目覚めの1杯やブレイクタイムに欠かせないマグカップ。気取らずにコーヒーやお茶を楽しめるのはもちろん、大切な方へのプレゼントにも最適なアイテムです。大ぶりなモノからスリムでスタイリッシュなモノまで、多彩なデザインが魅力のマグカップですが、せっかくなら、気分の上がるお気に入りのマグカップで楽しいひと時を満喫したいものです。

そこで今回は、おしゃれなマグカップを展開しているブランドと、おすすめのマグカップをピックアップ。プレゼント選びで迷っている方も、ぜひ参考にしてみてください。

マグカップの選び方

保温性で選ぶ

By: amazon.co.jp

デスクワークをしながらお茶やコーヒーを飲む方は、保温性の高さを確認しておきましょう。保温性の低いものは、時間が経つとすぐ冷めてしまうため、デスクワークなどをしながら飲む方には不向きです。いつでも好きな時に適温で味わいたい方は保温性で選びましょう。

また、真空断熱で保温性の高いモノやフタ付きのモノ、陶器が厚めのモノを選べば、いつでも適温でお茶やコーヒーを楽しめます。

素材で選ぶ

陶器

By: amazon.co.jp

陶土と呼ばれる粘土を原料として、窯でゆっくりと焼き上げたモノが陶器です。陶器製のマグカップは釉薬を施しているため、吸水性に優れているのが特徴。また、インテリアに合わせてデザインや絵柄を選びやすいものメリットです。

ステンレス

By: amazon.co.jp

ステンレス製のマグカップは、金属のなかでも熱伝導率が極めて低いのが特徴です。温かい飲みものは温かいまま、冷たい飲みものは冷たいまま、長時間温度をキープしてくれます。

また、比較的安価で手に入れることができるのもメリットです。コストパフォーマンス重視の方には、ステンレス製のマグカップがよいでしょう。

ペア製品を選ぶ

By: amazon.co.jp

ペアマグカップは、結婚祝いや大切な方へのプレゼントにおすすめ。夫婦やカップルで使えるのはもちろん、急な来客にも気取らずにお茶を振る舞えるのも魅力です。

また、製品によっては、ペアマグカップの側面に名前やメッセージを入れられるモノもあります。プレゼントを送る相手の雰囲気や好みを考慮して選びましょう。

デザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

ブレイクタイムを満喫するためには、マグカップのデザインにもこだわりたいものです。自分の好みはもちろん、コーヒー派なのか紅茶派なのか、また一度に飲む量はどのくらいなのかを考慮しながら、デザインやサイズを決めていくと選びやすくなります。

また、来客が多いという場合は、部屋の雰囲気に合わせて選んでみるとよいでしょう。最近では、北欧食器のような大胆でおしゃれな花柄やキャラクター柄も人気。まずは手に馴染みやすく、使い心地のよいと思えるデザインを意識して選びましょう。

マグカップの人気ブランド|ティファニー(Tiffany & Co.)

1837年にアメリカで創立したティファニー。世界に名だたる装飾品ブランドとして、いつの時代もセレブリティに愛される存在です。ティファニーの貴金属は世界中の女性たち憧れの的ですが、テーブルウェアも貴金属に劣らず人気。その優雅で高級感溢れる佇まいは、男女問わず世界中のコレクターを魅了しています。

ティファニー(Tiffany & Co.) ブルーボックス マグカップ

ティファニーブルーに白いリボンとティファニーを象徴するかわいらしいデザインが魅力のマグカップセット。ティファニーのイメージカラーでもある淡いグリーンがかったブルーは、春の訪れを知らせる「こまどり」の卵の色が由来です。

すっきりとした気品あるフォルムで、紅茶やハーブティーはもちろん、コーヒーも優雅に楽しめます。名入れもしてくれるので、記念日のプレゼントとして、大切な人と一緒に使えるマグカップです。

