2010年前後に一般ユーザー向けの製品が普及した「3Dプリンター」。造形物を手軽に作れるのが特徴で、オリジナルのフィギュアやスマートフォンカバーなどの小物を製作したい方にとっては便利なアイテムです。

登場した当初は本体自体も高価なモノでしたが、近年は材料を含めて低価格化が進んでいます。そこで今回は、家庭用3Dプリンターのおすすめモデルをピックアップ。選び方のポイントや一緒に購入しておきたいアイテムもご紹介するので、興味がある方は合わせてチェックしてみてください。

3Dプリンターとは?

By: amazon.co.jp

3Dプリンターとは立体物を表す“3DCAD”や“3D CG”などの設計データをもとに、立体造形物を作成する機器です。紙のような平面上のモノにインクで文字などを印刷する従来のプリンターに対し、樹脂などの材料を積み重ねることで立体物を製作するのが特徴。

インクを吐き出すことで印刷するのではなく、熱溶解した樹脂を積み重ねたり、液体状の樹脂に光を当てることで硬化させたりしながら、元となる材料を積み上げる方式です。3Dプリンター建築や建設模型製作、製品試作などの際にも活躍するので、モノ作りに関わるさまざまな企業に導入されています。

家庭においても、子どものオモチャやスマホケースなどの雑貨類の製作など、作れるモノはさまざま。趣味や遊び道具として活用している方もいます。

3Dプリンターの選び方

造形方式で選ぶ

By: amazon.co.jp

家庭用の低価格3Dプリンターの造形方式は「熱溶解積層法式」が主流です。別名FDM法と呼ばれています。熱で溶かした樹脂を1層ずつ積み上げていくもので、業務用と比べると仕上がりがやや粗くなる反面、比較的低価格で購入できるところが魅力。

樹脂素材(フィラメント)には「ABS樹脂」や「PLA樹脂」が採用されており、一般的なプラスチック製品の多くに採用されている素材で、強度と耐熱性の高さ、成形性に優れている特徴があります。

そのほか「光造形方式」や「粉末焼結方式」などがあり、「光造形方式」は日本人が開発した中では最も古い方式。精度が高く細部まで作り込めるので、製造業で最も多く使われている方式です。

「粉末焼結方式」は、粉末状の素材に高出力のレーザー光線を当てて焼きつける方式。別名SLS法と呼ばれています。素材には他の3Dプリンターと同じように樹脂が使えますが、チタンや銅などの金属系の素材も使用可能。そのため、家庭用よりは工業用の3Dプリンターに採用されていることの多い方式です。

造形可能なサイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

3Dプリンターは造形できる最大のサイズを立方体または直方体の大きさで表記していますが、自分が造形したいものの大きさに適したサイズを選ぶのが重要。特に注意が必要なのが大きな造形物を作るときで、この場合は大きな3Dプリンターを使うのではなく、各パーツに分けて小さめの3Dプリンターで作成したあとでパーツを組み立てる方がおすすめです。

大きな3Dプリンターを使って一度の出力で大きなものを造形しようとすると、歪みや反りが大きくなり、出力物の精度が落ちます。また、大きさによっては完成までに10時間以上かかる場合もありますが、その間にフィラメント切れやエラーが起こり、3Dプリンターの出力が停止して作品が台無しになってしまうリスクもあるため注意が必要です。

そのため、まずは自分が造形したいもののサイズを明確にした上で、その大きさに見合った造形物を製作できる適度なサイズの3Dプリンターを選びましょう。

オペレーションマニュアルの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

家庭用3Dプリンターの多くには初心者でも扱えるように「オペレーションマニュアル」が付いています。ただし、国内メーカーでない場合は日本語に対応しているかを要チェック。家庭用3Dプリンターは誰でも扱いやすいところが魅力なので、オペレーションマニュアルの有無は必ずチェックしましょう。

家庭用3Dプリンターのおすすめモデル|完成品

フラッシュフォージ(FLASHFORGE) Finder FFF-101

本機を購入するだけで3Dプリンターを活用した造形物の製作に必要なものがすべて揃えられる、家庭用3Dプリンターのオールインワンパッケージです。本体上部には日本語での操作案内を表示できる3.5型のタッチパネルを搭載。出力サイズは14×14×14cmです。

一般的な3Dプリンターと違って本機は完成された状態で届くので、難解な組立作業をすることなくすぐに3D製作が始められます。また、3Dデータを出力可能なデータに変換するのに必須の専用スライスソフトが同梱するのもポイント。

