星空を見るときに双眼鏡を利用すると、肉眼と比べて楽しみが広がります。星座や天の川、そして月のクレーターなどは双眼鏡でも楽しめるおすすめの天体です。また、星空だけでなく、日中のアウトドアやコンサートなど利用シーンが多いのが双眼鏡の魅力。

今回は、そんな双眼鏡のなかから天体観測におすすめのモデルを紹介します。双眼鏡の選び方とおすすめのメーカーもあわせて解説するので、チェックしてみてください。アウトドアやドライブの際に、ひとつ持っていくと楽しみが広がります。

天体観測向け双眼鏡の選び方

双眼鏡の主要なタイプ

By: amazon.co.jp

肉眼で見るのとは違って像が上下左右逆転して見える「倒立像」になることを防ぐために、双眼鏡は「正立プリズム」というパーツを搭載しています。プリズムの種類によって、双眼鏡は「ポロプリズム式」と「ダハプリズム式」の2つのタイプに分けられます。

ポロプリズム式双眼鏡は、眼に合わせる側の「接眼レンズ」より対物レンズが外側に位置しているのが特徴です。比較的リーズナブルな価格でリリースされています。

ダハプリズム式双眼鏡は、接眼レンズと対物レンズが一直線なので、コンパクトな仕様です。ただし、高い技術力を要するので高価なモノが多くなります。

双眼鏡のスペックは何をチェックするの?

双眼鏡を選ぶ時は、倍率(倍)・対物レンズ口径(mm)・実視界(度)といったスペックに注目しましょう。倍率と口径は、7(倍)×50(mm)のように表記されることが一般的です。

双眼鏡の倍率は一般的には6〜10倍程度が主流です。あまり高倍率だと手ブレが発生しやすくなってしまい、手持ちでも気軽に観測できるという双眼鏡のメリットが活かされなくなります。

また、双眼鏡の口径は30〜50mmが一般的です。口径が大きいほど光を集める能力である「集光力」が大きくなり、明るく見えますが、代わりに本体が重くなってしまうのがデメリット。

実視界は視界の広さを度(°)で表しています。視界が狭いと天体を捉えにくいので、5°以上の双眼鏡が主流。ビギナー向けのエントリーモデルは8°程度の双眼鏡がおすすめです。

メガネをかけている方や女性には、ハイアイポイント双眼鏡がおすすめ

By: amazon.co.jp

ハイアイポイントは、双眼鏡の接眼部から最大で20mmほど眼を離しても、すべての視野を見通せる機能。この機能が付いたモデルの場合、メガネをかけたままでも利用でき、まつげも邪魔にならないため女性にも使いやすい双眼鏡です。

天体観測向け双眼鏡のおすすめメーカー

ニコン(Nikon)

By: amazon.co.jp

国際的にも高い評価を受ける、日本を代表する光学メーカーです。カメラは世界の報道カメラマンから圧倒的な支持を受けるなど、光学性能のみならず信頼性・耐久性が高いブランド。

双眼鏡でもレンズのコーティングや、窒素ガス充填による防水性の高さなどアウトドアでのハードユースに耐える性能が魅力です。ニコン製品は高価というイメージを持つ方が少なくありませんが、双眼鏡は手頃な価格のモデルもラインナップしています。

ビクセン(Vixen)

By: amazon.co.jp

天体望遠鏡や双眼鏡、顕微鏡などコスパの高い光学製品を展開しているブランドです。双眼鏡ではアウトドア用品メーカーのコールマン社とコラボしたモデルをリリースするなど、商品ラインナップも豊富。

天体観測やバードウォッチングをはじめとする自然を楽しむイベントを開催したり、天体現象の情報なども積極的に発信したりしている総合光学機器メーカーです。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina)

By: amazon.co.jp

ケンコー・トキナーは、カメラのレンズフィルターでは国内最大手です。2011年に、コスパの高い交換レンズに定評のあるトキナーと合併して「ケンコー」から「ケンコー・トキナー」となりました。