ティファニー(Tiffany & Co.) 5TH アベニュー マグカップ

ニューヨークのさまざまな名所が描かれたマグカップセット。フリーハンドで描かれた建物や人、車のイラストは、コケティッシュで温かみのあるデザインです。気品溢れるティファニーですが、マグカップならラフに使えるため、普段使いにも最適。

ベーシックなフォルムは、お茶とコーヒーどちらとも相性がよいので、朝の1杯にも大活躍してくれそうです。ペアセットなので、カップルや来客用としてもおすすめです。

マグカップの人気ブランド|サーモス(THERMOS)

真空断熱魔法瓶のパイオニアとして知られるサーモス。2015年には世界最大の生産・販売量を記録し、現在では世界シェア率ナンバーワンの企業として成長しています。サーモスとは、同社の魔法瓶のブランド名。保温・保冷機能に優れ、いつでも飲みごろの温度をキープしてくれるのが魅力です。

サーモス(THERMOS) 真空断熱マグ JCV-270

真空耐熱によって、飲み頃の温度をキープしてくれるサーモスのマグカップ。女性に使いやすいパールトーンのカラーと持ちやすいソフトなハンドルが魅力です。本体にはフラップを取り付けられるので、飲まない時はフラップを閉じておけばホコリも防ぎ、長時間温かさを保てます。

さらに、マグカップの口にはコーヒードリップを乗せられるので、淹れたてのコーヒーを楽しめるのも魅力です。冷たいドリンクを入れても結露せず、デスク上の書類をぬらすことなく安心して使えるのも嬉しいポイント。オフィスでも使いやすいおすすめのマグカップです。

サーモス(THERMOS) 保温マグカップ JDC-351

外側がホルダー式の真空二重構造ステンレスマグカップ。温かい飲みものはもちろん、冷たいドリンクも温度をキープしてくれます。

プラスチックのフタを乗せておけば、飲み物にホコリなどが入る心配もありません。また、外側のホルダーと魔法瓶は単体なので、魔法瓶のみ食洗機に入れて洗うことも可能。利便性の高いマグカップを探している方におすすめです。

マグカップの人気ブランド|マリメッコ(marimekko)

北欧テキスタイルブランドとして日本でも大人気のマリメッコ。1951年、創立当時からのデザイナー、マイヤ・イソラが手掛けたカラフルで大胆なグラフィカルパターンは、世界中で有名です。食器のみならず、バッグやインテリア雑貨、キッチンウェアなども展開。北欧テイストの最先端をいくブランドです。

マリメッコ(marimekko) ウニッコ ラテマグ 67849-431

持ち手のないシンプルなラテ用のマグカップ。マリメッコでも特に人気のある、マイラ・イソラがデザインしたケシの花パターン「ウニッコ柄」です。カフェオレや紅茶はもちろん、日本茶を注いで湯のみ茶碗のように使えるのも魅力。

また、アイスクリームやシャーベットを入れてデザートカップのように使えます。来客用として、ちょっとしたおもてなしにもおすすめのアイテムです。

マリメッコ(marimekko) ケスティト マグカップ 67102

大人気「ケスティト」シリーズのマグカップ。2015年に発売された同シリーズの復刻カラーで、日本でしか手に入らない限定品です。テキスタイルはマイヤ・ロウエカリが手掛けたもの。生き生きと描かれた力強いタッチの花がキュートなデザインです。

持ち手がありサイズが大きいため、たっぷりと好きなドリンクを飲みたい方におすすめ。またマグカップのほかに、コーヒーカップ、プレート、ボウルもシリーズ化されているので、揃えてテーブルコーディネートを楽しんでみてください。

マグカップの人気ブランド|ノリタケ(Noritake)

1904年に創業した日本の陶磁器メーカー、ノリタケ。1914年に日本初のディナーセットを発売以来「ノリタケチャイナ」の愛称で親しまれ、現在では世界中のファンが魅了するブランドへ成長しています。同ブランドの製品は、美しく存在感のある究極の白にこだわっているのが特徴。日本の洋食器メーカーの先駆者が生み出す逸品は、目上の方へのプレゼントにもおすすめです。

