コンサートやフェスへ行く際にあると便利なのが「双眼鏡」。そもそもステージに近い位置に座れるのが最良ですが、なかなかそうはいかないものです。双眼鏡があれば、ステージ上の表情も含めて細かい状況が把握できます。

そこで今回は、おすすめの双眼鏡をメーカー別にご紹介します。選び方についても解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

双眼鏡の選び方

倍率をチェック

双眼鏡は倍率が高ければ高くなるほど、遠くのモノがよく見えるようになります。ただし、あまりにも倍率が高すぎると、景色が暗くなったり、見える範囲が狭くなったり、手ブレが大きくなって像が定まらなかったりするなど、使い心地が悪くなってしまうので注意が必要です。

ライブハウスなど、比較的小規模な会場であれば6倍程度でも十分。ライブ会場のアリーナ席なら8倍程度、スタンド席なら10倍程度の双眼鏡を購入の目安としましょう。

レンズのコーティングをチェック

一般的に、ガラスの反射率は4〜9%程度と言われています。光がレンズ表面で反射すると、光の透過率が低下して光量の損失が起きてしまいます。そのため、像が暗くなるのがデメリットです。さらに、レンズ内で反射した光がボディ内部で反射を繰り返すと、フレアやゴーストなどのトラブルが生じます。

ゴーストとは、双眼鏡に強い光が入ると内部で反射した光が楕円や多角形の形状になって写り込む現象です。また、フレアが生じると、双眼鏡から見える景色全体が薄く白い光の膜に覆われてモヤっとした印象になります。いずれも、双眼鏡で鑑賞する時の妨げになる現象です。

「コーティング」とは、双眼鏡の像を劣化させる原因である光の反射を抑えるためにレンズに施す加工のこと。コーティングを一層だけ施す単層コーティングと、多層に施すことでより強い反射防止効果が得られる多層膜コーティング(マルチコーティング)、そしてすべてのレンズとプリズムの表面に多層膜コーティングを施すフルマルチコーティングがあります。より快適さを重視する方は光の反射抑制効果が高い多層膜コーティングやフルマルチコーティングの施された双眼鏡を選ぶのがおすすめです。

アイレリーフをチェック

By: amazon.co.jp

「アイレリーフ」とは、双眼鏡を覗き込んだ時の肉眼の位置と目にもっとも近い「接眼レンズ」までの距離を示す数値。一般的には、この距離が長いほど覗きやすく、長時間の使用でも目が疲れにくくなるのが特徴です。

目安としては10mm以上で、それ以下になると十分な視野が確保できず、双眼鏡を覗き込んだ際に景色の周りにフチが見える「ケラレ」という現象が発生しやすくなります。

メガネをかけている方はアイレリーフの長いモデルがおすすめ。メガネをかけていても、双眼鏡が見やすく、長時間使用しても疲れにくいのがメリットです。メガネをかけている方はアイレリーフ15mm以上あると安心。なお、アイレリーフが長いモデルのことを「ハイアイポイント」と言います。

重量をチェック

By: amazon.co.jp

双眼鏡の使い勝手を左右するのが本体の重量。持ち運びのしやすさや使用時の腕の疲れなどに影響を与えます。

双眼鏡の重量には対物レンズ有効径の大きさが関係し、有効径が大きくなるほど双眼鏡は重くなります。ただし、有効径が大きいモデルは集光力が大きく、明るい像を得られます。さらに、解像力が高く、クッキリした像になるのもメリットです。

コンサート用としては、有効径25mm以下の双眼鏡がおすすめ。8倍で25mmのモデルの重量はおおむね300g前後、21mmモデルは200gほどです。なお、手ブレ補正機能付きの双眼鏡は500gからとなるので、選ぶ際は機能性と重さのバランスを考慮するようにしましょう。

手ブレ補正機能の有無をチェック

デジタルカメラと同じく、最近は双眼鏡にも搭載されることがある手ブレ補正機能。特に数千人規模の会場で活躍が期待できます。

手ブレ補正機能が搭載されている双眼鏡は、本体内部で揺れを検知して、バリアングルプリズムなどの補正用光学機器が作用する仕様。芝居やライブでは本番中に会場の照明が暗転し、ステージのみに照明が当てられますが、この場合に手ブレが目立つことが多くなるので、ぜひ活用しましょう。

