2010年前後に一般ユーザー向けの製品が普及した「3Dプリンター」。造形物を手軽に作れるのが特徴で、オリジナルのフィギュアやスマートフォンカバーなど、小物を製作したい方にとっては便利なアイテムです。

登場した当初は高価なモノでしたが、最近は材料を含めて低価格化が進んでいます。そこで今回は、家庭用3Dプリンターのおすすめモデルをピックアップ。選び方のポイントもご紹介するので、興味がある方はチェックしてみてください。

さっそくおすすめ商品を見る

3Dプリンターとは?

By: amazon.co.jp

3Dプリンターとは、立体物を表す「3DCAD」「3DCG」などの設計データをもとに、立体造形物を作る機械です。従来のプリンターのように、紙などの平面にインクで文字や図を印刷するモノではなく、樹脂や粉末状の材料を積み重ねて縦・横・高さ3つのデータを出力します。

もともとは業務用の機材として導入されましたが、最近ではモノ作りにかかわるさまざまな現場で活躍。プレゼンや説明に用いる模型や試作品作り、展示会に飾る展示物の造形など、幅広い分野で利用されています。家庭においても、フィギュアなどの玩具やスマホケース、オリジナルの日用雑貨などを作りたい方の間で徐々に広まり始めている製品です。

家庭用3Dプリンターができること

By: amazon.co.jp

3Dプリンターは、3Dデータを用いることで、幅広いモノ作りに活用できます。例えば、好きなキャラクターや動物、自身や知人などのフィギュアやオブジェを製作することも可能。また、ちょっとしたインテリア雑貨や、家具の一部が壊れた際の補修パーツを製作したい場合にも役立ちます。

オリジナルのスマホケースやアクセサリー、お菓子の型作りなどにも活用できるので、ハンドメイド作品を製作して販売する方も増えています。ほかにも、子供と一緒におもちゃを作ることで、知育教材として親子で楽しむのもおすすめです。模型製作も人気の用途であり、建築模型や鉄道模型、航空模型などを作成できます。

3Dプリンターの選び方

造形方式で選ぶ

3Dプリンターには、「熱溶解積層方式」「光造形方式」「粉末焼結方式」「インクジェット方式」「粉末固着方式」の5つの造形方式があります。なかでも、家庭用の3Dプリンターによく用いられているのが、「熱溶解積層方式」と「光造形方式」の2種類です。

「熱溶解積層方式」とは、熱で溶ける熱可塑性樹脂を用いて成形していく方式のこと。溶けた樹脂はすぐに冷えて固まるため、やけどや怪我などをする危険性が少なく、扱いやすいのが特徴です。樹脂素材は比較的安価で、入手しやすいのも魅力。初めて3Dプリンターを使う方におすすめの方式です。

「光造形方式」とは、光を当てることで硬化する液状の樹脂を、紫外線レーザーで一層ずつ硬化させて積層・造形させる方式のこと。精度が高く、表面が滑らかな造形物を作るのに適しています。複雑な形のモノやきれいな立体物を作りたい方におすすめです。

造形可能なサイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

造形可能サイズを確認しておくことも、3Dプリンターを選ぶ際には重要です。大は小を兼ねるからと最大造形サイズが大きい製品を選ぶのではなく、自分が作りたいモノのサイズに合わせて選びましょう。

3Dプリンターは、一度に出力する造形物のサイズが大きくなればなるほど、それぞれの材料・方式の特性による歪みや反りが出やすいのが特徴。また、完成までに時間もかかりやすく、不具合や動作停止、材料切れなどのトラブルが起こることも考えられます。

大きなモノを作りたいときには、小さなパーツに分けて出力してから組み立てを行った方が、クオリティの高いモノが作りやすいのがポイント。一気に出力することを考えるのではなく、自分の作りたいモノのサイズと求めているクオリティを考えつつ、適切なサイズの製品を選んでみてください。

オペレーションマニュアルの有無で選ぶ

家庭用の安価な3Dプリンターには海外製品が多く、使い方を説明した「オペレーションマニュアル」が外国語で書かれていることも少なくありません。満足のいくモノを正しく安全に作るためには、使い方の確認が必須です。外国語が苦手な方は、日本語のマニュアルが付属している製品を選びましょう。

