ファンデーションは、肌をきれいにメイクアップできるコスメアイテム。さまざまな種類があり、多くのメーカーから販売されています。そのため、どのファンデーションを選べばよいか迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのファンデーションを種類別にご紹介。ファンデーションの選び方や使い方も解説します。ファンデーション選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ファンデーションとは

ファンデーションの役割は?使うメリットを解説

By: amazon.co.jp

ファンデーションは、肌の色ムラや毛穴などの肌トラブルをカバーして、均一に見せる効果のある化粧品。ツヤ肌に見せたりマット肌に見せたりと、肌の質感を演出することができます。

製品によっては美容成分が含まれており、メイクしながら肌のケアができるものもラインナップ。さらに、マスクの摩擦や紫外線など、外部刺激から肌を守る効果もあります。ファンデーションは肌をきれいに見せたい方にとって、便利なアイテムです。

ファンデーションの種類

みずみずしさとカバー力を兼ね備えるリキッドファンデーション

By: dior.com

リキッドファンデーションは、水分・油分・粉体が混ざった液体状のファンデーション。みずみずしい使用感が特徴で、乾燥しがちな肌にも使いやすいのが魅力です。製品によってカバー力や保湿力が異なるので、自分の肌に合った製品を選んでみてください。

指だけでも塗れますが、ブラシやスポンジを使うとより美しく仕上げられます。ベタつきが気になる場合は、上からフェイスパウダーを重ねるのがおすすめです。

▼リキッドファンデーションについて詳しく知りたい方はこちら

ソフトマット仕上げにぴったりのパウダーファンデーション

By: amazon.co.jp

パウダーファンデーションは、粉状のファンデーションです。粉体を固めたプレストタイプと、固めていないルースタイプがあります。

パウダーファンデーションは、特に肌がベタつきやすい脂性肌の方におすすめです。しかし、最近はしっとりとした使用感のパウダーファンデーションも販売されているので、肌質に関係なく使えます。

ササッと塗ってもきれいに仕上がるので、時間がない方にもおすすめ。仕上がりはセミマットやマットになる製品が多くそろっています。

▼パウダーファンデーションについて詳しく知りたい方はこちら

時短で美肌に仕上げるクッションファンデーション

By: lauramercierjapan.com

リキッドファンデーションをスポンジに染みこませているのがクッションファンデーション。みずみずしい使用感のものが豊富に展開されており、肌が乾燥している方でも使いやすいのが特徴です。

多くの製品がコンパクト型で、スポンジが付属しています。スポンジでぽんぽんと肌に乗せるだけで使えるので、時短でリキッドファンデーションのような美しい仕上がりにできるのが魅力です。

▼クッションファンデーションについて詳しく知りたい方はこちら

保湿力もカバー力も高いクリームファンデーション

By: rmkrmk.com

リキッドファンデーションよりも油分が多く、こってりとした質感のクリームファンデーション。ジャーに入っているものや、コンパクトに入ったバーム状のものが多く販売されています。

カバー力が高い傾向にあるので、肌トラブルが気になる方にぴったりです。また、なめらかに肌に伸びて、乾燥しにくいのが魅力。特に肌が乾燥する方や、冬場の使用におすすめのファンデーションです。

▼クリームファンデーションについて詳しく知りたい方はこちら

持ち運びにも便利なスティックファンデーション

By: rakuten.co.jp

ファンデーションが棒状に固められているスティックファンデーション。スティックを直接肌に乗せて伸ばしていき、スポンジやブラシなどでぼかして仕上げます。すばやく塗れるので、時短メイクにもぴったりです。

スタイリッシュで、持ち運びにも便利。肌への密着力が高く、肌トラブルをしっかりとカバーできるので、シミ・ソバカス・ニキビ跡などが気になっている方にもおすすめです。

▼スティックファンデーションについて詳しく知りたい方はこちら

ファンデーションの選び方

年代にあわせて選ぶ

20代はフレッシュな素肌感を活かせるファンデーションを

By: ipsa.co.jp

20代は素肌感を活かせるファンデーションを選ぶと、イキイキとした印象に見せられます。ハイカバーのファンデーションよりも、薄付きのファンデーションがおすすめです。肌トラブルはコンシーラーで部分的にカバーしてみてください。

また、20代の肌は皮脂量が多い傾向にあります。皮脂の原因が乾燥によるものなのか、肌質によるものなのかを見極めて、肌に合った保湿力のファンデーションを選んでみてください。

