使いはもちろん、アウトドアや災害時にも役立ちます。

デメリットは、電池を購入するコストがかかること。また、読書灯に電池を入れたまま放置すると液漏れを起こす恐れがあります。長期間使用しないときは、電池を抜いておきましょう。

便利機能で選ぶ

明るさ調節機能

By: amazon.co.jp

時間帯や用途によって光の明るさを変えたい方は、明るさ調節機能があるモノがおすすめです。細かい作業をするときは光を強くしたり、就寝前の読書では弱くしたりすることが可能。目の調子に合わせて細かく光を調節したい方は、無段階タイプを検討してみてください。

なお、照明器具の明るさには「ルーメン」と「ルクス」という指標があります。ルーメンは全体の光を表し、ルクスは照らされた場所の明るさを表します。読書灯はピンポイントを明るくするアイテムなので、ルーメンよりもルクスを重視して選びましょう。

調色機能

蛍光灯や電球には「電球色」「昼白色」「昼光色」という3種類の光の色があります。調色機能とは、これらの光の色を用途に合わせて切り替えられる機能のことです。

電球色とは、あたたかみのあるオレンジ色のこと。目が疲れにくく、リラックスしたい場面で使うのに適しています。寝る前の読書や、寝室の間接照明におすすめの色です。

次に、昼白色とは太陽の明るさに近い自然な色のこと。読書やデスクワーク、手芸などの幅広い場面で使えます。明る過ぎないので、寝る前に使用しても眠りを妨げにくいのが特徴です。

そして、昼光色とは白っぽくて青みがかったた色を指します。青っぽい光の色は脳を覚醒させる効果があるとされており、集中力が必要な場面に最適です。場面に応じて光の色を使い分けたい方は、調色機能が付いたモノを検討してみてください。

角度調節機能

By: amazon.co.jp

より快適に読書を楽しむには、角度調節機能があるモノを選ぶのがおすすめです。この機能があれば、光の当たる位置や角度が合わなくても、本体ごと動かす手間がかかりません。

角度調節機能が付いた読書灯には、ヘッド部分だけ動かせるタイプと、アーム部分も動くタイプがあります。読書だけでなく手芸や工作など細かい作業をしたい方は、アーム部分も動くタイプを選びましょう。光の当たる位置を細かく調節できるので、ストレスなく作業可能です。

折りたたみ機能

By: amazon.co.jp

省スペースで読書灯を保管したい方や、持ち運びやすいモノが欲しい方は、折りたたみ機能があると便利です。ペンケースに入るほどコンパクトになるモノもあり、カバンに常備してもかさばりません。

また、折りたたみ機能がある読書灯は緊急時にも役立ちます。停電したときや野外でもサッと手元を照らせるので、防災グッズに入れておくと安心です。なお、災害時の使用を想定する場合は、電池式やソーラー充電式の読書灯を選んでみてください。

読書灯のおすすめアイテム

タオトロニクス(TaoTronics) デスクライト TT-DL13

タオトロニクス(TaoTronics) デスクライト TT-DL13

本製品の特徴は、自然光に限りなく近いLEDライトを搭載しているので目が疲れにくいこと。5種類の色調と7種類の明るさレベルで調節でき、デスクワークから寝室の間接照明まで幅広く使えます。最後に使用した色と明るさを記憶するので、毎回設定する手間がかかりません。

ヘッド部分は135°まで傾けられ、180°の回転も可能。 さらに、アーム部分は150°まで傾き、90°まで回転するので光の位置を細かく調節できます。シンプルなデザインで、場所を選ばずに使える読書灯です。

インターフォルム(INTERFORM INC.) ロシェリ デスクライト LT-4948GD

インターフォルム(INTERFORM INC.) ロシェリ デスクライト LT-4948GD

レトロでおしゃれな読書灯を探している方におすすめ。シンプルなデザインはどんな部屋にもしっくりと馴染み、部屋の雰囲気を高めてくれます。スイッチを入れるだけですぐに明かりが点くので、難しい操作も必要ありません。

