ソニー・インタラクティブエンタテインメントが販売している「プレイステーション4」。通称”PS4″として認知されている人気のゲーム機で、実写と遜色ないリアルな映像や壮大な世界観を存分に楽しめるのが大きな魅力です。

とはいえ、ソフトのポテンシャルをより引き出すためにはより充実した周辺機器を用意することが重要。特にサウンド環境を整えるとさらに臨場感がアップします。そこで今回はPS4とセットで使いたいおすすめのスピーカーをご紹介。興味がある方は、ぜひチェックしてみてください。

PS4に最適なスピーカーとは?

By: amazon.co.jp

PS4向けスピーカーとは、テレビゲーム向けのアンプ内蔵スピーカーのこと。既存のテレビスピーカーのレベルをアップさせたい、またはゲーム向けのサウンド仕様にしたいという方におすすめです。

特に薄型テレビではサイズの都合上、スピーカーの音質には限界のあることは否めず、特に低音域を充実させたい場合やより迫力のあるサウンドを楽しみたい時に用いると効果的です。

また、ゲームによってはサラウンド(立体的に聴こえる音響)を体感できるかどうかでプレイの質が大きく左右することがあります。PS4向けにテレビの内蔵スピーカーをアップグレードしたい方にとっては購入候補となります。

PS4向けスピーカーと普通のスピーカーの違うところ

By: amazon.co.jp

通常のアンプ内蔵スピーカーにおいてもっとも一般的な入力端子はステレオミニ端子によるアナログ入力。ただ、アナログ音声はデジタルに比べてサラウンド信号に対応しないといった弱点もあるので、やはりあまりおすすめはしません。

PS4はHDMIデジタル出力や光デジタル出力を備えているので、これらに対応するスピーカーがおすすめ。接続方法としては、例えばPS4とスピーカーをHDMIで接続し、さらにスピーカーとテレビを同端子で接続するなどして、3つの機器を連結することで充実したゲーム環境を整えることができます。

PS4に最適なスピーカーの選び方

入力端子で選ぶ

By: amazon.co.jp

音質や性能面で選ぶならHDMI入力対応スピーカーがおすすめ。DolbyTrueHD、dts-HD MasterAudioなどの高品位サラウンド規格の出力に対応するとともに、24bit/192kHzでのハイレゾ伝送も可能となります。

この場合、PS4からのHDMI出力がテレビにも接続できるように、スピーカーにはHDMIスルー出力もある機種がおすすめ。そうでない場合はHDMI出力を分岐できるセレクターか、セレクター機能を持つAVアンプと併用することで対応することになります。

なお、光デジタル接続の場合、簡易的な下位規格での出力には対応するので、サラウンド再生自体は可能。一方、デジタル信号としては16bit/48kHzまでの出力に留まり、ハイレゾには非対応です。

ワイヤレス接続はPS4に不向き

By: amazon.co.jp

最近普及にしているBluetoothのワイヤレス接続はPS4が送信に対応していないので使えません。なお、PS4かテレビの音声出力にBluetooth送信機を追加すれば使えるようにはなりますが、Bluetoothには音声の遅延が起きる可能性があり、映像との同期が求められるゲームでの使用は向いていないのでご注意ください。

サラウンド対応タイプから選ぶ

  

By: amazon.co.jp

アンプ内蔵スピーカーはステレオ2chのみか、サラウンドに対応するかでも分かれます。ゲームの臨場感をより高めたい方は、サラウンド対応型がおすすめです。

サラウンドについても実際に後ろにもスピーカーを配置するリアルサラウンドタイプか、前方のみで信号処理技術により仮想的にサラウンド再生できるバーチャルサラウンドタイプに分かれます。

バーチャルサラウンドタイプはサウンドバーと呼ばれる棒状の一体型が主流で、縦置きと横置きとがあります。特に横置きの場合はテレビの画面の下に設置することができるので、スマートにセッティングしたい方におすすめです。

リアルサラウンドタイプは設置するスペースを要し、価格も高め。それでも、前後左右360°で展開する立体音響を存分に楽しみたい方にとっては候補となります。

ステレオタイプから選ぶ

By: amazon.co.jp

ステレオタイプは音楽再生向けに高音質を志向した設計やチューニングが施されています。また、高品位な音楽再生に向いたハイレゾ対応装備を各種備えているモノもあり、例えば、USB入力対応やDLNA対応、DSD再生が可能であるかが製品によって異なります。PS4でも音楽を聴くことが多いという方は確認しておきましょう。

サブウーファーの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

ゲームの重低音の再生をより充実させたい方はサブウーファーの有無もチェックしておきましょう。サブウーファーとはメインスピーカーとは別筐体の低音専用スピーカーのことで、スピーカー単体よりもサウンドクオリティがアップするのが特徴です。なお、その分価格も高騰するので、購入する際は予算との兼ね合いを考慮しましょう。

