ソニー・インタラクティブエンタテインメントが販売している「プレイステーション4」。通称”PS4″として認知されている人気のゲーム機で、実写と遜色ないリアルな映像や壮大な世界観を存分に楽しめるのが大きな魅力です。

とはいえ、よりソフトのポテンシャルを引き出すには、周辺機器も重要。なかでもサウンド環境は臨場感が変わるため、ゲームへの没入感がアップします。そこで今回は、PS4とセットで使えるおすすめのスピーカーをご紹介。購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

PS4に最適なスピーカーとは?

By: amazon.co.jp

PS4向けスピーカーとは、テレビゲーム向けのアンプ内蔵スピーカーのこと。既存のテレビスピーカーのレベルをアップさせたい、またはゲーム向けのサウンド仕様にしたいという方におすすめです。

特に薄型テレビではサイズの都合上、スピーカーの音質には限界があります。そのため、低音域を充実させたい場合やより迫力のあるサウンドを楽しみたいときに用いると効果的です。

また、ゲームによってはサラウンド(立体的に聴こえる音響)を体感できるかどうかでプレイの質が大きく左右することがあります。PS4向けにテレビの内蔵スピーカーをアップグレードしたい方はチェックしておきましょう。

PS4向けスピーカーと普通のスピーカーの違うところ

By: amazon.co.jp

通常のアンプ内蔵スピーカーにおいてもっとも一般的な入力端子は、ステレオミニ端子によるアナログ入力。ただ、アナログ音声はデジタルに比べてサラウンド信号に対応していない場合があるのでPS4には不向きです。

PS4は、HDMIデジタル出力や光デジタル出力を備えているので、これらに対応するスピーカーがおすすめ。接続方法としては、PS4とスピーカーをHDMIケーブルで、さらにスピーカーとテレビを同端子で接続して、3つの機器を連結することで充実したサウンド環境を整えることができます。

PS4に最適なスピーカーの選び方

入力端子で選ぶ

By: amazon.co.jp

音質や性能面で選ぶならHDMI入力対応スピーカーがおすすめ。DolbyTrueHD、dts-HD MasterAudioなどの高品位サラウンド規格の出力に対応するとともに、24bit/192kHzでのハイレゾ伝送も可能です。

この場合、PS4からのHDMI出力がテレビにも接続できるように、スピーカーにはHDMIスルー出力のある機種がおすすめ。そうでない場合はHDMI出力を分岐できるセレクターか、セレクター機能を持つAVアンプと併用することで使用できます。

なお、光デジタル接続の場合、簡易的な下位規格での出力には対応しているので、サラウンド再生自体は可能。一方、デジタル信号としては16bit/48kHzまでの出力に、ハイレゾには非対応です。

ワイヤレス接続はPS4に不向き

By: amazon.co.jp

最近普及にしているBluetoothのワイヤレス接続は、PS4が送信に対応していないので使えません。なお、PS4かテレビの音声出力にBluetooth送信機を追加すれば使えるようにはなりますが、音声に遅延が起きるが恐れがあり、映像との同期が求められるゲームでの使用はおすすめしません。そのため、極力有線で接続できるスピーカーを選びましょう。

サラウンド対応タイプから選ぶ

  

By: amazon.co.jp

アンプ内蔵スピーカーはステレオ2chのものものとサラウンドに対応するもので分かれます。ゲームの臨場感をより高めたい方は、サラウンド対応型がおすすめです。

ひとつにサラウンドといっても、後ろにスピーカーを配置するリアルサラウンドタイプか、前方のみで信号処理技術により仮想的にサラウンド再生できるバーチャルサラウンドタイプに分かれます。

バーチャルサラウンドタイプは、サウンドバーと呼ばれる棒状の一体型が主流で、縦置きと横置きとがあります。特に横置きの場合は、テレビの画面下に設置することができるので、省スペース性重視の方におすすめです。

リアルサラウンドタイプは、設置するスペースが必要な上に、価格も高くなる傾向があります。ただ、前後左右360°で展開する立体音響を存分に楽しめるため、リアルを追求したい方におすすめです。

ステレオタイプから選ぶ

By: amazon.co.jp

ステレオタイプは、音楽再生向けに高音質志向の設計やチューニングが施されているのが特徴。また、ハイレゾ再生に対応しているものもありますが、再生する機器と音源がハイレゾに対応している必要があるので注意が必要です。PS4でも音楽を聴くことが多いという方は、ステレオタイプのモデルを確認しておきましょう。

サブウーファーの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

ゲームの重低音の再生をより充実させたい方はサブウーファーの有無もチェックしておきましょう。サブウーファーとは、メインスピーカーと別筐体の低音専用スピーカーのことで、スピーカー単体より音の迫力がアップします。なお、その分価格も高い傾向にあるので、購入する際は予算との兼ね合いを考慮しましょう。

