加熱するだけで簡単に食べられるレトルトカレー。最近では、世界各国のカレーを実現したモノや、有名店が監修したモノなど、レトルトカレーの種類も豊富です。自宅でさまざまな味を楽しめる点は魅力ですが、種類が多すぎて何を基準に選べばよいのか迷う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、レトルトカレーの選び方やおすすめの商品をランキング形式でご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

レトルトカレーの選び方

カレーの種類で選ぶ

家庭的な味が好みなら「欧風カレー」

By: amazon.co.jp

「欧風カレー」とは日本人が好む日本独特のカレーを指します。家で作るような、なじみ深いカレーが好きな方におすすめです。

なぜ日本独特のカレーなのに「欧風カレー」なのかというと、カレーの調理法や食文化にヨーロッパの影響を受けたこと、有名店が「欧風カレー」という名称を使い出したことが影響しています。次第に日本人好みの独特なカレーが「欧風カレー」と呼ばれるようになり、レトルトカレーの商品名にも使われるようになりました。

各食品メーカーから「欧風カレー」として発売されているレトルトカレーには、特徴的でこだわりの調理を行う、昔から続く有名店の味を実現した商品が揃っています。

本格的な味を楽しみたいなら「インドカレー」や「エスニック」

By: amazon.co.jp

日本のカレーで物足りなさを感じる方には、「インドカレー」や「エスニック」のカレーがおすすめ。日本のカレーとは違った調理法で多彩なスパイスやハーブを使用するため、特有の香ばしさを感じられます。

カレー発祥の地、インドのカレーは複数のスパイスを組み合わせて作るのが特徴。クローブやカルダモンなど、本格的なスパイスの風味を楽しみたい方におすすめです。

「エスニック」のカレーはインドと交流のあった東南アジアで生まれました。「グリーンカレー」「レッドカレー」と呼ばれるタイのカレーが代表的。材料には、ココナッツミルクや多彩なハーブを使用し、インドカレーとも異なる味わいのカレーに仕上がっています。スパイスやハーブなどによる独特の風味が好きな方にぴったりです。

「ご当地カレー」も人気

By: amazon.co.jp

カレーが家庭料理として日本各地に広まると、各地域でも独自のカレー料理が生まれました。地域特有の食べ方や味などを反映したカレーは「ご当地カレー」と呼ばれ、人気が集まっています。

ご当地カレーは、具材に地元で採れた魚や貝、名産の牛肉や鶏肉などを使用しているのも特徴。カレーだけでなく名産品も一緒に食べられる点が魅力です。特に、魚介の旨味を引き出すよう工夫された「ご当地カレー」もあるため、シーフードのカレーが好きな方にもおすすめです。

有名店の味が楽しめるものも

By: amazon.co.jp

日本各地に点在する、行列ができるほどのカレー有名店が監修する多種多様なレトルトカレーも販売されています。

お店で食べる味をレトルトカレーで実現するために工夫している点が特徴です。たとえば、有名店特製のスパイスを入れたスープや、店舗で使うような厳選された具材などを使用しているほか、工程をお店と同じように時間をかけるなど、各店のこだわりを詰め込んだ商品が揃っています。

有名店の味を自宅で気軽に味わいたい方にぴったり。友人宅への手土産用や、気軽なプレゼント用にもおすすめです。

好みの辛さで選ぶ

By: amazon.co.jp

カレーの辛さはスパイスの配合で決まります。辛いカレーが好きな方には、一般的に辛みを出すスパイスとして使われる、唐辛子やコショウが入った商品がおすすめ。一方、辛いカレーが苦手な方は、スパイス控えめで甘口表記のレトルトカレーが適しています。

ただし、甘口・中辛・辛口などの辛さの表記は、各メーカーが独自の基準でレベル分けして付けているため、実際に食べてみると同じ辛さの表記でもメーカーごとに差を感じることがあります。辛さの感じ方は人それぞれなので、好みの辛さを見つけてみてください。

レトルトカレーのおすすめ|欧風カレー

第1位 明治(meiji) 銀座カリー 中辛


シェフが丹精込めて作り上げた、こだわりのレトルトカレーです。シェフの知恵と技によって生まれた、特製二段仕込みブイヨンが本商品の魅力。ブイヨンは、牛肉と香味野菜を一晩かけて煮出す本格的な製法を用いたとされています。

