日差しの強い日に気になるのが紫外線。肌だけでなく目にも悪影響を及ぼすと言われているので、対策が必要です。そんな紫外線から目を守ってくれるのが「サングラス」。海や川など、直射日光を長時間浴びる場所へ行くときは、必ず持ち歩いておきたいアイテムです。

目を保護するためだけでなく、おしゃれなファッションアイテムとしても活躍します。そこで今回は、サングラスの選び方と人気のおすすめブランドをご紹介。サングラスを使ったメンズコーデも網羅しているので、ぜひチェックしてみてください。

サングラスの選び方

レンズカラーで選ぶ

サングラスを選ぶときはグレー系のレンズが無難。まぶしさを防ぐ効果が高いほか、どんなコーディネートにもマッチするので幅広く使いこなせます。掛けたときに、視界の色調があまり変化しない点も魅力的です。

初めてサングラスを使う方は、肌によく馴染むブラウン系のレンズがおすすめ。青い光を抑えるため、目に優しい視界が広がります。まぶしさを防ぐ効果はグレー系のレンズに劣りますが、コントラストをハッキリさせる効果があるので、ゴルフなどの野外スポーツ時に最適です。

また、サングラスといえば”まぶしさを防ぐ”アイテムですが、イエロー系のレンズには視界を明るくする効果があります。曇っていて周りが見づらいときのドライブなどにおすすめです。

レンズのスペックで選ぶ

“レンズの色が濃い=紫外線カット率が高い”と思われがちですが、必ずしもそうとは限りません。サングラスを選ぶときは「紫外線透過率」と「可視光線透過率」のふたつの数値を確認しましょう。

「紫外線透過率」は、その名の通り紫外線(UV)を通す割合のことを差しています。この数値が低ければ低いほど、紫外線を通さないのでカット率が高いということです。一方で「可視光線透過率」は、光を通す割合のことを差します。この数値が高ければ視界が明るく、数値が低ければ視界が暗くなります。

「可視光線透過率」が低いからといって、「紫外線透過率」が低いとは一概に言えないので要注意。特に、安価な”ファッション用グラス”を購入するときは、この数値に気を付けましょう。

レンズの性能で選ぶ

サングラスのレンズには、一般的な「カラーレンズ」に加えて、「偏光レンズ」や「調光レンズ」という特殊なタイプがあります。

「偏光レンズ」は、釣りをする方におすすめで、レンズの間にある”偏光膜”というフィルターが反射光をカット。これにより路面や水面のギラつきが抑えられ、クリアな視界を確保してくれます。ドライブなどにもおすすめです。

「調光レンズ」は、紫外線の量によってレンズの濃度が変化する画期的なアイテム。紫外線量が低いとレンズが明るく、紫外線量が高いとレンズが暗くなって常に最適な視界をキープできます。ただし、まぶしさが強いけれど紫外線量は低いという場合には、レンズが暗くなりにくいということを考慮しておきましょう。

度を入れるか入れないか

普段メガネを愛用している方がサングラスを使うためには、メガネの上から掛けられる「オーバーグラスタイプ」の製品を選ぶか、コンタクトを着用してからサングラスを掛ける必要があります。

そのほか、サングラス自体に度を入れるのもひとつの手です。全国のさまざまなメガネチェーンがサングラスの度付き製作に対応しているため、気軽に注文できます。

シンプルなデザインのサングラスはもちろんのこと、カーブの強いスポーツサングラスでも対応は可能。自身の好みに合わせてチョイスしましょう。

フレームで選ぶ

レンズと同様、フレームもバリエーションが豊富です。逆台形型の「ウェリントンタイプ」や、涙の形をイメージした「ティアドロップタイプ」、レトロ感のある丸い「ラウンドタイプ」など、各ブランドからさまざまなフレームのサングラスがラインナップされています。

丸顔の方なら四角いフレームのサングラスを、四角顔の方なら丸いフレームのサングラスを選べば顔に馴染んでおすすめです。基本的に”顔の形と異なるデザイン”から選んでみましょう。さらに、眉毛が少しかかるようなサイズのフレームを選ぶと、より馴染みます。

用途で選ぶ

使うシーンと用途によって、サングラスの選び方は大きく変わります。ファッションアイテムとして使うのなら、自分の好きなデザインを選ぶのがおすすめ。もちろん、フレームの形を考慮して、顔に馴染むモデルかどうかをチェックすることも大切です。

