フィルターやドリッパー不要で、手軽に温かいコーヒーを作れるコーヒー抽出器具「パーコレーター」。アウトドアシーンでよく見かける人気アイテムのひとつです。淹れ方のコツをつかめば好みの味に調節することも可能で、コーヒー粉や水の量、抽出時間を変えるなど、美味しいコーヒーを淹れるためのひと手間を楽しむ方が増えています。

そこで今回は、登山やキャンプのお供におすすめのパーコレーターをご紹介。澄みきった空気のなかで、自分で淹れたコーヒーをゆっくりと味わう贅沢な時間を過ごしてみてください。

パーコレーターとは?

By: amazon.co.jp

パーコレーターとは、挽いた豆と水を入れて直接火にかけて使う循環式コーヒー抽出器具のこと。1827年にフランスで考案され、西部開拓時代のアメリカで普及しました。

蒸気圧によって沸騰した湯がコーヒー粉に浸透することにより、コーヒーが抽出を繰り返すことで濃度が高くなっていきます。

手間がかからず一度にたくさんのコーヒーを淹れられるうえ、ろ過器を外せば湯を沸かすためのケトルとしても使える点などから、アウトドア愛好家に人気のアイテムです。

パーコレーターの使い方

By: amazon.co.jp

はじめに、コーヒー粉を入れるためのバスケットを取り出し、本体に水を入れて火にかけます。湯を沸かす間に豆を用意して、バスケットにコーヒー粉を投入。豆の挽き方が細かすぎるとバスケットからコーヒー粉が落ちて粉っぽい仕上がりになってしまうため、粗挽きがおすすめです。沸騰したら一旦火を止めてバスケットを本体にセット。フタをして弱火にかけてしばらく待ちます。

火にかけている間は、フタに付いているガラス窓から中の様子をしっかりと観察することが大切です。時間が経過するごとに色が変化していくので、好みの濃さになったら火を止めて完成します。抽出に時間をかけ過ぎてしまうと苦みや渋みが出てしまうので注意しましょう。

パーコレーターの選び方

カップ数をチェック

By: amazon.co.jp

パーコレーターのメリットは一度に複数杯のコーヒーを淹れられること。そのため、容量とあわせて一度に抽出できるコーヒーのカップ数が表示されています。

パーコレーターの構造上、容量の大きいモノで少量のコーヒーを淹れることが難しいため、購入する際は使用する人数に合ったカップ数のモノを選びましょう。なかには、最低カップ数を設けているモノもあるのでチェックしてみてください。

また、1カップおよそ160mlとして計算しているモノが多いので、大きめのマグカップでコーヒーを飲みたいという方は余裕を持って選ぶと安心です。なお、容量は満水状態の数値のことで、ケトルや鍋として使用するときの目安にできます。

丈夫なステンレス製が人気

By: amazon.co.jp

パーコレーターのほとんどが耐食性や強度に優れたステンレス製です。数は少ないですが、保温性に優れたホーローや中身が見やすいガラス製のモノもあります。ビギナーの方には、手入れが簡単で扱いやすいステンレスのパーコレーターがおすすめです。

ステンレス製のアイテムのなかには、清潔感あふれる光沢のあるモノと、傷が目立ちにくいマットな仕上がりのモノがあるので、好みで選んでみてください。

アウトドアには直火式がおすすめ

By: amazon.co.jp

当初は直火式のみだったパーコレーターですが、最近では電気式もあります。火加減のコントロールが難しく煮詰まりやすい直火式と比べて毎回安定した抽出ができるため、自宅で気軽にコーヒーを飲みたいという方に最適です。

ただし、電源を確保しにくいキャンプなどのアウトドアシーンにはあまり適していないため、場所を選ばずに使える直火式がおすすめ。また、自らの手でコーヒーを淹れるという感覚を味わえる点も直火式ならではのよさです。

慣れるまでは濃さの調節が難しいというデメリットはありますが、それもひとつの醍醐味として楽しみたいという方は、ぜひチャレンジしてみてください。

パーコレーターのおすすめメーカー

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

キャンプ用品全般を取り扱う「コールマン」は、1900年にアメリカで設立された総合アウトドアブランドです。おしゃれでリーズナブルなアイテムから本格的なギアまでそろう豊富なラインナップが魅力で、アウトドア初心者から上級者まで幅広く親しまれています。手頃な価格で十分な機能を備えたバランスのよいアウトドアグッズが欲しい方におすすめです。

スノーピーク(snow peak)