そのほか、日本語でのサポートに対応している企業の製品を選ぶのもおすすめ。オペレーションマニュアルを読んでも使い方がわからないときや、3Dプリンターが故障したときでも、しっかり対応してもらえるので安心です。

3Dプリンターを初めて使う方や、何度か使ったことはあるけれど不慣れだという方は、マニュアルやサポートが日本語に対応しているか確認してみてください。

家庭用3Dプリンターのおすすめモデル|完成品

XYZプリンティングジャパン ダヴィンチJr. Pro X+ 3FJSPXJP00G

高性能な家庭用3Dプリンター。「オートキャリブレーション機能」を搭載し、水平調節を簡単に行えます。また、デュアルファンを搭載することによって、フィラメントを効率よく冷却できるのが特徴です。

サイズは420×430×380mm、重量は12kgと少し大きめ。最大造形サイズは175×175×175mmなのでさまざまなモノを作れるのが魅力です。別売りの高硬度エクストルーダーを取り付ければ、ABSフィラメントのほかに、メタリックPLA、カーボンPLAなども使えます。

XYZプリンティングジャパン ダヴィンチ mini w+ 3FM3WXJP00H

3Dプリンターの入門用としておすすめの製品。置き場所に困らないコンパクトボディで、造形サイズは最大150×150×150mmです。ちょっとした小物やフィギュア、おもちゃなどの作成に適しています。

水平調節が簡単に行える「自動キャリブレーション機能」が搭載されているので、セットアップの手間を減らすことが可能。ソフトウェアの「XYZmaker」が印刷パラメータを自動で調節するため、3Dモデルを読み込ませてから印刷ボタンを押すだけで、すぐにプリントできます。

また、Wi-Fi接続に対応しているのもポイント。アプリを経由してワイヤレスで印刷をしたり、印刷状態を確認したりできます。基本的な便利機能を備えつつ、価格設定がお手頃なところも魅力。コスパに優れた3Dプリンターを探している方におすすめです。

QIDIテクノロジー(QIDI TECH) X-Maker QD3DMAKER

趣味や子供の教育に適した、おすすめの家庭用3Dプリンター。専用の教育用ソフトウェアを付属し、子供への知育に活用しやすいのが特徴です。搭載する内蔵カメラと所有しているスマホを連携させることによって、印刷状況をリアルタイムに確認できます。

印刷方式は熱溶解積層方式を採用し、PLA・ABS・TPU・PETG・HIPSといった幅広いフィラメント素材に対応。印刷を一度中断しても、途中から再開できるため安心して利用できます。

また、曲げられる「リムーバルプレート」を搭載。専用の工具を必要とすることなく、完成した造形物を簡単に取り外せます。造形サイズは170×150×160mm。説明書やサポートは英語のみに対応しています。便利な機能を多く搭載した、おすすめの3Dプリンターです。

フラッシュフォージ(FLASHFORGE) Finder 700355100638

安全性に優れた、おすすめの家庭用3Dプリンター。高温になりやすいヘッド部には保護カバーが付いているので、子供でも安心して利用できます。「オートキャリブレーション機能」を搭載しており、プリント中のヘッドの詰まりを最小限に抑えられるのがメリットです。

ディスプレイは、3.5インチのフルカラータッチスクリーンを採用。機器接続、プリント実行、軸の移動といった操作を簡単に実行できます。造形テーブルにはスライド方式を採用し、プリント終了後、スムーズに完成品を取り出せるのが魅力。

さらに、「FLASHFORGE専用ビルドシート」によって、樹脂の反りを防げます。接続方法はUSBメモリ・USBケーブル・Wi-Fiによる無線接続と多彩なのが特徴です。動作音は50dBと小さいので、夜でも周りを気にせずに使用できます。

EasyThreed DORA

融解積層方式を採用した初心者向けの3Dプリンターです。反りにくく出力しやすいPLA樹脂に対応。最大プリントサイズは12×12×12mmと小さめですが、ちょっとしたフィギュアや小物、パーツなどを作るには特に問題ない大きさです。

