気軽に履けて、なおかつ存在感のあるブーツをお探しの方にはデザートブーツがおすすめです。デザートブーツは、いろいろなメンズコーデにマッチする万能シューズ。

今回はこれからの時期に活躍する、メンズにおすすめのデザートブーツブランドをご紹介します。人気のメンズコーデも合わせて紹介するので、参考にしてみてくださいね。

デザートブーツとは

6242988_B_07_500

By: zozo.jp

デザートブーツとは広いくくりで言えば、チャッカブーツの一種。柔らかい材質のゴムのソールとライニングのつかないアッパーがが特徴。アッパーにはスエードが用いられたタイプが主流。メンズのデザートブーツと言えば、クラークスが有名ですよね。他社からも似たような形のものが多く発売されています。

デザートブーツは言葉通りに砂漠地帯で着用するブーツです。つまりは靴の中に砂が入らないような設計です。機能的な面に加え、コーディネートでもカジュアル、スーツスタイルにと、多様なスタイリングが可能です。

クラークスのおすすめデザートブーツ

91d6iy57fjL._UL1500_

1825年から続く老舗のシューズブランド。サイラスとジェームスのクラークス兄弟が生みの親となってブランドを発足。普遍的なデザイン性に加え、ブリティッシュスタイルを毎年提案し続けています。

ビジネスシーンからカジュアルスタイルまでの幅広い展開が人気。有名なものとしてはクレープソールを施したデザートブーツがあります。おすすめのデザートブーツブランドなので、ぜひチェックしてくださいね。

エアーウォークのおすすめデザートブーツ

AIRWALKは1986年にカリフォルニアでビル・マンとジョージ・ヨーンによって作られたスケートボードとMBXの要望に応えるフットウェアとして開始されたブランド。革新的なデザインと優れた耐久性、機能性の高さが全米にブームを巻き起こしました。

「AIR」をブランドネームとしてスケーター出身のリースミスさんがAIRWALKを発売して以来は、スケーターシューズの代名詞となっています。その他、スノーボーダーやサーファーの原点でもあります。

デデスケンのおすすめデザートブーツ

2828652_8_D_500

デデスケンは2010年FWから立ち上がったおすすめのシューズブランド。名前はリズムがよく覚えやすい造語から名付けられたようです。シューズをファッションアイテムの1つとして考え、洋服ありきで考えたデザイン性が人気を呼んでいるブランドです。

メンズビジネスシューズやカジュアルシューズなど幅広いシーンで活躍するので、ぜひチェックしておいてください。

ザ・ダファー・オブ・セントジョージのおすすめデザートブーツ

8647888_b_20_500

1984年に誕生したブランド、ザ・ダファー・オブ・セントジョージ。上品さの中にもひねりや遊びを加えたファッションを楽しめるのが特徴です。「似つかわしくないものを並置するという」ブランドコンセプトにを元に、今後も飛躍を続けていくブランドから、一押しのデザートブーツをご紹介します。

エイチツーヴォルトのおすすめデザートブーツ

61uSgZPbDJL._UL1001_

2015年よりブランド名をVOLTからH2VOLTへ改名。高い水準(High standard)を目指しより上質なものを求めて(High quality)の頭文字「H」を重ねたことが由来になっています。

このブランドのアイテムは一つ一つ高い技術を持った職人の手によって作られています。有名ブランドや有名セレクトショップのシューズを手掛けている信頼と実績のある工場で製造されています。

H2VOLTはクラークスにも負けないほどのハイクオリティのプロダクトを生み出してるので、今後さらに飛躍することが期待されています。

ドクターマーチンのおすすめデザートブーツ

16088803_16_D_500

クラウス・マーチンズ博士によって作られたブランドです。ドクターマーチンの代名詞であるエアーソールがクッション性と高いデザイン性を実現。おしゃれなレザーシューズとして多くのファッショニスタから絶対的な支持を得ています。

これからも時代に囚われない定番のシューズとしてファッションを牽引していくであろうブランドですね。

フレッド・ペリーのおすすめデザートブーツ

7560132_291_D_500

テニスウェアブランドとして始まりましたが、今ではカジュアル、フォーマルシーンなどでも着用されています。コムデギャルソンや、ラフ・シモンズなどのハイブランドとのコラボも果たし、ファッションシーンには欠かせないブランドへと成長を遂げています。

デザートブーツはスニーカータイプが主流。スポーツブランドということだけあって、スニーカーブランドに負けないフィット感を実現。足元にワンポイントが欲しい方におすすめです。

デザートブーツのおすすめお手入れアイテム

コロンブス(columbus) スエードブラシC 70270000

61APqFmuE1L._UL1500_

こちらのスエードブラシCは毛並みを揃える用途に向いています。また、ほこりや汚れを取ることもできる万能タイプなので、このブラシ1本で全てまかなえますよ!

