最近、日本をはじめ諸外国で人気を博しているアナログレコード。海外ではレコードの売り上げが1990年代後半以降では最高となるなど、人気が復活しているそうです。そこで、クラウドファンディングサイトKickstarterに登場したのが、なんとレコードを垂直に立てて聴くことができるステレオ内蔵スピーカー「Floating Record」。今回は機能にもオシャレにもこだわったFloating Recordをご紹介します。

このアイテムを見れば、どうしてレコードを縦置きにしたのか、ということがまず頭に浮かぶと思います。縦置きにしたメリットは2つ。1つ目はレコードを立てることで、省スペース化を図り、奥行きの狭いスペースにも置くことが出来るようになっているという点。そして2つ目は回っているレコードを見ながら音楽鑑賞が楽しめるというインテリア的な用途として優れているという点です。

ただ、Floating Recordのすごさはそれだけではありません。性能にもこだわりがあり、トーンアームにカートリッジ、プリアンプ、スピーカーなどレコード鑑賞に必要なものがすべて内蔵されています。さらに部品一つ一つをみても、レコード愛好家が好む素材を使用しているそうで初心者から愛好家まですべての人が楽しめる仕様になっています。

回転はシリコンベルトによって成されていて、ベルトを架け替えるだけで、33回転と45回転を簡単に変更できます。裏面にはRCAの外部出力端子が搭載されているので、手持ちのスピーカーで聞くことも可能ですし、イヤホンジャックも搭載されています。台となっている木製の部分はウォールナットとメープルの2種類の木材から選ぶことが出来るので、自宅の雰囲気に合わせることができるのも嬉しいところです。大きさは43×25cm、高さ40cm。デザイン的にもおしゃれなお部屋にピッタリではないでしょうか。

このアイテムは上記サイトにて現在349ドルから出資可能です。期間を30日以上も残した状態で、すでに目標額の7倍の資金を調達しているので、注目度が高いアイテムといえますね。