一人暮らしの部屋にソファがあると、座るだけでくつろげる場所として活用できます。しかし、一人暮らしの場合は部屋が狭く、ソファを置くスペースが限られてしまいがち。そのため、どのようなソファを選べばよいか迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、一人暮らしにおすすめのソファをご紹介。限られた空間に置けるソファの選び方や、レイアウト例についても解説します。

一人暮らしにソファは必要?

By: rakuten.co.jp

ソファは一人暮らしをするうえで必須アイテムではないため、もし不要だと感じるのであれば無理に購入する必要はありません。

しかし、一人で座ってゆっくりできる場所がほしいと考えている方であれば、ソファがあると快適。サイズや形状を考慮して選ぶことで、一人暮らしの部屋にもソファを置くことは可能です。

一人暮らし向けソファの選び方

家全体の間取りや設置スペースを考慮してサイズを選ぶ

By: rakuten.co.jp

一人暮らし向けのソファといっても、家の間取りやスペースによって設置できるソファのサイズはさまざま。部屋が2つある場合は問題なく設置できますが、ワンルームの場合は部屋の広さを確認しておきましょう。

ワンルームでも8畳以上ある場合、コンパクトサイズのソファであれば設置可能です。しかし、6畳となると、小さいソファでも設置が困難な場合があるので注意しておきましょう。

ベッドを置けるスペースがあれば、ソファにもベッドにもなるソファベッドを置くのもひとつの方法。また、座椅子のようにコンパクトな一人用のソファなどを置くのもおすすめです。

圧迫感のない形状を選ぶ

By: rakuten.co.jp

一人暮らしの部屋に置くソファを選ぶときは、圧迫感のないモノがおすすめです。大きくて迫力のあるソファを選んでしまうと、部屋がソファで埋め尽くされているように見えて、狭さが際立ちます。少しでもゆとりのある部屋に見せるために、圧迫感のないソファを選ぶようにしましょう。

おすすめは、一般的なソファより背丈の低いロータイプのソファ。高さを抑えることで、部屋を広く見せられます。また、肘かけがないタイプは圧迫感を減らせるだけでなく、簡易ベッドとしても使用可能です。

部屋に調和する色やデザインを選ぶ

By: rakuten.co.jp

ソファを選ぶときに重視しておきたいのは、部屋の雰囲気に合うかどうかです。自身が好きな色を選んでも、部屋の壁紙やほかのインテリアに合わず、ソファだけ浮いて見えてしまうことがあります。そのため、部屋に溶け込む色やデザインのソファを選びましょう。

また、ソファの色が変われば部屋の雰囲気も大きく変わります。例えば、黒などの暗い色よりも白やベージュなどの明るい色の方が部屋をより広く見せることが可能です。部屋の印象も考慮して、ソファの色を決めてみてください。

搬入経路をチェック

ソファ購入すると、宅配業者の方が部屋まで運んでくれることがほとんどです。その際、きちんとソファが通過できる搬入経路があるかどうかを事前に確認しておきましょう。

一人暮らしの場合は部屋の玄関だけでなく、階段やエレベーターなどの幅が狭いこともあります。ソファのサイズと搬入経路の幅を照らし合わせて、部屋まで問題なく運んでもらえる製品を選んでみてください。

一人暮らし向けソファのおすすめブランド

ニトリ

By: nitori-net.jp

日本のインテリアブランドの代表ともいえるニトリ。高い品質とリーズナブルな価格を両立させた家具を多数販売しています。

製品のバリエーションが豊富で、部屋の雰囲気に合ったアイテムを探しやすいのも魅力。コスパの高いソファを探している方におすすめのブランドです。

イケア(IKEA)

By: ikea.com

スウェーデン発祥のブランドで、世界中に店舗を構えるイケア。北欧ブランドならではのおしゃれな家具を販売しています。

形状やカラーバリエーションが豊富なソファを取り扱っているため、お気に入りの製品を選べるのが特徴。組み立てがやや複雑ですが、お手頃な価格でソファを購入できます。おしゃれな北欧家具をリーズナブルに購入したいと考えている方はチェックしてみてください。