By: amazon.co.jp

古くから鍛治職人の町として栄えてきた、新潟県燕三条市で生まれた「スノーピーク」。価格は比較的高めですが、ハイスペックでおしゃれなデザインのアイテムが手に入ることから、多くの熱狂的ファンがいることでも知られるブランドです。ユーザー本位の高品質なモノづくりを追求し、常に新しい製品を生み出し続けています。

ジーエスアイ(GSI)

By: rakuten.co.jp

アウトドア用の調理器具を販売するアメリカ・サンディエゴ生まれの「ジーエスアイ」。使い勝手のよさはもちろん、アウトドアクッキングが楽しくなるようなカラフルでユニークなデザインのアイテムがそろうブランドです。

ほかにはない革新的なプロダクトを生み出そうとする同ブランドの姿勢は、多くのアウトドア愛好家に支持されています。ひねりのある個性的なキッチングッズを探している方におすすめです。

パーコレーターのおすすめ人気モデル

コールマン(Coleman) ステンレスパーコレーター3 170-8028

コールマン(Coleman) ステンレスパーコレーター3 170-8028

1.3Lの大容量で約6人分のコーヒーを作れるコールマンの「ステンレスパーコレーター3」。ファミリーや大人数でのキャンプに使えるパーコレーターを探している方におすすめです。

安定感のあるフォルムで、キャンプに欠かせないシングルバーナーの五徳にもフィットします。本体は、サビにくく頑丈なステンレス素材。持ち手部分には、熱伝導率の低い天然木を使用しており、使い勝手のよさにこだわった逸品です。

高級感のあるデザインで、アウトドアだけでなく自宅でも違和感なく使用できます。

コールマン(Coleman) エナメル コーヒー 14カップ パーコレーター

コールマン(Coleman) エナメル コーヒー 14カップ パーコレーター

傷つきにくく、破損にも強いパーコレーター。本体には二重のエナメルコーティングが施されているほか、上部のフチの部分はステンレススチールを採用しているので、欠けたり擦れて塗装がはがれたりするのを防ぎます。

14カップと内容量も大きいため、ファミリーやグループでのキャンプやアウトドアで使用するのに適したモデルです。同じタイプで9カップのパーコレーターも展開しています。

耐久性に優れていて、大人数のコーヒーが淹れられるパーコレーターを探している方におすすめです。

スノーピーク(snow peak) ステンレス パーコレーター 6カップ PR-006

スノーピーク(snow peak) ステンレス パーコレーター 6カップ PR-006

プレス式・ドリッパー式・パーコレーター式のコーヒーツールを用意しているスノーピーク。本製品は、ハンドルをたたんでコンパクトに収納できる持ち運びに便利なおすすめの製品です。

最大6杯のコーヒーを淹れられる大容量サイズ。家庭用ガスコンロやストーブでも使用可能なため、自宅でも気軽にアウトドア気分を満喫できます。

ジーエスアイ(GSI OUTDOORS) ステンレス パーコレーター 11870006000009

ジーエスアイ(GSI OUTDOORS) ステンレス パーコレーター 11870006000009

ステンレスのなかでも耐食性や強度に非常に優れている「18-8ステンレス(SUS304)」を採用したパーコレーターです。無駄のないシンプルなデザインで、アウトドアだけでなく家庭でも使用できます。持ち手には熱を伝えにくい耐熱シリコンを採用。

フタのつまみはガラスではなくプラスチックでできているため、壊れにくく安心です。サイズは、一回で約3杯のコーヒーを淹れられる容量440mlのほかに、6カップ用の880mlと9カップ用の1320mlもあるので、人数や用途に合わせて選んでみてください。

ジーエスアイ(GSI) ステンレス コニカルパーコレーター 8CUP 11870057000008

ジーエスアイ(GSI) ステンレス コニカルパーコレーター 8CUP 11870057000008

家庭でも使える実用的なパーコレーター。容量は8カップ分の1200mlで、キャンプやアウトドア以外にも自宅での使用にも適したサイズのモデルです。「18-8ステンレス(SUS304)」製で、防錆性が高くて丈夫なため手入れも簡単。円錐形でクラシックな印象のデザインも魅力的です。

また、吊り下げられるタイプで、焚き火を楽しみながらお湯も沸かせます。蓋の取っ手部分がガラス製になっており、コーヒーの濃さの確認も可能。さらに、注ぎ口は水滴がたれにくいデザインのため、スムーズにコーヒーが注げます。

たくさんのお湯が沸かせて、使い勝手のよいパーコレーターを探している方におすすめのアイテムです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 18-8ステンレス製パーコレーター 3カップ M-1225

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 18-8ステンレス製パーコレーター 3カップ M-1225

