カバー力とナチュラルな仕上がり、伸びのよさを両立している「リキッドファンデーション」。肌のうるおいを保ちながらベースメイクができると人気で、各コスメブランドから多数発売されています。

そこで今回は、おすすめのリキッドファンデーションを選び方とともにご紹介。プチプラアイテムからデパコスアイテムまで人気のものをピックアップしたので、チェックしてみてください。

リキッドファンデーションとは?

クッションファンデーションやパウダーファンデーションとの違い

By: shiseido.co.jp

リキッド・クッション・パウダーと、さまざまな種類があるファンデーション。質感や使用感、配合されている成分比率などがそれぞれ異なります。

リキッドファンデーションは、水分の含有量が多いタイプ。なめらかにみずみずしく肌に伸び、ナチュラルさを残しながら肌色を均一に整えます。高い保湿力とサラッとした使用感を兼ね備えているので、どんな肌質の方にも使いやすいタイプです。

クッションファンデーションとの一番の違いは、肌へのつけ方。クッションファンデーションは付属のスポンジでたたきこむようにつけることが推奨されています。手指やスポンジ、ブラシなど、自分に合った使いやすい方法で肌に塗布できるのがリキッドタイプの魅力です。

パウダーファンデーションは、使用感はもちろん、仕上がりが正反対ともいえるほど異なります。しっとりと肌に密着させたい場合はリキッドタイプ、サラサラでふんわりとした肌に仕上げたい場合はパウダータイプがおすすめです。

クッションファンデーションについて、もっと詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。


パウダーファンデーションについて、もっと詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

リキッドファンデーションの選び方

仕上がりで選ぶ

ツヤ肌

By: amazon.co.jp

自然な光沢感を与え、内側からうるおった肌に見せるのがツヤ肌タイプ。光を乱反射するソフトフォーカス効果を有しているものがおすすめです。骨格の凸部分に光を集め、ナチュラルに立体的な肌をつくりあげます。

ツヤ肌タイプのリキッドファンデーションには、微細なパールが配合されているものが多くあるのが特徴。パールが光を反射してくすみを飛ばすだけでなく、うるおいに満ちた肌に仕上がるので、肌の乾燥が気になる方にもぴったりです。

反対に、テカリが出やすい方やオイリー肌の方には不向きな場合があります。フレッシュで若々しい肌にメイクアップしたい方は、チェックしてみてください。

マット肌

By: amazon.co.jp

人形のようなつるんとした陶器肌に仕上がるのがマット肌タイプ。ツヤ肌に比べて顔全体をフラットな印象に整え、サラリとした印象に見せます。

マット肌タイプのリキッドファンデーションは、ツヤを抑えてカバー力もすぐれているため、テカリが気になる方や肌悩みを隠したい方にぴったり。フォーマルシーンでのメイクアップにも適しているタイプです。皮脂を吸着するパウダーが配合されているものもあるので、乾燥肌の方や部分的に乾燥しやすい方が使う場合は注意しましょう。

素肌感

By: rakuten.co.jp

カバー力の高さよりも、素肌っぽさを残して自然に仕上げたい方は、水分量が多く薄づきなタイプを選びましょう。サラっとしていて伸びがよく、厚塗りになりにくいのもポイント。“塗った感”を出さず、重たい印象に見せたくない方にもおすすめです。

肌質に合わせて選ぶ

By: amazon.co.jp

リキッドファンデーションは、自身の肌質に合わせて選ぶのもおすすめです。肌質の種類は、オイリー肌(脂性肌)・混合肌・乾燥肌・敏感肌の4つに分けられ、肌質に応じたものを使えばさらに仕上がりの完成度をあげられます。

また、使用する前には必ず二の腕の内側など目立たない部位でパッチテストをして、肌に異常が出ないか確認してから使いましょう。

オイリー肌タイプ

肌の油分量が多いオイリー肌タイプの方は、油分が少なめのものを選びましょう。皮脂を吸着するパウダーが配合されていたり、テカリを抑えたりしてマット肌に仕上がるタイプが適しています。

混合肌タイプ

混合肌とは、頬や口元などのUゾーンはカサつき、おでこや鼻周りなどのTゾーンはテカリが出やすい肌質のこと。油分よりも水分のほうが少ない肌質なので、水分を補う保湿成分が配合されたタイプを選んでみてください。

