手軽に使えてきちんとカバーできる「クッションファンデーション」。特に最近は人気が高く、さまざまなブランドから発売されています。

今回は、幅広い層に支持を受ける国内ブランド、資生堂のクッションファンデーションをご紹介。クッションファンデーションの選び方もあわせて解説していきます。クッションファンデーション選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

資生堂のクッションファンデの選び方

肌色に合うカラーから選ぶ

By: amazon.co.jp

ファンデーションは、肌色に合うカラーを選ぶことで自然な仕上がりになります。明るすぎると白浮きしてしまい、暗すぎると顔色が悪く見えてしまうので、丁度よいカラーを選んでみてください。

ファンデーションの色を選ぶときには、フェイスラインの色を基準にするとしっくりとくる色を選べます。フェイスラインは日焼けなどの影響を受けにくく、本来の肌色がわかりやすい部位とされているためです。

色を見るときには、顔との相性だけでなく、首との相性もチェックしてみてください。顔と首の両方を確認して、違和感のないカラーを選ぶのがおすすめです。

求める仕上がりで選ぶ

ツヤ肌に見せたい方

By: cledepeau-beaute.com

乾燥が気になる方や、うるおいのあるみずみずしい肌に見せたい方には、ツヤ肌に仕上がるタイプがおすすめ。ジェリーのようなうるおい溢れる成分や油分が多く入っているので、乾燥しにくいのが特徴です。

おでこや鼻、頬などに光が集まるため、立体感のある肌に仕上がります。肌がふっくらして見えるので、いきいきとしたかわいらしい印象に見せたいときに活躍するアイテムです。

マット肌に見せたい方

By: shiseido.co.jp

オイリー肌の方やベタつきを抑えてサラッとした肌に見せたい方は、マット肌に仕上がるタイプがおすすめ。パウダーが多く入っているので、水分や油分のバランスを整えてテカリやヨレを抑えられるのが特徴です。

マットタイプだと落ち着いた印象に見えるため、大人っぽく仕上げたい場合にも便利。シーンに合わせて使い分けましょう。

なお、資生堂のクッションファンデはツヤ肌に仕上がるタイプがほとんどなので、マット肌に仕上げたい方はパウダーなどで質感を調節するのがおすすめです。

資生堂クッションファンデのおすすめ

資生堂(SHISEIDO) HAKU ボタニック サイエンス 薬用 美容液クッションコンパクト【医薬部外品】


美白有効成分を配合したクッションファンデーション。人気製品「メラノフォーカスZ」と同様の美白有効成分「4-メトキシサリチル酸カリウム塩」を配合しており、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぎます。

オーロラパールが含まれているので、光の効果で透明感を演出するのもポイント。ツヤ感のある美しい肌に見せます。SPF30・PA+++とほどよくUVカット効果があるのも魅力。また、グリーンフローラルの香りがします。

・レフィル

・ケース

資生堂(SHISEIDO) SHISEIDO シンクロスキン グロー クッションコンパクト


つややかな美しい肌に見せるクッションファンデーション。「アドバンストセンシングテクノロジー」を採用しており、日中の肌の変化に合わせて光をコントロールします。光の効果によって、ツヤのある美しい仕上がりを持続させるファンデーションです。

カラーバリエーションが多いので、自分の肌色に合ったカラーを見つけやすいのも魅力。また、SPF23・PA++のUVカット効果があります。使いやすい無香料タイプです。

・レフィル

・ケース

資生堂(SHISEIDO) SHISEIDO シンクロスキン セルフリフレッシング クッションコンパクト

フレッシュな肌を演出するクッションファンデーション。独自技術「アクティブフォーステクノロジー」により、汗・皮脂・動きによる化粧崩れを防ぎやすいのが魅力です。メイクアップにより毛穴の目立たない肌に仕上げるため、毛穴が気になる方にもおすすめです。

