ビーチやキャンプなどのアウトドアシーンで活躍する「エアーソファ」。耐水性・耐久性に優れたモノであれば、座るだけでなく、海に浮かべて使うことも可能です。また、室内でソファベッドのように使えるモノや、オットマン付きのモノもあり、購入の際、どれを選べばいいのか迷ってしまうことも。

そこで今回は、エアーソファの選び方やおすすめの製品をご紹介します。購入を迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

エアーソファとは?

By: amazon.co.jp

エアーソファとは、空気を入れて使用する簡易型ソファです。電動ポンプを使って空気を入れるモノや、空気を取り込むことでふくらむモノがラインナップされています。

空気量を変えると、座り心地を調節できるのが特徴。空気を抜けばコンパクトに持ち運べるため、アウトドアシーンで重宝します。ほかにも、水に浮かべられる製品もあり、海やプールで浮き輪のように使うことも可能です。

エアーソファは、屋外はもちろん、室内でも使用可能。軽量なモノが多く、お部屋の掃除をするときには、楽に移動できます。使用しないときは空気を抜いてコンパクトに収納できるので、来客時の予備用ソファとして用意しておくのもおすすめです。

エアーソファの選び方

利用シーンで選ぶ

室内用

By: rakuten.co.jp

室内用のエアーソファは、座り心地のよさを重視して選ぶのがおすすめです。シートに肌触りのよい素材を使ったモノや、背もたれが付いているモノ、倒れにくい安定感のあるモノを選びましょう。オットマン付きの製品は、足までしっかり休ませたい方にぴったりです。

また、お部屋をより広く見せたい方には、ソファとベッドの2WAYタイプのエアーソファもおすすめ。体の形状にフィットしやすいように作られているタイプであれば、横になっても快適に過ごせます。

さらに、インテリアに合ったカラーを選ぶのもポイント。アウトドア向けに作られた製品は、鮮やかなネオンカラーや柄モノなどが揃っています。お部屋のインテリアにマッチさせたい場合は、ブラックやグレー、ベージュといった落ち着いたカラーのアイテムもチェックしてみてください。

アウトドア用

By: rakuten.co.jp

アウトドアシーンでエアーソファを使う場合は、空気が入れやすいモノがおすすめ。電動で空気を入れられるエアーソファであれば、楽にふくらませることが可能です。ただし、電動ポンプを持ち運んだり、電源を用意したりする必要があるため、持ち運びの方法や使用する環境をあらかじめ確認しておきましょう。

手動で空気を入れる場合は、エアーソファの口を風に逆らって開き、内部に空気を入れてふくらませる仕組みのモノがおすすめです。空気入れが不要なので、楽に持ち運べます。ただし、製品によっては強い風が吹いていないと空気が十分に入らないことがあるので、注意が必要です。

また、アウトドア用のエアーソファは、持ち運びやすい軽量タイプがおすすめ。1kg程度のエアーソファが多いですが、1kg以下の軽量タイプもあるので、ぜひチェックしてみてください。なお、水に浮かべて使用する場合は、耐水性や耐久性も確認しておきましょう。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

エアーソファを選ぶ際は、何人で使うのか、どのような体勢で使用したいのかなど、利用シーンを想定してサイズを選ぶのがおすすめ。また、エアーソファは海外メーカーのモノが多くサイズが比較的大きめに作られている場合があるため、実際の寸法をチェックしておくと安心です。

室内用としてエアーソファを購入する際、1人掛けや2人掛けなどの表記だけで選ぶと、届いた製品が想像以上に大きくて、お部屋に入らない可能性も。あらかじめ設置したいスペースのサイズを把握したうえで製品を選びましょう。

耐荷重で選ぶ

By: amazon.co.jp

エアーソファは人が乗って使うアイテムなので、安全には特に注意が必要です。耐荷重を超えて使用すると、思わぬ事故に繋がる恐れもあるため、事前にどのくらいの重さまで乗れるのか、確認しておきましょう。

エアーソファの耐荷重は、100〜200kg程度が一般的。大人2人で使うのであれば、耐荷重が150kg以上のモノを選ぶのがおすすめです。耐荷重が300kg以上のエアーソファもラインナップされているので、さらに大人数で使いたい場合はチェックしてみてください。

エアーソファのおすすめモデル

ピークモーション(PEAK MOTION) エアーソファ

裏地に二重のポリエチレンを採用した、耐久性に優れたエアーソファです。海水に強いので、ビーチでお昼寝をしたいときにも使えます。中性洗剤で洗えるため、清潔に使えるのも嬉しいポイントです。収納や持ち運びに便利な収納バッグ付き。

ポンプを使わず空気を取り込むことによってふくらむタイプなので、外出先で使用する場合も、空気入れを持ち運ぶ必要がありません。耐荷重は約200kgで、2〜3人の大人が同時に使用可能。レッドやオレンジ、グリーンなどの明るいカラーバリエーションが展開されています。