30代は肌悩みを隠しつつ厚塗りに見えないファンデーションを

By: narscosmetics.jp

30代はライフステージが変わったり仕事が忙しくなったりしてストレスがたまりやすく、肌悩みが気になってくる年代です。そのため、適度なカバー力のあるファンデーションを選んで、肌悩みをカバーしてみてください。

しかし、厚塗り感のあるファンデーションを選ぶと、老け見えの原因になるので要注意。保湿効果のあるファンデーションを使って乾燥しにくくしたり、ツヤ仕上がりのファンデーションを使って光の効果で肌トラブルを目立たなくしたりといった効果があるアイテムがおすすめです。

40代・50代はカバー力とスキンケア効果を両立したファンデーションを

By: esteelauder.jp

40代・50代は、ホルモンバランスの変化によりエイジングが気になってくる年代。肌悩みをカバーできるファンデーションを選ぶのがおすすめです。

特に乾燥しやすい年代なので、クリームファンデーションやリキッドファンデーションなどの高保湿なファンデーションをチェックしてみてください。スキンケア効果のある製品を選ぶと、よりきれいな肌を保てます。

肌質にあわせて選ぶ

乾燥肌の方は保湿力が高く粉吹きしにくいファンデーションを

By: shiseido.co.jp

乾燥肌の方には、保湿成分が配合されているファンデーションがおすすめです。特にリキッドファンデーションやクリームファンデーション、クッションファンデーションは保湿力が高い傾向にあるのでチェックしてみてください。

また、乾燥肌はバリア機能が低下することにより、肌が刺激を受けやすくなっていることもあります。そのため、低刺激処方を謳うファンデーションもおすすめです。

オイリー肌・脂性肌の方は皮脂テカリを防ぐファンデーションを

By: shiseido.co.jp

オイリー肌・脂性肌の方には、パウダーファンデーションがおすすめ。パウダーファンデーションはサラッとした使用感で皮脂崩れに強いものが多く、オイリー肌・脂性肌の方でも使いやすい傾向にあります。

リキッドファンデーションにも、皮脂崩れに強い製品があるのでチェックしてみてください。また、マット仕上げのものを使うと、テカりが気になりにくくなります。

混合肌・普通肌の方はテカリと乾燥を防げるバランス重視のファンデーションを

By: decorte.com

部位によって乾燥したりベタついたりする混合肌の方や、水分と皮脂のバランスがよい普通肌の方は、バランス重視のファンデーションを使ってみてください。

リキッドファンデーションやクッションファンデーションには、肌を保湿しつつ皮脂崩れには強い製品がそろっており、混合肌や普通肌でも使いやすい傾向にあります。

保湿力のあるファンデーションを使うとベタつく部位がある場合は、ベタつきが気になる部位にのみ皮脂崩れ防止の下地を使ったり、フェイスパウダーを重ねたりしてみてください。

敏感肌の方は肌にやさしい設計のファンデーションを

By: rakuten.co.jp

敏感肌の方は、肌にやさしいファンデーションを選んでみてください。敏感肌向けのファンデーションもあります。

また、成分も要チェック。石油系界面活性剤・鉱物油・アルコール・シリコン・防腐剤・紫外線吸収剤などの成分は、人によっては刺激を感じることがあります。敏感肌の方は、刺激を感じる成分が入っていないファンデーションを選ぶのがおすすめです。

仕上がりの好みに応じてカバー力の高さをチェック

By: kanebo.com

特に肌トラブルが気にならないのであれば、薄付きのファンデーションがおすすめ。パウダーファンデーション・リキッドファンデーション・クッションファンデーションは素肌感を演出できる製品が多くそろっています。

毛穴や色ムラなどの肌トラブルをしっかりカバーしたい方は、ハイカバーのファンデーションをチェック。クリームファンデーションは特にカバー力が高い傾向にあります。仕上がりの好みや肌質に合わせて、カバー力もチェックしてみてください。

マスクに付かない・崩れないものをチェック

By: rakuten.co.jp

マスクをしている時間が長い方は、マスクによる崩れにも強いファンデーションがおすすめ。マスク崩れに強いと記載されている、密着性の高さを謳ったファンデーションをチェックしてみてください。

特に、汗や皮脂を吸着する効果のあるパウダーが配合されたパウダーファンデーションは、崩れにくい傾向にあります。なお、最近では、リキッドファンデーションやクッションファンデーションにも、マスクによる崩れに強い製品が多くラインナップされています。

