キッチン用のダストボックスは、ペットボトルやアルミ缶・プラスチック類などを分別できるモノがおすすめ。また、せっかくならインテリアを損なわないおしゃれなダストボックスを置きたいものです。

そこで今回は、おしゃれなキッチンダストボックスをご紹介します。選び方もあわせて解説するので、買い替えを検討している方はぜひチェックしてみてください。

キッチンダストボックスの選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

キッチンダストボックスを購入する際、最も重視したいのがサイズ選びです。せっかく選んだお気に入りのダストボックスも、設置スペースに収まらなければ十分に機能を果たせないどころか、導線をふさいで邪魔になってしまいます。

そのため、キッチン内にどれだけ設置スペースがあるのかを測っておきましょう。横幅・奥行きはもちろんですが、高さもしっかりと測ることがポイント。また、動かせる家具などがあるなら、レイアウトを変えて設置場所を確保するのもおすすめです。横幅が十分に確保できない場合は、積み重ねて使用できるモノやスリムな設計のモノなどもチェックしておきましょう。

容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

一人暮らしと家族で暮らしている場合とでは、1日に出るゴミの量が異なります。ゴミ捨ての頻度や1日に出るゴミの量を考慮して容量を選びましょう。

また、屋外にゴミを保管できる場所がある場合は、小さなキッチンダストボックスでも問題ありませんが、ない場合はある程度ゴミをためておける大容量のモノがベストです。

分別数で選ぶ

By: rakuten.co.jp

燃えるゴミや燃えないゴミ、瓶、缶、プラスチックなど出るゴミの種類が多いキッチンは、分別ができるダストボックスを選ぶのがおすすめ。

とはいえ、設置スペースにも限りがあるので、1つのボックスに2つ袋が掛けられるタイプや、少量のゴミをまとめて入れておけるタイプなら、少ないボックス数ですむのでおすすめです。

フタの開閉方法で選ぶ

By: amazon.co.jp

調理中は、手が水で濡れていたり食材を触って汚れていたりと、両手がふさがりがち。そのような際に、ダストボックスのフタを開けるのはなかなか難しいものです。

また、汚れた手で触ってしまうと、フタ自体にも汚れが付着してしまい掃除をする手間もかかります。そのため、両手がふさがるシーンの多いキッチンでは、足で開閉できるモノ選ぶと便利です。

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

キッチンダストボックスを選ぶ際は、素材にも注目しましょう。一般的に多いのがプラスチック製で、軽量で丸洗いできるのがメリット。また、比較リーズナブルな価格で購入できるのも魅力です。ただし、熱に弱いため火や熱源の近くに置くのは避けましょう。

ステンレス製のダストボックスは、サビに強く耐久性に優れているのが特徴。ただし、プラスチック製に比べて重量があり高価であることも留意しておきましょう。

便利機能で選ぶ

移動しやすいキャスター付き

By: rakuten.co.jp

キッチンダストボックスを調理中だけ作業台の近くへ移動させたい場合は、キャスター付きのモノがおすすめ。調理中に作業台の近くに置いておけば、野菜くずや食品パックをすぐに片付けられて便利です。

まとめて置ける連結機能

By: amazon.co.jp

まとめて置きたい場合には、連結機能がついたキッチンダストボックスがおすすめ。スッキリと並べられるため見た目もスマートです。また、上に重ねられる「スタッキング」ができるタイプであれば、横幅が狭くても省スペースに設置しやすく、キッチンのデッドスペースを有効活用できます。

臭いや菌の繁殖を抑える消臭・抗菌加工

By: amazon.co.jp

生ゴミなどの臭いが気になる方やとにかく清潔に使いたいという方は、消臭・抗菌加工がされたキッチンダストボックスを選ぶのがおすすめです臭いや菌の繁殖を抑えて衛生的に使えます。

お手入れ簡単な内ペール付き

By: amazon.co.jp

お手入れが簡単にできるモノを探している方は、本体の内側にプラスチック製の「ペール」が付いているモノを選ぶと便利です。ペールだけを取り外して、ラクに丸洗いできます。

インテリアに馴染むデザインを選ぶ

By: amazon.co.jp

ダストボックスは生活感が出やすいアイテムなので、デザインもしっかりと吟味しましょう。違和感なくキッチンになじませるためには、キッチンのメインカラーに合わせるのがポイント。