乾燥肌タイプ

肌の油分も水分も少ない肌質が乾燥肌。保湿スキンケアをしっかりと行ったうえで、保湿成分が豊富に配合されたものを選んで使うのがおすすめです。

敏感肌タイプ

肌に合うアイテムが少なかったり、季節や体調の変化によって肌に刺激を感じたりする敏感肌タイプの方は、低刺激処方のものを使ってみてください。「敏感肌向け」などの記載があるアイテムもおすすめです。

カバー力をチェック

By: amazon.co.jp

ニキビの赤みやニキビ跡、シミなどの目立ちやすい肌悩みを隠すのであれば、カバー力が高いリキッドファンデーションを選びましょう。ただし、カバー力が高いアイテムは、重ね塗りすると厚ぼったさが出やすいので、コンシーラーとの併用がおすすめです。

肌のくすみや色ムラを整えるためにファンデーションを使いたい方は、カバー力の高さよりもナチュラルに仕上がるタイプが適しています。仕上がりに合わせてカバー力の有無をチェックしてみてください。

崩れにくさをチェック

By: rakuten.co.jp

リキッドファンデーションは、油分が多く含まれているほど、肌から分泌される皮脂や汗と混じって崩れやすくなります。崩れにくさを重視したい場合は、皮脂崩れを防ぐ成分が配合されているものや、マット肌に仕上がるタイプを選びましょう。

崩れにくいリキッドファンデーションは、化粧直しの回数が減るだけでなく、万が一崩れてもドロドロになりにくいメリットがあります。スポーツをするときやアウトドアシーン、夏場のメイクアップにもおすすめ。また、オイリー肌タイプの方にも崩れにくさを謳っているリキッドファンデーションが適しています。

リキッドファンデーションのおすすめ

資生堂(SHISEIDO) インテグレート プロフィニッシュリキッド

SPF30/PA+++のUVカット効果をもつ、プチプラのリキッドファンデーション。伸びがよく、薄膜のような仕上がりが続きます。

肌にムラなくフィットするため、素肌から美しい人のように見せられるのもポイント。気になる毛穴や色ムラをカバーして、なめらかな肌に整えます。うるおいが持続し乾燥を防ぐので、肌のカサつきを抑えてメイクアップしたい方にもおすすめです。

メイベリン ニューヨーク(MAYBELLINE NEW YORK) フィットミー リキッドファンデ―ション R

肌に溶け込むようになじむ、プチプラのリキッドファンデーションです。色展開が豊富で、肌の色に合ったカラーを見つけやすく、顔だけが白浮きしてしまうのを防げます。

皮脂吸着成分であるジステアルジモニウムヘクトライトを配合しており、テカリや皮脂崩れが起きにくいのが特徴。肌にぴったりと密着し、さらさらとした仕上がりが長時間続きます。

ロレアルパリ(LOREAL PARIS) インファリブル フレッシュウェア ファンデーション

薄く均一に伸び、ナチュラルな質感に仕上がるリキッドファンデーションです。SPF25/PA+++のUVカット効果を有しており、紫外線が気になる季節のベースメイクとしても活躍します。

シリル化シリカ・パーライト・ジステアルジモニウムヘクトライトの3種の皮脂吸着成分を配合しており、汗や皮脂に強いのも魅力。毛穴や色ムラをカバーし、美しい仕上がりを1日中キープします。

レブロン(REVLON) カラーステイ メイクアップ N

普通肌・混合肌タイプの方向けにつくられているリキッドファンデーション。独自のロングラスティング処方によって、汗や皮脂に強く崩れにくいのが特徴です。

塗り心地がなめらかで軽く、伸ばしやすいのもポイント。オイルフリータイプでソフトマットな仕上がりになるので、オイリー肌の方やフォーマルな印象に仕上げたい方にもおすすめです。毛穴や色ムラをしっかりとカバーしたい場合にも適しています。

カネボウ(KANEBO) ケイト シークレットスキンメイカーゼロ リキッド

人気のプチプラブランド「KATE」のリキッドファンデーションです。ハイカバーなのに厚塗り感が出にくいのが特徴。シミやそばかす、毛穴の凹凸などもしっかりと隠し、フラットな肌に整えます。

