体格に合わせて形状を変え、体にピッタリとフィットする「ビーズクッション」。ユニークな形状とクセになる感触から高い人気を集めており、小さめのタイプから大きいサイズまで幅広くラインナップされています。

そこで今回は、おすすめのビーズクッションを大きめサイズと小さめサイズに分けてご紹介。選び方も合わせて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ビーズクッションの選び方

用途に合わせてサイズを選ぶ

ソファや椅子のように使える「大きめサイズ」

By: amazon.co.jp

ソファや椅子のようにゆったりともたれかかりたい場合は、大きめサイズのビーズクッションがおすすめです。全身を預けられるサイズであれば、寝転んで仮眠も可能。全身を包み込まれるような感覚でリラックスできます。

大きさによっては複数人で座れる大きなソファとしても使用可能。大きければ大きいほど設置には場所を取るので、忘れずにサイズの確認をしておきましょう。

座布団程度の「小さめサイズ」

By: amazon.co.jp

小さめサイズのビーズクッションは、座布団や座椅子のように使用できます。コンパクトかつ軽量なので、小脇に抱えてリビングから寝室へ持ち運んでも使用可能。スペースはほとんど不要のため、子供部屋や一人暮らしの部屋にも無理なく設置できます。

ベッドやソファに複数のビーズクッションを配置すれば、インテリアとしてもおしゃれ。不要になった場合も簡単に処分できます。

中材のビーズサイズをチェック

By: rakuten.co.jp

1mm以下のビーズクッションの特徴

1mm以下の細かいビーズを使用したビーズクッションは、流動性が高く体にフィットしやすい点が特徴です。ビーズが細かい分かかる圧力が効率的に分散されるのでへたりにくく、長期間モチモチとした感触をキープできます。

1mm以下のビーズクッションは、ビーズをこぼしてしまった際の掃除が大変な点がデメリット。高価なモデルも多いため、予算に余裕がある方におすすめです。

2mm以上のビーズクッションの特徴

直径2mm以上の比較的大きめのビーズを採用したビーズクッションは、しっかりとした弾力がある安定した座り心地と感触が特徴です。細かいビーズを採用したビーズクッションよりも低価格なモデルも多く、コストパフォーマンスにも優れています。

一方で、ビーズひと粒ひと粒がやや潰れやすく、ビーズクッション全体がへたりやすい点がデメリット。そのため、2mm以上のビーズクッションを選ぶ場合は、ビーズの交換や補充に対応しているタイプがおすすめです。

カバーの素材をチェック

By: amazon.co.jp

ビーズクッションを選ぶ際は、カバーの素材をチェックしましょう。伸縮性の高い生地は、座った際のもちもちとした感触が特徴。摩擦に強く破れにくいので子供やペットのいる家庭でも使いやすく、吸水速乾性にも優れているため夏場にもおすすめです。

ビーズクッションによっては、帆布やデニムを採用したカバーもラインナップされています。デザイン性が高いため、インテリアとしての側面を重視する場合はチェックしてみてください。

カバーを外して洗濯できるモデルがおすすめ

By: nitori-net.jp

ビーズクッションは、一般的に床の上に置いて使用する場合がほとんど。ソファのように使ったり、脚を置いたり、ベッドのように寝転んだりなど長期間にわたりさまざまな使い方をしていると、どうしても汚れが気になってきます。

そのため、ビーズクッションを選ぶ際はカバーを取り外せるかどうかも重要。取り外したカバーが洗濯できるタイプであれば、汚れても綺麗に洗えます。清潔な状態で長く愛用したい場合は、カバーを洗濯できるタイプがおすすめです。

ビーズの補充や詰め替えができればへたり防止に

By: rakuten.co.jp

ビーズの補充ができるかどうかも忘れずにチェックしておきたいポイント。ビーズクッションは、長期間使用していると弾力が弱くなりへたってしまう場合があります。ビーズを後から補充できると、へたってしまった場合でも好みの弾力に調節可能です。

ビーズの補充に対応している場合は、補充口の仕様にも注目。誤ってファスナーが開かないような工夫がされていたり、2重構造になったりしていると、ビーズがこぼれずスムーズに補充できるのでおすすめです。

ビーズクッションのおすすめブランド

ヨギボー(Yogibo)

By: amazon.co.jp

ヨギボーは、ビーズクッションを中心に取り扱う米国のブランド。米国で特許を取得した独自の特殊繊維技術を採用したカバーにより、モチモチとした高いクッション性を実現しています。体のラインにピッタリとフィットし、包み込まれるような体験が可能です。

