手ブレを自動で補正できる機能を備えた双眼鏡が「防振双眼鏡」です。手ブレによって視界がぶれるのを軽減できるため、高倍率を使用する場合でも安定した覗きやすい視界で観察や鑑賞を快適に楽しめます。

しかし、各メーカーからさまざまな防振双眼鏡が発売されているため、どれを選ぶべきか迷ってしまうのではないでしょうか。そこで今回は、防振双眼鏡の選び方を踏まえたうえで、用途別におすすめのモデルをご紹介します。

防振双眼鏡とは?

By: amazon.co.jp

防振双眼鏡とは、内部の構造に手ブレ防止機構を搭載した双眼鏡のことです。双眼鏡を使った観察では通常、手首や体の微細な揺れが双眼鏡に伝わることで視界がぶれて見えてしまうのが難点。高倍率のモノほど手ブレの影響は顕著に出るので、視界に遠くの対象物を捉え続けるのはより困難になります。

手ブレ補正機構を備えた防振双眼鏡は、対物レンズへ像を正確に導く役割を持つプリズムが受ける揺れを相殺し、常に安定した状態に保てるのが特徴。手持ちで高倍率を使っても視界がぶれにくいため、遠くでパフォーマンスするミュージシャンや、森に潜む小さな野鳥などをじっくりと鑑賞・観察したい方におすすめです。

防振双眼鏡の選び方

用途に合ったモノを選ぶ

By: nikon-image.com

防振双眼鏡は用途に合ったモノを選びましょう。各メーカーからさまざまな防振双眼鏡が発売されていますが、コンサート用のモノとアウトドア用のモノとでは必要な機能や特徴が異なります。

例えば、アウトドア用の防振双眼鏡は薄暗い森に潜む野鳥を観察しやすいように大口径の対物レンズを搭載しており、本体がやや重めに設計されているのが特徴。しかし、コンサートは2時間を超えるプログラムが多いため、アウトドア用のモノを使うと次第に腕が疲れてライブを楽しむ体力的な余裕がなくなります。

防振双眼鏡を選ぶ際は事前に用途をはっきりさせておくのがおすすめです。また、防振双眼鏡は高価なモノなので、後悔しないためにも機能や特徴をしっかりと吟味しましょう。

コンサート・舞台鑑賞用双眼鏡の選び方

防振スイッチをロックできるものがおすすめ

By: rakuten.co.jp

コンサートや舞台の鑑賞に使用する防振双眼鏡を選ぶ際は、防振スイッチにロックをかけられるモノがおすすめです。防振スイッチを押し続けないと手ブレ補正機能が有効にならないモノだと、時間が経つごとに指が疲れて集中力が削がれてしまいます。

防振スイッチの固定に対応した防振双眼鏡なら、一度スイッチをスライドしたり押し込んだりするだけでロックできるのが特徴。解除するまで手ブレ補正機能が有効になるので、快適にライブ鑑賞が可能です。

また、一定時間が経つと自動的に電源が切れる「オートパワーオフ機能」があるとより便利。公演に集中するあまり防振スイッチを戻し忘れても無駄なバッテリーの消耗を防げるため、長時間のコンサートでも安心して使用できます。

会場の規模に合った倍率をチェック

By: fujifilm.com

倍率とは、肉眼で見たときとの見え方の違いを割合で示したもので、「対象物までの距離÷倍率」で見え方のイメージが可能。例えば、倍率10倍の防振双眼鏡で100m離れた対象物を見た場合、肉眼で10mの距離から見るのとほぼ同じ見え方になります。

倍率が高いモノほど遠くの対象物をより拡大して観察できますが、視界が狭くなって出演者の動きを追い続けるのに苦労するのが難点。快適にライブを楽しむためには、コンサート会場の規模に合った倍率を持つ防振双眼鏡を選びましょう。

ドームのアリーナ席から鑑賞する場合は、8倍程度の防振双眼鏡でも十分。ただし、同じドームでも2階席や競技場のバルコニー席などで鑑賞する場合は、10倍以上の倍率を備えたモノがおすすめです。

長時間の使用なら重さも重要

By: amazon.co.jp

コンサートや舞台の鑑賞で使用する場合は、防振双眼鏡の重量も重要なポイントです。手ブレ補正機構を搭載しており駆動に電池が必要な分、防振双眼鏡は通常の双眼鏡よりも重いのが難点。なかには1kgを超えるモノもありますが、重い双眼鏡では公演が長時間に及んだ際に疲労が腕に溜まり、集中力を保ち続けるのが次第に難しくなります。