また、ブレンドにこだわったキレのあるスパイスを使用し、香り高く仕上がっているのが特徴です。じっくり炒めた玉ねぎが甘みを引き出し、雑味のないまろやかな味わいが楽しめます。ご飯とよく絡む、なめらかなルウもポイントです。

・1個

・10個セット

第2位 ハウス食品 とろうま牛角煮カレー 中辛


やわらかい食感の牛肉が楽しめるレトルトカレーです。牛肉のやわらかさは、独自の特許やわらかジューシー製法により実現しています。煮込みソースには肉に合う素材を使っているのがポイント。ソースに、隠し味のフルーツを使用しており、小麦粉控えめであっさりした味わいです。

角切り牛肉にはスパイス・ハーブで下味をつけ、じっくり煮込むことでカレーに合う角煮に仕上げています。角切りサイズの牛肉は食べ応えがあり、肉のやわらかさとうま味が特徴。特殊製法でやわらかく、とろみのある食感が楽しめます。

仕上げに香りが良いスパイスを使用したカレーソースは、スパイシーさとコク深さ溢れる風味。すっきりとした後味も魅力です。箱ごとレンジ加熱可能なパウチ入りで手軽に楽しめます。

・1個

・5個セット

第3位 大塚食品 ボンカレーゴールド 中辛


スタンダードなモノが好みの方におすすめのレトルトカレーです。具材は、国産のじゃがいも・玉ねぎ・人参を使用しています。玉ねぎはあめ色になるまで丁寧に炒めて、本来の奥深い味わいを引き出しています。

炒めた玉ねぎの深い風味が本商品のベース。そこに、牛肉のコク・うま味が加わり、バランスのよい味わいに仕上がっています。また、ルウはラードと小麦粉を丁寧に炒めて作った自家製のモノを使用。まろやかなコクを引き出すために、オリジナルブレンドを使っています。

味の決め手になるスパイスとカレー粉は、辛さに合わせてオリジナルレシピで調理しているのも特徴です。箱に入れたままレンジで加熱調理できるので、手軽に楽しめます。密封したパウチをそのまま除菌するため、保存料は使用していません。

・1個

・5個セット

第4位 エスビー食品 神田カレーグランプリ 100時間カレーB&R 欧風ビーフカレーお店の中辛


100時間以上かけて作り上げたとされるこだわりのレトルトカレーです。数々のカレー提供店が揃う東京・神田。年に1度だけ開催する神田カレーグランプリで第4回と第6回に優勝した店の味を再現しています。工程の細部までこだわったため、完成まで100時間かかったと謳われています。

濃厚さと豊かな風味が本商品のポイント。しっかり炒めた玉ねぎに牛肉のうま味が加わってさらに奥深さを引き出しています。カレーのグランプリも受賞している、本格的な定番レトルトカレーを楽しみたい方におすすめです。

・1個

・5個セット

第5位 ハウス食品 咖喱屋ポークカレー 中辛


コク深さが魅力のレトルトカレーです。オリジナルブレンドの、29種類のスパイスによって香りをしっかり引き立てているのが特徴。それぞれのスパイスの魅力を引き出すために、炒める工程・煮込む工程・仕上げの工程の3段階に分けてスパイスを投入しているとされています。

野菜・ブイヨンをじっくり煮込んでいるので、コク深い味わいが特徴です。また、具材にはじゃがいも・人参・豚肉などカレーの定番食材を使用。箱に入れたままレンジで加熱調理ができます。さらに、切り口が斜めにならないパウチを採用しているので、手を汚さず器に移せるのも本商品ならではの魅力です。

・1個

・10個セット

第6位 江崎グリコ(Glico) カレー職人欧風カレー中辛


本格的なソースが特徴のレトルトカレーです。ソースの味を引き立てるために、材料の配合にこだわっているのが本商品の魅力。カレーの味を決めるブイヨンには、ポークブイヨンを使っています。仕上げには乳製品を使用しているため、ブイヨンのコクに乳製品のまろやかさが加わった濃厚な味わいが楽しめます。

また、あめ色になるまで炒めた玉ねぎのうま味もポイント。材料に玉ねぎ・マッシュルーム・牛肉などを使っています。本商品は、箱から取り出せば、袋のままレンジで調理可能。外箱から取り出してあたためるだけなので、誰でも簡単に調理できます。

