眼鏡に装着するだけでサングラスとしても使用できる「クリップオンサングラス」。眼鏡に付けるだけの便利なツールのため、ひとつ持っていると重宝するアイテムです。

レンズの種類もさまざまなタイプが展開されているため、どれを選べばよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、おすすめのクリップオンサングラスをご紹介。選び方もあわせて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

クリップオンサングラスの選び方

デザインで選ぶ

By: moscot.com

クリップオンサングラスを手持ちの眼鏡に装着する場合は、デザインやカラーに差がないタイプのモノを選ぶとマッチします。レンズの主張が強くないスケルトンタイプは、さまざまな眼鏡に馴染みやすいのが特徴です。

カジュアルからフォーマルまでスタイルを問わず身に着けたい場合は、メタルフレームを使用しているモノがおすすめ。フレームが細いタイプなら洗練された印象に仕上がります。

逆台形型のウェリントンタイプは、ユニセックスにも活用できるアイテムです。

レンズの機能性で選ぶ

偏光・調光タイプ

By: zozo.jp

偏光レンズとは、特殊な構造によりレンズカラーを必要以上に濃くすることなく余分な光をカットするアイテムです。

偏光タイプのレンズは日中の強い光による眩しさを感じにくいほか、景色やモノが見やすいのがメリット。釣りやスポーツ、ドライブなどでは偏光レンズを使用したクリップオンサングラスがおすすめです。

調光レンズとは、紫外線の量によって色が変わるレンズのこと。紫外線に多く当たるとレンズの色が濃く変化し、紫外線が当たらないときはクリアレンズに戻る仕組みです。場所によって外す必要がなく、サングラスと眼鏡をひとつで兼用したいときに重宝します。

調光レンズは屋内外に移動することが多いショッピングやゴルフなどにおすすめです。

UVカットタイプ

By: talex.stores.jp

日中に使用する場合は、紫外線から目を保護しやすいUVカットタイプがおすすめ。UVカットタイプなら紫外線による目の疲れやダメージを軽減できます。

UVカットの指標は主に「紫外線カット率」や「紫外線透過率」として表記されているので、購入する前にチェックしておきましょう。紫外線カット率と表記されている場合は数値が高いほど性能がよく、紫外線透過率は数値が低いほど性能がよいとされています。

紫外線透過率は1.0%以下だと紫外線を99%以上カットできるといわれているため、クリップオンサングラスを選ぶ際は参考にしてみてください。

可視光線透過率もチェック

By: zozo.jp

可視光線透過率はレンズが光を通す割合のことを指しており、数値が低いほど光を通しにくく、高くなるほど光を通しやすいといわれています。濃く暗いカラーレンズは数値が低くなり、薄く明るいカラーレンズは高い数値となるので購入する際の参考にしてみてください。

夜間の運転時などは可視光線透過率75~100%のモノがおすすめ。40~70%のモノは目の表情がわかりやすく普段使いに適しています。

日中は10〜30%の色の濃いモノがぴったり。ただし、屋外で使用する場合は紫外線カット機能を備えているタイプを選びましょう。

用途で選ぶ

運転

By: talex.stores.jp

日中に運転する際は、色彩や風景が見えるアイテムがおすすめ。偏光レンズを使用したクリップオンサングラスなら、反射光をカットしながらクリアな視界を実現しています。

夜間に運転する場合は、視界を妨げないレンズを使用したタイプを選びましょう。可視光線透過率が75~100%で、薄いカラーのレンズを採用しているクリップオンサングラスがおすすめです。

また、跳ね上げ式ならワンタッチで眼鏡に仕様変更できるため、運転時にも重宝します。

スポーツ

By: amazon.co.jp

日差しの強い屋外でスポーツをする時は、UVカットと乱反射を防ぐ機能を兼ね備えたクリップオンサングラスがおすすめ。可視光線透過率は10~30%程度で、レンズの色が濃いモノだと強い光が入りにくいのが魅力です。

偏光レンズを使用したモノなら、光反射によるギラつきを抑えながらクリアな視界を実現。また、スポーツシーンを想定した軽量なタイプや、クリップが外れにくい仕様かもチェックしておきましょう。

跳ね上げ式なら切り替えがラク

By: talex.stores.jp

跳ね上げ式とは、クリップオンサングラスを眼鏡に装着したまま押し上げることが可能な仕様のこと。不要なときでも付け外しの必要がないため便利です。

スポーツ用やアウトドア用など機能性を重視して作られたアイテムには、跳ね上げ式を多く採用。また、跳ね上げ角度を何段階かで調節できるモノも展開されているので、気になる方はチェックしてみてください。

クリップオンサングラスのおすすめブランド

レイバン(Ray-Ban)

By: rakuten.co.jp

「レイバン」は1937年に誕生したアメリカのアイウェアブランド。もともとはレンズメーカーとしてスタートしており、アメリカ空軍のパイロットのために高機能サングラスを開発していた歴史があります。