ビーズクッションを専門的に取り扱うブランドなので、サイズやカラーが非常に豊富。複数のビーズクッションを組み合わせたり、インテリアに合わせたデザインを選んだりしたい方におすすめのブランドです。

ニトリ

By: rakuten.co.jp

ニトリは、北海道札幌市に本社を構える大手の家具メーカー。「お、ねだん以上。ニトリ」のキャッチコピーでおなじみのメーカーで、低価格ながら品質の高い、コストパフォーマンスに優れた家具を多数展開しています。

ニトリのビーズクッションは、大小さまざまなサイズがラインナップ。細かいビーズが採用されているためフィット感に優れているほか、ビーズの補充にも対応しているので、長く使い続けられます。

無印良品

By: amazon.co.jp

無印良品は、食品・生活雑貨・家具・家電・衣料品などさまざまな製品を扱う日本のブランド。製品パッケージから製品そのものまで非常にシンプルなデザインが採用されているほか、高品質かつ低価格な点も特徴です。

無印良品は、「体にフィットするソファ」と称したビーズクッションを展開しています。シンプルなデザインなので、設置する部屋のインテリアを問いません。正方形の大きいサイズながら価格が安いため、コストパフォーマンスを重視する方におすすめです。

ビーズクッションのおすすめ|大きめサイズ

ヨギボー(Yogibo) ヨギボー マックス

全身を預けられるゆったりとしたサイズのビーズクッションです。ベッドのように使うのはもちろん、立てて腰掛ければ椅子に、横にすればソファのように使用可能です。

特許取得済みの技術を採用したカバーは伸縮性に優れており頑丈。大きめのビーズを採用しているため、使用しないときや掃除をしたい場合は立てて置くことも可能。大きなサイズながらさまざまな場所で使用できます。

ビーズの補充にも対応しているので、へたってきたと感じても好みの硬さに調節可能。カバーは洗濯できるほか、カバーが伸びても洗濯後に低温乾燥すると再び伸縮性が復活するので、安心して長期間愛用できます。

豊富なカラーバリエーションも魅力。高品質で人気の高い、おすすめのビーズクッションです。

ニトリ ビーズソファ 大

しなやかな座り心地が魅力のビーズクッション。0.3~0.5mmの極小マイクロビーズが採用されているのが特徴です。本体には伸縮性のある滑らかな生地を使用。ビーズの動きを邪魔しにくいので、体のラインにフィットします。

専用カバーに2種類の生地が採用されているのもポイント。硬い面と柔らかい面があるため、ゆったりとした座り心地としっかりとした座り心地の両方を楽しめます。座るだけではなく、脚を置いてスツールのように使用したり枕代わりにしたりも可能です。

また、ビーズの補充にも対応。へたってきてもビーズを補充して長く使えるので、コストパフォーマンスにも優れています。ビーズの補充口には2重構造を採用しており、ビーズをこぼしてしまうトラブルを予防可能です。

サイズは幅65×奥行65×高さ45cmの正方形。さまざまな部屋にマッチしやすい、おすすめのビーズクッションです。

無印良品 体にフィットするソファ

シンプルなデザインで人気のビーズクッション。シンプルな四角形を採用しており、さまざまなインテリアに溶け込みやすい点が魅力です。

内部には微粒子ビーズが充填されており、体形に合わせて包み込まれるようなフィット感を体験可能。縦に置いた場合と横に置いた場合では、弾力やフィット感が異なるので、少し休憩したいときや長時間座りたいときなど、シーンに合わせて使い分けられます。

本体サイズは幅65×奥行65×高さ43cm。大きめのサイズながら低価格なので、コストパフォーマンスを優先する方におすすめのビーズクッションです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ビーンズ MAX

日本製のビーズクッション。表面のカバーに耐久性の高い特殊な素材を採用しているので、安心して座ったり乗ったりできます。伸縮性にも優れているため、1人で使うのはもちろん、大人が2人で乗っても破れずに使用可能です。

長さ約160cmと非常に大きいので、体の大きい方でもゆったりと使えます。細かいビーズがたっぷりと詰まっているため、体のラインに沿って自然とフィットしやすい点が特徴。寝そべったり座ったり、さまざまな使い方ができます。

大型ながら軽量なので、好きな位置に持ち運んで使用可能。カバーは取り外して洗濯機で洗えるため、清潔な状態で使い続けられる点も魅力です。ビーズの補充にも対応しており、好みの量のビーズを入れて硬さや弾力を調節できます。

