外出先で急な仕事を始めるとき、ちょうどいい空きスペースを確保するのは大変です。そんな時に活躍するのが、BIBILABの作業用テーブルを内蔵した「ノマドスーツケース」。これがあれば、どんな場所でもさっと机を広げて作業開始! 時間を無駄にしたくない方に最適のアイテムです。今回は、ノマドスーツケースのおすすめポイントを紹介します。

いつでもどこでも展開可能

出張や旅行の際に発生する、駅や空港での待ち時間。そんな微妙な空き時間にも、ノマドスーツケースがあれば机を広げて作業ができます。もちろんキャンプや屋外イベントのような、アウトドアにも広く対応。時間や場所を選ばずに、さまざまなシーンで活躍します。

ゆったりワイドテーブル

サッと組み立てられる簡易テーブルでありながら、幅60×奥行き43(cm)のワイドサイズ。いろいろな物を置いていても、邪魔にならずに作業可能です。テーブルは強化プラスチックのナイロン素材を採用。約30cm幅のケース部分を含めれば、スペースをゆったり使えます。

着脱式チェア&チェアバッグ

出し入れ簡単なスーツケース専用チェアと、脱着できるチェアケース付き。チェアケースには衝撃吸収素材が内蔵されていて、小物の収納に便利なポケットを2箇所に配置。ケースを横置きした際に発生する、衝撃や騒音にも配慮された設計になっています。

大容量セパレートボックス

スーツケース内部は上下で荷室が独立した設計になっていて、23Lと48L、合計71Lの大容量の収納ができます。このセパレート構造によって、混ぜたくない荷物をそれぞれに分けた収納が可能。長期の旅行や出張、趣味道具の運搬など、幅広い用途に活用することができます。

旅行にも便利な機能

下部の荷室はTSAロック採用なので、海外への旅行にも安心です。その他にも、下部の荷室には荷物の飛び出しを防止する幕、上下の荷室にそれぞれエチケット用品の収納に便利なメッシュポケットが備えられていて、用途の幅広いスーツケースになっています。

BIBILAB(ビビラボ) ノマドスーツケース