星空を見る際に使用すると、さらに楽しみが広がる「双眼鏡」。星座や天の川、月のクレーターなどは双眼鏡でも楽しめるおすすめの天体です。また、星空だけでなく、日中のアウトドアやコンサートなどでも多くの利用シーンがあるのが双眼鏡の魅力。

今回は双眼鏡のなかから天体観測におすすめのモデルをご紹介します。双眼鏡の選び方とおすすめのメーカーも併せて解説するので、チェックしてみてください。アウトドアやドライブに持っていくと楽しみが広がります。

天体観測向け双眼鏡の選び方

双眼鏡の主要なタイプ

By: amazon.co.jp

肉眼で見るのと異なり、像が上下逆転して見える「倒立像」を防ぐために、双眼鏡は「正立プリズム」というパーツを搭載しています。プリズムの種類によって、双眼鏡は「ポロプリズム式」と「ダハプリズム式」の2つのタイプに分けられます。

ポロプリズム式双眼鏡は、眼に合わせる側の「接眼レンズ」より対物レンズが外側に位置しているのが特徴です。比較的リーズナブルな価格で販売されています。

ダハプリズム式双眼鏡は、接眼レンズと対物レンズが一直線なので、コンパクトな仕様です。ただし、高い技術力を要するため、高価なモデルが多くなります。

双眼鏡のスペックは何をチェックするの?

双眼鏡を選ぶときは、倍率(倍)・対物レンズ口径(mm)・実視界(°)といったスペックに注目しましょう。倍率と口径は一般的に、7(倍)×50(mm)のように表記されます。

双眼鏡の倍率は一般的には6〜10倍程度が主流。あまり高倍率だと手ブレが発生しやすくなってしまい、手持ちでも気軽に観測できる双眼鏡のメリットが活かされにくくなります。また、双眼鏡の口径は30〜50mmが一般的で、口径が大きいほど光を集める能力である「集光力」が大きくなり、明るく見えますが、代わりに本体が重くなってしまうのがデメリット。

実視界は視界の広さを度(°)で表しています。視界が狭いと天体を捉えにくいので、5°以上の双眼鏡が主流。ビギナー向けのエントリーモデルは8°程度の双眼鏡がおすすめです。

メガネをかけている方や女性には、ハイアイポイント双眼鏡がおすすめ

By: amazon.co.jp

ハイアイポイントは、双眼鏡の接眼部から最大で20mmほど眼を離しても、全ての視野を見通せる機能。この機能が付いたモデルの場合、メガネをかけたままでも利用でき、まつげも邪魔にならないため女性にも使いやすい双眼鏡です。

天体観測向け双眼鏡のおすすめメーカー

ニコン(Nikon)

By: amazon.co.jp

国際的にも高い評価を受ける、日本を代表する光学機器メーカーです。ニコンは世界の報道カメラマンから圧倒的な支持を受けるなど、光学性能のみならず信頼性・耐久性の高いブランド。

双眼鏡でもレンズのコーティングや窒素ガス充填による防水性の高さなど、アウトドアでのハードユースに耐えられる性能が魅力です。ニコン製品は高価なイメージを持つ方が少なくありませんが、双眼鏡は手頃な価格のモデルもラインナップしています。

ビクセン(Vixen)

By: amazon.co.jp

天体望遠鏡や双眼鏡、顕微鏡などコスパの高い光学製品を展開しているブランドです。双眼鏡ではアウトドア用品メーカーのコールマンとコラボしたモデルを製造するなど、ラインナップも豊富。

天体観測やバードウォッチングをはじめとする自然を楽しむイベントを開催したり、天体現象の情報なども積極的に発信したりしている総合光学機器メーカーです。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina)

By: amazon.co.jp

ケンコー・トキナーは、カメラのレンズフィルターでは国内最大手です。2011年に、コスパの高い交換レンズに定評のあるトキナーと合併して「ケンコー」から「ケンコー・トキナー」となりました。