インナーカバーには誤って開かないようにセーフティファスナーを採用。大きいサイズのビーズクッションに興味がある方は、ぜひチェックしてみてください。

山善(YAMAZEN) ビーズクッション BS61-1570

清潔な状態で使えるビーズクッション。表面の生地はサラサラとしており、爽やかな使い心地を実現しています。カバーは取り外して洗濯もできるため、清潔な状態で使用可能です。

幅155×奥行70×高さ45cmの大きなサイズなので、全身を預けられる点が特徴。採用されているビーズのサイズも小さいため流動性が高く、体格に合わせてフィットします。また、横にして座るのはもちろん、立てた状態から体を沈めるとソファとしても使用可能です。

軽量なので別の部屋に持ち運んだり、掃除の時に移動させたりもできます。注入口も用意されているため、ビーズの補充も可能。使用しないときは立たせられるので、大きいサイズながら最小限のスペースで使用できます。

山善(YAMAZEN) ビーズクッション 特大 BS60-1140

ひょうたん型を採用した大きなサイズのビーズクッション。内部にはマイクロビーズが約6kg分入っています。ビーズが細かいので体にフィットしやすく、さまざまな姿勢で乗っても包み込むようなふわふわとした感触を体験可能です。

上下と左右で異なる特性の生地を採用。縦向きと横向きを使い分けると、しっかりとした座り心地やゆったりとした感触を両方楽しめます。座るだけではなく、もたれかかるように使ったり、ベッドのように寝転んだりしても使用可能です。

ビーズは自由に補充できるので、弾力を調節できます。中袋にはダブルファスナーが採用されており、ビーズの漏れを予防。外カバーは取り外し可能で、丸ごと洗濯もできます。ふわふわした感触が魅力的な、おすすめのビーズクッションです。

TBS 王様もダメになるもちクッション

2種類の生地が採用されたビーズクッション。幅100×奥行130cmの大型サイズなので、ベッドのように寝そべって使用可能です。内部には細かいビーズが大量に詰められており、もちもちとした感触で全身が包まれる体験ができます。

硬めのスパンデックス生地と伸縮性に優れたジャージー生地の両方を採用。使う面を変えると生地の違いにより座り心地も異なるので、気分に合わせて使い分けられます。カバーはネットを使用して洗濯できるため、衛生面も良好です。

ビーズクッションのおすすめ|小さめサイズ

ヨギボー(Yogibo) Yogibo Mini

限られたスペースにも設置しやすいビーズクッションです。幅65×長さ95cmと比較的コンパクトなサイズを採用しているため、小さな部屋でも設置しやすいのが特徴。子供部屋にビーズクッションを置きたい場合や一人暮らしの方におすすめです。

豊富なカラーバリエーションが展開されているのも魅力のひとつ。インテリアや好みに合わせて選べるのはもちろん、複数のカラーを購入してコーディネートも楽しめます。カバーには特殊な縫い方と素材が採用されており、耐久性が高いので長期間使用可能です。

体の形に合わせて変形するため、さまざまな体格の方に自然にフィット。カバーは洗濯も可能なので、清潔な状態で使い続けられます。小型でもしっかりと体を預けられるタイプを探している方におすすめのビーズクッションです。

ニトリ ヌードミニビーズクッション 本体 ストレッチ2

コンパクトながらゆったりと体を預けられるビーズクッションです。内部には0.3~0.5mmのやや大きめのビーズが採用されているので、しっかりとした感触と安定感のある座り心地が特徴。座布団のような使い方をしたい方におすすめです。

ビーズの補充もできるため、好みの座り心地や硬さに調節可能。補充する口は2重構造になっており、作業中のビーズ漏れを防ぎます。座る以外にも枕やスツールの代わりに使ったり、うつ伏せで乗ったりなど、さまざまな使い方が可能です。

サイズは幅40×奥行40×高さ27cm。コンパクトで使いやすい、おすすめのビーズクッションです。

ニトリ 多機能ビーズクッション

By: nitori-net.jp

さまざまな使い方ができるビーズクッション。2種類のビーズクッションがセットになった、独自の形状を採用しています。小さい方のビーズクッションの位置は3段階で自由に調節できるので、スタイルに合わせた使い方が可能です。

2つのビーズクッションを組み合わせた状態のほか、取り外して別々に使用できるのもポイント。ソファや床に置いてもたれかかったり、取り外して片方を枕に、もう片方に脚を乗せたりなど、自由な使い方でリラックスできます。

水をはじきやすいはっ水加工が施されているため、汚れにくい点も魅力のひとつ。ビーズの補充にも対応しているので、好みの硬さや弾力に調節できます。補充口は2重になっているため、ビーズがこぼれてしまうのを対策可能です。