また、スタイリッシュなキッチンにはシャープな形、カントリーならナチュラルな雰囲気に合うデザインなど、キッチンのスタイルに合わせて選んでみてください。

とはいえ、ダストボックスは置いているだけで生活感が出がちです。存在自体を隠してしまいたいという場合は、カウンターやワゴンに収納できるタイプがおすすめ。キッチンの家具に合わせることで、インテリアを損ねることなく統一できます。

おしゃれなキッチンダストボックスのおすすめ

ケユカ(KEYUCA) arrots ダストボックス 27L

省スペースでもフタが大きく開く、おしゃれなダストボックス。左右開きのフタで、上部の空間に余裕がない場合にも対応できます。システムキッチンの下にダストボックスを収納したい方にもおすすめ。

調理中などで手が汚れていても大丈夫なペダル開閉式なのもポイント。また、細かい分別にも対応できるよう、ボックス内に複数枚の袋が掛けられる袋留めがついているのもポイントです。さらに、移動がラクなキャスター付き。ボックス内部には替えのゴミ袋入れが付いているなど、細かいところまでこだわりが詰まった製品です。

アイムディ(I’mD) クード スリムペダル 33L KUD30BR

2004年にグッドデザイン賞を受賞した、おしゃれかつ機能性に優れたダストボックス。本体に付いている袋留めには複数の袋を掛けられるので、1台で2〜3分別が可能です。

キャスター付きで、調理中だけ作業台のそばに持ってきたいという場合にもスムーズに動かせます。また、幅の狭いスリムなフォルムなのでスマートに設置が可能です。開け閉めしやすいペダルタイプのフタも魅力。デザイン性の高いキッチンダストボックスを探している方におすすめです。

トンボ ユニード プッシュ&ペダルペール 30S

スタイリッシュなデザインが魅力のダストボックス。30Lのゴミ袋がすっぽりと収まるサイズで、2種類の捨て方に対応しているのが特徴です。小さめのゴミをサッと捨てたい場合はステンレスフタをプッシュし、大きめのゴミを捨てる際はペダルを踏むとフタ全体を大きく開けられます。

また、上部のステンレスフタは奥に開く設計。ダストボックス中央にゴミが落ちるため、手前にゴミが詰まってしまう心配がありません。デザイン性と機能性に優れたキッチンダストボックスを探している方におすすめです。

リス 抗菌加工 H&H ペタルペール45PS 45L 13774

本ダストボックスは、両サイドに袋が掛けられるフックがついているので、アルミ缶やペットボトルなども分別して捨てられます。そのため、1台で最大3分類することが可能です。

また、抗菌加工も施してあり、フタを外して隅々まで洗えるので清潔に使用できるのもポイント。さらに、ペダルを踏むことで軽くフタが開くので、両手がふさがっていてもスムーズにゴミ捨てができます。45Lの大容量タイプなので、居住人数の多い家庭にぴったりなキッチンダストボックスを探している方におすすめです。

ライクイット(like-it) カフェスタイル フロントオープン 17L

本キッチンダストボックスは、ゴミの捨て口が上ではなく横にあるのが特徴。設置する場所の上部に十分な空間がない場合でも安心です。フタはロックできるので、連続してゴミを捨てたい場合にも便利。

また、複数個購入し、上にスタッキングすることも可能です。温かみのあるカラーラインナップで、ナチュラルなキッチンにもよくなじみます。容量は、17Lのほかに25Lタイプもあるので、居住人数に合わせて選んでみてください。

平和工業 ダストボックス スライドペール 45L C-715

45Lの大容量タイプのキッチンダストボックス。底部にはキャスターが付いており、掃除などで移動させる際にもスムーズに動かせます。ワンタッチでスライド開閉できるフタも魅力。開けたまま固定できるので、ゴミを連続して捨てたい場合にも便利です。

また、ポリプロピレン製なので丸洗いできるのもポイント。カラーは、ブラウン・ブルー・ベージュ・レッドの4色がラインナップされているので、ゴミの種類に合わせてカラーを変えたいという場合にも便利です。

ヴィップ(VIPP) 16 ベダルビン 18L smtb-KD


おしゃれなキッチンダストボックスを探している方は、ヴィップの「ペダルピン」がおすすめ。MoMA(ニューヨーク近代美術館)にも選定された、デザイン性の高い製品です。

