従来のCDを大きく超える情報量と音域幅を持つ高音質音源、ハイレゾ。インターネット配信での普及が急速に進んでいます。対応機器も増え、一気に身近な存在になりつつあるんです。ハイレゾを楽しみたい。でもイヤホンしか持ってない…。

ご安心ください。ハイレゾは「ハイレゾ対応イヤホン」とハイレゾ対応プレーヤーがあれば十分楽しめるんです。どちらも安価に用意可能。そこで、ハイレゾに関する基礎知識と、イヤホンでハイレゾを聴くためのノウハウ、おすすめイヤホンを一挙ご紹介!

ハイレゾとは

img_02

By: hd-music.info

ハイレゾとはハイレゾリューションオーディオ(High-Resolution Audio)の略。高解像度(音の細かさ)と広帯域(幅広い音域)で再生できるオーディオ音源の意味です。具体的には、従来のCDを超えるデジタル音声規格のこと。

CD音源は、PCMデジタル規格で量子化ビット数16bit/サンプリング周波数44.1KHz。実はこれでは自然界の音を十分に記録できていなかったのです。また、音の強弱幅を決める量子化ビット数は人間の耳の能力もカバーできていません。CD音源では本当にリアルな音は再現できない。これが事実です。

そのため、オーディオ業界は人間の聴能力をカバーできる新たな高品位音源の開発、普及に取り組みます。これがハイレゾです。具体的にはPCM音源で概ね24bit/48kHz以上、CD以降に新開発されたDSDデジタル音源は全てがハイレゾ音源です。

ハイレゾの高音質とは

florida-state-university-86197_640

ハイレゾによる実際の音の聞こえ方のメリットとしては、感覚的には、よりリアルで実体感のある高音質になることです。具体的に分析すると、ボーカルの息づかい、弦楽器のボウイングの有様などがより細かく判別可能。音楽によっては個々の演奏者の立ち位置、ホールの空気感などがよりはっきりと聴き取れるようになります。

声、楽器の質感もより本物らしく向上しています。前者が主に高解像度化、後者が広帯域化の恩恵です。つまり誰にでもわかるほど高音質なのがハイレゾというわけです。

ハイレゾ音源の入手法と再生機器について

41sykxxitkl

By: amazon.co.jp

ハイレゾ音源の入手法は現在おもにインターネットからのダウンロード販売です。国内大手オーディオメーカー各社が自社配信サイトを通じて行っています。オンキヨー、ソニー、ビクター(ジェイブイシー)が代表的です。音源は従来クラシック音楽が主体でしたが、最近は洋楽、邦楽問わず、最新の人気曲、往年の名曲ともに続々リリース。音源に困ることはありません。

再生機器は内蔵DACが24bit/96kHz以上対応であれば概ね対応可能。スマホの場合はハイレゾ再生対応アプリを導入することでハイレゾ再生を楽しむことができます。手軽さでもスマホの活用はおすすめです。DSD再生対応についてはやや難しい面もあるので、まずはPCM系(WAV、FLAC)で24bit/96kHz対応を目指すことからハイレゾを楽しむのがいいですよ。

5000円以下のおすすめハイレゾイヤホン4選

アーバンユーティリティ(URBAN UTILITY) ハイレゾ対応カナル型イヤホン UEHE-EP1

41vd0spyhnl

商品価格 ¥ 3,850

国内では安価なハイレゾ対応カナル型イヤホンです。ベリリウム銅合金の振動板を使用することにより、一般的な紙製振動板では難しかった高音域をリアルに再生できます。深みのある豊かな低音域と、ピュアな中高音域もバランスよく再生するので、ハイレゾ音源のよさを十分に感じ取れますよ。

この価格にしてハンズフリー通話可能なマイク付きリモコンも搭載されているので、一層コスパが高いです。手軽にハイレゾを体験してみたい方におすすめ。

茶楽音人(さらうんど) カナル型イヤホン Co-Donguri-雫

31lqscvbdrl

商品価格 ¥ 4,338

10kHz以上の高音域の伸びやかな再生が特徴のハイレゾ対応イヤホンです。外耳道閉管共振による音圧のピークを改善できる独自のトルネード・イコライザーにより実現しています。通常装着と耳かけの2通りの装着ができるのも使い勝手がいいですね。シリコン製の「SpinFit」イヤーピースによるフィット性のよさも見逃せません。

モデル名の由来であるどんぐり型の独特な外形もチャームポイント。国内メーカーとして最安価ランクとは思えない充実の内容が魅力です。

ゼロオーディオ(ZERO AUDIO) ステレオイヤホン ZERO BASS ZB-03

31besniowbl

商品価格 ¥ 4,418

パワフルな重低音が特徴のハイレゾ対応イヤホンです。独自のダイナミック型ファインチューンド・ドライバーを搭載しています。ハイレゾ音源を忠実かつ臨場感豊かに再現。リアエンクロージャーにパンチングメタルによるバスブーストポートを配置することにより、低音の再生力を高めているのもポイントです。