ただし、手ブレ補正機能付き双眼鏡は、総じて高価で重くなるのがデメリット。倍率や対物レンズ有効径が同じでも、重量が2倍弱になることが多いので、その点は留意しておきましょう。

使用するシーンをチェック

ライブ・コンサート

ライブ・コンサートには300g以下で携帯性に優れた小型・軽量な双眼鏡がおすすめ。広いコンサート会場で使用する場合、倍率は8〜10倍程度のものが扱いやすく、長時間の使用でも疲れにくいので最適です。

また、コンサートホールやオペラハウスなど暗めの会場では、「明るさ」の数値が高いものがおすすめ。野外コンサートなら雨や雪などの悪天候に備えて防水に対応した機種を選ぶとよいでしょう。

スポーツ観戦

スポーツ観戦には小型・軽量で持ち運びやすい双眼鏡がおすすめ。倍率としては、バスケットボールやバレーボールなど室内競技には6〜8倍のものを、サッカーやラグビーなど広い野外の会場で行われる屋外競技には8〜10倍のものを選ぶとよいでしょう。

動きの激しいスポーツには、ワイドタイプの双眼鏡が見やすく便利。また、倍率を変えられるズームタイプなら、試合のシーンに合わせて倍率を変更できるので注目したい箇所を大迫力で楽しめます。

旅行・アウトドア

旅行向けには、カバンにもすっきり収まるコンパクトな双眼鏡がおすすめ。倍率としては8倍前後のものを推奨しますが、ズームタイプなら旅先のシーンに合わせて倍率を変えられるので、中距離から遠距離までさまざまな状況でより重宝します。

キャンプやハイキングで使用する場合は、悪天候に備えて防水タイプの双眼鏡がおすすめ。また、ラバーコートがボディに施された機種なら、滑りにくく手に馴染みやすく、衝撃も軽減できるので、ハードに使っても壊れにくいのが特徴です。

バードウォッチング

バードウォッチングには広い範囲を一度に見られるワイドタイプ(見掛視界の数値が大きいもの)がおすすめ。山林で野鳥を見つけやすく、素早い動きも追いやすいので重宝します。

倍率としては8〜10倍程度のものが、手持ちでも像がブレにくく観察がしやすいのでおすすめ。また、ボディに防水加工やラバーコートの施された双眼鏡なら、急な天候の変化に遭っても故障を気にせず観察を続けられます。

スターウォッチング

スターウォッチングには対物レンズの口径が40mm以上で、ひとみ径の数値が大きな双眼鏡がおすすめ。集光力に優れているので、淡い星の光でもしっかりと捉えられます。また、マルチコーティングの施された機種なら、より優れた光学性能で星を明るくシャープに観察できるのがポイントです。

夜露や突然の雨に備えて、防水タイプの双眼鏡を選ぶのがおすすめ。また、スターウォッチングでは周囲が暗く手ブレが発生しやすいので、手ブレ補正機能を搭載した機種か、三脚に取り付けられる機種を選びましょう。

双眼鏡のおすすめメーカー

ニコン(Nikon)

By: amazon.co.jp

ニコンは日本を代表する光学機器メーカーです。最近は主に、デジタル一眼レフカメラやフルサイズミラーレスカメラで耳にすることが多いですが、1917年の創業時に初めて手掛けたのは双眼鏡でした。1世紀を超える研究で培われた高度な技術と優れた信頼性を持っているので、世界的にも高い評価を受けています。

ニコンの双眼鏡は、高性能なプロフェッショナルモデルからカジュアルなコンパクトモデルまで、ラインアップが充実しているのも魅力。特に、「スポーツスター」や「トラベルライト」はコンパクトなのでコンサートや旅行にもおすすめです。また、「モナーク」や「プロスタッフ」など、高性能・高耐久でハードな用途にも使える機種も数多く用意されています。