スエード専用のブラシは店舗ではなかなか売っていないので、スエードシューズを持っている方、これから買おうと思っている方におすすめ。とにかくコスパが高いです。

エムモゥブレィ(M.MOWBRAY) スエード&ヌバックシャンプー 2038

71qPkgR0CsL._UL1500_

スエード、ヌバック専用のシミや汚れを落としてくれるシャンプータイプのクリーナーです。まとめてがっつり洗いたい方におすすめです。

起毛の奥に入り込んだ汚れをしっかりと掻き出し、靴自体の履きじわも伸ばしてくれます。きちんとした本格的靴クリームブランドなので、安心して使えますね。

スコッチガード 防水・防汚スプレースエード靴専用 SG-P170

71vgVH6ZZcL._UL1500_

水分に弱いスエード生地を防水・防汚加工できる優れもの。スプレータイプなので、乾いた状態のスエードに吹きかけるだけ。

もちろん靴以外のスエード素材のアイテムにも対応。汚れを未然に防ぎたい方におすすめ。ムラなくスプレーを吹きかければ、より効果が得られますよ!

デザートブーツの選び方

ソールの素材で選ぶ

8647888B_16_D_500

By: zozo.jp

デザートブーツはクレープソールが有名ですが、他にも数多くのソールがあります。

クレープソールは天然ゴムを主成分に使用したもの。クッション性に優れており、スエードシューズであることを忘れてしまうほど履き心地のいいソールです。このクレープソールはステッチダウン製法でしっかりと接着されていますが、ソールが減りやすい素材なので、そこは注意すべき点ですね。

フットソールやシャークソールはスニーカーなどによく使われているソールです。スニーカーのような歩きやすさに加え、軽さもあるので、長時間の歩行におすすめ。また、厚みがあり、シークレットブーツとしても活躍してくれますよ。

ブランドで選ぶ

ss17_assets_o_desert_boot_black_smooth_leather-(unretouched-image)

By: clarks.co.jp

デザートブーツの王道なブランドでいえばクラークスですね。独自の製法を採用した、歩行する際に足への負担を最大限に抑制してくれるクレープソールが特徴的。カジュアルなコーディネートからジャケットコーデまで幅広く活躍してくれます。

他のブランドだとAIRWALKやDEDESKENが有名。AIRWALKはスタイリッシュなデザインで、フットソールが都会的なスタイリングを実現してくれます。DEDESKENは登山靴のような丸みのあるアッパーに加え、厚みのあるシャークソールがアウトドアスタイルを演出してくれます。

他にも多くのブランドがありますが、使い道、コーデによってブランドの味を出していくことが最適ですね。

デザートブーツの手入れ方法

10485618_14_D_500

By: zozo.jp

デザートブーツには、中にはレザーや別生地のものもありますが、主にスエード素材が使用されています。スエード素材には起毛があるので、その隙間に汚れが入り込むことがあります。

汚れによって白くなったり、黒くなったりした場合、歯ブラシなどでゴシゴシやってしまいがちですが、そうすると起毛が痛んでしまいます。そこで、専用のブラシと専用のクリームを使い、優しく手入れすることをおすすめします。

起毛を傷ませないことで、綺麗に長く着用できますよ。

メンズにおすすめのデザートブーツコーデ

ブラックで大人っぽく統一

20150825150233546_500

By: wear.jp

デザートブーツの特徴を活かしたおすすめのモードコーデ。ブラックのDEDESKENのデザートブーツの中にDIET BUTCHER SLIM SKINのリブパンツをブーツインし、大人っぽさを演出。

ブーツのソールがホワイトのシャークソールがコーデの外し役となっています。定番のライダースジャケットと厚底のデザートブーツは相性がいいので、参考になりますね。

スキニー以外を淡い色で統一

20160130215740765_500

By: wear.jp

ブルーのカットソーがこのコーデに色合いをもたせており、スキニーデニムパンツとあっています。腰に巻かれたバンダナがおしゃれさをプラス。さりげない小物使いがおしゃれへの近道かもしれませんね。

クラークスはデザートブーツの中でもスエードが柔らかいので、スキニーパンツで隠して、まるでローカットシューズかのようにスタイリングするのもおすすめ。

ボタンは全止めでスタイリッシュなメンズコーデ

20160524205536647_500

By: zozo.jp

フラッドペリーの半袖チェックシャツに同ブランドのスキニーデニムを合わせたメンズコーデ。シャツのチェックを活かすよう、スキニーパンツ、デザートブーツはシンプルにまとめてありますね。

パンツを折り曲げず、履くと野暮ったい雰囲気になってしまうので、こちらのようにデザートブーツにかからないくらいに曲げるのが粋。

クレープソールで魅せるスーツコーデ

20151120153724953_500

By: zozo.jp

スーツスタイルに厚底のデザートブーツをチョイス。シャツにジレとジャケットをバッチリ決め、白いスキニーパンツで少しカジュアルさをプラスしています。さりげなく折り曲げているところがポイント。

プレーンシューズなどの定番のシューズではなく、デザートブーツで足元を着飾ってみてください。

トレンドを押さえた爽やかなメンズカジュアルコーデ

20160301183259630_500

By: zozo.jp

アースカラーをイメージしたおすすめのメンズコーデです。薄手の生地を使用したオーバーコートにチノショートパンツが新しさを演出。パンツと同系色に合わせたクラークスのデザートブーツが全身の雰囲気に溶け込んでいます。

左手にもたれたハンドバックがナチュラルなカラーをコーデに追加していて相性抜群!

