肌のうるおいを守り保護する役割を持つ保湿クリームは、乾燥肌の方や秋冬の乾燥しやすい季節に重宝するアイテム。顔用・全身用・VIO用・メンズ向けとさまざまな種類があるので、使用部位などに合わせて適切に使い分けるのがおすすめです。

今回は、おすすめの保湿クリームを種類別にランキングでご紹介します。プチプラのものからデパコス・高級アイテムまであるので、ぜひチェックしてみてください。

※1 本記事における「美白」とは、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐことを指します。
※2 本記事における「エイジングケア」とは、年齢に応じたスキンケアを行うことを指します。

保湿クリームとは?乳液との違いは何?

By: amazon.co.jp

保湿クリームと乳液は、どちらも油分を配合しているため、化粧水などで肌を整えたあとに使われることが多いスキンケアアイテムです。配合されている油分が肌表面にとどまり膜を張ることで、肌からうるおいが蒸発して乾燥するのを防ぎます。

いずれも肌のうるおいを守り保護する目的で使われることには違いはありません。しかし、乳液と保湿クリームは配合されている成分の比率が異なるため、肌質や肌の状態、季節などの環境要因に合わせて使い分けるのがおすすめです。

保湿クリームは、乳液と比べて油溶性のうるおい成分である「エモリエント成分」が多く含まれているのが特徴。一方の乳液は、水溶性のうるおい成分である「保湿成分」と油溶性うるおい成分「エモリエント成分」の配合バランスがよいタイプといえます。

比率バランスの違いに伴い、保湿クリームはこってり濃厚な使い心地、乳液は肌なじみのよいしっとり感となめらかさを得られるテクスチャーであることも、2つのアイテムの違いです。

保湿クリームの選び方

使用できる部位をチェック

顔用

By: rakuten.co.jp

顔用と記載されている保湿クリームは、身体に比べて皮膚がデリケートな顔にも使えるアイテムです。顔のスキンケアのために保湿クリームを使用したい場合は、「顔用」であるかどうかを必ずチェックしましょう。

身体と比べて顔は、表皮の下にある真皮や皮下脂肪が薄い傾向にあるので、トラブルを避けるためにも顔には顔用の保湿クリームを使うのが適しています。

全身・ボディ用

By: amazon.co.jp

全身・ボディ用と記載されているアイテムは、髪やデリケートゾーン、粘膜付近以外のほぼすべての部位に使用できるものが多くあります。顔にも使えるタイプのものを選べば、顔から身体まですべてを1本で保湿できて便利です。

ただし、全身に使うとなると気になるのがコスト面。顔などの狭い部分にのみ使用する場合よりも、一度に使う量が多くなるため、何度か買い替えても苦にならない程度の価格のものを選んで使うのがおすすめです。

VIOにも使えるタイプ

By: enavis.jp

保湿クリームのなかには、VIOゾーンなどのデリケートな部位の保湿に適しているアイテムがあります。デリケートゾーンもしっかりとスキンケアしたい方は、VIOに使えると明記されているものを選びましょう。

脱毛器や除毛クリーム、カミソリなどを使ってムダ毛のお手入れをしたあとは、特に保湿が重要になるタイミング。肌に熱や摩擦などの負担がかかっている状態なので、肌にやさしいVIO向けの保湿クリームを使ってアフターケアをするのがおすすめです。

肌の悩みに合わせて選ぶ

肌荒れが気になる方は肌荒れ防止成分配合の薬用タイプを

By: shiseido.co.jp

肌荒れは全身どこにでも現れるもの。顔や身体問わず肌荒れが気になる方は、肌荒れ防止成分を配合している薬用保湿クリームを選んで使いましょう。

肌荒れ防止成分のなかでも「グリチルリチン酸ジカリウム」や「アラントイン」などが含まれていることが多くある成分。毎日使い続けることですこやかでうるおった肌に導きます。

ただし、肌荒れの程度によっては保湿クリームを塗布すると悪化してしまう恐れもあるので要注意。皮膚が赤くただれていたり、乾燥によるかゆみで掻きこわしなどを起こしていたりする場合は、スキンケアだけで対処しようとせずに、皮膚科医に相談してみてください。

乾燥が気になる方は保湿成分がたっぷりと配合されたものを

By: delamer.jp

顔や全身の肌乾燥が気になる方は、高い保湿効果を有する成分を配合した保湿クリームを選んで使ってみてください。保湿効果の高い成分には、「セラミド」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「リピジュア」などがあります。これらの成分は低価格で手に入りやすい傾向にあるので、安く手軽な保湿クリームを探している方にぴったりです。