着脱式の透明窓が付属しているのもポイント。外気との温度差による歪みや縮みを抑えられるので、クオリティの高いプリントが可能です。ほかにも印刷物を取り外しやすい「マグネットベッド」を採用するなど、使い勝手も優れています。

キューブ状のコンパクトボディも魅力のひとつ。インテリアに溶け込みやすいデザインで、置く場所を選びません。コスパと性能のバランスがよい、おすすめの3Dプリンターです。

QIDIテクノロジー(QIDI TECH) X-max QDXMAX1812

高性能なおすすめの家庭用3Dプリンター。本モデルはABS・PLA・TPUのほか、ナイロン・カーボンファイバーといったフィラメント素材に対応しているのが特徴です。

造形サイズは300×250×300mmと大きめ。ダブルZ軸を採用しているため、大きいサイズで作っても精度の高いモノを作れるのがポイントです。5インチのフルカラータッチパネルを使って簡単に操作を行えます。

Elegoo ELEGOO MARS

光造形方式を採用した3Dプリンターです。完成品ながら価格が安いのが特徴。組み上がった状態で届くので、開封してからすぐに使い始められます。スクレーパーなどの必要なモノは一通り揃っているため、初めて購入する方にもおすすめです。

本体下部には、3.5インチのカラーディスプレイを搭載。タッチパネルなので、直感的に操作できるのが魅力です。また、背面にはUSBポートがあり、印刷データを保存したUSBメモリーを接続することで、パソコンを経由せずに直接印刷できます。

ボディは高級感のあるアルミニウム製。付属のアクリルカバーも頑丈で、耐久性に優れています。熱溶解積層方式と比べると使用感が異なりますが、表面がなめらかに印刷されるのは光造形方式の魅力。コスパに優れたおすすめの3Dプリンターです。

家庭用3Dプリンターのおすすめモデル|組み立てタイプ

LABISTS X1 Mini 3D Printer

コストパフォーマンスに優れた、おすすめの家庭用3Dプリンター。造形方式には熱溶解積層方式を採用しています。3分以内に180℃まで過熱し、素早くプリントすることが可能。水平レベルを調節できるため、子供でも簡単に3Dプリントを行えるのが嬉しいポイントです。

また、LABSLICER独自のスライスソフトを用意。日本語の取り扱い説明書を付属しているので、英語を読めない方でも安心して使い始められます。同梱のSDカード内に入っている組み立て用のビデオを見れば、素早く組み立てを行えるのが魅力です。

ノズルは0.05~0.2mmと細く、樹脂を何層にも重ねることによって、滑らかで精密な作品を作れるのが特徴。重さは1.3kgと比較的軽量なので、部屋の中で気軽に持ち運びができます。知育教材として利用したい、おすすめの家庭用3Dプリンターです。

アフィニア(AFINIA) 3Dプリンタ H400+

業務用3Dプリンターに迫る高い造形品質が特徴のモデル。温度を一定に保てるBOX形状が採用されており、歪みなどを防いで正確に造形できます。曲面やエッジなどをしっかり描けるのも魅力。HEPAエアフィルターを搭載しているので、樹脂を溶解するときのニオイが気になる方にもおすすめです。

4インチのカラー液晶タッチパネルで簡単に操作できるため、3Dプリンターを初めて使う場合でも安心。さらに、Wi-Fiに対応しているので、パソコンなどの機器ともスムーズに接続できます。

Comgrow Ender 3 Pro 3Dプリンター

安価ながら高性能な3Dプリンター。造形サイズが220×220×250mmと同価格帯のモデルと比べて広いので、ちょっとした小物はもちろん、フェイスシールドのようなやや大きめのモノまで作れるのが魅力です。

プラットフォームシートには、印刷物を取り外しやすい「磁気ソフトシート」を使用。また、停電などの予期しない理由で電源が止まってしまっても途中からプリントを再開できる「印刷再開機能」など、便利機能が搭載されているのもポイントです。

本製品はオープンソースハードウェアのため、さまざまなメーカーから改良品が発売されています。交換パーツが手に入りやすいので、メンテナンスも簡単。ハイコスパで初心者の方にもおすすめの3Dプリンターです。