肌色やなりたい雰囲気にあったカラーを選ぶ

By: amazon.co.jp

ファンデーションは、製品によってさまざまなカラーが展開されています。肌の色やなりたい雰囲気に合わせてカラーを選んでみてください。

フェイスラインの色に合わせてカラーを選ぶと、顔になじみ、白浮きしにくくなります。また、血色をよく見せたいならピンク系、ナチュラルに仕上げたいならオークル系、赤みをカバーしたいならイエロー系など、なりたい雰囲気に合わせるのもおすすめです。

リキッドファンデーションのおすすめ人気ランキング

第1位 ディオール(Dior) スキンフォーエヴァー フルイド グロウ

ツヤとうるおいあふれるグロウ肌に導くリキッドファンデーション。美容液ベースのファンデーションで、使うたびに素肌の美しさを高めます。長時間色がくすまず、付けたてのきれいな仕上がりが続くのが魅力です。

汗・蒸れに強いロングラスティング処方で、マスクへ色移りしにくいのもポイント。SPF20・PA+++のUVカット効果があり、紫外線から肌を保護します。肌や環境に配慮した成分を使用しているのも特徴です。

第2位 日本ロレアル ランコム タンイドル ウルトラ ウェア リキッド

薄膜仕上がりながらしっかりとカバーするリキッドファンデーション。気になる毛穴・色ムラ・シミを目立たなくしながらも、厚塗り感のない肌に見せます。日本人の肌に合わせたカラー展開なので、自分の肌に合った色を見つけやすいのも特徴です。

皮脂吸着パウダーが配合されており、皮脂・汗に強いのもポイント。表情のさまざまな動きに対応するので、ヨレにくいリキッドファンデーションです。また、色移りしにくいため、さまざまなシーンで活躍します。

第3位 コーセー(KOSE) コスメデコルテ ゼン ウェア フルイド

セミマット仕上がりのリキッドファンデーション。和墨からインスパイアされたテクノロジーを採用しており、なめらかなテクスチャーです。薄く均一に伸び広がるので、厚塗り感のないファンデーションを探している方におすすめです。

汗・皮脂・こすれ・高温多湿に強く、化粧崩れしにくいのが魅力。保湿力があり、ほどよいカバー力があるので30代の方にもぴったりです。

第4位 エキップ(e`quipe) SUQQU ザ リクイド ファンデーション

粉体を感じさせない、なめらかなテクスチャーのリキッドファンデーション。ピグメントを液状にしてから乳化タイプのファンデーションに配合する技術により、肌と一体になるようななめらかさを実現したと謳われています。

肌の色をそのまま伸ばしていくように、肌にピタッとなじみます。美しい高輝度のツヤ肌に仕上がるので、みずみずしい肌に見せたい方におすすめです。ヨレ・崩れが気になりにくいアイテムを探している方は、チェックしてみてください。

第5位 資生堂(SHISEIDO) マキアージュ ドラマティックエッセンスリキッド

「極上つるん肌」を叶えるリキッドファンデーション。毛穴の凹凸にも密着して、美容液を肌のすみずみまで届けながらカバーします。使うほどに毛穴を目立たなくするので、毛穴落ちが気になる方におすすめのリキッドファンデーションです。

うるおいが長時間続くので、乾燥が気になる方にもぴったり。化粧もちも優れており、長時間ツヤや透明感が損なわれません。SPF50+・PA++++の紫外線カット効果も魅力です。

第6位 日本ロレアル メイベリン ニューヨーク フィットミー・リキッド ファンデーション

軽い付け心地ながらしっかりと肌にフィットするリキッドファンデーション。うるおいを残しながら油分を吸収して、崩れにくいのが魅力です。色移りしにくいため、マスクメイクにもおすすめです。

パウダーを付けたようにサラサラになります。肌に溶けこむようになじんで毛穴や色ムラをカバーし、元から素肌がきれいな人のように仕上がりになるのもメリット。20代のベースメイクにもぴったりです。

第7位 アクロ(ACRO) THREE フローレスエシリアル フルイド ファンデーション

肌そのものの美しさを引き出すリキッドファンデーション。保湿成分の植物オイルが配合されており、透明感のあるツヤ肌に仕上がります。ツヤのあるファンデーションを探している方におすすめです。

色付き乳液のようになめらかに伸びて、肌に溶けこむようにフィットします。素肌が呼吸できるかのような心地よい使用感です。また、紫外線吸収剤・パラベン・合成香料・鉱物油を使用していません。

第8位 エスティ ローダー(ESTEE LAUDER) ダブルウェア ステイインプレイス メークアップ

崩れにくいファンデーションを探している方におすすめのリキッドファンデーション。汗や皮脂に強く、肌に密着するので、長時間きれいな仕上がりをキープできます。表情の動きに合わせてしなやかに動くので、表情による崩れに強いのも魅力です。