アウトドアシーンやスポーツシーンで使用するなら、機能性の高いモデルを選びましょう。釣りなら水面がよく見える偏光サングラス、ランニングなら頭を振ってもズレないように、フレームが頭にフィットしやすいようにカーブしているサングラスをおすすめします。

毎日のコーディネートから選ぶ

普段、大人っぽいクールでキレイ目な服装をすることが多いのに、カジュアル感の強いサングラスを掛けると浮いてしまいます。ラフな服装のときにシャープなサングラスを掛けるのも合わせるのが難しいのでおすすめできません。毎日のコーディネートを考慮して選ぶようにしましょう。

サングラスのおすすめブランド

レイバン

数多くの有名人やセレブを魅了し続け、世代を問わず世界中のファンに支持されている有名ブランドです。高級のサングラスとしてその名を轟かせ、機能性やデザイン性、どれをとってもハイレベル。長く愛用し続けられるファッションアイテムとして高い人気があります。どのブランドのサングラスを選べばよいか分からないという方でも、レイバン製品を持っておけば、まず間違いありません。

レイバン(RayBan) オリジナル・ウェイファーラー・クラッシック RB2140F 902 52-22

ファッショナブルなサングラスの代名詞的存在がレイバンのウェイファーラーです。俳優やミュージシャンなどのセレブ御用達ともいわれています。

素材は落ち着いた印象と優しい掛け心地が魅力の「アセテート」です。フレームのカタチはさまざまなシーンで利用しても違和感のない逆台形型のウェリントンタイプ。ビジネススーツを着た街なかでも、カジュアルな服装で出かける際でも合わせやすいサングラスです。

レイバン(RayBan) ニュー・ウェイファーラー RB2132F 710/51 55

定番の「オリジナル・ウェイファーラー」に対して、よりクールで個性的であることを追求したのが「ニュー・ウェイファーラー」。グラデーションがかかったライトブラウングラディエントのレンズカラー、およびフレームのライトハバナが軽快な印象です。

本モデルはアジアンフィッティングモデル。ノーズパッドに丸みをもたせておりアジア人の顔にもフィットしやすいサングラスです。デザインがおしゃれなだけでなく、一般的なレンズと比べて耐衝撃性2倍、耐擦傷性12倍とレンズ性能も優れています。

レイバン(RayBan) アビエイター ティアドロップ RB3025

ティアドロップ型のカタチが男性的な、レイバンを代表する「アビエイター」シリーズ。アメリカ空軍パイロット用サングラスとして、正式採用されています。機能性が優れた歴史的な逸品です。

本モデルはレンズカラーにグリーンクラッシックG-15を採用。透明性と防護性の高さがメリットで、軍事用に開発されました。紫外線透過率は1.0%以下で、可視光線透過率は15%。ドライブやバイクツーリング、アウトドアなど明瞭な視界を確保することが重視されるシーンでおすすめのメンズサングラスです。

レイバン(RayBan) クロマンス ポラライズドブラウンミラー RB4265 710/A2

レイバンの高性能レンズ「クロマンス」を採用した、視界良好な偏光サングラス。反射したまぶしい光をカットして、目の負担を軽減します。さらに、クロマンスレンズはレンズ表面に6層のコーティングを施してあるので、色のコントラストに強く視野が明るいのがメリットです。

フレームの形状はシャープな印象のレクタングル。レンズ横幅62mmと横長で、目の左右から強い光が入るのを防ぎます。フィッシングやドライブ用として最適なサングラスです。

レイバン(RayBan) クラブマスター アジアンフィッティングモデル RB3016F W0366 55-19

最近ではウェイファーラーを凌ぐ人気のレイバンのクラブマスターシリーズ。1950年代の文化人達が好んで身につけたというクラシカルなデザインが印象的で、フォーマル・カジュアルを問わずに装着できるのがポイントです。

本製品はアジアンフィッティングモデル。ノーズパッドを高めにするとともに、フレームになだらかなカーブが施されて日本人の顔にも合いやすくデザインされています。レンズカラーはグリーンクラシックG-15です。可視光線透過率13.2%、紫外線透過率1.0%以下。アメリカ空軍で採用され、クリアな視界で定評のあるレンズです。

レイバン(RayBan) ラウンドメタル イボルブ イエローフォトクロミック RB3447 90664A 50-21

紫外線の強さによってレンズカラーが変化する調光機能装備の「エヴォルヴレンズ」を採用したサングラスです。視野が明るいイエローカラーで可視光線透過率が40.7%と高いのがメリット。日差しの強い昼間以外にも使いやすいサングラスです。