コンサートや舞台を快適に鑑賞するには、高性能で重いモノよりも、シンプルで軽い防振双眼鏡の方が有利。特に、2時間を超える長丁場の公演になる場合は、電池を除いた本体の重量が500g以下に収まるモノがおすすめです。片手でも簡単に持ち続けられるので、快適にライブを楽しめます。

アウトドア用防振双眼鏡の選び方

視界の広さをチェック

By: amazon.co.jp

アウトドアシーンで使用する防振双眼鏡を選ぶ際は、視界の広いモノを選びましょう。双眼鏡を覗いたときの視界が広いモノほど、野外で目的の対象物を探しやすくなるのが特徴。野鳥や野生動物を観察する場合にも重宝します。

視界の広さはスペック表の「実視界」という項目で確認が可能です。実視界とは、双眼鏡を動かさずに覗いたときに見える範囲のこと。倍率が高いモノほど実視界は小さくなり、1000m先で見える視野も狭くなります。

アウトドアでは実視界の広さは特に重要。バードウォッチングや動物観察に使用する場合は、なるべく5°以上の実視界を持つ広視界タイプの防振双眼鏡を選ぶのがおすすめです。

防水性をチェック

By: amazon.co.jp

アウトドア用途では、防振双眼鏡の防水性能も重要なポイントです。野外では急な雨に降られることがあるほか、川辺や海辺などの水気の多い場所で使う場合も多々あります。防水機能を備えたモノであれば、雨や飛沫を気にせずに双眼鏡の使用が可能。本格的なバードウォッチングも存分に満喫できます。

防水性能の高さについては、防振双眼鏡のスペック表に記載されているIPから始まる保護等級の表示で確認が可能。単に「防水」と記載されているモノよりも、防水性能の程度を具体的に把握できます。

強い雨が降る地域やマリンスポーツで使用する場合は、完全防水であることを示す「IPX7」以上の防水性能を備えた防振双眼鏡がおすすめです。

明るさをチェック

By: kenko-tokina.co.jp

用途やシーンに適した明るさがあるかも防振双眼鏡選びでは外せないポイントです。双眼鏡の明るさ(光明度)は、スペック表にある「ひとみ径」を2乗することで具体的な数値として算出が可能。同じ倍率でもひとみ径が大きいほど光明度も大きくなり、より明るい視界で観察や鑑賞が楽しめます。

日中に開催される野外コンサートや、晴天下で行程を進めるハイキングなどでは、明るさが4〜9もあれば十分。ただし、薄暗い森のなかに潜む野鳥や動物を観察したり、夜空の天体や星座を観測したりする場合は、明るさが9以上ある防振双眼鏡がおすすめです。明るさは見え方の快適さに直結するのでしっかりと確認しましょう。

使用する電池の種類をチェック

By: amazon.co.jp

使用する電池の種類も防振双眼鏡を快適に使い続けるうえで重要です。防振双眼鏡の駆動に使われる電池は、リチウム電池CR2・単3乾電池・単4乾電池の主に3種類。それぞれで価格や入手のしやすさが異なります。

リチウム電池CR2は、トイカメラやインスタントカメラなどにも使われるモノ。乾電池と比べてやや高価で、入手できる場所も家電量販店やホームセンターと限られているため、特にアウトドアシーンでは電池の確保が難しくなります。

手軽さや利便性を重視するなら、単3形や単4形の乾電池を使用する防振双眼鏡を選ぶのがおすすめ。電池の価格が安く入手しやすいので、場所に限らず手ブレ補正機能を積極的に活用した観察や鑑賞が楽しめます。

眼鏡をかけている方はアイレリーフをチェック

By: amazon.co.jp

アイレリーフとは、瞳ができる眼の位置から接眼レンズまでの距離のことです。眼鏡を掛けることで接眼レンズまでの距離が離れても、アイレリーフが長ければ、周囲が影で隠れることなく視界全体を見渡せるのが特徴。防振双眼鏡を眼鏡と同時に併用する場合でも快適で見やすい視界が得られます。

眼鏡を掛けたまま防振双眼鏡を使用する場合は、最低でもアイレリーフが10mm以上のモノがおすすめです。10mm未満だと十分な視界を確保できず、視界の周辺部に影が発生しやすくなります。より快適さを重視するなら、アイレリーフ15mm以上のハイアイポイント設計を採用した防振双眼鏡を選びましょう。