ノリタケ(Noritake) シェール ブラン マグカップペア p94855_1655

ノリタケの技術を注ぎ込んで作られた究極の白い食器「シェール ブラン」のマグカップ。シンプルなだけでなく優雅なフォルムが美しいシリーズです。古来より日本で親しまれている立涌文様を今風にアレンジしたレリーフと縁まわりのギリシャ文様は、オールドノリタケにも多く用いられています。

現在まで受け継がれてきた飽きのこないデザインは、長く愛用できる逸品。結婚祝いにはもちろん、大切な方への贈り物としてもおすすめです。純白のカラーは、どんなインテリアにも馴染み、好みや年齢に左右されず喜ばれます。

ノリタケ(Noritake) TOTOROとなりのトトロ マグ T97265/4660-4

ジブリファンにはたまらない、ノリタケの「となりのトトロ」スペシャルコレクション。トトロの名場面が描かれたかわいいマグカップです。デザインは全部で6種類あり、四季それぞれのシーンが色鮮やかに描かれています。

磁器製なので、素地が透き通るように薄いのにもかかわらず、陶器よりも強度に優れているのが特徴です。割れにくいので子ども用としてもおすすめ。オリジナルのギフトボックス入りで、誕生日や入学祝いにも最適です。

マグカップの人気ブランド|ウェッジウッド(Wedgwood)

世界最大級の陶磁器メーカーとして名高い、ウェッジウッド。250年以上という長い歴史をもつイギリスの老舗です。ウェッジウッドの著名なシリーズといえば「ワイルドストロベリー」をはじめ「ジャスパー」「ピーターラビット」などですが、その他にも魅力的なデザインがラインナップされています。

繊細な柄・質感・優美なデザインは多くの人を魅了し、世界中にコレクターも大勢いるほど。一度は手にしたい憧れの陶磁器ブランドです。

ウェッジウッド(Wedgwood) ジャスパー・コンラン シノワズリ グリーン・ホワイト

ブリティッシュスタイルの第一人者であるファッションデザイナー、ジャスパー・コンランが手掛けたペアマグカップ。機能性と英国の伝統を見事に融合させた、コンテンポラリーなスタイルは、ウェッジウッドのデザインコンセプトにふさわしいコレクションです。

水彩画のような繊細なシノワズリ調の絵柄が、和柄にも似ているため日本茶とも相性抜群。柄がそれぞれ異なり、ひとつは鮮やかなグリーンをベースとしたカラー、もうひとつはホワイトカラーに、グリーンの花模様です。持ち手の形がユニークなのも魅力。ブライダルギフトや新生活を始める方への贈り物としても、おすすめのマグカップです。

ウェッジウッド(Wedgwood) フェスティビティ ブルーマグ

カジュアルに使えるウェッジウッドの「フェスティビティ」コレクション。ぽてっとした質感が温もりを感じるマグカップです。「フェスティビティ」とは“祝祭”を意味し、豊穣のシンボルでもあります。お祭りの装飾などに用いられる、フルーツや花々の束を縄でつないだ花綱モチーフが特徴。

立体感のあるデザインに仕上げられたマグカップは、ゆったりとブレイクタイムを楽しむのに最適です。使いやすい持ち手やほどよいサイズ感、食洗機や電子レンジも使える機能性が魅力。ウェッジウッドのなかでも手頃な価格で手に入り、自分用としてラフに使うのもおすすめです。

マグカップの人気ブランド|イッタラ(iittala)

1881年、フィンランド南部のガラスメーカーとして、ピーター・マグナス・アブラハムにより創業。大自然の中で生まれるガラス製品は、美しさと機能性をあわせ持ち、その伝統と技術を継承しながら高品質な製品を作り続けています。最近では、ガラスウェアにとどまらず、テーブルウェアの総合ブランドとして、ラインナップの幅をますます充実させています。