また、保水有効成分「ヘパリン類似物質」を配合している薬用化粧水を使うのもおすすめ。「ヘパリン類似物質」は、医療現場でも肌の保護や保湿に使用されている有効成分で、市販でも購入できるよう安全性に配慮した分量で配合しています。特に乾燥して皮むけや粉ふきなどが起こっているときは、肌を保湿することに特化した有効成分配合の薬用アイテムを活用しましょう。

エイジングケアを取り入れたい方はハリ付与成分配合のものを

By: shiseido.co.jp

年齢が出やすいといわれる顔まわりには、ハリを与える成分を配合している保湿クリームがおすすめ。加齢によって進む乾燥からくるハリ不足を補うことで、いきいきとした肌を演出します。

「レチノール」や「コエンザイムQ10」などがハリを与える成分として配合されているアイテムは、特に年齢に応じたエイジングケアを始めたい方にぴったり。顔に塗り伸ばしたあと、手のひらに余ったクリームをそのまま首やデコルテ、または手の甲などに伸ばせば、年齢が気になりやすい部位を併せてケアできます。

シミ・そばかす予防には美白有効成分配合の薬用タイプがおすすめ

By: amazon.co.jp

シミやそばかすの対策をしたい方は、日焼けによるシミ・そばかすを予防する美白有効成分配合の薬用保湿クリームを選んで使ってみてください。

美白有効成分の種類は、「ビタミンC誘導体」や「トラネキサム酸」「アルブチン」「プラセンタエキス」などさまざま。成分によって効能効果が少しずつ異なり、メラニンの生成を抑えるタイプや蓄積を抑制するタイプなどがあります。肌の状態に合わせて適した成分がどれなのかを考慮しながら選びましょう。

敏感肌タイプの方は低刺激処方のものを選ぼう

By: embryolisse.co.jp

肌がデリケートで荒れやすかったり赤みなどが出やすかったりする敏感肌タイプの方は、「敏感肌向け」などと記載されているアイテムを選んで使うのがおすすめ。敏感肌向けと謳われているアイテムは、配合成分に配慮し低刺激処方でつくられているものが多いため、使いやすいのが特徴です。

刺激を感じる成分は人によって異なるため、自分の肌が何に刺激や負担を感じやすいのかを把握しておくのも大切なポイント。肌に合う保湿クリームを選んで使い続けるのが、美肌への近道です。

使用感の好みに合わせて選ぶ

By: rakuten.co.jp

保湿クリームはこっくりとした濃厚なテクスチャーが特徴ですが、なかにはさらりとした使用感のものも存在します。テクスチャーの重さや肌なじみのよさなどは、心地よく使い続けられるかどうかに関わるので、好みに合わせて選んでみてください。

また、クリームの香りも要チェック。特に、顔に塗布する保湿クリームの場合は、鼻付近に使用すると香りを強く感じることもあります。匂いに敏感な方は無香料タイプを選んだり、使い続けても苦にならない香りを選びましょう。

加えて、容器はジャータイプが主流ではありますが、チューブタイプやポンプタイプも取り揃えられています。ジャータイプはスパチュラなどを使うと、より清潔に使い続けることが可能。チューブタイプは持ち歩いて日中の保湿にも活躍します。ポンプタイプは手指が直接クリームに触れることがないので、衛生的に使い続けたい方におすすめです。

保湿クリームのおすすめプチプラブランド

ロート製薬(ROHTO)

By: amazon.co.jp

さまざまなスキンケアブランドを有する製薬会社のロート製薬。なかでも「メラノCC」シリーズは、プチプラで手に取りやすいと人気です。低価格でドラッグストアなどどこでも購入できるのも魅力。まずは身近なブランドのもので保湿クリームの使い心地を試してみたい方にもおすすめです。

花王(Kao)

By: amazon.co.jp

日本の大手メーカー・花王のなかでも、特に人気なのが「ニベア」シリーズと「キュレル」シリーズの保湿クリーム。ニベアの保湿クリームは古くから親しまれており、年齢や性別を問わず支持されています。

キュレルからは、乾燥性敏感肌のことを考えてつくられたアイテムを多数販売。敏感肌タイプの方も使いやすいアイテムが取り揃えられています。

無印良品

By: muji.com

無印良品からは、エイジングケアタイプや敏感肌向けタイプなどのさまざまな顔用保湿クリームがラインナップされています。種類が豊富なので、肌の状態や好みに合わせて選べるのが魅力です。塗り伸ばしやすい全身用保湿クリームもあるため、顔から身体まで無印良品でスキンケアラインを揃えたい方はチェックしてみてください。

