ソニー・インタラクティブエンタテインメントが販売している「プレイステーション4」。通称”PS4″として知られている人気のゲーム機で、実写と遜色ないリアルな映像や壮大な世界観を存分に楽しめるのが大きな魅力です。

とはいえ、よりソフトのポテンシャルを引き出すには、周辺機器も重要。なかでもサウンド環境は臨場感が変わるため、ゲームへの没入感がアップします。そこで今回は、PS4とセットで使えるおすすめのスピーカーをご紹介。購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

PS4に最適なスピーカーとは?

By: amazon.co.jp

PS4向けスピーカーとは、テレビゲーム向けのアンプ内蔵スピーカーのこと。既存のテレビスピーカーを高音質にしたい、またはゲーム向けのサウンド仕様にしたい方におすすめです。

特に薄型テレビではサイズの都合上、スピーカーの音質には限界があります。そのため、低音域を充実させたい場合やより迫力のあるサウンドを楽しみたいときに用いると効果的です。

また、ゲームによってはサラウンド(立体的に聴こえる音響)を体感できるかどうかでプレイの質を大きく左右することも。PS4向けにテレビの内蔵スピーカーをアップグレードしたい方はチェックしておきましょう。

PS4向けスピーカーと普通のスピーカーの違い

By: amazon.co.jp

通常のアンプ内蔵スピーカーにおいてもっとも一般的な入力端子は、ステレオミニ端子によるアナログ入力。ただ、アナログ音声はデジタルに比べてサラウンド信号に対応していない場合があるのでPS4には不向きです。

PS4は、HDMIデジタル出力や光デジタル出力を備えているため、これらに対応するスピーカーがおすすめ。接続方法としては、PS4とスピーカーをHDMIケーブルで、さらにスピーカーとテレビを同端子で接続して、3つの機器を連結すると充実したサウンド環境を整えられます。

PS4に最適なスピーカーの選び方

入力端子で選ぶ

By: amazon.co.jp

音質や性能面で選ぶならHDMI入力対応スピーカーがおすすめ。DolbyTrueHD、dts-HD MasterAudioなどの高品位サラウンド規格の出力に対応するとともに、24bit/192kHzでのハイレゾ伝送も可能です。

この場合、PS4からのHDMI出力がテレビにも接続できるように、スピーカーにはHDMIスルー出力のある機種がおすすめ。そうでない場合はHDMI出力を分岐できるセレクターか、セレクター機能を持つAVアンプと併用することで使用できます。

なお、光デジタル接続の場合、簡易的な下位規格での出力には対応しているので、サラウンド再生自体は可能。一方、デジタル信号としては16bit/48kHzまでの出力になり、ハイレゾには非対応です。

ワイヤレス接続はPS4に不向き

By: yamaha.com

最近普及しているBluetoothのワイヤレス接続は、PS4が送信に対応していないので使えません。なお、PS4かテレビの音声出力にBluetooth送信機を追加すれば使えるようにはなりますが、音声に遅延が起きる恐れがあり、映像との同期が求められるゲームでの使用はおすすめしません。そのため、極力有線で接続できるスピーカーを選びましょう。

サラウンド対応タイプから選ぶ

By: amazon.co.jp

アンプ内蔵スピーカーはステレオ2chのモノとサラウンドに対応するモノで分かれます。ゲームの臨場感をより高めたい方は、サラウンド対応型がおすすめです。

ひと口にサラウンドといっても、後ろにスピーカーを配置するリアルサラウンドタイプか、前方のみで信号処理技術により仮想的にサラウンド再生できるバーチャルサラウンドタイプに分かれます。

バーチャルサラウンドタイプは、サウンドバーと呼ばれる棒状の一体型が主流で、縦置きと横置きとがあります。特に横置きの場合は、テレビの画面下に設置できるので、省スペース性重視の方におすすめです。

リアルサラウンドタイプは、設置するスペースが必要なうえに、価格も高くなる傾向があります。ただ、前後左右360°で展開する立体音響を楽しめるため、リアルさを追求したい方におすすめです。

ステレオタイプから選ぶ

By: amazon.co.jp

ステレオタイプは、音楽再生向けに高音質志向の設計やチューニングを施しているのが特徴。また、ハイレゾ再生に対応しているモノもありますが、再生する機器と音源がハイレゾに対応している必要があるので注意しましょう。PS4でも音楽を聴きたい方は、ステレオタイプのモデルを確認してみてください。