PS4に最適なスピーカーのおすすめ人気モデル|ステレオタイプ

オンキヨー(ONKYO) ハイレゾ対応アンプ内蔵スピーカー WAVIO GX-D90

光デジタル入力を装備したステレオスピーカーの人気ロングセラーモデル。単品オーディオ製品に定評があるオンキヨーの技術とノウハウが注ぎ込まれ、高音質を楽しめるのが魅力の製品です。

総合出力は30W。低音と高音を個別に調整できるトーンコントロールを採用しているのもポイントです。なお、より低音を増強したい方はサブウーファーを追加することでさらにアップグレードさせることも可能。映画や音楽用としてもおすすめなので、汎用性の高いアイテムを求めている方におすすめです。

アバーメディア(AVerMedia) ゲーミングスピーカー Ballista GS310 SP657

ゲーム用の音質チューニングを施しているのが特徴の2.1chスピーカーです。おもにFPS、RPG、アクションゲーム向けに調整。クリアな高音と迫力のある重低音により、銃声や爆発音、武器の音、足音などをリアルかつ繊細に聞き取ることができます。

専用コントロールボックスで低音の量を調整できるのもポイント。ゲーム専用を意識させるデザインとカラーリングも魅力のおすすめ製品です。

Accessory Power ステレオスピーカーサウンドシステム GOgroove BassPULSE2.1

アナログ入力専用の2.1chスピーカー。透明な板に据え付けられた個性的なビジュアルかつ青色の電飾が特徴的なモデルです。

サブウーファー部は10W、中高音用に計10Wのアンプを内蔵。低音の量もコントロールできるので、好みのサウンドに調節することも可能。サウンドクオリティはもちろん、見た目も重視したい方におすすめです。

オラソニック(Olasonic) TV用スピーカー TW-D9HDM

HDMI入力を備えたステレオスピーカー。60mm径の大型マグネットスピーカーユニットや70mm径大型パッシブラジエーター、大型ディフューザーにより、コンパクトながら広がりのあるサウンドを楽しめるのが特徴です。

テレビ付属のリモコンで音量調整できるのもポイントで、光デジタルやBluetoothにも対応。テレビやPS4だけでなく、幅広い機器と接続させたい方におすすめのモデルです。

オオアサ電子 ナチュラルサウンド・アクティブスピーカー Egretta TS550

360°全方向へのサウンドが楽しめるステレオスピーカー。発音部を上方に搭載した円筒形のボディにより、しっかりと音を響かせる独自のサウンドシステムを搭載しているのが特徴です。

発売から数年経っていますが、サウンドクオリティは良好。なお、価格帯は比較的高めです。アルミボディによる質感の高さとスリムな縦型で、スタイリッシュな雰囲気も魅力なので、インテリアとしても映えるアイテムを求めている方は候補となる製品です。

ロジクール(Logicool) オプティカルインプット対応 スピーカーシステム Z625

2.1chスピーカーで光デジタル入力対応した機種。内蔵アンプ出力は400Wと強力で、充実したサウンド環境を整えたい方におすすめです。

高品位なホームシアター規格である「THX」認証も取得。ゲームだけでなく映画、音楽と幅広く活躍してくれます。サブウーファーのサイズは303×264×282mmとやや大きめですが、大音量でお気に入りのサウンドを楽しみたい方にも候補となる製品です。

クリプトン(KRIPTON) アクティブ・スピーカー ハイレゾ音源対応 KS-7HQM

かなり高価なHDMI入力対応のステレオスピーカー。高品位な2ウェイスピーカーをフルデジタルアンプで駆動させ、通常のアナログアンプでは避けられない信号の劣化を抑えた、鮮度の高いサウンドを発するのが特徴です。

HDMI以外にも光デジタル、さらにUSB入力も備え、最大24bit/192kHzまでのハイレゾ音源にも対応。ゲームだけでなく、音楽も素晴らしいサウンドで楽しめます。

PS4に最適なスピーカーのおすすめ人気モデル|サラウンドタイプ

ヤマハ(YAMAHA) フロントサラウンドシステム YAS-107

サウンドバータイプの人気モデル。本製品は同ジャンルとしてバーチャルサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応しており、前後左右に加えて、高さ方向の音までも前方スピーカーのみでカバーできるのが特徴です。

壁掛けにも対応が可能なのもポイント。HDMI入出力を備えたサウンドバーとしては比較的リーズナブルな価格帯ながらも機能が充実しているので、テレビや映画の音楽だけでなくゲームのサウンドクオリティをワンランクアップさせたい方にとってもコスパ良好の1台です。

オンキヨー(ONKYO) 2.1chシネマパッケージ BASE-V60(B)

