Appleが3Dプリンターをつくったらどうなる?

Appleが3Dプリンターの領域に達するかもしれません! もしそれが本当に実現する日がきたら…想像するだけで楽しみですね! iTunesで音楽を、App Storeでアプリを提供しているように、Apple 3D プリンター “iPrinter”のストアで、3Dモデルコンテンツが買えるようになるのでしょうか? では、さっそくそのコンセプトを見てみましょう。

“iPrinter”のデザインはこうなる

デザイナーの Martin Hajeks 氏の手にかかると、Apple 3Dプリンター の “iPrinter”は上の写真のようなデザインになりました。

外観は、ファンたちの間で往年の名機とされてる Power Mac G4 Cube の再来か? と思わせるような、アップルの世界観があふれるキュービックデザイン。しびれます!

“iPrinter”があったらどうなる?

Appleは、プリンターメーカーがインクカートリッジで利益を生みだすように、”iPrinter”のレジンカートリッジを売るというビジネスモデルをメインには考えないかもしれません。


むしろ、”iPrinter” の上部にあるディスプレイや接続したMacBookで、ストアから3Dモデルのコンテンツをどんどん消費する! という時代が到来?

たとえば、ふと「エッフェル塔ってどんな構造だったかな~?」とか「スターウォーズのBB-8のオリジナルストラップつくりたい!」と思ったら、ストアでさがしてすぐにプリントアウト!

できあがったら、中からお望み通りの3Dモデルがせり上がってきます。この瞬間がたまらないでしょうね! これは Appleファンでなくても、絶対ほしくなるにちがいありません!