リーズナブルな価格が魅力のキャプテンスタッグのステンレス製パーコレーターです。容量は2〜3カップで、ソロキャンプや少人数でのキャンプのときなどに活躍します。本体外側に目盛りが付いているため、必要な分だけ手軽に淹れられるのも嬉しいポイントです。

重量約390gと軽量なので、荷物を極力減らしたい登山やツーリングなどにも適しています。また、ろ過器を外せばケトルやティーバック用ポットとしても使用可能。はじめて購入するという方におすすめのパーコレーターです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) パーコレーター5カップ M-1223

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) パーコレーター5カップ M-1223

軽くて持ち運びやすいアルミでできた「MADE IN USA」のパーコレーター。満水容量は1.2Lで、1回で約5杯のコーヒーを淹れられます。ステンレス製が多いパーコレーターのなかでは、珍しい製品。アルミの重さは、ステンレスに比べて1/3程度と軽量です。

また、熱伝導性にも優れているため、加熱冷却を短時間で行えるというメリットもあります。耐久性は劣りますが、携帯のしやすさを重視する方にはアルミのパーコレーターがおすすめです。

仔犬印(KOINU) エルム パーコレーター 6人用 25006

仔犬印(KOINU) エルム パーコレーター 6人用 25006

金物の産地として知られている新潟県燕三条市にある調理器具メーカー、本間製作所が手掛けるパーコレーターです。約6杯分のコーヒーを抽出可能。ただし、3杯からしかコーヒーを淹れられず、少人数での使用にはあまり向いていないため、少人数でのキャンプに適しています。

厚みのあるしっかりとした作りで保温性に優れているため、熱々のコーヒーを長い時間楽しめるおすすめのパーコレーターです。

ペトロマックス(PETROMAX) パーコレーター ステンレス 12890

ペトロマックス(PETROMAX) パーコレーター ステンレス 12890

高品質なステンレスを採用したペトロマックスのパーコレーターです。コーヒーを注ぐときに使用するハンドルに加えて、持ち運びに便利な持ち手付き。フタのノブ部分はガラスでできているため、コーヒー抽出時の色の変化をしっかり確認できます。

また、本製品は容量21Lで一度に約14杯のコーヒーを淹れることが可能。さらに、約28杯分のコーヒーを抽出できる大容量の42Lタイプもあります。大勢でのキャンプなどに適したおすすめのパーコレーターです。

ロゴス(LOG0S) ステンレスパーコレーター 81210300

ロゴス(LOG0S) ステンレスパーコレーター 81210300

頑丈でサビに強いステンレスを使用したロゴスのパーコレーターです。ブランドを象徴するメープルリーフの刻印がポイント。本体外側には目盛りが付いているため、計量にも便利です。

一度におよそ6杯分のコーヒーを抽出できるため、家族やグループなどの大人数で集まるキャンプなどに適しています。ケトルとして使用する場合の容量は約1.3L。中のストレーナーを外せば、コーヒーだけでなくティーバックのお茶などを入れても楽しめます。

テックススポーツ(Texsport) アルミニューム パーコレーター 20カップ

テックススポーツ(Texsport) アルミニューム パーコレーター 20カップ

20カップの大容量パーコレーター。大人数のキャンプやアウトドアでコーヒーを楽しむのに適したモデルです。吊り下げもできるハンキングポットタイプなので、焚き火をしながら使用できます。

また、熱伝導のよい軽量アルミ製のため、素早くお湯が沸かせます。アルミニウムは耐久性と防錆性にも優れているので、お手入れも簡単です。長持ちして、使い込むほどに味わいが増すのも魅力のひとつ。

一度に多くのコーヒーが淹れられて、長く使える丈夫なパーコレーターを探している方におすすめのアイテムです。

エスビット(Esbit) ステンレスコーヒーメーカー ES20102100

エスビット(Esbit) ステンレスコーヒーメーカー ES20102100

容量が240mlの、ソロキャンプで使うのに適したパーコレーター。重量も300gと軽量でコンパクトサイズのため、キャンプはもちろん、登山などのアウトドアでの持ち運びにも便利なモデルです。

手軽な使用感も魅力。4gの固形燃料2個程度で、12~13分程度でお湯が沸かせます。また、イタリアで人気のコーヒーメーカー「マキネッタ」と同様、蒸気圧によってコーヒーを抽出する構造です。淹れ方も簡単で、濃厚なコーヒーの味わいが楽しめます。

ソロキャンプで手軽にコーヒータイムを満喫できるパーコレーターを求めている方におすすめのアイテムです。

パーコレーターのAmazonランキングをチェック

パーコレーターのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。