防振双眼鏡のおすすめ|コンサート・舞台鑑賞

ビクセン(Vixen) 双眼鏡 ATERA II H10×21

軽快にライブ鑑賞が楽しめる人気の防振双眼鏡です。10倍の倍率と4.4の明るさを備えながら、重量358gと軽いのが特徴。片手でも簡単に操作しやすく、長時間の使用でも手が疲れにくいため、手軽に使える防振双眼鏡を探している方におすすめです。

上下左右の防振補正角±3°という強力な手ブレ補正効果を持つ、2軸ジンバル制御防振機構を内蔵しているのもポイント。また、小刻みの微小な揺れを抑えるモードと、ゆっくりとした大きな揺れを吸収するモードからなる2種類の防振モードも備えています。

ファッションとも合わせやすい、シンプルでおしゃれなデザインも魅力。見口はシリコンゴム素材を採用しており、皮脂や化粧で汚れても取り外して水洗いが可能です。また、電源には会場周辺でも入手しやすい単4乾電池を2本使用しています。

ビクセン(Vixen) 双眼鏡 ATERA II H12×30

明るさの乏しい会場でも快適に鑑賞できる防振双眼鏡です。口径30mmとやや大きめの対物レンズを搭載。光明度6.3と明るく、照明があれば薄暗い会場でも十分な明るさが得られるので、夕方以降に行われるコンサートや舞台鑑賞などにおすすめです。

12倍の高倍率に対応しながら、重量422gと軽量コンパクトなのもポイント。片手でも手軽に扱えるため、バルコニー席から長時間のライブ鑑賞をする場合でも重宝します。また、電池持ちもよく、単4電池2本で最長約12時間の連続駆動が可能です。

アイレリーフ17.5mmのハイアイポイント設計が採用されているので、眼鏡を掛けたままでも使いやすいのも魅力。レンズ全面に3種類の特殊コートが施されており、照明が複雑に飛び交うライブ会場でもクリアで見やすい視界が得られます。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) 薄型防振双眼鏡 VCスマートコンパクト 8×21

コンパクトで扱いやすい、コンサート・舞台鑑賞向けの防振双眼鏡です。全長13.5cm、重さ398gとコンパクトかつ軽量。本体底面がフラットで、わずかな力でも握りやすく持ち運びやすいように設計されているため、手の小さな方にもおすすめです。

小型ながら、防振角±3°と2軸ジンバル光学式の手ブレ補正機構を搭載しているのもポイント。また、倍率は8倍、明るさは6.8で、市民ホールやアリーナなどで開催されるライブや演劇などを快適に鑑賞するのに十分な基本性能を備えています。

電源は単3乾電池1本を使用し、連続約10時間使えるのも魅力。また、パイロットランプを隠す「遮光スライドシャッター」を搭載しており、手ブレ補正機能を使用中でもビデオ撮影と疑われることなく鑑賞を楽しめます。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) 薄型防振双眼鏡 VCスマートコンパクト 12×21

高倍率での鑑賞が軽快に楽しめる防振双眼鏡です。ドームのバルコニー席などで重宝する倍率12倍に対応しながら、重さ405gと軽いのが特徴。フラット設計によって手の小さな方でも手軽に扱えるので、取り回しや携帯性を重視する方におすすめです。

全てのレンズとプリズムにクリアな視界を実現するマルチコートが施されているのもポイント。加えて、接眼レンズに撥水・撥油コートを採用しているため、汗や化粧が付着しても簡単に拭き取れます。光明度は3.2と控えめです。

入手しやすい単3乾電池を電源に使用できるのも魅力。また、防振機能のONで点灯するパイロットランプを隠す「遮光スライドシャッター」も備えています。

サイトロン(SIGHTRON) 防振双眼鏡 SIIBL 1021 STABILIZER

遠くからでも広範囲を見渡せる、倍率10倍の防振双眼鏡です。実視界が4.8°と広く、1000m先でも幅83.8mの範囲を視界に収められるのが特徴。ステージを広く使用する野外ライブやミュージカルなどの観劇にもおすすめです。

ブレの種類に応じた補正が可能な2軸ジンバル式の光学手ブレ補正機構を搭載しているのもポイント。手首の小刻みな振動はもちろん、船で波に揺られたときに受けるような大きな揺れも補正できるので、船上コンサートの鑑賞にも重宝します。

