背もたれが高く、体全体を包み込むような安心感が魅力のハイバックソファ。読書や映画鑑賞などでしっかり頭を支えたいときや、部屋でゆったりとくつろぎたいときにも大いに活躍します。

そこで今回は、ハイバックソファのおすすめモデルをご紹介。あわせて選び方や機能についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ハイバックソファとは?

By: rakuten.co.jp

ハイバックソファとは、通常のソファに比べて背もたれが高く、頭部までカバーしてくれるソファのことです。頭がしっかりとサポートされるため、首や肩に負担がかかりにくいのが特徴。特にソファでテレビを観たり、読書をしたりする機会の多い方に人気です。

背もたれが高いため壁際に置くのが基本ですが、場合によっては部屋を仕切るのにも使えます。ただし、高さがあるだけに存在感もあり、視界を遮ってしまうケースもある点には注意しましょう。もしも狭い空間にハイバックソファを設置したいという方は、大きさや素材、機能を吟味したうえで慎重に選ぶ必要があります。

ハイバックソファの選び方

使用人数で選ぶ

By: amazon.co.jp

ハイバックソファを選ぶうえでは、使用人数に合ったサイズを選ぶのが重要。1人掛けのモデルは単体で使うのはもちろん、ひじ掛けのないものであれば横に並べて自由にレイアウトすることも可能です。また、3人掛け以上のハイバックソファのなかには、対面式にしたりL字にしたりと非常に自由度の高いモデルもあります。

素材で選ぶ

革(レザー)

By: amazon.co.jp

革には大きく分けて、本革と人工皮革があります。本革の魅力は何といってもその高級感。適切なメンテナンスをすれば耐久性があり、経年変化によって独特の味わい深さが楽しめるのも魅力です。とはいえ天然素材なので、水や汗に弱く、メンテナンスを怠れば傷んでしまいます。

一方、人工皮革はファブリック素材などに比べるとホコリやダニがつきにくく、メンテナンスが容易です。水や汗にも強く、汚れたらさっと拭き取るだけの手軽さも魅力。また、本革と見た目は似ていますが、価格が安いということも多く選ばれている理由です。

より高級感重視で、ハイバックソファを長く愛用していきたい方は本革がおすすめ。「子供がいてお菓子やジュースをこぼしてしまう」という方は、人工皮革ならお手入れもしやすく、汚れに関して神経質にならずに済みます。

ポリエステル

By: amazon.co.jp

ハイバックソファの素材として「ファブリック」と書かれているものに多いのが、ポリエステル素材。いわゆる、合成繊維でできた生地や織物のことです。

ポリエステルなどのファブリック製のソファの魅力は、カラーや柄が豊富なこと。選ぶカラーや柄によって部屋の雰囲気をガラリと変えることができるため、部屋のスタイルを思い切ってチェンジしたい方や、部屋の雰囲気にぴったりと合うハイバックソファを選びたい、という方におすすめです。

また、カバーを取り外してまるごとドライクリーニングできるモノも多く、衛生的に使えるのも人気の理由のひとつです。ただし、レザー素材に比べると、生地の目にホコリが詰まりやすく、ダニが発生しやすいため、こまめに掃除する必要があります。

リクライニング機能の有無で選ぶ

By: rakuten.co.jp

ハイバックソファで便利なのが、リクライニング機能です。ヘッドレストの部分が自由に動かせたり、背もたれごとリクライニングできたりするモデルもあり、シーンに合わせて最適な姿勢を保つことができます。なかには、手動ではなく電動のリクライニングを備えたモデルもあるので要チェックです。

ハイバックソファのおすすめブランド

ニトリ

By: rakuten.co.jp

ニトリは、1967年に前身となる「似鳥家具店」を創業したブランド。現在では大型インテリアチェーンストアとして国内外に約100店舗を展開しています。「お、ねだん以上。」のキャッチフレーズの通り、低価格を維持しながら、常に品質向上のための改革を実施。ライフスタイルに合わせた多様性のある商品ラインナップが、さまざまな年代に受け入れられています。