・1個

・10個セット

第7位 エスビー食品 カレーの王子さま レトルト


子供でも食べられるように、具材と辛さにこだわった甘口のレトルトカレーです。1歳から食べられると謳われています。本商品の魅力は、具だくさんの野菜をたっぷり摂取できる点。材料に、玉ねぎ・人参・さつまいも・じゃがいも・ピーマン・セロリなど、合計20種類の野菜とフルーツを使っています。

また、やさしい味わいも魅力のひとつ。豚ひき肉入りで、食べごたえも十分に感じられます。あたためなくてもおいしいので、お弁当として外出先で楽しむのもおすすめです。でんぷんを使わずにすりおろし野菜でとろみを再現しているのも特徴。内容量は70gで、子供にぴったりの食べきりサイズです。

・1個

・5個セット

第8位 ハウス食品 カレーマルシェ 辛口


マッシュルームをふんだんに使った辛口のレトルトカレーです。スライスだけでなくホールのマッシュルームが入っているので、マッシュルームの風味と食感を楽しめます。本格的な欧風カレーを探している方におすすめです。

また、やわらかい牛肉も入っています。牛肉・マッシュルームは、コク深くまろやかなソースでじっくり煮込んでいるのがポイント。そのため、具材にしっかり味がしみ込んでいます。特製スパイスによって、香り高さも楽しめるのが魅力です。

ブイヨンが生クリームと合わさり、まろやかさを感じる味わいに仕上がっています。さらに、フルーツや野菜を香辛料に漬けて作ったチャツネの風味も特徴のひとつ。チャツネがコクとうま味を際立たせます。本商品は、箱に入れたままレンジで調理可能。辛さはハウス食品が示す5段階の辛味順位で4段階目の辛口です。

・1個

・10個セット

第9位 エスビー食品 フォン・ド・ボー ディナーカレー レトルト 中辛


高級感ある欧風カレーを堪能したい方におすすめのレトルトカレーです。レトルト感を感じさせない、本格的な風味へのこだわりがポイント。メイン具材には、やわらかい食感のリブロースとマッシュルームを使っています。ソースベースにはフランスで使われる高級だし、フォン・ド・ボーを使用しており、コク深い味わいが特徴です。

じっくり煮込んだフォン・ド・ボーのベースに、甘さ際立つ炒め玉ねぎとバターをプラス。これにより、濃厚なうま味を感じられるのも魅力です。仔牛の骨と肉・香味野菜をじっくりと焼きあげ、コク深さをさらに感じられるように工夫を施しています。

・1個

・5個セット

第10位 エスビー食品 カレー曜日 中辛


家庭で手作りしたような味わいが楽しめるレトルトカレーです。家庭のカレー感を味わえるように、肉や国産野菜をたっぷり入れ、具材感にこだわっています。じゃがいも・人参などの野菜は大きめにカット。牛肉は角切りにして、あえて食感を残しています。

さらに、手作りカレーならではの、一晩寝かせたカレーのおいしさを再現しているのも魅力のひとつ。じゃがいもをしっかり煮込んでソースに溶け込ませ、自宅で食べる翌日のカレーを再現しています。素材をじっくり煮込み、素材そのもののうま味と甘みを引き立てたまろやかな風味が楽しめます。エスビー食品で1990年の発売以来愛されるロングセラーのレトルトカレーです。

・1個

・5個セット

レトルトカレーのおすすめ|インドカレー

第1位 新宿中村屋 インドカリー ビーフスパイシー


インドカレーとして、本格的な味わいを追求したレトルトカレーです。「伝説のカリーの味をご家庭で」が本商品のコンセプト。レストランで培った調理技術を駆使して作られた本商品は、オリジナルスパイスの香り高さと、具材感が魅力です。

ソースにはじっくり炒めた玉ねぎとフルーツを加え、自然な甘みをプラス。牛肉は真空調理によって、うま味をしっかり閉じ込めています。また、スパイスは3段仕込み製法で、コク深さと香りが引き立っているのもポイント。新宿中村屋の辛さレベル4で、中辛~辛口が好みの方におすすめです。