ビクセン(Vixen)

By: amazon.co.jp

ビクセンは天体望遠鏡で有名な光学機器メーカーです。1949年に写真用品の問屋業から始まり、天体望遠鏡の市場を切り開き、その後は双眼鏡やフィールドスコープにも事業を広げていきました。ビクセンの双眼鏡には、極めて高い光学性能を要求する天体望遠鏡の技術が採用されているため品質が高く、それでいてリーズナブルな機種が多いのも特徴です。

ラインアップが豊富なのもビクセンの特徴。コンサート向けで1万円前後の安い「アリーナ」から、性能にこだわった最上級モデルの「アルテス」まで多くの選択肢があります。また、天体望遠鏡のメーカーということもあり、スターウォッチングに特化した星見双眼鏡の「SG」が用意されているのもポイントです。

オリンパス(OLYMPUS)

By: amazon.co.jp

オリンパスは1919年創業の世界的な精密機器メーカーです。一般的には、ミラーレスカメラの「PEN」や「OM-D」で有名ですが、事業基盤としては診断や治療に使われる医療器具が大部分を占め、同社の内視鏡は世界で70%以上のシェアを誇ります。双眼鏡にもその高度な光学技術が応用されているため、総じて高性能なのが魅力。また、アウトドアでも活躍する防水性能を備えた機種が多いのも特徴です。

オリンパスの双眼鏡はラインアップが整理されており、選びやすいのが特徴。「コンパクト」「スタンダード」「プロ」のランク順に性能が上がります。また、コンサート向けの「RC」、スポーツ観察向けの「WP」、旅行向けの「DP」、バードウォッチング向けの「EX」や「PRO」というように、用途ごとに分かれているのも親切です。

興和(Kowa)

By: amazon.co.jp

興和は1939年創業の総合卸売メーカーで、事業内容は繊維、医薬品、光学機器など多岐に渡ります。光学分野では、古くは二眼レフカメラの製造で一斉を風靡(ふうび)しましたが、最近は双眼鏡やフィールドスコープ、ミラーレスカメラ用の交換レンズで主に有名です。

興和の双眼鏡は随一の高い光学性能を持っているのが特徴。特に、理想の光学素材である蛍石と同等の特性を持ち、色滲みを極限まで除去するXDレンズを搭載した機種には、最高品質の証として「プロミナー」の名称が冠されています。

また、フィールド向けの性能が充実しているのも特徴。小型軽量で防水性能を持つ機種が多いので、バードウォッチングやアウトドアでの使用に重宝します。

双眼鏡のおすすめモデル|ライブ・コンサート

オリンパス(OLYMPUS) ダハプリズム双眼鏡 Trip light 8×21 RC II

オリンパス(OLYMPUS) ダハプリズム双眼鏡 Trip light 8×21 RC II

小型・軽量を徹底的に極めたデザイン性の高い双眼鏡。本体重量が190gと軽いので、長時間に及ぶことが多いライブやコンサートでも疲れにくく、パフォーマンスに集中して楽しめます。また、折りたたみ式を採用しているのも特徴。コンパクトでかさばらないので、バッグにも簡単に収納でき持ち運びも楽です。

倍率は8倍あるので、アリーナなどの広いコンサート会場でも対応可能。さらに、小型にも関わらず明るさが6.8あるので、屋内や夜間でのライブでも明るく鮮明な光景を楽しめます。眼幅合わせ・ピント合わせ・視度調整が簡単に操作できるので初心者でも扱いやすくおすすめ。価格も約4000円と安いのも魅力です。

ビクセン(Vixen) 双眼鏡 MZ7-20×21

ビクセン(Vixen) 双眼鏡 MZ7-20×21

倍率を自由に変えて楽しめる高性能なコンパクト双眼鏡です。倍率7倍から20倍までのズーム機能を搭載しているのが特徴。広角側でステージの広い範囲を見渡しつつ、望遠側で注目したい出演者に大きくフォーカスできます。付属の「ビノホルダー」を使えば三脚への取り付けも可能なので、高倍率でも手ブレの心配がありません。