制振性に優れ、見栄えもよい削り出しフルアルミニウムボディーを採用。さらに、ベイキングフィニッシュを施すことで価格を超えた高級感を醸し出しています。質感面でのハイコスパイヤホンとしておすすめです。

エレコム(ELECOM) ハイレゾ対応 ステレオイヤホン EHP-CH3000

41ez2iejb4l

商品価格 ¥ 4,950

圧倒的なコスパが魅力のハイレゾ対応イヤホンです。力強い低音と伸びやかな中高音を再現できる大口径12.5mmダイナミック型ドライバーを搭載。さらに、ラジアル構造のリブを設けた高剛性振動板を使用することにより、ハイレゾらしい空間の広がりと豊かな音場を再現してくれますよ。

ドライバーケースとハウジングの高剛性アルミ素材は堅牢性と軽量化をもたらしています。ミリタリースタイルの個性的なデザインも魅力。

注目したいのは当初実売価格約1.5万円からの値引きの振り幅です。元々価格相応の音質を持っていた好機種なので、驚異的なコスパ。5000円以下で特にコスパ優先の方に大いにおすすめします。

10000円以下のおすすめハイレゾイヤホン4選

フィリップス(PHILIPS) カナル型イヤホン ハイレゾ音源対応 TX2

41mruuvkall

商品価格 ¥ 5,673

装着性のよさが特徴のハイレゾ対応イヤホンです。イヤホンはハイレゾ対応に関わらず、耳栓のように装着するカナル型が主流ですが、密閉度の高さから閉塞感を覚える場合があります。そこで、本機は装着感のよいインナーイヤー型とカナル型の中間的な形状を採用。密閉度の高さと軽快な装着性を両立しました。

また、この独自形状により、13.5mm径の大型ダイナミックユニットの搭載も可能に。一般的なカナル型を大きく超えるスケール感のある高音質を堪能できます。クラシック音楽の再現性の高さもポイントです。

ソニー(SONY) 密閉型インナーイヤーレシーバー h.ear in MDR-EX750

31tydcmrtsl

商品価格 ¥ 8,220

ハイレゾ推進の中心的存在であるソニーによる、ハイレゾ対応イヤホンのエントリー機をご紹介。幅広いユーザーにハイレゾ音源を手軽かつ身近に聴いてもらえるための工夫が詰まっています。新開発の小型9mm径ダイナミックドライバーを搭載し、高感度での広帯域40kHzの再生を実現しています。

また、特定の帯域に偏らないバランスのよい高音質でハイレゾを奏でるのも特徴。そのため、幅広いジャンルと好みの音楽に対応します。品位感の高いアルミニウムハウジングは軽快な装着性のために小型かつ軽量化されたものが一般的。迷ったらこれ、という安心の定番機としておすすめします。

マクセル(maxell) ハイレゾ対応カナルイヤホン Graphene MXH-GD100

31sri7jsvkl

商品価格 ¥ 9,039

なんと70kHzもの超高域再生が可能なハイレゾ対応イヤホン。ドライバーユニットに、ダイヤモンド以上の硬度を持つグラフェンコートの振動板を世界で初めて採用することに成功しました。2つのバスポート配置を最適化することで、音の広がりと力強い低音も確保しています。

制振性に優れるアルミニウム合金と、ABS樹脂のハイブリッドボディによる音の明瞭さもポイント。価格に関係なく超高域の再生スペックにこだわりたい方におすすめします。

ラディウス(Radius) ハイレゾ対応イヤホン HP-NHR11

41fn46uj4l

商品価格 ¥ 8,990

重低音が魅力のハイレゾ対応イヤホンです。低音域の再現性を高める独自のバスポート構造によって、振動板の動作を最適化。芯のあるしっかりとした重低音を直接的に響かせます。ボイスコイルから漏れる磁束をマグネットの反発磁力によって閉じ込めるHigh-MFD構造によって感度も向上。

これにより、機器に負担をかけずに歯切れのいい高音質が得られます。アンプが非力なスマホでの使用におすすめ。ゴツイ外観も個性的でおしゃれですね。

10,000円以上のおすすめハイレゾイヤホン4選

オンキヨー(ONKYO) カナル型イヤホン セミオープン/ハイレゾ音源対応 E700M

71cbhoqgxl-_sl1500_

商品価格 ¥ 10,488

セミオープン型のハイレゾ対応イヤホンです。セミオープン型は開放的な音質と、快適で軽快な装着感が得られます。価格に関係なく採用が少ないだけに、装着性にこだわる方には特に注目です。13.5mm径の強磁力希土類マグネット搭載ダイナミックドライバー採用により、ワイドでフラットなハイレゾを存分に堪能できます。繊細な高音も聴きものです。