ファンデーションにはスキンフィットポリマーが配合されており、なめらかに伸ばしていけるのも魅力。赤みと明るさに工夫を凝らしたカラーラインナップで、肌に自然な血色感を与えます。どんな肌質でも使いやすいタイプなので、はじめてのリキッドファンデーション選びに迷っている方は、ぜひチェックしてみてください。

カネボウ(KANEBO) ケイト パウダリースキンメイカー

肌のうえでパウダー状に変化する、特殊な液体を採用しているファンデーション。伸ばした直後は液状なので、毛穴や細かな凹凸にもしっかりとフィットします。「ハイカバー&スムース処方」によって、厚塗り感なくしっかりカバーできるのが魅力です。

仕上がりはサラッとしているので、ベタつきやテカリが出やすい方におすすめ。リキッドタイプとパウダータイプのファンデーションをいいとこ取りしたアイテムです。

常盤薬品工業 エクセル スキンティントセラム

81%もの美容液成分が配合されているリキッドファンデーションです。4種のセラミドのほか、マグワ根皮エキスやシャクヤク根エキスといった保湿成分が入っており、高い保湿力を実感できます。

スキンケアをしているかのような肌なじみのよさもポイント。なめらかなテクスチャーが肌にぴったりと密着し、素肌感を残しつつ肌のアラをナチュラルに隠します。また、ミラーボール型パウダーが光を乱反射させるので、ツヤ肌仕上げにしたい方におすすめです。

フーミー(WHOMEE) リキッドファンデーション

メイクアップアーティストであるイガリシノブ氏が手掛けるプチプラのコスメブランド「WHOMEE」。同ブランドのリキッドファンデーションは、素肌感を残しつつ自然なツヤを与えます。

セラミド3やヒアルロン酸などの保湿成分が配合されているので、使用中の肌の乾燥が気になりにくいのもポイント。なめらかに伸び、薄膜を張ったような仕上がりを求めている方は、ぜひチェックしてみてください。

ちふれ(CHIFURE) UVリキッドファンデーション

気軽に手に取りやすいプチプラ価格が魅力のリキッドファンデーション。水や汗、皮脂に強く、化粧崩れを起こしにくいタイプです。

保湿成分のヒアルロン酸やトレハロースを配合しているため、肌のうるおいをキープ。肌に密着し均一に伸ばせるので、自然な仕上がりを実現しています。SPF35/PA+++とUVカット効果も高め。紫外線から肌を守りながらメイクアップも同時にしたい方におすすめです。

セザンヌ化粧品(CEZANNE) ラスティングカバーファンデーション

SPF50/PA+++と、紫外線カット効果が高いリキッドファンデーションです。1本で日焼け止め効果とファンデーション効果を同時に感じられます。

メイク崩れを防ぐウォータープルーフタイプなので、汗や皮脂が出やすい季節にもおすすめ。テカリ防止パウダーを配合しており、余分な皮脂や水分を吸収します。また、ソフトフォーカス効果によって、毛穴などの凹凸もぼかすようにカバーできるのもポイントです。

エチュード(ETUDE) ダブルラスティングファンデーション

韓国コスメブランドのなかでも、プチプラアイテムを多く揃える「エチュード」のリキッドファンデーションです。長時間崩れしらずの肌に仕上がる、ロングラスティングタイプ。伸びがよいテクスチャーなので、1プッシュでも顔全体に塗り広げやすいタイプです。

また、「マグネットフィットエフェクト」によって、肌につけた瞬間にぴったりと密着するのも魅力。表情の動きに合わせてフィットし、ヨレにくい肌をキープします。さらに、テカリや皮脂、乾燥にも強いのも特徴。あらゆる肌タイプの方におすすめのアイテムです。

マキアレイベル(MACCHIA LABEL) 薬用クリアエステヴェール

美容液成分を68種配合しており、日中の肌のうるおいを保ちやすい高保湿タイプのリキッドファンデーション。美白有効成分のプラセンタエキスが配合されているため、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ効果が期待できます。