一人暮らしにおすすめのソファ|1人掛け

ニトリ 1人用ヴィンテージソファ 5650423

天然木とスチール素材を組み合わせたヴィンテージ風ソファです。スチール部はツヤを抑えてマット感を出すことにより、無骨でどこか懐かしいインダストリアルな雰囲気を演出。また、張地には肌触りのよい布を使い、革張りのような外観に仕上げたことで重厚感も醸し出しています。

中材には、バネとウレタンを採用。適度に柔らかく、快適な座り心地でリラックスできます。さらに、気軽に購入できるリーズナブルな価格帯も魅力。コスパに優れたソファを探している、一人暮らしの方におすすめのモデルです。

不二貿易(Fujiboeki) ソファ 1人掛け 71158

レトロな風合いがおしゃれな1人掛けソファです。あたたかみのあるファブリック素材と木製フレームの組み合わせにより、ソフトで落ち着いた雰囲気を演出できます。シンプルなデザインと絶妙なカラーで、和室でも洋室でもマッチするのも魅力です。

座面は奥に傾いているため、自然とリラックスした姿勢で深く腰掛けられます。また、弾力性に優れているので座り心地も良好です。さらに、1人掛けのほか1.5人掛け、2人掛けも展開しており、部屋のサイズに合わせて選べるのもメリット。なお、本製品はシンプルな設計のため、組み立ても簡単です。

ヨギボー(Yogibo) マックス(Max)

人の身体に合わせて形状が変化するソファ。どんな体勢をとっても身体が丸ごとソファに包み込まれるため、心地よくリラックスできます。サイズは約170×65cmの大型なので、大柄の方でもゆったり身体を預けられるのも魅力です。

また、カバーにはコットンやポリウレタンなどを配合した特殊素材を用いているうえ、縫い方も特殊のため耐久性にも優れています。簡単に破れてしまうこともなく、安心して使用可能。さらに、カバーは洗濯機で丸洗いできるので、清潔に保てるのもメリットです。

そのほか、約8.5kgの軽量仕様のため持ち運びにも苦労しません。カラーは、計17色と豊富に展開。座り心地重視の方におすすめの人気ソファです。

セルタン(Cellutane) ハイバックソファー 和楽の浅葱 A327P

実用性の高さが魅力の1人掛けソファです。背もたれ部分に3段階のリクライニング機能が搭載されており、好みの角度でくつろげます。また、首までしっかりとサポートするハイバック仕様なのもポイントです。

脚部分を取り外せば、部屋を広々と見せるローソファとしても活用できます。さらに、座面にはポケットコイルスプリングを搭載。ひとつひとつのコイルが点で身体を支えることにより、フィット感のある座り心地を実現しています。

生地は、扱いやすいPVCレザ―、あたたかみのあるタスクの2種類を展開。カラー展開も豊富で、好みのモノを見つけやすいのも魅力です。

山善(YAMAZEN) リクライニング ソファベッド SFB-80S

1台でソファ・寝椅子・ベッドの三役を担う、汎用性の高いアイテムです。ソファの座面部分を前に広げると、寝椅子に早変わり。また、背もたれは14段階のリクライニングが可能で、寝椅子の状態で背もたれをフルフラットまで倒すと、シングルベッドとして活用できます。

座面はふっくらと分厚く、かつ低反発素材を採用しているため座り心地は良好です。さらに、ソファと同生地のクッションも付属しており、腰当てや枕として便利に使えます。クッションカバーは洗濯ができるので、清潔に保てるのもポイントです。

カラーは、ベージュやオレンジ、グリーンなどの計6色展開。多くの家具を設置するのは難しい一人暮らしの方におすすめです。

ドウシシャ(DOSHISHA) 1人掛けソファー 座面回転式

簡単に立ち座りができるソファです。座面は床から約34cmと高めに設計されているため、足腰に負担を掛けることなく立ち座りができます。また、360°回転式の座面なので、好きな角度で立ち上がったり、座ったまま近くのモノを取ったりできるのもポイントです。

