星空を見る際に使用すると、さらに楽しみが広がる「双眼鏡」。星座や天の川、月のクレーターなどは双眼鏡でも楽しめるおすすめの天体です。また、星空だけでなく、日中のアウトドアやコンサートなどでも多くの利用シーンがあるのが双眼鏡の魅力。

今回は双眼鏡のなかから天体観測におすすめのモデルをご紹介します。双眼鏡の選び方とおすすめのメーカーも併せて解説するので、チェックしてみてください。アウトドアやドライブに持っていくと楽しみが広がります。

天体観測向け双眼鏡の選び方

双眼鏡の主要なタイプ

By: amazon.co.jp

肉眼で見るのと異なり、像が上下左右逆転して見える「倒立像」を防ぐために、双眼鏡は「正立プリズム」というパーツを搭載しています。プリズムの種類によって、双眼鏡は「ポロプリズム式」と「ダハプリズム式」の2つのタイプに分けられます。

ポロプリズム式双眼鏡は、眼に合わせる側の「接眼レンズ」より対物レンズが外側に位置しているのが特徴です。比較的リーズナブルな価格で販売されています。

ダハプリズム式双眼鏡は、接眼レンズと対物レンズが一直線なので、コンパクトな仕様です。ただし、高い技術力を要するため、高価なモノが多くなります。

双眼鏡のスペックは何をチェックするの?

双眼鏡を選ぶときは、倍率(倍)・対物レンズ口径(mm)・実視界(度)といったスペックに注目しましょう。倍率と口径は、7(倍)×50(mm)のように表記されることが一般的です。

双眼鏡の倍率は一般的には6〜10倍程度が主流です。あまり高倍率だと手ブレが発生しやすくなってしまい、手持ちでも気軽に観測できる双眼鏡のメリットが活かされなくなります。

また、双眼鏡の口径は30〜50mmが一般的です。口径が大きいほど光を集める能力である「集光力」が大きくなり、明るく見えますが、代わりに本体が重くなってしまうのがデメリット。

実視界は視界の広さを度(°)で表しています。視界が狭いと天体を捉えにくいので、5°以上の双眼鏡が主流。ビギナー向けのエントリーモデルは8°程度の双眼鏡がおすすめです。

メガネをかけている方や女性には、ハイアイポイント双眼鏡がおすすめ

By: amazon.co.jp

ハイアイポイントは、双眼鏡の接眼部から最大で20mmほど眼を離しても、全ての視野を見通せる機能。この機能が付いたモデルの場合、メガネをかけたままでも利用でき、まつげも邪魔にならないため女性にも使いやすい双眼鏡です。

天体観測向け双眼鏡のおすすめメーカー

ニコン(Nikon)

By: amazon.co.jp

国際的にも高い評価を受ける、日本を代表する光学メーカーです。カメラは世界の報道カメラマンから圧倒的な支持を受けるなど、光学性能のみならず信頼性・耐久性が高いブランド。

双眼鏡でもレンズのコーティングや、窒素ガス充填による防水性の高さなどアウトドアでのハードユースに耐える性能が魅力です。ニコン製品は高価というイメージを持つ方が少なくありませんが、双眼鏡は手頃な価格のモデルもラインナップしています。

ビクセン(Vixen)

By: amazon.co.jp

天体望遠鏡や双眼鏡、顕微鏡などコスパの高い光学製品を展開しているブランドです。双眼鏡ではアウトドア用品メーカーのコールマンとコラボしたモデルを製造するなど、商品ラインナップも豊富。

天体観測やバードウォッチングをはじめとする自然を楽しむイベントを開催したり、天体現象の情報なども積極的に発信したりしている総合光学機器メーカーです。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina)

By: amazon.co.jp

ケンコー・トキナーは、カメラのレンズフィルターでは国内最大手です。2011年に、コスパの高い交換レンズに定評のあるトキナーと合併して「ケンコー」から「ケンコー・トキナー」となりました。