・1個

・5個セット

第2位 無印良品 素材を生かしたカレー バターチキン


トマトの酸味と甘みを生かしたバターチキンカレーです。リニューアルによって、バターチキンの味を決めるトマトの種類を、2種類から3種類に増やしています。風味の異なるトマトを増やしたことで、酸味・甘みだけでなくうま味がバランスよく楽しめるのが魅力です。

また、鶏肉の量も増量。発酵させた無塩バターから水分・たんぱく質を取り除いたギーと、カシューナッツを加えてまろやかに仕上げています。コク深さと一緒にスパイスの香り高さも楽しめるのがポイントです。辛さのレベルは5段階中の2段階目なので、辛口が苦手な方にもおすすめの商品です。

・1個

・10個セット

第3位 にしき食品 ケララフィッシュ


南インドのフィッシュカレーを再現した商品です。本場で味を学び、レトルトカレーとして再現しています。具材には日本でもなじみ深いキハダマグロを使用しており、クリーミーで濃厚な味わいに仕上げています。化学調味料・着色料・香料を使用していないのも本商品の魅力です。

また、魚のうま味が強く、タマリンド・トマトのほのかな酸味とココナッツミルクのコクが、ご飯と合います。香り高さをプラスするために味の決め手となるマスタードシードとフェンネルの、2種のスパイスを油で炒めてから加えています。

・1個

・5個セット

第4位 MTR ナブラタンコルマ 9種類の野菜とフルーツのカレー


本場のインドカレーが味わえる商品です。名前のナブラタンとは、9種類の宝石という意味で、9種類の野菜とナッツをたっぷり使っています。また、パイナップル・パパイヤ・レーズン・マンゴーといったフルーツが入っており、フルーツの香りを楽しめるのも魅力です。

本商品は具材たっぷりで食べ応えがあります。クリームでよく煮た、まろやかな風味が特徴。インドでは王族向けの贅沢な料理として振舞われている伝統的なカレーです。ベジタリアンマークが付いているので、具材にこだわりがある方にもおすすめです。

・1個

・10個セット

第5位 エスビー食品 南インド風チキンカレー お店の中辛


カレーの名店の店の味を再現したレトルトカレーです。お店は、東京・八重洲にあるエリックサウス。鶏肉とトマトをじっくり煮込んで抽出したうま味が堪能できます。また、こだわりのスパイスによって、重なり合う奥深い香りも特徴です。

ブラウンマスタードは油にスパイスの香りを移すテンパリングを行っており、強く香ばしい香りが楽しめます。本格南インドカレー専門店のカレーを自宅で手軽に味わいたい方にぴったりの商品です。

・1個

・5個セット

第6位 カルディ(KALDI) インドカレー バターチキン

北インドを代表するバターチキンカレーを再現したカルディオリジナルのレトルトカレーです。トマトをベースにしてバター・生クリームで濃厚な仕上がり。小麦粉を使わず、カシューナッツペーストでコクを出しています。

スパイスには、クミン・コリアンダー・カルダモンなどを配合した特製のガラムマサラを使用。とろけるチーズやゆで卵をトッピングしても合います。たっぷりトマトが入っているので、トマトの酸味と濃厚な風味を楽しみたい方におすすめです。

第7位 神戸アールティー キーマカレー

鶏のひき肉を使ったキーマカレーです。野菜・スパイス・カシューナッツをひき肉と一緒に煮込んでおり、やみつきになるおいしさが魅力。1997年創業のインド料理レストラン「神戸アールティー」で提供しているカレーと同じスパイスを使っています。

たっぷり入ったカシューナッツの濃厚なうま味が味わえるのが特徴。お店で食べるのと同じスパイスの風味を存分に味わいたい方におすすめです。

・1個

・10個セット

第8位 MTR パヴバジ パン食用に作った野菜のインドカレー

インド「ムンバイ」発祥のファーストフード「パヴバジ」を再現したレトルトカレーです。ポテト・カリフラワー・ニンジンをマッシュしており、水気が少ないのが特徴。肉・小麦粉不使用のグルテンフリーカレーです。水気が少ないため、パンに乗せて食べられます。

MTR社は、1924年の創立以来インドで愛されている食品メーカーです。辛さは、MTR社5段階評価で最大の「5」と刺激が強め。現地で使用するスパイスと辛さを味わいたい方におすすめです。

