2010年前後に一般ユーザー向けの製品が普及した「3Dプリンター」。造形物を手軽に作れるのが特徴で、オリジナルのフィギュアやスマートフォンカバーなど、小物を製作したい方にとっては便利なアイテムです。

登場した当初は高価なモノでしたが、最近は材料を含めて低価格化が進んでいます。そこで今回は、家庭用3Dプリンターのおすすめモデルをピックアップ。選び方のポイントもご紹介するので、興味がある方はチェックしてみてください。

3Dプリンターとは?

By: xyzprinting.com

3Dプリンターとは、立体物をあらわす「3DCAD」「3DCG」などの設計データをもとに、立体造形物を作る機械です。従来のプリンターのように、紙などの平面にインクで文字や図を印刷するモノではなく、樹脂や粉末状の材料を積み重ねて縦・横・高さ3つのデータを出力します。

もともとは業務用の機材として導入されましたが、最近ではモノ作りにかかわるさまざまな現場で活躍。プレゼンや説明に用いる模型や試作品作り、展示会に飾る展示物の造形など、幅広い分野で利用されています。家庭においても、フィギュアなどの玩具やスマホケース、オリジナルの日用雑貨などを作りたい方の間で徐々に広まり始めている製品です。

家庭用3Dプリンターができること

By: xyzprinting.com

3Dプリンターは、3Dデータを用いることで幅広いモノ作りに活用できます。例えば、好きなキャラクターや動物、自身や知人などのフィギュアやオブジェを製作することも可能。また、ちょっとしたインテリア雑貨や、家具の一部が壊れた際の補修パーツを製作したい場合にも便利です。

オリジナルのスマホケースやアクセサリー、お菓子の型作りなどにも活用できるので、ハンドメイド作品を製作して販売する方も増えています。ほかにも、子供と一緒におもちゃを作ることで、知育教材として親子で楽しむのもおすすめです。模型製作も人気の用途で、建築模型や鉄道模型、航空模型などを作成できます。

3Dプリンターの選び方

造形方式で選ぶ

3Dプリンターには、「熱溶解積層方式」「光造形方式」「粉末焼結方式」「インクジェット方式」「粉末固着方式」の5つの造形方式があります。なかでも、家庭用の3Dプリンターによく用いられているのが、「熱溶解積層方式」と「光造形方式」の2種類です。

「熱溶解積層方式」とは、熱で溶ける熱可塑性樹脂を用いて成形していく方式のこと。溶けた樹脂はすぐに冷えて固まるため、やけどや怪我などをする危険性が少なく、扱いやすいのが特徴です。樹脂素材は比較的安価で、入手しやすいのも魅力。初めて3Dプリンターを使う方におすすめの方式です。

「光造形方式」とは、光を当てることで硬化する液状の樹脂を、紫外線レーザーで一層ずつ硬化させて積層・造形させる方式のこと。精度が高く、表面が滑らかな造形物を作るのに適しています。複雑な形のモノやきれいな立体物を作りたい方におすすめです。

造形可能なサイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

造形可能サイズを確認しておくことも、3Dプリンターを選ぶ際には重要です。大は小を兼ねるからと最大造形サイズが大きい製品を選ぶのではなく、自分が作りたいモノのサイズに合わせて選びましょう。

3Dプリンターは、一度に出力する造形物のサイズが大きくなればなるほど、それぞれの材料・方式の特性による歪みや反りが出やすいのが特徴。また、完成までに時間もかかりやすく、不具合や動作停止、材料切れなどのトラブルが起こることも考えられます。

大きなモノを作りたいときには、小さなパーツに分けて出力してから組み立てをおこなった方が、クオリティの高いモノが作りやすいのがポイント。一気に出力することを考えるのではなく、自分の作りたいモノのサイズと求めているクオリティを考えつつ、適切なサイズの製品を選んでみてください。

オペレーションマニュアルの有無で選ぶ

家庭用の安価な3Dプリンターには海外製品が多く、使い方を説明した「オペレーションマニュアル」が外国語で書かれていることも少なくありません。満足のいくモノを正しく安全に作るためには、使い方の確認が大切です。外国語が苦手な方は、日本語のマニュアルが付属している製品を選びましょう。

