背もたれに高さがある「ハイバックソファ」。体全体を預けてゆったりとくつろげるのが魅力です。サイズのバリエーションが豊富で、素材やデザインもさまざま。ヘッド部分が取り外せるモノや、背もたれの角度が変えられるリクライニング機能付きのモノも存在します。

そこで今回は、おすすめのハイバックソファをご紹介。おすすめブランドや選び方についても解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ハイバックソファとは?

By: amazon.co.jp

ハイバックソファとは、一般的なソファよりも背もたれが高く設計されているソファのこと。背中から頭部までカバーできるため、全身を預けてゆったりとくつろげます。読書をしたり映画鑑賞をしたりソファで過ごす時間が長い方におすすめです。

インテリアとして存在感があり、部屋をおしゃれに見せる効果が期待できるのもポイント。部屋の中央付近に設置すれば、間仕切りとしても活用できます。ただし、背もたれに高さがある分、圧迫感を与えやすいので注意が必要。部屋の広さや設置場所を考慮したサイズ選びが大切です。

ハイバックソファの選び方

使用人数で選ぶ

By: low-ya.com

ハイバックソファは1人用から複数人用までサイズのバリエーションが豊富なので、使用人数に合わせて選ぶのがおすすめです。1人掛けはコンパクトで省スペースに設置できるのがメリット。ひじ掛けなしタイプであれば人数分を並べて使えるほか、追加も可能です。

1人なら2人掛け、2人なら3人掛けと、使用人数プラス1人のサイズを選ぶのもおすすめ。ゆとりを持って座れるだけでなく、来客にも対応可能です。また、カウチタイプやコーナータイプのハイバックソファも存在します。複数人で座るのに適しており、家族が多い家庭にぴったりです。

素材で選ぶ

革(レザー)

By: amazon.co.jp

ハイバックソファに採用されている革は、主に本革と合成皮革の2種類。本革は高級感があり、耐久性に優れているのが特徴です。使い込むほど風合いが増し、経年変化を楽しめるのも魅力。高価な傾向にありますが、飽きにくく長く使い続けられます。ただし、水や汗に弱いので、定期的なメンテナンスが必要です。

一方で、合成皮革は水や汚れに強いのが特徴。お手入れが簡単なので、小さい子供やペットがいる家庭に適しています。また、本革のような見た目ながら安いので、コスパ重視の方にもおすすめです。

ポリエステル

By: rakuten.co.jp

ポリエステル製のハイバックソファは耐久性に優れているのが特徴。色や柄のバリエーションが豊富で、部屋の雰囲気に合わせて選びやすいのもメリットです。風合いがやさしく、あたたかみのある空間を演出できます。

速乾性がある反面、静電気が起こりやすい点はデメリット。比較的価格がリーズナブルなので、初めてハイバックソファを購入する方にもおすすめです。

リクライニング機能の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

ハイバックソファのなかには、背もたれの角度を調節できるリクライニング機能付きのモデルも存在します。シーンに合わせて楽な姿勢でくつろげるので、長時間の使用も快適です。ボタン操作で手軽に角度を変えられる電動タイプもおすすめ。立ち上がらなくても、座ったまま角度を調節できるのが魅力です。

背もたれだけでなく、ひじ掛けの角度を調節できるハイバックソファも便利。ひじ掛けを倒して座面の幅を広げられるため、ベッドとしても活用できます。省スペースで横になれるため、背もたれを倒すスペースを確保するのが難しい方にもおすすめです。

ヘッド部分の素材や取り外しの有無で選ぶ

By: low-ya.com

ハイバックソファは頭部までカバーできる反面、頭や髪の毛が直接触れるため汚れやすいのがデメリット。ヘッドレストやカバーを取り外せるモデルも存在するので、衛生面が気になる方はチェックしてみてくだい。

ヘッドレストやカバーを取り外せないタイプなら、合成皮革など汚れに強い素材を選ぶのもおすすめ。汚れたらサッと拭き取れるので、お手入れも簡単です。ポリエステルなどシミが残りやすい素材の場合は、カバーを掛けておくと便利。汚れたら取り外して丸洗いできるので、清潔に保てます。