また、5種のコラーゲンや3種のヒアルロン酸、オリーブ葉エキスなどの保湿サポート成分も豊富に配合。乾燥による小じわを目立たなくする効果が期待できるのも特徴です。

大小の微粒子パウダーや平板パウダーが光を乱反射し、くすみを自然にカバー。毛穴やシワの凹凸に密着してカバーし、シミもナチュラルに目立ちにくくします。厚塗り感がなく、みずみずしい肌を演出したい方におすすめのアイテムです。

資生堂(SHISEIDO) マキアージュ ドラマティックジェリーリキッド

ナチュラルでつるんと仕上がる高密着ジェリータイプのリキッドファンデーション。ぴったりと肌に密着し、毛穴や色ムラを自然にカバーします。

ジェリーには「皮脂オートブロックパウダー」や「360°美肌パウダー」が配合されているため、ヨレにくいのもポイント。本製品には専用のスポンジがついており、肌に均一になじみます。化粧崩れが起きにくく、素肌感も残した仕上がりのものを探している方におすすめです。

カネボウ(KANEBO) コフレドール ヌーディカバー モイスチャーリクイドUV

肌の温度でとろけるオイルを配合している、肌なじみのよいリキッドファンデーション。肌に吸いつくように密着し、なめらかな質感に整えます。

ツヤがあり素肌っぽい仕上がりになる「薄膜メルティベース」を採用しているのもポイント。ムラにもなりにくく、毛穴に入り込んで凹凸もナチュラルにカバーします。

付属のスポンジを使って塗り伸ばせば、崩れの原因となる余分なファンデーションを抑えて仕上げ可能。保湿成分の水溶性コラーゲンやローヤルゼリーエキス、ナイアシンアミドなどが配合されているため、肌の乾燥が気になる方にもおすすめです。

カネボウ(KANEBO) コフレドール リフォルムグロウ リクイド

軽やかな使い心地ながらもハイカバーなリキッドファンデーション。毛穴や色ムラなどの肌のアラをしっかりとカバーし、つるんとした肌に仕上げます。

さらに、均一な膜を張ったかのような肌を、長時間キープする処方を採用。時間が経っても仕上げたての肌が持続します。また、保湿成分として水溶性コラーゲンを配合しているのもポイント。羽のような軽やかさとみずみずしさを両立したテクスチャーが魅力です。

ナチュラグラッセ(naturaglace) スキントリートメント ファンデーション

スキンケア成分にミネラルで色づけし、ファンデーション効果を持たせているリキッドファンデーション。石けんでオフできるタイプなので、クレンジングによる摩擦などの負担も抑えられます。ブルーライトを99.4%カットできると謳われているので、PCやスマホを使う時間が長い方にもおすすめです。

保湿成分のヒマワリオイルやマカダミアナッツオイルなどの植物オイルを、独自の配合でブレンドしているのもポイント。肌のうるおいをキープするだけでなく、オイルを含んだ薄膜がぴったりと肌に密着して、美しい仕上がりを保ちます。

江原道(Koh Gen Do) マイファンスィー アクアファンデーション

カバー力・密着力・透明感のすべてを兼ね備えたリキッドファンデーション。肌のくすみや色ムラ、毛穴の凹凸などはカバーしながら、透き通るようなツヤ肌に仕上げます。

テクスチャーが軽やかで、肌にサラリとフィット。独自の「グロスフィルムパウダーR」を配合しているため、化粧持ちも良好です。また、ホホバ種子油やスクワランなどのうるおい成分も配合。乾燥からも肌を守りながらメイクアップできます。

ランコム(LANCOME) タン クラリフィック リキッド

ファンデーションを豊富に取り揃えているデパコスブランド「ランコム」のリキッドファンデーション。保湿成分としてブナの芽エキスやグレープシードオイルを配合しており、うるおいに満ちたツヤ肌を演出します。

「透明感オーラテクノロジー」によって、ファンデーションを塗るだけで素肌が元から美しいかのような透明感をプラス。気になる色ムラや毛穴はナチュラルにカバーし、厚塗りに見せずに仕上げられます。

ランコム(LANCOME) タン イドル ウルトラウェアリキッド

マスクへのファンデ移りも少ない崩れにくさに重点を置いた、人気のリキッドファンデーション。日本人の肌色に合わせて14色展開しており、素肌に溶け込みやすく、美しい仕上がりを1日中持続します。

