紫外線から目を守るのに役立つ「サングラス」。海や川など、直射日光を長時間浴びる場所へ行くときは、必ず持ち歩いておきたいアイテムです。サングラスは目を保護するだけでなく、おしゃれなファッションアイテムとしても活躍します。

そこで今回は、サングラスのおすすめブランドをご紹介。選び方や各ブランドの人気モデルも詳しく解説するので、ぜひチェックしてみてください。

サングラスの種類

ファッション用

ファッション用のサングラスは、顔の形に合わせて選ぶことが重要です。例えば、柔らかい印象を与える丸顔タイプは、直線的なスクエア型のサングラスを掛けることでキリッとした印象を与えられます。

また、フェイスラインが逆三角形の方は、丸みを帯びたボストンタイプがおすすめ。シャープなフェイスラインを抑え、柔和な印象を与えられます。

好きなデザインのモノを選ぶのもひとつの方法。ただ、特に決まっていない場合は、自分の顔型との相性を考慮してアイテムを選ぶようにしましょう。

スポーツ・アウトドア用

スポーツやアウトドアシーンでサングラスを掛ける際は、競技によって選び方が異なります。屋内と室内を問わずに使いたい場合は、紫外線の量によって濃度が変わる「調光レンズ」がおすすめ。ゴルフなどのアウトドアスポーツなら、光の反射を抑えて視界をクリアにする「偏光レンズ」が適しています。

なお、自転車競技用のサングラスを探している場合は、慎重に選ぶようにしましょう。特に、ロードバイクの場合は、前傾姿勢で長時間使用することに加え、路面状況やほかのライダーの動きを把握する必要があります。

そのため、目を守るための安全性や、瞬時に情報が得やすい視認性を備えたサングラスがおすすめです。

ファッション用サングラスの選び方

フレームの形で選ぶ

ウェリントン

By: amazon.co.jp

「ウェリントン」とは、逆台形のレンズを採用したサングラスのこと。1950~60年代のアメリカで流行したフレームです。現在でも人気の定番デザインとして知られています。顔型の相性としては、丸顔の方よりも、四角や面長の方におすすめ。柔らかい印象を与えられます。

ボストン

By: amazon.co.jp

「ボストン」は丸みを帯びた逆三角形型のサングラス。メガネの両端部分がフレームのフロントトップよりやや下がっているのが特徴です。

アメリカのボストンで人気が出たことが、名前の由来といわれています。顔型の相性としては、ウェリントンと同様、四角や面長の方におすすめ。フェイスラインをよりすっきりと見せられます。

ラウンド

By: fournines.co.jp

「ラウンド」は、メガネの原型ともいえるシンプルな形をしているのが特徴。目の周縁を囲う仕様で、やや主張が強いため、おしゃれの上級者におすすめのタイプでもあります。また、丸顔の方が掛けると幼さが際立ってしまうこともあるので、サイズ感やデザインを考慮して選ぶようにしましょう。

スクエア

By: amazon.co.jp

直線的なデザインの「スクエア」。シャープな印象を与えられるので、幼く見られることが多い丸顔の方におすすめです。また、シンプルでスタイリッシュなデザインが多いため、ビジネスシーンにも適しています。

ティアドロップ

By: amazon.co.jp

「ティアドロップ」は、しずくを横に倒したような形のレンズを採用したサングラス。もともとは、アメリカ空軍のパイロット用として普及したアイテムです。

さまざまな顔型と相性のよいタイプですが、サイズ選びには注意が必要。大きめのアイテムは顔の広範囲をカバーできるため、小顔効果が期待できます。ただし、バランスが悪くなってしまう場合もあるので、購入前にサイズ感を確認しておきましょう。

フレームの色で選ぶ

By: amazon.co.jp

フレームの色も、サングラスを選ぶ際の重要なポイント。黒・シルバー・ゴールドのフレームは汎用性が高く、さまざまなファッションに合わせやすいのが魅力です。

派手なビビットカラーのフレームは活動的な雰囲気を演出可能。一方、淡いパステルカラーのフレームは、優しく落ち着いた印象を与えられます。

なお、最近ではプリントによる色付けや焼き付けによる塗装の変質を利用した、個性的なデザインのアイテムも存在。横から見たときの印象などが気になる方はチェックしてみてください。

レンズカラーで選ぶ

汎用性の高いサングラスが欲しい場合は、グレー系など、ダークトーンのレンズがおすすめです。遮光性が高いほか、さまざまなコーディネートにマッチするので幅広く使えます。

また、初めてサングラスを使う方には目に優しいブラウン系のレンズもぴったり。遮光性はグレー系のレンズに劣りますが、コントラストをハッキリさせる効果があるので、ゴルフなどの野外スポーツ時にもぴったりです。