レイバンの眼鏡専用のクリップオンサングラスを展開しており、手持ち眼鏡の雰囲気を変えたいときにおすすめです。

タレックス(TALEX)

By: talex.stores.jp

「タレックス」は、眼鏡レンズ発祥の地である大阪府田島町で誕生した偏光レンズ専門メーカーです。見え方の質にこだわった眼鏡やサングラスを多数ラインナップしています。

雑光をカットする独自のレンズを採用したクリップオンサングラスを展開しているのが特徴。高い機能を持つアイテムを求める方は、ぜひチェックしてみてください。

モンベル(mont-bell)

By: montbell.jp

「モンベル」は、1975年に創業された日本のアウトドア総合メーカーです。登山用品をはじめ、さまざまなアウトドア用品の製品開発・発売をおこなっています。

手持ちのメガネに付けて使用できる高性能なクリップオンサングラスをラインナップ。アウトドアシーンに適したモノを探している方におすすめのブランドです。

クリップオンサングラスのおすすめ

レイバン(Ray-Ban) RX5228C CLIP-ON クリップオンサングラス

ゴールドのフレームにダークトーンのレンズを組み合わせており、クールな印象に仕上がるクリップオンサングラス。眼鏡に取り付けるだけでコーデのアクセントになるため、おしゃれを楽しみたい方にもおすすめです。

可視光線透過率は12.9%で、屋外で日差しが強いときにも活躍するアイテム。ファッション性と機能性の両方を求める方は、ぜひチェックしてみてください。

タレックス(TALEX) クリップオン サングラス

室内や暗い場所に入ったときに外す必要がない、跳ね上げ式のクリップオンサングラス。フレームはマットブラックカラーのシンプルなデザインで、さまざまなスタイルに馴染みやすいのが特徴です。

可視光線透過率は30%を有しているほか、紫外線カット率は99%を実現。ドライブなどに活躍するクリップオンサングラスを求める方におすすめです。

モンベル(mont-bell) クリップオン サングラス スクエア PL

手持ちの眼鏡に取り付けて使用できるスクエア形状のクリップオンサングラスです。クリップ式で着脱が簡単にできるうえ、使用しないときは跳ね上げておけるのもポイント。レンズはライトグレーとライトブラウンの2色が展開されています。

UVカット率は99%以上を実現。また、可視光線透過率はライトグレーが20%、ライトブラウンは22%と高性能なアイテムです。

偏光レンズタイプなので、日中のギラつきを抑制しつつ景色が見やすいのもメリット。アウトドアシーンに適したモノを探している方にもおすすめです。

ゾフ(Zoff) ウェリントン型 2WAYめがね NIGHT&DAY

マグネットで簡単に着脱できるクリップオンサングラス。フロントアタッチメントの内側に2つのマグネットが付いているため、ワンタッチで装着できるのが特徴です。

道路や水面などの反射を軽減する偏光機能を搭載しており、眩しさを抑えながらクリアな視界を実現。可視光線透過率は13%、紫外線カット率は99.9%と高性能なのもポイントです。

ドライブやアウトドアシーンなど、幅広く活躍するモノを探している方はぜひチェックしてみてください。

コールマン(Coleman) クリップオン サングラス

ミラーレンズを採用したおしゃれなクリップオンサングラスです。ワンタッチの装着で眼鏡の雰囲気を変えて楽しめるアイテム。さまざま顔の形に合わせやすいウェリントンタイプで、ユニセックスに使用できます。

偏光レンズを採用しているため光の乱反射を抑えつつ、クリアな視界を実現。紫外線カット率は99%以上で目に優しいのもポイントです。強い日差しの中でも快適に活動できます。

ファッション性と機能性の両方を求める方におすすめのアイテムです。

コールマン(Coleman) クリップオン サングラス

偏光レンズを使用したクリップオンサングラス。可視光線透過率は20%、紫外線透過率は1%以下と高性能なアイテムです。

スモークカラーのレンズを採用しており、シャープなフォルムに仕上がっているのが特徴。クールなデザインと機能性を兼ね備えたアイテムを探している方におすすめです。

跳ね上げ式なので使い勝手も良好。レジャーや釣り、ドライブなどのアウトドアシーンで活躍します。

スポルディング(SPALDING) クリップオンサングラス CP-9

偏光レンズを使用したクリップオンサングラスです。ゴルフやドライブ、釣りなどのアクティブシーンに適しています。

跳ね上げ式を採用しているので、屋内外の移動が多いときや作業をする場合にも使いやすいのがメリット。また、保管に便利な専用ケースが付属するのも嬉しいポイントです。

紫外線カット率は99.9%以上を実現しているのも魅力。頻繁に出かける方におすすめのクリップオンサングラスです。

トムフォード(TOM FORD) クリップオンサングラス

眼鏡とクリップオンサングラスがセットになったアイテムです。眼鏡にブルーライトカットレンズを採用しているのが特徴。さらに、クリップオンサングラスをマグネットで簡単装着できるので、気分やファッションによって雰囲気を変えられます。