サイズは幅55×奥行23×高さ40cm。1つで複数のスタイルを楽しめる、おすすめのビーズクッションです。

ニトリ 三角ビーズソファ ラフィーネ

By: nitori-net.jp

三角の形状が特徴的なビーズクッション。サイズが幅50×奥行80×高さ45cmとコンパクトかつ重量も約1.6kgと軽いので、リビングや自室などさまざまな場所に持ち運びながら使えます。持ち運ぶ際に掴みやすいベルトが搭載されている点も特徴です。

採用されているビーズのサイズは0.3~0.5mm。ビーズが細かいので流動性が高く、体に密着しやすい点が魅力です。小型かつ軽量ながら体にしっかりとフィットして、快適な座り心地を実現しています。へたりにくいので、安心して長期間使用可能です。

もたれかかる使い方のほか、またがるように座ったり、抱き枕のようにしたりなど、さまざまな使い方に対応。カラーバリエーションはネイビーとグレーの2色です。落ち着いたカラーのため、インテリアを問わずに設置できます。

ビーズの補充にも対応。さまざまな姿勢で使えるビーズクッションを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

モグ(MOGU) プレミアム フィットチェア

小さめでかわいらしいデザインのビーズクッション。独自の縫製技術が用いられた生地表面は柔らかく滑らかなうえ、適度な摩擦もあるので滑らずにしっかりと体にフィットします。内部にはパウダービーズが採用されているのもポイントです。

生地はもちもちとした柔らかさを実現する厚めの設計。表面の起毛によるボリュームのある質感も魅力です。耐久性も高いため、座布団のように使ったり、ひじ掛けのように体重をかけたりしても、長期間安心して愛用できます。

本体のサイズは直径45×高さ55cmとコンパクトで、洋梨のようなかわいらしい形状を採用。4色のカラーバリエーションが展開されており、部屋の雰囲気に合わせて選択できます。

カバーはネットに入れて30℃以下の水温であれば洗濯も可能。かわいらしいデザインが魅力的な、おすすめのビーズクッションです。

モグ(MOGU) プレミアムホールクッション

椅子として使いやすいビーズクッションです。ドーナツのような中央付近に穴のあいた形状が特徴。場所によって厚みが異なるので座った際のお尻や腰に負担をかけにくく、コンパクトながら椅子の代わりやソファの代わりとしておすすめです。

直径約0.5mmのパウダービーズを採用。ビーズには特殊なコーティングが施されており、摩擦によって発生する音を軽減しています。体にフィットしやすい肉厚な生地も特徴。伸縮性に優れており、圧力を分散できるので快適な座り心地を実現します。

30℃以下の水であれば手洗いも可能。手洗い後はネットに入れて遠心脱水を行い、日陰干しをすれば清潔な状態で使用可能です。表面の生地にはスポーツ衣料の技術も用いられており、速乾性にも優れています。椅子として使いやすいビーズクッションを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

モグ(MOGU) シットジョイ

快適な座り心地を実現したビーズクッション。人の体に合わせた独自のフィットカーブ設計を採用しています。穴のあいた構造により体圧を効率よく分散できるので、体にかかる負担を最小限に抑えられ、長時間快適に使用可能です。

背中とお尻を支える構造により、自然と背筋が伸びて優れた姿勢を保てる点が特徴。座椅子のように使えるのはもちろん、上下をひっくり返すと椅子に置いてもしっかりとフィットするため、さまざまな環境に導入可能です。

パウダービーズと呼ばれる直径約0.5mmの細かいビーズを採用。体重をかけた際の流動性が高く、優しく包み込むようにフィットします。伸縮性に優れた生地の採用により圧力を分散し、柔らかい感触を実現。吸湿速乾性が高い点も魅力です。

汚れた際は手洗いにも対応。姿勢が気になる方におすすめのビーズクッションです。

LOWYA ビーズクッション

コンパクトながら厚みがあるビーズクッション。オリジナルの大理石風デザインを採用しており、インテリアとしても楽しめる点が特徴です。ビーズが多めに詰め込まれているため、小型ながら厚みがあり、しっかりとした弾力も感じられます。

採用しているビーズのサイズは約1mm。ビーズひと粒が小さいので圧力を分散しやすく、体にピッタリとフィットします。モチモチとした感触のため、座布団のように使うのはもちろん、壁に立て掛けてもたれかかるように使うのもおすすめです。

複数のサイズが展開されているので、部屋のサイズや用途に合わせた選択が可能。表面には優しい手触りのベロア調の生地を採用しており、高級感もあります。デザインを重視したい方におすすめのビーズクッションです。

ビーズクッションのAmazonランキングをチェック

ビーズクッションのAmazon・楽天の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。