軽い付け心地ながら、うるおいをしっかりとキープできるのもポイント。仕上がりはマットな質感です。SPF35・PA++++と高いUVカット効果があるのも特徴。香料が苦手な方にもぴったりな無香料タイプです。

・レフィル

・ケース

資生堂(SHISEIDO) SHISEIDO シンクロスキン ホワイト クッションコンパクト WT【医薬部外品】

パッと明るい肌に見せる医薬部外品の美白クッションファンデーションです。メイクアップ効果により明るい美肌に仕上げる一方、白浮きしないのが魅力。有効成分の4-メトキシサリチル酸カリウム塩を配合しており、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐのもポイントです。

天然植物由来成分が配合されており、乾燥から肌を守るのも特徴。また、SPF40・PA+++と高いUVカット効果があるので、紫外線が気になる季節のメイクにもおすすめです。

・レフィル

・ケース

資生堂(SHISEIDO) フューチャーソリューション LX トータル R クッションe

スキンケアをしながらベースメイクができるクッションファンデーション。肌のキメを整えてなめらかにし、肌荒れを防ぐ成分の「スキンジェネセルENMEI」を配合しています。

光の効果でハリ・透明感のある肌に見せるクッションファンデーションなので、40代・50代の方にもおすすめ。SPF50+・PA+++と高いUVカット効果があるのも特徴です。

・レフィル

・ケース

資生堂(SHISEIDO) マキアージュ ドラマティッククッションジェリー

つるんとした肌に見せるクッションファンデーション。「毛穴レスつやパウダー」が配合されており、メイクアップによって毛穴の目立たない肌に仕上げます。

膜を形成する「Wラスティングコート成分」が配合されており、マスクに付きにくいのもポイントです。ジェリー膜が肌にピタッと密着して、長時間崩れにくいのが魅力です。

メッシュレス構造で、最後までムダなく使えるのもメリット。SPF50・PA++++としっかりとしたUVカット機能があるのも特徴です。オールシーズン使えます。

・レフィル

・ケース

資生堂(SHISEIDO) インテグレート 水ジェリークラッシュ


プチプラのクッションファンデーションを探している方におすすめの製品。水ジェリーをメッシュで崩しながら使うアイテムです。

密着力が高く、表情の動きによるヨレに強いのもポイント。水ベースなので皮脂と混ざりにくく、皮脂とファンデーションが混ざることによって起こる崩れなどが起きにくいのも魅力です。

本製品は冷やしてから使用することも可能。事前に冷蔵庫で冷やしておくとひんやりとした使い心地になり、夏のメイクにも活躍します。

資生堂(SHISEIDO) クレ・ド・ポー ボーテ タンクッションエクラ ナチュレル


ダイヤモンドの輝きに着目して作られたクッションファンデーション。メイクアップとスキンケアを両立する技術「ライトエンパワリングエンハンサー」を採用しているのがポイントです。メイクアップにより、まるで内側から輝くような上品なツヤ肌に仕上げます。

保湿・整肌成分の「スキンイルミネイター」を配合。肌をうるおし、乾燥を防ぎます。マスクによるヨレなどの化粧崩れが起こりにくいのもメリット。ベタつきが少ないのも魅力です。

カラーバリエーションが多く、肌色に合ったカラーを見つけやすいのも特徴。SPF25・PA+++と適度なUVカット効果があります。

・レフィル

・ケース

資生堂(SHISEIDO) ナーズ ナチュラルラディアント ロングウェア クッションファンデーション

ナチュラルなツヤ肌に見せるクッションファンデーション。空気中のちり・ほこりや、紫外線によるダメージなどから肌を守ると謳われています。保湿成分のラズベリー・アップル・スイカエキスのブレンドを配合。肌にハリを与えて、なめらかな質感に整えます。

色移りや色あせが起こりにくく、汗にも強いため、長時間きれいな印象をキープ。付け心地が軽く、化粧直しをしてもフレッシュに仕上がるのがポイントです。ロングウェアなファンデーションを求めている方はチェックしてみてください。

・レフィル

・ケース