L字などの形状で選ぶ

By: amazon.co.jp

ハイバックソファは製品によって形状が異なるので、レイアウトに合わせて選びましょう。真っ直ぐな形状のスタンダードタイプは、省スペースに設置しやすいのがメリット。限られたスペースにもスッキリと設置できるので、1Kやワンルームの部屋にもおすすめです。

L字型は部屋の角に合わせて設置できるのが特徴。座る人同士の視線を合わせやすいので、リビングや応接室にも適しています。カウチソファは背もたれに対して座面部分が長く、足を伸ばしてくつろげるのが魅力。パーツを組み替えられるタイプなら、シーンに応じて自由にレイアウトできます。

デザインやカラーで選ぶ

By: amazon.co.jp

背もたれが高く存在感のあるハイバックソファは、部屋の雰囲気を左右する重要なポイント。デザインやカラーよって印象が大きく変わるので、インテリアに合わせて選びましょう。

インテリアのメインとしてハイバックソファを置くなら、濃いめのカラーや凝ったデザインのモノがおすすめ。ただし、ほかの家具とのバランスが難しく、圧迫感を与えやすいので注意が必要です。淡い色合いのモノは圧迫感を与えにくく、部屋を広く見せる効果が期待できます。

白・ベージュ・グレー系は、人気の北欧風インテリアにも馴染みやすくおすすめ。ブラックレザーを採用したハイバックソファは、モダンやヴィンテージ風のインテリアによく合います。

ハイバックソファのおすすめブランド

ニトリ

By: rakuten.co.jp

ニトリは北海道札幌市に本社を置く大手インテリアメーカー。「お、ねだん以上。」のキャッチコピーの通り、高品質な製品を手頃な価格で展開しているのが特徴です。ベッドやテーブルなどの家具をはじめ、キッチン用品・ガーデニング雑貨・ファッションなど幅広く手掛けています。

ハイバックソファは1人掛けから複数人用まで揃っており、使用人数に合わせて選びやすいのが魅力。電動式のリクライニング機能を備えたモデルも取り扱っているので、機能性を重視する方にもおすすめです。

カリモク家具

By: e-karimoku.com

カリモク家具は1964年に設立された国内製造家具メーカー。「品質至上」の理念のもと、資材の調達から製造・販売までを一貫して行っているのが特徴です。木製家具を主軸に、ラグやクッションなどのインテリア雑貨も取り扱っています。

カリモク家具はフレームに天然木を採用したハイバックソファを展開。重厚感があり上質な印象を与えるので、高級感を求める方にもおすすめです。価格は比較的高めですが、耐久性に優れているため長く使い続けられます。

セルタン(CELLUTANE)

By: cellutane.co.jp

セルタンは神奈川県厚木市に本社を構えるソファメーカー。企画・製造・販売まですべての工程を自社で行い、コストと品質の両立を実現しています。ソファや座椅子、クッションを取り扱っているのが特徴です。

セルタンは主に背もたれやひじ掛けの角度を調節できる、リクライニング機能付きのハイバックソファを展開。機能的ながら手に取りやすい価格のモデルが多いので、予算を抑えたい方やコスパ重視の方におすすめです。

ロウヤ(LOWYA)

By: amazon.co.jp

ロウヤはトレンド感のあるおしゃれなアイテムを展開するファストインテリアブランド。実用性とデザイン性を兼ね備えた製品を、リーズナブルな価格で展開しているのが魅力です。インテリア用品だけにとどまらず、家電・アウトドア・園芸用品など幅広く取り揃えています。

ロウヤはカウチタイプのハイバックソファを主軸に展開。シーンに応じてレイアウトを変えられるので、来客が多い方にもおすすめです。シンプルかつベーシックなカラーのモデルが多く、空間に調和しやすいのも特徴。主にポリエステルを採用したファブリック製のため、あたたかみを感じられます。

ハイバックソファのおすすめ|1人掛け

ニトリ 1人用布張りソファ コウテイ3 1155073

快適な座り心地でゆったりくるろげる

座り心地にこだわる方におすすめの1人掛けハイバックソファです。4層のバージンウレタンを採用したへたりにくい座面により、快適な座り心地を長く保てるのが特徴。背もたれは背中から肘まで包み込むような形状で、体を預けてゆったりとくつろげます。