また、イエロー系のレンズは視界が明るくなりやすいため、曇っていて周りが見にくいときにも適しています。

コーディネートに合わせる

By: zozo.jp

サングラスをコーディネートに取り入れる際はTPOを考慮することが大切。フォーマルスタイルに合わせるのか、カジュアルスタイルに合わせるのかによっても印象が変わるので、意識しておきましょう。

例えば、スーツにサングラスを合わせたい際は、カチッとした印象に仕上がるスクエアタイプのサングラスがおすすめ。ティアドロップは、トップスにボリュームがある際にも違和感を抑えられます。また、ウェリントンはモノクロコーデなどのシンプルなファッションに合わせやすいタイプです。

さらに、フレームが太めのサングラスはミリタリーテイストと相性がよく、細身のフレームを採用したモノは知的な雰囲気を演出できます。

スポーツ・アウトドア用サングラスの選び方

レンズの偏光度をチェック

レンズの偏光度とは、反射光をカットできる強さを表す数値のこと。数値が高いほど、反射による眩しさを抑えられます。特に、ウィンタースポーツやマリンスポーツをする方は、偏光度の高いサングラスがおすすめです。

可視光線透過率をチェック

By: amazon.co.jp

可視光線透過率とは、レンズが自然光を通す割合のこと。0~100%で表示され、数字が小さいほど光を軽減できます。夏場の日中にアウトドアスポーツをするなら10%、通常の利用なら20~40%など、シーンによって使い分けることが大切です。

なお、透過率が低すぎるとかえってモノが見えにくいので、選ぶ際には注意しましょう。

激しく動いてもズレにくいモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

スポーツやアウトドア用のサングラスを選ぶ際は、ズレにくさや快適性も大切なポイント。特に、鼻パッドやテンプルエンドに、滑りにくいラバー素材を採用したモノがおすすめです。

また、顔の輪郭に合わせやすい仕様かどうかも要チェック。鼻パッドの位置の調節ができるモデルや、テンプルの端が耳に引っ掛かりやすいラウンド型のモデルなら、自分の顔に合わせて快適に着用できます。

サングラスのおすすめブランド|ファッション

レイバン(Ray-Ban)

「レイバン」は、1937年に生まれたアメリカのアイウェアブランド。まぶしさを軽減しつつ、クリアな視界をキープできる偏光レンズを搭載した高機能なサングラスを多く取り扱っています。

また、デザインのバリエーションも豊富。自分好みのサングラスを見つけやすい、おすすめのブランドです。

レイバン(Ray-Ban) NEW WAYFARE クラシック ローブリッジフィット

面長の方や四角顔の方と相性のよい、ウェリントンタイプのサングラスです。鼻当て部などは日本人の顔にフィットしやすい設計で作られており、かけ心地は良好。レンズやフレームの側面には、おしゃれなブランドロゴがあしらわれています。

ポラライズド偏光レンズを採用。見た目の色は薄めですが、可視光線透過率は13.2%と低めに設計されています。

レンズやフレームの色のバリエーションが豊富に用意されているのも嬉しいポイント。幅広いシーンで活躍するおすすめのサングラスです。

レイバン(Ray-Ban) AVIATOR WASHED EVOLVE

紫外線の量に応じて徐々に色が濃くなる、調光レンズを搭載したサングラスです。レンズは紫外線カット率99%以上と謳われており、UV400保護レベル。右レンズのサイドには、レイバンのおしゃれなロゴマークが刻印されています。

フレームの形状は存在感のあるティアドロップ。目元を華やかに演出したい方や、日中に屋内と屋外を行き来することが多い方などにおすすめのサングラスです。

オリバーピープルズ(OLIVER PEOPLES)

「オリバーピープルズ」は、アメリカ・ハリウッドで生まれたブランド。ヴィンテージデザインを現代風にアレンジしたサングラスは、高級感と存在感を兼ね備えており、多くの著名人が愛用しています。

同ブランドのサングラスは軽量でかけ心地のよいモデルも豊富。ワンランク上のおしゃれを楽しみたい方におすすめのブランドです。

オリバーピープルズ(OLIVER PEOPLES) O’MALLEY SUN

創業者と親交が深かったロサンゼルス・ドジャースの元オーナー、ピーター・オマリー氏の名をもとに名付けられた、ボストン型のサングラスです。ややレトロな雰囲気を残しながらも洗練されたデザインで、幅広いコーデに合わせられます。

フレームの素材には軽くてしなやかなアセテートを採用。フレームカラーはべっ甲風のブラウンだけでなく、ブラックなどのシンプルなカラーもラインナップしています。デザイン性に優れた、おすすめのサングラスです。