2.1chスピーカーにアンプ部を別筐体にしたバーチャルサラウンドシステム。アンプ部に空間的に余裕を持たせることにより、80W×6のハイパワーを備えているのが特徴です。周辺機器の接続部も充実しており、HDMI入力は4系統、出力は1系統あるので、BDレコーダーなど複数のHDMI出力機器との併用にも便利です。

別途サラウンドスピーカーを追加することにより、ドルビーアトモスにも対応可能なリアルサラウンドシステムに発展できる拡張性ポイント。Wi-FiやBluetoothなど豊富な入力はDSDも含めたハイレゾ再生にも対応しており、ゲームも音楽も高音質で楽しめるおすすめモデルです。

レイザー(Razer) サウンドバー Leviathan RZ05-01260100-R3A1

ゲーミング業界では有名なメーカーによる2.1chタイプのサウンドバー。FPSを中心としたゲームに最適なサウンド設計が施されています。

ドルビーバーチャルスピーカー技術を搭載しているのも特徴。光デジタル入力からドルビーデジタル信号を入力することにより、ハイクオリティな立体音響を楽しむここができます。

派手な印象のあるゲーミングメーカーの製品のなかでは比較的落ち着いたデザインを採用しているので、お部屋の家電やインテリアをシックにまとめたい方にもおすすめです。

パイオニア(Pioneer) コンパクトフロントスピーカーシステム HTP-CS1(B)

再生音源と周囲の環境に配慮した音質を選べるのが特徴の2.1chサラウンドシステム。「ニュース」や「映画/ゲーム」、「ミュージック」など各種音質モードを搭載しているのが特徴です。

パイオニア単品コンポの技術者による本格的な音質チューニングにより、人の声のクリアな再生と高域と低域の自然なつながりもポイント。ゲームサウンドをよりリアルに再現できるのが魅力です。

音の迫力は維持したまま低音と振動を低減する「マナー1」モードも搭載。夜間の周囲への迷惑を抑えられます。ステレオスピーカーは左右分離タイプなので、テレビ脇に置くことでスッキリ配置。発売当初から価格が落ち着いたモデルなので、お得感の高い製品を探している方におすすめです。

ソニー(SONY) 3.1chサウンドバー HT-Z9F

サブウーファー付きの3.1chタイプサウンドバー。独自のバーチャルサラウンド技術「バーティカル サラウンド エンジン」と「S-Force PROフロントサラウンド」により、フロントスピーカーのみで包み込まれるような立体音響を体感できるのが特徴です。

別売りの専用リアスピーカー「SA-Z9R」をワイヤレスで接続することで、5.1chのリアルサラウンド環境にアップグレードできるのも魅力。「Googleアシスタント搭載」のスマートスピーカーとの連動も可能なので、より手軽にサウンド環境を整えたい方におすすめです。

ソニー(SONY) 5.1chホームシアターシステム HT-RT5

リアスピーカーとサブウーファーへのスピーカーケーブル接続が不要なワイヤレス方式による5.1chシステム。付属の測定マイクの使用により、個別の設置状況に関わらず理想のサラウンドに近づけられる自動音場補正機能「D.C.A.C.DX」を搭載しているのが特徴です。

さまざまなジャンルに対応できるのもポイント。本製品の「サラウンドフォールド」にはゲームモードが用意されているので、PS4を思う存分楽しみたい方におすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) ホームシアタースピーカー YSP-2700

壁に音を反射させてリアルなサラウンドを再生する「YSP技術」を採用した7.1ch対応のサウンドバー。センターユニットに2.8cm口径のスピーカーを16基も搭載しているのが特徴で、ダイナミックなサウンドを楽しめるのが魅力の製品です。

設置する環境や試聴位置に合わせて、最適な設定を自動で行なう音響測定・最適化技術「インテリビーム」機能を搭載しているのもポイント。独立型サブウーファーも備えるので低音のクオリティも良好です。

クリエイティブ(Creative) 5.1chマルチチャンネルPCスピーカー Inspire T6300

アンプ内蔵型の5.1chサラウンドスピーカーのセット。中高音用スピーカー部に「Creative IFP」技術を採用しているのが特徴で、ゲームサウンドがよりクリアになるのがポイントです。

長さと幅を備えたポートチューブを内蔵したサブウーファーはコンパクトながら低音のクオリティは良好。なお、アンプは内蔵していますが、サラウンドデコーダーは内蔵していないため、AVプリアンプかプリアウトのあるAVアンプと併用する必要があります。その点は留意しておきましょう

ヤマハ(YAMAHA) スピーカーパッケージ NS-PA40(W)

スピーカー6本で構成したリアル5.1chサラウンドスピーカーシステム。単体AVアンプと使用することによりゲーム、音楽、映画、スポーツとジャンルを問わず高音質が楽しめるのが特徴です。

スリムでスタイリッシュなデザインを採用しているのもポイント。比較的広い部屋でPS4を楽しみたい方におすすめです。