カバー力も高く、毛穴が目立たないきれいな肌に見せられます。日本人の肌に合わせたカラー展開をしており、色選びしやすいのもポイント。扱いやすいセミマット仕上がりです。

第9位 マキアレイベル 美容液ファンデーション 薬用クリアエステヴェール【医薬部外品】

メイクアップと同時に、メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを予防する美白ケアができる、薬用美容液ファンデーションです。68種類の美容液成分を配合しているのが特徴。乾燥小じわを目立ちにくくする効果も期待できるため、乾燥肌タイプの方におすすめです。

テクスチャーは伸びがよく、厚塗り感が出にくいのが魅力。含まれている3種類のパウダーがもたらすメイクアップ効果によって、シミ・シワ・毛穴をふんわりとカバーして均一な肌に仕上げます。

また、SPF35・PA+++のUVカット効果を有しており、紫外線から肌を保護。合成香料・石油系鉱物油・タール系色素無添加で、成分にこだわってつくられています。カラー展開も5色と豊富です。

第10位 フーミー(WHOMEE) リキッドファンデーションN

ナチュラルなツヤ肌に仕上げたい方におすすめのリキッドファンデーション。素肌にベールをまとったような肌に見せられます。さらさら仕上げなので、マスクをしているときにも使いやすいアイテムです。

カラーバリエーションは、血色感をアップさせるピンクベージュ、フレッシュなハリ感を演出するライトベージュ、ふんわりとしたやわらかい肌に見せるナチュラルベージュを展開。紫外線吸収剤不使用ながら、SPF21+・PA++の紫外線カット効果があります。

パウダーファンデーションのおすすめ人気ランキング

第1位 エレガンス(Elegance) ファイン ヴェルヴェティ ファンデーション

厚塗り感を出さずに凹凸や色ムラをしっかりとカバーするパウダーファンデーション。肌悩みをカバーしながらうるおいを保つ「ヴェルヴェティベース」と、透明感の高い「シアーパウダー」を配合しており、上質なベルベットのような肌へ導きます。

重ねても透明感を損なわないのが魅力。乾燥崩れや皮脂崩れにも強く、塗り立ての仕上がりが長時間続きます。「アンビバレントフローラル」の香りがするのもポイントです。

・レフィル

・ケース

第2位 アルビオン(ALBION) プリンプ パウダレスト

粉感を感じさせない、パウダレスな肌に見せるパウダーファンデーション。肌にパウダーがしっとりと溶け込んで、なめらかで洗練された肌に仕上げます。ほんのりとしたツヤと奥行き感があるので、ナチュラルながらもきちんと感もある美しい肌へ導くファンデーションです。

色ムラ・キメ・毛穴の凹凸を隠していることに気付かれないほどに、きれいにカバーします。汗・皮脂による崩れに強いので、付けたての仕上がりを長時間キープ。SPF12・PA++で、日中の紫外線から肌を守ります。

・レフィル

・ケース

第3位 花王(Kao) ソフィーナ プリマヴィスタ くずれにくい きれいな素肌質感 パウダーファンデーション

すっぴんのような仕上がりながら、肌悩みをカバーするパウダーファンデーション。2つのパウダーを組み合わせて光を拡散する技術により、小鼻毛穴もするんとカバーします。マスクを付けていても崩れにくいのが魅力です。

付属のパフは起毛面とスポンジ面の両面仕様。起毛面を使えばふんわりとしたフォギー肌に、スポンジ面を使えばきちんと感のあるツヤ肌に仕上がります。SPF25・PA++と適度な紫外線カット効果があるのも特徴です。

・レフィル

・ケース

第4位 オルビス(ORBIS) カシミアフィットファンデーション

カシミヤのような上質肌に仕上げるパウダーファンデーション。11層ものコーティングが施された粉体を使用しており、1層1層で光を反射・拡散させて肌のうえにみずみずしいツヤを作り出します。そのため、ツヤ肌に仕上げたい方におすすめです。

軽い付け心地ながらしっとりとした使用感。肌にフィットして、毛穴などの肌悩みをカバーします。付属のパフはファンデーションとの相性にこだわって作られており、ひと塗りでふわっと簡単に仕上げられるパフです。

・レフィル

・ケース

第5位 カネボウ(KANEBO) コフレドール ヌーディカバー ロングキープ パクトUV

毛穴や色ムラをしっかりとカバーするパウダーファンデーション。キメ細やかなパウダーが、肌と一体化するようになじんで肌悩みをカバーします。ナチュラルなツヤが生まれるので、ヌーディな雰囲気に仕上がるファンデーションです。