オリバーピープルズ(OLIVER PEOPLES) Cary Grant 2 Sun

1959年公開の映画「北北西に進路を取れ」で使われたアイウェアに、インスピレーションを受けて誕生したサングラスです。上半分の太めのフレームとメタルブリッジが特徴。レンズの下半分はシルバーのアイワイヤーを採用しています。

耳にかかるテンプルなどのフレーム素材には、軽量でなめらかな質感のアセテートを使用。レンズは日中のギラつきを抑制しつつクリアな視界を保てる偏光レンズです。機能性とファッション性の両方を求めたい方はぜひチェックしてみてください。

モスコット(MOSCOT)

「モスコット」は、100年以上の伝統を有しているアメリカの老舗アイウェアブランド。モスコットでは出荷前に徹底した品質管理テストを行っており、高い耐久性を備えたサングラスを生み出し続けています。

同ブランドのサングラスは、普遍的なデザインで流行に左右されにくいモデルが豊富。幅広い世代におすすめのブランドです。

モスコット(MOSCOT) LEMTOSH SUN

フレームやレンズのカラーバリエーションが豊富な、モスコットの定番モデル「LEMTOSH SUN」。フレームはウェリントン型とボストン型の中間のような形状で、四角顔の方や面長の方に好相性です。

フレームには、イタリア産アセテートを採用。また、同素材のノーズパッドも付属しています。

テンプルの先端にさり気なくあしらわれた馬車のロゴもおしゃれ。選ぶ色によって印象が大きく変わるサングラスなので、色違いを揃え、コーディネートに合わせて使い分けるのもおすすめです。

モスコット(MOSCOT) MILTZEN SUN

1930年代に登場してから現在に至るまで愛され続けている、ボストン型のサングラスです。鍵穴のような形をしたキーホールブリッジが特徴。レンズ周りはやや丸みを帯びているためキツい印象になりすぎず、やわらかな雰囲気を演出できます。

しなやかなアセテート製のノーズパッドを搭載しているのも魅力。また、可視光線透過率15%のレンズを採用しています。主張が強すぎないため普段使いしやすい、おすすめのサングラスです。

フォーナインズ(999.9)

「フォーナインズ」は日本の人気アイウェアブランドです。チタンやプラスチックなど、さまざまなフレーム素材を使ったサングラスを展開しており、複数の素材をミックスしたモデルも取り扱っています。

フォーナインズのサングラスはシンプルかつ美しいフォルムも魅力。上品なデザインが好みの方におすすめのブランドです。

フォーナインズ(999.9) F-12M

プラスチックとチタン、異なる素材を使ったツーブリッジのサングラスです。耳に直接触れるテンプルの部分はプラスチック。フレームの形状はウェリントン型です。

レンズには、歪みが少なく目にやさしいCR-39偏光レンズを採用。また、紫外線を99%以上カットできると謳われているUV400対応なのも魅力です。さらに、レンズの両面には撥水コートやキズを防止するハードコート加工なども施されています。

カラーバリエーションは全5色。大胆なデザインながら、幅広い方の顔に馴染みやすい、おすすめのサングラスです。

フォーナインズ(999.9) F-09S

純チタン製のフレームやテンプルを採用したサングラスです。フレームの形状はレトロな雰囲気のラウンドタイプ。ツーブリッジのフロントにより、デザインにアクセントを加えています。

レンズには、紫外線カット率99%以上と謳われているのUV400対応2カーブレンズを採用。レンズの裏面には、余計な映り込みを防ぐ反射防止コート、レンズの両面にはハードコートと撥水コートを施しています。

きれいめのジャケパンコーデやスーツなどと合わせやすいサングラスを求めている方におすすめです。

ポリス(POLICE)

「ポリス」はイタリアのブランド。1990年代に発表したブルーミラーレンズのサングラスをきっかけに、イタリア有数のアイウェアブランドとして広く知られるようになりました。

ポリスのサングラスは斬新かつクールなデザインが魅力。かっこいいサングラスを探すなら、一度はチェックしておきたいブランドです。

ポリス(POLICE) ORIGINS MAN SUNGLASSES POLICE

ポリスを象徴するブルーミラーレンズを搭載したサングラスです。レンズのブルーと、フレームのブラックとのコントラストが魅力。偏光機能も備えているので、幅広いシーンでクリアな視界を確保できます。