張り地はサラッとした手触りのポリエステルを使用。フレームには木目が美しいタモ材を採用しており、高級感が漂います。座面下に約13cmの高さがあるため、掃除がしやすくロボット掃除機の使用も可能です。カラーはグレーとモカの2色を展開しています。

セルタン(CELLUTANE) ハイバックソファ 1人掛け LULU A327

フィット感が高く長時間でも快適に座れる

座面と背もたれが広めに設計された1人掛けハイバックソファ。幅66cmのゆったりサイズで、座面の上であぐらをかきやすいのが特徴です。適度な弾力があり、耐久性に優れたポケットコイルを搭載。点で体重を支えるため体へのフィット感が高く、長時間座り続けても疲れにくいのが魅力です。

3段階のリクライニング機能を備えているのもポイント。シーンに応じて楽な姿勢でくつろげるほか、フラットになるので仮眠をとりたいときにも活躍します。脚を取り外せばローソファとしても使用可能。職人によって作られた日本製のため、国産にこだわる方にもおすすめです。

イケア(IKEA) ストランドモンウィングチェア 503.598.45

ラグジュアリーな雰囲気を求める方におすすめ

ベルベットの光沢が美しく、ラグジュアリーな雰囲気あふれるハイバックソファ。ビスコースとポリエステルの混紡生地で、耐久性に優れているのが特徴です。温かみのある色合いと柔らかな手触りが魅力。上質な大人の空間を演出するので、高級感を求める方にもおすすめです。

背もたれは65cmとしっかりとした高さがあり、ゆったりとくつろげます。柔らかなクッションにより、座り心地も快適です。ひじ掛け付きで腕が疲れにくいほか、立ち座りする際のサポートにも役立ちます。なお、美しい見た目と手触りを保つために、定期的なお手入れが必要な点は留意しておきましょう。

タンスのゲン ロッキングソファ 31610006

座面が360°回転する1人掛けハイバックソファ。立ち座りしやすく、座ったままの方向転換も容易です。加えて、ロッキング機能も付いており、ゆらゆらと揺らしながらくつろげるのも魅力。ゆりかご効果も期待できるので、赤ちゃんを寝かしつけるときにも活躍します。

座面はポケットコイルとウレタンフォームを重ねた3層構造により、高耐久でへたりにくいのが特徴。耐圧分散性に優れており、長時間の使用も快適です。背もたれは70cmと高さがあるので、高身長の方にもおすすめ。シリコンフィルがたっぷり詰め込まれているため、やさしく体を支えます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 1人掛けソファ HGSF-930

掃除や模様替えに便利な折りたたみ式のハイバックソファ。背もたれを前面に押すだけで、高さ約63cmと小さく折りたためるのが特徴です。本体約幅66×奥行75×高さ93cmのコンパクトなサイズ感も魅力。限られたスペースにも置きやすく、圧迫感を与えにくいので、一人暮らしの部屋にもおすすめです。

背もたれの中心とサイド部分に高低差があり、凹凸が出るように設計されているのもポイント。体を包み込むような、柔らかな座り心地を得られるのがメリットです。ポリエステル生地と天然木の脚を採用した、あたたかみのあるデザインも魅力のひとつ。耐荷重約80kgと強度があり、安定感も良好です。

ディノス(dinos) リクライニングソファ1人掛け 900-6879-16

シーンに適した座り心地が得られるおすすめの1人掛けハイバックソファ。ヘッドレストの角度を、5段階で調節できるのが特徴です。前面に倒すと座面の奥行が狭くなり、食事や作業中も楽な姿勢を保てます。後方に倒せばひじ置きになるので、横向きでくつろぎたいときに便利です。

張り地に撥水性に優れた素材を採用しており、万が一飲み物をこぼしてもサッと拭き取れるので、お手入れが簡単。カバーは取り外してドライクリーニングが可能なため、清潔に使い続けられます。座面は適度な弾力があり、クッション性とホールド感のバランスが良好です。

ハイバックソファのおすすめ|2人掛け

カリモク家具 2.5人掛 大 ソファ ZW7322BQK

日本人の骨格に合わせて設計されたハイバックソファです。背もたれがワンシートごとに、緩やかに湾曲しているのが特徴。背中へのフィット感が高く、腰部への負担を軽減できるのがメリットです。座面はSバネとクラウドフォームの2層構造により、へたりにくく腰部をしっかりと支えます。