おしゃれなだけでなく、商業利用にも耐えうる堅牢なつくりも魅力。内ペールも内蔵されているため、丸洗いできて清潔に使えます。サニタリールームなどに置けるミニサイズもリリースされているのでチェックしてみてください。

オットスタイル(ottostyle.jp) ペダル式ゴミ箱 角型 30L

レトロなデザインがおしゃれな、スチール製のキッチンダストボックス。フレンチスタイルのキッチンにもよく映える1台です。スリムな角形タイプながら30Lの十分な容量があります。

また、両手がふさがった状態でもペダルでラクに開閉でき、フタが静かに閉まる仕組みを採用しているのもポイント。さらに、プラスチック製の内ペール付きなので、取り外して丸洗いできます。カラーは、シルバー・ダークブラウン・オフホワイトの3色から、キッチンの雰囲気に合ったカラーを選んでみてください。

ダルトン(DULTON) プラスチックトラッシュカン 65L 100-198

1日に出るゴミの量が多いという方におすすめな、65Lの大容量キッチンダストボックスです。大きな2輪のキャスターと持ち手が付いているので、ゴミをたくさん入れて重くなってしまっても移動させやすいのが魅力です。

しっかりと閉まる大きめのフタが付いており、臭い漏れも防げます。また、屋外にも置いておくことができ、丸洗いできるので衛生的に使えるのもポイントです。

シンプルヒューマン(simplehuman) タッチバーダストボックス CW2018

ステンレスボディのスタイリッシュなダストボックス。ペダルを足で踏んでフタを開ける仕組みとは異なり、タッチバーに触れることで開閉するタイプです。両手がふさがっていても腰などで開けることが可能。また、フタを一度開らくと開いたままの状態になるので、連続してゴミを捨てたい時にも便利です。

プラスチック製の内ペールを2つ搭載しているので、1台で分別することが可能。ボディの表面には、特殊な加工を施しているため手の油などの汚れをラクに拭き取れるのも魅力です。

ジョゼフジョゼフ(Joseph Joseph) クラッシュボックス 30L 30036

30Lの容量に約90L分のゴミが入るダストボックスです。ダストボックス本体に搭載された「コンパクションプレート」をゴミの上から押しつけることで、手を汚すことなくゴミを圧縮。ゴミの体積を約1/3まで減らせるので、ゴミ袋の節約に繋がります。

フタは足で開閉でき、両手がふさがった状態でもラクにゴミを捨てることが可能です。また、シンプルなデザインで、インテリアにもなじみやすいのも魅力。ゴミを大量に捨てられるキッチンダストボックスを探している方におすすめです。

オットスタイル(ottostyle.jp) センサー全自動開閉式ステンレスゴミ箱 50L

手をかざすだけで、全自動で開閉する製品。調理中など手が汚れた状態でもダストボックスに触れることなくゴミを捨てられます。赤ちゃんやペットを抱っこしたままでも開閉でるため、家事に忙しいママにもおすすめ。

また、臭いが漏れにくいので、赤ちゃんの使用済みオムツを捨てる際にも便利です。素材にステンレススチールを採用したスタイリッシュなデザインで、生活感が出にくいおすすめのキッチンダストボックスです。

アスベル 資源ゴミ横型3分別ワゴン 20L

20Lのダストボックスが3個付いた製品。ペットボトル・プラ・缶などゴミが分別しやすいモノを探している方におすすめです。ダストボックスを3個乗せられるキャスター付きの台座で、掃除の際もラク移動させられます。3つスッキリと並べられるのでいつでもキレイに整頓できるのも魅力です。

また、プッシュ式のフタが付いているので気になる臭い漏れも防ぐことができ、丸ごと水洗いできるのもポイント。ゴミ袋止めも付いているので、しっかりとセットできます。

リス smooth スタンドダストボックス5P GBBH005

約19Lのボックスを縦に5個ラックに設置して使うキッチンダストボックスです。幅約34cmしかないので、奥行きさえあればちょっとした隙間を有効活用できます。フタはワンプッシュで開くので、上部のボックスもスムーズに開閉することが可能です。

