グリーン周りでボールを寄せるのに役立つ「チッパー」。ゴルフ初心者はもちろん、アプローチが苦手なベテランゴルファーにもおすすめです。

しかし、チッパーはライ角やロフト角に違いがあり、パタータイプやウェッジタイプなど形状もさまざま。どれが自分に合うか、悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、チッパーの選び方のポイントを解説。おすすめアイテムもご紹介します。

チッパーとは?

By: amazon.co.jp

チッパーとは、名前の通り「チップショット」に使うクラブです。チップショットとは、グリーン周りからピンを狙うアプローチ方法のひとつ。ボールを上げて止める「ピッチショット」とは違い、ボールを転がすように打ってピンに近づけます。

アイアンやウェッジを使ったチップショットは、比較的繊細なコントロールが必要。少しのミスでトップやダフりにつながることがあり、プレッシャーがかかる場合があります。

一方、チッパーはパターのような打ち方をするため、初心者でも軌道が安定しやすいのが特徴。細かなテクニックは使えない分、ミスショットが出にくいのもポイントです。チッパーは、グリーン周りでスコアを崩しやすい方におすすめのクラブといえます。

チッパーの選び方

形状の種類をチェック

ウェッジタイプ

By: prgr-golf.com

ウェッジタイプのチッパーは、幅広いソールが特徴。ソールの幅が広いほど、芝の上を滑りやすいため、地面をダフってしまう「ザックリ」を防ぐのに役立ちます。アプローチショットでダフリがちな方や、ウェッジのような見た目を求める方におすすめです。

パタータイプ

By: prgr-golf.com

パタータイプのチッパーは、ソールの幅が狭いのが特徴。ヘッドの抜けがよく、ウェッジタイプに比べて高い操作性が期待できます。短いアプローチの距離感が苦手な方や、パターが得意な方におすすめです。

ロフト角をチェック

By: prgr-golf.com

ロフト角とは、クラブフェースの傾斜角度のこと。シャフトを地面と垂直に持った際、クラブフェースがどれだけ傾いているかを指します。ロフト角が大きいほどボールが高く上がり、バックスピン量も大きい傾向。一方で、小さなロフト角は弾道が低く、ボールがより遠くに飛ぶ傾向にあるのが特徴です。

チッパーのロフト角は、35°・45°・55°の3種類を中心としたモノが多く揃っています。35°は8番アイアン、45°はピッチングウェッジ、55°はサンドウェッジに相当するロフト角です。

「転がして寄せる」アプローチが好みの方は、35°前後のモノがおすすめ。「上げて寄せる」アプローチが好みの方や、グリーン周りのバンカー越えショットが苦手な方には、55°前後のロフト角がおすすめです。

ライ角をチェック

By: amazon.co.jp

ライ角とは、シャフトとソールがつくる角度のこと。クラブを構え、クラブヘッドのソールが地面と平行な時の、シャフトとの角度を指します。一般的に、ドライバーのようにシャフトが長いクラブはライ角が小さく、ウェッジのようにシャフトが短いクラブはライ角が大きい傾向。

チッパーのライ角は、おおよそ65~75°です。一般的なパターのライ角が70~72°なため、同程度のライ角のチッパーを用いることで、よりパターに近い感覚で使えます。

チッパーのおすすめ

キャロウェイ(Callaway) オデッセイ X-ACT MEN’Sチッパー USモデル

パターのような35.5インチの長さと、マレット型ヘッドが特徴のチッパー。フェース面にポリマー製のインサートを備え、距離感を揃えやすく、心地よい打感につなげています。

また、幅広のソール形状は、芝の上を滑りやすい設計。トップやダフリなど、ミスショットをカバーする効果が期待できます。70°のライ角と37°のロフト角により、やさしく「ピッチエンドラン」のアプローチができるのも魅力です。

グリップには、パターのようにやや太めでパラレル形状のモノを採用。パッティングと同じような握り方で打つのがおすすめです。

さらに、アゴの高さによっては、バンカーからの脱出にも使えるのがポイント。アプローチはもちろん、ウェッジを用いたバンカーショットが苦手な初心者の方にもピッタリな製品です。

プロギア(PRGR) R35 wedge ウィメンズ

ロフト角を35°にし、キャリーとランの割合を「1:3」で打てるよう設計された、パタータイプのチッパー。「転がして寄せる」のが好みな方におすすめです。

打ち方もパターと同様でよいので、ミスショットが出にくいだけでなく、カップへ直線的に狙いやすいのが魅力。グリーンに乗せることはもちろん、グリーン外からのアプローチがそのままカップインする「チップイン」も狙えます。

また、ライ角は71°、長さは32インチと一般的なパターに似た設計。パター感覚で気軽に使える製品を探している方におすすめです。2010年に施行された新溝ルールに適合したモデルです。

プロギア(PRGR) R45 wedge メンズ

By: prgr-ginza.com

ウェッジタイプのデザインが特徴のチッパーです。デザインはウェッジに似ていますが、ソールはしっかりと幅広く、芝の上を滑りやすいのが特徴。ダフリやトップなどのミスをカバーするのに役立ちます。

ライ角は67.5°と、一般的なウェッジよりもアップライトな設計。ボールの近くに構えやすいため、ミート率の向上が期待できます。ウェッジ感覚でアドレスできるので、パタータイプのチッパーに違和感を覚えてしまう方にもおすすめです。

また、広いソールを活用し、フェースを開かずにバンカーからの脱出が可能。ピッチングウェッジと同様の45°のロフト角と35インチの長さにより、やや距離のある100ヤード以内のアプローチにも使えます。

