忙しくてご飯を炊く時間がないときや、少し物足りないときなどに頼りになるのがレトルトご飯です。賞味期限が長く、日頃からストックしておくと災害時の備えとしても役立ちます。

そこで今回は、レトルトご飯のおすすめ商品をご紹介。レトルトご飯にはさまざまな種類があるので、好みのレトルトご飯を選んでみてください。

レトルトご飯の選び方

お米の種類で選ぶ

スタンダードな「白米」

白米のレトルトご飯は、カレーライスやピラフ、雑炊など応用が利くので便利です。銘柄で選ぶことによって味わいや食感の違いを楽しむこともできます。

電子レンジであたため、すぐに食べられるので便利。電子レンジがない屋外のキャンプや停電時の災害でも、湯煎であたためればおいしく食べられます。

ほとんどが無菌パック製法で作られているため常温で保存でき、保管する場所を選ばないのも特徴。酸味料のすっぱさが苦手な方や、添加物に気をつけている方には無添加タイプもおすすめです。

健康志向の人に人気の「玄米」

健康に対する関心が高まるなか、ビタミンやミネラルなどの栄養成分や食物繊維などが含まれる、糠や胚芽が残った玄米の人気が高まっています。

自宅の炊飯器で玄米を炊く場合、季節にもよりますが吸水時間に2~3時間から5~6時間、炊飯時間も75~90分かかることが多く、時間に余裕が必要です。レトルトご飯の玄米なら、レンジで加熱するだけですぐに食べることができます。

「赤飯」や「おこわ」も

「赤飯」や「おこわ」には、はじめから味がついているので、主食だけではなく間食としても人気があります。しかし、「もち米」を買いに行ったり、赤飯なら数時間前から小豆を水につけておいたりと、忙しい方にとっては大変な作業です。

レトルトご飯なら手間をかけずに「赤飯」や「おこわ」を味わえます。

1パックあたりの量をチェック

By: rakuten.co.jp

お茶碗にかるく1杯分(8分目)のご飯は150gで約234kcal、おにぎり100gで約156kcalです。レトルトご飯は1パックあたり100g前後の少量サイズから大盛りの300gサイズまであるので、好みの量を選べます。

チャーハンやカレーライス、牛丼などでは比較的多くのご飯が必要になるので、料理のメニューによって内容量を選ぶのもおすすめです。

お米の品種にも注目

コシヒカリ

By: amazon.co.jp

生産量が多いお米として知られるコシヒカリのレトルトご飯。炊くと粘りを出すアミロペクチンの比率がほかのお米に比べて多いので、粘り気が強く、噛めば噛むほど甘みや旨みが広がります。冷めても硬くなりにくいのも特徴のひとつです。

ハンバーグや焼き肉など味の濃い料理にも適しています。コシヒカリは日本各地で生産されており、その性質上生産地の土壌や水によって味わいや食感が異なるため、産地による食べ比べもおすすめです。

あきたこまち

By: rakuten.co.jp

全国トップクラスの知名度を誇る秋田米の主力品種、あきたこまちのレトルトご飯。香り・旨み・甘み・粘りのトータルバランスに優れ、しっかりした粒感と食感があり、柔らかくなりすぎないのが特徴です。

万人に好まれる味で、刺身や煮物などの繊細な和食に適しているとされています。冷めてもおいしいのでお弁当やおにぎりにもおすすめです。

ななつぼし

By: amazon.co.jp

北海道米のなかで最も生産量が多く、北海道を代表する品種のななつぼしのレトルトご飯。味わいと食感のバランスがよく、ほどよい粘りと甘みが特徴です。

食味ランキング最上位の特A評価を何度も獲得。また、ななつぼしは冷めてもおいしさが長持ちし、粒の形が崩れにくく、ツヤもよいので、お弁当やお寿司向きとされています。

賞味期限内に食べきれるように注意

By: amazon.co.jp

レトルトご飯の賞味期限は6~10ヵ月が標準的。インターネット通販では20食以上のまとめ買いがお得ですが、災害などに備えて大量にストックする場合は賞味期限内に食べきるように注意する必要があります。

レトルトご飯は、炊飯前のお米を瞬間的に高温・高圧で加熱・殺菌したあとに炊飯してパック詰めする「無菌化包装米飯」がほとんどですが、技術の向上により賞味期限が1年間の製品も販売されています。