セルタン(CELLUTANE)

By: amazon.co.jp

神奈川県厚木市に本社を置く国産ソファメーカー「セルタン」。ウレタンフォームのリサイクル活動を行うことで、環境に優しく快適な座り心地のソファを製造しています。チップウレタンモールド成型という特殊な製法で、ひとつひとつ丁寧に手作りされたハイバックソファは、国内産ならではの耐久性と安心感が魅力です。

カリモク家具

By: rakuten.co.jp

1940年創業の家具業界最大手ブランド「カリモク家具」。自然環境に配慮しつつ、使いやすさや素材、手作りにこだわった家具作りを守り続けています。現在では、カリモク家具の創業当時のデザインがそのまま活かされた「カリモク60」など、世代を超えて愛されるデザインを採用した製品を開発。新しい視点からカリモク家具の魅力を発信することにも力を注いでいます。

ハイバックソファのおすすめ|1人掛け

セルタン(CELLUTANE) ハイバックソファ LULU-1P

セルタン(CELLUTANE) ハイバックソファ LULU-1P

人工皮革を使用した1人掛けハイバックソファ。頭をしっかり支えてくれるため、テレビを観たり読書したりと、1人の空間を思う存分満喫できます。広めの座面には鉄製のポケットコイルスプリングを採用。それぞれに独立したコイルが体重を分散させ、ほどよい弾力性とへたりにくい耐久性が魅力です。

背もたれは3段階のリクライニングが可能。フラットなスタイルにもできるため、横になったりもたれかかったりと、好みのスタイルでくつろぐことができます。シンプルなデザインとロータイプの脚付きで、圧迫感を感じさせないのもポイント。脚を取外して座椅子としても使用できます。

ドウシシャ(DOSHISHA) ハイバックチェア NHBC-BE

ドウシシャ(DOSHISHA) ハイバックチェア NHBC-BE

アームレストがついたファブリック製のハイバックソファ。座面の先端にボリュームを持たせることで、長時間でも安定した座り心地をキープできます。インテリア性が高く、座っていないときでも高級感のある佇まいが魅力です。

また、使わないときは前面に背もたれを倒して、コンパクトに収納できるところもポイント。普段は1人でゆったりとくつろぎ、友人が遊びに来たときは収納するなど、設置場所が限られているという方にもおすすめです。

ウネボネ(UBONNE) ハイバックソファ 1人掛け

ウネボネ(UBONNE) ハイバックソファ 1人掛け

ふわふわした感触が心地よい1人掛けハイバックソファ。柔らかく肌触りのよいファブリックを使用しており、体をすっぽりと包み込んでくれる安心感が魅力です。前面には、脚をしっかりと支えてくれる二重クッションを配置。体がフィットしやすく、長時間座っていても疲れにくいのが特徴です。

背もたれは7段階、さらにヘッドレスト部が14段階にリクライニング可能。読書をしたり仮眠したりと、あらゆるシーンで最適な姿勢を保つことができます。前面に背もたれを倒してコンパクトに収納できるので、使わないときは別の場所にしまっておきたい、という方にもおすすめ。脚は取外して座椅子としても使用できます。

大川家具 アビライト ワイド ハイバックソファ SKT-0147

大川家具 アビライト ワイド ハイバックソファ SKT-0147

ワイドな座面が魅力のハイバックソファ。ゆったりとした座り心地で、体を優しく包み込んでくれます。幅広設計の座面は、大柄な男性にもおすすめ。背もたれが体に沿うよう内側にカーブを描いているため、フィット感が抜群で安定した座り心地を味わえます。

座面には耐久性に優れたS字スプリングとウェービングベルトを採用。ウレタンフォーム製の弾力があるクッションを採用しており、長時間座っていても疲れにくいのが魅力です。デザイン性の高いハイバックソファを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ロウヤ(LOWYA) 座椅子 贅沢ポケットコイル座面 Lサイズ