眼鏡は肉厚なフレームが際立つサーモントブロータイプ。クリップオンサングラスを取り付けると、スタンダードなウェリントンタイプとして使用できます。顔まわりの締め付け感を軽減するバネ蝶番を採用しているため、快適に着用できるのもメリットです。

モスコット(MOSCOT) LIEB クラウンパント クリップオンサングラス

By: moscot.com

眼鏡とクリップオンサングラスがセットになったアイテムです。ボストンタイプの下部を切り取ったような独特な六角形のシルエットが特徴。ブリッジや鎧、フロントリムのメタルパーツにはヴィンテージライクな装飾が施されています。

クリップオンサングラスのレンズはグリーンカラーで、可視光線透過率は11%を実現。紫外線透過率は0.1%以下の機能を備えているのがポイントです。

フレームが細いため、フォーマルな装いにもマッチしやすいのも魅力。見た目にこだわりたい方におすすめです。

アーツ(RARTS) クリップオンサングラス 偏光レンズ

折りたたみ可能なクリップオンサングラスです。折りたたんで付属のジッパーケースに収納すればコンパクトに持ち運びができます。デザインはウェリントンタイプなので、ユニセックスに使用できるのもメリットです。

偏光レンズを採用しており、紫外線カット率は99%以上を実現。可視光線透過率はブラウンデミカラーで30%を有しています。

また、跳ね上げタイプで4段階の角度に調節できるのもポイント。レンズを挟むクリップ部分にはキズ防止ラバーが付属しています。

細部にまでこだわって作られたデザインと機能性を兼ね備えているおすすめのクリップオンサングラスです。

スワンズ(SWANS) 偏光クリップオンサングラス

偏光機能を備えているクリップオンサングラスです。路面や水面などのギラつきを抑えつつ、クリアな視界を実現。紫外線透過率は0.1%以下、可視光線透過率は19~30%と高い機能を持ち合わせているのが特徴です。

レンズのカラーは多数展開されており、好みに応じて選びやすいのもポイント。また、跳ね上げタイプなので着け外しの必要がないのもメリットです。

ゴルフや野球などのスポーツや釣り、ドライブなどに適したクリップオンサングラスを探している方はぜひチェックしてみてください。

エスクリュ(S;CRU) 調光 偏光 クリップオンサングラス

調光機能と偏光機能を兼ね備えたクリップオンサングラスです。光の反射を抑えやすく、紫外線の量によってレンズの色が変わる仕様。スケルトンタイプなので、目立ちにくいのもメリットです。

可視光線透過率が19〜41%のレンズを採用しているため、早朝や夕方など薄暗い時間でも使用可能。レンズを挟むパーツの先にはプラスチックカバーが付いており、傷が付きにくいよう工夫が凝らされています。

跳ね上げ式でレンズをスムーズに上げ下げできるのもポイント。アウトドアやドライブなどアクティブに活動する方におすすめのアイテムです。

ハグオザワ(HUG OZAWA) GR-009C ネイビーマット green glass

折りたたみ式でコンパクトに持ち運べるクリップオンサングラス。マットなネイビーカラーのフレームを採用したスポーティなデザインで、 クールな印象を与えるアイテムです。

光の反射によるギラつきを抑えやすい、偏光機能付きのレンズを採用。可視光線透過率は13%、紫外線透過率は1%以下を有しています。

跳ね上げ式で4段階の角度調節ができるのもポイント。旅行やスポーツなど幅広いシーンに適しています。

エムフリップ(MFLIP) クリップオンサングラス

フレームと偏光レンズフリップの両方に埋め込まれたマグネットにより、簡単に装着できるクリップオンサングラス。ネジを使用していないため、跳ね上げを繰り返すことでネジが緩む心配が不要なのも嬉しいポイントです。

フレームには軽量かつ堅牢なチタン素材を採用。テンプル部分に弾力性の高い素材を用いて圧迫感を軽減しており、快適な着用感を実現しています。

ツーブリッジフレームを採用したスタイリッシュなデザインで、見た目と機能性を兼ね備えたアイテムを求める方におすすめです。

ホプニック研究所 NeoContrast ファッション用グラス

夜間の運転に特化しているクリップオンサングラス。人間が眩しく感じるイエローライトだけをカットすると謳っており、コントラストがはっきりと見えるよう設計されています。

レンズは色が薄く、夜間運転用の規定である可視光線透過率75%以上を保持。さらに、紫外線透過率は0.1%のため、運転時のみならず普段使いにも重宝します。

ハイスペックな機能を持ちながら、軽量かつ薄型なのもポイント。夜間の運転に適したアイテムを探している方におすすめです。