レトルトご飯のおすすめ|白米

サトウ食品 サトウのごはん 新潟県産こしひかり

サトウのごはんの定番製品で、新潟県産コシヒカリを100%使用したレトルトご飯です。冷めても味が落ちにくい特徴から、お弁当やおにぎりに向いています。電子レンジで2分加熱するか、湯煎を15分すれば手軽に食べられます。

昔ながらのガス直火炊き製法の「はじめチョロチョロなかパッパ」を忠実に再現。お米本来の甘みと粘りを引き出し、いつでも炊きたてのおいしさを味わえると謳われています。200g入りなのでしっかり食べたい方におすすめのサイズです。

サトウ食品 サトウのごはん 北海道産ななつぼし

サトウのごはんの北海道産ななつぼしを100%使用したレトルトご飯。ななつぼしはバランスに優れた味わいと、冷めてもおいしい特徴から弁当などでも広く利用され、北海道でよく食べられている銘柄です。

昔ながらのガス直火炊き製法によって、ななつぼしの強い旨みと粘り気のあるやわらかい食感が引き出されています。内容量が200gなので多めに食べたいときに満足できるサイズです。

ウーケ 北アルプスの天然水仕立て ふんわりごはん 富山県産こしひかり

富山県産こしひかり100%にこだわった、ウーケのレトルトご飯です。自社工場でクリーンな蒸気によって原料米と炊飯水を「短時間高温殺菌」することで、酸味料などの添加物を使用することなく生産。ご飯本来の風味を味わいたい方におすすめです。内容量が200gなのでしっかり食べたいときに適しています。

ウーケ ふんわりごはん 特盛ごはん

大盛りでも足りないという方に向けた、特盛サイズのレトルトご飯です。お茶碗2杯分の300g入りで、カレーライスなど大量にご飯を消費するときに適しています。

加熱時間は電子レンジ(500W・600W)で3分10秒と少し長めですが、急に人数が増えたときや料理のメニューが変わったときに重宝します。賞味期限は10ヵ月です。

テーブルマーク ふっくらつや炊き

家庭用冷凍食品メーカーとしても知られるテーブルマークのレトルトご飯。日本有数の米どころ新潟県魚沼地区の自然に育まれた地下水を使い、加圧加熱と蒸気炊飯の2段階加熱によって、外はふっくら中はもっちりに炊き上げられた商品です。

清潔に保たれたクリーンルームで炊き上げたご飯を完全密封しているため、常温で保存してもご飯の風味やおいしさをキープ。また、ご飯がくっつきにくいディンプルのトレーを使用しています。180g入りなので、200gが少し多いと感じる方におすすめです。

アイリスフーズ 低温製法米のおいしいごはん

15℃以下の低温で保管・精米し、お米の鮮度とおいしさにこだわった低温製法米を使用したレトルトご飯です。原料のお米は東北や北海道のブランド米のなかから、粒の形や食味など品質が吟味された一等米が選ばれています。

圧をかけながら熱を加え、お米のもつ旨みを最大限に引き出す「加圧加熱」と高温の蒸気で炊き上げる「蒸気炊飯」の2つの加熱によって、内側はもっちり、外側はふっくらの炊き上がり。内容量は120g・150g・180gの3種類で、人数やそれぞれの食べる量によって選べます。賞味期限も13ヵ月と長めなのでストックにもおすすめです。

はごろもフーズ パパッとライス やんわかごはんこしひかり

シーチキンの缶詰などで知られる、はごろもフーズのレトルトご飯です。便利な小分けパックで100gごとに食べられるのが特徴。おいしさと使いやすさにこだわった「パパッとライス」のご飯の弾力はそのままに、やわらかく炊き上げられています。

電子レンジ(500W・600W)の加熱時間は1パックなら約1分、2パックなら約2分とわかりやすく、炭水化物を少しだけ食べたいときにもちょうどよいサイズです。

大塚食品 150kcalマイサイズ マンナンごはん

マンナンヒカリという、大塚食品が開発したこんにゃく生まれの米粒状加工食品を、富山県産こしひかりと一緒に炊いたレトルトご飯。マンナンヒカリを加えることで、糖質とカロリーを抑え、不足しがちな食物繊維も摂取できると謳われています。