張り地は表側に本革を採用しており、耐久性は良好。表面にコーティングを施しているため、汚れを拭き取りやすくお手入れも簡単です。床面が見える脚付きデザインにより、圧迫感を与えにくいのもポイント。曲面形状により後ろ姿も美しいので、間仕切りとしての使用にもおすすめです。

セルタン(CELLUTANE) ハイバックソファ 2人掛け KAN A316

背もたれとひじ掛けにリクライニング機能を備えたハイバックソファ。背もたれは2段階、ひじ掛けは5段階で角度を調節できるのが特徴です。楽な姿勢でくつろげるのに加え、足を伸ばして横になれるのがメリット。読書や映画鑑賞、仮眠など幅広いシーンにおすすめです。

耐圧分散性に優れたポケットコイルの搭載により、高いフィット感が得られます。耐久性が高く、へたりにくいのもポイントです。脚の高さは好みや部屋の雰囲気に合わせて、10cm・15cm・20cmの3サイズから選択可能。カラーバリエーションが豊富で、インテリアに合わせやすいのも魅力です。

ロウヤ(LOWYA) 2人掛けカウチソファ ハイバックソファ N8S6F_D652J9

省スペースに置きやすいカウチタイプのハイバックソファ。最大幅130×奥行129×高さ91cmとコンパクトなので、一人暮らしの方にもおすすめです。オットマンが付いており、足を伸ばしてくつろげるのが魅力。来客時は1人掛けソファとして活用できます。

座面のクッション材は、ウレタン・ポケットコイル・シリコンフィルの3層構造。適度な弾力があり、底つき感の少ない座り心地が得られます。背もたれにはシリコンフィルがたっぷり詰め込まれており、型崩れしにくい仕様。取り外し可能なヘッドレスト付きで、首までしっかりとカバーできるのがメリットです。

エアリゾームインテリア(Air Rhizome Interior) ハイバックソファ ワイマール fub-friends-high-2p

カフェのような落ち着いた空間を演出する2人掛けハイバックソファ。張り地に合成皮革を採用し、特殊加工でヴィンテージな風合いに仕上げています。フレームは張り地の風合いを引き立てる天然木製。レトロな雰囲気漂うデザインなので、ユーズド感のある家具が好きな方にもおすすめです。

背もたれは、ウレタンフォームをたっぷり詰め込んだ硬めのクッション。体に負担がかかりにくく、キレイな姿勢を保ちやすいのがメリットです。座面はウェービングベルトを用いた4層構造のクッションで、底つき感が少なく安定感に優れます。床から高さ約17cmの空間があるので、掃除も簡単です。

モダンデコ(MODERN DECO) ハイバックソファ ss007

クッション性と弾力性のバランスに優れた2人掛けハイバックソファ。体へのフィット感が高く、沈み込みすぎないのが特徴です。座面のサイズ約幅119×奥行52cmで、1人なら足を伸ばしてくつろげます。クッション入りのひじ掛けが付いており、腕が疲れにくいのもポイントです。

内部のフレームに厚みのある天然木、脚部に頑丈なスチールを採用。耐荷重約200kgと強度があり、安定感も良好です。張り地は通気性に優れたファブリック製。長時間座り続けても蒸れにくく、オールシーズン快適な使用感が得られます。淡くやさしい色合いなので、人気の北欧風インテリアにもおすすめです。

ドリス(DORIS) 2人掛けソファ ラルゴ

ロータイプのソファとしても使える2way仕様のハイバックソファです。脚を取り外せるのが特徴。アジャスターが付いており、床を傷つけにくくガタつきにくいのもポイントです。幅128×奥行61cmとコンパクトなので、場所を取らずに設置できます。

背もたれとひじ掛けに6段階のリクライニング機能を備えており、シーンに適した姿勢でくつろげるのが魅力。ひじ掛けを倒すと最大約幅160cmとワイドになるので、仮眠や来客時のベッドとして活躍します。クッション材にウレタンを採用しており、長時間座り続けても疲れにくいのもポイントです。

ハイバックソファのおすすめ|3人掛け以上

ニトリ 3人用電動合皮テーブル付きリクライニングソファ 1154900

両サイドのシートに電動式のリクライニング機能を搭載したハイバックソファです。本体側面のボタンを操作するだけで、背もたれとフットレストの角度を変えられるのが特徴。スイッチ部分にUSBポートが付いており、スマホなどデバイスの充電をしながらくつろげるのもポイントです。