本体重量は230gと軽く、サイズも幅約10cmとコンパクト。持ち運びが楽なのはもちろん、長時間のコンサートでも疲れにくく、双眼鏡の存在をあまり意識せずに楽しめます。

また、高画質なのもポイント。光学的に優れたポロプリズムの採用に加えて、レンズとプリズムに3層以上のマルチコートが施されているので、光の飛び交う演出の中でも逆光による視界劣化を気にせず鑑賞ができます。

双眼鏡のおすすめモデル|スポーツ観戦

オリンパス(OLYMPUS) 防水双眼鏡 8×25 WP II

オリンパス(OLYMPUS) 防水双眼鏡 8×25 WP II

防水機能を備えた本格派の双眼鏡です。水深1mの水中に5分間つけても耐えられる高い防水性能を持つのが特徴。アウトドアでの使用はもちろん、急な天候の変化で雨や風の影響が考えられる屋外アリーナでのスポーツ観戦にもおすすめです。

倍率は8倍と標準的ですが、高画質なのが特徴。フルマルチコーティングの採用に加えて、プリズム面に無用な位相差を抑える特殊コーティングが施されています。白熱するシーンも高いコントラストと精細な視野でくっきりと鑑賞が可能です。

本体重量は260gと軽く、ボディは折りたたみ機構を採用しているので、コンパクトに持ち運びができます。眼幅合わせ・ピント合わせ・視度調整も簡単に操作できるので、初心者でも気軽に双眼鏡でのスポーツ観戦が楽しめます。

ビクセン(Vixen) 双眼鏡 アリーナスポーツM8×25

ビクセン(Vixen) 双眼鏡 アリーナスポーツM8×25

スポーツ観戦で人気の双眼鏡です。特にナイトゲームに特化して設計されており、マルチコートのほかに新開発の「オーロラコート」が採用されているのが特徴。ナイター照明やLEDの出す光の波長を効果的に低減して、ゴーストやフレアを軽減できるので、野球やサッカーのナイトゲームをより鮮明な視界で楽しめます。

倍率は8倍。対物レンズの有効径は25mmで明るさも9.6あるので、明るい視界でプレイヤーの素早い動きにも対応ができます。本体重量が290gと軽いので、長時間のスポーツ観戦でも疲れにくいのが特徴。さらに、アイレリーフ16mmのハイアイポイント仕様なので、眼鏡をかけたままでも広い視界を見られます。

双眼鏡のおすすめモデル|旅行・アウトドア

ニコン(Nikon) ポロプリズム双眼鏡 トラベルライト EX 8×25 CF

ニコン(Nikon) ポロプリズム双眼鏡 トラベルライト EX 8x25 CF

小型・軽量で携帯に便利な旅行向け双眼鏡です。本体重量は355gと軽く、幅11.6cmでサイズもコンパクト。さらに、2mの水深に5分間浸かっても影響のない強力な防水性能を備えているので、水辺でのレジャーはもちろん、急な天候の悪化に遭いやすいキャンプやハイキングなどのアウトドアにもおすすめです。

明るさは9.6。また、接眼レンズへの非球面レンズの採用により、視野周辺まで歪みの少ないシャープで明るい見え味が得られます。ハイキング中におけるルートや目印の確認のほか、バードウォッチングにも活用が可能です。

倍率は8倍。眼鏡をかけたままでも見やすい15.5mmのロングアイレリーフが採用されているのもポイントです。

興和(Kowa) ポロプリズム双眼鏡 YF30-8

興和(Kowa) ポロプリズム双眼鏡 YF30-8

アウトドアやスポーツ観戦におすすめの軽量でハイコスパな防水双眼鏡です。本体内部に窒素ガスを充填した防水仕様のため、天候変化の影響を受けやすいシーンでも気にせず使えます。

対物レンズ口径が30mmと大口径にも関わらず、本体重量は475gと軽量。さらに、ボディにはラバーコートが採用されているので雨や水滴がかかっても滑りにくく、握りやすいグリップにより長時間の使用でも疲れにくいのが特徴です。