PS4に最適なスピーカーのおすすめ人気モデル|ステレオタイプ

ロジクール(logicool) スピーカーシステム Z625

ロジクール(logicool) スピーカーシステム Z625

200Wのスピーカーを2つとサブウーファーを備えた2.1chのPS4向けスピーカーです。低音もしっかりと響かせられるためゲームだけでなく映画や音楽の視聴にも向いています。

3.5mmジャックまたはRCA接続に対応しており、ゲーム機器・PC・テレビなど最大3台まで接続可能。切り替えの手間が省けるためスムーズに視聴できます。右サテライトスピーカーには音量・低音のボリューム調節などを操作でき利便性に優れているのも魅力です。

JBL Bar Studio JBLBARSBLKJN

JBL Bar Studio JBLBARSBLKJN

2.0chサウンドバータイプのPS4向けスピーカーです。38mm径ツイーターを2基と50mm径のウーファーを2基搭載しており、幅61.4cmとテレビの下へ設置するのに適しています。

本製品は、デュアル・バスポート設計により深みのある低音再生ができるため、重低音重視の方におすすめです。アクションゲーム・ホラーゲーム・映画・音楽などをより臨場感のある音で再生できます。

Bluetooth接続にも対応しているため、スマートフォンなどを接続して音楽用を流したい時にも便利です。そのほかにもHDMI・USB・光デジタル・アナログ接続に対応しており、さまざまな機器と手軽に接続できます。

オラソニック(Olasonic) TV用スピーカー TW-D9HDM

オラソニック(Olasonic) TV用スピーカー TW-D9HDM

卵型の形状が特徴的なPS4向けスピーカーです。音の定位感や広がりを感じ取りやすい形状で、より臨場感あふれる音を再生できます。デザイン性にも優れているためリビングなどに置きたい方にもおすすめです。

また、本製品はHDMIで簡単に接続でき、ARC対応テレビであればHDMIケーブル1本で接続ができます。また、スピーカー本体の電源がテレビ電源に連動しているため、テレビリモコンのスイッチでオンオフ可能。電源を切り忘れる心配もありません。

さらに、Bluetooth接続やNFC機能にも対応しています。スマートフォンやオーディオプレイヤーなどとワイヤレス接続して、ラジオや音楽を楽しみたい方にもおすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) パワードスピーカー NX-50

ヤマハ(YAMAHA) パワードスピーカー NX-50

テレビサイドの設置に適したコンパクトサイズのPS4向けスピーカーです。本体サイズが幅83×高さ184mmで、上向きに傾斜しているためテレビ横に置いても耳へと直接音が届きやすくクリアな音質で視聴できます。

スピーカー前面には、バスレフポートを設けているためコンパクトながらも迫力のある低音再生が可能。銃声や爆発音にもより厚みが出るためゲームへの没入感を高められます。

また、ステレオミニジャックを2系統搭載しているため、PS4だけでなくさまざまな機器と接続可能です。電源はテレビと連動しており、テレビを消してから30秒後に電源が切れるため切り忘れる心配もありません。

さらに、カラーバリエーションも豊富。フロントグリルには、高級感のあるパンチングメタルを使用しており、デザイン性にこだわりのある方にもおすすめです。

パイオニア(Pioneer) コンパクトフロントスピーカーシステム HTP-CS1

パイオニア(Pioneer) コンパクトフロントスピーカーシステム HTP-CS1

3Dバーチャルサウンド機能を搭載しているPS4向けスピーカーです。立体的な音場を作れるため、よりPS4ゲームへの没入感を高められます。

また、全ての音域がスムーズにつながるフェイズコントロール機能を採用しているため、映画や音楽鑑賞にもおすすめです。映画・ゲームに適した「映画・ゲームモード」のほか、広い音場を感じられる「ミュージック」モードなども搭載しています。

本製品は、左右が分離しているセパレート型で横置きできるため、テレビスタンドの前へコンパクトに設置したい方にもおすすめです。縦置きもでき、インテリアや好みに合わせてセッティングできます。

Bluetooth接続にも対応しているためスマートフォンを接続して音楽再生も可能。AACとaptXコーデックにも対応しているため、高音質で再生できます。

PS4に最適なスピーカーのおすすめ人気モデル|サラウンドタイプ

レイザー(RAZER LEVIATHAN) Razer Leviathan 5.1ch サラウンドサウンドバー RZ05-01260100-R3A1

レイザー(RAZER LEVIATHAN) Razer Leviathan 5.1ch サラウンドサウンドバー RZ05-01260100-R3A1

ゲーミングデバイスメーカーとして有名なレイザーのPS4向けスピーカーです。サウンドバーと専用サブウーファーのセパレートタイプで、サウンドバーには4基のドライバーを搭載しています。

サブウーファーからは、重低音を再生できるためアクションゲームなどへの没入感を高めたい方にもおすすめです。5.1chサラウンドサウンドのほか、Dolbyバーチャルスピーカーも採用しており、映画や音楽鑑賞でも臨場感あふれる音を再生できます。