イッタラ(iittala) ティーマ マグ 0.3L ターコイズ

無駄のないフォルムと実用性を重視した、イッタラの「ティーマ」シリーズ。1948年にデザインされた名作「キルタ」シリーズがもとになっています。生活スタイルに合わせ、電子レンジでも使えるように、デザイナーであるカイ・フランク自身が改良を加えたシンプルなマグカップです。

カイ・フランクが「必要な装飾は色だけ」と語るように、発売以来変わらず愛され続ける、ロングライフデザインが魅力。コーヒーや紅茶を飲むのにはちょうどよい300mlサイズです。他にもたっぷりとドリンクを注げる大きいサイズのモデルも展開しているので、用途にあったサイズを選んでください。

イッタラ(iittala) タイカ マグ レッド

デザイナーのクラウス・ハーパニエミがデザインした「タイカ」シリーズのマグカップ。「タイカ」とは、フィンランド語で“魔法”を意味します。フクロウやユニークなツリーなど幻想的なイラストがシンプルなフォルムに表現された、個性的な一品です。

華やかな絵柄は、シンプルな「ティーマ」シリーズのアクセントとして、コーディネートしやすいデザインになっています。「タイカ レッド」はクリスマスシーズン限定品。イベントシーズンのプレゼントにおすすめのマグカップです。

マグカップの人気ブランド|アラビア(ARABIA)

フィンランド・デザインの草分け的ブランド、アラビア。1873年ヘルシンキに創立以来、フィンランドを代表する陶器ブランドとしてその名が知れ渡っていますが、現在はイッタラ・グループの傘下に入り、イッタラが販売を手掛けています。アラビアの製品は機能性に優れ、廃盤となったシリーズはヴィンテージ品として、高値で取引されています。

アラビア(ARABIA) ムーミン ライトスノーフォール 2018ウィンター マグ

アラビアといえば、フィンランドのかわいいキャラクター「ムーミン」シリーズが人気。「ライトスノーフォール」は、2018年ウィンターの限定マグカップです。小説「ムーミン谷の冬」のなかで、ムーミンが人生で初めての雪にうっとりしているシーンが描かれています。

トーベ・ヤンソンが制作したモノクロ原画のイメージを損なわないように、デザイナーであるトーベ・スロッテが、ブルーと白をベースに繊細なタッチでデザインしました。ムーミン好きにおすすめのマグカップです。

アラビア(ARABIA) エステリ マグ

フィンランド独立100周年を記念して登場した「エステリ」シリーズのマグカップ。アラビアで長きにわたって活躍したデザイナー、エステリ・トムラが、1973年に手掛けた絵柄です。「エステリ」シリーズはその復刻版モデルとして販売されています。

ホワイトベースの陶器に、大胆なネイビーブルーの花柄が北欧らしい一品。300mlとほどよいサイズで、コーヒー・紅茶などさまざまなドリンクに使えます。底が広めのフォルムでカップが倒れにくいのも大きなポイント。食洗機や電子レンジも使え、普段使いに最適なマグカップです。

マグカップの人気ブランド|ロールストランド(Rorstrand)

1726年にスウェーデン王室御用達の釜として創業したロールストランド社。ヨーロッパでは2番目に古い歴史をもつスウェーデンの陶器メーカーです。「ノーベル賞」の授賞式後の晩餐会で同社の食器が利用されるほど、格式高い製品が揃っています。現在ではフィンランドのイッタラの傘下となりましたが、その後も優美な製品を生み出しています。

ロールストランド(Rorstrand) モナミ マグカップ 0.35L

ロールストランドの代表的なシリーズのひとつ「モナミ」のマグカップ。フランス語で“私のともだち”を意味する「モナミ」の絵柄は、真夏の雨の日にスケッチしたラブラドルチャの白い花がもとになっています。「スウェーデン磁器の母」として親しまれている、マリアンヌ・ウェストマンによるデザインです。