システム化された望遠鏡やポータブル赤道儀といった天体観測機器・双眼鏡・顕微鏡も数多くラインナップ。リーズナブルな価格が魅力のブランドです。

天体観測向け双眼鏡のおすすめ

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) New Mirage 10×50 W

倍率が10倍の高倍率で、対物レンズ口径は50mmと優れた集光率なうえ、リーズナブルな価格が魅力の双眼鏡。ポロプリズム式のスタンダードなデザインで取り扱いがしやすく、天体観測やバードウォッチングなど幅広いシーンでの使用に適しています。収納ケースやストラップも付属しており、持ち運びにも便利。

また、実視界6.5°を備えているため、広い視界で星空を観察できるのも特徴です。高倍率で明るく広視界設計なので、大きな会場でのコンサートで使用しても、アーティストの動きや表情も捉えます。高性能で汎用的に利用できる、コスパの高い双眼鏡を求める方におすすめのモデルです。

ビクセン(Vixen) 双眼鏡 アトレックライト BR 6×30WP

高さ11.5×幅16×厚さ5.4cmで重量が500gの、コンパクトで軽量な双眼鏡。操作がしやすく、長時間の利用でも腕の負担を軽減して天体観測が行えます。スペックは、倍率6倍・対物レンズ口径30mm・実視界8°で見掛視界は45.5°と、視界が広いのも特徴です。

対物と接眼レンズのプリズムには、マルチコーティングが施された「PFMコート」を採用。コントラストに優れ、鮮やかな星空の光景が楽しめます。さらに、レンズの表面に施された撥油コートにより、汚れも付着しにくいため、クリーンなレンズ面もキープ。

アイレリーフは18mmのハイアイポイント設計なので、目が疲れにくく、メガネをかけていても広い視野が確保できます。また、防水仕様となっており、天候の変化にも対応可能で、アウトドアシーンでの使用にもおすすめの双眼鏡です。

ニコン(Nikon) アクションEX 7X50 CF

窒素ガスが本体の内部に充填されており、高い気密性により防水と防曇性能に優れた構造の双眼鏡。水中使用はできないものの、水深1mに5分程度浸かっても影響がでない防水性能で、温度差によるレンズの曇りも抑えます。

スペックは、倍率が7倍で口径は50mm、実視界は6.4°。大きな口径の対物レンズのため、明るい視界での天体観測が可能です。また、非球面レンズを接眼レンズに採用しているので、視野周辺の歪みも軽減し、見え味もシャープ。

さらに、アイレリーフは17.1mmのハイアイポイント設計で、メガネをかけていても見やすさを確保します。ビギナーの方やメガネをかけている方も使いやすく、天体観測をはじめバードウォッチングにスポーツ観戦と幅広く利用したい方におすすめの双眼鏡です。

ニコン(Nikon) 7x50SP・防水型

窒素ガス充填による高い防水と防曇性能を備えているうえ、耐久性にも優れた機能的な双眼鏡。天体観測やアウトドアシーンはもちろん、航海などの業務にも用いられる高性能なモデルです。

スペックは倍率7倍・対物レンズ口径50mm・実視界7.3°で見掛視界48.1°、ひとみ径も7.1mmと広く、明るくはっきりとした視界を確保。また、アイレリーフ16.2mmとハイアイポイント仕様なので、メガネをかけている方でも無理なく覗けます。

重量が1485gあるため重さを感じるものの、三脚を利用して本格的な天体観測を行うのにおすすめの双眼鏡です。

ニコン(Nikon) WX 10X50 IF

倍率10倍・対物レンズ口径50mm・実視界9°のハイスペックモデルとして人気を集める、天体観測用の双眼鏡。天体望遠鏡アイピースの光学性能が備わった接眼レンズの搭載により、見掛視界76.4°と非常に広い視界を確保します。