フレームの素材には軽量なアセテートを採用。また、日本人の顔に合わせて設計されたノーズパッドが付いており、装着時のフィット感にも優れています。

テンプルにさり気なくあしらわれたウイングロゴもおしゃれ。スポーティなコーデにマッチしやすい、おすすめのサングラスです。

ポリス(POLICE) DRIVER MAN SUNGLASSES POLICE

スクエア型のレンズに、太めのテンプルを組み合わせ、スポーティーかつエッジのきいたデザインに仕上げたサングラスです。レンズを固定する2本の爪のようなヨロイが、デザインにアクセントを加えています。

深みのあるグリーンのレンズは、偏光タイプ。まぶしさを軽減しながらもクリアな視界をキープしやすいのが特徴です。

東洋系の顔立ちに合わせたジャパンモデルなので、フィット感も良好。シャープな目元を演出したい方におすすめのサングラスです。

グッチ(GUCCI)

「グッチ」は世界的な知名度のあるイタリアの高級ブランド。サングラスについては、GGロゴをアクセントにしたシンプルなモノから、レッドとグリーンのウェブストライプをあしらった個性的なモノまで、幅広く取り扱っています。

自分用はもちろん、おしゃれなプレゼントを探している方にもおすすめのブランドです。

グッチ(GUCCI) サングラス GG0702SK 001

グレーグラデーションカラーの大きなレンズを備えたサングラスです。テンプルには、2つのGが向き合ったインターロッキングGのゴールドロゴがあしらわれています。シンプルながらも高級感のあるデザインに仕上がっているのが特徴です。

レンズの可視光線透過率は、25%以下と謳われています。フレームは、アジア人の顔立ちに合わせて設計されたアジアンフィット仕様。ハイブランドのサングラスをさり気なく身に着けたい方は、ぜひチェックしてみてください。

グッチ(GUCCI) サングラス GG0703SK 002

ひと目でグッチだと分かる、レッドとグリーンのウェブストライプ柄のテンプルを採用したサングラスです。フレームは目尻の部分がややつり上がったフォックス型と、ウェリントン型の中間的な形状で、ラグジュアリーな印象に仕上がっています。

レンズは可視光透過率16%、紫外線透過率は1.0%以下と謳われており、UVカット仕様。また、テンプルの素材には、プラスチック素材を採用しています。存在感のあるエレガントなサングラスを探している方におすすめです。

ジョルジオアルマーニ(GIORGIO ARMANI)

「ジョルジオアルマーニ」は、イタリアのラグジュアリーブランド。アイウェアをはじめ、アパレルやバッグなど幅広いアイテムを展開しており、世界中の人々から支持を得ています。

同ブランドのサングラスは落ち着いたカラーリングと、大人の上品さ漂うデザインが魅力。30代以上の男性におすすめのブランドです。

ジョルジオアルマーニ(GIORGIO ARMANI) サングラス AR8122F 500187

ボストンタイプのフレームに、可視光線透過率13%と謳われている、グレーレンズを組み合わせたサングラス。紫外線透過率は1.0%以下とされており、お出かけの際に紫外線から目をガードしやすいのが魅力です。

フレームとテンプルを繋ぐ部分には、おしゃれなダイヤ型リベットを配置。さらに、テンプルにはブランドロゴが控えめにあしらわれています。ジョルジオアルマーニらしい大人の風格を感じられる、おすすめのサングラスです。

ジョルジオアルマーニ(GIORGIO ARMANI) ラウンド サングラス AR6103J 300180

印象的なブルーのラウンド型レンズを備えたサングラスです。レンズの可視光線透過率は15.2%で、紫外線透過率は1.0%以下と謳われています。紫外線を軽減できるので、日中長時間お出かけする際に便利です。

フレームには、マットブラックにカラーリングされたニッケル合金を採用。一見シンプルですが、テンプルチップやブリッジ部分にひし形模様をあしらうなど、ディテールまでデザインへのこだわりが感じられます。

存在感のあるサングラスで個性のあるおしゃれを楽しみたい方におすすめです。

トムフォード(TOM FORD)

「トムフォード」は、グッチでクリエイティブディレクターを務めたこともあるデザイナー、トムフォード氏が立ちあげたブランド。洗練された高級感のあるファッションアイテムを幅広く取り扱っています。

サングラスについてもラグジュアリーなデザインが魅力。ワンランク上のおしゃれを楽しみたい方におすすめのブランドです。

トムフォード(TOM FORD) サングラス FT0673

上品なブラウンのフレームに、ゴールドカラーのブリッジやテンプルを組み合わせたサングラスです。フロントの両端にはTのメタルロゴを配置。さらに、耳にかかるパーツの端にも、ブランドロゴ入りのメタルプレートがあしらわれています。

フレームの形状はボストンタイプ。調節可能なノーズパッドを備えています。いつものコーデを格上げしたいときや、ドレッシーな服装と合わせても違和感の少ないサングラスを探している方におすすめです。