保湿成分の水溶性コラーゲンを配合しているため、乾燥が気になる方にもおすすめ。時間が経っても崩れにくいところもポイントです。SPF20・PA++のUVカット効果があり、日中の紫外線から肌を守ります。

・レフィル

・ケース

第6位 資生堂(SHISEIDO) インテグレート プロフィニッシュファンデーション

さらさらの質感が続く、プチプラパウダーファンデーション。気になる毛穴・色ムラ・ニキビ跡などをサッとカバーできるので、時短メイクにおすすめです。厚塗り感がないので、ナチュラルに仕上がります。

「マイクロフィットパウダー」配合によりテカりや崩れに強いので、さらさらの肌が長時間持続。SPF16・PA++と適度な紫外線カット効果があります。

・レフィル

・ケース

第7位 資生堂(SHISEIDO) dプログラム 薬用スキンケアファンデーション(パウダリー)【医薬部外品】

肌にやさしいファンデーションを探している方におすすめの、薬用パウダーファンデーション。ニキビ予防の有効成分グリチルレチン酸ステアリルと、肌荒れ予防の有効成分トラネキサム酸を配合しています。

ニキビ跡や肌荒れ部分にもきれいにパウダーがのるのが魅力。仕上がりはセミマットで、ふんわりとしたなめらか肌に見せられます。化粧持ちに優れており、塗り立ての仕上がりが長時間続くのもポイントです。また、紫外線吸収剤を使用してしません。

・レフィル

・ケース

第8位 エトヴォス(ETVOS) マットスムースミネラルファンデーション

敏感肌・乾燥肌向けのアイテムを多数展開する「エトヴォス」のミネラルファンデーション。石けんでオフできる処方を採用するなど、低刺激にこだわってつくられています。肌にやさしいファンデーションを探している方におすすめです。

本アイテムは、キメ細やかなルースパウダータイプ。微粒子パウダーが、毛穴などの凹凸にフィットしてなめらかな肌印象に仕上げます。パウダーに含まれている保湿コーティングパウダーのメイクアップ効果によって、シミや色ムラなどをふんわりとカバーできるのが魅力です。

第9位 コーセー(KOSE) エスプリーク シンクロフィット パクト EX

肌に溶け込むように密着して、素肌が美しくなったように仕上がるパウダーファンデーション。さまざまなコンディションの肌にしっとりとのり、厚塗り感のないナチュラルな肌に見せます。

ひと塗りで毛穴・色ムラをカバー。表情の動きに合わせて動く柔軟性と、汗・皮脂をはじきやすい「スーパー化粧のり成分EX」により、ロングラスティングを実現しています。ふんわりとした肌あたりやわらかなスポンジが付属しているのも特徴です。

・レフィル

・ケース

第10位 ちふれ(CHIFURE) モイスチャー パウダー ファンデーション

プチプラのパウダーファンデーションを探している方におすすめの製品。しっとりとした使用感で、乾燥やくすみが気になっている方にぴったりです。ナチュラルな立体感を演出して、やわらかな印象に仕上げます。

気になる毛穴や色ムラもふんわりとカバー。透明感のあるツヤ肌に導きます。紫外線吸収剤無配合ながら、SPF20・PA++の紫外線カット効果があるのも魅力です。

・レフィル

・ケース

クッションファンデーションのおすすめ人気ランキング

第1位 ティルティル(TIRTIR) MASK FIT RED CUSHION

韓国コスメブランド、ティルティルの人気クッションファンデーション。微細パウダーが配合されており、肌にピタッと密着します。マスクをしても崩れにくいのが魅力です。

肌にハリツヤを与える成分である、アスタキサンチン・プロポリス抽出物・ハイビスカス花エキスを配合。ツッパリ感のない、ツヤ肌に仕上がります。カバー力も高いので、毛穴が気になる方にもおすすめです。

第2位 ローラ メルシエ(LAURA MERCIER) フローレス ルミエール ラディアンス パーフェクティング クッション

素肌感とカバー力を両立したクッションファンデーション。毛穴や小ジワなどを目立たなくする、高いカバー力が魅力です。重ね塗りしても透明感は損なわれず、生っぽい肌に仕上がります。

超微粒子のダイアモンドパウダーを配合しており、色ムラを補正しながら肌にツヤを与えられるのもポイント。そのほか、SPF50・PA++++と、しっかりとしたUVカット効果があります。