倍率は8倍。レンズとプリズムにはフルマルチコーティングのほか、防汚効果の高い「KRコーティング」が採用されているので、メンテナンスも簡単にできます。価格も約7000円とリーズナブルなのも魅力です。

双眼鏡のおすすめモデル|バードウォッチング

ニコン(Nikon) ダハプリズム双眼鏡 PROSTAFF 7S 8×30

ニコン(Nikon) ダハプリズム双眼鏡 PROSTAFF 7S 8x30

バードウォッチングに重宝する優れた機能性と耐久性を持つ本格派双眼鏡です。大口径30mmの対物レンズは、明るさ14.4と高いスペックを持つほか、フルマルチコーティングを採用。さらに、補助プリズムと位相差補正コーティングを施したダハプリズムにより、薄暗い森の中でも明るくシャープな視界で鳥を探せます。

本体重量は415gと軽いので、森を長時間歩くことの多い野鳥観察でも疲れにくいのが特徴。15.4mmのロングアイレリーフを採用しているので、眼鏡をかけたままでも快適に使用できます。

また、ボディにはラバーコートが施されているので、滑りにくく手に馴染みやすいのもポイントです。内部に窒素ガスを充填した防水・防曇構造なので、雨の中でも観察を継続して楽しめます。

興和(Kowa) ダハプリズム双眼鏡 BD32-8XD PROMINAR

興和(Kowa) ダハプリズム双眼鏡 BD32-8XD PROMINAR

自然観察で求められる最高レベルの光学性能と、軽くて丈夫なコンパクトボディを両立したハイクオリティな双眼鏡です。大口径32mmの対物レンズには、高性能モデルの証でもあるXDレンズを搭載。色滲みが徹底的に除去されているので、厳しい光線状況でも鳥や風景を自然のままの色合いで観察できます。

充実した逆光耐性も特徴です。フルマルチコーティングや位相差補正コーティングの搭載に加えて、プリズムの反射率を極限まで高める「C3コーティング」も採用。より明るくシャープな視界でバードウォッチングを楽しめます。

本体重量は560g。ボディ素材にアルミ合金製を採用しているため、小型・軽量なだけではなく堅牢性にも優れています。実視界7.5°のワイドタイプなので、広い視野で鳥を探すことが可能です。

双眼鏡のおすすめモデル|スターウォッチング

ビクセン(Vixen) 星座観察用双眼鏡 SG2.1×42

ビクセン(Vixen) 星座観察用双眼鏡 SG2.1×42

星座観察に特化して開発された超低倍率双眼鏡です。倍率は2.1倍と低いですが、対物レンズの有効径が42mmと大口径なのが特徴。肉眼で見るよりも星が明るく見えるので、郊外の暗い夜空はもちろんネオンの光が行き交う都会でも、光害の影響を抑えて高品質なスターウォッチングが楽しめます。

実視界12.2°のワイドタイプなのも特徴です。広い範囲を見渡せるため、星座の星の並びや星雲・星団などの天体を確かめながら観察するのにもおすすめ。また、通常の倍率6〜10倍モデルと比較して視界に開放感があるのも魅力です。

本体重量は410g。レンズ全面にフルマルチコーティングを採用しているので、シャープで明るい視界が得られます。

ビクセン(Vixen) 星見双眼鏡 SG6.5×32WP

ビクセン(Vixen) 星見双眼鏡 SG 6.5×32WP

スターウォッチングに適した倍率6.5倍の星見双眼鏡。星空を身近に観察できるほか、星空観察に特化した機能が充実しているのが特徴です。

色滲みを抑えるEDレンズの搭載に加えて、星の波長で透過率が最大となるようにレンズのコーティングを調整。シャープな星像と星々の微妙な色の違いを表現できるので、質の高いスターウォッチング体験が楽しめます。

本体重量は610g。星を見るときなど、双眼鏡を上向きにしたポジションでホールディングが最も高まるように重量バランスが調整されているので、長時間の星空観察でも疲れにくいのが特徴です。防水設計なので夜露や突然の雨に遭っても安心して使用できます。