サブウーファーの有無で選ぶ

By: logicool.co.jp

ゲームの重低音の再生をより充実させたい方はサブウーファーの有無もチェックしておきましょう。サブウーファーとは、メインスピーカーと別筐体の低音専用スピーカーのことで、スピーカー単体より音の迫力がアップします。なお、その分価格も高い傾向にあるので、購入する際は予算との兼ね合いを考慮しましょう。

PS4に最適なスピーカーのおすすめ人気モデル|ステレオタイプ

ヤマハ(YAMAHA) ネットワーク・パワードスピーカー NX-N500

ヤマハ(YAMAHA) ネットワーク・パワードスピーカー NX-N500

高性能のUSB DAC機能を搭載しており、さまざまなハイレゾ音源を高いクオリティで再生できる2台1組のスピーカー。光デジタルケーブルやテレビ経由で、PS4のBGMやSEも迫力のある音で楽しめます。

エンクロージャーには高い剛性と音響特性を持つMDFを採用。音を濁らせる共振を低減し、クリアで精度の高いサウンドを実現します。また、左右のスピーカーそれぞれに電源ボタンが備わっており、ステレオとモノラルを簡単に使い分けられるのも特徴です。

Wi-Fi内蔵型で、PS4以外にもノートパソコンやスマートフォンの音楽も鑑賞できます。また、Spotifyやradikoといったストリーミング再生サービスやインターネットラジオに対応しているのもポイントです。

ヤマハ(YAMAHA) Bluetoothスピーカーシステム NX-B55

ヤマハ(YAMAHA) Bluetoothスピーカーシステム NX-B55

本体寸法幅83×奥行184×高さ184mmとコンパクトなサイズが魅力の2台1組のスピーカー。チタン色のプレートで高級感がプラスされており、インテリアとしても活躍します。

ヤマハ独自の7cm口径フルレンジユニットを搭載しており、幅広い音域をクリアに再現するのもポイント。小型ながらも質の高い音を再生する設計になっているのが魅力です。また、スピーカーが上向きになっているので広範囲に音を届けられます。

接続端子にはステレオミニジャックを2系統搭載。付属のケーブルとテレビをつなぐだけで、簡単に使い始めることが可能です。また、テレビのON・OFFと本体が連動する「オートスタンバイ機能」が備わっており、利便性にも優れます。

パイオニア(Pioneer) HTP-CS1

パイオニア(Pioneer) HTP-CS1

パイオニア独自のフェイズコントロールやチューニング技術で、低音から高音までバランスよく音を再生できるスピーカー。ゲームをはじめ、映画やドラマがより臨場感のあるサウンドで楽しめます。

音の力強さはそのままに振動を低減する「マナー1」、サブウーファーの音をゼロにする「マナー2」と2つのマナーモードを搭載。時間帯を気にせずコンテンツが楽しめます。また、モードの選択はリモコンのボタンで簡単に切り替え可能です。

入力端子はHDMIを採用。本体とテレビをケーブルでつなぐだけで、すぐに使い始められるのもポイント。また、Bluetoothにも対応しているので、スマートフォンとワイヤレスで接続できるのも魅力です。

パイオニア(Pioneer) バースピーカーシステム FS-EB70

パイオニア(Pioneer) バースピーカーシステム FS-EB70

上方向からの音をプラスすることで、立体感のあるサウンドを実現したPS4向けのスピーカー。FPSやMMORPGなどのゲームが、まるでその場で体験しているかのような臨場感で楽しめます。

バースピーカーは高さ53mmとコンパクト設計で、テレビの下に設置しやすいのがポイント。また、レシーバーも小型なので置き場所を選びません。シックなブラックカラーで、インテリアとしても活躍するのが魅力です。

電源のON・OFFや音量調節などの基本操作をテレビのリモコンで行うことが可能。リモコンを使い分ける必要がありません。初めてスピーカーを購入する方でも、簡単に使い始められるアイテムです。

オラソニック(Olasonic) 高音質Bluetoothスピーカー IA-E55BT

オラソニック(Olasonic) 高音質Bluetoothスピーカー IA-E55BT

左右独立型で、さまざまなレイアウトが楽しめるPS4向けスピーカー。付属のケーブルを使用することで、最大150cmの範囲内で設置できます。テレビの位置や都合に応じて場所を自由に移動できるのがポイントです。

本体にはハイレゾ再生が可能な高性能スピーカーを搭載。クリアかつ鋭く、臨場感のあるサウンドが楽しめます。また、φ70mmパッシブラジエータが備わっているので、きれいな低音が響くのも魅力です。