座面の側面には大きなポケットを設けており、リモコンや眼鏡などのちょっとした小物を収納しておくことも可能。さらに、座面は分厚くクッション性に優れているので、座り心地も良好です。本体サイズは幅58×奥行66.5×高さ76cmのコンパクト設計で、余計なスペースも取りません。

張地には、さらりと心地よい肌触りのファブリック素材を採用。そのほか、通常仕様とハイバック仕様と2タイプの背もたれから選択でき、通常仕様はグレー・レッド・ブルーの3色を、ハイバック仕様はブラウン・ブルー・レッドの3色を展開しています。

和楽(WARAKU) ハイバックソファ 1P

豊富な生地やカラー展開が魅力のソファです。生地は、高級感のあるPVCレザ―、部屋に馴染みやすいタスク、2色の糸を織り混ぜたカシコン、こなれ感のあるデニム調の4種類を展開。幅広いデザインから、自分好みのひとつを選びたい方にぴったりです。

また、座面にはポケットコイルを搭載しており、ひとつひとつのコイルが点で身体を支えるため座り心地も良好。背もたれはハイバック仕様なので、首までゆったりと預けられます。さらに、背もたれは3段階のリクライニング機能を備えており、好みの角度に調節できるのも魅力です。

脚部は取り外せるため、ローソファとしても活用可能。一人暮らしの部屋をおしゃれに演出できるおすすめのモデルです。

MOMU ELLE アームレスソファ人掛け IS04-1P

すっきりとしたデザインで置き場所を選ばないレザーソファ。張地には合成皮革を採用しており、上品で洗練された空間を演出できます。カラーは、ホワイト・ブラック・ブラウン・モカの4色から選択可能。広めの部屋に一人暮らしをしている方は、2人掛けやスツールなども合わせて購入し、トータルコーディネートしてみるのもおすすめです。

座面内部には、密度の異なるウレタンを重ねた三重構造を採用。硬めの座り心地で身体をしっかりと支えるため、腰痛持ちの方も安心して座れます。また、脚部を取り外せば、部屋を広く見せられるローソファとしても活用可能。価格帯もリーズナブルで、コスパに優れた人気ソファです。

ル・コルビジェ(Le Corbusier) LC2 スカイ

世界的な建築家、ル・コルビジェが手掛けたデザイナーズソファの、復刻版リプロダクト製品です。直線で構成された金属フレームにクッションをはめ込んだ、大胆で美しいデザインが特徴。シンプルながら重厚感溢れるフォルムで、一人暮らしの部屋をモダンに演出します。

座面にはウレタンフォームの多層構造を採用しており、適度な弾力で座り心地も良好。また、張地にはPU生地を用いているため、汚れに強くお手入れも簡単です。デザイン性重視の方は、ぜひチェックしてみてください。

一人暮らしにおすすめのソファ|2人掛け

ニトリ カジュアルソファ(パック3 NV) 1141056

コンパクトでも広々使える、2人掛けソファです。ワンルームでも設置しやすい小型サイズながら、肘掛け部を薄めに設計することで幅103cmの広々とした座面を実現しています。また、背もたれ部には厚めの幅広クッションを配置していため、ゆったり身体を預けられるのも特徴です。

さらに、脚高は約12cmと高めなのでソファ下のお掃除も簡単。カラーは、ネイビー・ベージュ・グリーンの3色から選択できます。脚を取り付けるだけで簡単に組み立てられる、人気のソファです。

イケア(IKEA) ヘムリングビー(HEMLINGBY) 2人掛けソファ

すっきりとしたシンプルなデザインで、洗練された雰囲気を演出できるローソファです。145cmと広めの幅でありながら、背もたれが低いため圧迫感がなく、一人暮らしの部屋も広々と見せられます。また、重量があり、安定性に優れているのもポイントです。