花模様は、磁器に描かれる際にコバルトブルーに色づけられます。焼き上がる頃には美しい濃淡のあるブルーが出現。まるでスケッチ画がそのままマグカップに描かれたような素朴な雰囲気が魅力です。マグカップは取っ手が付いていないので、コーヒー・紅茶はもちろん、日本茶とも好相性。和の空間にもしっくりなじむおすすめのシリーズです。

ロールストランド(Rorstrand) エデン マグカップ

ロールストランドの設立290周年を記念して復刻した、アニバーサリーシリーズ「エデン」。 デザイナー、シグリッド・リッチャーによる当時のデザインがそのまま再現されたマグカップです。

輪切りになったリンゴのモチーフと、北欧の深海を思わせるターコイズブルーの色合いが特徴。プレートやボウル、ペーパーナプキンまで揃っているので、部屋のインテリアに合わせてコーディネートするのもおすすめです。

マグカップの人気ブランド|ル・クルーゼ(LE CREUSET)

北フランスに本社を構える鍋やキッチンウェアブランド、ル・クルーゼ。現在では世界約50か国以上に輸出され、美しいデザインと鮮やかなカラー、そして機能性に優れた鋳物ホーローは、世界中で愛されています。世界的デザイナー、レイモンド・ローウィのデザインした「コケル」や、イタリア人デザイナー、エンゾ・マリによる「ママ」などが特に有名です。

ル・クルーゼ(LE CREUSET) マグカップ S 910072-01-09

ホーロー鍋でおなじみのル・クルーゼですが、ストーンウェアも人気です。マグカップは、曲線のフォルムが手になじみやすく、温かみがあります。1250℃の高温で焼きあげられたストーンウェアは、通常の陶器よりも気孔含有率が極めて低いため、水分を通しにくく丈夫なのが特徴。

耐熱性にも優れているので、電子レンジやオーブン、食洗機にも対応します。繰り返し使ってもニオイや汚れがつきにくいので、毎日の朝食やティータイムにおすすめ。カラーはほっこりと温かみのある5色展開で、家族でカラー別に使うのにもぴったりなマグカップです。

ル・クルーゼ(LE CREUSET) マグカップ フタ付き 910365-80-178

ル・クルーゼのフタ付きマグカップ。フタ付きで、飲みものが冷めづらくホコリも防いでくれるので、なかなか席を立てないデスクワークの方にもおすすめです。

さらに安定感のあるフォルムで、書類の多いデスク上でも倒れにくいのが魅力です。一般的な陶器や磁器よりもやや重いですが、大きめの持ち手でしっかりとカップをグリップできるのもポイント。何か作業をしながらお茶を飲みたいという方におすすめのマグカップです。

マグカップの人気ブランド|ハリオ(HARIO)

1921年創業の耐熱ガラスメーカー。日本で唯一耐熱ガラスの工場を所有しています。創業時、コーヒーサイフォンの製作に着手し、その後家庭用品分野に進出。現在では、コーヒー関連製品をはじめ、ティー関連製品・電子レンジ用調理器具・アロマ・ペット用品と幅広い分野でアイテムを展開しています。

ハリオ(HARIO) 香り マグカップ HKM-1T

ハーブティーや紅茶をよく嗜む方に人気の耐熱ガラス製マグカップ。カップの丸みによって空気の対流がおこり、立ち上る香りをカップの口元に集めるので、飲み物の香りをより楽しめるのがポイントです。

また、熱湯洗浄や食洗機にも対応しているので、お手入れも簡単。ガラス製のティーポットと合わせて、優雅なティータイムを楽しめるアイテムです。

ハリオ(HARIO) ストレートマグ 2個セット SRM-1824

すっきりとしたフォルムで、ガラスの透明感が美しいストレートタイプのマグカップ。ハーブティーや紅茶はもちろん、クレマたっぷりのカプチーノやカフェラテ、ブラックコーヒーなど、飲みものの種類を選ばないシンプルデザインが魅力です。