アナログ再生以外にBluetoothにも対応しているため、スマートフォンやノートパソコンの音楽を楽しむことも可能。また、USBケーブルを使えば、ノートパソコンやモバイルバッテリーから給電できます。配置と使用の両面で自由度が高いアイテムです。

オラソニック(Olasonic) HDMI対応テレビ用高音質スピーカー TW-D9HDM

オラソニック(Olasonic) HDMI対応テレビ用高音質スピーカー TW-D9HDM

オーディオ&ビジュアルアウォードの受賞歴があるPS4向けスピーカー。音が効率的に広がる卵型の形状をしているのが特徴で、臨場感のあるサウンドが楽しめます。インテリアとしても活躍するアイテムです。

スピーカーが左右独立型で、テレビを挟むようにして設置できるのがポイント。サイズもコンパクトで、スペースをあまり取らないのが魅力です。また、テレビと本体をHDMIケーブルでつなぐだけで使い始められるなど利便性にも優れています。

テレビの電源と連動してON・OFFが切り替わるので、電源の切り忘れを予防することが可能。アナログ接続のほかにBluetoothにも対応しているので、スマートフォンなどとワイヤレスで接続できます。機能性とデザイン性を併せ持つ製品です。

ロジクール(Logicool) オプティカルインプット対応スピーカーシステム+サブウーファー Z625

ロジクール(logicool) オプティカルインプット対応スピーカーシステム+サブウーファー Z625

オーディオ再生のための厳格基準であるTHX認定オーディオであり、箱から取り出してすぐに使い始められるスピーカー。2つの200Wスピーカーとサブウーファーが備わっています。透明感のある音と重低音を併せ持ち、ゲームだけでなく映画や音楽の再生にもおすすめです。

3.5mmジャックによる有線接続やRCA入力など、複数の入力方法に対応。ゲームのほかにテレビやノートパソコンなど最大3台のデバイスと同時に接続できます。切り替えの際に、取り外して付け替える手間がありません。

片方のサテライトスピーカーには電源のほかに音量や低音を調節するつまみを搭載。指先で好みの設定へとコントロールできます。パワフルなサウンドが手軽に楽しめるのが魅力のアイテムです。

JBL Bar Studio JBLBARSBLKJN

JBL Bar Studio JBLBARSBLKJN

2.0ch+デュアルバスポートやJBLサウンドにより、低音域がしっかり響くのが特徴。アクション、FPSなどの対戦型ゲームや、スポーツ中継などが臨場感のあるサウンドで楽しめるスピーカーです。

本体とテレビをHDMIケーブルでつなぐだけで、簡単に使い始められるのが魅力。複雑な設定や接続が必要ありません。また、テレビのリモコンを使って、本機の操作が行えるのもポイントです。

本体サイズは幅618×奥行86×高さ58mm。テレビの下への設置に適しており、インテリアとしても活躍するほどのスタイリッシュなデザインになっています。また、壁に掛けることもできるので、自由なレイアウトで配置可能です。

PS4に最適なスピーカーのおすすめ人気モデル|サラウンドタイプ

ヤマハ(YAMAHA) フロントサラウンドシステム YAS-108

ヤマハ(YAMAHA) フロントサラウンドシステム YAS-108

本体サイズは幅890×奥行131×高さ53mm。テレビの前に置いても画面を遮らないのが特徴のPS4向けスピーカーです。シックなブラックカラーで、スタイリッシュなデザインに仕上がっています。また、壁に掛けられるのも特徴です。

バーチャルサラウンド技術「DTS Virtual:X」を採用しており、クリアで迫力のある音が広がるのが魅力。フルレンジとサブウーファーを内蔵したワンパーボディながらも、奥行のあるサウンドが楽しめます。

低音を増強する機能「バスエクステンション」が搭載されているので、ずっしりとした重たい音を楽しむことも可能。また、Bluetoothでスマートフォンとワイヤレス接続できるため、スマホゲームもよい音で遊べるのがポイントです。

ヤマハ(YAMAHA) MusicCast BAR 400

ヤマハ(YAMAHA) MusicCast BAR 400

バーチャル3Dサラウンド技術の「DTS Virtual:X」搭載で、前方・左右・後方・高さの方位から全身を包み込むような音が体感できるPS4向けスピーカー。FPSやMMORPGなど、これまで楽しんでいたゲームがより迫力を増して楽しめます。

