コンサートやフェスへ行く際にあると便利な「双眼鏡」。そもそもステージに近い位置に座れるのが最善ですが、なかなかそうはいかないものです。双眼鏡があれば、ステージ上のアーティストの表情など細かい状況が把握できます。

そこで今回は、おすすめの双眼鏡をメーカー別にご紹介します。選び方についても解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

双眼鏡の選び方

倍率をチェック

双眼鏡は倍率が高ければ高くなるほど、遠くのモノがよく見えるようになります。ただし、あまりにも倍率が高すぎると景色が暗くなったり、見える範囲が狭くなったり、手ブレが大きくなって像が定まらなかったりするなど、使い心地が悪くなってしまうので注意が必要です。

ライブハウスなど、比較的小規模な会場なら6倍程度でも十分。ライブ会場のアリーナ席なら8倍程度、スタンド席なら10倍程度の双眼鏡を購入の目安としましょう。

明るさをチェック

基本的に双眼鏡などのレンズや鏡を使用して対象を拡大する製品は、倍率が高くなると映像が暗くなるのが特徴。双眼鏡は、対象物を捉える側の「対物レンズ」より光を集めており、どの程度の光を確保できるかを表すのが「集光率」です。

そして、対物レンズの口径が大きいほど集光率が上がり、多くの光を取り込めるので視野を明るく維持できます。双眼鏡パッケージに「10×30」などと記載がある場合は10倍×30mmの対物レンズを搭載した製品だということです。

また、目を当てる側の「接眼レンズ」には「ひとみ」と呼ばれる領域があり、双眼鏡のスペックではよく「ひとみ径」という表記で表されます。ひとみ径が大きいほど明るい視界を確保できるため、暗い場面が多いコンサートなどではひとみ径が大きい製品がおすすめです。

視界をチェック

By: amazon.co.jp

実視界

双眼鏡を静止したまま見える範囲を「実視界」と呼び、実視界が広ければ広範囲を観察できるようになります。ただし、倍率を上げることで実視界は狭くなるのが特徴。製品によって倍率も異なるため、実視界と倍率の両方をチェックする必要があります。

バードウォッチングなど、対象が素早く動くような場面では実視界が広い双眼鏡を使用しましょう。また、展望台や天体観測など、広範囲を探索したい場合にも実視界が広いほうが有利。

たとえば、双眼鏡を購入する際、パッケージなどに「双眼鏡に8×42 7.0°」と表示されている製品の実視界は7°です。

見掛け視界

実視界と倍率をかけたモノを「見掛け視界」と呼びます。見掛け視界が広ければ、双眼鏡を覗いたときに実際に観察できる範囲も広くなるのがポイント。また、見掛け視界は倍率の異なる双眼鏡間でもそのまま比較可能です。

倍率が同一の場合、見掛け視界の広い製品を使用することでより臨場感を味わえます。現在の基準では、見掛け視界60°以上を「広視界型双眼鏡」と呼び、視界の広さを重視する場合は事前にチェックしておくのがおすすめです。

レンズコーティングの種類をチェック

「コーティング」とは、双眼鏡の像を劣化させる原因である光の反射を抑えるためにレンズに施す加工のこと。コーティングを一層だけ施す単層コーティングと、多層に施すことでより強い反射防止効果が得られる多層膜コーティング(マルチコーティング)、そして全てのレンズとプリズムの表面に多層膜コーティングを施すフルマルチコーティングがあります。

より快適さを重視する方は、光の反射抑制効果が高い「多層膜コーティング」や「フルマルチコーティング」の施された双眼鏡を選ぶのがおすすめです。

メガネユーザーは「アイレリーフ」をチェック

By: amazon.co.jp

「アイレリーフ」とは、双眼鏡を覗き込んだときの肉眼の位置と目にもっとも近い「接眼レンズ」までの距離を示す数値。一般的には、この距離が長いほど覗きやすく、長時間の使用でも目が疲れにくくなるのが特徴です。

目安としては10mm以上で、それ以下になると十分な視野が確保できず、双眼鏡を覗き込んだ際に景色の周りにフチが見える「ケラレ」という現象が発生しやすくなります。

メガネをかけている方はアイレリーフの長いモデルがおすすめ。メガネをかけていても、双眼鏡が見やすく、長時間使用しても疲れにくいのがメリットです。メガネをかけている方はアイレリーフ15mm以上あると安心。なお、アイレリーフが長いモデルのことを「ハイアイポイント」といいます。

