ソニーが発売している「プレイステーション4」。通称”PS4″として知られている人気のゲーム機で、実写と遜色ないリアルな映像や壮大な世界観を存分に楽しめるのが大きな魅力です。

周辺機器のなかでも、サウンド環境を整えると、ゲームの世界観への没入感がアップします。そこで今回は、PS4とセットで使えるおすすめのスピーカーをご紹介。購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

PS4に最適なスピーカーとは?

By: amazon.co.jp

PS4用には、テレビゲーム向けのアンプを内蔵したスピーカーがおすすめ。薄型テレビではサイズの都合上、スピーカー音質に限界があります。そのため、低音域を充実させたい場合やより迫力のあるサウンドを楽しみたいときに用いると効果的です。

また、ゲームによっては立体的に聴こえる音響を体感できるかどうかで、プレイの質を大きく左右されることも。PS4向けにテレビの内蔵スピーカーをアップグレードしたい方はチェックしておきましょう。

PS4に最適なスピーカーの選び方

入力端子で選ぶ

By: amazon.co.jp

音質や性能面で選ぶならHDMI入力対応スピーカーがおすすめ。DolbyTrueHD、dts-HD MasterAudioなどの高品位サラウンド規格の出力に対応するとともに、24bit/192kHzでのハイレゾ伝送も可能です。

また、PS4からのHDMI出力がテレビにも接続できるように、スピーカーにはHDMIスルー出力のある機種がおすすめ。そうでない場合はHDMI出力を分岐できる分配器か、セレクター機能を持つAVアンプと併用することで使用できます。

なお、光デジタル接続の場合、簡易的な下位規格での出力には対応しているため、サラウンド再生自体は可能。一方、デジタル信号としては16bit/48kHzまでの出力なので、ハイレゾには非対応です。

ワイヤレス接続はPS4に不向き

最近普及しているBluetoothのワイヤレス接続は、PS4が送信に対応していないので使えません。なお、PS4かテレビの音声出力にBluetooth送信機を追加すれば使用はできますが、音声に遅延が起きる恐れがあり、映像との一体感が求められるゲームでの使用には不向きです。そのため、極力有線で接続できるスピーカーを選びましょう。

サラウンド対応タイプから選ぶ

By: amazon.co.jp

アンプ内蔵スピーカーはステレオ2chとサラウンド対応に分かれます。ゲームの臨場感をより高めたい方は、サラウンド対応型がおすすめです。

しかし、ひと口にサラウンドといっても、後ろにスピーカーを配置するリアルサラウンドタイプか、前方のみで信号処理技術により仮想的にサラウンド再生できるバーチャルサラウンドタイプかに分かれます。

バーチャルサラウンドタイプは、サウンドバーと呼ばれる棒状の一体型が主流で、縦置きと横置きが存在。特に横置きの場合は、テレビの画面下に設置できるので、省スペース性重視の方におすすめです。

リアルサラウンドタイプは、設置するスペースが必要なうえに、価格も高い傾向があります。ただし、前後左右360°で展開する立体音響を楽しめるため、リアルさを追求したい方におすすめです。

ステレオタイプから選ぶ

By: amazon.co.jp

ステレオタイプは、音楽再生向けに高音質志向の設計やチューニングを施しているのが特徴。なかには、ハイレゾ再生に対応しているモノもありますが、再生する機器と音源がハイレゾに対応している必要があるので注意しましょう。PS4でも音楽を聴きたい方は、ステレオタイプのモデルを確認してみてください。

サブウーファーの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

重低音の再生をより充実させたい方は、サブウーファーの有無もチェックしておきましょう。サブウーファーとは、メインスピーカーと別筐体の低音専用スピーカーのこと。スピーカー単体より音の迫力がアップします。