トムフォード(TOM FORD) スクエア サングラス TF0875D

スクエアレンズを搭載したサングラスです。フロントサイドからテンプルヘッドにかけて走る、Tマークが高級感を引き立てています。

レンズの紫外線透過率は1.0%以下と謳われており、紫外線から目をしっかりと守りたい方にもぴったり。また、日本人のために設計された、ノーズパッド付きアジアンフィットモデルなので、着用感にこだわりたい方にもおすすめです。

アイヴァン(EYEVAN)

「アイヴァン」は、1972年に生まれた日本のアイウェアブランド。”着るメガネ”をコンセプトに、おしゃれなサングラスやメガネを数多く生み出しています。

メガネの世界的産地として知られる福井県鯖江市で作られており、高品質なのが特徴。日本製にこだわりたい方におすすめのブランドです。

アイヴァン(EYEVAN) Capsule Collection E-0505-SUN

同ブランドを代表する、ボストン型のサングラスです。レンズ周りのフレームはプラスチック製。ブリッジ・ヨロイ・テンプルなどには、軽くて丈夫なチタン素材を採用しています。テンプル部分には繊細な模様がデザインされており、上品な印象です。

クリングスタイプのノーズパッドを搭載しているため、フィット感は良好。カラーは定番のブラックに加え、カーキやブラウンなどのやさしい雰囲気のカラーもラインナップしています。

アイヴァン(EYEVAN) WEBB-SUN

ボストンウェリントン型のプラスチックフレームを採用したサングラスです。レンズはまぶしさを軽減しつつクリアな視界を保ち安い偏光レンズ仕様。可視光線透過率は25%、UVカット率は99%以上と謳われており、長時間屋外で過ごす際に便利です。

フロントの両端には、矢羽のような形のカシメ飾り丁番を配置。さらに、テンプルの芯にはクラシックカーのパーツからインスパイアされた、エレガントな柄が丁寧に彫り込まれています。

日本ブランドらしい緻密で繊細なディテールを楽しめる、おすすめのサングラスです。

アヤメ(ayame)

「アヤメ」はデザイナー、今泉悠氏が立ち上げた日本のアイウェアブランド。福井県鯖江市で作られたメタルフレームのサングラスを数多く取り扱っています。

クラシカルなデザインをベースに、独自の世界観を盛り込んだおしゃれなモデルが豊富。ファッションに敏感な方におすすめのブランドです。

アヤメ(ayame) BEANIE

フロントの上部が太めのサーモントブローフレームを採用したサングラスです。チタン製の細身のフレームを採用しているため主張が強すぎず、上品な雰囲気を演出できます。

レンズの形状はオーバルに近いボストンタイプ。レンズのカラーは、淡いブルーやエメラルドなど、やさしい雰囲気のカラーを複数ラインナップしています。また、ブリッジと一体化したノーズパッドもおしゃれです。

普段使いはもちろん、ジャケット中心のセットアップコーデやドレススタイルにも映えるサングラスなので、ぜひチェックしてみてください。

アヤメ(ayame) FOCUS

チタン製のフレームとレンズの間にアセテート製のフレームを挟み込む、インナーリムを採用したサングラスです。テンプルなどは余計な装飾を省いたミニマルなデザインに仕上げられており、クラシカルな雰囲気を醸し出しています。

レンズとフレームのカラーバリエーションが豊富なのも嬉しいポイント。フレームはクリア素材も用意されているので、涼しげな目元を演出したいときにも重宝します。知的な雰囲気を損なうことなく個性をさり気なく主張できる、おすすめのサングラスです。

リワップ(REWOP)

「リワップ」は2015年にミラノで生まれたアイウェアブランド。世界有数の光学レンズメーカーであるカールツァイスビジョンや、メガネ生地の分野で高いシェアを誇るマツケリなどの会社と連携し、高品質のサングラスを生み出しています。

新鮮さを感じられるおしゃれなデザインも魅力なので、ぜひチェックしてみてください。

リワップ(REWOP) LIPARI Marble Havana

鮮やかなオレンジ色のレンズを採用した、個性的なデザインのサングラスです。光の乱反射を軽減しつつクリアな視界を実現できる、ドイツ製の偏光レンズを採用。装着したままでも目の表情が分かりやすいので、普段使いにぴったりです。

フレームは、一見すると高級な天然石のようにも見えるブラウンのマーブル柄があしらわれています。テンプルはアジア人の顔に合うようカーブしており、実用面も良好。顔周りを華やかに見せたい方におすすめのサングラスです。

リワップ(REWOP) Vulcano

爽やかなブルーの偏光レンズに、細身のメタルフレームを組み合わせたサングラスです。ツーブリッジフレームを採用することで、クラシカルながらも華やかさを感じるデザインに仕上げています。