システム化された望遠鏡やポータブル赤道儀といった天体観測機器、双眼鏡、顕微鏡も数多くラインナップ。リーズナブルな価格が魅力のブランドです。

天体観測向け双眼鏡のおすすめ

ニコン(Nikon) アクションEX 8×40

ニコン(Nikon)アクションEX 8x40

メガネをかけている方や、女性でも扱いやすいハイアイポイント設計の双眼鏡。双眼鏡の内部に水分が入り込んでしまうとカビなどの原因になってしまいますが、本モデルは内部に窒素ガスが封入されているため、水分が入りにくくなっていることが特徴です。

そのため、川などの水辺や、結露が起きやすい冬場での天体観測に適しています。また、雨天でのスポーツ観戦にもおすすめです。

ニコンが手がけている天体観測向け双眼鏡のなかではエントリーモデルの立ち位置にあり、価格がリーズナブルなのもポイント。活躍するシーンも多く、初心者の方におすすめの双眼鏡です。

ニコン(Nikon) プロスタッフ5 10×42

ニコン(Nikon)プロスタッフ5 10×42

重量が630gと比較的軽量で、長時間の天体観測をしたい方におすすめの双眼鏡です。フォルムもすっきりとコンパクトになっており、手軽に使用できます。

ボディにはラバーコートが採用されていて、手に馴染みやすいのも魅力の1つです。さらに、すべてのレンズとプリズムに多層膜コーティングを施しているため、明るくクリアな視界を実現しています。リーズナブルな価格ながら手軽に本格的な天体観測を楽しめるおすすめの双眼鏡です。

ニコン(Nikon) モナーク5 8×42

ニコン(Nikon)モナーク5 8×42

明るくナチュラルな色調で天体観測が楽しめる双眼鏡です。色にじみの原因になる色収差を補正するために、EDガラスを対物レンズに採用しています。さらに使いやすさも追及しており、クリック付きターンスライドを接眼目当てに搭載しているのもポイント。覗きやすいポイントで顔に目当てをフィットさせやすく、使用感も抜群です。

また、対物レンズキャップにはフリップダウン式が採用されており、レンズキャップを紛失しにくいのも魅力のおすすめモデルです。

ニコン(Nikon) EDG 8×42

ニコン(Nikon)EDG 8×42

ニコンが持つ光学技術を結集させたモデルです。対物レンズにEDガラスを使用して色にじみを軽減し、視野の中心と周辺のピント差によって起きるボケを補正するフィールドフラットナーレンズシステムを採用しています。

また、EDガラスとフィールドフラットナーレンズシステムにより、対象物の輪郭をくっきりとさせ、視野の隅も鮮明に観察できる視界を実現しているのもポイント。くわえて、プリズムには理論値の高反射誘電体多層膜がコーティングされているので、対象物本来の色とコントラストを観察できます。

ビクセン(Vixen) 星座観察用双眼鏡 SG2.1×42

ビクセン(Vixen)星座観察用双眼鏡 SG2.1×42

双眼鏡で主に星座を観察したい方におすすめの双眼鏡。天体観測用の双眼鏡は倍率が6~10倍のものが多いですが、こちらは倍率が2.1倍と低倍率です。倍率が控えめになっていることにより、広い範囲を見渡すことができます。星座の並びを、視点をあまり動かすことなくじっくりと観察できるのが魅力です。

形状がレンズのみの手のひらサイズになっているので、持ち運びも簡単。また、5年のメーカー保証もあり、安心して使用できます。

ビクセン(Vixen) アトレックII HR8×42WP

ビクセン(Vixen)アトレックII HR8×42WP

強靭さに優れた双眼鏡を探している方におすすめの製品です。航空機にも扱われるアルミダイキャストボディを採用し、さらに外装には傷が付きにくく高いグリップ力を持つエラストマー樹脂を使用しています。