保湿クリームのおすすめデパコスブランド

日本ロレアル キールズ

By: rakuten.co.jp

165年以上前にアメリカ・ニューヨークで調剤薬局として生まれたキールズ。ハーブなどの天然由来成分をもとにつくられているアイテムを多数販売しています。効果と安全性を追求し、徹底したステップを踏んだうえで製品づくりをしていることからも、長く使い続けるファンが多いと評判のブランドです。

サボン(SABON)

By: sabon.co.jp

イスラエル生まれのコスメブランドで、ボディスクラブなどのスキンケアアイテムが人気のサボン。ベストコスメを受賞しているものもあり、トレンドに敏感な方へのプレゼントとしても喜ばれ、幅広い世代から支持を集めています。毎日のスキンケアが楽しくなる心地よい香りも人気の理由です。

保湿クリームのおすすめランキング|顔・フェイス用

第1位 日本ロレアル キールズ キールズクリーム UFC

By: kiehls.jp

「キールズ」のなかでも人気の高い保湿クリーム。クリームタイプと謳われていながら、乳液のように軽いつけ心地のクリームで、使用感が重すぎないアイテムを探している方におすすめです。

アイテム名称の「UFC」とは、「うるおう・ふっくら・軽やかに」の頭文字をとったもの。植物由来の保湿成分をたっぷりと配合しており、ふっくらとうるおった肌に導きます。

本アイテムは、乾燥が気になる女性はもちろん、男性にもおすすめのユニセックスタイプ。肌質を問わず使いやすいのも魅力です。

第2位 カネボウ(KANEBO) カネボウ フレッシュ デイ クリーム

フレッシュなモーニングガーデンの香りつきで、朝のスキンケアにおすすめの保湿クリームです。なめらかに肌になじむテクスチャーが、日中の乾燥から肌を守ります。

保湿成分として「アルテア根エキス」や「ゴールデンカモミールエキス」などの、植物由来の成分をたっぷりと配合。みずみずしく、しなやかなハリのある肌に整えます。スパチュラが付属しているので、衛生的に使い続けやすいのも魅力のアイテムです。

第3位 花王(Kao) キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム【医薬部外品】

乾燥性敏感肌の方向けの保湿クリーム。有効成分「アラントイン」を配合しており、肌荒れを防ぐ効果が期待できるアイテムです。

保湿成分として「セラミド機能成分」や「ユーカリエキス」も含まれているので、しっとりとうるおった肌に導くのが特徴。肌をふっくらと整えて、日中や就寝中の乾燥から守ります。

無香料・無着色・アルコールフリーであるほか、肌と同じ弱酸性でつくられているため、肌への負担がかかりにくいのもポイント。毎日使う保湿クリームだからこそ、肌にやさしいものを選びたい方におすすめです。

第4位 ドクタージャルト(Dr.Jart+) シカペアクリーム

ストレスや外部環境によって敏感になった肌をやさしくいたわりながら保湿ができるクリーム。韓国コスメブランド「ドクタージャルト」のなかでも特に人気の高いアイテムです。

保湿成分の「ツボクサエキス」が、肌をやさしく、たっぷりとうるおせるのが魅力。肌になじませるとぴったりと密着するようなテクスチャーが、すこやかでキメの整った肌へ導きます。

チューブタイプで衛生的に使いやすいほか、少量でも肌に伸ばしやすいテクスチャーなのでコスパも良好。毎日のスキンケアで肌をすこやかに導きたい方におすすめです。

第5位 クリニーク(CLINIQUE) モイスチャー サージ ジェルクリーム 100H

みずみずしくなめらかなジェルクリームが魅力のアイテム。角質層にすばやくなじみ、すみずみまでうるおいを巡らせてキープできます。

また、本アイテムはブランド独自の先進テクノロジーを採用しているのもポイントです。保湿成分「アロエ発酵コンプレックス」によって、キメのひとつひとつがうるおうような、しっとりとした肌に導きます。50ml入りの大きめサイズのほか、30ml入りの小さめサイズも展開しているので、使い続けたい期間に応じて選ぶのがおすすめです。