レトルトカレーやどんぶりの素など、さまざまな味がある100kcalのマイサイズソースとの組み合わせもおすすめ。マンナンごはんのトレーに直接ソースを加えて手軽に食べることができます。カロリー計算したい方や糖質をなるべく控えたい方のニーズに応える商品です。

テーブルマーク あきたこまち

秋田の人気銘柄米、あきたこまちを使ったレトルトご飯。お米一粒一粒の旨みを引き出す「加圧加熱」と高温の蒸気で一気に加熱する「蒸気炊飯」という、テーブルマーク独自の二段階加熱製法で炊き上げているのが特徴です。

炊き上げは、新潟県魚沼地区の豊かな自然で育まれた水を使用してます。内容量は茶碗一杯分の150gの分割タイプ。ご飯を炊き忘れたときや少しだけご飯が必要なときにも重宝します。

あきたこまちは旨みと甘みがありながら、淡白な味わい。オムライスやリゾット、雑炊などのレシピにも応用できます。

バイオテックジャパン ロカゴ

こんにゃくや雑穀などは加えず、白米100%のみを使用したレトルトご飯。特許を取得した植物性乳酸菌の発酵技術によって、低糖質、低カロリーを実現したと謳われています。糖質は控えたいけど、白米をおいしく食べたいという声から生まれた商品です。

1パックに白米の17倍の食物繊維が入っているので、食物繊維の一日摂取目標量の3分の1以上の摂取も期待できます。内容量は茶碗1杯分の150gで賞味期限は製造日より1年。電子レンジ(500W)による2分の加熱か、湯煎を15分すれば簡単に食べられます。

普段から食事に気を使っている方や無理な食事制限をしたくない方、こんにゃく配合のダイエット米の味が苦手な方などにおすすめのレトルトご飯です。

・6パック

・20パック

レトルトご飯のおすすめ|玄米

越後製菓 玄米ごはん

新潟県産こしひかりの玄米を100%使用したレトルトご飯です。超高圧処理によって粘り気のあるやわらかな食感に仕上げ、玄米に含まれるビタミン類や食物繊維、カルシウム、GABAなどの栄養成分を損なわないように加工されています。

内容量は150gで酸味料・保存料・化学調味料不使用を謳っています。玄米を炊くには長い炊飯時間をかけなければならないのですが、本製品なら電子レンジで2分あたためるだけで簡単。ごま塩をかけたり、雑炊やリゾットにアレンジして味わったりするのもおすすめです。

神明 ファンケル発芽米ごはん

化粧品で有名なファンケルの発芽米を手軽に味わえるレトルトご飯です。炊飯には富山アルプスの天然水を使用。クリーンな蒸気で水と発芽米を短時間高温殺菌する「無菌充填製法」により、酸味料などの添加物を使用せずに炊きたての香りを閉じ込めています。

思い立ったらすぐに発芽米が食べられるので、発芽米を試してみたいと思っている方にもおすすめの商品です。

全農パールライス 金のいぶき 発芽玄米パックごはん

玄米食用の新品種として注目を集めている「金のいぶき」を100%使用したレトルトご飯。金のいぶきは宮城県で開発され、通常の玄米のおよそ3倍の大きさの胚芽部分にGABAやビタミンEなどさまざまな栄養成分が多く含まれている高機能玄米です。

低アミロースで甘みや粘りが強いため、粘り気のあるやわらかな炊き上がりになり、胚芽の弾力のある食感を楽しめます。白米と同じように、炊き込みご飯・雑炊・おにぎりなど、さまざまな料理にアレンジ可能です。

コジマフーズ 有機発芽玄米おにぎり わかめ入り

By: kojimafoods.co.jp

90gのおにぎりが2個入った珍しいタイプで、1個ずつ切り離して食べることができるレトルトご飯です。有機発芽玄米を100%使用。ほのかなわかめの塩味と磯の香りによって、玄米の独特の風味が緩和されると謳われています。

電子レンジでおにぎり1個1分、2個2分を目安に加熱することで、粘り気がありやわらかく炊き上げられた発芽玄米を味わえます。国内産の有機うるち玄米、海の精の食塩、鳴門産のわかめを使用した有機JAS認定商品なので、添加物や原料の安全性にこだわる方におすすめの商品です。