形状は柔和な表情のラウンドシェイプ。細めのメタル素材が軽快で日常的に着用しても飽きないデザインです。R&Bのロゴが左右のレンズにさり気なく刻印されているのもポイント。普段使いで気軽に使えるサングラスを探している方におすすめです。

ポリス

サングラスをはじめ、時計やバッグ、アクセサリーなどさまざまなファッションアイテムを手掛けているイタリアのトップブランド「ポリス」。男らしいながらもシックなデザイン性が高く評価されており、日本をはじめ世界中の数多くのファンから支持を得ています。

ポリスのメンズサングラスは、伝統を重んじたクラシカルなデザインと常に進化し続ける最新のデザインが組み合わさり、幅広い世代に人気です。

ポリス(POLICE) 偏光サングラス マットブラック SPL745J-531P

可視光線透過率10%で、UVカット機能もある偏光レンズを採用したサングラスです。フレームはレンズの上だけなので視界が広いのがメリット。光のギラつきを抑えるので、ドライブをはじめゴルフなどのアウトドアスポーツにおすすめです。

フレーム素材はセミマットブラックのチタンを採用しています。軽量で丈夫なのがポイント。グレーのレンズとともに、ポリスらしくシャープで男性的な印象を与えるメンズサングラスです。

ポリス(POLICE) ウェリントン ジャパンモデル ハバナ SPL748J 0722

落ち着いた雰囲気で知性的な印象を与えるウェリントン型のサングラスです。レンズとフレームの材質はプラスチック製。アジアンフィッティングモデルなので、日本人でも着用しやすいのが魅力。

レンズカラーはオーソドックスなブラウングラデーション、フレームカラーのハバナが温かく軽快な印象で洗練されています。

プラダ

1975年、ミラノに設立されたイタリアを代表する企業であり、高級なファッションアイテムを中心に取り扱うブランドを展開しています。バッグとシューズのほかにもメガネやサングラス、香水やジュエリーなど幅広い種類のアイテムを取り扱ており世界中の人々から支持されています。

プラダのメンズサングラスは、上品で洗練された高級感が漂うエレガントな見た目が特徴。さらに、一風変わった遊び心のあるサングラスも手掛け、バリエーションの変化も随所にみられるブランドです。

プラダ(PRADA) ラウンドシェイプサングラス PR22SS 2AU3M1

柔らかくレトロな印象を与えるラウンドシェイプのプラダサングラスです。ブリッジ部分のメタル素材がアクセントになって、柔らかさだけでなくシャープさも感じさせるプラダらしいデザイン性の高さが魅力。

セルフレームのハバナとレンズのブラウングラデーションという同系色を用いた色の組み合わせもおしゃれです。可視光線透過率13%で紫外線透過率は1.0%以下。PRADAのロゴがテンプルのオモテとウラに刻印されています。シンプルデザインながら、おしゃれなおすすめのプラダサングラスです。

プラダ(PRADA) スクエアサングラス アジアンモデル PR31NSA 1AB3M1

太めのフレームとテンプルが存在感のあるプラダのサングラス。フレームが顔の中央から左右に向けて大きくカーブしている印象的なデザインです。しっかり目を保護してくれるのがメリット。フレームは角の部分に丸みを持たせたスクエア型です。

フレームは大きめですが、本製品はアジアンフィッティングモデル。日本人の顔にもフィットしやすく、まつげがレンズにあたるといったこともありません。太いテンプルにはおなじみのプラダロゴマークも。大胆なデザインのサングラスを探している方におすすめのモデルです。

トムフォード

グッチやイヴ・サンローランで数々の実績を残したトムフォードが2005年に立ち上げた有名ブランドです。メンズ・レディースファッション、香水や化粧品、さらにはサングラスなどのアイウェア製品を幅広くラインナップ。ディテールにこだわった上品かつ洗練されたデザインが、世界中の著名人から支持され続けています。

なかでもトムフォードのメンズサングラスは、エレガントでありながら存在感のあるデザインが特徴。実用性はもちろん、ファッションアイテムとしても高い評価を得ています。

トムフォード(TOM FORD) ウェリントンタイプ レオ FT0336

スクエア型ウェリントンタイプのデザインがエレガントなトムフォードの人気サングラスです。セル素材のフレームカラーはブラック、そしてレンズはブルー。シャンパンゴールドの金具がアクセントで、フォーマルシーンでも違和感のないシックな色使いがポイントです。

レンズの紫外線カット率は100%。強い日射しのアウトドアでも有害な紫外線から目を守ってくれる高い保護性能が魅力です。落ち着いたデザインで利用シーンが広がるので、サングラスを掛け慣れていない方にもおすすめします。