なお、サブウーファーが付いている価格も高い傾向にあるので、購入する際は予算との兼ね合いを考慮しましょう。

PS4に最適なスピーカーのおすすめ人気モデル|ステレオタイプ

オラソニック(Olasonic) テレビ用高音質スピーカー TW-D77OPT

卵のような形をした、おしゃれなデザインのPS4向けスピーカーです。卵型の形状により音が効率的に広がり、臨場感のあるサウンドが楽しめます。

内部には、60mmのフルレンジスピーカーと70mmのパッシブラジエーターを搭載。しっかりとした低音を再生します。

スピーカーは左右独立型で、テレビを挟むようにして設置できるのがポイント。サイズもコンパクトで、スペースをあまり取らないのも魅力です。

テレビと光デジタルケーブル1本で簡単に接続できます。テレビと連動してスピーカーの電源も自動でオフになるので便利です。

ロジクール(Logicool) オプティカルインプット対応スピーカーシステム Z625

光デジタル入力に対応したPS4向けの2.1chスピーカーです。3.5mmジャックの有線接続やRCA入力など、複数の入力方法に対応。ゲームのほかにテレビやノートパソコンなど、最大3台のデバイスと同時に接続できて便利です。

さらに、ヘッドホン接続も可能。深夜や早朝など、周囲の音漏れに配慮しながら使用したいときにも役立ちます。

また、高品位なホームシアター規格である「THX」認証も取得。ゲームだけでなく映画、音楽と幅広く活躍します。片方のサテライトスピーカーには電源のほかに音量や低音を調節するつまみを搭載。指先で好みの設定へとコントロールできます。

アンプ出力が400Wとパワフルなのが特徴。高さ30.3×奥行き26.4×幅28.2cmと、やや大きめのサブウーファーが付属しています。充実したサウンド環境を整えたい方におすすめです。

エディファイアー(Edifier) デスクトップパワードスピーカー ED-S880DB

ハイレゾに対応したPS4向けスピーカーです。コンパクトながら最大出力88Wのハイパワーが特徴。迫力あるサウンドを楽しめます。

光デジタル端子のほかRCA端子やUSB端子などを備えており、さまざまな機器と接続可能なのもポイント。Bluetooth接続にも対応しており、スマホやタブレットをワイヤレスで接続できます。約10mの通信距離により、テレビから離れた位置にも設置できるため便利です。

多機能なリモコンが付属するのもポイント。CLASSIC・MONITOR・DYNAMIC・VOCALの4つのプリセットモードから、好みの音質を選んで手軽にサウンド調節できます。

ボーズ(Bose) コンパクトサウンドバー TV Speaker

高さ約5cmのスリムデザインを採用した、ワンボディ型サウンドバーです。薄型テレビのスタンドが低い場合や、設置場所のスペースが狭い場合におすすめ。別売りの壁掛けブラケットを使用すれば、壁掛けも可能です。

接続はHDMIケーブル1本で接続するだけと、はじめて設置する方でも簡単に使えます。HDMI-CEC機能により、テレビの操作と連動するのもポイントです。また、光デジタルケーブルによる接続にも対応しています。

2つのフルレンジドライバーの搭載により、拡がりのあるサウンドを再生。リモコンの「ダイアログモード」をオンにすれば、テレビ番組のトークやセリフが聴きやすくなるのも便利です。

クリエイティブ(Creative) GigaWorks T40 Series II GW-T40II-R2

イエローのアクセントがおしゃれなPS4向けスピーカーです。ミッドレンジスピーカーでツイーターを挟んだ「MTMデザイン」を採用。存在感のあるスタイリッシュなデザインで、インテリア性を重視する方にもおすすめです。

サイズは約15×11.6×32cmと、比較的コンパクト。フロント部分に音量や音質を調節するつまみを搭載しているので、自分好みのサウンドへと手軽に設定可能です。

「BasXPortテクノロジー」に対応しているのもポイント。パワフルな低音を再生し、中高音域や高音域とのバランスも良好です。変換アダプターが付属し、ゲーム機やDVDプレーヤーなどとの接続も可能。幅広い用途で使用できます。