東洋ライス 金芽ロウカット玄米ごはん

白米感覚で食べる玄米として東洋ライスが販売する「金芽ロウカット玄米」を、手軽に食べられるようにしたレトルトご飯です。ロウカット玄米は、玄米の表面にある硬い「ロウ層」だけを均一に取り除くことで、玄米の栄養は残したまま白米のように食べやすく加工されています。

栄養価の高い玄米を白米のように気軽に食べたい方におすすめの商品です。

レトルトご飯のおすすめ|その他

越後製菓 ふっくら赤飯

北海道産のもち米と十勝産の小豆を使用し、昔ながらのせいろ蒸し製法で作られた、赤飯おこわのレトルトパック。お米の風味を損なわないように炊き上げています。弾力と粘り気があるやわらかい食感で、小豆の煮汁だけで色付けした自然な色合いも特徴です。

内容量160gで308kcalと白米よりもカロリーが高めなので、アウトドアなどでのエネルギー補給などにもおすすめです。

東洋水産 ふっくら五目釜めし

味わい豊かな五目釜めしを手軽に食べられる、東洋水産のレトルトご飯。人参・こんにゃく・椎茸・ごぼう・油揚げの5種の具材入りで、昆布と椎茸の出汁が利いた本格的な釜めしです。

内容量は160gで270kcal。電子レンジでの2分間の加熱のほか、15分間の湯煎でも食べられるので、停電のときやアウトドアでも味わえます。小腹が空いたときに手早く済ませたい間食としてもおすすめです。

サラヤ へるしごはん おいしい雑穀

家庭用の洗剤などで知られるサラヤの雑穀入りレトルトご飯。「へるしごはん」シリーズは糖質コントロールしている方にも白米を気軽に味わってもらえるように、血糖への影響が少ないとされる高アミロース米を配合して開発された低糖質ごはんです。

弾力があって噛みごたえのあるもち麦や丸麦に加え、もちきび・赤米・黒米・アマランサス・キヌアの7種類の雑穀をバランスよく配合。健康に気を配っている方をはじめ、幅広い方におすすめの商品です。

アイズ 国産18雑穀ごはん

栄養豊かな雑穀が手軽に食べられる、アイズのレトルトご飯。石川県産米「ゆめみづほ」と厳選された18種類の雑穀を、ミネラルを含んだ地下80mを流れる白山の伏流水で圧力釜と同じ製法で炊き上げ、ふっくらと仕上げた商品です。

おいしさと栄養バランスを考慮して選ばれた18種類の雑穀はすべて国産で、製造者と製造場所を明らかにしていつでも追跡できるトレーサビリティを徹底。雑穀はすべて滅菌処理加工済みで、子供からお年寄りまでどの年代でも食べられるよう、安全性にもこだわっています。

内容量は160gで常温保存ができ、レンジで2分の加熱で手軽に食べることが可能。さまざまな料理に合うので、毎日の食事にヘルシーな雑穀を取り入れたい方におすすめです。

はくばく もち麦ごはん 無菌パック

食物繊維が豊富なもち麦を30%配合した、はくばくのレトルトもち麦ごはんです。大麦のなかでも粘りの強い「もち麦」は、弾力があり歯ごたえのよい食感が特徴。さらに水溶性と不溶性の食物繊維をバランスよく含み、100g中に含まれる食物繊維は白米の約25倍、玄米の約4倍、ごぼうの約2倍と謳われています。

内容量150gから食物繊維2.7gを摂取でき、カロリーも195kcalと少なめ。1食ごと約40分かける丁寧な窯炊きによって、もち麦の内部までしっかり炊き上がっています。保存料を使用していないので、もち麦の素材そのものの味を楽しみたい方におすすめです。

濱田精麦 北海道産もち麦ごはん

北海道産のもち麦とお米にこだわった、濱田精麦のレトルトもち麦ごはんです。もち麦は外国産を使用せず、炊き上げても褐色になりにくい特徴をもつ北海道JAたきかわ産の「キラリモチ」を30%配合しています。

内容量は180g。もち麦は食物繊維が豊富なうえに、弾力があり歯ごたえのよい食感を楽しめます。

レトルトご飯のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

レトルトご飯のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。