ロウヤ(LOWYA) 座椅子 贅沢ポケットコイル座面 Lサイズ

おしゃれな座椅子型ハイバックソファ。ふんわりと可愛いフォルムながら、座面にポケットコイルを内蔵した本格的な仕様です。ボディポケット構造により、体をほどよくフィットさせながら体重を分散するので、長時間座っていても疲れにくいのが魅力。

頭から脚までをすっぽりとカバーするロングサイズで、ゆったりとくつろぐことができます。背もたれだけでなく、ヘッドレスト部分までしっかりリクライニングが可能。ヘッド部分を立てて枕代わりにしたり、フラットにして寝転がったりと、好きなスタイルでリラックスタイムを楽しみたい方におすすめのハイバックソファです。

ハイバックソファのおすすめ|2人掛け

セルタン(CELLUTANE) ハイバックソファ KAN A316p

セルタン(CELLUTANE) ハイバックソファ KAN A316p

アームレスト・背もたれともにリクライニングが可能な2人掛けハイバックソファ。背もたれは2段階、アームレストは5段階のリクライニング機能付きで、映画鑑賞や読書、お昼寝などの際も好みの角度でくつろぐことができます。

座面にはひとつひとつ独立したポケットコイルと、独自のチップモールド成型のウレタンフォームを採用。また、リクライニングにも耐久性の高い日本製ギアを使用し、気持ちのよい座り心地が長く楽しめます。15種類もの豊富なカラーバリエーションのなかから、部屋の雰囲気にぴったりな1色を見つけてください。

ニトリ 2人用布張りソファ NポケットA12 H-LO FM-DGY

ニトリ 2人用布張りソファ NポケットA12 H-LO FM-DGY

頭まで支えるボリュームのある背もたれと、ゆとりのある座面スペースが魅力の2人掛けハイバックソファ。背もたれ・座面ともに、型崩れしにくくへたりにくい3Dカットウレタンを採用しています。また、体を点で支えて体圧を分散するポケットコイルとS字スプリングを内蔵しているため、座面は若干固め。沈み込むような座り心地は苦手、という方におすすめです。

高級感のあるさらりとした感触のファブリックを使用し、お手入れがしやすいのもポイントです。奥行きも広めなので、ソファの上で膝を抱えたりあぐらをかいたりなどの姿勢も楽に行えます。背もたれ部分は取り外しができ、搬入の際も手間取らずにおすすめです。

カリモク家具 ハイバックソファ WU4612

カリモク家具 ハイバックソファ WU4612

畳1帖ほどのスペースにも設置できる、カリモク家具の2人掛けハイバックソファ。全体的にはコンパクト設計ですが、奥行きが広くゆったりとくつろげます。ナチュラルな木製のアームレストと脚が、北欧スタイルのインテリアとも相性抜群。

頭までしっかりとホールドしてくれるハイバック仕様で、見た目以上に安定した座り心地が魅力です。フレーム木部は7種類、本革は7種類、布地は20種類と、組み合わせ次第で自分好みにカスタマイズできることも大きなポイント。シックハウス症候群の原因とされるホルムアルデヒドを除去しているため、小さな子供のいる家庭でも安心です。

アーネ(arne) ハイバックソファ Hi Bodum

アーネ(arne) ハイバックソファ Hi Bodum
遊び心のあるデザインとカラーが特徴的な2人掛けハイバックソファ。緩やかな傾斜のある背もたれと、奥行きのある座面でゆったりとした座り心地を体感できます。

座面に内蔵されたS字スプリングとウレタンフォームは少し固めの感触。体が沈み込まず型崩れを防止します。素材には電車の座席などに使用されるような、肌触りのよいモケット生地を採用。高級感もありつつ、レトロやヴィンテージ風のインテリアとも相性抜群です。

ハイバックソファ リベラル

ハイバックソファ リベラル

ゆったりとした座り心地を重視したい方におすすめの、2人掛けハイバックソファ。弾力性のある広々とした座面に、体をすっぽりと包み込んでくれる柔らかな背もたれが魅力です。アームレストは枕型になっており、ちょっと横になりたい時にも重宝します。