使用シーンに合わせて選ぶ

コンサート・ライブ

コンサート・ライブには300g以下で携帯性に優れた小型で軽量な双眼鏡がおすすめ。広いコンサート会場で使用する場合、倍率は8〜10倍程度のモノが扱いやすく、長時間の使用でも疲れにくいので最適です。

また、コンサートホールやオペラハウスなど暗めの会場では「明るさ」の数値が高い双眼鏡がおすすめ。野外コンサートなら雨や雪などの悪天候に備えて防水に対応した機種を選びましょう。

舞台・芸術美術鑑賞

舞台や芸術美術鑑賞で双眼鏡を使用する場合、対象が近距離になる場合が多くあります。使用する場面によって「最短合焦距離」をチェックしておくとスムーズです。

たとえば、「最短合焦距離1m」の製品は1m以上の距離で焦点を合わせられます。最短合焦距離が短ければ、通常の双眼鏡ではピントが合わないような近距離でも使用できるのがポイントです。

舞台・芸術美術鑑賞では仕切りポールやステージなど、じっくり見たくても物理的に近づけない距離があるため、小型の双眼鏡を持っておくと足りない距離を補えるので便利。8倍程度までの低倍率で、さっと取り出せるコンパクトな双眼鏡がおすすめです。

スポーツ観戦

スポーツ観戦には小型かつ軽量で持ち運びやすい双眼鏡がおすすめ。倍率としては、バスケットボールやバレーボールなど室内競技には6〜8倍の双眼鏡を、サッカーやラグビーなど広い野外の会場でおこなわれる屋外競技には8〜10倍のモノを選びましょう。

動きの激しいスポーツには、ワイドタイプの双眼鏡が見やすく便利。また、倍率を変えられるズームタイプなら、試合のシーンに合わせて倍率を変更できるので注視したいところを大迫力で楽しめます。

バードウォッチング・アウトドア

バードウォッチングには、広い範囲を一度に見られるワイドタイプ(見掛け視界の数値が大きい製品)がおすすめ。山林で野鳥を見つけやすく、素早い動きも追いやすいので重宝します。

倍率としては8〜10倍程度だと、手持ちでも像がブレにくく観察がしやすいのでおすすめ。また、ボディに防水加工やラバーコートの施された双眼鏡なら、急な天候の変化に遭っても故障を気にせず観察を続けられます。

キャンプやハイキングで使用する場合は、悪天候に備えて防水タイプの双眼鏡がおすすめ。また、ラバーコートがボディに施された機種なら、滑りにくく手に馴染みやすく、衝撃も軽減できるのでハードに使っても壊れにくいのが特徴です。

天体観測

天体観測には対物レンズの口径が40mm以上で、ひとみ径の数値が大きな双眼鏡がおすすめ。集光力に優れているので、淡い星の光でもしっかりと捉えられます。また、マルチコーティングの施された機種なら、より優れた光学性能で星を明るくシャープに観察できるのがポイントです。

夜露や突然の雨に備えて、防水タイプの双眼鏡を選ぶのがおすすめ。また、天体観測では周囲が暗く手ブレが発生しやすいので、手ブレ補正機能を搭載した機種か、三脚に取り付けられる機種を選びましょう。

双眼鏡のおすすめメーカー

ビクセン(Vixen)

By: amazon.co.jp

ビクセンは天体望遠鏡で有名な光学機器メーカーです。1949年に写真用品の問屋業から始まり、天体望遠鏡の市場を切り開き、その後は双眼鏡やフィールドスコープにも事業を広げていきました。ビクセンの双眼鏡には、極めて高い光学性能を要求する天体望遠鏡の技術が採用されているため品質が高く、それでいてリーズナブルな機種が多いのも特徴です。

ラインナップが豊富なのもビクセンの特徴。コンサート向けで1万円前後の安い「アリーナ」から、性能にこだわった最上級モデルの「アルテス」まで多くの選択肢があります。また、天体望遠鏡のメーカーということもあり、スターウォッチングに特化した星見双眼鏡の「SG」が用意されているのもポイントです。

ニコン(Nikon)