PS4に最適なスピーカーのおすすめ人気モデル|サラウンドタイプ

ヤマハ(YAMAHA) フロントサラウンドシステム YAS-109

バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応したサウンドバー。音の鳴る高さまで再現するため、特に、飛行機が頭上を飛んでいくシーンなどでは、高い臨場感を感じられます。

幅89×高さ5.3cmとスリムなボディもポイント。薄型テレビの前に置いても邪魔になりにくく、壁掛けにも対応しています。30Wのフルレンジスピーカー2つに加え、60Wのサブウーファーとツイーターを左右それぞれに内蔵。迫力のある音を楽しめます。

HDMI入力は、HDR・4K/60pに対応。高品位な映像を鑑賞したい方にもおすすめです。また、Alexaを内蔵しており、手軽に音声操作が可能。クリアボイス機能など、テレビ番組の視聴に便利な機能も搭載しています。

パナソニック(Panasonic) シアターバー SC-HTB01

スクウェア・エニックスとの共同開発で、ゲームの迫力をしっかりと引き出せるスピーカーです。RPGモード・FPSモード・ボイス強調と、3つのゲーム用モードを搭載。ゲームに合わせたサウンドでプレイを楽しめます。

また、テレビ視聴向けのサウンドモードも採用。「スタンダード」「ミュージック」「シネマ」から、用途に合わせて選択可能です。

ハイレゾにも対応しているのもポイント。目の前で聴いているような高解像度のサウンドが再生できます。さらに、Bluetoothにも対応しており、スマホなどともワイヤレスで接続可能。汎用性に優れたおすすめのモデルです。

ソニー(SONY) ホームシアターシステム HT-A9

独自の立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」を採用したスピーカーシステム。4本のスピーカーによるリアルサラウンドにより、周囲が音に囲まれるような立体音響を体験できます。

サラウンド規格「Dolby Atmos」や「DTS:X」にも対応。ブルーレイやネット動画など、幅広いコンテンツで臨場感あふれる音を楽しめるのが魅力です。

テレビとコントロールボックスはHDMIケーブルで繋ぎ、4本のスピーカーとコントロールボックスはワイヤレスでの接続が可能。ケーブルがごちゃつかず、部屋にすっきりと設置できます。

レイザー(Razer) サブウーファー付デジタルサウンドバー Leviathan RZ05-01260100-R3A1

 

ゲーミングデバイスメーカーとして人気を集める、レイザーのPS4向けスピーカーです。サウンドバー部分には4基のドライバーを搭載。5.1chサラウンドサウンドのほか、「Dolbyバーチャルスピーカー」に対応しており、ゲームだけでなく、映画や音楽鑑賞でも臨場感あふれる音を再生できます。

また、より正確な重低音の再現に特化した、サブウーファーが付属しているのも魅力。クリアでパワフルなサウンドを求める方にもおすすめです。

接続は無線と有線の両方に対応しています。アナログ端子に加え、光デジタル端子を備えているのもポイント。Bluetooth接続にも対応しているので、手軽にスマホから音楽再生を楽しみたい方にもぴったりです。

クリエイティブ(CREATIVE) マルチメディアスピーカー Sound BlasterX Katana SBX-KTN

サウンドバーとサブウーファーで構成され、5つのドライバーを搭載しているPS4向けスピーカー。さまざまな方向から音を感じられるので、オープンワールド仕様のゲームへの没入感が高まります。

ハイレゾ音源に対応しているため、ゲームだけでなく高音質で音楽を楽しみたい方におすすめ。1680万色からなるLED「Aurora Reactiveライティングシステム」を搭載しており、視覚的にも楽しめます。

本体の高さは約6cmと低く、テレビの前に設置しやすいのも魅力。ボディの素材はスタイリッシュなアルミニウムを採用しており、インテリアにも馴染みます。