システム化された望遠鏡やポータブル赤道儀といった天体観測機器・双眼鏡・顕微鏡も数多くラインナップ。リーズナブルな価格が魅力のブランドです。

天体観測向け双眼鏡のおすすめ

ニコン(Nikon) アクションEX 7×50 CF

本格的な天体観測にも対応できる優れた実用性を持つ双眼鏡です。倍率は7倍で、口径は50mm。マルチコーティングが施されているほか、接眼レンズには非球面レンズが採用されているので、視野の周辺部まで歪みの少ないシャープな見え方です。ひとみ径が7.1mmと大きいので、夜間でも快適に観測可能な明るさを確保できるのも特徴。

本体は防水仕様なのでアウトドアなど天体観測以外の用途にも活用が可能です。さらに、内部には窒素ガスが充填されているので、温度差によって双眼鏡内に発生する曇りを予防できます。また、アイレリーフが17.1mmと長いので、メガネをかけた方でも快適に天体観測が楽しめるのも魅力です。

ニコン(Nikon) 7x50SP・防水型

ハードな条件の航海や天体観測でも使われる業務用双眼鏡です。強力な耐久性と防水性を持つほか、内部には窒素ガスが充填されているので防曇対策がしっかり施されているのも特徴。航海中に天体で進路を確認する際や遠くの海岸にある対象物を見る際にも重宝されるので、性能重視で双眼鏡を選びたい方におすすめです。

倍率は7倍で、口径は50mm。見かけ視界は48.1°とやや広めで、ひとみ径も7.1mmと明るさを維持できるので、天の川にある星々の1つ1つをしっかりと解像できます。ただし、重さが1485gと重量級なのが難点。三脚の使用がほぼ必須ですが、天体観測でも申し分ない性能を発揮できます。

ビクセン(Vixen) アトレックライト BR6×30WP

長時間の天体観測でも疲れにくい小型・軽量な双眼鏡です。重さ500gと軽いボディには防水加工が施されているので、キャンプや登山など携帯用の双眼鏡としても活用が可能。18mmのハイアイポイント設計なのでメガネをかけたままでも扱いやすく、最小眼幅も50mmと短いので子供や女性でも快適に使用できます。

倍率は6倍で、口径は30mm。レンズとプリズムの全面にマルチコートが施されているので、優れたコントラストとクリアな視界で天体観測が楽しめます。また、メンテナンス性が高いのも特徴。レンズ表面に撥油コートが施されているので、汚れが付着しにくく、万が一付着してもクロスで軽く拭き取るだけできれいにできます。

ビクセン(Vixen) アスコット ZR7×50WP

アウトドアにおける使い勝手を最優先にして設計された双眼鏡です。ビクセンは天体観測を趣味とするユーザーから高い人気のあるメーカーですが、本製品もひとみ径が7.1mmと明るく使いやすいのが魅力。別売で三脚取り付け用のホルダーも用意されているので、暗い天体の観測にも活用できます。

倍率は7倍で、口径は50mm。防水設計なので観測中の夜露を気にせず使用できます。また、使いやすいデザインも魅力。衝撃に強く手になじみやすい高分子エラストマー素材が外装に採用されているほか、ツイストアップ見口はクリック機構付きのためワンタッチで伸縮が可能です。初めて双眼鏡を持つ方でもすぐに使いこなせるようになるモデルです。

ビクセン(Vixen) 星座観察用双眼鏡 SG2.1×42

星座観察に特化した超低倍率広視界仕様の双眼鏡です。倍率は2.1倍で、口径は42mm。星空を見渡せるため、天体観測の主流である6〜10倍程度の双眼鏡と比べて開放感があるのが特徴です。視野のなかには数多くの星を捉えられるので、星座を構成する星々の並びをはじめ、星雲・星団・天の川などの天体を肉眼よりも高い臨場感で楽しめます。

構造的な仕様でアイレリーフが8.4mmと短いため、メガネをかけての使用にはあまり向きません。ただし、合焦方式にIF式を採用しているので、左右の視力が異なる方でもスムーズにピント合わせが可能。また、全てのレンズにはマルチコートが施されているので、クリアで鮮明な見え方を楽しめます。