本体の素材は、耐久力に優れたステンレスを採用。210cmのコードが付属しており、コンセントにつなぐだけで安定した光源が確保できます。アンティーク家具が好きな方や、手軽に使える読書灯が欲しい方は、ぜひチェックしてみてください。

A-HOSHI デスクライト

A-HOSHI デスクライト

日付や時間、温度などを表示する液晶ディスプレイを備えたデスクライト。タイマー・スヌーズ・アラーム機能が搭載されており、目覚まし時計としても使えます。操作ボタンは裏側に付いているので、見た目がシンプルなのも魅力です。

USBケーブルで簡単に充電でき、フル充電で4時間以上の連続使用が可能。高品質なLEDライトを18個採用し、ちらつきが少なく均一な光を実現しています。目が疲れにくいため、長時間の読書やデスクワーク、学習などにも最適です。

壁掛けフックが付属しており、壁に取り付けて使用するのもおすすめ。三つ折りに畳めばコンパクトになるので、必要がないときは省スペースで保管できます。使い勝手のよさと機能性をとことん追求して作られた製品です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 乾電池式LEDデスクライト LSM-55

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 乾電池式LEDデスクライト LSM-55

折りたたむと約幅15×奥行4.3×高さ1.9cmのコンパクトサイズになり、持ち運びやすい読書灯。本体を開けば電源が入り、閉じると電源も消える簡単設計も魅力です。ライトとアーム部分は細かく角度調節ができ、使う姿勢や用途に合わせて光を当てられます。

付属のUSBケーブルをパソコンにつなけば、長時間の使用が可能。乾電池でも給電できるので、状況に合わせて使い分けられます。読書や勉強はもちろん、停電時にも役立つ製品です。

LITOM ブックライト

LITOM ブックライト

アーム部分がフレキシブルに変形し、光を当てる位置に合わせて角度を変えられる読書灯。角度は360°調節できるため、細かな箇所を見たいときにも重宝します。USB充電式なので、コードレスで使用できるのもポイントです。

光の色は、昼光色・昼白色・電球色の3種類から選択可能。また、自然光に近いLEDライトを採用しており、ちらつきを抑え目に負担がかかりにくく作られています。低輝度であれば最長60時間使用でき、充電回数が少なく済むのも魅力の製品です。

Suuki デスクライト

Suuki デスクライト

輪状のライトが目に優しいデスクライトです。24個のLEDライトビーズを採用しているので、光が均一に拡がり穏やかな明るさを実現。さらに、3つ照明モードが搭載されており、場面に応じて光の色調を使い分けられます。

土台部分にはスマホを立てかけたり、ボールペンや定規などを収納したりすることが可能。スマホが固定できるようくぼみがあるので、ずれ落ちにくいのもポイントです。

アーム部分はABS樹脂を採用しており、360°好きな角度に光の位置を調節できます。読書はもちろん工作や裁縫など細かい作業をする機会が多い方や、デスクをきれいに整理したい方におすすめの製品です。

ENERG クリップライト T12-EN139

ENERG クリップライト T12-EN139

本製品は、4cmまでの厚さの机や柱などに挟んで固定できる、クリップ式の読書灯です。2000mAhバッテリーが内蔵されており、モバイルバッテリーやパソコンなどからUSB充電が可能。電池残量指示ランプにより、充電するタイミングがひと目で分かります。

ライトは高品質なLEDユニットを採用し、50000時間以上の使用寿命を謳っています。明るく目に優しい昼白色で、ボタン1つで3段階の明るさに調光可能。普段使いはもちろん、災害時にも役立つ製品です。

CeSunlight クリップスタンド

CeSunlight クリップスタンド

金属クリップが付属しており、さまざまな場所に設置できる読書灯です。厚さが65mm以下であれば、テーブルの縁やベッド、ポールなどに固定可能。クリップには発泡パッドと保護クロスが付属しているため、傷が付くのを予防します。

ライトには3種類の色調と11種類の明るさ切り替え機能を搭載。明るさを記憶する機能が搭載されているため、次回点灯時に再設定する必要がありません。光を適度に分散するLEDライトを採用しており、目に負担をかけにくいのもポイントです。