皮脂や汗に強いロングラスティングタイプであることもポイント。色ムラや毛穴もしっかりカバーしながら、厚塗り感なく自然に肌を整えます。肌に伸ばしたときにムラになりにくいので、リキッドファンデ―ションをはじめて使う方にもおすすめです。

エスティ ローダー(ESTEE LAUDER) ダブルウェア ステイ イン プレイスメークアップ

肌に塗り伸ばすとすぐにぴったり密着する、なめらかなテクスチャーのリキッドファンデーションです。汗や皮脂に強く、海水浴やアウトドアなどのレジャーシーンでも活躍します。

毛穴や色ムラをしっかりと隠すカバー力が魅力。朝の仕上がりが続くので、崩れにくいファンデーションを探している方にもおすすめです。日本人の肌に合わせたカラーを展開しており、全10色から選べます。

シュウ ウエムラ(shu uemura) アンリミテッド ラスティングフルイド

薄く軽いつけ心地が魅力のリキッドファンデーション。アジアをルーツとする人のさまざまな肌色にもマッチする、24色ものカラーラインナップを有しています。明度と彩度のバランスから、自分にとってもっとも素肌になじみやすいカラーを選べるのが魅力です。

汗や湿度に強く、マスクにも色移りしにくいロングラスティング処方を採用しているのもポイント。どんな環境でも美しい仕上がりをキープします。

アールエムケー(RMK) リクイドファンデーション

みずみずしく軽やかなフィット感が魅力のリキッドファンデーション。ナチュラルな仕上がりと適度なカバー力を両立しています。

肌のうるおいを保つ効果があるシルクエッセンスとシアバターを配合しているのもポイント。しっとりとなめらかな肌をキープし、いきいきと輝くツヤ肌に仕上げられるアイテムです。

イプサ(IPSA) リテクスチャリング ファウンデイション

光を集める薄膜ファンデが毛穴やキメの凹凸にフィットし、なめらかな肌に補正するアイテム。伸びがよく肌に均一になじんで素肌の美しさを演出します。

SPF25/PA++のUVカット効果も有しており、日中のちょっとしたお出かけのときの紫外線予防としてもぴったり。本製品は単体でももちろん使えますが、別売のクリエイティブオイルとの併用もおすすめです。ナチュラルに仕上がるデパコスのリキッドファンデーションを探している方は、ぜひ検討してみてください。

ディオール(Dior) ディオールスキン フォーエヴァー フルイド グロウ

内側から滲むようなツヤ感を1日中持続するリキッドファンデーションです。なめらかなテクスチャーが肌に均一に伸び、ぴったりとフィット。元から肌のキメが細かい人のように見せられます。

また、肌にうるおいを与えるパンジーエキスやローズエキスが配合されており、日中の肌を乾燥から守れるのもポイントです。カラー展開は全8色。ラグジュアリーな仕上がりを好む方は、ぜひチェックしてみてください。

ディオール(Dior) ディオールスキン フォーエヴァー フルイド マット

キメの整ったベルベットのようなセミマット肌に仕上げるリキッドファンデーションです。テカリを抑えながら仕上げるので、皮脂が出やすい方におすすめ。厚塗りには見せずに、肌のアラはしっかりとカバーします。

ロングウェア処方を採用しているため、美しい仕上がりを長時間キープできるのも魅力。また、保湿成分のパンジーエキスが配合されているため、肌を乾燥から守ります。

イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent) アンクル ド ポー オールアワーズファンデ―ション

ハイカバーと厚塗り感のなさを両立しているリキッドファンデーション。極小サイズのピグメントが肌にぴったりとフィットし、気になる部分をきめ細やかにカバーします。

塗り伸ばしたときに、筋ムラができにくいのもポイント。誰でも簡単に均一な肌に仕上げられます。また、光を拡散するシリコンレジンによってソフトフォーカス効果を実現。肌に自然なツヤ感を与えます。フォギーな質感が長く続くので、テカリが気になる方にもおすすめのアイテムです。

ナーズ(NARS) ナチュラル ラディアント ロングウェアファンデーション

ライトなつけ心地で、素肌にすっとなじむリキッドファンデーション。ハイカバーながらナチュラルに仕上がります。汗に強く色移りしにくいので、美しい仕上がりが長く続くのもポイントです。