By: amazon.co.jp

ニコンは日本を代表する光学機器メーカーです。最近は主に、デジタル一眼レフカメラやフルサイズミラーレスカメラで耳にすることが多いですが、1917年の創業時に初めて手掛けたのは双眼鏡でした。1世紀を超える研究で培われた、高度な技術と優れた信頼性を持っているので、世界的にも高い評価を受けています。

ニコンの双眼鏡は、高性能なプロフェッショナルモデルからカジュアルなコンパクトモデルまで、ラインナップが充実しているのも魅力。特に、「スポーツスター」や「トラベルライト」はコンパクトなのでコンサートや旅行にもおすすめです。また、「モナーク」や「プロスタッフ」など、高性能・高耐久でハードな用途にも使える機種も数多く用意されています。

オリンパス(OLYMPUS)

By: amazon.co.jp

オリンパスは1919年創業の世界的な精密機器メーカーです。一般的には、ミラーレスカメラの「PEN」や「OM-D」で有名ですが、事業基盤としては診断や治療に使われる医療器具が大部分を占め、同社の内視鏡は世界で70%以上のシェアを誇ります。双眼鏡にもその高度な光学技術が応用されているため、総じて高性能なのが魅力。また、アウトドアでも活躍する防水性能を備えた機種が多いのも特徴です。

オリンパスの双眼鏡はラインナップが整理されており、選びやすいのが特徴。「コンパクト」「スタンダード」「プロ」のランク順に性能が上がります。また、コンサート向けの「RC」、スポーツ観察向けの「WP」、旅行向けの「DP」、バードウォッチング向けの「EX」や「PRO」というように、用途ごとに分かれているのも親切です。

双眼鏡のおすすめモデル|コンサート・ライブ

ビクセン(Vixen) コンパクトズームシリーズ MZ7-20×21 1305-04

ビクセン(Vixen) コンパクトズームシリーズ MZ7-20×21 1305-04

倍率を7~20倍まで自由に変えられる双眼鏡。小さめの会場から広いホールやスタジアムでのコンサートやライブでの使用にも適したモデルです。倍率はワンタッチで変えられるので、シチュエーションに応じて簡単に操作できます。

レンズには3層以上の多層膜コーティングが施され、高いコントラストで明るく鮮明に見えるのも特徴。また、重量は230gでサイズが縦9.7×横幅10.5×厚さ4.4cmと軽量でコンパクトなため、カバンに入れて便利に持ち歩けます。

さまざまなシーンで活用できる、便利で高性能な双眼鏡を探している方におすすめのアイテムです。

ニコン(Nikon) アキュロンT01 10×21

ニコン(Nikon) アキュロンT01 10x21

195gと軽量でピントリングが大きくて操作がしやすい双眼鏡。栄養ドリンク1本分程度の重さで縦8.7×横幅10.4cmとコンパクトです。そのため、コンサートなどで長時間使用しても手や腕への負担を軽減します。

また、接眼目当ての部分を回転させて引き出せる「ターンスライド式」を採用。裸眼でもメガネをかけていても覗きやすい仕様です。倍率は10倍で広い会場でも十分。対物レンズ有効経は21mmで集光率も高く、多層膜コーティングの採用により、明るくて鮮明な視界も確保します。

色鮮やかな照明のなかでも反射を抑え、クリアな視界でコンサートやライブを楽しみたい方におすすめのアイテムです。

オリンパス(OLYMPUS) ダハプリズム双眼鏡 8×21 RCII

オリンパス(OLYMPUS) ダハプリズム双眼鏡 8x21 RCII

コンパクトに折り畳みが可能で携帯しやすい双眼鏡。重量は190g、軽量なためコンサートやライブで長時間使用しても疲れにくいのも特徴。また、倍率は8倍で対物レンズ有効経は21mmなので、広くて薄暗い会場でも見やすい設計です。

さらに、視度調整リングも備わっているので、左右で視力が違う方でも調節が可能。眼幅やピント合わせも簡単で初めて使用する場合でも扱いやすいのも魅力です。

デザインもシンプルでスタイリッシュ。カラーはパールホワイトやマゼンダなど豊富な種類から選べます。使い勝手がよく、おしゃれな双眼鏡を探している方におすすめのアイテムです。

双眼鏡のおすすめモデル|舞台・芸術美術鑑賞

ニコン(Nikon) 遊 4X10D CF ダハプリズム式

ニコン(Nikon) 遊 4X10D CF ダハプリズム式

厚さ19mmで重量65gと、非常にコンパクトで軽量な双眼鏡。カバンやバッグからスムーズに取り出せて、周囲に邪魔にならずに使用できるため、舞台演劇や芸術美術鑑賞におすすめのモデルです。

