LEDライトのキャンドル

PLAYBULB candleは、LEDライト内蔵のキャンドル風ライトです。無料でダウンロードできるアプリ、PLAYBULB Xを使って、スマホから簡単に様々な明かりを楽しむことができます。

「人生はカラフルで楽しくあるべきだ」という考えから、PLAYBULB candleが誕生しました。いつでもどこでも、毎日のあらゆるシーンを様々なキャンドルカラーで彩ってみてはいかがでしょうか?

特徴なのは、操作がシンプルということ。アプリでレッド、グリーン、ブルー、ホワイトのカラー・バリエーションからその時の気分に合わせて色や明るさを調節できます。

また、特に就寝前などはキャンドルを使いたいけど、火を消し忘れて眠ってしまうのが心配ですよね。でもPLAYBULB candleならそんな心配は無用です。優しい明かりが、リラックスさせてくれます。タイマー付きなので、バッテリーも消耗しすぎません。

本体にはラベンダーが香りづけされたチップが入っているので、ほのかな香りに癒されます。

遊び心も忘れずに

PLAYBULB candleは単にアプリで操作できるライトとは、少し違います。開発者の遊び心が込められているんです。

ライトを消す時には、スマホでの操作はもちろん、本物のキャンドルを消すように息をフーッと吹きかければ消える仕組みに。

また、「Shake Mode」をオンにしてスマホを振れば、ランダムにカラーが変わってオシャレな雰囲気に。

さらに、本体をひっくり返せば、本物のキャンドルホルダーに変身。発色の美しいLEDライトと本物のキャンドルライトをコラボさせることも可能。室内でも屋外でも、その使い方は様々ですね。

PLAYBULB candleの使い方

セットアップはいたってシンプル。まず、本体に単3電池を3つ入れて、電源をオンにします。次にPLAYBULB XをダウンロードすればOK。

同時に5つまでのPLAYBULB candleをコントロールすることができるので、光の演出で雰囲気を盛り上げてみるのもいいですね。

理論上はコントロールできる数に上限はないのですが、最高のパフォーマンスのためには現在のBluetoothでは5つまでが限度とのこと。今後Bluetoothのアップグレードと共に数の問題を解決していく方向だそうです。