第3位 資生堂(SHISEIDO) クレ・ド・ポー ボーテ タンクッションエクラ

上質なツヤ肌になりたい方におすすめのクッションファンデーション。保湿・整肌成分である独自成分「イルミネイティングコンプレックスEX」を配合しており、乾燥知らずのしっとりなめらか肌に導きます。

重ねても厚塗り感がないのが魅力。ロングラスティング処方なので、きれいな仕上がりが長時間続くクッションファンデーションです。

第4位 ヴァレンティノ ビューティ GO クッション

アクセサリー感覚で持ち歩けるくらいにおしゃれなパッケージが魅力の、クッションファンデーション。セミマット仕上がりで、毛穴の目立たない陶器肌に導きます。

化粧直しにも使うことを想定して作られており、重ね塗りをしても厚塗り感がでにくいタイプ。顔の凹凸に沿うユニークな形状をしたスポンジが付属しているのもポイントです。SPF50+のUVカット効果があり、紫外線から肌を守ります。

第5位 資生堂(SHISEIDO) ナーズ ピュアラディアントプロテクション アクアティックグロー クッションファンデーション

素肌を活かしたみずみずしい仕上がりが特徴のクッションファンデーション。保湿成分のヒアルロン酸を配合しており、肌の内側から発光するようなグロー肌に導きます。ツヤ仕上げが好きな方におすすめのクッションファンデーションです。

付けたての仕上がりを長時間キープできるのも魅力。「360°ディフェンステクノロジー」により、肌をしっかりカバーすると謳われています。

・レフィル

・ケース

第6位 井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) セザンヌ化粧品 クッションファンデーション

プチプラのクッションファンデーションがほしい方におすすめのアイテム。保湿成分のスクワラン・セラミドNP・ベルガモット果実エキス・ヒアルロン酸Na・アーティチョークエキスを配合しているので、乾燥肌の方でも使いやすいアイテムです。

シミ・毛穴・色ムラをきれいにカバー。密着力があり、化粧崩れしにくいファンデーションです。また、オフするときは石けんで落とせます。

第7位 ラネージュ(LANEIGE) ネオクッション マット

高い密着力が魅力の韓国クッションファンデーション。汗や皮脂でも崩れにくく、マスクをしていても崩れにくいのが強みです。軽い使用感ながら、毛穴やくすみなどの肌悩みをしっかりとカバーします。

付属のパフにはマイクロカッティングが施されており、ファンデーションを肌に均一に塗れます。SPF42・PA++のUVカット効果があるのもポイントです。

第8位 エスポア(espoir) プロテーラー ビーベルベット カバークッション

ベルベットのようにやわらかなテクスチャーが特徴の、韓国クッションファンデーション。素肌感を演出しながらも、肌キメ・シミ・そばかす・くすみなどの肌悩みをしっかりとカバーします。

パワーラスティング処方で、長時間崩れにくいのも魅力。敏感肌の方でも使いやすい処方です。ぷにぷに質感の付属パフは、薄付きとハイカバーを両立させます。

第9位 ジョンセンムル(JUNG SAEM MOOL) エッセンシャル スキン ヌーダー クッション

肌本来のキメを活かした仕上がりが魅力のクッションファンデーション。水分を含んだ液が、肌からにじみでるようなツヤ感を演出します。肌本来の色を活かしながらナチュラルにカバーする「ヒューバランシングパウダー」が含まれているのも特徴です。

時間が経っても変わらない透明感もポイント。自然な仕上がりが好きな方におすすめのクッションファンデーションです。

第10位 シャネル(CHANEL) ウルトラ ル タン クッション

スピーディに仕上げられるクッションファンデーション。ササッと塗れて、均一に美しく仕上げられるので、朝のメイクアップや外出先での化粧直しに便利なクッションファンデーションです。

色ムラや毛穴もきれいにカバーして、崩れにくいのが魅力。さらっとした軽い付け心地ながら、保湿力もあります。メッシュインクッションの構造により、最後まできれいに使えるのも特徴です。

クリームファンデーションのおすすめ人気ランキング

第1位 カネボウ(KANEBO) KANEBO ライブリースキン ウェア

「素肌に化ける」新技術を採用したクリームファンデーション。独自開発の透明ジェルと、粉感レスを叶えるカラーオイル化技術により、なめらかな仕上がりを実現しています。キメの凹凸にピタッと密着して「肌らしさ」を残したままカバーできるのが魅力です。