ビクセン(Vixen) 星見双眼鏡 SG6.5×32WP

星を観るためだけに作られた高性能な星空観望用双眼鏡です。全てのレンズにクリアな見え味を実現する特殊コーティングを採用。さらに、対物レンズには色にじみを抑えるEDレンズが搭載されているので、どんな色の星も色の偏りのない明るく鮮明な像で見られます。

倍率は6.5倍で、口径は32mm。合焦方式に右目と左目で独立してピントを合わせるIF方式を採用しており、左右で視力が違う方でもピントがずれにくいので、快適に天体観測が楽しめます。

本体は夜露にも安心な防水仕様。重さは610gと本格的な双眼鏡としては軽いので、長時間の天体観測でも疲れにくいのも魅力です。また、本体側面には視線方向と平行に伸びる直線状の突起が設けられており、見たい星を探す際に簡易的な照準器としても活用できます。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) New Mirage 10×50 W

これから天体観測を始めたい方におすすめのリーズナブルな双眼鏡です。気軽に購入できる手頃な価格ながら、本格的な天体観測にも対応できる性能を持っているのが特徴。大口径レンズの搭載によってひとみ径5mmの明るさを実現しています。

倍率は10倍で、口径は50mm。加えて、見かけ視界(双眼鏡を覗いたときに見える範囲)が65°と広いのもポイントで、高倍率で覗いた場合も広い範囲を見渡せるので、目当ての天体や星座を探しやすいのが魅力です。

大型ピントリングの採用も特徴。大きく程よい抵抗感があるので、精密なピント合わせがスムーズに行えます。重さは790gですが、別売のホルダーを装着すれば三脚への取り付けも可能です。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) ultraVIEW 6×30 WP

気軽に天体観測が楽しめる軽量コンパクトな双眼鏡です。ポロプリズム式を採用していながら、サイズが幅16×奥行き6×高さ11.7、重さ450gと小さく軽いのが特徴。また、汎用性の高い双眼鏡ですが、ひとみ径が5mmあるので夜間でも明るい視界が確保できます。

倍率は6倍で、口径は30mm。スペックはやや控えめですが、IPX7相当の防水性能を持っているので、夜露が発生することの多い夜間の観測中も故障を気にせず使い続けられます。アイレリーフも19mmと長いので、メガネをかけた方でも広い視界が得られるのも特徴。価格も安いので、天体観測だけではなく、日常的に双眼鏡を気軽に使用したい方にもおすすめです。

興和(KOWA) YF30-6

初心者や子供でも天体観測が手軽に楽しめるエントリーモデルの双眼鏡です。安い価格ながら、ひとみ径5mmを確保しているので夜間での観測も快適。また、眼幅調節範囲が50〜70mmになっており、両眼の間隔が狭い子供や女性でも扱いやすいのも魅力です。

倍率は6倍で、口径は30mm。レンズとプリズムの全面にマルチコートを施しているのでクリアな視野で天体観測が楽しめます。窒素ガス充填による完全防水仕様なのでアウトドアでも活用が可能です。

また、別売のフォトアダプターが用意されているのもポイント。双眼鏡の接眼レンズにスマホの取り付けが可能になるので、天体の観測・撮影・共有がより身近に楽しめます。

オリンパス(OLYMPUS) 8×42 PRO

野外での観察で高いパフォーマンスを発揮する高性能な双眼鏡です。元々や野鳥や昆虫のアウトドア観察用に作られた双眼鏡ですが、ハイレベルな設計により天体観測にも対応できる性能を持っているのが特徴。優れた防水・防曇構造や人間工学に基づいた操作性も魅力で、撮影前の準備として自然観察を行うプロカメラマンからも広く愛用されています。

手ぶれしにくい倍率8倍と薄暗いところでも見やすい口径42mmのレンズを搭載。口径50mmのレンズと比べて背景の黒色が締まるので、都市の郊外で観測する際に目的の天体や星座を探しやすいのが魅力です。また、全てのレンズとプリズムには「ZEROコーティング」をはじめとした高品質なマルチコートが施されているので、明るくクリアな視界が得られます。