中材には、ポリエステルフォームを採用。程よい弾力感のある座り心地で、ゆったりとくつろげます。さらに、リーズナブルな価格帯も魅力。コスパに優れたおすすめアイテムです。

アイリスプラザ(IRIS PLAZA) ソファ 2人掛け 7116687

汎用性の高いソファを探している方におすすめのアイテムです。本製品は、座面下に約43Lもの収納スペースを搭載しているのが特徴。ブランケットや雑誌、小物などをまとめて収納でき、一人暮らしの狭いスペースを有効活用できます。

また、張地には、丁寧に編み込まれたファブリック素材を採用。さらりと心地よい肌触りで、季節を問わず快適に使えるのもポイントです。さらに、中材にはウレタンをたっぷりと用いており、程よい弾力でしっかりと身体を包み込みます。カラー展開も豊富なおすすめアイテムです。

アイリスプラザ(IRIS PLAZA) カウチソファ

1Pソファと2Pソファの組み合わせで、自由なレイアウトを楽しめる人気アイテムです。横に並べると、幅約160cmのワイドなソファとして活用可能。また、1Pソファをオットマン代わりに使えば、脚を伸ばせるロングカウチとしても使えます。

座面にはSバネ・ウェービングベルト・ウレタンを搭載しており、弾力性が高く座り心地も良好。背もたれ部分も柔らかなクッション仕様なので、ゆったりと身体を預けてくつろげます。

そのほか、張地はソフトな肌触りのファブリックと汚れにくいPVCレザーの2種類から選べるのもポイント。使い勝手に優れたアイテムを探している方はチェックしてみてください。

Affino ソファー 2人掛け

実用性に優れた人気アイテムです。本製品は、背もたれ部分に5段階のリクライニング機能を搭載。シーンや好みに応じて角度を微調整しながら、便利に活用できます。また、スチール脚を取り外せば、空間を広く見せるローソファに早変わり。気軽にふたつのスタイルを使い分けられるので便利です。

張地には、丁寧に編み込まれたファブリックを採用。さらりと心地よい肌触りで、オールシーズン心地よく活用できます。カラーは、オレンジ・グリーン・ネイビー・ブラウンの4色を展開。重量は約10kgと軽く持ち上げやすいため、一人暮らしの女性でも楽々ソファ下を掃除できます。

カリモク60(karimoku) Kチェア 2シーター スタンダードブラック W36173BWK

1962年に誕生し、半世紀以上も愛され続けているロングセラーモデルです。一人暮らしにぴったりのコンパクトサイズながら、ひじ掛けを薄く仕上げることにより、広々とした座面を実現しています。

また、座面のバネには山型に反ったSバネを採用。山型を平面に押さえつけた状態で取り付けられているため、高い反発力を発揮してお尻をしっかりと支えます。さらに、身体にやさしくフィットする曲線デザインの背もたれや、手に馴染みやすい曲面のひじ掛けも魅力です。

張地は、シックな黒の合成皮革と、ナチュラルな緑色のモケット織りの2種類から選択できます。お気に入りの1台を長く使い続けたい方はチェックしてみてください。

モダンデコ(MODERN DECO) SIENA ds-014

一人暮らしの部屋をおしゃれに演出する、北欧風デザインのソファです。丸みのあるフォルムと優しいカラーが特徴。上質であたたかみのある空間を目指している方にぴったりです。張地には、通気性に優れたファブリック素材を採用しています。

座面の厚みは約21cmもあり、底付き感のない快適な座り心地を実現。背もたれもクッション性に優れており、ゆったり身体を預けられます。そのほか、座面幅は約136cmと広く、奥行は約52cmと深いため、横たわったりあぐらをかいたりと自由にくつろげるのもポイントです。

座面高は約41cmと適度な高さなので、立ち座りも簡単。脚部を取り外せば、高さ約21cmのローソファとしても活用できます。ナチュラルデザインが好みの方は、ぜひチェックしてみてください。