USB充電ケーブルとACアダプターが付属しているので、パソコンでもコンセントにつないでも給電できます。37.5cmのフレキシブルアームを採用しており、好きな角度で使えるのも魅力。ライトの直径は5cmとコンパクトで、ベッドサイドに付けても邪魔になりにくい製品です。

iHaHa デスクライトクリップ UL008

iHaHa デスクライトクリップ UL008

USBだけでなく、乾電池でも給電できるクリップライト。状況に合わせて給電方法を切り替えられるので、充電切れを気にせずに使えます。目に優しいLEDライトを採用しており、長時間の勉強やデスクワークにおすすめです。

アーム部分は柔軟性に優れたステンレスを採用しており、360°好きな角度に調節可能。コンパクトに折りたためば、カバンの中に入れてもほとんどかさばりません。寝室やリビングはもちろん、車内や野外などさまざまな場所で活躍する製品です。

ユーワ Tobo テーブルライト

ユーワ Tobo テーブルライト

天然木と磁器を組み合わせたあたたかみのあるデザインが特徴。セラミックのシェードを採用し、ガラスよりも柔らかく目に優しい光が表現されているのもポイントです。また、シェードはマグネットで固定できる仕様になっているため、電球交換時には工具を使わずに取り外せます。

電源はコード式なので、コンセントに差し込めばすぐに使用可能。ボリューム調光機能が付いており、無段階で明るさを調節できます。読書だけでなく、夜間の授乳や常夜灯としてもおすすめの製品です。

Mt.SUMI モスキートランタン

Mt.SUMI モスキートランタン

災害時やアウトドアにも活躍する折りたたみ式のソーラーパネルを搭載。完全充電後には、低モードで10時間・高モードで6時間点灯します。取っ手が付属しており、ランタンのように持ち運べるのも特徴です。

USB出力ができるので、スマホなどの外部機器の充電が可能。折りたたむと手のひらに乗るほど小さくなるので、持ち運びにも便利です。普段使いだけでなく災害時にも使える読書灯が欲しい方は、ぜひ購入を検討してみてください。

Kithouse ブックライト

Kithouse ブックライト

ノートパソコン・本・タブレットに挟んで使用できる、クリップ式の読書灯です。重さはわずか70gと軽量なので、持ち運びやすいのも魅力。底部のプレートを取り外せば、ブックマークとしても使えます。

本体は折り曲げやすいシリコンで作られており、360°自由な角度に調節可能。USB充電式なので、パソコンやモバイルバッテリーなどで気軽に充電できます。4段階調光機能も搭載され、コンパクトながら本格的な機能も備えた、おすすめの製品です。

レイメイ藤井 LED ブックライト ライトマン

レイメイ藤井 LED ブックライト ライトマン

人型のかわいらしいデザインが目を引く読書灯。オン・オフの切り替えは口元を押すだけなので、難しい操作を必要としません。手足を自由に曲げられ、スマホスタンド・カードホルダー・メガネスタンドとしても使えます。

目に優しいLEDライトを使用しているのもポイント。コイン電池1個のみで駆動し、約72時間の連続使用が可能です。デスクをおしゃれに演出できるだけでなく、機能面にも優れた製品です。

Mosmee LEDネックライト

Mosmee LEDネックライト

フレキシブルアームを採用し、自由に折り曲げられる読書灯。首や腕にかけたり、自立させ卓上ライトとして使ったりもできます。重さは115gと比較的軽量のため、長時間の使用にもおすすめです。

USB充電式なので電池交換の手間がかからず、約8時間の連続使用が可能。繰り返し充電できるリチウム電池を内蔵しており、使用寿命は20000時間と謳われています。

光の明るさは最大約500ルクスで、白熱電球40W型に相当。太陽光に近い自然な明るさのLEDライトを4つ搭載しており、目に優しいのもポイントです。また、3段階に明るさが調節できるため、さまざまな用途で活躍する製品です。