・1個

・10個セット

第9位 いなば食品 チキンとインドカレー 黒カレー

黒ゴマとバターのコクが味わえるレトルトカレーです。袋のまま電子レンジにかけられるので、楽にあたためられます。牛脂・豚脂を使用していないため、常温でもおいしく食べられるのが魅力です。

たっぷりのココナッツミルクと黒ゴマの豊かな香りが食欲をそそります。あたためが楽なので、1人暮らしの方におすすめです。

・1個

・6個セット

第10位 デリー カシミールカレー

白米に合うインドカレーを追求したレトルトカレーです。本場インドで出会ったスパイスを使って病みつきになるほど刺激的な辛さに仕上げました。具材が入っていないカレーソースのみの商品です。好みの具材を合わせることができます。

デリーは、1956年に上野に創業したカレー専門店。カレー粉を使用せず、本場インドの国民食に和の要素を取り入れたオリジナルのカレーを提供しています。刺激的な辛さと好みのトッピングを楽しみたい方におすすめです。

・1個

・12個セット

レトルトカレーのおすすめ|ご当地カレー

第1位 飛騨山味屋 ごろっと飛騨牛カレー


飛騨牛を使った贅沢なビーフレトルトカレーです。具材の飛騨牛は、A5等級のモノを使用しています。飛騨牛のA5等級は、味・舌触り・うま味が均一に揃う上等なランクで、飛騨牛全体の年間出荷量のなかで30%しか出荷されていません。

飛騨牛のとろけるような食感と溢れ出るうま味が本商品の特徴です。また、まろやかなコク深さもポイント。名前のとおり、飛騨牛は大ぶりにカットしたモノが入っているため、満足感もあります。普段、中辛を食べる方におすすめです。

第2位 五島軒 函館カレー 中辛


伝統のソースでじっくり煮込んだ、こだわりのレトルトカレーです。じゃがいも・人参など、北海道で生産された野菜と豚肉を五島軒に伝わる伝統のソースで煮込んでいます。函館の老舗レストランである五島軒のカレーを家で味わえるように開発されました。

大きめにカットした具材をたっぷり入れており、食べ応えも十分。ブイヨンスープは大釜を使い、6時間以上じっくり煮込んでだしを取っています。牛スネ肉・牛骨・丸鶏・野菜・ハーブから抽出する濃厚なうま味と、煮込んだ野菜やフルーツによる芳醇な風味とコクがポイント。函館の老舗の味を手軽に味わえるということもあり、贈り物にもおすすめです。

・1個

・2個セット

第3位 ヤチヨ よこすか海軍カレー ビーフ


明治以降、日本海軍の軍隊食として定着したカレーです。海軍カレーを横須賀の名物にすることで、よこすか海軍カレーが生まれました。本商品は当時の風味にできる限り近づけるため、明治41年の海軍割烹術参考書のカレーライスレシピを参考に調理したとされています。

牛肉・野菜がたっぷり入って、食べ応えがあるのも特徴です。よこすか海軍カレーでは、カレーに牛乳とサラダを添えるのが本場の食べ方。お家で本場の味を楽しみたい方におすすめです。

・1個

・5個セット

第4位 レインボー食品 広島名産 かきカレー 中辛


広島県産のかきを使った本格的なかきカレーです。瀬戸内海で穫れる広島県産のかきを楽しめる商品で、シーフードカレーが好みの方にもおすすめ。特製ソースは、しっかり炒めた玉ねぎ・牛乳・バター・ココナッツからできています。

かきの風味にくわえ、ココナッツ・バター・牛乳によるクリーミーな味わいも魅力のひとつ。NIKKEIプラス1ご当地レトルトカレー食べ比べランキング第1位にも選ばれた商品です。

・1個

・6個セット

第5位 北本市観光協会 北本トマトカレーレトルト


キーマタイプのレトルトカレーです。全国ご当地カレーグランプリ2014で優勝した際のオリジナルレシピを再現しています。このほか、3つのグランプリで優勝歴がある人気のカレーです。

ライス・ルー・トッピングにトマトを使うのが特徴で、埼玉県北本市のトマトをたっぷり使っています。カレーのうま味にトマトの酸味が相まって、さわやかな風味に仕上がっているのが魅力。湯煎もしくはレンジであたためるだけで手軽に食べられるのが嬉しいポイントです。じっくり煮込んでルーに溶け込んだトマトのうま味が楽しめます。