美容液成分を配合しており、うるおい感が高いのもポイント。肌なじみがよく、重ね塗りしても厚塗り感がでません。

第2位 カネボウ(KANEBO) ルナソル グロウイングシームレスバームEX

つややかな水ツヤ肌に仕上げる、バームタイプのクリームファンデーション。濃密なバームが肌に吸い付くように密着して、粉っぽさのないツヤ肌に仕上げます。

バームの保護膜が肌をしっとりと包み込むので、粉吹きが気になる乾燥肌の方や40代・50代の方でも使いやすいファンデーションです。ナチュラルにカバーし、化粧感のない肌に見せられます。崩れにくいのもポイントです。

第3位 エキップ(e`quipe) RMK クリーミィファンデーション EX

透明感あふれるツヤ肌に仕上げるクリームファンデーション。シャイニーカラーパウダーの光処方により、自然な立体感を演出します。シェーディングやハイライトを使わなくても、フェイスラインをシャープに見せられるクリームファンデーションです。

5種の美容オイルをブレンド。気になる部位はしっかりとカバーします。立体感のある顔に仕上げたい方におすすめです。

第4位 ポール&ジョー(PAUL & JOE) フォンダン クリーム ファンデーション

高いカバー力を持つクリームファンデーション。肌の凹凸・毛穴・色ムラをしっかりとカバーして、つるんとした肌に整えます。リッチ感がありながらも軽やかに伸び広がるテクスチャーが魅力です。

肌に溶け込むようなツヤがあふれる肌に仕上がります。テクニックレスで使えるので、クリームファンデーション初心者の方にもおすすめです。

第5位 常盤薬品工業 エクセル スキンティント セラム

プチプラのクリームファンデーションを使ってみたい方におすすめの製品。美容液がたっぷりと含まれており、スキンケアをしたあとのような保湿感を得られます。光を多方向に拡散するので、明るく透明感のある肌に仕上がるのが魅力です。

化粧下地なしでも使えるので、時短メイクにもぴったり。カバー力がありながら、厚塗り感がでないのもポイントです。

第6位 ドクターエルシア(Dr.Althea) ダブルセラム バーム ファンデーション

スキンケア感覚で使えるバームファンデーション。付属のパフでポンポンと肌に乗せるだけで、簡単にツヤ肌に仕上がります。赤み・シミ・毛穴をメイクアップ効果により飛ばして、美肌を演出できるファンデーションです。

保湿力に優れていながらも、密着力があるので崩れにくいのが魅力。マスクをしていても、きれいな仕上がりをキープします。

第7位 花王(Kao) アルブラン ジェルクリーミィファンデーション

ジェルのように軽い付け心地のクリームファンデーション。光を拡散することで、シミ・くすみ・色ムラ・毛穴の凹みなどを目立たなくします。厚塗り感なく肌悩みをカバーするので、透明感のある素肌のような仕上がりです。

とろけるように伸びて、しっとりと肌に密着するテクスチャーが魅力。汗・皮脂に強く、色ぐすみしにくいのもポイントです。

第8位 シスターアン(SISTER ANN) ジェリーカバーパクト

ハイカバーなクリームファンデーションを探している方におすすめのアイテム。毛穴や肌荒れをしっかりとカバーしながらも、素肌のように自然に仕上がります。軽い付け心地で、ベタつきが少ないのも魅力です。

汗や水に強いウォータープルーフタイプ。長時間きれいな仕上がりが続く、ロングラスティング処方です。また、衛生的に使える抗菌パフが付属しています。

第9位 花王(Kao) エスト クリームファンデーション エッセンスモイスト

美容液感覚で使える、うるおいたっぷりのクリームファンデーション。独自の密着膜「スキンシンクロフィルム」が肌にピタッと密着して、肌そのものが美しくなったようなナチュラルなツヤ肌に仕上げます。

カバー力が高いアイテムながら、厚ぼったくなりにくいのもメリット。メイクアップ効果により、くすみや汗・皮脂による崩れを防ぎ、美しい状態が長時間続くのも魅力です。

第10位 チャコット クリームファンデーション

下地やパウダーなしで使えるオールインワンタイプのクリームファンデーション。肌悩みをきれいにカバーします。塗ると瞬時に密着してサラサラに仕上がるのが魅力です。

コンパクト型なので、外出先のお直しにもおすすめ。汗・皮脂に強いウォータープルーフ処方で、崩れにくいのもポイントです。ノンケミカル処方ながら、SPF25・PA++のUVカット効果があります。

・レフィル

・ケース

スティックファンデーションのおすすめ人気ランキング

第1位 ベアミネラル(bareminerals) CR ハイドレイティング ファンデーション スティック

うるおい感のある肌に仕上がる、水感スティックファンデーション。みずみずしさあふれるテクスチャーで、いきいきとしたうるツヤ感を肌に与えます。素肌っぽさを残したまま、気になる部位をカバーできるのも魅力です。