第6位 ドゥ・ラ・メール(DE LA MER) クレーム ドゥ・ラ・メール

世界中でさまざまな世代から愛されるラグジュアリーブランドの保湿クリーム。濃厚なテクスチャーのクリームが肌を包み込むように保湿し、リッチなハリ感を同時に与えます。

同ブランド独自の保湿成分「ミラクルブロス」を配合しているのもポイント。ふっくらとキメの整った肌に導き、いきいきとした明るい印象を与えます。

肌質を問わず使えるタイプですが、特に乾燥肌・敏感肌の方におすすめ。乾燥によってゴワついた肌を、しっとりやわらかく整えるアイテムです。

第7位 資生堂(SHISEIDO) エリクシール シュペリエル エンリッチドクリーム TB【医薬部外品】

年齢に応じたスキンケアを取り入れたいと考えている方におすすめの保湿クリームです。保湿成分をたっぷりと配合した濃密なクリームが、角質層に深いうるおいを与えます。

また、ハリを与える成分も含まれているため、肌にしなやかさをプラス。ハリによって、光を跳ね返すようなツヤも宿ります。肌質を問わずおすすめで、夜だけでなく朝のスキンケアに取り入れるのにもぴったり。ゴールドの容器がラグジュアリーな雰囲気を醸し出すアイテムです。

第8位 プロクター・アンド・ギャンブル(P&G) エスケーツー スキンパワークリーム

By: sk-ii.jp

美しい素肌に導くと人気のスキンケアブランド「エスケーツー」の保湿クリームです。同ブランド独自の整肌保湿成分「ピテラ」を配合しているのが特徴。「ピテラ」とは特別な酵母から生まれた天然由来の保湿成分で、肌をうるおしすこやかな状態に整えます。

また、保湿成分の「オランダカイウ花/葉エキス」「ドクダミエキス」とハリケア成分「シャクヤク根エキス」をブレンドした独自の「インフィニットパワーテクノロジー」によって、うるおいを瞬時にチャージ。ぷるんと弾むような肌を演出します。

第9位 ロート製薬(ROHTO) メラノCC 薬用しみ対策保湿クリーム【医薬部外品】

プチプラの保湿クリームを探している方におすすめのアイテム。美白有効成分「L-アスコルビン酸 2-グルコシド」を配合しており、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ効果が期待できるため、美白対策を行いたい方に適しています。

また、肌荒れ防止成分「グリチルリチン酸ジカリウム」と殺菌成分「イソプロピルメチルフェノール」も有効成分として配合。肌荒れやニキビを予防するスキンケアを普段から取り入れたい場合にもおすすめです。

のびのよいテクスチャーで、ベタつきにくいのが本アイテムの魅力。クリーム特有のこってり感や強い油膜感が苦手な方も、ぜひチェックしてみてください。

第10位 VT cosmetics CICA CREAM

肌になじみやすい軽やかなテクスチャーのゲルクリームで、脂性肌タイプの方や重たい使用感のものが苦手な方でも使いやすい保湿クリームです。角質層にすっとなじみ、テカリやベタつきを防ぎます。

本アイテムには、独自の整肌成分「シカリオ」を配合しているため、肌荒れなどのトラブルを起こしがちな肌をすこやかに整えられるのが特徴です。肌に負担がかかりにくいため、肌がデリケートになっているときの保湿アイテムとしても活躍します。

第11位 無印良品 敏感肌用クリーム

By: muji.com

無印良品のスキンケアシリーズのなかでも、特に肌へのやさしさに配慮している「敏感肌シリーズ」の保湿クリーム。肌と同じ弱酸性であるだけでなく、無香料・無着色・無鉱物油・パラベンフリー・アルコールフリーと、成分にこだわってつくられています。

ベースには岩手県釜石の天然水を使用。保湿効果の高い成分「リピジュア」や「ヒアルロン酸」も配合しているため、肌にたっぷりとうるおいを与えます。

第12位 カネボウ(KANEBO) カネボウ クリーム イン デイ

日中の肌の乾燥や、乾燥によるメイク崩れが気になる方におすすめの朝用保湿クリーム。SPF20・PA+++のUVカット効果を有しており、化粧下地としても使えます。

また、「ベビーソフトオイル処方」によって、角質層のうるおいを長時間キープしてナチュラルなツヤ感を肌にプラス。みずみずしくいきいきとした肌を演出します。

緑と花々から着想を得たフレッシュフローラルの香りも魅力で、気分のリフレッシュとしても活躍。朝のスキンケアを見直したい方は、ぜひチェックしてみてください。

第13位 アンブリオリス(Embryolisse.) モイスチャークリーム

フランス・パリ生まれのロングセラー保湿クリーム。敏感肌でも使いやすい処方を採用しており、肌質や世代を問わず世界中から愛されているアイテムです。

配合されている保湿成分は「アロエベラ」や「ダイズタンパク」「シアバター」などといった天然由来の成分。日中や就寝中の肌の乾燥を防いで、うるおい溢れる肌に整えます。

保湿クリームとしてはもちろんのこと、下地クリームとしても活躍。うるおってツヤ感のある仕上がりをキープします。また、クレンジングクリームやマッサージクリームの代わりにもなり、さまざまな用途で使えるのも魅力です。