ヴィンテージアイテムに合わせるデザートブーツ

20160423185311561_500

By: wear.jp

デニムジャケット、チノパンツともにヴィンテージアイテムを組み合わせたアメカジコーデです。クラシックなスタイルながらオーバーサイズのアイテムが秀逸。

シューズにはクラークスのデザートブーツを着用。アメカジコーデにスニーカーだと単一な雰囲気になってしまうので、スタイリッシュなブラウン系のデザートブーツが最適ですね。

ダークベースで揃えるおしゃれメンズコーデ

20151231233225190_500

By: wear.jp

ジャケット、タートルネックはナノユニバースのものを着用。パンツにはストライプが珍しいガウチョパンツを緩めに着こなしています。

ガウチョパンツは女性のイメージがありますが、男性でも靴下とシューズをうまく組み合わせるとメンズらしさを演出できます。シューズにはAIRWALKを着用。ソールがシャークソールなので、モードチックなスタイルを作れます。

足元で外すジャケットセットアップコーデ

20151005173436776_500

By: wear.jp

見えづらいですが、ペイズリー柄のネイビーセットアップを着用。インナーには同系色のスウェットを落とし込んでいます。単一色のコーデかと思いきや、明るめのベージュのデザートブーツできちんとアクセントがつけられています。

デザートブーツに合わせるパンツは裾を曲げると全て見えてかっこいいですが、デッキシューズのような見せ方をしたい方におすすめですよ。

クラッシュデニムに同系色と異色を合わせる

20150917220950423_500

By: wear.jp

こちらはテイストミックスしたメンズコーデです。トップスにきれいめなブロックチェックシャツをあしらい、一方アンダーにはクラッシュデニムとウォッシュのかかったグレーのクラークスでヴィンテージ感を演出。

この二極化した雰囲気が型にはまっていなくて絶妙な味わいを生み出しています。

色の映えるメンズシャツを着こなそう

20140219203207098_500

By: wear.jp

単色になりがちなメンズコーデですが、たまには明るいアイテムを着用したいものですよね。今回のコーデはシャツ以外はシンプルな単色で統一。

ライトアウターにジップアップブルゾンを着用。シューズには同系色のベージュのデザートブーツでさりげない統一感を演出しています。ベージュは色を調和する役割があるので、明るい色を取り入れた方におすすめ。

デニムアイテムにはデザートブーツがおすすめ

20151120210641325_500

By: wear.jp

多くのコーデでデニムパンツにデザートブーツを合わせている方が多いようです。今回もリーバイスのヴィンテージジーンズにクラークスオリジナルを着用。アンダーはアメカジ風に着こなし、トップは西洋カーボーイ風になっています。

UNUSEDやBEDJ.W.FORDなどのドメスティックブランドを古着っぽく着用しているのがイマドキですね。

ハットとシューズに統一感を出すことでおしゃれさ倍増

20151023170238662_500

By: wear.jp

トップスやパンツはいたってシンプルなアイテムで構成されていますが、ロングブリムハットとベージュのデザートブーツでナチュラルな雰囲気を演出。

トップスもパンツもタイトなアイテムを着用しているので、ハットはつば広タイプのほうが全身のシルエットがよくなります。

シャークソールが際立つおすすめメンズコーデ

20160217153558006_500

By: wear.jp

きどらない自然体なコーデが魅力的なおすすめメンズコーデ。トップスにはハイネックにニットを着用。インナーにはGDCの英字Tシャツ。シンプルながらきちんとおしゃれなポイントを押さえていますね。

なんといってもデザートブーツのAIRWALKがおしゃれ。シャークソールなので、デザイン性をプラスしたい時には最適なメンズアイテムですよね。

ベージュのダッフルコートがナチュラルな雰囲気を演出

20151111100843175_500

By: wear.jp

ユナイテッドアローズのオーバーダッフルコートを着用した冬のおすすめコーデ。インナーのニットとも相性抜群。オフィスカジュアルを彷彿させるメンズコーデがツボ。シューズには重くなりすぎないようにベージュカラーのデザートブーツを落とし込んでいます。

インディゴブルー色のデニム生地で秋をさきどろう

20160107112026324_500

By: zozo.jp

秋の定番になるおすすめのメンズコーデをご紹介します。短めの丈感のダッフルコートに、インディゴブルーのシャツとデニムパンツが落ち着いたスタイリングです。

足元にはソールがウッドのデザートブーツを着用。ソールのブラウンが目立っていておしゃれです。

ボーダーカットソーにシャツをレイヤード!

20140509123944787_500

By: wear.jp

赤が映えるボーダーカットソーにロングシャツをレイヤード。タイトなスキニーにデザートブーツの組み合わせがおしゃれです。また、ロングブリムハットやクロシェット(首からぶら下げているアクセサリー)、そしてクラッチバッグなどの小物アイテムの使い方が秀逸ですね。

春秋におすすめのメンズコーデです。