テンプルは華奢な印象ですが、アジア人の顔に合うようカーブした作りをしており、かけ心地も良好。男女を問わず使いやすいユニセックスなデザインなので、パートナーとお揃いのサングラスを身に着けたい方にもおすすめです。

エーディーエスアール(ADSR)

「エーディーエスアール」は日本のアイウェアブランド。時代の音楽カルチャーやムードからインスピレーションを得て、デザインへと反映させたサングラスは、多くのファンを魅了しています。

同ブランドのサングラスは、シンプルかつひとひねりあるモデルが豊富。かけ心地のよいモデルが多いのも人気のポイントです。

エーディーエスアール(ADSR) SATCHMO

メタルとセルのコンビネーションフレームを採用した、ボストンタイプのサングラスです。フレームの上部がやや角張っているのが特徴。表面が平らな0カーブのミラーレンズを使用することで、クラシカルな雰囲気を演出しています。

カラーは、ブラックやグレーなどの落ち着いた色に加え、ライトグリーンなどのパステル調の色でまとめたモデルもラインナップ。ベーシックながらもほどよく個性があり、着こなしにクールなアクセントを加えられるおすすめのサングラスです。

エーディーエスアール(ADSR) WELCH 02

主張の強い、ヘキサゴン型のフレームが印象的なサングラス。フレームの形は個性的ながら淡いグレー、レンズには薄いブラウンと、落ち着いた色を採用しています。悪目立ちしにくく、コーディネートしやすいのが魅力です。

レンズの可視光線透過率は20%。紫外線透過率も1.0%以下と謳われているので、真夏の紫外線から目元を守りたい方にも適しています。コーデのおしゃれなワンポイントになる、おすすめのサングラスです。

アイヴォル(Eyevol)

「アイヴォル」は、人気アイウェアブランド「アイヴァン」から派生したサングラスブランド。普段使いしやすいデザインと、アクティブなシーンにも対応できる機能性を兼ね備えたサングラスを取り揃えています。

アイヴォルのサングラスはすべて日本製。見た目と機能性、どちらもこだわる方におすすめのブランドです。

アイヴォル(Eyevol) RYS II

スクエアとウェリントンの中間的なレンズシェイプを採用したサングラスです。フロント部分のフレームは厚めで、力強い印象。レンズの可視光線透過率は15%、紫外線透過率は0.1%以下と謳われており、アウトドアシーンにもぴったりです。

テンプルの内側には、フィット感を高めるイエローのラバーを配置。さらに、鼻の形に合わせて柔軟に調節できる可変式ノーズパッドを備えているので、少々体を動かしてもずれ落ちにくく、快適に着用し続けられます。

タウンユースから軽いスポーツシーンまで、幅広く活躍するおすすめのサングラスです。

アイヴォル(Eyevol) ARCE 52

やや厚めのフロントフレームを採用した、ウェリントン型のサングラスです。テンプル内側にはイエローのラバーを配しています。装着すると内側のイエローは目立たたず、日常のファッションに合わせやすい雰囲気です。

レンズは可視光線透過率10%、紫外線透過率0.1%以下と謳われている偏光レンズ仕様。また、幅広い鼻の形にフィットする可変式ノーズパッドを採用しているのも魅力です。

テンプルにさり気なくあしらわれたブランドロゴもおしゃれポイント。デザイン性と心地よいフィット感を両立した、おすすめのサングラスです。

ジンズ(JINS)

「ジンズ」は日本のアイウェアブランド。機能性に優れたメガネやサングラスを手頃な価格で取り扱っており、幅広い世代から人気を得ています。

サングラスについては、高い弾力と復元力を備えた「Airframe」を使ったモデルや、メタルフレーム採用モデルなどバリエーションが豊富なので、ぜひチェックしてみてください。

ジンズ(JINS) JINS&SUN NEW STANDARD Slim

By: jins.com

顔に心地よくフィットする弾力性と、高い復元力を兼ね備えたAirframeを使ったサングラス。やや大きめのスクエアレンズを採用しており、シャープな印象を与えられます。

レンズは、可視光線透過率68%のネイビーカラーに加え、可視光線透過率32%で日中の運転に適したドライブ、可視光線透過率13%のマットブラックカラーの3種類から選べるのが魅力です。

比較的安い価格で購入できるのもポイント。デザインやかけ心地はもちろん、コスパも重視したい方におすすめのサングラスです。

ジンズ(JINS) JINS&SUN MODERN

By: jins.com

印象的なラウンド型のレンズを備えたサングラスです。テンプルには、顔に心地よくフィットする高弾性ステンレスを採用。細身のフロントやテンプルにより、上品かつ繊細な雰囲気を演出しています。