第14位 明色化粧品 セラコラ保湿クリーム

薬局などでも購入できる手軽さとプチプライスが魅力の保湿クリームです。肌にたっぷりとうるおいを与える保湿成分「トリプルセラミド」を配合。角質層までしっかりとうるおいを届け、肌表面では水分の蒸発を防ぎます。

また、保湿成分の「ナノコラーゲン」を含んでいるのもポイント。角質層のすみずみまで浸透し、ぷるんとした弾力のある肌に導きます。乾燥によるうるおい不足で、ハリがなくなってきた肌の保湿ケアにぴったりです。

さらに、乾燥性敏感肌のことを考えてつくられているため、肌にやさしい処方を採用しているのも魅力。肌にやさしい設計のプチプラ保湿クリームを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第15位 ディセンシア(DECENCIA) アヤナス クリームコンセントレート

肌の表面にうるおいバリアの膜を形成して、日中の乾燥などといった外的刺激から肌を保護する機能を有する保湿クリームです。オイルを4種類ブレンドすることで実現した、なめらかでみずみずしいテクスチャーが魅力。夜だけでなく朝の使用にもおすすめです。

クリームには、人間の肌に本来存在してうるおいを保つ役割を果たすセラミドと同じ構造の「ヒト型セラミド」を保湿成分として配合しています。たっぷりとしたうるおいとハリ感を与え、いきいきとした印象に導くアイテムです。

公式販売サイトからは、本アイテムを含む「アヤナス」シリーズのスキンケアアイテムを数日間お試しできるトライアルセットも購入可能。初めて使う方や、敏感肌タイプで本品を買う前にまずは自分の肌に合うかどうかを確認したい方に適しています。

第16位 資生堂(SHISEIDO) エリクシール ルフレ バランシング みずクリーム【医薬部外品】

肌になじませるとしゅわっと溶け、スフレのようになじむユニークな使い心地の保湿クリーム。クリームに含まれている「うるさらパウダー」が、肌に与えたうるおいと有効成分を閉じ込めるように表面にとどまり、さらさらの状態に整えます。

また、有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」と「トラネキサム酸」を配合しており、ニキビや肌荒れを予防する効果が期待できるのもポイント。肌のうるおいを保つ成分には、独自処方の「バランシングコンプレックス」を採用しています。

ころんとした丸みのある形状の容器もかわいらしく、クリアブルーのテクスチャーが涼しげ。朝晩ともに使えるアイテムです。

第17位 基礎化粧品研究所(KISO) KISO ハイドロクリーム SHQ-10

整肌成分「安定型ハイドロキノン」を10%配合している保湿クリーム。酸化しやすいハイドロキノンを特殊技術で安定化することで、ホームケアでも美肌効果を実感できるよう整えられているのが魅力です。

また、「アルブチン」や「コウジ酸」「プラセンタエキス」などといった、10種類の豊富な整肌成分を含んでいるのもポイント。乾燥による肌荒れを防ぎ、キメの整ったハリのある肌に整えます。

本アイテムは、日本国内の自社工場で製造し販売しているため、低価格・高品質を実現。配合成分の性質上、夜のみ使用することが推奨されているので、夜に使う保湿クリームを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第18位 ドクターエルシア(Dr.Althea) パワーブライトニング グルタチオンクリーム

By: doctoralthea.jp

韓国のドクターズコスメブランド「ドクターエルシア」から発売されている人気の保湿クリームです。肌にしっかりとなじませてもほどよく白さが残るタイプなので、肌色をトーンアップさせて見せたいときや化粧下地としてもおすすめ。デコルテや首まわりへの使用にも適しています。

肌をすこやかに整えたり、ハリを与えたりする成分「グルタチオン」を配合しているほか、保湿成分もたっぷりと含まれているのがポイント。年齢に応じたケアを始めたいと考えている方にもおすすめです。

保湿クリームのおすすめランキング|全身・ボディ用

第1位 花王(Kao) ニベアクリーム

長年愛され続けるニベアクリームは、顔を含み全身に使える保湿クリームとして人気のアイテム。大容量の大缶のほか、持ち運びにも便利なチューブタイプや使い切りやすい中缶も展開されています。