ロウヤ(LOWYA) MOSA LIIVING SOFA

好みの角度に細かく調節できる、一人暮らしにおすすめのソファです。背もたれ部に14段階、ひじ掛け部に6段階のギアを搭載しているため、シーンに応じてさまざまな姿勢でくつろげます。背もたれとひじ掛けをどちらもフルで倒せば、ミニベッドとしても活用可能です。

また、クッション材にはチップウレタン・ピュアウレタン・シリコンフィルの三層構造を採用。適度な弾力があり、座り心地も良好です。

張地は、年中快適に座れるファブリック生地と、汚れに強いPU生地の2パターンから選択可能。カラー展開が豊富で、好みのひとつを見つけやすいのも魅力です。

LAURU 2人掛けソファ air-ar-hx8156

上質な座り心地とおしゃれなデザインが魅力のソファです。座面内部は種類の異なる6層のクッション材で構成されており、ソフトで底付き感のない安定した座り心地を実現しています。クッション材のひとつには、長期間弾力をキープできるポケットコイルを採用。座面がへたりにくく、長持ちしやすいのもメリットです。

また、背もたれには綿とウレタンチップが、ひじ掛けにはウレタンがたっぷりと詰まっているのもポイント。心地よい柔らかさで、背中や腕をしっかりと支えます。さらに、座面は幅140×奥行50cmの広々設計なので、のびのびとくつろぐことが可能です。

張地はファブリック生地と合皮レザーの2種類を展開。天然木製の脚部は取り外しができ、ローソファとしても活用できます。

モダンデコ(MODERN DECO) 2WAYソファ massimo ss001

使いやすい機能が盛りだくさんの、スツール付きソファです。スツールを離れた場所に設置したり、ひじ掛けの位置を左右で変えたりと、自由なレイアウトが楽しめます。

スツールをソファ前に配置すれば、ロングカウチとしても活用可能。また、背もたれには3段階のリクライニング機能を備えており、フルフラットに倒してスツールをソファ横に配置すれば、簡易ベッドとしても使えます。1台でソファとベッドの2役を担えるため、スペースを節約したいワンルームの一人暮らしにぴったりです。

さらに 座面下とスツール下には大容量の収納スペースを備えているので、小物や衣類、書籍などをたっぷりと収納できます。そのほか、中央の背もたれを手前に倒すと、ドリンクホルダー付きのセンターテーブルとして活用できるのも魅力です。

張地にはファブリック生地を採用しており、カラー展開も豊富。実用性に優れたソファを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

番外編|一人暮らしのソファのレイアウト例

窓際に置く

By: rakuten.co.jp

窓より背丈の低いソファは、窓際に置くのがおすすめです。窓に対して垂直に置くと、窓を塞がずに光を取り込めます。窓への視界も遮られないため、過ごしやすく快適です。

また、部屋の隅に置くことで、限られた部屋のスペースを活かしたレイアウトにすることも可能。圧迫感を与えず、部屋を広く見せる効果も期待できます。

ベッドの横に置く

ベッドを窓際に置き、その横にソファを置くのもおすすめ。窓の高さより低い背丈のベッドとソファを並べることで、ベッドでゴロゴロしているときもソファでくつろいでいるときも、日の光を浴びられます。

ベッドと同程度の高さのソファを選ぶと、凸凹感がなく部屋がスッキリして見えるのでおすすめです。大きな家具を壁際に置くことによって、部屋が広く見える効果も期待できます。

ロフトベッドの下に置く

By: rakuten.co.jp

ロフトベッドを使っている方は、ロフトベッドの下にソファを置いてみましょう。ロフトベッドに高さがあるので多少圧迫感は出てしまいますが、ベッドとソファが1箇所にまとまることで、部屋を広く見せられます。

ロフトベッドの高さがあるほど、下のソファスペースを広く取れるのが魅力。ソファ付近に卓上ライトを置くなど明るさにひと工夫すれば、広々とした快適な空間を作り出せます。