・1個

・10個セット

第6位 土佐あぐりーど 四万十ぶしゅかんグリーンカレー

「四万十ぶしゅかん」の果汁と「土佐はちきん地鶏」を使ったレトルトカレーです。「四万十ぶしゅかん」は、酢みかんの仲間で、爽やかな酸味が特徴の果実。四万十ぶしゅかんの酸味とスパイスの刺激が口の中で広がります。

「土佐はちきん地鶏」は、高知県産の日本鶏とシャモの血を引く品種の地鶏です。ほどよい歯ごたえと身の締まった味わいが特徴。国産素材で作られたグリーンカレーは珍しいので、グリーンカレー好きの方におすすめです。

第7位 GARAKU 札幌スープカレーチキン

北海道を中心としたご当地カレー「スープカレー」を再現したレトルトカレーです。スープ・秘伝のスパイス・和風だしが合わせてあり、独特の香りを楽しめます。袋には骨付き鶏モモ肉が1本入っておりボリューム満点。好みにより、素揚げした野菜や炒めた野菜を加えると、一層おいしくなります。

GARAKUは、日本に6店舗、タイに1店舗を構えるスープカレーの人気店。スープカレーの人気店が作ったレトルトカレーなので、初めてスープカレーを食べる方におすすめです。

・1個

・4個セット

第8位 哲多すずらん食品加工 岡山 白桃ピオーネカレー

岡山県産白桃とピオーネをベースに作られたレトルトカレーです。吉備の国育ちの鶏・桃太郎トマトを使用し、岡山県産にこだわっています。じっくり煮込んた皮付きのピオーネと白桃の甘みが、刺激的なスパイスとよく合うのが特徴です。

フルーツをふんだんに使用しており、フルーツのまろやかな甘みが感じられます。ひと味変わったご当地カレーを求める方におすすめです。

・1個

・2個セット

第9位 ゴーゴーカレー 中辛

金沢カレーを全国に広めたゴーゴーカレーのレトルトカレーです。金沢カレーは、スパイシーで濃厚なルーにキャベツ・ソースカツをトッピングするのが特徴。濃厚なルーなので、ルーとごはんは1:2の割合がおすすめです。

ゴーゴーカレーでは、55の工程を5時間かけて作り、さらに55時間寝かせるのがおいしさの秘訣。丁寧に作り、ゆっくり寝かせることでルーのうま味を増しています。濃厚なルーにソースカツを別に用意してトッピングすればボリューム満点。がっつり食べたいときにおすすめです。

・1個

・5個セット

第10位 鳴門千鳥本舗 淡路島 玉ねぎカレー中辛

淡路島産の玉ねぎと国産牛がたっぷり入った中辛のレトルトカレーです。淡路島産の玉ねぎは柔らかく、甘さが強いので、ソテーして食べるとよりうま味が凝縮され、ルーに溶け出ます。

玉ねぎの量が多いため、出汁と合わせてカレーうどんにもぴったり。雑誌・テレビの取材を多数受けている鳴門千鳥本舗のレトルトカレーは、甘みの強いカレーを楽しみたい方におすすめです。

・1個

・2個セット

レトルトカレーのおすすめ|有名店コラボ

第1位 エム・シーシー食品 名店シリーズ エチオピアビーフカリー


スパイスの効いたカレーが好みの方におすすめの、レトルトカレーです。東京・神田の神保町にあるカリーライス専門店、エチオピアのカレーを再現しています。オーナーシェフが香辛料・素材を厳選し、作り方もシェフのこだわりが詰まっているのがポイントです。

辛さはエム・シーシーが提示している5段階の辛さレベルのうち5段階目。辛口を好んで食べる方におすすめです。具材には人参・セロリ・牛肉などをメインに使っています。豚ベースのブイヨンで、豚肉と豚骨を使ってしっかりだしをとっているのも魅力のひとつです。

・1個

・5個セット

第2位 エスビー食品 噂の名店 大阪スパイスキーマカレー お店の中辛


スパイスカレーが売りのコロンビアエイト監修の商品です。お店で作った立体的なスパイスの香りを再現しており、何重にも重なるスパイスの香りが楽しめます。立体的なスパイスは香りスパイスと焙煎カシューナッツのトッピングによって実現しました。