明るさは4.4で、レンズ全面に施されたマルチコートによってクリアで鮮明な視界が得られるのも魅力。本体の外装には滑りにくく手に馴染むエラストマー樹脂が採用されており、手に汗握るライブでも安定してホールドが可能です。

サイトロン(SIGHTRON) 防振双眼鏡 SIIBL 1221 STABILIZER

コスパに優れた、倍率12倍の防振双眼鏡です。バルコニー席でも役立つ高倍率に対応しながら、リーズナブルな価格で購入可能。また、重さ426g、全長13.06cmと軽量コンパクトなので、安くて手軽な防振双眼鏡を探している方におすすめです。

手に入りやすい単3乾電池を電源に使用しており、1本で手ブレ補正機能を約12時間も連続駆動できるのもポイント。また、実視界が4.8°と広く、激しい動きのパフォーマンスを観る場合でも動きを追いやすいのも魅力です。

ニコン(Nikon) 手ブレ補正機能つきコンパクト双眼鏡 10×25 STABILIZED

最前列の視界を手軽に実感できる、倍率10倍の高性能な防振双眼鏡です。重量は約410gと軽く、長時間持ち続けても腕が疲れにくいのが特徴。また、折りたたみ機構の採用によって本体を小さく収納できるため、持ち運びも快適にこなせます。

コンパクト双眼鏡と同等のサイズに強力な手ブレ補正機能を搭載しているのもポイント。また、ワンプッシュで手ブレ補正機能もまとめて起動できる電源ボタンを採用しており、約10分間のオートパワーオフ機能も同時に使用できます。扱いが簡単なので、防振双眼鏡を初めて使う方におすすめです。

上質なマット加工を施したスタイリッシュなデザインも魅力。大きなピントリングが搭載されており、片手でも素早いピント操作が可能です。加えて、光明度が6.3と明るく、実視界も5.6°と広いため、多彩なシーンでの観劇や鑑賞に活躍します。

富士フイルム(FUJIFILM) 防振双眼鏡 テクノスタビ TS 12×28 TS12X28

安定した視界で高倍率での鑑賞が楽しめる高性能な防振双眼鏡です。12倍の高倍率でも防振角±3°を発揮できる「電子ジャイロ防振システム」を採用。ペンライトやうちわを振る揺れも抑えられるので、片手持ちで応援グッズと併用する場合にも重宝します。

口径28mmとやや大きめの対物レンズを搭載しているのもポイント。また、5.4の明るさと4.2°の広い実視界を実現しながら、重量485gと軽めに設計されています。

アイレリーフ16.5mmのハイアイポイント設計を採用しているのも魅力。眼鏡を掛けた状態でも視界の周囲が影になりにくいため、眼鏡と併用したい方にもおすすめです。電源はリチウム電池CR2で、手ブレ補正は約12時間連続駆動できます。

シリウス(Sirius) 防振双眼鏡 シリウス12

防水加工を施した倍率12倍の防振双眼鏡です。重さ438g、全長13.1cmの軽量コンパクトボディにIPX7の完全防水性能を搭載。急な強い雨やステージからの水撒きで濡れても気にせず使えるので、夏場に野外で開催される音楽フェスにもおすすめです。

手ブレを精密に感知する6軸ジャイロセンサーを内蔵しており、鑑賞中でも高い手ブレ補正効果を発揮できるのもポイント。単3乾電池1本で最長12時間の連続駆動が可能で、30分間で電源が自動で切れるオートオフ機能も備えています。

日本製の精悍なデザインのボディはグリップ力に優れ、滑りにくいのも魅力。接眼レンズと対物レンズの両方に撥水・撥油コートが施されているほか、本体の底面には三脚が取り付けられるネジ穴も搭載されています。

防振双眼鏡のおすすめ|アウトドア

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) VC スマート 14×30

アウトドアでも軽快に使える倍率14倍の防振双眼鏡です。大口径30mmの対物レンズを搭載。明るさ4.4と実視界4.4°に対応しながら、重さ515gと軽いのが特徴です。持ち運びやすく、価格も手頃なので、バードウォッチングの入門用として適しています。

全長14.7×厚さ5.1cmとコンパクトなのもポイント。手に馴染むラバー外装が採用されているほか、底面はフラット形状なので手の小さな方でも快適なホールド感で使用可能です。また、観察に集中できるスライド式の防振スイッチも搭載しています。

見口を回転させることでアイレリーフを14mmまで調節できるため、眼鏡と併用しやすいのも魅力。また、1本のリチウム電池CR2で連続約12時間の使用ができます。10分間のオートオフ機能で観察時以外の無駄な電池消耗を防げるのもポイントです。