中央シートの背面にはドリンクホルダーが用意されており、前面に倒すとテーブルとして活用可能。飲み物や食べ物を手元に置いてくつろげるので、映画鑑賞が好きな方にもおすすめです。張り地に防汚加工を施した合成皮革を採用。耐摩耗性に優れているほか、汚れたらサッと拭き取れるのでお手入れも簡単です。

カリモク家具 3人掛ソファ WT3603

シンプルながら上質な印象を与えるおすすめのハイバックソファ。張り地に本革、フレームに木目が美しいオーク材を採用しており、高級感が漂います。本革は1.7mmと厚みがあり、耐久性も良好。アーム部分は幅20cmと広いので、飲み物や小物などを置く簡易テーブルとして活用できます。

背もたれが緩やかに湾曲しているのが特徴。背骨を自然なS字型に保つと謳われており、腰部に負担がかかりにくいのがメリットです。オーバーハングした背もたれと脚付きデザインで床面が見えるため、圧迫感を与えにくいのもポイント。座面下に高さ13cmの空間があり、ロボット掃除機の使用も可能です。

ロウヤ(LOWYA) 4人掛けカウチソファ F206_G1008_2000G3

シーンに応じてレイアウトを変えられるカウチタイプのハイバックソファ。2人掛けソファ2台・1人掛けソファ・オットマンのセットです。1人掛けとオットマンを左右に置いたり単体で使ったり、自由に組み替えられるのが特徴。最大6人まで座れるので、家族の人数が多い家庭にもおすすめです。

背もたれのクッションはボリュームがあり、体を包み込むような座り心地。全面に取り外し可能なヘッドレストが付いており、頭部までしっかりと支えます。座面はほどよい弾力があり、立ち上がりやすく着座時の安定感も良好。カバーは全面取り外して洗えるので、清潔に使い続けられます。

タンスのゲン カルロプレミアスタイル ハイバックソファ 42500017

幅広いシーンに対応できるカウチタイプのハイバックソファです。1人掛けソファとオットマンが付いており、スタイルに合わせて組み替えられるのが特徴。ソファを2分割できるほか、1人掛けとオットマンを単体で使えば来客時にも活躍します。30cm角のクッションが3個付いているのも嬉しいポイントです。

ヘッドレストは昇降機能付きで、座る人の身長に合わせて3段階の高さ調節が可能。背もたれとひじ掛けにシリコンフィル綿を採用しているため、体を包み込むような座り心地が得られます。座面は適度な弾力があり疲れにくいので、ソファで過ごす時間が長い方にもおすすめです。

アーネ(arne) Hi Bodum 3P a41115

レトロな雰囲気漂う3人掛けのハイバックソファ。ひじ掛けに角度をつけた遊び心のあるデザインで、シンプルながらおしゃれな印象を与えます。カラー3色を展開。同じデザインで1人掛けや2人掛けも用意されているので、シリーズで揃えるのもおすすめです。

本体サイズ約幅154×奥行82×高さ90cmとコンパクトなので、限られたスペースにもスッキリと設置できます。床面が見える脚付きデザインで、圧迫感が出にくいのもポイントです。座面下に高さ15cmの空間があり、ロボット掃除機にも対応。脚のみ取り付けの完成品で届くため、すぐに使い始められるのも魅力です。

サイクロプス ハイバックフロアコーナーソファ 5点セット

部屋のコーナーに合わせて設置できるL字型のハイバックソファです。ひじ付き2台・ひじなし1台・テーブル付き1台・コーナーソファ1台の5点セット。間取りに合わせて組み替えられるので、左右どちらにもコーナーを作れます。横に並べて横長のソファにしたり、2つに分割して対面型にしたりできるのもポイントです。

本体の高さ69cmのロータイプのため、部屋を広く見せる効果が期待できます。座面が低く安全性が高いので、ペットや小さい子供がいる家庭にもおすすめ。張り地は水や汚れに強い合成皮革製のため、お手入れも簡単です。

ハイバックソファの売れ筋ランキングをチェック

ハイバックソファのランキングをチェックしたい方はこちら。