汗や水にも強い人工皮革を使用。耐久性に優れ、汚れたらさっと拭くだけというお手入れの手軽さも魅力です。やんちゃ盛りの子供がいる家庭にもぴったり。カラーは豊富な8種類、脚部もスチール製と木製から選べ、自分好みにカスタマイズできます。

ハイバックソファのおすすめ|3人掛け以上

カリモク家具 3人掛け ハイバックソファ ZU6203

カリモク家具 3人掛け ハイバックソファ ZU6203

カリモク家具の3人掛けハイバックソファ。高級感のあるしっとりとした本革を使用したラグジュアリーな製品です。カリモク独自のウレタンクッション「ニューモールドフレックス」を採用することで、高い耐久性と長時間座っていても疲れにくいやわらかな座り心地を両立しています。

張りぐるみの曲線が美しいソファ本体に、オーク材のぬくもりをプラス。上げ脚デザインにすることで部屋をすっきりと広く見せてくれます。360°どこから見ても美しく映えるデザインが魅力。主役級のハイバックソファを探している方におすすめです。

ニトリ 3人用布張りソファ コウテイ3

ニトリ 3人用布張りソファ コウテイ3

部屋にしっくりとなじみやすい3人掛けハイバックソファ。風格のあるタモ材のフレームがエレガントな空間を演出でき、家族はもちろん、来客にもゆったりとくつろいでもらえるソファです。約60cmのハイバック仕様で、背の高い男性でもしっかりと頭までサポートします。

背もたれからアームレストにかけて、ぐるりと囲むような形状が体にぴったりフィット。座面にはへたりにくい4層のバージンウレタンを使用し、耐久性を高めています。高級感とリーズナブルさを兼ね備えたおすすめのハイバックソファです。

ロウヤ(LOWYA) 3人掛け 電動ソファ f103-g1005

ロウヤ(LOWYA) 3人掛け 電動ソファ f103-g1005

究極の癒しを味わいたい方におすすめの電動リクライニングタイプのハイバックソファ。アームレスト下にあるボタンに軽くタッチするだけでリクライニングが可動する仕組みです。頭の先からつま先までしっかりと体をサポートし、横になることはもちろん、好きなポジションで、映画鑑賞や読書も楽しめます。

アームレストのクッションは厚み12cm。さらに、背もたれには厚み23〜28cmのボリュームクッションを配置することで、ふんわりと体を包み込み快適にくつろげます。中央の背もたれを倒せばテーブルに早変わり。ファーストクラスのような心地よさを体感したい方におすすめです。

ハイバックリクライニング木肘ソファ ルーチェ 3P

ハイバックリクライニング木肘ソファ ルーチェ 3P

3人掛けでもコンパクトに設置したいという方におすすめのハイバックソファ。ナチュラルな天然木のフレームと温かみのあるファブリックが、どんなインテリアとも相性抜群。すっきりとしたフォルムで、3人掛けでも無駄にスペースを取らないのが魅力です。

頭までしっかりとサポートするハイバック設計であることはもちろん、背もたれとヘッドレスト部分がそれぞれ6段階にリクライニング可能。座面横にあるレバーでちょうどよい角度に調節できます。中央部分の背もたれは、前に倒してテーブルとしても活用できるのが嬉しいポイント。コンパクトなボディながら多機能なハイバックソファです。

アルモニア(Armonia) ハイバックソファ Alda

アルモニア(Armonia) ハイバックソファ Alda

ラグジュアリーなヘッドレスト付きハイバックソファ。重心を下に置いた、重厚感のあるフォルムが美しい製品です。座面と背もたれにあるクッションには極上のフェザーを使用。体ごと包まれるような贅沢な座り心地が満喫できます。

また、首と頭をしっかりとサポートしてくれるヘッドレストが付属。高密度ウレタンやフレーム、ファブリックにいたるまで、最高クラスの素材を使用し、熟練した職人が細部にまでこだわり丁寧に作り上げています。3年間という長期保証も高品質である自信の証。長く愛用できるハイバックソファを探している方は、ぜひチェックしてみてください。