本製品は、グルテン・タルク・合成香料を使用していません。ノンケミカル処方ながら、SPF25・PA+++のUVカット効果があります。

第2位 ナチュラグラッセ(naturaglace) クリームバー ファンデーションN

セミマット仕上がりのスティックファンデーション。肌を保護する成分のカシスとポリフェノール、乾燥から肌を守る成分のビルベリーを配合しており、スキンケアしながらベースメイクができます。

高いカバー力があり、また、肌への密着力が高いのもポイント。石油系界面活性剤・合成香料・紫外線吸収剤・鉱物油・パラベン・ナノ粒子・タール系色素・シリコン・アルコールを配合していません。

第3位 アクロ(ACRO) アンプリチュード コンプリートフィット パウダースティックファンデーション

マットでつるんとした肌に仕上げるスティックファンデーション。独自ブレンドの3Dフィットポリマーにより、凹凸のないなめらかな肌に整えます。

ハイカバーながらも厚塗り感や粉っぽさを感じさせない、素肌のような肌に仕上がるのが魅力です。フィット力が高く、美しい上質肌をキープ。水や汗に強く、化粧崩れやテカリを抑えます。

第4位 ボリカ(Borica) モイスチャライズスティックファンデーション

肌の内側から光を放つような、セミグロウ肌に仕上がるスティックファンデーション。肌になじみやすいライトオイルが配合されており、光の拡散によって肌のくすみを目立たなくします。

保湿成分のフラーレン・パルミチン酸レチノール・セラミドNP・シロバナルーピン種子エキスなどを配合。肌への密着力が高く、化粧崩れしにくいのも魅力です。

第5位 マッシュビューティーラボ(MASH Beauty Lab) セルヴォーク インテントスキン スティックファンデーション

絶妙な透け感が魅力のスティックファンデーション。気になる肌悩みをカバーしながらも、肌が透けるように仕上がります。厚塗り感が苦手な方にもおすすめです。

シリコンフリーながら、するすると伸びのよいスティックファンデーション。さらさらになるので、ベタつきません。保湿成分のラベンダー油やティーツリー葉油を配合しており、乾燥しがちな肌にうるおいを与えます。

ファンデーションの売れ筋ランキングをチェック

ファンデーションのランキングをチェックしたい方はこちら。

ファンデーションをきれいに仕上げる塗り方やコツ

塗る前のスキンケアは念入りに

ファンデーションをきれいに仕上げるには、塗る前にしっかりとスキンケアをしておくことが大切です。うるおいのある肌は、ファンデーションのノリがよくなります。

ただし、スキンケアのベタつきが残っているとヨレや崩れの原因になるため要注意。スキンケアが終わったら、一度ティッシュオフするのがおすすめです。ちょうどよいうるおいのある肌になったら、ベースメイクを始めてみてください。

毛穴落ちや浮くのが気になる方は化粧下地を使おう

化粧下地を使うことで、よりファンデーションをきれいに仕上げられます。肌悩みに合わせた化粧下地を選んでみてください。

毛穴落ちが気になる方には、プライマー効果のある下地が適しています。化粧ノリの悪さが気になる場合は、保湿効果のある下地がおすすめ。そのほか、皮脂崩れが気になる方には皮脂吸着効果のある下地がぴったりです。色ムラが気になるなら、肌色補正効果のある下地をチェックしてみてください。

どのタイプでも少しずつ内から外に向かって付けると厚塗りを防げる

By: dior.com

ファンデーションにはさまざまな種類がありますが、どのタイプであっても少量を内側から外側に塗るように広げるときれいに塗れます。

特にフェイスライン付近にファンデーションをたっぷりと付けてしまうと、のっぺりとした厚塗りの印象になるので要注意。フェイスラインは余ったファンデーションを塗る程度にすると、自然な陰影が生まれ、小顔効果が期待できます。

ブラシやスポンジなどのツールを併用するのもおすすめ

By: esteelauder.jp

ファンデーションのなかには指で塗れるタイプもありますが、ブラシやスポンジを使うとよりきれいな仕上がりになるのがポイント。ブラシは塗布量のコントロールがしやすく、素肌っぽさのあるツヤのある仕上がりになります。

スポンジはムラなくファンデーションを塗布できるのが魅力。余分なファンデーションを吸い取る効果もあるので、ファンデーションの付けすぎによるヨレも防止できます。ブラシとスポンジの両方を使うのもおすすめです。