窒素ガス封入による高い防水性能もあり、アウトドアでの使用に適している双眼鏡です。効果的な3種のコーティングによる光量ロスとハレーションを徹底排除することにより、明るくクリアな天体観測を楽しめます。

ビクセン(Vixen) アルテスJ HR10×42WP

ビクセン(Vixen)アルテスJ HR10×42WP

天体観測で月を観察したい方におすすめのモデルです。倍率が10倍と高めなので視野で捉えた際に観測物の迫力がアップ。レンズとプリズムに高品質のコーティングを施したことで生まれた、高いコントラストでキレのある視界によって、月の存在感を高めることも可能です。

また、ボディには指がかりのいいオープンブリッジ構造を採用。手で持った時の安定感が高いので、三脚がなくても少ないブレで月を捉え続けられます。くわえて、クラッチバッグ風でファッション性の高いキャリングケースが付属しているのも魅力です。

ビクセン(Vixen) コールマンシリーズ HR8×42WP

ビクセン(Vixen) コールマンシリーズ HR8×42WP

ビクセンとキャンプ用品の人気ブランド・コールマンがコラボし、誕生した双眼鏡です。機能性を重視したボディのなかに浮かぶコールマンのロゴが、キャンパーの心を掴みます。

レンズにはフーリーマルチコートが施されており、明るく高いコントラストを実現。天体観測だけではなく暗い場所でのバードウォッチングなどにも適しています。

また、カメラ三脚に取り付けるためのビノホルダーも付属されるので、手軽に安定した視野で観察を楽しめるのもポイントです。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) Artos 7×50

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina)Artos 7×50

ケンコー・トキナーの商品のなかでも特に高い人気を誇る双眼鏡です。アルミダイキャストボディによる高い耐久性と防水性能によって、ハードなアウトドアシーンでも安心して天体観測などを楽しむことができます。

また、確実な視度調整ができ、一度調整するとずれにくくなるクリック付き視度調整リングを搭載。ピントリングは大型になっていて、ピント調節の操作感も優れています。耐久性・使用感に優れるだけでなく、価格がリーズナブルなことも魅力のアイテムです。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) Avantar 8×42 ED DH

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina)Avantar 8×42 ED DH

少ないコストで見やすさを追求したい方におすすめの双眼鏡。EDガラスを採用した対物レンズは、色収差を軽減したクリアでシャープな視界を実現しています。

さらに位相差を補正するフェイズコートが施されたダハプリズムと、超高反射コーティングの誘電体多層膜が活用された補助プリズムも魅力。高品質の解像力とコントラストによって、星をより美しく見せてくれます。

ハイアイポイント設計の双眼鏡で、アイレリーフは17mmと比較的長めです。メガネをかけた方でも広い視野で天体観測が楽しめます。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) 双眼鏡 7×32 SWA WOP

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina)双眼鏡 7×32 SWA WOP

見掛け視野79°の広い視野が魅力。同じレベルの倍率の双眼鏡よりも、倍近い視野を確保できます。天体観測においては星座の繋がりを楽に観察できる双眼鏡です。

対物レンズには耐水・耐油加工がされているので、屋外でも安心して利用できるのもポイント。また、広い視野で対象を見られるという点で、コンサートやスポーツ観戦にも適しています。価格も比較的リーズナブルなので、入門にもおすすめです。

オリンパス(OLYMPUS) 防水双眼鏡 10×42 EXWPI

オリンパス(OLYMPUS)防水双眼鏡 10×42 EXWPI

高い倍率と明るい視界により、星の観察から月の観察までオールマイティに活躍する双眼鏡です。月を見ればクレーター、輪郭ともにくっきりと捉えられます。

また、レンズにはUVカットレンズを採用しており、日中に長時間使用しても目に優しいのも嬉しいポイントです。アイレリーフは14mmと比較的長めで、メガネをかけていても広い視野を確保できます。