加えて、オートキャリブレーション機能を搭載しており、製作する際に自動で高さ調節も可能です。作動音も50dBと静かなので、初心者でも快適な環境で3D製作を気軽に楽しめます。

M3D The Micro Plus

クラウドファンディングサイトのKickstaterで初の家庭用3Dプリンターとして話題になった人気機種の改良モデル。外形サイズは1辺18.5cmで、本体重量が約1kgと軽量コンパクトでスタイリッシュなデザインが特徴です。

最大出力サイズは11.3×10.9×11.6cm。対応フィラメントはPLA、Tough、Carbonの3種類のほか、市販のフィラメントも使用可能です。本機にはメモリー機能が搭載されており、フィラメント切れやPCの電源落ちで動作が止まっても造形を再開できるので、万が一の時でも安心して製作を続けられます。

また、専用のスライスソフトも無料でダウンロード可能。何万種類もの3D素材も使えるので、アイデアをすぐに形にできます。

XYZプリンティング ダヴィンチ mini Maker

約4万円で購入できる低価格と親子で楽しめるシンプルなデザインが特徴の家庭用3Dプリンター。本機はコンパクトさで好評を博したダヴィンチJr.シリーズよりも30%小さく、本体重量も約8kgと軽量なので持ち運びに便利です。

一方で、最大出力サイズは15×15×15cmと、上位機と同じサイズの3Dプリントが楽しめます。操作がシンプルなのも特徴。ボタン一つでスマートに操作が可能で、ステータスもLED表示で簡単に確認できます。

Wi-Fi通信などの特別な機能は搭載されていませんが、その分コストパフォーマンスの高さが魅力。親子で気軽に3Dプリンティングを楽しめるので、子供へのプレゼントにもおすすめです。

QIDIテクノロジー(QIDI TECH) X-smart

本格的な3Dプリンティングにも対応できるコストパフォーマンスに優れた家庭用3Dプリンター。ボディにはプラスチックよりも丈夫なフルメタル支持体を採用したり、安定した出力に必要な冷却ファンを多めに備えたりと、高い基本性能を有しているのが魅力です。

最大出力サイズは17×15×15cmで、フィラメントはPLAとABSの2種類に対応。本体下部には3.5型のタッチパネルを搭載し、アイコンを使ってスマホ感覚で直感的に操作ができます。

サポートは英語のみなのが難点ですが、迅速かつ手厚いのもポイント。3Dプリント製作に必要な工具類や専用のスライスソフトも付属するので、初めての3Dプリンターとしてもおすすめです。

ANYCUBIC UV-LED LCD masking PHOTON 2K

フィギュア製作など手間をかけて作品を作りたい方におすすめの家庭用3Dプリンター。造形材質にフィラメントを使用する一般的な3Dプリンターと違って光硬化レジンを採用しており、印刷後に日光を当てることでより硬化できるので、質感の高い造形物を製作できます。

最大出力サイズは11.5×6.5×15.5cmと、フィギュアなどの縦長の造形物を印刷するのに最適。ビルドは迅速で簡単なモデルなら数秒で印刷ができるのも特徴です。本体前面には2Kの高解像タッチパネルを搭載しているので直感的に操作できます。

日本語の電子版マニュアルが用意されているので初心者でも安心。また、本体内に空気洗浄装置を搭載しており、ウイルス除去や消臭効果で快適な3Dプリンティングが楽しめます。

家庭用3Dプリンターのおすすめモデル|組み立てタイプ

JGAURARO A3

約4万円と低価格ながらも10万円クラスの高級機に匹敵する性能を有した組み立て式の家庭用3Dプリンターです。最大出力サイズは20×20×18cmと大きめで、5種類のフィラメントにも対応するなど、自由度の高い3Dプリンティングが楽しめます。

本機は未完成状態のまま届くため、組み立てが必要です。工作に自信のある方であれば、自由にカスタマイズすることで印刷の精度を高められるのが魅力。

スライスソフトが同梱しており、付属のSDカードに組み立ての過程を映した動画が保存されていますが、情報量は全体的に少なめなのが難点です。その分が価格の安さに反映されているので、工作好きでコストパフォーマンスに優れた機種を探している方におすすめします。