そのほか、日本語でのサポートに対応しているメーカーの製品を選ぶのもおすすめ。オペレーションマニュアルを読んでも使い方が分からないときや、3Dプリンターが故障したときでも、しっかり対応してもらえるので安心です。

3Dプリンターを初めて使う方や、何度か使ったことはあるけれど不慣れな方は、マニュアルやサポートが日本語に対応しているか確認してみてください。

家庭用3Dプリンターのおすすめモデル|完成品

XYZプリンティング 3Dプリンター ダヴィンチ nano

本体サイズが37.8×28×35.5cmとコンパクトな3Dプリンターです。本ブランド製品のなかでは価格が比較的安く、子供の教育用途にもおすすめのモデル。重さもわずか4.7kgと軽量なため簡単に移動して使うことが可能です。自宅だけでなく友人宅や学校など、さまざまな場所で3Dプリンティングが楽しめます。

印刷可能サイズは120×120×120mm。ガラス製の脱着式プラットフォームを採用しているため、製作物の取り出しが容易におこなえます。DEHPを含有していないPLA材料を使用しているので安心です。

さらに完全密閉式構造を採用し、加熱部品に触れにくいのもポイント。手頃な価格ながらしっかりとした安全設計がされたおすすめのモデルです。

XYZプリンティング 3Dプリンター ダヴィンチ mini w+

家庭用の入門機としておすすめの3Dプリンター。熱溶解積層方式を採用した手頃な価格が魅力の製品です。アプリ「XYZmaker 3DKit 」を利用し手軽に3Dデザインを体験できるのが特徴。WindowsやMacといったパソコンだけでなく、AndroidやiOSを搭載するモバイルデバイスでも使用できるため、指先で3Dモデリングがおこなえます。

Wi-Fiに対応しているので離れた場所からでもスマートに印刷が可能。DEHP(フタル酸エステル)フリーのPLA材料を使用するなど、子供のいる家庭でも安心して使用できるモデルです。自動キャリブレーション機能を搭載しているので、セットアップやキャリブレーションといったメンテナンスも容易におこなえます。

初めて購入する3Dプリンターを検討している方はぜひチェックしてみてください。

XYZプリンティング 3Dプリンター ダヴィンチ 1.0 pro

上級者にもおすすめの充実した機能を搭載する3Dプリンターです。オープンフィラメントシステムに対応しているのが特徴。本ブランド純正品はもちろん、サードパーティのフィラメントを使うこともできます。

PLA・ABS・タフPLAなどの材料が使用でき、パラメータを設定するだけで簡単にプリントすることが可能です。Wi-Fi機能を搭載しているのも本モデルの特徴。自宅のどの部屋からでもワイヤレスによる印刷指示が送れるので便利です。

200×200×200mmのサイズ内でさまざまなアイテムが製作できます。ただし、本体寸法は46.8×55.8×51cmと家庭用としては大きめなので、購入前に設置場所を確認しておきましょう。

XYZプリンティング ダヴィンチ Jr. Pro X+

初心者からプロまで使える家庭用3Dプリンターです。気軽に使いやすい熱溶解樹脂積層方式を採用。コンパクトなボディながら175×175×175mmの最大造形サイズを実現しており、やや大きめな印刷物にも対応できます。

材料の温度を保つことで造形品質を高める「加熱式プラットフォーム」を搭載。プラットフォームは脱着式を採用しているため、3Dプリンターに慣れていない方も簡単に印刷物を取り外せます。

本製品は、高硬度エクストルーダーを装着することで、カーボンPLAやメタリックPLAも使用可能です。また、オプションのレーザーモジュールを使えば、厚紙・革・木材などの素材にレーザー刻印を施せるのも魅力。多機能な家庭用3Dプリンターを探している方におすすめです。

ニンジャボット(Ninjabot) 3Dプリンター ニンジャボット・コペン

3Dプリンターの入門機としておすすめの製品です。初めての方でも扱いやすいのが特徴。SDカードを挿入して、前面に配置されたボタンを押すだけで印刷が開始できます。一時停止や強制停止の実行も同じボタンでおこなえるため、操作に迷いにくいのが魅力です。