耐熱ガラスは陶器と比べると軽量なため、持ちやすいのが特徴。また大きめに作られた持ち手で安定感も良好です。ペアのマグカップなので、ブライダルのプレゼントや引っ越し祝いにもおすすめ。どんなインテリアとも相性がよく、誰にでも喜ばれるアイテムです。

マグカップの人気ブランド|スタジオエム(STUDIO M’)

愛知県のマルミツ陶器が展開する陶器ブランド、スタジオエム。素朴でナチュラルな食器をはじめ、キッチンファブリックや木製の製品など、多数のアイテムを取り扱っています。マグカップの他にも、プレートやボウルなどおしゃれで普段使いできる手頃な食器が豊富です。

スタジオエム(STUDIO M’) アンテ マグ

ぽってりとした素朴な味わいのマグカップ。飲み口が広いので、コーヒーや紅茶はもちろん、温かいスープを注いでもスプーンが入りやすくおすすめです。

重ねて置けるスタッキングタイプなので、収納場所を取らないのも嬉しいポイント。来客用にストックしておいたり、家族分揃えて使ったりするのにぴったりです。落ち着きのある4カラーで、ナチュラルなインテリアにもよく馴染みます。

スタジオエム(STUDIO M’) コーヒーロースターズ マグL

コーヒーをハンドドリップで淹れられるマグカップ。広めの飲み口に、そのままドリッパーが乗せられるので、淹れたてのおいしいコーヒーを味わいたい方におすすめです。

光沢があり、和食器にも似た風合いが魅力。あえて色ムラしたような凹凸のある英文字や渋めのカラーが、男女ともに人気のシリーズです。同シリーズのピッチャーやドリッパー、ソーサーと合わせて使えば、素敵な朝のひと時に最適です。

マグカップの人気ブランド|ポーリッシュポタリー(Polish Pottery)

ポーランド南西部で作られる陶器、ポーリッシュポタリー。もとはポーランド南西部の町ボレスワヴィエツとその周辺で作られる陶器のことを指し、ポーランドを代表する陶器として世界的に知られています。温もりのあるころんとした丸い独特のフォルムは人気で、美しい柄は、ひとつひとつ職人の手によって絵付けされています。

ポーリッシュポタリー(Polish Pottery) ポーリッシュマグ Z911-41

ポーランド陶器独自の、丸みのあるコロンとしたフォルムがかわいいマグカップです。鮮やかなテキスタイルは、ポーランド伝統のモスキート柄。ポーリッシュポタリーの代表的なデザインで、もっとも人気のあるテキスタイルのひとつです。

300ccが入るたっぷりサイズで、保温性にも優れているのでシチューやスープを注ぐのもおすすめ。また、パイ生地を乗せてオーブンで焼けば、ポットパイの器などオールマイティーに使え重宝します。

ポーリッシュポタリー(Polish Pottery) ポーリッシュマグS CK67-U10

かわいいピンクカラーをベースにしたポーリッシュポタリーのマグカップ。コーヒーカップとコーヒー豆がマグカップのまわりを囲んだ絵柄がキュートな一品です。

ポーリッシュポタリーの絵柄は、職人の手作業によるもの。釉薬に覆われていない部分の小さなくぼみやざらつきなどが、ハンドメイドらしい味わいのアクセントを演出しています。

マグカップの人気ブランド|アフタヌーンティー リビング(Afternoon Tea LIVING)

1981年に創業した総合生活雑貨ブランド、アフタヌーンティー。イギリスの「アフタヌーンティー」の習慣を見習って、インテリア製品を通して届けたいという思いからスタートしました。雑貨と飲食が一体となった、衣・食・住を同時に提案するスタイルは、アフタヌーンティーが初。現在もヨーロッパのひとつ先行くライフスタイルを発信し続けています。

アフタヌーンティー リビング(Afternoon Tea LIVING) フタ付きマグカップ

ティーバッグでも美味しい紅茶を飲めるように工夫されたマグカップ。フタ付きで保温効果に優れているため、すぐに飲めなくてもいつでも美味しい飲みごろの紅茶を楽しむことが可能。