配合されている保湿成分は「スクワラン」と「ホホバオイル」。もったりとした濃厚なテクスチャーが肌表面にとどまり、与えたうるおいを逃しにくいのも魅力です。

重たい使用感が好みの方や、特に乾燥が気になる方におすすめ。世代を問わず親しまれ、ひとつあると通年活躍するスタンダードな保湿クリームです。

第2位 ヴァセリン(Vaseline) エクストリームリー ドライスキンケア ボディクリーム

乾燥肌の方や、季節要因で肌が乾燥しやすい方におすすめの高保湿クリーム。保湿成分「ヒドロキシステアリン酸」を配合しているほか、保湿成分「グリセリン」もたっぷりと配合しているため肌にしっとりとしたうるおいを与えます。

さらに、角質層内までのうるおい浸透バリア処方によって、肌に与えたうるおいを保ちやすいのも魅力。朝使えば日中の乾燥から肌を守ります。

クリームには香りがついていないため、香料を配合しているアイテムが苦手な方にもおすすめ。こっくりとした使用感ながら、なめらかに肌にのびるので、マッサージクリームとしても使えて便利です。

第3位 花王(Kao) ニベア ソフト スキンケアクリーム

「ニベアの青缶」といわれるニベアクリームとは異なり、さらりとした使用感で使いやすいタイプの全身用クリームです。乳液のように肌になじみやすくベタつきにくいタイプ。広範囲に簡単に塗り伸ばせるのも魅力です。

植物由来の保湿成分「ホホバオイル」を配合しており、角質層まで保湿成分がスピーディに浸透。うるおった肌を長時間キープします。

第4位 資生堂(SHISEIDO) ローラ メルシエ ホイップボディクリーム アンバーバニラ

人気のデパコスブランド「ローラ メルシエ」から発売されているボディクリームは、さまざまな世代から愛されているアイテム。豊潤な香りが楽しめるため、保湿アイテムとしてもボディフレグランスとしても活躍します。

テクスチャーはホイップクリームのように軽く伸ばしやすいのが魅力。ベタつきにくく、みずみずしくなめらかな肌に整えます。容量は300gとたっぷりと入っており、全身に惜しみなく使えるのもうれしいポイント。おしゃれな瓶容器に入ったお菓子のような可愛らしさから、プレゼント用としても人気のアイテムです。

第5位 サボン(SABON) リペアボディクリーム グリーン・ローズ

豊かなグリーン・ローズの香りを楽しめるボディクリーム。フレッシュで透明感のあるグリーンの香りと、みずみずしい花々の香りによって、保湿と同時に気分のリフレッシュも叶います。

濃厚でこっくりとしたテクスチャーなので、肌に密着しやすいのも魅力。なめらかに肌になじみ、植物由来の保湿成分「ジュリコローズ」とエモリエント成分の「シアバター」が、角質層のすみずみまでうるおします。ベストコスメ賞にも輝いており、口コミ評価が高いボディクリームを探している方におすすめのアイテムです。

第6位 ユースキン製薬 ユースキン ボディクリーム【指定医薬部外品】

大容量120g入りで、全身に使える便利なボディクリームです。本アイテムは「トコフェロール酢酸エステル」「グリチルレチン酸」「dl-カンフル」「グリセリン」を、ひびやあかぎれなどのケアに有効な成分として配合している指定医薬部外品タイプ。特に乾燥による手足の肌荒れを起こしている方におすすめです。

ポンプ式を採用しているため、衛生的に使いやすいのも魅力。たっぷりと使いたい方や、家族と共用したい場合にもおすすめのアイテムです。

第7位 セタフィル(Cetaphil) モイスチャライジングクリーム

皮膚科学に基づきつくられた、敏感肌・乾燥肌向けの保湿クリーム。保湿成分「ワセリン」と「グリセリン」「ヒマワリ油」などを配合しており、肌にうるおいを与え保ちます。また、肌をやわらかく整える効果も有しているため、乾燥による全身のゴワつきが気になる方にもおすすめです。

コクがある濃厚なクリームながら、ベタつきにくく塗り伸ばしやすいのがポイント。肌なじみもよいので、保湿クリーム特有の重たさが苦手な方でも使いやすいタイプです。

香料不使用のため、においに敏感な方でも顔や身体にたっぷり使えます。大容量かつ低刺激処方で子供にも使えるので、家族みんなで共用したい場合にもぴったりです。

第8位 日興リカ サンホワイトP-1

乾燥性敏感肌の保湿や保護におすすめの白色ワセリン100%でつくられているアイテムです。「香料」「着色料」「保存料」無添加で、精製度の高い白色ワセリンを使用しているため、赤ちゃんのスキンケアクリームとしても使えます。

厚みのあるクリームで、肌に塗り伸ばすとぴったりと密着。乾燥しやすい目元や口元などにピンポイントで使用したい場合にも適しています。また、唇の保湿にも使えるので、1本で全身ケアできるのがおすすめポイントです。化粧下地としても使用可能で、さまざまな用途で活躍します。