また、専用ソフトを搭載しているのもポイント。初心者が使いやすいよう機能を絞り込んだ便利なソフトです。ただし、上級者が求めるような細かな設定はできないので、あらかじめ留意しておきましょう。約1kgと非常に軽量なため、学校やオフィス、イベント会場などさまざまな場所へ持ち運んで使えます。

アフィニア(AFINIA) 3Dプリンター H400+

信頼性が高い、音の静かな3Dプリンターです。Wi-FiやUSBだけでなく、LAN経由でも接続することが可能。WindowsOS・MacOS・iOSに対応しており、複数のデバイスから印刷指示が送れます。

家庭用としてはもちろん、学校などの教育現場にもおすすめのモデルです。120×120×120mmサイズまでの造形物が製作可能。工具や材料などプリントに必要なモノが全て同梱されているため、届いたその日から使い始められます。

グラフテック(GRAPHTEC) Silhouette ALTA Plus

円柱形のデザインがおしゃれな家庭用3Dプリンターです。溶かしたプラスチックを薄く積み重ねる熱溶解積層方式を採用。コンパクトサイズで卓上に置きやすいのが特徴で、直径124mm×高さ130mmまでの造形物を作れます。

また、WindowsとMacに対応した専用ソフトウェア「Silhouette 3D」が付属しているのもポイントです。3Dデータの自作はもちろん、購入したデータの読み込み、2Dデータの3D変換など、さまざまな機能を搭載。初心者の方でも気軽に立体物を作れるおすすめの家庭用3Dプリンターです。

FLASHFORGE 3Dプリンター Finder FFF-101

3.5インチのフルカラータッチパネルを採用した、熱溶解積層方式の家庭用3Dプリンター。直感的に操作しやすく、初めての方でも簡単に利用できます。データはUSBケーブル・USBメモリ・Wi-Fi経由で転送可能です。

作動音は50dBに抑えられており、静音性に優れています。また、ヘッドの高温部には保護用カバーが付いているため、安全性が高いのもメリットです。

造形レイヤーは50ミクロンまで設定可能なので、滑らかな造形物を出力でき、後処理の手間を省けます。さらに、スライド式プラットフォームを採用しており、プリント終了後に造形物を簡単に取り外せるのもポイントです。

FLASHFORGE デュアルヘッド 3Dプリンター Inventor FFI-101

2つの異なる素材を出力できる「デュアルノズル」を搭載した家庭用3Dプリンターです。造形中のオブジェクトを支えるサポート材に溶解性樹脂を使用すれば、造形完了後、簡単にサポート部分を取り外すことが可能です。

本体内部にカメラを搭載しており、専用アプリをインストールしたスマートフォンで造形中の様子を確認可能。3Dプリンターの場所まで行き来する手間が省けるため、経過が気になった際にすぐチェックできます。

「エクストルーダー冷却ファン」などで、プリント温度を自動コントロールできるのもポイント。冷却性能に優れた3Dプリンターがほしい方はチェックしてみてください。

FLASHFORGE 3Dプリンター GuiderII FFG-102

最大280×250×300mmまでの造形に対応した家庭用3Dプリンター。熱収縮を抑える「ヒーテッドベッド」を標準搭載しているのが魅力です。PLA樹脂はもちろん、熱収縮による反り返りが起こりやすいABS樹脂も素材として使用できます。

フィラメントが不足した場合に自動で造形を一時停止する「フィラメント検出機能」や、電源が切れても再起動すればプリントを続行できる「停電回復機能」を搭載しているのもメリット。万が一を想定した機能が備わっている製品がほしい方におすすめです。

Phrozen 光造形式LCD 3Dプリンター Sonic Mini

使用方法がシンプルな家庭用3Dプリンター。USBフラッシュドライブでデータを転送し、タッチスクリーンを数回タップするだけで印刷の準備が完了します。

「モノクロLCDスクリーン」によって、1つのレイヤーを短時間で印刷できるのがメリット。セットアップにかかる時間も5分程度なので、手早く印刷をおこなえます。

本体重量は4.5kgで、サイズは250×250×330mm。設置面積を抑えたコンパクトな3Dプリンターを探している方におすすめです。

ANYCUBIC 4Max Pro 2.0

ボックスデザインを採用し、保温性に優れている3Dプリンターです。PLA・ABS・TPUといったさまざまなフィラメント素材に対応。約50dBの非常に静かな音で印刷できるのがメリットです。