レンズとプリズムには多層膜コーティングが施されているので、視界も明るくて鮮やか。そして、最短合焦距離は1.2mと、近い距離でもピントが合わせやすくて便利です。

また、洗練された高級感のあるデザインも魅力。舞台・芸術・美術鑑賞の優雅なひとときをおしゃれに楽しみたい方におすすめのアイテムです。

ニコン(Nikon) アキュロンT11 8-24×25

ニコン(Nikon) アキュロンT11 8-24x25

8~24倍まで倍率を変えられる双眼鏡。比較的近距離から広い劇場やホールでの舞台観劇やコンサートなどを楽しむのに適したモデルです。本体の上部にズームレバーが配置され、観劇しながらスムーズに倍率が変えられます。

対物レンズ有効経は25mmで、明るさが8倍時のズームで9.6のため、照明が暗めの演劇などでも明るい視野を維持できます。また、アイレリーフも8倍ズーム時で13mmと、十分な視野が確保でき目が疲れにくいのもおすすめのポイントです。

エッシェンバッハ(Eschenbach) オペラグラス カルメン 4452

エッシェンバッハ(Eschenbach) オペラグラス カルメン 4452

高級感のあるデザインで、舞台観劇や芸術美術鑑賞を美しく演出するオペラグラス。本体の表面は18金メッキが施され、ミュージカルやオペラなど華やかな場所で使用するのにピッタリです。

見た目だけではなく、高品質「アクロマートレンズ」を採用しているため、色収差やズレも補正します。倍率も3倍の低倍率で、近距離でもほどよい視野での快適な観劇が楽しめるアイテムです。

コンパクトで、重量が154gと軽量なので劇場などに持ち込みやすいのも魅力。おしゃれなデザインで、使い勝手のよい双眼鏡を探している方におすすめです。

双眼鏡のおすすめモデル|スポーツ観戦

ビクセン(Vixen) アリーナスポーツM8×25 13542-4

ビクセン(Vixen) アリーナスポーツM8×25 13542-4

倍率8倍で対物レンズ有効経は25mmのスポーツ観戦に適した性能を備えた双眼鏡。視界は明るく、スピーディな動きにも対応できます。レンズとプリズムには3層以上の多層膜コーティングが施され、高コントラストでの観戦が可能。

また、アイレリーフが16mmの「ハイアイポイント設計」のため、長時間の使用でも目が疲れにくいのも特徴です。メガネをかけていても広い視野を確保します。

さらに、新開発された「オーロラコート」を採用。効果的にナイターの照明やLEDの光の波長を低減し、レンズに光が反射したり錯乱光を起こしたりするのを軽減します。ナイターでも選手の姿やパフォーマンスを鮮明に楽しみたい方におすすめのアイテムです。

パーソナルアルファ(personal-α) 双眼鏡 10倍10×22 6.5°

パーソナルアルファ(personal-α) 双眼鏡 10倍10×22 6.5°

重量137gと軽量で長時間使用しても疲れやストレスを感じにくい双眼鏡。眼幅の調節ができ、接眼レンズの間にあるリングで簡単にピント調節もできます。

倍率は10倍で実視界は6.5°のため、視界も広く臨場感が味わえるのもポイント。広いフィールドでのスポーツ観戦もクリアな視界で見ごたえ十分に楽しめます。

高性能なのに価格が安いのも魅力。スポーツ観戦用に、手軽でコストパフォーマンスの高い双眼鏡を探している方におすすめのアイテムです。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) New SG 8×25 DH WP

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) New SG 8×25 DH WP

防水タイプで雨天時のスポーツ観戦にも使用できる双眼鏡。水が鏡筒内に侵入しにくい構造で、JIS保護等級6相当の防水設計です。さらに、内部に窒素ガスが充填されているので、レンズが曇るのを防ぎます。また、本体はラバーで覆われているため、手にフィットしやすく、衝撃にも強いモデルです。