トムフォード(TOM FORD) スクエアタイプ リバー FT0367 01D

横幅57mmと横長のレンズを採用したトムフォードのスクエア型サングラス。フレーム素材にセルとメタルを使用して存在感のあるファッション性の高さがトムフォードらしいモデルです。

フレームはブラックでレンズはスモークグレーという、落ち着いた色使いも魅力。メタルのゴールドリムが高級感を引き立てています。紫外線カット率100%のイタリア製。ファッション性の高いオシャレなサングラスを探している方におすすめします。

ディータ

アメリカ・ロサンゼルスで1995年に創業されたアイウェアブランドの「ディータ」。常に進化し続けるメガネやサングラスを世に送り出しているほか、独創的なスタイルも注目されているブランドです。

ディータのサングラスの生産拠点は日本で、精巧でクオリティが高い点も人気の理由。クオリティの高いサングラスにこだわりたい方は、ぜひ試してみてください。

ディータ(DITA) ボイジャー チタン ブラック DRX-2084

ドライブ中バックミラーに映ったクロームボディバイクの美しい姿にインスピレーションを受けてデザインされたサングラスです。フレームに軽くて堅牢なチタンを採用。クールなブラックとネイビーという色使いとともに、メタル素材特有の硬質な輝きが魅力です。

形状は逆台形型のウェリントンタイプ。端正でフォーマルなカタチなので、ビジネススーツにもコーディネートしやすいのがメリットです。さまざまなシーンで着用できる汎用性の高いサングラスを探している方におすすめします。

ディータ(DITA) ティアドロップミラーサングラス DEAL 21010D CONDOR TWO

目の防護性が高いティアドロップ型フレームに加えて、プラスチック製ミラーレンズを採用した力強い男性的な印象を与えるディータのサングラスです。紫外線透過率が1.0%以下で、光線から目を守ります。フレームは超軽量で丈夫なチタン製で、長時間着用しても疲れにくいのが魅力。

ハリウッドのブランド・ディータが日本国内で生産した品質の高さもポイント。強いインパクトがありながら、品位を感じさせるおすすめのサングラスです。

ドルチェ&ガッバーナ

1985年設立のイタリアを代表する高級ファッションブランド。衣類やバッグ、シューズをはじめ、メガネなどの小物類、香水や化粧品まで、幅広いラインナップが特徴です。フォーマルなデザインでありながら、うまく季節感を取り入れることで、時代に合ったファッションアイテムを世に送り出し続けています。

ドルチェ&ガッバーナのサングラスは、高級感溢れるシックなデザインのものが多く、普段使いから特別な日まであらゆるシーンで活躍します。

ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA) ダブルブリッジラウンドシェイプ ブラック DG2184 501/87

セル素材が使われることが多いラウンドシェイプのボストンタイプのレームに、メタル素材を採用したドルチェ&ガッバーナのサングラスです。一般にボストンタイプサングラスは柔らかくレトロな雰囲気が魅力ですが、本モデルはブラックのメタルフレームがモダンな雰囲気を感じさせます。さらに細めのダブルブリッジを採用したシャープな印象が特徴です。

プラスチック製のレンズカラーはグレーで紫外線カット率99%以上。可視光線透過率9.9%と暗めのサングラスです。サングラスでクールに決めたい方におすすめのモデルです。

ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA) ダブルブリッジティアドロップ ゴールド DG2176 488/73

大胆なデザインが魅力のドルチェ&ガッバーナらしいサングラス。ティアドロップ型のフレーム周りをさらにメタル素材のフレームとブリッジが取り巻いたインパクトの強さがポイントです。

メタルフレームはシャイニーライトゴールド、レンズカラーはブラウンと明るめの色使いも魅力。ノーズパットは調整可能で、快適に着用できるのもメリットです。

ペルソール

イタリアで1938年に創業されたアイウェアブランド「ペルソール」。ブランド名は、イタリア語で「太陽光を防ぐ」を意味しています。世界で初めてサングラスに強化ガラスや紫外線カットレンズといった高性能レンズを採用したことでも知られています。

また、テンプルを自由自在に曲げる技術も今では一般的ですが、元々はこのペルソールが開発したもの。もちろん、技術力だけではなくデザイン性も高く、幅広い世代に愛され続けています。

ペルソール(Persol) ラウンドシェイプ ハバナ 0PO3169S 1054/31

レイバンと並んで機能性の高いサングラスで定評のあるペルソールのサングラスです。フレームはラウンドシェイプのボストンタイプで、フォーマルでもカジュアルでも使いやすいのがメリット。