ガンズアンドダイス エアーソファ

かわいいデザインのエアーソファを探している方におすすめのアイテムです。迷彩柄やアメリカの国旗をイメージした柄など、ポップなデザインをラインナップ。公園やビーチなどの人がたくさんいるところでも、目立つデザインであれば、自分のエアーソファを見つけられます。

約15秒で空気が入れられる手軽さも特徴のひとつ。すぐに設営できるため、家族でキャンプをする際などにも重宝します。また、本体の重さは0.7kgと、非常に軽量。持ち運び用のポーチが付いているので、携帯性も良好です。

レイバッグ(LayBag) エアーベッド

ポンプ不要で空気を取り込むことによってふくらむタイプのエアーソファ「LayBag」です。外側には速乾性のある生地を、内側には防水性のある生地を使用しており、キャンプなどアウトドアシーンでの利用におすすめ。ただし、水に浮かべての使用は想定されていないため、使い方には注意が必要です。

ブルーやピンクといった鮮やかなカラーのほか、アウトドアオリーブなどの落ち着いたカラーも展開されています。シックなデザインを探している方はチェックしてみてください。

NatureHike(ネイチャーハイク) エアーソファー

ベッドとしても使用できる、枕付きのエアーソファです。人間工学に基づいたデザインを採用しており、フィット感に優れているのが魅力。お昼寝をしたいときにも役立ちます。

素材には二重のポリエチレンを採用。厚みがあるので、破れにくいのが特徴です。さらに、防水・撥水性に優れ、海水にも対応しているため、海に浮かべて浮き輪のようにも使えます。

空気入れが不要で、簡単に組み立てられるのも嬉しいポイント。エアーソファの内部に風を取り込むことで、数秒で設営できます。本体は約0.87kgと軽量なので、付属の収納バッグに入れてコンパクトに持ち運べるのも魅力です。

クレバーメイド(CleverMade) QuikFill AirChair

1人掛け用のエアーソファです。ソファに腰掛けたとき体が接する部分には、通気性のよいメッシュ素材を採用。本体にはサイドポケットが付いているので、日光浴のときなどに飲み物を入れておけます。

空気を取り込むことでふくらむタイプのため、移動時の荷物が少ないのも嬉しいポイント。自然のなかでのんびり過ごしたい方におすすめのエアーソファです。

インテックス(INTEX) エアーチェア モードチェア 68592

背もたれが付いた1人掛け用エアーソファです。背もたれがしっかり作られているので、室内用として使うのがおすすめ。丸いフォルムがおしゃれなアイテムです。

耐荷重は約100kgで、1人掛けには十分。非常に柔らかく、ぶつかっても衝撃が少ないので、小さい子供がいる家庭にもぴったりです。カラーはホワイト・ピンク・グリーンがラインナップされています。

インテックス(INTEX) エアーチェア ウルトララウンジチェア

室内用におすすめのアイテムです。1人掛け用で本体は小さめですが、オットマンが付いているので、足を伸ばしてくつろげます。トップとサイドにフロック加工が施されているため、肌触りがよいのも魅力。

落ち着いた色合いなので、お部屋のインテリアにもマッチします。さらに、修理用パッチが付いているため、万が一のときにもすぐに対応可能。エアーソファを普段使いしたい方におすすめです。

山善(YAMAZEN) エアーソファ インフレータブルソファ IAS-1

幅広い製品を手掛ける「山善」のインフレータブルソファです。背もたれと肘掛けが付いており、普通のソファのようなデザインが特徴。室内はもちろんアウトドアなど、幅広いシーンで使用可能です。

本製品は、付属の電動ポンプを使用するタイプ。1人掛けのほか、2人・3人掛けもラインナップされているので、使用するシーンに合わせて選んでみてください。なお、1人掛けであれば約60秒で空気入れが完了します。

見た目がおしゃれなエアーソファを探している方や、背もたれと肘掛け付きの座りやすいエアーソファを探している方におすすめです。

キングキャンプ(KingCamp) エアーソファ

大型の2人掛け用エアーソファです。耐荷重は300kgと、大人2人が座っても余裕があります。重量は6kgと重いので、1人で運ぶ際には注意が必要。室内に据え置いて使うのがおすすめです。さらに、素材には高強度の繊維を採用しているため、耐久性に優れています。

付属のフットポンプを使用すると、約5分で空気入れが完了。二重バルブ設計なので、空気が漏れにくいのも嬉しいポイントです。

また、普通のソファのように、ソファカバーは取り外し可能。万が一飲み物をこぼしてしまった場合でも、エアバッグからソファカバーを取り外して洗えます。赤ちゃんがいる家庭など、エアーソファをいつも清潔にしておきたい場合におすすめです。

エアーソファのAmazonランキングをチェック

エアーソファのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。