第9位 ジョーマローン(JO MALONE) イングリッシュ ペアー&フリージア ボディクレーム

By: jomalone.jp

洋ナシをメインに、フリージア・アンバー・パチョリ・ウッドとさまざまな香りを混ぜ込んだ保湿クリーム。豊潤な香りで、全身のスキンケアと同時に香りを楽しむリラックスタイムを演出します。

なめらかなクリームは肌に乗せるととろけるようになじみ、植物由来の保湿成分によって肌にたっぷりとうるおいをプラス。みずみずしくシルクのような肌に導きます。高級感がありおしゃれなパッケージも魅力で、友人や恋人、家族へのプレゼントとしても喜ばれるアイテムです。

第10位 クラランス(CLARINS) ボディフィット

腹部から脚にかけての下半身の保湿に特化している保湿クリーム兼マッサージクリームです。本アイテムには植物由来の保湿成分「マルメロリーフ」を配合。角質層のすみずみまで浸透し、肌をなめらかに整えながら保湿します。

また、肌をきゅっと引き締める効果を有しているのもポイント。軽やかでのびのよいジェルクリームでマッサージするように使うのがおすすめです。フルーティフローラルウッディの穏やかな香りつきなので、香りを楽しみながらスキンケアをしたい方はぜひチェックしてみてください。

第11位 ニュートロジーナ(Neutrogena) ノルウェーフォーミュラ ディープモイスチャーボディクリーム

純度99%の保湿成分「グリセリン」を配合している高保湿タイプのクリーム。乾燥肌の方に適した濃厚なテクスチャーが魅力で、朝塗っておけば日中の乾燥から肌を守ります。

また、乾燥によってゴワついた肌をうるおし、やわらげる効果も期待できるのがポイント。ふっくらやわらかく、健やかな肌に整えます。やさしく穏やかなフレッシュノートつき。ほのかに香るタイプのアイテムを探している方におすすめです。

第12位 エーザイ(Eisai) ザーネクリーム【医薬部外品】

製薬会社のエーザイから発売されている、医薬部外品の保湿クリーム。ハンドクリームとして活用される場合が多くありますが、ひじやひざ、顔、首筋などといった全身に使えるアイテムです。

本アイテムには、有効成分として「酢酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)」と「グリチルリチン酸二カリウム」を配合。肌荒れや皮膚の乾燥を防ぎ、皮膚を保護する効果を有しているのが特徴です。また、あかぎれやニキビ、カミソリ負けを防ぐ効果も期待できるため、皮膚をすこやかに保ちます。

保湿剤として大豆から抽出した「レシチン」を配合しており、肌のうるおいを保つ効果があるのもポイント。しっとりと肌を整えながら、サラリとした使用感でベタつきにくいのも魅力です。

保湿クリームのおすすめランキング|VIOゾーン向け

第1位 イビサビューティ(Ibiza Beauty) イビサクリーム【医薬部外品】

デリケートゾーンの保湿に特化してつくられている薬用クリーム。メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ「トラネキサム酸」と肌荒れを防ぐ「グリチルリチン酸2K」が有効成分として含まれており、衣類などの摩擦で負担がかかりやすいVIOゾーンをやさしくいたわりながらケアします。

また、整肌成分や保湿成分もたっぷりと配合。乾燥によるくすみなどのトラブルが起きやすい部位をしっとりとうるおし、なめらかな肌に導きます。

「合成香料」「着色料」「アルコール」「パラベン」といった4種の添加物を使用していないのもポイント。デリケートな部位に毎日使えるやさしい処方を採用しています。VIOゾーンだけでなく、ワキやバストトップ、顔などにも使えるので、全身まとめて保湿ケアできるアイテムを探している方におすすめです。

第2位 エナヴィス(ENAVIS) ホワイトニングTAクリーム【医薬部外品】

メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ美白有効成分「トラネキサム酸」を配合している、VIOゾーンの保湿ケアにおすすめの薬用クリーム。蒸れや下着による摩擦などで肌荒れしやすいデリケートゾーンにぴったりの肌荒れ防止有効成分「グリチルレチン酸ステアリル」も含まれています。

また、整肌・保湿成分の「ビタミンC誘導体」「プラセンタエキス」「アルブチン」などによって、肌をすこやかに整えられるのが魅力。なかでも保湿成分はたっぷりと含まれており、乾燥による小じわを目立ちにくくする効果も期待できます。

1本に100g入った大容量サイズのチューブで、VIOゾーンに3か月間ほど使えてコスパがよいのもポイント。パッケージもかわいらしく、洗面所に置いておいても違和感がないのが魅力です。