本商品には別添えで香りスパイスと焙煎ナッツが付いているので、ひと手間かければより本格的な味わいに仕上がります。調理方法は、香りスパイスをかけたご飯の上にカレーソースをかけ、最後に焙煎カシューナッツをトッピングして完成です。

和風のだしと鶏ひき肉のうま味がベース。和風だしと鶏ひき肉のソースに香りスパイスと焙煎カシューナッツをプラスし、コクと深みのある味わいに仕上げています。辛さはエスビー食品が提示する5段階の辛さレベルのうち4段階目です。

・1個

・5個セット

第3位 エスビー食品 神田カレーグランプリ マンダラ ビーフマサラカレー お店の中辛


神田カレーグランプリ第2回優勝店マンダラのカレーを再現した商品です。牛肉の強いうま味と、スパイスの風味が特徴。特製のスパイスは焙煎して、香り高さをさらにプラスしています。特製スパイスと牛肉のうま味が相まってコク深い味わいに仕上がっているのがポイント。辛さは中辛~辛口程度で、スパイシーな風味が楽しめます。

・1個

・5個セット

第4位 エスビー食品 神田カレーグランプリ 日乃屋カレー 和風ビーフカレー お店の中辛


神田カレーグランプリの第3回優勝店、日乃屋のカレーを手軽に楽しめる商品です。和風だしを使用しており、だしのうま味に牛肉の味わいが加わり濃厚な味わいが感じられます。また、炒め玉ねぎとフルーツを加え、自然な甘みを抽出。フルーツのコクと甘みが口いっぱいに広がるのが特徴です。

後味にスパイシーさの余韻が残るのも魅力のひとつ。パッケージにはお店の中辛とありますが、エスビー食品が提示する5段階の辛さレベルでは5段階目の辛口レベルです。辛さがクセになるので、辛口のカレーが好みの方におすすめです。

・1個

・5個セット

第5位 36チャンバーズ・オブ・スパイス negombo33 監修 ポークビンダルー


インド西部ゴア州発祥のインドカレーをレトルトにした商品です。本商品は、豚肉のうま味と、酸味・辛味のある味わいが特徴。西所沢にあるカレー店、ネゴンボ33流に仕上げています。粒胡椒のしびれる刺激も魅力で、スパイスの風味と辛口カレーが好みの方におすすめです。

酢による酸味が、肉汁から作られるグレイビーソースと相まって、奥深い風味のなかに酸味が感じられる風味に仕上がっています。大きめにカットして角煮にした豚肉も魅力のひとつ。化学調味料・保存料・小麦粉不使用を謳っています。

・1個

・2個セット

第6位 エスビー食品 神田カレーグランプリ 欧風カレーボンディ チーズカレー お店の中辛

ビーフとバターのカレーソースに濃厚なチーズを加えた欧風のレトルトカレーです。東京都千代田区神田エリアで毎年300店舗以上のお店が参加する「神田カレーグランプリ」第1回優勝店とのコラボカレー。ルーの中にビーフの旨味とバターのコクがしっかり溶け込んでいるのが特徴です。

「ボンディ」は、東京都内に7店舗を構える人気店。お店のメニューと同じように、ベイクドポテトと一緒に食べてお店の雰囲気も味わうのがおすすめです。

・1個

・3個セット

第7位 キヨトク 「ダメヤ」監修 職人仕込みのバターチキンカレー

福岡で行列の絶えない人気店「ダメヤ」監修のレトルトカレー。店主自らひいたスパイスを調合した香り豊かなバターチキンカレーです。純バターや生乳100%の生クリーム、国産鶏を使用し、ブイヨンは鶏から取るなどのこだわりがあります。

毎日食べられる、自然でおだやかなおいしさを目指した丁寧な作りが魅力。贅沢な味わいながら、お米にもなじんでいつ食べても満足できるので、日々カレーを楽しみたい方におすすめです。

・1個

・3個セット

第8位 ハウス食品 選ばれし人気店 芳醇チキンカレー

食べログカレー100名店に選出された「SPICY CURRY 魯珈」監修のレトルトカレーです。炒め玉ねぎやトマトのうま味とスパイスの香りが醸し出す奥深い味わいが人気。鶏モモ肉のプリッとした食感にスパイス感の強さが特徴です。