セルフレームの色は明るめのブラウンを採用したハバナカラー、上品な軽やかさが魅力です。レンズも同系色のブラウンを採用して統一感のとれた色使い。ステンレス芯が通って、顔にフィットしやすいテンプルで付け心地も快適なおすすめのメンズサングラスです。

ペルソール(Persol) ラウンドシェイプ ブラウン 0PO2445S 1075/57

細身のメタルフレームを使用して柔らかな印象を与えるボストンタイプのサングラスです。フレームカラーがゴールドでレンズカラーがブラウンの、日常的に着用しても飽きのこないデザインと色使いが魅力。

リムからテンプルにつながるヨロイ部分にはペルソールのアローマークも刻印されています。各種の国際特許を取得して、フィット感に定評のあるペルソール。普段使い用の快適なサングラスを探している方におすすめします。

コールマン

1900年ごろに創業されたアメリカのキャンプ用品製造・販売業者。家族や仲間、自然とのつながりを大切にし、アウトドアでの生活をより快適にするというビジョンを掲げています。コールマンのサングラスはお手頃な価格で入手しやすい点が魅力です。

コールマン(Coleman) 偏光サングラス ガンメタル Co3008-1

アウトド用品をリーズナブルな価格で提供するコールマンの偏光サングラス。99%という高い偏光度で光の反射を抑えてフィッシングでも魚影を追いやすいのがメリットです。レンズ横幅が61mmと幅広く、ヨコから不要な光が差しこみにくいサングラス。紫外線透過率は1.0%以下です。

フレームカラーはガンメタル、レンズはスモークとシャープな印象を与える色使い。コールマン専用ハードケースが付いて、実勢価格2千円台とリーズナブルな価格もポイントです。アウトドアやドライブ用のサングラスとしておすすめします。

コールマン(Coleman) ヴィンテージコレクション 偏光サングラス ブラウンデミ CVT02-3

紫外線を99%除去する機能を備えたコールマンのアウトドア向け偏光サングラスです。フレームの形状にラウンド型のボストンタイプを採用しているのがポイント。フレーム上部はセル素材で、下部にはゴールドカラーのメタルを使用しています。グリーンスモークの偏光レンズは可視光線透過率15%です。

ファッション性が高くタウンユースにも適しているのがメリット。ハードなアウトドアシーンだけでなく、テニスやゴルフ、街歩き用としてもおすすめのサングラスです。

コールマン(Coleman) 偏光オーバーサングラス マットブラック Co3012-1

メガネをしたままかけられるコールマンの偏光サングラスです。フリーサイズで圧迫感がなく、かけやすいのが特徴。フレームカラーはマットブラックで、レンズはスモークカラーの偏光レンズです。

メガネを覆うようなカタチなので、砂ぼこりなどから目を守って視界を確保します。普段使っているメガネの上に着用できるリーズナブルなオーバーサングラスを探している方におすすめです。

サングラスを使ったメンズコーデ

シンプルなコーデのアクセントに

By: wear.jp

無地のTシャツと膝丈のハーフパンツで、夏らしい雰囲気。シンプルにまとまっていますが、サングラスを掛けることでアクセントになり、おしゃれ感がアップします。レンズの色が明るいので、服装がブラック系でも重くなりすぎず、ちょっとしたお出かけにおすすめのコーデです。

白Tとサングラスのコントラストを楽しむ

By: wear.jp

白くて清潔感のある無地Tシャツに、真っ黒なレンズのサングラスを加えたコントラストあるコーディネート。顔が引き締まるため、スタイルよく見えておすすめです。スクエア系でクールにキメるのではなく、ラウンド系のサングラスであえてハズしているのもポイント。

オーソドックスなファッションにサングラスを取り入れると、ちょっとしたアクセントとして映えるのでおすすめです。

ハットを合わせてみよう

By: wear.jp

ハットにサングラスを合わせたコーディネートです。ガウチョパンツとキャンバススニーカーを用いることで、大人っぽくなり過ぎず、おしゃれ感を演出。大きめのサングラスを使っているため、顔が小さく見えるのもポイントです。

あえて掛けないという選択

By: wear.jp

サングラスは耳に掛けて使うアイテムですが、あえて掛けず首元に下げてみるのもおしゃれ。ネックレスやチョーカーのようなアクセサリー感覚でコーディネートを楽しめます。無地のシンプルなTシャツを着用する場合、アクセントにできるのでおすすめです。