スイカ果実エキスやリンゴ果実エキスなど、果実由来の保湿成分を配合しているのも魅力。肌にハリをもたらし、なめらかな質感に整えます。デパコスブランドのなかでもカラーバリエーションが豊富なので、自分の肌色にぴったりなカラーを見つけたい方は、ぜひチェックしてみてください。

クレ・ド・ポー ボーテ(cle de peau BEAUTE) タンフリュイドエクラ マット

サラサラとしたマットな肌感が長時間続くリキッドファンデーションです。毛穴をしっかりと埋め、毛穴レスでテカリの目立たない肌に仕上げられます。ラスティングコントロール機能によって、皮脂によるテカリや色のくすみといった化粧崩れを防げるのも魅力です。

独自の保湿成分「スキンイルミネイタ―」を配合しているため、肌のうるおいをキープ。テカリは抑えながら、乾燥から肌を守ります。肌になめらかにフィットする使用感で、つけ心地もよいアイテムです。

ボビイ ブラウン(BOBBI BROWN) インテンシブ スキンセラム ファンデーション

うるおいが溢れだすようなツヤ感を肌に与える、デパコスのリキッドファンデーション。保湿成分のフユムシナツクサタケエキスを配合しており、日中の肌の乾燥が気になる方にもおすすめです。

なめらかなテクスチャーで、肌に均一に伸ばしやすいのも魅力。赤みや色ムラをナチュラルに整えながら、ハリのある肌に見せます。カラーバリエーションも豊富にラインナップされているのが特徴です。

シャネル(CHANEL) ウルトラ ル タン フリュイド

By: chanel.com

メイクしたての状態を長時間キープする、ラスティングタイプのリキッドファンデーション。マスクをつける場合や手などで頬に触れたときでも色移りしにくく、皮脂崩れにも強いタイプです。

ナチュラルマットな仕上がりなので、陶器のようなつるんとした印象に仕上げたい方にもおすすめ。全10色展開で、自分の肌にぴったりな色を選びやすいのも魅力です。

アンプリチュード(Amplitude) ロングラスティング リキッドファンデ―ション

洗練された印象に仕上がるリキッドファンデーションです。肌に溶け込むテクスチャーで、素肌の美しさを引き出します。

ナチュラルさを活かしながらもカバー力があるので、肌の色ムラなどを隠したい方にもおすすめ。ロングラスティングパウダーを配合しており、ツヤのある肌が続きます。また、保湿成分であるセンチフォリアバラ花エキスや、うるおいを閉じ込めるエモリエント成分のシアバターも入っているため、乾燥が気になる方にもぴったりです。

ジバンシィ(GIVENCHY) タン・クチュール・エバーウェア・ファンデーション

なめらかで美しいセミマットの質感と高いカバー力を兼ね備えた、デパコスのリキッドファンデーション。肌に溶け込むようになじみ、厚塗りに見せない仕上がりが魅力です。

皮脂や汗、擦れなどに強いウォータープルーフ処方を採用しているため、美しい仕上がりを長時間キープ。化粧直しの手間がかかりにくいので、忙しい方にもぴったりです。

リキッドファンデーションのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

リキッドファンデーションのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。

番外編:リキッドファンデーションの使い方

“薄く・少しずつ”がポイント

By: chifure.co.jp

リキッドファンデーションに限らず、ファンデーションは顔全体に均一に塗ってしまうとのっぺりとした印象になってしまいます。顔の中心から塗りはじめ、外側にむかうにつれて薄く肌になじませていくのが鉄則。厚塗り感が出ないように少しずつ伸ばしていきましょう。ニキビ跡やシミなどを隠したい場合は、コンシーラーを併用してみてください。

ツールは仕上がりで選ぶ

また、ファンデーションは使うツールによって仕上がりが異なります。ナチュラルかつ肌に密着させやすいのは、手やスポンジを使った伸ばし方。手指を使えば適量を調節しやすく、スポンジを使えば肌表面に残った余分なファンデーションを吸い取りながらつけられます。

ブラシでのメイクアップは細い毛先にファンデーションを含ませて使えるので、手指やスポンジよりも毛穴などの肌の凹凸になじませやすいのが魅力。カバー力を重視したい方にぴったりです。ブラシを使う場合は、くるくると円を描きながら薄く伸ばしていきましょう。