また、レジューム機能を搭載。印刷中に電源トラブルが発生して中断してしまっても、途中から再開できるのが魅力です。印刷中にフィラメントが切れたときは、自動で印刷を停止する「フィラメント機能」が動作します。

さらに、日本語サポートを利用可能なのもおすすめポイント。初期不良やトラブルのほか、分からないことがあっても安心して質問できます。

ANYCUBIC Photon Mono Photon Mono-01

光造形方式ながら、お手頃価格で購入できる3Dプリンターです。光源には、15個のUV LEDライトを使用。405nmの波長で均一に光を当てて、高い精度で印刷ができます。

リニアガイドやスクリューモーターを用いることで、造形物の表面に出てくる模様をなくせるのが特徴です。また、「ANYCUBIC スライスソフトウェア」を付属。レンダリングや高速スライス、モデリングなど、多彩な機能を利用できます。

印刷サイズは、130×82×160mm。試作品やおもちゃ、アクセサリーなどを作るのにちょうどよい大きさです。

家庭用3Dプリンターのおすすめモデル|組み立てタイプ

ANYCUBIC MEGA-S 3Dプリンター

操作が簡単な組み立てタイプの製品を探している方におすすめの3Dプリンターです。3本のケーブルを挿し込み8箇所のネジを止めれば完成します。

PLAやABSに加え柔らかいTPU素材も使用可能。フィラメントセンサーや停電印刷継続機能を搭載するなど使い勝手は良好です。「Ultrabaseプラットフォーム」を備えているのも本モデルの特徴。特殊な素材を使用しており冷えると剥がしやすくなるため、印刷物の取り出しが容易におこなえます。

Artillery 3Dプリンター Sidewinder X1

大きな造形物を作りたい方におすすめの3Dプリンターです。印刷サイズが約300×300×400mmと家庭用としては大きめなのが特徴。また、95%組み立て済みで出荷されるため、少ない手間で使い始められるのも魅力です。

印刷には熱溶解積層方式を採用しています。材料切れや停電検知センサーを搭載しているのもポイント。材料を補充したり電源が回復したりすれば、印刷を継続できるので便利です。

特殊な複合材を使用した「Ultrabaseプレート」を採用しているため、造形物の取り出しも容易におこなえます。

Creality 3Dプリンター Ender 3 pro

停電などのトラブルによって電源が落ちた場合でも、最後に着手していた層から印刷が再開される3Dプリンターです。印刷し直す必要がないため、時間と素材を節約できるのがメリット。印刷サイズは220×220×250mmまで対応しています。

加熱ベッドの下部分には大きく握りやすい「手回しナット」が付いているのがポイント。ベッド部分を水平に素早く調節できます。アルミニウム素材採用のY軸ベースで、安定した設計が可能な製品です。

S SMAUTOP 3Dプリンター

子供への教育用として使いやすい、組み立てタイプの3Dプリンターです。造形方法は、熱溶解積層方式を採用。比較的安価で購入できるのが魅力です。

付属のSDカード内には、組み立て用の動画マニュアルが入っているのがうれしい点。日本語の取り扱い説明書も付いてくるので、安心して組み立てられます。また、独自の「LABSLICER」ソフトウェアを利用可能。3Dデータを、パソコンからスムーズに確認できます。

動作音は60dBと良好なので、夜間に使用しても周りの方の邪魔になりにくいのがポイント。子供と一緒に小物を作りたい方におすすめです。

Kingroon KPS3S 3.0

簡単に組み立てを済ませられる、おすすめの3Dプリンターです。造形サイズは180×180×180mm。フィギュアやパーツなどの小物を作るのに適しています。

24Vの冷却ファンが2つ付属。本体の過熱を防ぎ、より円滑に印刷を実行できます。操作するためのタッチスクリーンは、英語や日本語を始め、8つの言語に対応。コンパクトながら高品質な仕上がりを期待できる3Dプリンターです。

家庭用3DプリンターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

家庭用3DプリンターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。