プリズムには屈折力が高い「BaK4硝材」を採用。明るさも十分で、視界もクリアにスポーツ観戦ができます。雨の日でもスポーツ観戦が楽しめるおすすめのアイテムです。

双眼鏡のおすすめモデル|バードウォッチング・アウトドア

ニコン(Nikon) アキュロン W10 10×21

ニコン(Nikon) アキュロン W10 10x21

重量215gでサイズは縦8.7×横幅11×厚さ3.4cmと、軽量コンパクトでアウトドアへの持ち運びが便利な双眼鏡。防水と防曇構造のため、雨の日や水辺での使用でも安心です。

迷彩柄で目立ちにくいデザインなので、バードウォッチングなど、野生動物の観察にも適しています。また、倍率が10倍で高倍率なので、遠距離の対象を観察するのに向いているモデルです。多層膜コーティングも施されていて、視野の明るさも確保します。

本体には滑りにくい「ラバーコートグリップ」が採用され、ピントリングも大きくて操作がしやすいのも特徴。アウトドア初心者や、扱いやすい双眼鏡を探している方におすすめのアイテムです。

オリンパス(OLYMPUS) 8X40 DPS I

オリンパス(OLYMPUS) 8X40 DPS I

バードウォッチングやアウトドアにおすすめの双眼鏡。倍率は8倍で対物レンズ有効経が40mmと、明るいうえにブレが少なく広い視野で観察ができます。実視界8.2°で見かけ視界は65.6°なので、広範囲の観察も可能です。

サイズは縦13.9×横幅18.2×厚さ5.8cmとしっかりとした大きさ。さらに重量は710gで適度な重さがあり安定感もあります。また、落ち着きと高級感のある洗練されたデザインも魅力です。光沢のないボディは、光の反射を抑えるので野生動物の観察に適しています。

接眼レンズ系にはUVカットの効果がある素材が採用されているため、目に優しく、長時間使用しても疲れにくいのも特徴。じっくりと腰を据えてバードウォッチングを楽しみたい方におすすめのアイテムです。

双眼鏡のおすすめモデル|天体観測

ビクセン(Vixen) 星見双眼鏡 SG6.5×32WP 19173-4

ビクセン(Vixen) 星見双眼鏡 SG6.5×32WP 19173-4

星空観望を目的に作られた双眼鏡。実視界は9°で、見掛け視界が54.2°と、広範囲を観測できます。ひとみ経も4.9mmで明るさが24なので、夜間でも星の光をしっかりと捉える天体観測に適したモデルです。

また、対物レンズは「EDレンズ」を採用。色のにじみを少なくし、色再現性も高いため、色の偏りがなく明るい鮮明な星の観測が楽しめます。手のひらにフィットし、滑らかなデザインなのもポイント。上向きの観測でも安定感があり、手ブレを軽減します。

三脚の取り付けもできるので、長時間の観測も可能。じっくりと本格的な天体観測ができる双眼鏡を求めている方におすすめです。

笠井トレーディング(KASAI) 星空観賞用双眼鏡 WideBino28

笠井トレーディング(KASAI) 星空観賞用双眼鏡 WideBino28

実視界が28°と、広範囲な視界で観測が可能な星空観賞に人気の双眼鏡。倍率は2.3倍と低く、対物レンズ有効経は40mmと広くて集光率が高いため、星空を見渡しやすく光が弱めの星まで明るく見えます。

「ガリレオ式オペラグラス」というタイプで、おしゃれなデザインも魅力。サイズもコンパクトで持ち運びに便利。重量も255gと軽量なので長時間使用しても手や腕への負担を軽減します。

また、アイカップ部分にはラバーリングを設置。寒い時期の使用でもひんやりしにくいのがポイントです。使い勝手がよくハイスペックなアイテムを探している方におすすめです。

オリンパス(OLYMPUS) 10×42 EXWPI

オリンパス(OLYMPUS) 10×42 EXWPI

倍率が10倍と高倍率で、対物レンズ有効経が42mmのため明るい視界での天体観測ができる双眼鏡。本体の内部には窒素ガスが封入された防水構造で、雨の日の使用も可能です。また、レンズの曇りにも強いため、季節や天候を気にせず天体観測が楽しめます。

さらに、レンズは「UVカットレンズ」を採用し、ボディは光沢を抑えた材質です。そのため、明るい時間でのアウトドアやハードウォッチングなどさまざまな用途での使用にも適しています。

アイレリーフも14mmなので、長時間の使用でも目が疲れにくく、メガネをかけていても快適。天体観測をはじめ、さまざまなシーンで快適に使える双眼鏡を探している方におすすめのアイテムです。