キヤノン(Canon) 双眼鏡 BINOCULARS 10×42 L IS WP

ワンランク上の見え味と高い防水性能を備えたハイクラスの防振双眼鏡です。IPX7等級の完全防水に対応しており、汚れても水洗いが可能。倍率10倍でも6.5°の広い実視界が得られるので、野鳥観察におすすめです。

周辺部まで歪まず鮮明な視界を届ける「ダブレットフィールドフラットナーレンズ」を採用しているのもポイント。木が乱立する場所でも肉眼に近い見え方が得られます。また、反射光の影響を抑える「スーパースペクトラコーティング」も搭載。逆光のシーンでもクリアな視界で観察が楽しめます。

色のにじみやずれを低減する「UDレンズ」が接眼レンズと対物レンズの両方に搭載されているのも魅力。さらに、アイレリーフ16mmのハイアイポイント設計を採用しているため、眼鏡を掛けた方でも快適に使用可能です。

キヤノン(Canon) 双眼鏡 BINOCULARS 18×50 IS AW

フィールドを選ばず使用できる、全天候対応型の防振双眼鏡です。大口径50mmの対物レンズを搭載しており、18倍の高倍率でも7.84の明るさを確保可能。加えて、優れた防水性能も備えているため、キャンプや野鳥観察などのアウトドア用途におすすめです。

光学系に「ダブレットフィールドフラットナーレンズ」や「スーパースペクトラコーティング」が採用しているのもポイント。加えて、対物レンズに「UDレンズ」も搭載しているので、高画質な視界で観察が楽しめます。

外装には安定して握れるラバーコートが施されているうえ、観察に集中できるロック機構付きの防振スイッチを搭載しているのも魅力。重さは約1180gで、電源には単3乾電池を2本使用します。

サイトロン(SIGHTRON) 防振双眼鏡 SIIBL 1242 STABILIZER

軽量コンパクトで使いやすい、アウトドア向けの防振双眼鏡です。IPX7の完全防水に対応しており、急な雨や夜露に濡れるようなシーンでも使用可能。倍率12倍で明るさ12.3を確保できるので、薄暗い森に潜む野鳥の観察におすすめです。

防振角±2°の2軸ジンバル式光学手ブレ補正機構を搭載しているのもポイント。車の走行中に発生する細かな振動はもちろん、船上で受けるような大きな揺れの両方を補正可能です。多彩な野外アクティビティで活躍します。

大口径42mmの対物レンズを内蔵しながら、重量がわずか600gと軽いのも魅力。また、アイレリーフ17mmのハイアイポイント設計を採用しているので、眼鏡とも快適に併用できます。電源には単3乾電池を使用し、1本で約30時間の連続駆動が可能です。

サイトロン(SIGHTRON) 防振双眼鏡 SIIBL 1642 STABILIZER

優れた防水性能と高倍率を兼ね備えた防振双眼鏡です。大口径42mmの対物レンズを搭載しており、16倍の高倍率で6.86の明るさが得られるのが特徴。高性能ながら本体は重さ610gと軽量なので、バードウォッチングを軽快に楽しみたい方におすすめです。

IPX7の完全防水に対応しており、アウトドアシーンでも積極的に使用できるのもポイント。また、アイレリーフ14mmの対物レンズには、防油コートが施されているため、脂汚れが付着しにくく、付いても簡単に拭き取れます。

場所を問わず手に入りやすい単3乾電池を電源に使用できるのも魅力。高性能な2軸ジンバル式光学手ブレ補正機構の採用により、細かな振動と大きな揺れの両方に対応できます。

富士フイルム(FUJIFILM) 防振双眼鏡 テクノスタビ TS-X 1440

優れた画質と安定性を両立したプロ仕様の防振双眼鏡です。独自技術「電子ジャイロ防振システム」によって、防振角±6°を実現。大きく揺れる船や車からでも常にクリアな視界を生み出せるので、困難な環境でも快適に観察を進めたい方におすすめです。

大口径40mmの対物レンズを採用しているのもポイント。全面に高い透過率を持つマルチコートが施されており、14倍の高倍率でも実視界4°と明るさ8.2が得られます。

1mの水中に5分沈めても耐えられる防水性能を備えているのも魅力。万が一、水に落としても沈みにくい構造を採用しているので、水辺でも使えます。また、固定式の防振スイッチを搭載しており、電源には単3形の乾電池や充電池が使用可能です。