一人でくつろぐティータイムや仲間同士でのパーティーシーンで楽しい空間を演出してくれるアイテムです。オフィスや夫婦で使うのにおすすめ。裏面におしゃれな文字が施された木のフタは、冷たい飲みものを入れた時の水滴受けに、コースターとしても役立ちます。

マグカップの人気ブランド|エルメス(HERUMES)

1837年にパリで馬具工房として開業したファッションブランド、エルメス。世界中の女性憧れのエルメスですが、テーブルウェアにもエルメス独自の世界観が映し出されています。赤白の大胆なデザインが美しい「ガダルキヴィール」や鮮やかなブルーの「ブルーダイユール」は特に人気のシリーズです。

エルメス(HERUMES) ガダルキヴィール マグカップ No1

エルメスのテーブルウェアのなかでも、代表的なテキスタイルのひとつとして人気の「ガダルキヴィール」コレクション。炎の中で赤く輝く鉄にインスピレーションを受けた絵柄です。より力強い太めのラインで描かれています。大きめのマグカップは、ひときわ存在感があり優雅なリラックスタイムを演出してくれます。

プレートやカップ&ソーサーなど、さまざまなアイテムがシリーズ化されているので、ひとつずつコレクションしてみるのもおすすめです。

エルメス(HERUMES) ブルー ダイユール マグカップ ペア 30438P

エルメスの「ブルー ダイユール」も、人気のあるコレクションのひとつ。日本語では別名「青と白の物語」としても親しまれ、遥かな異国と世界を結ぶ架け橋をイメージして生まれたマグカップの絵柄は、まさにエルメス独自の世界観を表現しています。

深く鮮やかなブルーと白のコンビネーションが魅力。また、東洋の伝統的な陶磁器を彷彿させる色使いやデザインは、和の食卓にもすんなりと馴染みます。幾何学的にデフォルメされた花びらやヒナギク、蜂の巣を表した模様は絶大な存在感があります。記念日の贈り物としても喜ばれる、おすすめのペアマグカップです。

マグカップの人気ブランド|ハサミ(HASAMI)

2010年に誕生した、長崎県波佐見町発の陶磁器ブランド。長い間あまり知られることのなかった波佐見焼でしたが、その技術の高さと効率的な分業体制を生かし、波佐見焼が歩んできた歴史の垣根を越えて新たな陶器づくりへと一歩踏み出しました。ライフスタイルにマッチした“道具”としてのものづくりが、幅広い世代から受け入れられています。

ハサミ(HASAMI) ブロックマグ

50〜60年代のひなびたロードサイトのレストランを彷彿とさせる、アメリカンスタイルのマグカップ。洗いやすく、少々雑に扱っても壊れにくい、実用的なデザインが魅力です。

市販のドリップタイプのコーヒーや、インスタントスープにちょうどよい180ccサイズ。忙しい朝のパートナーとしてもおすすめです。重ねて置けるスタッキングタイプは、たくさんマグカップがあっても省スペースで収納できるので、大勢人数が集まるオフィスやパーティーにも最適です。9色のカラーバリエーションで、ブロックのように積み上げて楽しんでみてください。

ハサミ(HASAMI) Morning Collection エイチ ブロックマグ ビッグ

ハサミとアメリカのフォントデザイン会社「House Industries(ハウスインダストリーズ)」のコラボライン。「エイチブロックマグ」は、ハウスインダストリーズの代表的なフォントである「HOUSE」と「HASAMI」の“H”をあしらった、タイポグラフィーでモダンなパターンデザインが魅力のマグカップです。

パターン部分には、和絵の具を使用した転写絵付けの技法を採用。実際に手に取ってみると、ツヤや透明感、ぷくっとした厚みが実感できます。直線と曲線を兼ね備えた持ち手は、手に馴染みやすいように設計されたもの。男性へのプレゼントとしても喜ばれる、おすすめの製品です。