ロシアを代表する文豪「ドストエフスキー」。難解な作品が多いことで知られていますが、現代においても多くの愛読者がいる作家です。特に、現代の預言書とまで謳われ、五大長編小説として括られる代表作に触れることなく、ロシア文学は語れません。

そこで、今回はドストエフスキーのおすすめ小説をご紹介。今を生きる方が共感できるテーマの作品も多いので、ぜひチェックしてみてください。

19世紀後半を代表するロシアの文豪「ドストエフスキー」

ドストエフスキーは、1821年生まれのロシア人作家です。19世紀のロシア文学を代表する世界的な文豪として知られています。1846年に『貧しき人びと』を発表し、一躍作家としての地位を確立。しかし、1849年には空想的社会主義に関わったとして逮捕され、シベリアに流刑となってしまいます。

その後、1861年のロシアにおける農奴解放前後の社会的な混乱や不安を背景に、鋭い感性によって世界的に評価される作品を次々に発表。「五大長編小説」とも括られる『罪と罰』『白痴』『悪霊』『未成年』『カラマーゾフの兄弟』は「現代の予言書」とまで称されました。

ドストエフスキー作品の魅力

ドストエフスキーの作品は当時の社会背景を的確に考察し、物語に反映しているのが特徴。社会の階層化や分断が進み、不安や不満を持つ民衆が増えた点では、現代にも通ずる部分があり、今なお読者の共感をつかんでいます。

時代や人種を超えて、作中で描かれる人間らしい登場人物の心理描写や行動に共感できるのも魅力のひとつ。自意識過剰がゆえに引きこもりになってしまう男性の話や浮気する妻にしがみつき続ける夫の話、ギャンブルに依存して破滅する男性の話など、現代にも通ずるテーマの作品から手に取るのもおすすめです。

ドストエフスキーのおすすめ小説

罪と罰 上

新潮社 著者:ドストエフスキー

格差がもたらした犯罪をテーマに描くドストエフスキーの長編小説。筆者の作品のなかでも、「五大長編小説」として数えられている代表作のひとつです。2019年1月には舞台化されました。

頭脳明晰ですが貧しい学生・ラスコーリニコフは、「ひとつの罪は百の善行によって償われる」という哲学を持っていました。ある日、強欲な金貸しの老婆を殺してお金を奪おうとしますが、その場にいた妹まで殺害。予期せぬ殺人により、ラスコリーニコフの心はしだいにむしばまれていき、罪の意識に押しつぶされそうになるのでした。

格差社会が問題となりつつある現代においても、通ずる部分の多いのがポイント。矛盾を含んだ社会に問題提起している作品として読むのもおすすめです。

カラマーゾフの兄弟 上

新潮社 著者:ドストエフスキー

神と人間という壮大なテーマを扱うドストエフスキーの長編小説。世界文学屈指の名作と謳われている作品でもあります。2013年には、現代風にアレンジしたドラマ版が日本で制作されているのもポイントです。

勝手気ままな生き方をするドミートリイ、冷徹で知性に溢れたイワン、信仰深く慎ましやかに生きるアリョーシャは、強欲な父を持つ兄弟。3人に加え、父・フョードルの隠し子と目されるスメルジャコフをも巻き込み、相続問題が勃発します。しかし、問題が解決せぬままにフョードルが何者かに殺害されてしまい…。

家族に起こった問題を通して、自由や幸福といった人間の本質を問いかけてくる作品。人生について見つめなおしたい方にもおすすめの1冊です。