たっぷりの野菜が入っていることにこだわり、甘みの強い玉ねぎやフルーティーなトマトを使用。火の入れ具合を調節してカレーに爽やかさを加えています。アレンジで楽しめるのも魅力。ブラックペッパーを加えると辛さと香りがたち、刺激的に変化します。強い刺激が苦手な方や子どもには、ヨーグルトトッピングがおすすめです。

・1個

・5個セット

第9位 ハチ食品(Hachi) 名古屋名物本家 赤からカレー 中辛

名古屋発祥辛みそ鍋で人気のチェーン店「赤から」監修のレトルトカレーです。お店で一番人気の「赤から鍋」を再現しました。

たっぷりの唐辛子と、コチュジャン・トウバンジャンで辛みを出し、はちみつでコクを出して仕上げたカレー。隠し味にしょうゆ・みりんなど、日本で親しみのある調味料を使用しています。辛さを極めたやみつきのおいしさを楽しみたい方におすすめです。

・1個

・5個セット

第10位 36チャンバーズ・オブ・スパイス パンニャ監修 チキンカレー

東京下北沢で根強い人気を誇る「般゜若 パンニャ」監修のレトルトカレーです。数あるメニューの中からお店の看板メニュー「チキンカレー」を再現しました。インドカレーをベースに、しょうゆ・出汁を加えているのが特徴です。

南インドやスリランカで使用されるスパイスをふんだんに使用し、小麦粉を使わずサラサラ仕上げ。染みわたる出汁の香りの奥にスパイスの刺激が追ってきます。鶏肉のプリプリ感やスパイスの芳醇な香りを楽しみたい方におすすめです。

・1個

・5個セット

レトルトカレーのAmazonランキングをチェック

レトルトカレーのAmazonの売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。

レトルトカレーを使ったおすすめアレンジレシピ

そば・うどん麺類のつゆ

By: boncurry.jp

レトルトカレーに麺つゆ・水を合わせると麺類のつゆになり、カレーそばやカレーうどんが簡単にできあがります。サラサラしたスープカレーやインドカレーはそのまま使えるので手軽です。そば・うどんのほか、そうめんにも合います。

あたたかいそばやうどんには、薬味としてネギや三つ葉をトッピングすると、よりおいしくなるのが魅力。グリーンカレーとうどんを合わせると、ツルッとしたのど越しに、スパイスの香りが絡み、爽やかな味が楽しめます。

麻婆豆腐

By: boncurry.jp

豚ひき肉とみじん切りネギを炒めて、豆腐・レトルトカレー・しょうゆを加えればカレー味の麻婆豆腐が完成です。レトルトカレーで味が決まるため、調味料が不要で手軽に作れます。辛さを求める方には、出来上がった後にラー油を加えると刺激的な辛さに変わるので試してみてください。

キーマカレーのレトルトを使うと、ひき肉なしで作れるため、より簡単に作れます。ごはんにも、お酒のおともにもおすすめです。

カレー鍋

By: boncurry.jp

レトルトカレーに鶏ガラスープを合わせるとカレー鍋スープのできあがり。鶏ガラだけでなく、和風出汁にも合うため、市販の鍋つゆにも合わせられます。

具材は、何でも合うので、冷蔵庫に残った食材を使って節約鍋にもぴったり。豚肉・ウィンナーなどの肉類、キノコ類・ニンジンなどの野菜のほか、キャベツが合います。冬にはゴボウやカブもおすすめです。

スープ

レトルトカレーに出汁や牛乳を加えると、カレースープになります。出汁の組み合わせにより、バリエーションが無限に広がるのが魅力です。和風の食材を使ったカレーには、和風出汁、洋風の食材を使ったカレーには、コンソメスープなど洋風出汁を加えると、統一感が出て、おいしくなります。

大きめの具材を使ったレトルトカレーをスープにすれば、食べごたえも十分。1品で朝食になるためおすすめです。

ギョーザ

By: boncurry.jp

レトルトカレーを使ったギョーザは、スタミナがつき、ビールのおつまみにもなります。作り方は、お気に入りの具材にレトルトカレーを混ぜ合わせるのがポイント。カレーのとろみが具材をまとめる効果があり、包みやすいのがメリットです。

焼きギョーザのほか、揚げギョーザにもぴったり。チーズを入れるのもおすすめです。つけだれには、酢に粗びきのブラックペッパーを加えた酢コショウがよく合います。