さらに、キャリーとランの割合が「1:1」で打てるよう設計。ピッチエンドランの軌道がイメージしやすいのも魅力です。新溝ルールにも適合しています。

プロギア(PRGR) R55 wedge メンズ

サンドウェッジに近い、55°のロフト角設定のチッパー。ボールを自然に上げられ、グリーン周りの池やバンカーをクリアするのに役立ちます。

また、ワイドソール設計により、バンカーショットでもフェースを開かずに打てるのが魅力。67.5°のライ角でアップライト設計なため、よりボールに近い位置でのスイングができます。ミート率をより高くし、ラインを狙ったショットが可能です。

さらに、ワイドフェース設計のため、ボールを点ではなく面でとらえるイメージでのショットができるのもポイント。ボールを狙って叩こうとするころで起こる「ザックリ」「ダフリ」「トップ」などのミスショットを避けたい方にピッタリです。

砲台グリーンなどに「上げる」ことが苦手な方も、本製品ならパター感覚でのグリーンオンをサポート。やや太めの専用グリップを採用し、手先を使わないよう工夫されています。新溝ルール適合モデルです。

キャスコ(Kasco) ドルフィン ランニングウェッジ DRW-119

チッパーに興味があるものの、見た目に抵抗がある方にもおすすめのウェッジタイプのチッパー。「ドルフィンシェイプ」の形状により、スッキリとしたスタイリッシュなデザインが魅力です。

また、トゥ・センター・ヒールで幅の違いを持たせ、あらゆる場面で自然なソールの抜けを考慮した「ドルフィンウェーブソール」を採用。スイートエリアの拡大につなげ、スイング方向へのクラブの自然な動きをサポートします。

さらに、太めのグリップを使っているのも特徴。構えた際にフェースの向きが変わってしまうことを防ぎ、パターのようなストロークがしやすいよう工夫されています。

リーディングエッジは丸く厚いため、芝へ刺さる「ザックリ」を軽減。ロフト角は39°、ライ角は67°、クラブの長さは34インチと、「転がして寄せる」アプローチにピッタリな製品です。2010年の新溝ルールに適合しています。

キャスコ(Kasco) ドルフィン ピッチ&ランウェッジ DPW-119

ロフト角48°を採用し、理想的な「ピッチエンドラン」の寄せに役立つチッパー。キャリーとランの割合は1:2に設計されているため、「やさしく浮かせてから、転がす」アプローチが好みの方におすすめです。

また、目標に合わせやすいよう、フェースを直線的な形状にしているのもポイント。クラブ重量も、33インチで519gと比較的重い設計。重量感があるためヘッドがブレにくく、安定したショットにつながります。

さらに、「逆さ富士形溝」を採用し、スピン性能も発揮。ピタリと寄せたい方にもおすすめです。ピン近くの砲台グリーンなど、上げながらも確実に寄せたいシーンにピッタリ。新溝ルールにも適合したモデルです。

キャスコ(Kasco) ドルフィン フライングウェッジ DFW-119

アプローチが苦手な方はもちろん、グリーン周りのバンカー越えや池越えショットで緊張してしまう方にもおすすめのチッパー。20ヤード以内から、やさしく楽にピン寄せするのをサポートします。

また、フェース面を高くした「ハイフェース」を採用。一般的なチッパーよりもラフに強く、さまざまなシーンで活用できます。新溝ルールにも適合したモデルです。

さらに、55°のロフト角を採用し、キャリーとランの割合はおおよそ1:1。「ふわりと上げてから、ピタリと寄せる」アプローチが好みの方におすすめです。

ライ角は67°、クラブの長さは33インチで、一般的なウェッジに比べアップライト気味に構えられるのも魅力。ボールを真ん中にするように構え、まっすぐ引いて打つだけなので、距離感に集中できます。

ダンロップ(DUNROP) クリーブランド スマートソール4 TYPE-C

アプローチが苦手な人から高い人気のある、「スマートソール」シリーズの4代目のモデルです。35mmの幅広ソールを採用し、グリーン周りのミスを軽減。パター感覚で、やさしくピンに寄せることが可能です。

スマートソールシリーズにはC・G・Sの3種類があり、本製品「TYPE-C」は、チッパータイプ。42°のロフト角で、転がして寄せるアプローチに向いています。

また、「フィールバランシングテクノロジー」を採用。打点位置に近づけたヘッド重心にすることで、バラつきのないアプローチに役立ちます。新溝ルールにも適合したモデルです。

ダンロップ(DUNROP) クリーブランド スマートソール4 TYPE-G

スマートソールシリーズの「TYPE-G」は、ギャップウェッジタイプのチッパー。一般的なサンドウェッジとピッチングウェッジの中間程度である50°のロフト角で、「浮かして転がす」アプローチにピッタリです。

ソールは、34mmと幅広タイプ。高いバウンス効果が期待でき、エッジが地面に刺さる「ザックリ」のミスを減らすのに役立ちます。新溝ルールに適合したモデルです。

また、リーディングエッジ側のソールを削ることで、ダフリの抑制につなげているのもポイント。グリーン周りのミスを減らし、スコアをまとめたい方におすすめの製品です。

ダンロップ(DUNROP) クリーブランド スマートソール4 TYPE-S

ロフト角58°の「TYPE-S」は、サンドウェッジタイプのチッパーです。38mmの幅広ソールにより、フェースを開かずに「引いて打つ」だけでバンカーからの脱出が可能。グリーン周りから「上げて、転がす」アプローチが好みの方にもピッタリです。

2010年施行の、新溝ルールに適合したモデル。ライ角は64°と、一般的なウェッジに近いのもポイントです。アドレスした際、ボールの位置がウェッジに近い方が好みという方にもピッタリ。バンカーや池越えに苦手意識がある方にもおすすめの製品です。

楽天の売れ筋ランキングをチェック

楽天のランキングをチェックしたい方はこちら。