Bluetooth接続にも対応しているため、スマートフォンを接続して音楽などを再生したい方にもおすすめです。ワンタッチ接続にも対応しており、1度ペアリングしておけば、その後はすぐに使用できます。

クリエイティブ(Creative) 5.1ch スピーカー Inspire T6300 IN-T6300

クリエイティブ(Creative) 5.1ch スピーカー Inspire T6300 IN-T6300

DSEによるパワフルな中低音とダウンファイアリング方式のサブウーファーによる重低音が魅力的なPS4向けスピーカーです。IFP機能を採用しているため、特定のスイートスポットを作らず、どの場所でもクリアな音声で視聴可能です。

バスレフポートには、パワフルなサブウーファーを採用しており、小型スピーカーながらもパワフルに再生できます。バスレベルは好みに合わせて調節でき、映画や音楽を鑑賞したい方にもおすすめです。

また、本製品専用のワイヤードリモコンが付属し、手元で電源のオンオフやボリュームコントロールなどができます。高音質で利便性の高い製品ですが、価格は安いためコストパフォーマンス重視の方にもおすすめです。

オンキヨー(Onkyo) シネマパッケージ BASE-V60 2.1ch

オンキヨー(Onkyo) シネマパッケージ BASE-V60 2.1ch

左右セパレートタイプのスピーカーを採用しているPS4向けステレオスピーカーです。左右の設置場所を自由に決められるためより自然なサウンドで視聴できます。「サラウンドエンハンサー」モードを使用すればより立体的な音の再生が可能です。

また、16cmの大型スピーカーを採用しているため重低音重視の方にもおすすめ。ハイレゾ再生にも対応しており、幅広いレンジで豊かな音を再生できます。Dolby Atmos、DTS:Xにアップデート対応しているため映画鑑賞にもおすすめです。

さらに、小音量でも豊かな音の再生が可能なオプティマムゲイン・ボリューム機能を採用しているのも魅力。小さなレベルの音を自動補正するレイトナイト機能にも対応しているため、深夜でも周囲を気にせずPS4でのゲームプレイに集中できます。

ソニー(SONY) ホームシアターシステム HT-RT5 M

ソニー(SONY) ホームシアターシステム HT-RT5 M

リアルサラウンドシステムを採用している5.1chのスピーカーです。バースピーカー・サブウーファー・リアスピーカー2基の4つのスピーカーにより、本格的なサラウンドサウンドが楽しめます。

それぞれのスピーカーはワイヤレス接続が可能。電源ケーブルを接続する手間を省いて設置できます。電源ケーブルを接続するだけで自動接続するため逐一設定する手間もありません。

また、4Kパススルーに対応しているため4Kテレビと接続すればPS4の美麗な映像をフルに楽しめます。映画やライブ映像を鑑賞する方にもおすすめです。

3基のHDMI入力端子を備えており、3Dパススルーに対応しているのもポイント。光デジタル接続やBluetooth接続にも対応しています。ハイレゾ再生が可能なLDACにも対応しているため音質重視の方にもおすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) フロントサラウンドシステム YAS-108

ヤマハ(YAMAHA) フロントサラウンドシステム YAS-108

バーチャルサラウンド技術「DTS Virtual:X」を採用した、サウンドバータイプのスピーカーです。前後・左右・後方からの音はもちろん、高さ方向の音もリアルに感じられるため、頭上高く飛ぶ飛行機の音などをよりリアルに再生できます。

バーチャルサラウンドは5種類のモードから選択でき、なかにはゲーム専用のモードもあるためよりPS4に適したモードでプレイ可能。アクションゲームなどでより迫力のあるサウンドを再生したい場合は別売りのサブウーファーを接続して楽しめます。

HDR・4K/60pパススルーなどに対応したHDMI端子を装備しているのもポイント。Bluetooth接続にも対応しており、スマートフォンやオーディオ機器から音楽再生をしたい方にもおすすめです。

ソニー(SONY) サウンドバー HT-Z9F

ソニー(SONY) サウンドバー HT-Z9F

3.1chサウンドバータイプのサラウンドスピーカーです。「Dolby Atmos(R)」「DTS:X(R)」に対応しているのが魅力で、前後左右の音場に加えて高さ方向の音も再現しより立体的な音を感じられます。

壁からの反射音を利用しないバーチャルサラウンドスピーカーなので、部屋の形状の影響を受けないのもポイント。リビングなどテレビ周りの家具が多い場所で使用する方にもおすすめです。

また、DSD・WAV・FLACなどのハイレゾ音源に対応しており、ゲームサウンドのディテールもより繊細に感じられます。4K信号とHDR信号のパススルーにも対応しており、多彩な4Kコンテンツが楽しめるためライブ音源や映画鑑賞にもおすすめです。