通話切替え機能付きコントロールマイクを搭載するのも便利。やや音漏れが大きいので、人前での使用では音量に十分注意してくださいね。

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット h.ear in Wireless MDR-EX750BT

31pdcvbbqyl

商品価格 ¥ 18,520

Bluetoothワイヤレス機能も備えたハイレゾ対応イヤホンです。イヤホン本体の40kHz再生能力に加え、ハイレゾ相当の音声をBluetooth伝送できる高音質コーデック・LDACを装備することにより実現しています。Bluetoothワイヤレスイヤホンとして使えるだけでなく、有線接続も可能。幅広い使い方でハイレゾを楽しめる稀有なイヤホンとして大いにおすすめします。

なお、LDACコーデックは送信側の対応も必要ですので、ご注意ください。ソニー製ウォークマン、スマホの多くが対応しています。

JVCケンウッド(KENWOOD) カナル型イヤホン WOOD 01 inner HA-FW01

61nlvpucmal-_sl1500_

商品価格 ¥ 53,818

世界でジェイブイシーだけが実用化している木製振動板を使用したハイレゾ対応イヤホンをご紹介します。薄さ50μmのカバ材シートを用いた新ウッドドームユニットを採用することにより、従来比40%も軽量化。中域から高域の繊細な表現力をさらに向上させました。プレート形状を改良したハイエナジー磁気回路による低音域の再現力の高さもポイントです。

以前からの木製楽器の圧倒的な再現力によりとどまらない幅広い音源を感動的に鳴らす高音質を獲得。木製ハウジングの暖かい雰囲気も見逃せません。丸みを帯びた新形状により装着性も改善。本質的なよさを求める方におすすめです。

アーカーゲー(AKG) カナル型イヤホン ハイレゾ対応 N40

41xfkssycl

商品価格 ¥ 45,000

BA型とダイナミック型ユニットを併用したハイブリッド型のハイレゾ対応イヤホン。高域再生を受け持つことの多いBA型ユニットはハイレゾ対応化させるのが難しいため、BA型単独機、ハイブリッド型機ともにハイレゾ対応イヤホンが少ないのが現状です。世界で初めてハイブリッド型イヤホンを開発したアーカーゲーがこの難題を解決。10Hz~40kHz再生可能の文句なしのハイレゾ対応を達成しました。

3つのフィルターを付け替えるだけで、好みの音質に調整できる機能もポイントです。ハイブリッド型でハイレゾを楽しみたい方にイチオシ!

ハイレゾイヤホンの特徴

31ftqwilqdl

By: amazon.co.jp

ハイレゾに関して、音源側、再生機器側の両方について、電子情報技術産業協会(JEITA)と日本オーディオ協会(JAS)が定義を作成。イヤホンについては再生周波数範囲が高域側40kHz以上と定められました。

これを満たすイヤホンには日本オーディオ協会認定の「ハイレゾロゴマーク」が付与。これがハイレゾ対応イヤホンの大きな特徴です。ただ、海外メーカーのなかにはロゴマークのない40kHz再生可能機もあります。

ハイレゾイヤホンの選び方

基本はハイレゾ対応イヤホン

41i5uojs4vl

By: amazon.co.jp

基本的に上記の「ハイレゾロゴマーク付きハイレゾ対応イヤホン」から選ぶといいでしょう。というのも、各メーカーの評価基準に基づき、聴感評価を行い、ハイレゾに相応しい製品であると最終判断されていることもロゴマーク付与の条件となっています。

つまり、スペックだけでなく、実際の音質上もハイレゾ音源のよさを十分に生かした再生を期待できるんですよ。ロゴのない場合は40kHz再生可能を目安にしましょう。

ハイレゾ対応イヤホンは大抵、ワイドレンジでフラットと言われる音質を持つものが多いです。いわゆる原音再現性を重視する傾向がハイレゾ対応によって強まっているからです。

ただ、よく聴く音楽ジャンルによってはもっと低音が強い方がよいと感じる場合もあります。そういう方には重低音イヤホンでかつ、ハイレゾ対応機がおすすめです。

発音形式で選ぶ

4119b9ip5ql

By: amazon.co.jp

イヤホンの発音形式によって、音質傾向も違うので、参考にしてください。最も普及しているダイナミック型はワイドレンジさと低音の再生能力の高さが特徴です。反面、繊細な表現は不得意な場合もあります。数千円クラスでハイレゾ対応できるコスパは魅力。

繊細な音を得意とするバランスド・アーマチュア型は逆に低音が弱めです。この両者のいいとこ取りをしたのがハイブリッド型。音質的にはより万能型で、幅広くおすすめできますが、国内メーカー製では1万円以上するのがネックです。

数万円以上の高額機では方式の欠点を感じさせない完成度の高いイヤホンが多いのもポイント。純粋に音のよさ、好みで選ぶのがおすすめです。