「クリアボイス機能」を搭載しており、キャラクターのセリフを自動で判別してボリュームを上げてくれるのが特徴。物語を進めるうえで重要になるセリフを聞き逃すことがありません。ストレスなくゲームが進行できます。

高さ60mmと、コンパクトかつスリムなバータイプのセンターユニットは、テレビの前に置いても邪魔にならないのがポイント。壁に掛けることもできます。また、HDMIケーブルでテレビと接続するだけで簡単に使い始められることや、テレビのON・OFFに連動するのも魅力です。

ソニー(SONY) ホームシアターシステム HT-RT5

ソニー(SONY) ホームシアターシステム HT-RT5

ジャンルに合ったサウンドモードを機器が判別してセレクトする「ClearAudio+」が搭載されているPS4向けスピーカー。HDMI入力にPS4が接続された際、自動的にゲームサウンドの再生に適した「GAME」モードが選択されるのが魅力です。

本体サイドに幅広い音域をきれいに再生するソフトドーム型トュイーターを搭載。臨場感のあるゲームのBGMが楽しめます。また、本体センターに備え付けられたスピーカーがキャラクターのセリフを明瞭に再生するのがポイントです。

コンパクトなデザインながらも、大口径160mmのサブウーファーを搭載。低い音域のサウンドも忠実に再現します。また、本体とサブウーファーはワイヤレスで接続できるのでテレビや本体から離れた所に設置可能。機能性と利便性の両面を併せ持っているアイテムです。

ソニー(SONY) サウンドバー HT-Z9F

ソニー(SONY) サウンドバー HT-Z9F

音声フォーマット「ドルビーアトモス」「DTS:X」に対応しており、包み込むような3次元の音を楽しめるのが魅力。前後左右からだけでなく、雨のようにきれいな音が降ってくるのが特徴のPS4向けスピーカーです。

ソニー独自の「Vertical Surround Engine」により、トップスピーカーやイネーブルスピーカーなしで立体的な音響を実現。テレビのまわりが機器だらけにならず、スッキリと設置できるのもポイントです。

ハイレゾ音源に対応したデジタルアンプ技術「S-Master HX」により、迫力のあるサウンドから繊細な音色までノイズなく表現。本体の真ん中にスピーカーを搭載することで、キャラクターの声もはっきり聞こえます。

東芝(TOSHIBA) レグザサウンドシステム RSS-AZ55

東芝(TOSHIBA) レグザサウンドシステム RSS-AZ55

テレビの背面に設置することで、立体感のあるサウンドが楽しめるPS4向けスピーカー。画面を遮ることなく置けるのが特徴です。2つのサテライトスピーカーが付属しており、両サイドに置くことで3Dサラウンドが体感できます。

音の広がりや立体感を高める「DTS Studio Sound」を搭載しているので、臨場感のなかでゲームを楽しめるのが魅力。また、リモコンひとつでイコライザーや低音などのモード切り替えが可能なのもポイントです。

レイザー(RAZER LEVIATHAN) 5.1ch サラウンドサウンドバー RZ05-01260100-R3A1

レイザー(RAZER LEVIATHAN) 5.1ch サラウンドサウンドバー RZ05-01260100-R3A1

映画音響のパイオニアである「ドルビー」のバーチャルスピーカーを搭載しており、フルレンジのサラウンドサウンドが体感できるPS4向けスピーカー。ゲームでのバトルシーンやムービーをより迫力のあるモノへと変貌させます。

付属のサブウーファーは奥行きのある重低音を生み出すために設計されているので、臨場感のあるBGMや効果音が楽しめるのも魅力。ゲームの種類に応じて選択可能な3つのイコライザーが用意されているのもポイントです。

クリエイティブ(CREATIVE) Sound BlasterX Katana SBX-KTN

クリエイティブ(CREATIVE) Sound BlasterX Katana SBX-KTN

サウンドバーとサブウーファーで構成されており、5つのドライバーを搭載しているPS4向けスピーカー。あらゆる方向から音が感じられるので、オープンワールド仕様のゲームへの没入感が高まります。

本体の高さが60mmと低いので、テレビの前に設置しても邪魔にならないのが特徴。ボディの素材はスタイリッシュなアルミニウムを採用しており、インテリアとしても活躍します。

1680万色からなるLED「Aurora Reactiveライティングシステム」を搭載しており、サウンドコントロールが色で判別できるのもポイント。視覚的にも楽しめるアイテムです。