また、像面歪曲を適正化させる「フィールドフラットナーレンズシステム」の採用で、視界の端まで鮮明な星空の観察が可能。広視界での美しい光景が存分に楽しめる、高性能な双眼鏡で天体観測を行いたい方におすすめのモデルです。

ペンタックス(PENTAX) 双眼鏡 SD 10×42 WP S0062762

高さ14.3×幅13.4×厚さ5.2cmとコンパクトで、シンプルなデザインがおしゃれな、ダハプリズム式の双眼鏡。スペックは、倍率10倍・対物レンズ口径42mm・実視界6°と、高倍率で視界の明るさも確保する高性能なモデルです。

プリズムには「フルマルチコーティング」と、さらに透過率を向上させる新技術のコーティングが施され、シャープでクリアな視界を実現。また、アイレリーフ18mmのハイアイポイントに、覗く位置の調節が可能な「スライド式回転目当て」といった、便利で充実した機能も備えます。

本体には窒素ガスも封入されており、高い防水・防曇性能も備えているため、悪天候などの厳しい環境での使用にも対応。機能面の充実や、性能の高さを重視する方におすすめの双眼鏡です。

笠井トレーディング(Kasai-Trading) 2.3×40mm 星空観賞用双眼鏡 ワイドビノ28

オペラグラスのような高級感のあるデザインがおしゃれな双眼鏡。天体望遠鏡を展開しているメーカー「笠井トレーディング」の、広視界モデルとして人気を集めるシリーズの改良バージョンです。

実視界が28°と非常に広い視界で、広範囲の星空がひとつの視野に入ります。さらに、肉眼で見るより1~2等級程度暗い星もはっきりと見分けが可能です。また、重量が255gと軽量で長時間使用でも負担が少なく、収納ケースとネックストラップも付属されており、持ち運びにも便利。

視界の広さを重視し、ダイナミックな星空の観測を満喫したい方におすすめの双眼鏡です。

富士フイルム(FUJIFILM) FUJINON 10X50 FMT-SX

高額性能や信頼性の高さにより、多くのプロからも愛用されている高級モデルの双眼鏡。「フジノン」が技術の粋を集結させて開発した「フラットナーレンズ」の搭載によって、視野周辺まで明るさとシャープな見え味を確保します。

レンズとプリズムにはマルチコーティングの独自技術「EBCコーティング」も施され、さらに透過率を高めた、明るく鮮明な視野を実現。また、過酷な状況にも対応できる、高い防水性と耐久性を備えており、ハードな環境のアウトドアでの使用にもおすすめの双眼鏡です。

キヤノン(Canon) BINOCULARS 10×32 IS

シフト方式による光学式手ブレ補正機構「ISシステム」を採用した、高性能な双眼鏡。本体に設置されている手ブレ補正ボタンを押せば、ブレのない静止した像で天体観測が満喫できます。

レンズとプリズムには「スーパースペクトラコーティング」が施されているのもポイント。光の反射によって白っぽく見えるフレアや、光が輪や玉状に見えるゴーストを防ぎ、高いコントラストで鮮明な見え味を確保します。

また、曲面が多い滑らかな形状で手に馴染みやすく、2018年度のグッドデザイン賞に輝いた、高級感のあるスタイリッシュなデザインも魅力。手ブレを抑えた、きれいな星空を観察したい方におすすめの双眼鏡です。

カールツァイス(Carl Zeiss) VICTORY SF 8×42

新開発された「Ultra-FLレンズ」の搭載により、非常に優れた像質での天体観測を実現する双眼鏡。鮮やかな色彩で繊細な部分まできれいな見え味が体感できます。透過率も92%と非常に高い明るさで、星空の観察が行えるのも特徴です。

また、重量が780gと軽量なうえ人間工学に基づく設計で、操作がしやすく快適に使えるのもポイント。長時間の使用でも負担を軽減し、安定した天体観測が行えます。美しい像での観測ができ、操作性にも優れた高性能な双眼鏡を愛用したい方におすすめのモデルです。