ラベンダーなど、おしゃれなニュアンスカラーのレンズを選べるのも魅力。紫外線透過率は0.1%以下と謳われているので、目に受ける紫外線を可能な限り軽減したい方にも適しています。

高級感のあるデザインに反して価格はリーズナブルなのも嬉しいポイント。高見えするおしゃれなサングラスを求めている方におすすめです。

ゾフ(Zoff)

「ゾフ」は日本のアイウェアブランドです。企画・生産・販売を自社で行うことで、メガネやサングラスの低価格化を実現。また、アフターサービスが充実しているのも人気の理由です。

ゾフではベーシックなサングラスだけでなく、個性的なデザインのモデルも豊富。無難なデザインでは物足りない方にもおすすめのブランドです。

ゾフ(Zoff) Zoff×takashi kumagai ZH211G04

人気スタイリスト、熊谷隆志氏とのコラボで生まれたサングラスです。フロントやテンプルの素材はアセテート。やや太めのフレームにフラットレンズを組み合わせているのが特徴です。

淡色カラーのレンズが、やさしい印象をプラス。フレームのカラーは一見すると石のようにも見えるブラウンのほかに、ブラック・グレー・クリアなども用意しています。

可視光線透過率64%と謳われているのも魅力。また、度付きレンズにも対応しています。価格も比較的リーズナブルな、おすすめのサングラスです。

ゾフ(Zoff) MARVEL COLLECTION AVENGERS SERIES WEB限定

フロントフレームとテンプルで色を大胆に切り替えた、個性的なデザインのサングラスです。フロントのカラーはブラックに加え、涼しげな目元を演出できるクリアも選べます。

レンズシェイプはスタイリッシュなボストン型。可視光透過率はブラックが95%、クリアが14%で、紫外線透過率はどちらも0.1%以下と謳われています。

比較的リーズナブルな価格で購入できるのも魅力。おしゃれでコスパのよいサングラスを探している方におすすめです。

サングラスのおすすめブランド|スポーツ・アウトドア

オークリー(OAKLEY)

「オークリー」は1975に生まれたアメリカのスポーツブランド。オークリーのサングラスはスポーツシーンを想定した高い機能性に加え、タウンユースしても違和感の少ないおしゃれなデザインが魅力です。

度付レンズに対応したモデルが多いのもポイント。スポーツシーンでもおしゃれを楽しみたい方におすすめのブランドです。

オークリー(OAKLEY) Holbrook Low Bridge Fit

アセテート素材より約25%軽い、オークリー独自の軽量素材「O-Matter」を使ったサングラスです。テンプルにあしらわれたブランドロゴが、デザインにアクセントを加えています。

レンズの形状はやや大きめのスクエア型。レンズには歪みを軽減し、よりクリアな視界を実現するためのオークリー独自のレンズテクノロジー「HDO」が使われています。

普段使いしやすいスタイリッシュなデザインも魅力。マルチに活躍するサングラスを求めている方におすすめです。

オークリー(OAKLEY) Radar EV Path

色調やコントラストを強調し、よりクリアな視界を実現できるプリズムレンズを装着したサングラスです。上部の視界を広くするため、レンズの縦の長さを広めに取っています。

フレームの素材には、特許を取得した軽量素材「O-Matter」を採用。さらに、テンプルにはグリップ力に優れた「Unobtainium」を搭載しているので、ズレや滑りなどを気にせずスポーツに集中できます。

度付きレンズに対応しているのも便利。幅広いスポーツシーンで活躍するおすすめのサングラスです。

スワンズ(SWANS)

「スワンズ」は、山本光学が運営する日本のアイウェアブランド。プロ野球やゴルフをはじめ、さまざまな分野のトップアスリートが愛用するブランドとして、高い知名度を有しています。

スワンズのサングラスは高機能ながらも価格は比較的リーズナブル。デザインもおしゃれなので、ぜひチェックしてみてください。

スワンズ(SWANS) Airless-Wave

8カーブレンズを搭載したスポーツ用サングラスです。偏光レンズ・調光レンズ・シルバーミラーレンズなど、性能が異なるレンズが複数用意されており、使用シーンに応じてぴったりなモノを選べます。

重量が15gと軽いのも注目ポイント。フレームは顔に沿うようにカーブしているため、体を動かしても心地よいフィット感を長く維持できます。

クールなデザインも魅力。ランニングやゴルフなどのスポーツシーンはもちろん、ドライブやアウトドアシーンでも活躍する、おすすめのサングラスです。

スワンズ(SWANS) LION SIN

頭を包み込むような、ラップアラウンド形状のフレームを採用したサングラスです。テンプルエンドやノーズパッドは顔・頭の形に合わせて柔軟に調節できるので、高いフィット感が必要なスポーツシーンで重宝します。