第3位 ナチュレコ(NATURECO) 薬用ホワイトクリーム【医薬部外品】

VIOゾーンだけでなく、ワキやひじ・ひざなどの乾燥ケアにおすすめの薬用保湿クリームです。メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを予防する美白有効成分「トラネキサム酸」と肌荒れ防止成分「グリチルリチン酸ジカリウム」を配合しています。

さらに、13種類ものオーガニック保湿成分を含んでおり、乾燥による小じわを目立たなくする効果も期待できるのが魅力。ゴワついた肌をふっくらやわらかく整え、ハリがありいきいきとした印象に導きます。

「合成着色料」や「パラベン」「タルク」などの成分を配合していない処方で、VIOゾーンなどのデリケートな部位にも使いやすいタイプ。企画から製造まで国内で行われているのもポイントです。

保湿クリームのおすすめランキング|メンズ向け

第1位 花王(Kao) ニベアメン クリーム

デリケートになりがちな髭剃りの後に使うアフタークリームとしても活躍する男性向け保湿クリーム。顔はもちろんのこと、全身にも使えるタイプです。

うるおい成分を配合しており、塗布した部分のカサつきを防げます。ベタつきにくく肌なじみのよいクリームなので、重たい使用感が苦手な方にもおすすめです。

第2位 大塚製薬 ウル・オス スキンジェルクリーム

濃厚なジェルクリームで高い保湿力を有するメンズ向けクリーム。特に乾燥が気になる方におすすめのアイテムで、乾燥による小じわを目立たなくする効能評価試験をクリアしています。

本アイテムには、肌をうるおしキメを整える保湿成分「アデノシンリン酸」を配合。肌のカサつきや粉ふきを防いで、すこやかな肌に導きます。また、顔だけでなく身体にも使えるタイプなので、1本あれば全身の保湿ができて便利です。

第3位 クワトロボタニコ(QUATTRO BOTANICO) ボタニカル パワーリフト&ディープモイスト

年齢に応じたエイジングケアを始めたい男性におすすめの高保湿タイプの保湿クリームです。植物由来の保湿成分「ボタニカル エイジ コンプレクス」によって、肌をうるおしハリやいきいきとした弾力を与えます。

また、男性の肌に適した保湿成分を多数配合。乾燥によるハリ不足をケアします。美容液成分をたっぷりと配合したクリームは、みずみずしくベタつきにくいのも魅力です。さわやかでフレッシュな天然精油の香りで、人工的な香りが苦手な方にも適しています。

第4位 ヴェレダ(WELEDA) モイスチャークリーム メンズ

By: weleda.jp

アフターシェービングクリームとしてもデイリースキンケアクリームとしても使えるアイテム。使い心地が軽く、ベタつきを感じにくいため、ライトな使用感が好みの方におすすめです。

保湿成分として「ホホバ種子油」や「ミツロウ」などの植物由来の成分を配合。含まれている香料まで天然由来成分とこだわってつくられています。使いやすく衛生的に保ちやすいチューブタイプで、携帯して乾燥が気になるタイミングで使いたい方にもぴったりのアイテムです。

第5位 小林製薬 メンズケシミンクリーム【医薬部外品】

メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ美白有効成分「トラネキサム酸」を配合している薬用保湿クリームです。なめらかな使い心地のテクスチャーで、肌をうるおしながらシミ予防の集中ケアが行えます。

また、肌荒れを防ぐ有効成分「グリチルレチン酸ステアリル」も配合。肌荒れも予防し、皮膚をすこやかに保つ効果も期待できます。ほかにも、日焼け・雪焼け後のほてりを防いだり、皮膚を保護したりする効果もあり、さまざまな用途で活躍するアイテムです。

保湿クリームの適切な塗り方

By: delamer.jp

油分を多く含む保湿クリームは、適切な順番で使うことが大切です。一般的に推奨されている使用手順は、化粧水・美容液・乳液またはクリームとされていることが多くあります。まずは化粧水で肌をうるおし整えたり、美容液でたっぷりと美容成分を肌に与えたりしてから、クリームの油分でフタをするのがおすすめです。

また、お風呂上がりの肌は体表温度が上昇しており、乾燥しやすい状態。顔に使う場合も身体に使う場合も同様に、お風呂から上がったらすぐに保湿を行いましょう。

朝のスキンケアに取り入れる場合、保湿クリームを顔につけすぎるとメイクがヨレる原因になることもあるため、使用量に注意が必要。つけすぎて肌の表面にヌルつきなどの油分が残っている場合は、ティッシュで軽くおさえるなどして調節してみてください。