ALUNAR Reprap Prusa i3 M508

2万円代前半で購入できる低価格な家庭用3DプリンターのDIYキットです。価格の安さに反して出力精度は高く、ノズルの直径が0.3mmなので精巧な造形物の製作にも対応できます。

最大出力サイズは20×20×18cmで、フィラメントは主にPLAに対応。また、造形の途中で異なる色のフィラメントに変更しての多色印刷も可能です。

未組み立ての状態で届くため自分で一から組み立てる必要がありますが、組み立てに必要な工具や動画ガイドが付属するので、組み立て自体のハードルは低め。電子工作に慣れたユーザーであれば、調整で出力する造形物の精度をさらに高めたり、3Dプリンター本体を改造して楽しめたりするのも魅力です。

番外編:3Dプリンターと一緒に買っておきたいアイテム

ケイバ(Keiba) プロホビーニッパー HNC-D04

3Dプリンターは物をゼロから造形するのは得意ですが、細部まで精密に仕上げるのは不得意なので、造形物の完成度を上げるためには、造形した後に別途仕上げの加工が必要です。ニッパーがあれば本格的な仕上げの加工に入る前の手直し効率的に行えます。

バリを落としたり、カットして大まかに形を整えたりしておけば、後の加工作業の手間を削減可能。本製品は3mm程度の厚さのプラスチック板を切断でき、断面もきれいなので、仕上げ前の手直しにおすすめです。

高儀(Takagi) ハイトルクミニリューター EARTH MAN R-8

家庭用の3Dプリンターは造形方式に熱溶解積層方式を採用しており、溶かしたフィラメントを層状に積み重ねることで造形します。そのため、完成した造形物には地層のような跡が現れますが、それを消すのにリューターはおすすめです。

高速回転するビット先端の砥石で研磨することで表面を滑らかに仕上げられます。このリューターはハイトルク仕様なので効率的な研磨加工が可能。また、薄い金属板ならカットもできます。

ハイコーキ(HiKOKI) コードレスドライバードリル FDS10DAL(2LCSK)

3Dプリンターでリンク機構の部品を製作する際、造形しただけではシャフトを通す穴の精度が悪く、シャフトが入らないか、穴が大きすぎて空回りしてしまうのが難点。そんな時に重宝するのが電動ドライバードリルです。

通常はドライバーとして使用することが多いですが、先をドリルに交換すれば、高い寸法精度で穴の加工ができます。ドリル径は0.1mm単位で開けたい穴の直径に合わせて複数本用意しておくといいでしょう。

エンジニア(ENGINEER) アンヴィルバイス TV-12

電動ドリルで穴を開けるときは振動と遠心力で造形物が動いてしまうので、造形物を手に持ったまま加工作業をするのは危険です。そんな時にあると重宝するのがバイス(万力)。

物を強い力で持続的に挟んだり固定したりできるので、加工の際に造形物が不意に動いてしまうことがなく安全に作業ができます。このバイスの最大締付力は1.9KNで、口幅は50mm、最大開口は35mm。取り付けネジで工作台への取り付けと取り外しが自由にできます。

セメダイン(Cemedine) プラスチック・シリコン専用接着剤 PPX CA-522

3Dプリンターで大きな造形物を製作する際は、高い加工精度を維持しつつ確実に出力するために、各パーツを小分けで作ってからそれぞれを組み立てます。その際に重宝するのが瞬間接着剤です。

この接着剤は通常接着の難しいプラスチック(ポリエチレン、ポリプロピレン)やシリコンゴムを強力かつ瞬間的に接着が可能。また、接着剤を塗る前に付属のプライマーを塗っておけば接着剤がなじみやすくなるので、各パーツの接着強度をより高められます。

白光(HAKKO) ダイヤル式温度制御半田ごて FX600

小分けで造形した各パーツを接着する際にもう一つの方法として挙げられるのが、半田ごてを使用して各パーツの接合部分を熱で溶かして接着する「熱カシメ」です。瞬間接着剤と違い、表面のプラスチックが溶け合うことでパーツ同士が完全に一体化するので、より強力な接着効果が望めます。

この半田ごてはダイヤルを回すだけ温度調整ができ、温度の状態もLEDランプでわかるので、初心者でも精度の高い熱カシメが可能。瞬間接着剤と合わせて用意しておくと、3Dプリンターでの造形の幅が広がります。ただし、半田ごてを使う際には誤ってパーツを溶かしすぎてしまうこともあるため、取り扱いは十分に気をつけましょう。