ラックはキャスター付きなので、掃除の際もラクに移動できます。前輪にはストッパーが付いているため、勝手に動くこともありません。ボックス本体はポリプロピレン素材なので、取り外して丸洗いが可能です。ゴミの量や分別も多いという方はぜひチェックしてみてください。

iOCHOW ダストボックス

3つのダストボックスを重ねて設置できるシンプルでおしゃれな製品。重ねて使用するのはもちろん、単体での使用ももちろん可能です。2つはゴミの分別用としてキッチンに、あと1つはリビング用とするなどさまざまな使い方ができます。実用性とデザイン性を兼ね備えたダストボックスを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

スタックストー(Stacksto) ペリカン ガービー 38L

スタッキングして使えるおしゃれなダストボックス。フタを開けたままにできるので、スムーズにゴミ袋を外すことが可能です。また、雨が入りにくい設計のため、ベランダに設置するのもおすすめです。

45Lのゴミ袋に対応しており、レジ袋を2枚使えば1台で分別も可能。ロック付きのため臭い漏れを防ぐことができ、さらに、前に倒れにくくするサポーターも付いているので安心して使えます。

ライクイット(like-it) ゴミ箱分別引き出しステーションスリム 42L BS-3

デッドスペースを有効活用して置ける、スリムなキッチンダストボックス。横幅が約17cmしかないので、冷蔵庫とシンクの間などちょっとした隙間に置いておけます。限られた設置スペースでもゴミの分別はしっかり行いたい、一人暮らしのキッチンにもぴったりな1台です。

また、ひとつのボックスに複数の袋が掛けられる切込みフック付き。乾電池や食品の容器など、より細かく分別して処理したい方にもおすすめです。分別シールも付属されているので、どこに何を捨てればよいのかも一目で分かるようにできます。別売りのキャスターやアジャスターを取り付ければ、ラクに移動させられたり段差がある場所にも設置できたりして便利です。

東谷(AZUMAYA) ダストボックス 3段 LFS-933

幅21cmと限られたスペースを有効に活用できる、3段タイプのダストボックスです。上から2段までは手前に引くと開くフラップ扉を採用。ゴミを捨てた後は重心がボックスの後ろにかかるので、手を添えなくても自動で閉まります。

最下段は足でペダルを踏んで開ける仕様のため、かがんでゴミを捨てる必要がありません。ペットが開けにくい構造なので、イタズラ対策ができるキッチンダストボックスを探している方にもおすすめです。

川口工器 スチール 薄型 ダストボックス 18135

金属製品の産地、新潟県三条・燕で職人がひとつひとつ丁寧に仕上げた日本製のダストボックスです。奥行き約25cmの薄型タイプなので、デットスペースに設置できます。

臭いを防げるフタ付きのペールが4個付属。容量は各14Lで、しっかりと分別できます。また、フロント部分は1枚仕上げの鉄板のため、マグネットを使ってメモを貼り付けておくことも可能です。

ディノス(dinos) ステンレス作業台ワゴンダスト2分別 H36314

ワゴンとしても使える便利なキッチンダストボックス。全面ステンレス製で、一見するとスタイリッシュなキッチンワゴンにしか見えないところがポイントです。フタ付きのペールが付属しているので、気になる臭いも軽減できます。

底部にはキャスターが付いており、ワゴン上部の天板は調理中の補助スペースとしても使用可能。野菜を切った際に出たクズをサッと捨てられます。また、アツアツの鍋を直に置くことができるのもポイントです。

モダンなインテリアに合うダストボックスを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

生活雑貨 分別ダストボックス MUD-6257

フレンチカントリースタイルのキッチンにぴったりな、カウンター式キッチンダストボックスです。なるべく生活感を出さずにダストボックスを設置したい方におすすめ。木製の取っ手やサイドに設けたフックなど、細部にまでこだわりが詰まっています。

下部には15Lサイズのプラスチックペールを3個設置することが可能。フタも付いているので、臭い漏れも軽減できます。また、小さな引き出しには、替えのゴミ袋などをまとめて入れられ便利です。ダストボックス上部は、作業台としたりキッチンツールを置いたりとさまざまな活用ができます。

カウンター下収納3分別ダストボックス

北欧風の木目がおしゃれな、カウンター式キッチンダストボックス。生活感の出るダストボックスを隠して、家具に統一感をもたせたい方におすすめの1台です。

本体内部には分別ができる大小3つのペール付き。プラスチック製なので取り出して丸洗いが可能です。また、下段の台座にはキャスターが付いており、本体から離して移動できるのもポイント。調理中に下部のダストボックスだけ側に寄せてゴミを捨てられる、使い勝手のよいアイテムです。