ボタンひとつでSOS

本当に困った時、携帯電話を取り出す余裕がありますか?緊急連絡が簡単にできるアプリはありますが、そもそも窮地に陥った時には携帯電話をカバンから出すこと自体が大変な場合も。でも今回ご紹介するspotNsaveはリストバンド。ボタンひとつでSOSを送ることができます。

spotNsaveと連携したアプリに事前に5つまでの緊急連絡先を登録しておくだけ。後はリストバンドのボタンを押せば、Bluetooth経由で自分の携帯に通達が届き、そこから一気に5つの連絡先に助けを呼べます。

困った時にはspotNsave

いざという時のために備えておきたい人からストーカー被害で悩んでいる人まで、あらゆるケースに対応。最近はウェアラブルなリストバンド型ガジェットも増えているので、spotNsaveをしていても目立つこともなく、さりげなく装着できます。

特に、夜道で後をつけられている心配がある時など、携帯電話で連絡しているのが相手に気付かれてしまい、余計に困った事態になるかもしれません。でもspotNsaveを腕に着けておけば、さりげなく家族や友人にSOS発信が可能。

その際、Googleマップ上での自分の居場所も発信されますが、2分ごとに更新されるので、正確なロケーションを知らせることができます。

実際に助けを呼びたい時には、spotNsaveのSOSボタンを素早く2回連打します。これなら、日常で身に着けていて間違って1回押してしまっても発信されることはないので安心ですね。

もともとは開発者の親友が誘拐事件に巻き込まれたことから、spotNsaveの開発を思いついたそうです。幸い、日本は外国と比べて犯罪率は低いですが、それでも日常レベルで怖い思いをした時には非常に心強いアイテムですね。

女性や高齢者、目の見えない方などを主な対象としたspotNsave。リストバンドに加えて、ウェブサイトからはペンダント型も販売しています。ご家族や友人にプレゼントするのもいいですね。