調光・偏光・ミラーなど、異なるレンズを搭載したモデルが複数用意されているのも魅力。別売りのレンズを用意すれば、使用シーンに応じて臨機応変に対応できます。

スポーツやアウトドアなど、アクティブな趣味を持つ方におすすめのサングラスです。

フェリー(FERRY)

「フェリー」は、兵庫県神戸市に拠点を置く日本のスポーツサングラスブランド。偏光レンズを搭載した機能的なサングラスをリーズナブルな価格で取り扱っており、コスパを重視する方から支持されています。

同ブランドのサングラスは交換レンズやクロスがセットになったモノが多いので、ぜひチェックしてみてください。

フェリー(FERRY) 偏光レンズ スポーツサングラス フルセット専用交換レンズ5枚

強度に優れたポリカーボネート製のレンズを搭載したスポーツサングラスです。偏光レンズに加え、クリア・イエロー・ブルー・レインボーミラーレンズが付属しており、シーンや気分に合わせて使い分けられます。

フレームは顔に沿ってカーブしているので、フィット感は良好。さらに、脱着可能なインナーフレームを使えば、度付きレンズを装着することも可能です。

専用ケースやクロスが付属しているのも嬉しいポイント。安くて機能的なスポーツサングラスを探している方におすすめです。

フェリー(FERRY) 偏光レンズ ウェリントン サングラス

汎用性に優れたウェリントンタイプのサングラスです。光の乱反射を軽減できる偏光レンズ仕様。まぶしさを軽減しながらもクリアな視界を確保しやすいのが特徴です。

本体重量は30gと軽量。また、価格がリーズナブルで、気軽に普段使いできます。初めて偏光レンズのサングラスを購入する方にもおすすめです。

ボレー(bolle)

「ボレー」は1888年から続くフランスのアイウェアブランド。独自のテクノロジーによる軽量かつ丈夫なフレームを使ったサングラスは、タウンユースからスポーツシーンまで、幅広く活躍します。

ボレーのサングラスはレンズの機能も高性能。トップアスリートをはじめ多くの人々に愛される、おすすめのブランドです。

ボレー(bolle) ライトシフター ファントム 12652

軽量かつおしゃれなハーフフレームを採用したスポーツサングラスです。レンズは紫外線の量に応じて色の濃度を自動で調節する調光レンズ。レンズの素材には透明度の高いNXT素材を使用しているため、さまざまな天候下でクリアな視界をキープ可能です。

可視光線透過率は35〜15%で、紫外線カット率は99.9%と謳われています。また、ノーズパッドには3段階のアジャスト機能を搭載。インパクトのあるデザインで、機能性も優れたおすすめのサングラスです。

ボレー(bolle) ボルト2.0 ファントム コート BS003008

ややミリタリーな雰囲気を感じられる、グリーンのハーフフレームが印象的なスポーツサングラスです。レンズには高い透過性と耐衝撃性を備えたファントムレンズを採用。クリアな視界を実現しています。

レンズには、紫外線量によって色の濃さが変わる調光機能も搭載。可視光線透過率は29〜15%の間で変化すると謳われています。ミリタリー風のデザインが好きな方はもちろん、視界のよさにこだわりたい方にもおすすめのサングラスです。

スミス(SMITH)

「スミス」はアメリカ初のスキーリゾートの街、アイダホ州サンバレーで生まれたブランド。曇りにくいスノーゴーグルをいち早く開発したことで有名で、日本でも高い人気を有しています。

サングラスについても高性能なモデルを数多くラインナップ。かけ心地もよいので、ぜひチェックしてみてください。

スミス(SMITH) Shift MAG

赤みがかった大きな平面レンズが印象的な、自転車用サングラスです。レンズは色のコントラストが鮮明に見える偏光レンズ仕様。さらに、シンプルなクリアのサブレンズも付属しています。

マグネットでレンズを固定する、独自のMAGシステムも注目ポイント。自分で簡単にレンズが交換できます。自転車好きの方はもちろん、目元をしっかりとカバーできるサングラスを求めている方にもおすすめです。

スミス(SMITH) Swing Style

フィッシングを楽しむために作られた、偏光レンズ搭載のサングラスです。レンズの可視光線透過率は15%、可視光線透過率は30%と謳われています。

爽やかなホワイトのハーフフレームも魅力。テンプルにはブランドロゴ入りのメタルパーツがあしらわれており、横から見た際のデザインにアクセントを加えています。

フィット感に優れたフィッシング用サングラスを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

サングラスのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

サングラスのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。